争奪戦に参入するのか…リヴァプールのターゲットはファン・ダイクとレオン・ゴレツカ!?

ラザル・マルコヴィッチは1600万ポンド(約23億4000万円)、ママドゥ・サコは3000万ポンド(約43億8000万円)。クロップ監督の構想外とはいえ、リヴァプールに彼らの売り値を下げる気はなく、プレミアリーグの下位クラブが続々と獲得を断念しています。クリスタル・パレスにとっては、サコはクラブを残留に導いてくれた恩人です。たった8試合の出場ながら、チェルシー戦とアーセナル戦勝利を含む5勝1分2敗という好成績を残したCBが「クリスタル・パレスでプレイしたい」といったと聞けば、サウスロンドンは大歓声でしょう。ところが、レッズはレンタルもディスカウントもNG。プレミアリーグの移籍市場において選手の値段が高騰中とはいっても、3000万ポンドは小さなクラブにはなかなか手が出せない金額です。ワトフォードも、マルコヴィッチを諦めたと報じられました。ハル・シティでテクニックが錆びていないことを証明したアタッカーは、フィオレンティーナにいくのではないかといわれています。

バルセロナの7000万ポンド(約102億円)のオファーをクラブが断ったと報じられたフィリペ・コウチーニョは、クロップ監督が「売らない」と公言していますが、移籍金の上乗せで経営陣は翻意するでしょうか。リヴァプール愛が強いコウチーニョが簡単になびくとは思えないのですが、ひとたびスペインでプレイしたいといい出せば、スアレスやスターリングと同じような着地になる可能性が高まります。ここは何としても守り切りたいところ。コウチーニョとエムレ・ジャンが残留すれば、クロップ監督は何の不安もなくプレミアリーグの新シーズンに臨めるでしょう。主力をキープしながら、取り組むべきテーマは背骨の強化。進展がないファン・ダイクと諦めの空気漂うナビ・ケイタをどうするのか、できれば開幕前に決着をつけたいところです。

「デイリー・ミラー」は、クロップ監督がシャルケ04のセントラルMFレオン・ゴレツカにターゲットを変えるかもしれないと報じています。ナビ・ケイタより4日早く生まれた22歳のMFは、コンフェデレーションズカップの活躍で注目度を高めました。189センチの長身ながらテクニックがあり、アンカーでもプレーメイカーとしても機能する器用なタイプ。ミドルシュートとヘディングもうまく、ブンデスリーガ4年めの昨季は29試合5ゴールと納得のシーズンを過ごしています。7000万ポンドを積んでもOKが出ないナビ・ケイタに対して、こちらは2100万ポンド(約30億7000万円)といわれる格安案件。シャルケとの契約は残り1年となっており、移籍は間違いないでしょう。バイエルン・ミュンヘンに加えて、アーセナル、トッテナム、マンチェスター・シティなどプレミアリーグのライバルとの争奪戦となりそうですが、ドイツですので行くとなればクロップ監督にがんばっていただきましょう。

ファン・ダイクを売るとなれば代役を獲らなければならないセインツは、早めにCBの去就に決着をつけるのではないでしょうか。サラーとゴレツカの移籍金をサコ、マルコヴィッチ、ルーカス、アルベルト・モレノの売却益で消せれば、DFとしてプレミアリーグ史上最高額をオランダ代表CBに費やしたとしても、悪くない収支になりそうです。満願回答か、ゼロで終わるか。チェルシーやマンチェスター・シティの姿が見え隠れするディールに油断は禁物。レッズにはスピードが要求されていますが、果たして…!(ヴィルジル・ファン・ダイク 写真著作者/Ailura)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「これは続かない」…モウリーニョ監督とレヴィ会長が移籍金の高騰に危機感を表明!

「どのクラブもいい選手を獲ろうと投資しているが、いくつかのクラブは払い過ぎているようにみえる。選手の価格は高騰し、トランスファーマーケットはコントロールできなくなった」「問題はトップクラスの選手じゃない。ポグバが問題だったとは思わない。ネイマールもクレイジーだとは思わない。そのような移籍は、1回のウインドウで1~2回だから。危険なのは、100件はあるような他の選手たちだろう。3000万ポンド~5000万ポンドという金額が簡単に話題になるのは心配だ」。ジョゼ・モウリーニョの嘆きに、深くうなずかされます。移籍市場の前半戦が終わる前に、プレミアリーグのクラブは8億5000万ポンド(約1239億円)という金額を新戦力に投資しています。ニューヨークに本部を置く世界最大の会計事務所「デロイト」は、この夏のディールは史上最高額だった1年前の11億6500万ポンド(約1699億円)をはるかに超えるハイペースで進捗していると伝えています。

マンチェスター・ユナイテッドの指揮官は、特定のクラブの補強や個別の選手の値段についてコメントしているのではありません。プレミアリーグ全体のリスクとして、多くの選手たちについたタグが過去にない数字になっていることを憂慮しているのです。売上規模が数百億円の企業が、人件費とは別に200億円以上のキャッシュを移籍金として外に差し出している状況には、どこかでピリオドを打たなくてはならないでしょう。

Spurs chairman says Premier League transfer spending unsustainable(スパーズのチェアマンは、プレミアリーグの移籍市場における投資は持続できないと発言)」。イギリスメディア「BBC」で同様の警鐘を鳴らしていたのは、トッテナムのダニエル・レヴィ会長です。マンチェスター・シティに5000万ポンド(約73億円)でカイル・ウォーカーを売ったクラブは、8月を目前にしてもそのお金を遣う気配はありません。「われわれには、クラブを適切に運営する義務がある。現在進んでいる活動には、持続できるものとそうでないものが混在している。収益を超える2億ポンド(約292億円)を費やせば、それはいつかクラブに跳ね返ってくるはずだ。続かないね」。

61000席のスタジアム建設に7億5000万ポンド(約1095億円)を払わなければならないクラブの会長は、「国から支援を受けることはできず、資金は民間から調達している」とコメント。「適正なバランスを見出さなければならないが、買う余裕のない選手を探すような場所にはまだ立っていない。われわれは影響を受けていない」と、高騰が進むマーケットに意図的に顔を出していないことを強調しています。

「われわれには、アカデミーを強く信じる指揮官がいる。違いを創れる選手が見つからないなら、下部組織の若い選手にチャンスを与えたほうがいい。アカデミーは重要だ。選手を獲るのに2000万ポンドや3000万ポンドを費やす必要がなくなるからね。クラブに愛着を感じているアカデミーの選手こそが、ファンが観たいと思うものだろう」。レヴィ会長が、若手育成に長けたマウリシオ・ポチェッティーノ監督に全幅の信頼を置いているのがよくわかる言葉です。3位、2位と順位を上げ、プレミアリーグ優勝がめざせるポジションに立ちながら、「獲れないから獲らない」とマーケットに背を向けるクラブは、どんなポジションでシーズンを終えることになるのでしょうか。昨季はハリー・ウィンクスを知らしめた指揮官に、素晴らしい若手を紹介してもらえると思うとテンションが上がります。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「獲得するのは中盤とサイド」…ジョゼ・モウリーニョが補強ポジションを明言!

プレミアリーグ優勝をめざすモウリーニョ監督が、「この夏ほしいのは中盤とサイド」と明言しました。先日までは、2人ほしいといいながらポジションについては言葉を濁していたのですが、「バランスとオプションを与えてくれるミッドフィールダー」「攻撃的な選択肢を増やしてくれるウインガー」が必要とコメントしています。ひとりはイヴァン・ペリシッチ、もうひとりはマティッチやファビーニョでしょうか。マンチェスター・ユナイテッドの動向を追いかけていた方なら、ここまでの話は既報どおりと思われるでしょう。

しかし私は、このたび「スカイスポーツ」が掲載した指揮官の言葉を読んで、理解が足りなかったのかもしれないと思うようになりました。ウェストハムに移籍したチチャリートについて聞かれたモウリーニョ監督は、プレミアリーグもマンチェスター・ユナイテッドも知るストライカーに興味を覚えなかった理由を以下のように語っています。

「私のスカッドに彼が加わるのは、いつでもウェルカムだ。ゴールを決めるまでに多くの時間を要しない選手だからね。でも、われわれはより若いルカクを獲るという別なディレクションを選んだ。ラシュフォードもストライカーだし、必要を感じなかった」

ルカク、ムヒタリアン、マタ、ラシュフォード、リンガード、マルシアル、アシュリー・ヤング。3トップに7人の選手を抱えており、左のワイドにはマルシアルとラシュフォードがいるチームにペリシッチは必要なのかと疑問に感じていたのです。得点力のあるサイドアタッカーを外から調達するのではなく、若い選手たちの得点力を活かす戦術を構築すればいいのではないか、と。ところが、指揮官は端からラシュフォードをトップに固定するつもりで、左としてカウントしていたのはマルシアルだけだったのかもしれません。ゴールセンス溢れる19歳を左で使わず、ストライカーとしてきちんと育てるという方針なら納得です。年内のコンペティションを2人でまわし、忙しくなる冬にズラタン・イブラヒモヴィッチが帰ってくれば、プレミアリーグとFAカップのダブル、いや、リーグカップ連覇まで狙える…などと考えながら、ポール・ポグバのコメントに触れると否応なく盛り上がります。

Obviously Zlatan is a leader, always a big leader, and he's a big leader because he's still in the team.Even though he's not playing he's a leader outside of the pitch.(ズラタンは明らかにリーダーだ。常にビッグなリーダーだ。彼はまだチームにいるのだから。プレイしていないけど、ピッチの外でもリーダーだね)」

余談ですが、私がズラタンとポグバに最も感謝したいのは、チームの雰囲気を明るくしてくれたことです。「大きな決断だった。チャンピオンズリーグに出られないのはわかっていた。それでも僕は、マンチェスター・ユナイテッドをあの頃のマンチェスター・ユナイテッドらしくしたいと心に決めたんだ。今はそこに向かっている最中だ」というポグバの言葉を聞くと泣けてきます。この夏は、自称「エージェントP」としても、最高の仕事をしてくれました。「MUTV」のインタビューに応えたロメウ・ルカクは、移籍先を検討していた頃、ポグバに「誘導作戦」を仕掛けられていたと明かしました。

「ポールと食事に出かけると、彼はわざとオールド・トラフォードの脇を通るんだ」

「本物のエージェント」ミーノ・ライオラ氏とマンチェスター・ユナイテッドは、極上のマッチングをサポートしたエージェントPにマージンを払わなければなりません。…話を戻しましょう。昨季は多くの負傷者に泣いたモウリーニョ監督は、チャンピオンズリーグを視野に入れて選手層に厚みを持たせようとしているのでしょう。バレンシアの代役はトゥアンゼベ、バイリー、ダルミアン。ルーク・ショーのポジションにはブリント、ダルミアン、アシュリー・ヤング。ロホの負傷を受けて、移籍の噂があるスモーリングとフィル・ジョーンズは両方残すかもしれません。さらにスケールの大きいアンカーとサイドアタッカーを加えられれば、モウリーニョ監督のスカッドは盤石です。過去、2年以上指揮を執った延べ5つのクラブで、2年めにすべてリーグ優勝を果たしている名将は、ポグバの言葉どおり、チームをプレミアリーグの頂点に復帰させることができるでしょうか。次のシーズンは、3つのタイトルを獲った前年以上に楽しみです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「スカイスポーツ」がチェルシーの補強ターゲット6人を紹介…難易度高いです!

プレミアリーグ王者VSブンデスリーガ王者の一戦は、後者の完勝でした。シンガポールのナショナルスタジアムで開催されたインターナショナルチャンピオンズカップ。思い切りよく遠めから狙ってくるバイエルンに対して、チェルシーの最終ラインとセントラルMFはしばらく眠っていました。サイドチェンジ一発でラフィーニャに右から持ち込まれ、左ポストすれすれに吸い込まれるきれいなミドルを許すと、アスピリクエタがリベリーに簡単に抜かれ、折り返しを受けたトマス・ミュラーの完璧なボレーで2点め。勝負を決める3発めは、レヴァンドフスキとトマス・ミュラーが仕掛けたカウンター。右隅を狙ったトマス・ミュラーのミドルシュートは、昨季のリーグ戦で5ゴールに終わった選手のものとは思えませんでした。ここまでで、27分です。

惨敗かと思われたプレミアリーグ王者は、47分にヴィクター・モーゼスが右サイドを突破し、ファーへの折り返しをマルコス・アロンソが完璧にミートして3-1。トマス・ミュラーとリベリーが下がった85分にCKをモラタが後ろに流すと、ゴール前にいたバチュアイがボレーを決め、何とか格好をつけて試合を終えました。まだまだ慣らし運転、補強の進捗も5割未満。チェルシーが彼ららしくなるのは、コミュニティシールドが目前に迫ってきてからでしょう。「スカイスポーツ」は、コンテ監督の補強ターゲットとなる6人を紹介。彼らの予想は、インテルの右SBアントニオ・カンドレーヴァとユーヴェのアレックス・サンドロ獲得は厳しく、ヴィルジル・ファン・ダイクは微妙。サウサンプトンの両SBセドリク・ソアレスとライアン・バートランドはイタリアから本命を連れてこられなかった場合の押さえで、1月にオファーしていたフェルナンド・ジョレンテはユーヴェでコンテ監督と一緒だった縁で獲得可能といったところでしょう。

最大の興味は、「プレミアリーグ屈指のCBがどこに行くか」。セインツはファン・ダイクを売らないという姿勢をキープしているものの、本人はリヴァプールに移籍したがっており、未だチームの練習に合流していません。セインツに不正なアプローチを咎められたレッズは慎重に話を薦めようとしているようで、プレミアリーグ8位のクラブが放出に傾いたところで6000万ポンド(約87億6000万ポンド)を提示するといわれています。チェルシーが逆転を狙うなら、これより高い条件でセインツと握らなければなりません。獲得に成功すれば、最終ラインは新主将ケーヒル、リュディガー、ファン・ダイクの3枚で、アスピリクエタはWBにまわることになるのでしょうか。ヴィクター・モーゼスのポジションにそれなりの選手を補強するのは難易度が高く、チェルシーはCBをゲットすることに集中するかもしれません。

ボヌッチをACミランに売ったユーヴェと、長友佑都を出すといわれているインテルから主力を引っ張ってくるのは難しいでしょう。「スカイスポーツ」は、サンドロ獲得にはプレミアリーグレコードの費用がかかり、カンドレーヴァは代理人が「2000万ポンド以下では無理。8割方インテルに残る」とコメントしたと伝えています。ジョレンテは、あくまでもバチュアイが移籍に傾いた際のオプションだとすると、リストのなかで現実的なのはバートランドの出戻りぐらいです。マルコス・アロンソよりも縦に速いセインツの左SBを獲るなら、ファン・ダイクより先に決めたいところ。最終ラインから複数の選手を抜かれるとなると、セインツのガードが一気に堅くなる可能性があります。難易度が高い6人ですが、アルバロ・モラタをゲットしたクラブゆえ、サプライズがあるかもしれません。引き続き、ウォッチしてまいります。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ