プレミアリーグ35試合連続無敗と「ポグバ無双」継続中!しかし、これを上回る凄い記録が…!

ケヴィン・デブライネとレロイ・サネが9本でトップに並び、ダヴィド・シルヴァが1差で追走。マンチェスター・シティの独占市場となっていたプレミアリーグのアシスト業界に、ライバルクラブのコントロールタワーが殴り込みをかけてきました。ポール・ポグバ、デブライネよりも10試合少ない13試合出場で9アシスト!マンデーナイトのストーク戦では、開始9分でバレンシアの先制ゴールをお膳立てすると、38分にマークが外れたマルシアルをめざとく見つけて鋭いラストパス。マルシアルは、このゴール以外にも決定機を2つ創ってもらっており、浮き球処理を誤ったルカクが無理やり打った左足ボレーも6番からのボールでした。

すべて決まっていれば…というのはさすがに虫がよすぎるとしても、アシストのハットトリックで一気に2ケタの大台に乗せるチャンスは充分にありました。恐るべし、PP。ゴールへのアプローチが多彩なマン・シティの3人よりも、自由が保証されているマンチェスター・ユナイテッドのプレーメイカーのほうがチームメイトからの依存度が高く、アシストキングに輝く可能性は上なのではないかと密かに期待しております。

さて、ここからが本題です。今季プレミアリーグ13試合で3ゴール9アシストのポグバは、別な記録でライバルクラブのアタッカーたちを大きく引き離しています。「スカイスポーツ」の記事の見出しは「Pogba is the invincible one(ポグバは無敵)」。いわれてみれば、確かにそうです。彼が出場した試合で最後に敗れたのは昨季プレミアリーグ9節、スタンフォード・ブリッジでペドロとアザールにボコボコにされて4-0で惨敗したチェルシー戦です。あれから1年と3ヵ月、ポグバが出場した試合は22勝13分と負け知らず。2016-17シーズンの終盤戦で、マン・ユナイテッドはマンチェスターダービー以降の5試合を3分2敗と崩れていますが、ポグバはこの期間だけきれいに欠場しています。当時のモウリーニョ監督が「ヨーロッパリーグに集中する」と語ったのは、意訳すると「ズラタンとポグバの飛車角落ちでは勝てません」だったのだと思われます。

ポグバが無敗記録を継続しているのは、マンチェスターダービーを連続で欠場しているから…ではなく、彼がいることで得点力が上がるからにほかなりません。復帰2年めとなる今季は、出場13試合中11試合が2ゴール以上。とりわけマルシアルとの相性がよく、11番のPKを除く7ゴールのうち6ゴールはポグバがピッチにいた時間にゲットしています。首位との勝ち点差12という絶望的な状況のなかでも「残りの試合に勝ってシティに追いつきたい。集中して勝ち続ければ大丈夫だよ」という呑気なセリフが許されるのは、しばらく負けていない彼だけでしょう。

35試合連続無敗ということは、あと3試合でザ・インヴィンシブルズ…などというとグーナーに叱られそうなのでやめておくとして、連続無敗業界をのぞいてみると、2位以下はマン・シティの選手ばかりが並んでいます。ガブリエウ・ジェズスが28、ダヴィド・シルヴァが25、地味に凄いヤヤ・トゥレの20、意外にもコンパニが16。わわ、やばい。ポグバ以上の記録を発見してしまいました。2017年1月にマンチェスター・シティに合流したガブリエウ・ジェズスは、2016-17シーズンを7勝3分、今季は16勝2分。何と入団以来負け知らずで、23勝5分は勝利数でポグバを上回り、リヴァプール戦に出ていないため記録は継続中です。「プレミアリーグの藤井四段」か!? 15ゴール6アシストという数字を見れば、この記録が幸運などではないことは一目瞭然です。

…すみません。妙に将棋関連の比喩が目立つ文章になってしまいましたが、そろそろ締めますので、このまま走ります。プレミアリーグ優勝に王手をかけたマンチェスター・シティに対して、ドローすら許されないマンチェスター・ユナイテッドは待ったなしですが、ここから逆転で優勝すればまるで羽生マジック…。(ポール・ポグバ 写真著作者/Светлана Бекетова)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

今こそ、生まれ変わる時~前向きに捉えたいアレクシス・サンチェスとウォルコットの放出。

「Walcott having Everton medical(ウォルコットはメディカルチェックを完了)」。ついに「BBC」のトップに、アーセナルのサイドアタッカーのエヴァートン移籍が秒読みになったというニュースが掲載されました。2006年のプレミアリーグデビューから11年半、アーセナルひと筋で公式戦397試合108ゴール、プレミアリーグでは267試合65ゴール。昨季はキャリアで2度めの10ゴールを記録していたウォルコットが居場所を変えることになったのは、チームの戦い方の変化がきっかけでした。4-2-3-1の右サイドを持ち場としていた14番は、3-4-2-1ならラカゼットの右脇が適所となりますが、ここにはメスト・エジルがいます。

CBが1枚増えたことで前線の選手の椅子が減り、その影響を最も受けたのがウォルコットだったといういい方もできるでしょう。エジルとアレクシス・サンチェスが休んでも、イオビやウェルベックが優先。昨季の主力で唯一、プレミアリーグの先発がゼロとなった選手が出場機会を得るには、ユニフォームを変えるしか選択肢はありませんでした。

「BBC」「スカイスポーツ」は、ウォルコットの移籍金について「2000万ポンド(約30億4000万円)以上」と報じています。「GKの脅威となる素晴らしい補強」と、サイドアタッカーの入団を歓迎しているエヴァートンのサム・アラダイス監督にとっては手頃なお値段に見えるでしょう。ポジションを争うライバルは、アーロン・レノン、ボラシェ、シグルズソン、ヴラシッチ。元アーセナルという看板で試合に出られる環境ではありませんが、ウォルコットが昨季のフォームを取り戻せば、堅守速攻をめざすアラダイス監督のファーストチョイスになれる可能性は充分です。

「今まで、ウォルコットはプレミアリーグより他のコンペティションでの出場が多かった。われわれは週に2回試合があるので、ローテーションの必要があったからだ。いずれ、彼はプレミアリーグでプレイすることになる」。10月にウォルコットの必要性について語っていたヴェンゲル監督が、その後の14試合で彼を起用したのはたった3分でした。このたびの決断は、双方にとって正解でしょう。満足な出場機会を得られなかったルーカス・ペレスと使われ方に不満を抱いていたチェンバレンを放出したクラブは、ラカゼットとコラシナツを獲得し、ウィルシャーを復帰させています。単純計算で中盤より前の戦力が増えているアーセナルにおいて、今シーズンも誰かが我慢できないレベルで出場機会を失うのはわかっていました。

それが、ウォルコットだったのです。16歳の頃から成長を期待し続けていた選手との別れは、サポーターにとっては哀しいイベントではありますが、ライバルクラブがレベルを上げているなかで、現状維持で戦い続けるわけにはいきません。現地メディアは、アレクシス・サンチェスの後釜として複数の選手の名前を挙げていますが、エースの穴を埋めるだけでなく、ウォルコットに加えてもう1枚削ってでも2人獲りにいっていいのではないかと思います。例えば、ダニー・ウェルベック。アーセナルで4シーズンめを迎えるストライカーは、移籍してからはプレミアリーグで5ゴール以上を挙げたシーズンが1回もありません。ウォルコット、アレクシス・サンチェス、ウェルベックがクラブを離れてムヒタリアンとオーバメヤンが加わると想像すると、悪くない話のように思えるのですが、いかがでしょうか。

2018年1月、アレクシス・サンチェスとウォルコットの放出は、アーセナルが新しいチームに生まれ変わるための第一歩となるように思えてなりません。いや、「なる」ではなく「する」のでしょう。4位と8差という現在の状況を冷静に受け止めれば、バイエルン・ミュンヘンに惨敗し、プレミアリーグ5位に終わったチームが、ニューフェイスを2人獲るだけでは足りなかったと考えるべきでしょう。初年度無冠に終わったペップが、30代の選手8人とイヘアナチョまで放出してサラリーを浮かし、エデルソン、ダニーロ、カイル・ウォーカー、バンジャマン・メンディ、ベルナルド・シウヴァという後ろ中心のコンセプチュアルな補強を敢行して首位に立っているのを見れば、なおさら。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ムヒタリアン、マルコム、オーバメヤン…!? アーセナルのポスト7番を巡る3つの噂!

「48時間以内に決まるかもしれない。彼はスタンバイできており、ボーンマス戦で起用するのは難しかった。プレイすることを拒否したわけではない」。プレミアリーグ16位のクラブに敗れた後、アーセナルのヴェンゲル監督がアレクシス・サンチェスの移籍決定が目前に迫っていることを認めました。マンチェスター・ユナイテッドか、マンチェスター・シティか。多くのメディアが、争奪戦を制するのはジョゼ・モウリーニョ監督のチームと推測しておりますが、決定的な報道は未だありません。

ヴェンゲル監督は、7番の後釜を獲得しなければならないとも語っており、こちらについても現地メディアがさまざまな可能性について報じています。「ヘンリク・ムヒタリアンをほしがっている(ガーディアン)」「4400万ポンド(約67億円)でボルドーFWマルコム獲得に近づいている(Goal.com)」。そしてもうひとり、「エクスプレス」や「スカイスポーツ」が報じているのは、ドルトムントの大黒柱ピエール・エメリク・オーバメヤンです。

ブンデスリーガ143試合98ゴール
の快足ストライカーを5340万ポンド(約81億円)で獲得できるという話にリアリティがあるのは、ドルトムントとオーバメヤンの間に明らかに亀裂が走っているからでしょう。2017年の夏にレアル・マドリード行きを熱望してトランスファーリクエストを出したと報じられ、1月頭には中国の広州恒大に移籍合意といわれていたガボン代表FWは、ミーティングを無断欠席してヴォルフスブルク戦のメンバーから外されたばかり。以前からプレミアリーグに興味を示していると伝えられていた点取り屋は、アーセナルからオファーがあれば即座に乗っかりたくなる状況に置かれているのかもしれません。

「スカイスポーツ」のスペイン人コラムニスト、ギエム・バラグさんは「アーセナルは、オーバメヤンとの契約を楽観視している」とレポート。「何人か候補がいるけど、そのひとりがオーバメヤン。ドルトムントが受け入れようとしているので、契約できるとみている。アーセナルがリードしているけれど、まだ何も決まっていない。おそらくアレクシス・サンチェスの売却決定より時間がかかるだろう。ラカゼットとはうまくやれると思うよ」とコメントしています。「エクスプレス」の個人合意報道はフライングの香りが漂いますが、リストの上位に名前があるというところまでは信じていいのかもしれません。しかし…。

オーバメヤンは、今のアーセナルに必要な選手なのでしょうか?プレミアリーグ経験と3-4-2-1との相性を取るならムヒタリアン、アレクシス・サンチェスのリプレイスというテーマと将来性にこだわるならボルドーでリーグアン18試合7ゴールのマルコムでしょう。今の布陣のまま、オーバメヤンを招き入れれば、ラカゼットのよさが活きなくなるような気がしてなりません。あるとすれば、さらなるモデルチェンジでしょうか。

ジャック・ウィルシャーあるいはジャカをアンカーに据えて、エジルとラムジーを脇に配した3センター、ラカゼットとオーバメヤンを並べる3-5-2。コンテ監督なら、何の迷いもなくチョイスしそうな布陣です。3バックを続けるなら経験があるCBを獲得し、ベジェリンに何かあったときにフォローできるWBも入れたくなりますが、ここまで踏み込むとすればドルトムントの快足ストライカー獲得も納得です。ただしこれをやるなら、速攻の練習が相当必要になると思われますが…。

3人のうちどれかを選べといわれれば、アレクシス・サンチェスが赤いシャツを着るという前提になってしまいますが、ムヒタリアンでしょうか。マンチェスター・ユナイテッドでは孤立することが多く、プレミアリーグ39試合5ゴールという不本意な数字しか残せていないアタッカーは、パスコースが多いアーセナルならドルトムント時代の輝きを取り戻すのではないかと思います。

ああ、それにしてもアレクシス・サンチェス。昨季までは間違いなくアーセナルの顔だった稀代のアタッカーが、今季プレミアリーグで欠場した4試合は1勝3敗。大事な追加点をゲットしたノースロンドンダービーと、2発決めたクリスタル・パレス戦しか「7番で勝った!」といえる試合がなく、同じ「夏の破談組」でもコウチーニョのような貢献なきまま、クラブを去ることになりそうです。ピッチを縦横無尽に駆け回り、スルーパスやゴールを決めまくっていた昨季があまりにも眩しかっただけに、こんな形で終わるのを受け入れるのは非常に困難です。

マルシアルが大好きなマンチェスター・ユナイテッドサポーターとしては、彼がわがクラブを選んでくれたとしても、虚心に応援できるようになるまでは時間がかかりそうです。アレクシスがパリ、ルーカス・モウラがオールド・トラフォードという着地のほうが晴れやかな気分でいられただろうと思う今日この頃…いや、まだ決まってなかったですね!?失礼しました。もとい、グーナーのみなさん、オーバメヤンはいかがですか?


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【MAN.UTD×Stoke】絶品ポグバ!マンチェスター・ユナイテッドが3発快勝で首位を追走!

マンチェスター・シティが敗れた直後の試合で、足踏みするわけにはいきません。プレミアリーグ23節、マンチェスター・ユナイテッドVSストーク。首位に迫りたいモウリーニョ監督のチームのコンディションだけでなく、ポール・ランバート新監督がスタンドから見守るストークの戦い方にも注目です。オールド・トラフォードでのゲームは、主将アントニオ・バレンシアの復帰戦です。GKデ・ヘア、最終ラインはバレンシア、スモーリング、フィル・ジョーンズ、ルーク・ショー。マティッチの脇にポグバとリンガードが入り、前線にはマタ、マルシアル、ルカク。立ち上がりからボールを支配しているのはマンチェスター・ユナイテッド。6分、マタがゴール前に浮かしたボールに反応したマルシアルは、プレミアリーグデビュー戦のDFバウアーに押されたようにも見えましたが、レフェリーの笛は鳴りません。

しかし9分、ホームのマンチェスター・ユナイテッドがあっさり先制します。ポグバが右のバレンシアに展開すると、ボックスに入ったSBは切り返しで簡単にティモンをかわし、左足の強烈な一撃をゴール左隅に叩き込みました。ストークの反撃は11分。ロングフィードを捉えたシャキリのオーバーヘッドは枠を押さえておりましたが、デ・ヘアが冷静にセーブ。16分にバウアーのクロスをフリーでトラップしたアイルランドは、寄せてきたスモーリングを気にして左に外してしまいました。

20分、リンガードが倒されて得たFKは、マタのキックが壁に阻まれます。1分後、右サイドのバウアーのグラウンダーをニアでシャキリが受け、脇にいたアイルランドに打たせますが、力んだシュートはまたも左にアウト。25分、ハイボールに強いとはいえないデ・ヘアが、右から上がったクロスをクラウチに競り負けてしまいます。無人のゴールにボレーを放ったのはシュポ=モティング。今度こそ同点かと思いきや、足元に飛び込んだフィル・ジョーンズが体に当ててリードを守りました。

28分、右サイドで2人を翻弄したルカクがゴールに向かうボールを入れると、リンガードが先に触れば1点でしたが、前に入ったズマが落ち着いてクリア。36分にはポグバの素晴らしいサイドチェンジが左サイドを走ったルーク・ショーに通りますが、ニアでもらったマルシアルの左足シュートはDFに当たってしまいました。38分、マン・ユナイテッドの追加点は、ティモンを突いたルカクのインターセプトから。右でボールを受けたポグバが、空いていたマルシアルに流したラストパスは的確でした。右足でコントロールしたボレーがバトランドの届かない右隅に突き刺さり、2-0。マルシアルは今季プレミアリーグ8ゴールとなりました。前半終了間際に中央でフィル・ジョーンズを抜いたシャキリが、得意の左足で右隅を狙うとデ・ヘアが外に弾き出すビッグセーブ。最初の45分は2点差のままで終わりました。

ミスが多かった18歳のティモンはハーフタイムに下げられ、ヴィマーがSBに入ります。49分、ズマのパスをインターセプトしたポグバが左のマルシアルにスルーパスを通すも、バトランドの出足が速くフランス代表FWの2点めはなりません。54分、ポグバの浮き球をゴールに背を向けて受けたルカクは、リターンを出そうそして失敗した後、振り向きざまに鋭いシュート。バトランドの正面にいきましたが、左右にずれれば今季プレミアリーグ11ゴールめが決まっていたかもしれません。58分、マタの左からのクロスをファーで拾ったポグバが、切り返して左足で狙うとマルティンス・インディがブロック。1分後、左から仕掛けたポグバが中に入れたグラウンダーは、3人に囲まれたマルシアルのシュートをコースを切ったバトランドがストップします。

ズマのミスパスをルカクがカットしたのは62分。中央のリンガードが無理に打たずに右に流すと、クロスに狙ったマタのシュートは左に切れていきます。65分、ルーク・ショーが左からドリブルで上がってニアのリンガードに預けると、落としを叩いたマタのボレーはバーの上。リンガードが仕掛けたカウンターは、右に出たルカクのシュートをバトランドが足でブロック。クリアボールをリンガードがダイレクトで叩くと、ゴール前に走り込んだマタがヒールで押し込みますが、ラインズマンの旗が上がっています。ソブヒとディウフを投入したストークにチャンスは訪れず、71分にマンチェスター・ユナイテッドが決定的な3点めを奪います。

ポグバが起点のカウンターは、中央を上がったリンガードがマルシアルに渡したところでスピードダウン。フィニッシュまでいけないかと諦めかけた瞬間、11番がヴィマーを背負っていたルカクにぶつけます。左からまわって前を向いたルカクは、ヴィマーとズマのマークをものともせず左足のシュートをニアポストぎりぎりにズドン。2人を振り切って強引に決められるストライカーが、ハリー・ケインの半分しかゴールがなかったのが不思議です。80分、リンガードとマルシアルが下がり、フェライニとラシュフォード。負傷が長引いていたフェライニは、10試合ぶりのプレミアリーグです。

85分、ポグバの素晴らしいパスでバレンシアがフリーになり、ニアに出たグラウンダーをラシュフォードがヒールで引っかけるとバトランドがセーブ。直後、シャキリがゴール前に浮かしたボールに走り込んだディウフがスモーリングをかわし、左足で放ったシュートはデ・ヘアが本日2度めのビッグセーブでゴールを許しません。追加タイムはあっさり終わり、マンチェスター・ユナイテッドが3-0完勝で首位との差を12に詰めました。

スモーリングの緩慢な守備に苛立っていたのですが、王様ポグバの素晴らしいパスワークがストレスを消し去ってくれました。正確なサイドチェンジ、タイミングを外さないスルーパスはいずれも絶品。中盤の底をマティッチにまかせ、6番が自由に攻め上がる今日のような戦い方が守備に難がある下位クラブ相手には効果的です。バレンシアが最高の形で復帰し、マルシアル、ルカクと決めるべき選手が結果を出したナイスゲーム。次節、プレミアリーグ6戦連続勝利なしのバーンリー戦で確実に勝ち点3をゲットしていただき、いいムードでトッテナムが待つウェンブリーに向かっていただければと思います。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ