1年8ヵ月ぶりの欠場と3年ぶりのフル出場…アスピリクエタ&ウィルシャー、それぞれの軌跡

片や1年8ヵ月ぶりの欠場、もう一方は2年4ヵ月ぶりの先発復帰。カラバオカップ3回戦では、ロンドンのクラブに在籍する2人の選手の出場記録が話題になりました。チェルシーのCBセサル・アスピリクエタと、アーセナルの10番ジャック・ウィルシャー。2012年8月にプレミアリーグの門を叩いたアスピリクエタは、最初の2ヵ月こそベンチを温めていたものの、11月になると右サイドのレギュラーに定着。翌シーズン、イヴァノヴィッチが右にまわると、世界最高の左SBといわれたアシュリー・コールからレギュラーポジションを奪ってチェルシーの最終ラインを安定させました。

当時の指揮官だったジョゼ・モウリーニョが「アスピリクエタが11人いれば、チャンピオンズリーグを勝てる」という極端な賛辞を送ったのは、一瞬たりともさぼらない献身的なプレイと集中力の高さがあまりにも魅力的だったからでしょう。チームがピンチを招いても決して慌てず、完璧なポジショニングで対応するデイヴがいたからこそ、モウリーニョ監督は第二次政権でもプレミアリーグ優勝を成し遂げられたのだと思います。スランプに陥る選手が続出し、チームが10位に沈んだ2015-16シーズンも、ひとり崩れず37試合2ゴール。2016年1月31日、今は懐かしいオスカルがハットトリックを決めたミルトン・キーンズ・ドンズ戦を休んだアスピリクエタは、次のワトフォード戦から連続出場記録をスタートさせました。コンテ監督のチームでは公式戦全試合出場を成し遂げ、プレミアリーグ優勝とFAカップファイナル進出に貢献しています。

カラバオカップ3回戦のノッティンガム・フォレスト戦は、リュディガー、ケーヒル、クリステンセンにポジションを譲りました。奇しくも前回の欠場時と同じ5-1でチェルシーは快勝。今回ハットトリックを決めたのは、好調のミヒー・バチュアイでした。チェルシーにとって、アスピリクエタを休ませることができるのは、選手層に厚みができた証拠でしょう。チームの弱点となるポジションを埋め続け、5シーズンにわたってレギュラーポジションをキープし続けてきた28歳のDFは、サッカーセンスの塊です。彼がいなければ、異なる指揮官による直近の2度の優勝はなかったかもしれないとすら思います。

2015-16シーズンはプレミアリーグ出場3試合のみ。2016-17シーズンは途中出場で2試合。エミレーツのサポーターが、スタメンとしてピッチに登場するジャック・ウィルシャーを最後に観たのは2015年5月15日でした。今年の4月に「スカイスポーツ」が発表した「2011-12シーズン以降の負傷欠場日数ランキング」では、あのアブ・ディアビを37日も引き離す895日でぶっちぎりTOP。16歳でプレミアリーグデビューを果たし、18歳のときにはリーグ戦35試合出場と既に主力として活躍していた早熟の天才は、いつしか「悲運」という形容が似合う選手になってしまいました。

1-0で辛勝したカラバオカップ3回戦のドンカスター戦では、イオビかウィロックに代えられるかと思いきや、予想外のフル出場。10番が90分間ピッチにいたのは、2014年9月23日のキャピタルワンカップ3回戦のサウサンプトン戦以来となります。エミレーツで1-2と敗れた試合には、彼と同様に負傷に泣かされ続けたロシツキとディアビが出場していました。

ウィルシャーがボーンマスで常時出場する感覚を取り戻そうとしている間に、アーセナルは3-4-2-1にモデルチェンジしています。この夏、ヴェンゲル監督はウィルシャーに移籍を許可したといわれており、ジャカ、ラムジー、コクラン、エルネニーがいるセントラルMFには、彼の居場所はないものと思われていました。「ジャックが自信を取り戻すためには理想的な場だった。90分間プレイできることがわかった」。歯切れのいい言葉でウィルシャーの復活を称えた指揮官は、今後どんな形でレフティを起用するのでしょうか。ジルーに送った浮き球を見て、チームの主軸だった頃のことを思い出しましたが、エジルやジャカからもこれは出るとも思いました。守備を考えればジャカ、ボックスへの攻め上がりはラムジーのほうが期待値が高く、3-4-2-1の前線となるとアレクシス・サンチェスやエジルと勝負することになります。

アーセナルのファーストチームに昇格して10年め。クラブを長く見続けているサポーターにとっては、イングランド代表を背負って立つ存在になるといわれたMFは忘れえぬ存在なのだと思われますが、「やっぱり彼が必要だ」と再確認するまでにはもう少し時間が必要でしょう。サッカーセンスの塊という言葉は、アスピリクエタにもウィルシャーにもふさわしいと思いますが、この5年間の軌跡は光と影といっても大げさではないコントラストを描いています。「最も重要な選手のひとり。世界屈指のCB。ボールのオン・オフに関係なくクオリティが高い」とコンテ監督がベタ褒めするCBは、今日のストーク戦でも当たり前のようにピッチに顔を出すでしょう。一方のウィルシャーは…。7節のブライトン・アンド・ホーブ・アルビオン戦なら、プレミアリーグでは2年半ぶりとなる10番のスタメンがあるのではないかと密かに期待しています。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

総額880億円!2冠達成のマンチェスター・ユナイテッドの2016-17シーズンの収入は史上最高額!

2016-17シーズンは成功だった。3つのトロフィーを獲得して、チャンピオンズリーグ復帰を決めた。スカッドへの投資には満足しており、エキサイティングなシーズンを楽しみにしている」。マンチェスター・ユナイテッドのヴァイスチェアマン、エド・ウッドワードのコメントを紹介したのは、イギリスメディア「BBC」。ビル・ウィルソン記者は、プレミアリーグで6位だったクラブの年間収入は、5億8100万ポンド(約877億円)という史上最高額だったと伝えています。フットボールクラブにおける収入の3本柱は、「テレビ放映映権料」「マッチデー収入」「コマーシャル収入(スポンサー&コンテンツ収入)」ですが、プレミアリーグで最も稼いでいるクラブの羽振りのよさをカテゴリごとに紹介しましょう。

最も増加したのは、プレミアリーグの全クラブが恩恵を受けているテレビ放映権料です。新しい巨額な契約が始まった2016-17シーズンの終わりに、マンチェスター・ユナイテッドに配分された額は1億9400万ポンド(約293億円)。1年前の1億4000万ポンド(約211億円)から38%の増収です。「BBC」は、マンチェスター・ユナイテッドのテレビ放映権料の増加について、「5月のストックホルムでアヤックスを倒したこと」も理由のひとつとしています。クラブ初のヨーロッパリーグ制覇は、チャンピオンズリーグ復帰をもたらしただけでなく、テレビ放映数増加による収入UPにも寄与しています。

プレミアリーグのライバルクラブに対して、マンチェスター・ユナイテッドが強いのはコマーシャル収入です。昨季1年で増えたスポンサーは、グローバルスポンサードパートナーシップ9社と、地域スポンサー、ファイナンシャルサービス、MUTVパートナーがそれぞれ1社ずつ。2億7550万ポンド(約416億円)となったスポンサーフィーは対前年で2.7%増となりました。デジタルアウトプット(モバイルコンテンツなど)の領域は15%の売上減少となったものの、近年急激に売上を伸ばしてきたリテール&アパレル、プロダクトライセンスが軒並み増えています。

オールド・トラフォードのシーズンチケットやメガストアの売上をカウントするマッチデー収入が4.7%の増収となったのは、カップ戦優勝を重ねてホームゲームが増えたからです。FAカップを制したファン・ハール監督の後を継いだジョゼ・モウリーニョ監督は、ヨーロッパリーグとEFLカップを勝ち切ることでクラブの収入増加にも貢献しました。

一方、コストを見ると、増えているのは選手たちへのサラリーです。ズラタン、ポグバ、ムヒタリアン、バイリーを獲得したことによって、支払い総額は14%UP。新シーズンもルカク、リンデロフ、マティッチのサラリーが乗っかってきていますが、プレミアリーグNo.1だったウェイン・ルーニーがエヴァートンに移籍したために、さほど増えないのではないかと思われます。営業費用総額は5億1130万ポンド(約772億円)に膨らんでおり、前年より17.1%の増加となっています。すべて締めると、純負債が4780万ポンド圧縮されて2億1310万ポンド(約322億円)。プレミアリーグで順位を落としたものの、ピッチの上も金庫の中も実りある1年だったといえるでしょう。

今回紹介した数字を前年と比較してみたい方、詳細を確認したい方は、「Business Wire」を見ていただくのがいいでしょう。「マンチェスター・ユナイテッドのコマーシャル収入は、マッチデイの2.5倍もあるのか!」など、収益の柱とそれぞれの規模感がつかめる興味深いレポートです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

サディオマネはチームを救えたのか?評論家の意見も割れる不振のリヴァプールの課題を考える。

昨季プレミアリーグにおいて、アーセナルのシュコドラン・ムスタフィは入団から4ヵ月半負けなしでした。クリスマスの直前に彼がいなくなったとたんにチームは連敗を喫し、戻ってくると最初の敗戦を経験するまで2勝1分。ワトフォード戦で敗れたアーセナルは長いトンネルに入り、ムスタフィの記録は忘れ去られましたが、前半戦は文字通り守り神に見えたものでした。同じシーズンで、マイケル・キャリックの無敗記録も現地で話題になりました。1月26日のEFLカップ準決勝セカンドレグでハル・シティに敗れるまで、彼が出場した公式戦は14勝4分、欠場したゲームは7勝4分5敗。ベテランアンカーの安定感により、ポグバが憂いなく攻撃にシフトできたのは確かですが、それにしてもあまりに見事なコントラストです。フットボールの世界では、価値ある選手の貢献度を実数字が大きくデフォルメしてしまう現象が、時折起こります。彼らが重要な役割を果たしていたのは間違いありませんが、デ・ヘアやチェフの素晴らしいセービングによって敗戦を回避した試合もあり、運という言葉なくして語れない数字であったのも確かです。

前振りが長くなりました。リヴァプールサポーターのみなさん、あるいは雑食系のプレミアリーグファンの方々に問いたいと思います。サディオ・マネの数字には、どのくらい運という要素が入っているでしょうか。2016年の夏にセインツから加わったアタッカーが出場すると23勝9分4敗、アフリカネーションズカップなどで彼を欠いた試合は8勝5分け7敗。勝率にすると、64%対40%という鮮やかなギャップとなります。プレシーズンマッチでバイエルン・ミュンヘンを破るなど6勝2分で新シーズンに入ったクロップ監督のチームは、最初の5試合を4勝1分と絶好調。チャンピオンズリーグのプレーオフではホッフェンハイムから2試合トータルで6ゴールを奪い、プレミアリーグではアーセナルに4-0で圧勝しています。相変わらず守備の綻びは気になったものの、フィルミーノ、サラー、マネの最前線は素晴らしい出来で、25歳のセネガル代表FWはプレミアリーグ3戦連続ゴールという最高の滑り出しでした。

課題を内包しつつも期待を抱かせていたレッズがつまずいたのは、プレミアリーグ4節のマンチェスター・シティ戦でした。アグエロにゴールを許した後の38分、勇敢に飛び出してきたエデルソンの顔をスパイクの裏で蹴ってしまったマネは一発レッド。10人となり、得意のプレッシングが効かなくなったチームは、ガブリエウ・ジェズスとレロイ・サネに2発ずつを喰らって5-0という予想外の大敗を喫しました。巻き返しを期したチャンピオンズリーグ初戦の対セヴィージャは、フィルミーノがPKを失敗してアンフィールドで2-2のドロー。続くプレミアリーグ5節のバーンリー戦はポゼッション71%、シュート35本を浴びせながら1-1で勝ち点1に終わり、カラバオカップのレスター戦は岡崎慎司にやられて2-0で完敗しました。

「ESPN」は、キングパワーでの一戦について「5点は獲れたレッズは21本のシュートをムダにした」とシュートの精度を問題にしており、試合後のクロップ監督は「不必要なミスが試合を難しくした」と守備陣の対応のまずさを嘆いています。攻守どちらの責任が重いかは意見が分かれるところだと思われますが、リヴァプールがチーム全体として歯車が狂っているのは間違いないでしょう。クロップ監督就任以降、リーグカップの準決勝とFAカップが重なって混乱を招いていたチームは、9月という予期せぬタイミングで2分2敗と勝利から見離されてしまいました。

果たして、マネがいればチームを救えていたのでしょうか。攻め勝つ形に持ち込めない前線の課題が大きいのか、やはり守備陣が厳しいという従前の見方が妥当なのか、評論家の意見は割れています。アラン・シアラーが「守備陣が毎週似たようなミスを繰り返しているのを見ると、クロップがトレーニングで何をやっているのか疑問に思う」と主張すれば、クリス・サットンは「ファンはセットプレーについて語っているだろう」と援護射撃。これに対してイアン・ライトは「ゴールを決めることでチームを落ち着かせないといけない。今のリヴァプールは積極性を欠くがゆえに、思わぬ失点を喫している」と攻撃陣の姿勢を疑問視しています。

私が気になっているのは、優位に立っているときの過ごし方です。昨季の年末、1-0で勝ったアンフィールドのマンチェスター・シティ戦では、8分にワイナルドゥムが先制点を決めた後は自陣に引いてボールをまわして時間を遣いながら、時折速攻を仕掛ける老獪な戦い方を見せて逃げ切っています。積極的に仕掛けて相手を混乱させる戦い方と、あえてスローに落として相手を呼び込み、長い縦パスで一気にゴール前に迫るような攻め方を交えれば、ゴール前に張り付いていればOKと割り切って楽に守る相手に、希望のないミドルを浴びせる単調な時間を少なくできるのではないかと思います。ただし、ヘンダーソンやマティプがロングフィードを入れるなら、トラップ一発でDFを抜き去ることができるマネの重要性は上がりそうではあるのですが…。

8月のプレミアリーグの月間MVPに輝いたアタッカーに加えて、スペースを使うのがうまいララナが復帰し、コウチーニョがトップフォームを取り戻せば攻撃陣の問題はあっさり解決するのかもしれません。しかし当面の問題は、週末のレスター戦です。クロップ監督は、自らの采配で勝ち点3をもぎ取り、「カラバオカップの敗戦はメンバーを落としたから。主力が揃えばマネ抜きでも強い」ことをあらためて証明できるでしょうか。やっかいな岡崎慎司は、次はスタメンに名を連ねているはずです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ようやく終わった…ジエゴ・コスタがアトレティコ・マドリード移籍合意!

ようやく、決着がつきました。チェルシーとアトレティコ・マドリードが、ジエゴ・コスタ移籍で合意に至ったことを発表しました。プレミアリーグ3シーズンで89試合52ゴール。チームが極度の不振に陥り、自身もその原因となっていると非難された2015-16シーズンでさえも12ゴールという数字を残している稀代のストライカー。チェルシーを2度のプレミアリーグ制覇に導いた功労者は、最後のシーズンで20ゴールを挙げながらも指揮官やクラブとの間にできた溝を埋められませんでした。個人条件で合意し、メディカルチェックをパスすれば、ジエゴ・コスタは復帰を熱望していた古巣の一員となります。6シーズン連続でリーグ戦2ケタゴールを記録しているストライカーにしては、あまりにもあっけない去り際となりました。

9月上旬に、プレミアリーグの登録リストには入りながらチャンピオンズリーグからは外れたと聞いたとき、契約遵守を求めるクラブは年内はプレイさせる可能性を捨てておらず、とはいえ1月にはスペインに売るのは確実と受け取っていました。「ジエゴ・コスタは構想外。終わった話」という姿勢を崩さないコンテ監督と、徹底抗戦の構えを見せているスペイン代表FWに双方歩み寄りの気配は感じられず、チーム復帰へのステップは見えていなかったものの、何があるかわからないのがフットボールの世界。誰かが間に入ることによって「3ヵ月だけの和解」が実現するというサプライズはありやなしやと、状況を見守っておりました。万が一の可能性でしたが、戻ってくるとなればライバルクラブにとっては脅威です。しかし、いや、やはり彼は戻ってくることはありませんでした。

このまま関係が終わりを迎える可能性が日に日に高まるなかで、私が思っていたのは、落ち度のないチェルシーは毅然とした姿勢を崩さないでほしい。出すときは、移籍金をしっかりとってほしいということです。今回、クラブ間で合意した移籍金額について、スペインメディア「アス」はオプション込みで6000万ユーロ(約80億円)、「マルカ」は6500万ユーロ(約87億円)と報じています。契約期間が残り2年を切った28歳の選手を、4年契約を結ぶクラブに売るお値段としては申し分ないでしょう。プレミアリーグ開幕当初は動きがぎこちなかったミヒー・バチュアイの表情が柔らかくなり、チャンピオンズリーグのカラバフ戦とカラバオカップのノッティンガム・フォレスト戦で5発の固め獲りを見せてくれたとき、ひとつの濃密な時間の終焉を明確に意識しました。チェルシーは、プレミアリーグ3ゴールとまずまずの滑り出しを見せたアルバロ・モラタと、チームへのフィット感を高めているバチュアイで戦っていくのだ、と。

補強禁止処分を受けているアトレティコ・マドリードは1月まで新戦力を試合に出すことはできないため、ジエゴ・コスタは年が明けるまではマドリードのコーチの指導でトレーニングに励むことになるようです。ようやく終わった、のひとこと。昨季の前半戦のあまりに素晴らしいプレイに「今季は彼の年になるのではないか」と夢想した者としては、書き溜めていたノートが不必要になり、火をくべて灰になるのを見つめているような気分です。ポジティブ、ネガティブといった色合いを越えた複雑な気分を整理するためには、週末のプレミアリーグでモラタとバチュアイのチームを観るしかないような気がしています。ゴールライン際でDFを巧みにかわし、角度のないところからGKの読みを外したシュートを決める。私にとってのモラタは、なぜかそんなイメージです。素晴らしいヘディングを3発決めたストライカーが、もっと彼らしいゴールをゲットするシーンを早く観たい。今はただ、そんな心持ちです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ