ラムジーは?エジルは?…何を聞かれてもブレないエメリ監督に半分安心、半分モヤモヤ…。

「何かが起こる可能性はあるだろう。ラムジーは新しい契約に合意できるのではないか」というアーセン・ヴェンゲルの発言も、「僕にとっては、彼こそが将来のキャプテンだ。偉大なプレーヤーで、いつまでもクラブに引き留めておきたくなる」と絶賛したウィルシャーの言葉も、今のウナイ・エメリ監督にとってはノイズなのでしょう。「スカイスポーツ」が、試合前会見におけるアーセナルのマネージャーのコメントを紹介。「The future is tomorrow, no more(未来は明日だ。それ以上はない)」。マンデーナイトのレスター戦で、公式戦7連勝&プレミアリーグ10連勝をめざすスペイン人指揮官は、チームに特別な選手はいないことと、目の前のゲームに集中することを強調しました。

注目されているラムジーの去就について問われると、「1月はとても遠い。まずは月曜日だ。すべての選手がいいメンタリティと準備をもってプレイし、ともに勝つことを願っている」。1-5で圧勝したフラム戦で67分から出場し、1ゴール1アシストを決めたMF自身に対しては、「他のプレーヤーと同様に、彼のパフォーマンスを求めている。ベンチスタートで25分プレイした最後の試合と同じようにね。最初の11人でもベンチでも、チームを支えることに集中してほしい」と、他の選手と変わらず期待していることを強調しています。

最近、ヴェンゲルさんがラムジーとエジルについて語ったために、答えにくい質問を振られているエメリ監督。エジルの代表引退でドイツの中盤が苦しくなるだろうと語った前任者のコメントに意見を求められると、「大きなモチベーションで改善を続け、持てるクオリティでチームを助けてほしい」と、「みんなおんなじ」を繰り返していました。今のところは立て板に水のごとく、基本トークで打ち返していらっしゃいますが、英語を流暢に話せるようになった暁には、「誰も彼も素晴らしい選手だ!」とスルーしまくるペップの天然トークや、「彼は月に置いたリンゴにもパスを通せる」的なラニエリ流ジョークでプレスルームに話題を振りまいていただきたいものです。フラム戦のゴールラッシュにテンションが上がり、「we have our Arsenal back(われらのアーセナルが帰ってきた!)」と盛り上がるグーナーについて、「諸手を挙げて同意はできない。日々、改善を重ねていく必要がある。勝者のメンタリティを得たといえるわけじゃない」では、記者のみなさんも見出しに困るでしょう。

さて、ラムジーです。「クラブとはうまくいっており、一時は合意に至っていたけど、今は事情が変わってしまった」とコメントした8番は、1月の移籍を否定しました。「ただプレーし続けなくてはならない。アーセナルのために今季もベストを尽くす」と力強く語っているのを見ると、エメリ監督の要求に全力で応える姿勢に問題はないようです。終盤になっても上下動を繰り返せる走力と、難易度の高いシーンほどなぜか決まる不思議な得点力は、えがたいスペシャリティなのではないかと思います。エメリさんは是々非々の人のように見受けられるので、年末まで素晴らしいパフォーマンスをキープできれば、「逆転勝訴」で新契約締結の可能性は充分にあるのではないでしょうか。

スコールズやファーディナンドなど声が大きいOBがチームや選手を厳しくディスるのが日常茶飯事で、ぼやきや文句が増えた監督がネガティブトークを炸裂させるチームを応援している者としては、呑気なOB&マジメなボス&健気なラムジーの3点セットに思わず頬が緩みます。レスター戦では、10試合連続2ゴール以上の攻撃陣による鮮やかなゴールショーを期待しています。試合後の会見では、「木曜日のスポルティングCP戦に集中したい。選手全員に、高いモチベーションとクオリティでチームを助けてくれることを期待している」というそつのないコメントをいただけそうですが、果たして…⁉


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

選手との関係構築、プレス対応…あの名物指揮官が語った「モダンフットボールのマネージャー論」

カルロス・カルヴァリャルという人物を覚えてますでしょうか。昨季プレミアリーグで、最下位に沈んでいたスウォンジーのポール・クレメント監督がクリスマスまでもたずに解任となり、後釜としてシェフィールド・ウェンズデーから招聘された指揮官です。52歳のポルトガル人監督にとって、スワンズは指導者キャリアにおける17番めのクラブでした。年末のプレミアリーグデビュー戦から、34節のエヴァートン戦まで5勝5分3敗と健闘。FAカップでも準々決勝進出と、チームを完全に立て直しましたが、最後の5試合でたった1ゴールという不振に陥り5連敗フィニッシュ。スワンズはあえなく降格となり、ミッションを果たせなかった監督はクラブを離れることになりました。

イングランドではさほど注目されていなかったカルヴァリャルは、プレミアリーグで指揮を執り始めて間もなく、記者会見で駆使する秀逸な比喩が話題になりました。攻め込んでいた2月のバーンリー戦で、攻撃的な選手ばかりを継ぎ込んで1-0で勝った際の自らの采配を「肉しか焼かないバーベキュー」。リヴァプールを1-0で完封したゲームでは、ゴール前を固めた自軍を「午後4時のロンドンのトラフィック」と表現し、F1マシンだらけのリヴァプールも一般道ではアクセルを踏めないと解説しました。チャリティの企画として、名言集Tシャツが発売されるほど注目を集めた指揮官は、このたび「BBCラジオ」に出演。現代フットボールにおけるマネージャーの難しさを語っています。

What is it like to be a modern football manager?」という「BBC」の紹介記事のタイトルは、「モダン・フットボール・マネージャーて、どないやねん?」ぐらいに訳すのがいいのでしょうか。「何百万人もの人が憧れる夢の仕事は、名声、幸せ、キャリアが得られる一方で、トップレベルになると思わぬ落とし穴や課題があります」という書き出しで始まる記事は、カルヴァリャルさんがブラガを率いていた2006年に、子どもが学校でいじめに遭い、契約をキャンセルせざるをえなくなったという衝撃的なエピソードを紹介しています。「家族の不幸を見続けていた。子どもが最も泣いてばかりいた時期。辞めなければならないと悟った。ヨーロッパリーグでうまくいっていたので、大きな驚きだった」。サッカーは大好きだが、家族に勝ることはないと語るカルヴァリャルさんにとって、現場を離れる理由は成績不振や他クラブからのオファーばかりではなかったそうです。

選手やオーナーとの軋轢で、クラブを離れたこともあったとのこと。ポルトガル3部のレイショエスを率いていた2002年に、ポルトガルカップ準優勝という成果を残したにも関わらず、次のシーズンに入るとオーナーが現場に介入するようになりました。ある試合に勝った後、カルヴァリャルさんは選手を集めると、用兵に口をはさんできたオーナーにアームバンドを渡してひとこと。「みなさん、今、新しいマネージャーが決まりました。やりたいんでしょう?私は去るよ」。オーナーがひとりでも選手を決めるようならマネージャーはできない、すべてのジャッジはマネージャーによってなされなければならないというポリシーを貫いた瞬間でした。

マネージャーとしての重要なタスクとして、プレス対応があります。プレミアリーグファンを盛り上げた数々のキャッチコピーは、準備しているわけではないというのですが…。「F1マシンをストーリングさせたというメタファーを使ったのは、いい組織なくしてリヴァプールを倒すことなどできないと伝えたかったからだ。こういった試合では、われわれはunderdogs(弱者)だからね。サーディンがロブスターと戦って勝った。彼らの値段はロブスターだよ」って、自然に出ちゃうんですね、比喩全開トーク!

「選手やファンにメッセージを送っているときはマネージャーではない。ドレッシングルームで選手に語りかけることと、プレスを前にして話すのは全く別なことだ」「時に相手を混乱させるのも戦略のひとつだし、ファンとつながって夢を提供することで、選手の背中を押すこともある。ファンは、試合のなかで大きな役割を担っている。多くのポイントを得たときは、いつも多くのファンがいてくれた」。カルヴァリャルコレクションをリリースしたトークの達人は、プレスをうまく利用して、ファンや選手を動かすのも指揮官の重要な仕事のひとつだといっています。

今回のインタビューで最も興味深かったのは、「個々の燃料は違う。誇り、マネー、恐怖…何が彼を動かすのか、パーソナリティを理解しなければいけない」と語った選手との関係構築のお話です。モダンフットボールマネージャーという観点では、「ソーシャルメディアはマネージャーの敵」「選手たちはよりセルフィッシュ(利己的)になり、パーソナルな世界に棲むようになった」といったあたりが近年の大きな変化でしょう。選手の無邪気な発言で盛り上がった若いサポーターが監督を攻撃し始めたり、マスコミが拾ってゴシップに仕立てるなど、SNSがきっかけでチームが難しい状況に追い込まれることもあります。

「スウォンジーにいた頃、ゲームの2日前にパーソナルトレーナーと自宅でトレーニングをしていた選手が膝を負傷したという経験がある。パーソナルトレーナーがいるのは一見いいことだが、マネージャーが毎週やっていることと連携していなかったりする」。現場のトップのマネジメント領域は、ピッチや練習場だけでなく、プレスルーム、インターネット、個々の選手の過ごし方まで急速に広がっています。ペップ、クロップ、モウリーニョ、サッリ、ポチェッティーノ、エメリ…神経を遣うプレミアリーグのビッグ6を仕切るマネージャーの発言に触れるとき、カルヴァリャルさんの言葉を思い出すと、より味わい深いのではないでしょうか。監督の高い年俸には、相応の意味があるとあらためて気づかされる素晴らしいインタビューでした。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

アーセン・ヴェンゲルが1月始動宣言!プレミアリーグに率いてほしいクラブがあるのですが…!

「充分に休んだ。準備はできている。1月から、また始めると思う」。夏にアーセナルを離れた御大は、やはり現役にこだわるようです。週明けの22日に69歳のバースデーを迎えるアーセン・ヴェンゲルが、ドイツメディアのインタビューに応え、新たなチャレンジをスタートさせると宣言しました。「代表チームからの誘いもある」「日本になるかもしれない」と、いくつかの可能性を示唆したフランス人監督の視野に、プレミアリーグは入っているのでしょうか。1月となると、クリスマス前後に解任となった監督の後釜として契約するしかなく、可能性は限りなくゼロに近いのですが…。

ヴェンゲルさんの去就が話題になり始めた数年前から、「弱小だった名古屋グランパスを天皇杯制覇に導いたように、プレミアリーグの下位クラブを強くする彼を見てみたい」という思いが心の隅に芽生えました。パスワークを看板に掲げたエディ・ハウのボーンマスや、アグレッシブな守備を身上とするショーン・ダイクのバーンリー、ロングカウンターを徹底していたクラウディオ・ラニエリのレスターなどのように、キャラが立った魅力的なチームを増やしてくれるのではないか、と。

現在のプレミアリーグのクラブなら、おもしろいのはフラムです。セセニョン、セリ、アンギッサ、シュールレをフラットに並べてくれれば、平野、デュリックス、浅野、岡山の名古屋を思い出してテンションが上がりそうです。ミトロヴィッチの相棒には、「何でそんな選手がここに⁉」と叫んでしまうピクシーばりの大物を据えたくなります。ドルトムントのマルコ・ロイス、ナポリのドレース・メルテンスなどはいかがでしょうか。プレミアリーグ経験者から選ぶなら、迷うことなくディミトリ・パイェです。

とまあ、今年の夏までは、ときどきそんなことを夢想していたのですが、新シーズンのウルヴスやワトフォードを見て、あらためて思いました。アーセナルで、サイドのタレントや守れるセントラルMFを育てられず、守備の課題を解決できなかったヴァンゲルさんは、今のプレミアリーグでは厳しそうです。アンリやファン・ペルシといった得点力があるウインガーを、ストライカーにコンバートしたのはお手柄ですが、ウォルコットやアル・シャビン、チェンバレンなど、スピード勝負のプレーヤーは活躍できず。アーセナルで活躍したサイドアタッカーは、アレクシス・サンチェスのようにストライカーとしてもやれるタイプか、リュングベリやピレスなどパスワークとインテリジェンスが素晴らしい選手ばかりでした。

カソルラをセントラルにもっていったのも慧眼でしたが、ヴィエラやジウベルト・シウヴァが去った後は、守れるセントラルMFが育たず苦労しました。ポチェッティーノ、クロップ、ペップが次々と参入し、プレスとサイドアタック、長短のカウンターで直線的にゴールに辿り着くフットボールが主流となった今は、インヴィンシブルズぐらいの速いパスワークを再現できなければ、ヴェンゲルスタイルで勝ち続けるのは難しいのではないでしょうか。

ウナイ・エメリ監督のチームづくりを見たグーナーのなかには、晩年のヴェンゲルをくさす向きもあるようですが、ファーガソンやモウリーニョと争っていた2000年代半ばまでは、アーセナルは真の強者だったのです。時代は変わりました。ファーガソンがいたマンチェスター・ユナイテッドや御大が仕切るアーセナルのような属人的な長期政権で勝ち続けるチームは、もう出てこないでしょう。今、ヴェンゲル監督に期待できるのは、AZを優勝させたファン・ハールのようにオランダやフランスで見どころあるクラブを強化するか、仕上がっている選手をうまく動かす代表チームでの采配に限られるような気がします。チャンピオンシップのクラブを率いて得意のFAカップ制覇などというのも、ロマンがあるのですが、やらないでしょうね…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

難敵6連戦は正念場…評論家が語る「ジョゼ・モウリーニョはあの頃からどう変わったのか」

チェルシー、ユヴェントス、エヴァートン、ボーンマス、ユヴェントス、マンチェスター・シティ。インターナショナルマッチウィークが明けてからの3週間は、ジョゼ・モウリーニョにとって試練の季節です。プレミアリーグは、ビッグ6との直接対決が2試合、若い指揮官が率いる難敵と2試合。チャンピオンズリーグは、セリエÅで全勝のユーヴェとのホーム&アウェイです。トッテナムはインテルに逆転負けを喫し、リヴァプールはナポリに何もさせてもらえず、90分にインシーニェの決勝ゴールを許して1-0完敗。今季のプレミアリーグ勢はイタリアのクラブに対して旗色が悪く、マンチェスター・ユナイテッドが王者ユーヴェに勝てる要素は見出せません。チェルシー戦とマンチェスターダービーはいずれもアウェイ。この6試合が1勝1分4敗だったとしても、驚くべき戦績ではないでしょう。そして実際にそうなれば、モウリーニョ監督はこれまで834日を過ごしたマンチェスターのホテルを引き払うことになりそうです。

現地メディアの目下の話題は、土曜日のランチタイムに開催されるチェルシー戦の勝敗と、モウリーニョ監督の去就です。サッリ監督のチームに対して、勝てると胸を張る評論家はおらず、エキセントリックな言動が増えた指揮官の未来が案じられています。「スカイスポーツ」は、「Has Jose Mourinho changed since his early days?(モウリーニョは、初期から変わってしまった?)」と題した記事を配信。フィル・トンプソン、マット・ル・ティシェ、チャーリー・ニコラス、ポール・マーソンの4人が、2004年からチェルシーを率いてプレミアリーグに革命を起こした名将の変化を指摘しています。入念なリハーサルによって演じられたかのような美しい四重奏は、ポルトガル人指揮官の悪しき変化を端的に表現しています。

「ペップ、クロップ、ポチェッティーノの新しいアイデアにマッチしていない。新しいサッカーの潮流に適応していない。彼には彼のやり方があり、モダンフットボールが進化しているにも関わらず、変化を拒んだ。それが最大の問題だ。モウリーニョは、マンチェスター・ユナイテッドをリーグ優勝に導くことはできないと思う。試合の結果か、あるいは選手の舌のスリップか、何かあればモウリーニョは火種にし、遅かれ早かれ悪い結果につながる」(フィル・トンプソン)

「ユーモアのセンスを失った。悲しき老人のようだ。当初の態度と傲慢さが好きだったが、火花や輝きはなくなってしまった。マンチェスター・ユナイテッドがリーグを制したら驚くだろう。マンチェスター・シティで起こったことを成し遂げたら、それは彼のキャリアにおいて最大の成果だと思う」(マット・ル・ティシェ)

「サードシーズン・シンドロームにまたもはまってしまったようだね。マンチェスターに足を踏み入れてから、とても不幸になったようだ。ビッグクラブで成功してきた彼のような人間にとっては、楽しみは何もないだろう。ディフェンスの修正を常に試みているけど、できない。オールド・トラフォードで答えを見出すのに苦労している」(チャーリー・ニコラス)

「トップクラブでずっと働いてきて、疲れているんじゃないかな。マンチェスター・ユナイテッドは、ドローでもどこが悪かったのかと追及されるからね。疲れと要求不満が溜っているようにみえる。どこにいてもリーグ制覇を遂げてきたのに、なぜ変わる必要がある?マンチェスター・シティはより多くの投資をしたが、よりいい買い物だった。私はチェルシーのファンだけど、彼らがリーグ優勝したときは、ハーフタイムで2-0ならフルタイムでも2-0だった。マン・シティは欧州でも最高のチームだけど、彼がそういうものを見せつけているとはいえない」(ポール・マーソン)

欧州を席巻してきたテンプレートが、新しいスタイルの台頭によってオールドファッションになりつつある。いい補強ができていないこともあって最終ラインの綻びを修正できない。勝ちたい気持ちが人一倍強い男が、勝てない時間を長く過ごすことによってフラストレーションを溜めると、トラブルが頻発して負のサイクルに陥ってしまう…。4人の指摘は、それぞれに納得感があります。難敵6連戦は、現状のチームの弱点や、モウリーニョサッカーの限界をつまびらかにしてしまうのかもしれません。

私がこれからの3週間に期待しているのは、「モウリーニョサッカーの神髄を見せてほしい」という1点です。古くても、バスを停めても、未来が感じられなかったとしても、外野に何をいわれても、勝ち点3だけは持って帰る究極の勝利至上主義を。ニューカッスル戦の最後の20分がそうであったように、指揮官と選手たちから勝利へのこだわりが感じられれば満足です。今年に入ってからモウリーニョ監督が何度も口にしている「勝ちたい気持ち」さえ乗れば充分戦えるのか、あるいはやはり限界なのか。戦い抜いたその先にある希望か絶望をがっつり感じられる連戦になってほしいと思っています。

プレミアリーグを3回制した名将が、凄みのかけらも見せることなくクラブを去る姿だけは見たくない…評論家のみなさんに危機感を煽られ、毀誉褒貶相半ばする指揮官が同じクラブを愛する仲間であることを実感する今日この頃であります。2日後に迫ったチェルシー戦は、怖くもあり楽しみでもあります。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

9日で5人が負傷離脱…出番がない選手を多く抱えるクロップ監督のやりくり術に注目!

UEFAネーションズカップを「無意味な大会」と非難していたユルゲン・クロップ監督にとって、悪夢のインターナショナルマッチウィークになりました。昨季プレミアリーグ得点王のモー・サラーが、アフリカ・ネーションズカップ予選のスワジランド戦でハムストリングを痛めてメルウッドに帰還。堅守を支えるヴィルジル・ファン・ダイクは、以前から痛めていた肋骨の状態が思わしくなく、オランダ代表から離脱しました。3人めの負傷者は、サディオ・マネ。スーダン戦を控えていたスピードスターは、トレーニング中に左手の親指を骨折したと報じられており、こちらも試合をスキップするようです。

さらに昨日、ルワンダ戦に出場したナビ・ケイタがハムストリングを痛めて前半でリタイア。現場に担架がなかったため、レッズの8番はチームメイトにおんぶされてピッチから去っています。休み前に行われたプレミアリーグ8節のマンチェスター・シティ戦で、ジェームズ・ミルナーを30分で失ったクロップ監督は、たった9日で5人が負傷離脱という災難に耐えなければならなくなりました。プレミアリーグとチャンピオンズリーグで7連勝と、最高のスタートを切ったリヴァプールですが、その後の4試合は2分2敗と勝利なし。停滞ムードが漂うなかで、指揮官はどんな采配を揮うのでしょうか。サラーとファン・ダイクは、ジョン・スミスに乗り込むハダースフィールド戦には間に合うといわれておりますが、無理をさせれば長期離脱という最悪の事態を招くことになりかねません。

チームが好調に勝利を重ねていっていたため、選手たちはテンションが上がり、「まだまだいける」と身体をだましながらプレイしていたのかもしれません。2ヵ月の戦いによる疲労の蓄積と、今回の負傷にどれほどの因果関係があるのかは定かではありませんが、ハムストリングを痛めた選手たちは、良好なコンディションではなかった可能性があります。不幸中の幸いは、この先2週間は強豪クラブとの対戦がないことです。ハダースフィールド、レッドスター・ベオグラード、カーディフと続く3試合は、今まで出番が少なかった選手たちをチームにフィットさせるチャンスでもあるのではないでしょうか。

アリソンの前にデヤン・ロブレンとマティプ。プレミアリーグで出場ゼロのナサニエル・クラインとアルベルト・モレノや、鼠径部を痛めて交代出場1試合に留まっていたアダム・ララナも、試すなら今がチャンスです。ファビーニョは、準備万端。サラーのポジションには、シェルダン・シャキリがいます。絶好調のスーパーサブ、ダニエル・スタリッジは、頭からいっても結果を出してくれそうです。1ヵ月も勝利がないチームゆえ、主力を注ぎ込んで勝ち点3を獲りにいきたくなるところではありますが、下位とのゲームが続くこの時期にサブの選手を起用してチームの総合力を高めておけば、長いシーズンを戦いやすくなるのではないかと思います。

最終ラインの総入れ替えは、さすがにやり過ぎですが、シャキリ、ファビーニョ、スタリッジとCBは頼りになるでしょう。モー・サラーには、明日の1発よりその先の5発を期待しましょう。土曜日に開催されるハダースフィールド戦で、シェルダン・シャキリはベンチか、ピッチか。3トップ完全固定で戦ってきたクロップ監督のチョイスに注目したいと思います。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ