超攻撃的4-3-3はツッコミどころ満載!PFAが今季プレミアリーグのベスト11を発表!

豪華というか、強引というか…。PFA(プロサッカー選手協会)の最優秀選手・最優秀若手選手の発表に先立ち、ベストイレブンが発表されました。プレミアリーグ2017-18シーズンを制したマンチェスター・シティから5人、トッテナムから3人、マンチェスター・ユナイテッド、リヴァプール、チェルシーがひとりずつ。上位5クラブの主力で固められた11人は、4-3-3の形で発表されていますが、「4-0-3-3」と表記したくなるようなヘヴィメタルなフォーメーションです。まずは、顔ぶれを見ていただきましょう。こちらです。

GK/デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)
DF/カイル・ウォーカー、オタメンディ(マンチェスター・シティ)、フェルトンゲン(トッテナム)、マルコス・アロンソ(チェルシー)
MF/デブライネ、ダヴィド・シルヴァ(マンチェスター・シティ)、エリクセン(トッテナム)
FW/サラー(リヴァプール)、ハリー・ケイン(トッテナム)、アグエロ(マンチェスター・シティ)

最後方と3トップは、納得です。直近5シーズンで4回めのPFAチーム選出となったデ・ヘアは、今季プレミアリーグで唯一80%以上のセーブ率を誇るNo.1キーパー。彼がいなければ、マンチェスター・ユナイテッドはチェルシーと4位を争っていたのではないでしょうか。最優秀選手候補のモハメド・サラーは32試合30ゴール、レッズのアタッカーと得点王を争うハリー・ケインは33試合26ゴール、優勝チームの得点源のアグエロは25試合21ゴール。3人足すと77ゴールのトリオは迫力充分ですが、サイドがスカスカになりそうな布陣は、ペップもクロップもノーサンキューでしょう。GKの次点を選ぶとすれば、エデルソン。前線はサネ、ヴァーディー、ソン・フンミンに後ろ髪を引かれつつも、スターリングとフィルミーノを推すのが妥当でしょう。

最終ラインは、シーズンを通じて活躍した4人が選ばれました。カイル・ウォーカーは守備の強度に加えて、プレミアリーグ6アシストという攻撃力が魅力。今回の11人を個別にリスペクトしている「BBC」は、オタメンディについて「2665本のパスを成功させた」と伝えています。フェルトンゲンが休んだのは、28節のクリスタル・パレス戦のみ。鋭いFKと正確なミドルシュートを持つマルコス・アロンソは6ゴールを決めており、DF&WBの得点王です。サブのメンバーは、右がバレンシアで左はモンレアル、CBにはマグワイアとタルコフスキー、あるいはアスピリクエタでいかがでしょうか。出場試合数がもう少し多ければ、ロバートソンとクリステンセンも候補に挙げたくなります。

さて、問題は中盤です。今季プレミアリーグ最多の15アシストを積み上げたケヴィン・デブライネは鉄板。圧巻のチャンスメイク102回も、もちろんTOPです。プレミアリーグ27試合8ゴール11アシストのダヴィド・シルヴァは、リーグNo.1のパス成功率89%を誇ります。この2人をフェルナンジーニョの両脇で機能させたのが、ペップの最大のお手柄でしょう。プレミアリーグ33試合10ゴール9アシストのエリクセンについて、「BBC」はこうコメントしています。「今季プレミアリーグで、ハリー・ケインに35回のゴールチャンスを提供した。ひとりの選手に対する数字としては最多である」。なるほど。どの数字を取っても選びたくなるプレーメイカーです。

3人とも素晴らしいのですが、無邪気に並べると「守備は!?」とツッコミを入れたくなります。ここは、マンチェスター・ユナイテッドの中盤を支え続けたネマニャ・マティッチの出番ではないでしょうか。代わりに誰を落とすのかといわれれば…いや、それはまたの機会に。

「BBC」は、前線の3人についてもおもしろいデータを紹介してくれています。「ハリー・ケインは、プレミアリーグで3季連続で25ゴール以上を決めた3人めの選手。過去にはアラン・シアラー、ティエリ・アンリしかいない」「サラーの公式戦40ゴール超えは、2007-08シーズンのクリスティアーノ・ロナウド以来。彼のゴールとアシストはレッズに15ポイントをもたらしており、プレミアリーグの他の誰よりも多い」「イングランドで7年めのアグエロが、PFAメンバーに選ばれたのは実は初めて」。…マジすか、アグエロ!7シーズンのうち5シーズンで20ゴール以上を記録しながら、ルーニー、スアレス、ファン・ペルシ、ジエゴ・コスタ、ハリー・ケイン、ヴァーディーに持っていかれていたのですね。ニアに入って右足で決めるというスタイルが確立しており、派手なゴールがないのが不思議な現象を生んでいたようです。玄人好みだと選ばれないなら、もっとやばい選手がいます。ロベルト・フィルミーノ…!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Bournemouth×MAN.UTD】ポグバ&ルカク!マンチェスター・ユナイテッドらしい2-0完勝!

最下位のWBAに敗れ、ライバルのプレミアリーグ制覇を決めるボタンを押してしまったマンチェスター・ユナイテッド。ここから先は、2位フィニッシュに向けて粛々と勝ち点を重ね、唯一残されたタイトルであるFAカップを獲りにいくしかありません。プレミアリーグ35節の舞台は、11900人しか入らないボーンマスの本拠地バイタリティ・スタジアム。モウリーニョ監督は、トッテナムと当たるFAカップのセミファイナルを意識し、サブの選手を並べてきました。GKデ・ヘア、DFダルミアン、フィル・ジョーンズ、スモーリング、ルーク・ショー。中盤にはポグバ、エレーラ、フェライニが並び、前線はリンガード、ラシュフォード、マルシアルです。プレミアリーグ15ゴールのルカクと、全試合出場のマティッチはベンチスタート。5分を過ぎ、マンチェスター・ユナイテッドが押す時間が増えています。

10分、ジョーダン・アイブの縦パスで裏に抜け出しかけたカラム・ウィルソンは、フィル・ジョーンズに体を寄せられてシュートを打てず。3分後、今度はカラム・ウィルソンが左から上がり、中央のジョーダン・アイブに打ち頃のボールを転がしますが、ダイレクトショットは左のポストの外に切れていきます。15分、アウェイチームの最初のシュートはCKからのエレーラ。クリアを拾ったフィル・ジョーンズの落としを叩いた左足の一撃は、コントロールが効かずにリンガードにヒット。左サイド一辺倒のアタックは、20分を過ぎても決定機を創れません。

24分、左にいたルイス・クックがライアン・フレイザーを縦に走らせると、ボックスに入ってニアに放ったシュートはDFに当たってCK。27分、右サイドのインターセプトからラシュフォードがドリブルで突進し、思い切りよく右足を振り抜きますが、コースが甘くべゴヴィッチが右に弾き出します。このCKから、マンチェスター・ユナイテッドが先制点を奪いました。右サイドでボールをキープしたポグバが後ろのエレーラに落とすと、ラインの裏に入ったリンガードに完璧なスルーパス。脇にいたスモーリングがフリーで、丁寧なラストパスをスライディングで押し込みました。

0-1とした後も、左、左、左。サイドチェンジや中央からの崩しなど、バリエーションを持たせなければボーンマスの守備網を崩せないでしょう。44分、CBのナタン・アケが中盤に上がって粘り、前にいたジョシュア・キングにパスを通すと、右足の強烈なシュートはデ・ヘアがセーブ。1点リードで折り返したアウェイチームは、後半開始から猛攻を仕掛けます。47分、左サイドを完全に崩したマルシアルが、ボックス内に持ち込んで放った右足のシュートはDFがブロック。55分のボーンマスの逆襲は、左からボックスに侵入したジョシュア・キングがカラム・ウィルソンの足元にラストパスを通しますが、プレミアリーグ7ゴールのトップスコアラーはうまくタッチできませんでした。エディ・ハウ監督は、ジョーダン・アイブを下げてリス・ムセ。前線に3枚並べて、サイドアタックを強化しようとしています。

62分、リンガードが下がってルカク登場。64分のボーンマスのカウンターは、ルイス・クックのスルーパスを受けたカラム・ウィルソンのトラップが流れ、フィル・ジョーンズにカットされます。ボックス手前からのルカクの直接FKは壁にヒット。右にいたラシュフォードが中央に持ち込み、左足で狙った69分のミドルはべゴヴィッチの正面です。1分後、マンチェスター・ユナイテッドが見事な速攻で追加点をゲットします。左からドリブルで持ち込んだポグバが、斜めに入ってきたルカクに絶妙な縦パス。べゴヴィッチの手前で浮かした左足シュートがゴールに吸い込まれ、プレミアリーグ2位チームがセーフティリードを築きました。モウリーニョ監督は、エレーラに代えてマティッチを投入。残り15分となり、サーマンに代わって中盤に入ったのはゴズリングです。

ポグバがブリントに後を譲ったのは79分。6番は、FAカップでスターターとしてピッチに立つのでしょう。ブリントのプレミアリーグ出場は、元日のエヴァートン戦以来。赤いシャツの彼を見るのは、これが最後かもしれません。82分のリス・ムセのシュートはクロスバーを越え、この直後に登場したデフォーは決定的な仕事をできませんでした。0-2、よくも悪くもマンチェスター・ユナイテッドらしい勝ち点3。左右のアンバランスや、連携による崩しの少なさにもの足りなさを感じつつ、何だかんだでゼロに抑えた守備陣と、ポグバ&ルカクの鮮やかな速攻にはさすがというしかありません。次はいよいよ、ウェンブリーでスパーズとの決戦です。ベストメンバーを揃え、3季連続のカップ戦制覇にリーチをかけていただければと期待しています。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

後方の攻撃力が格段にUP!マンチェスター・シティがたった1年でこれだけ強くなった理由。

「BBC」は、GK革命とサイドの刷新を勝因に挙げています。ペップ・グアルディオラ、就任2年めのプレミアリーグ制覇。マンチェスター・シティでの最初のシーズンを、23勝9分6敗の3位という凡庸な戦績で終えた47歳の指揮官は、オフシーズンにコンセプチュアルな補強に打って出ました。イングランド代表のレギュラーGKジョー・ハートと、百戦錬磨のベテランGKクラウディオ・ブラボに背を向け、24歳のエデルソンを獲得。コラロフ、クリシー、サバレタ、サニャと前年のSBを全員放出して、バンジャマン・メンディ、カイル・ウォーカー、ダニーロに入れ替えました。1月にはアイメリク・ラポルテまで押さえる後方中心の強化。初年度にサネ、ガブリエウ・ジェズス、ギュンドアンを買ったペップは、前線はベルナルド・シウヴァだけで充分と見切っていました。

大胆すぎる改造を施したチームは、新戦力がフィットするまで時間がかかるのではないかと懸念されていたのですが、プレミアリーグ前半戦の勝ち点ロストは2節のエヴァートン戦のドローのみ。成功した補強の最初のひとりにエデルソンを指名した「BBC」に、諸手を挙げて賛成します。ペップが求めるGKは、セントラルMFのようにビルドアップに参加できるタイプ。ショットストッパーとしては評価されていたジョー・ハートが選ばれなかったのは、セービングにミスが目立つからではなく、足元の技術に難があったからです。昨季のプレミアリーグでゴールマウスをまかせられたブラボは、名将の期待に応えられず、パス成功率は72.6%。2017年の夏にベンフィカから3500万ポンドでやってきた若き守護神は、自陣につなぐパスの95.1%を成功させています。

バーンリーのショーン・ダイク監督は、「(現役時代は攻撃的なCBとして有名だった)ロナルド・クーマンがゴールを守っているかのようだ。ボールを手に入れると、ピッチのあらゆるエリアに投げてくる。彼が火を着けると、シティのゲームプランに大胆さが加わる」と絶賛。攻撃時にはフィールドプレーヤーがひとり多いペップのチームは、オタメンディやジョン・ストーンズが思い切って前に出ていけるようになりました。プレミアリーグにおけるポゼッション率が昨季の64.9%から71.2%に向上した要因は、キープ力に長けたデブライネやダヴィド・シルヴァの存在だけではありません。新GKはセービングも安定しており、21節のクリスタル・パレス戦の終了直前にチームを救ったPKストップがなければ、これほどの差をつけて早期に優勝を決めることはできなかったかもしれません。

右サイドは、カイル・ウォーカーの加入で安定。SBの強力なサポートによって、マン・シティ入団後の最初の2年で64試合12ゴールだったスターリングが、29試合17ゴール8アシストとブレイクしました。バンジャマン・メンディの長期離脱は誤算でしたが、デルフとジンチェンコでカバー。こちらのサイドには、SBやMFとのマッチアップをひとりで制圧できるレロイ・サネがいます。プレミアリーグ29試合9ゴール12アシストの快足ウインガーは、守備に不安を抱えていた急造SBたちの負担を確実に取り除きました。

ペップのスタイルへの理解が高まったオタメンディ、スターリング、サネ、デルフらのパフォーマンスがこれだけ上がれば、元よりワールドクラスのデブライネ、ダヴィド・シルヴァ、フェルナンジーニョ、アグエロが結果を出すのは必然です。25試合21ゴールのアグエロと24試合10ゴールのガブリエウ・ジェズスは、いずれも負傷が多い選手ですが、今季はアグエロに長期離脱がなく、ストライカーの不振に悩む時期はさほどありませんでした。15アシストでプレミアリーグTOPのデブライネと、11アシストで3位のダヴィド・シルヴァをインサイドMFに据えた4-3-3は機能性が高く、彼らが上がって空いたスペースは、フェルナンジーニョ、CB、中に絞ったSBで埋めています。

こうしてマンチェスター・シティの強さを紐解いていくと、「後ろのパフォーマンスを高めたことで、前のタレントがより活きるようになった」のがよくわかります。お金で優勝を買ったと揶揄する声には、彼らは補強と同時に大胆な放出も敢行しており、夏のマーケットではマンチェスター・ユナイテッドよりも収支のマイナスは少ないと反論しましょう。いや、素晴らしい。ペップの狙いどおりのリーグ制覇です。最強マンチェスター・シティは、自らがタイトルを獲得するばかりでなく、プレミアリーグの全体のレベルを一段高めてくれました。来季は連覇とともに、欧州の頂点まで狙っていただければと思います。名将の夏のチーム作りが、今から楽しみです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Brighton×Tottenham】堅守を崩せず…ハリー・ケインの1発に終わったスパーズはドロー!

アルデルヴァイレルトが、ピッチに戻ってきました。プレミアリーグ35節、ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンVSトッテナム。マンチェスター・ユナイテッドとのFAカップ準決勝を週末に控えるスパーズは、1-3で完敗したマン・シティ戦から6人を入れ替えています。GKロリス、DFセルジュ・オーリエ、アルデルヴァイレルト、フェルトンゲン、ベン・デイヴィス。シソコとワニャマが中盤センター、2列めにソン・フンミン、ルーカス・モウラ、エリクセン。トップはもちろんプレミアリーグ25ゴールのハリー・ケインです。残り5試合で3勝すればCL出場権を確保できるチームは、プレミアリーグの無敗記録を14で止められたショックを払拭できたのでしょうか。

両者とも慎重な立ち上がり。11分、バックパスを追ったルーカス・モウラをダンクが引っかけ、イエローカード。ボックス手前からのFKは、エリクセンの強いキックが壁に遮られました。ブライトンの最初のシュートは18分。右からのCKをファーのダンクがヘディングで合わせると、ロリスがファンブルしますが、左足を出したクノッカールは触れません。右から仕掛けるクノッカールのドリブルは要注意です。20分、中央に斬り込んだ11番が左足でミドルを放つと、ディフレクションで左に切れたボールをロリスが冷静にキャッチします。ワニャマから左のソン・フンミンにパスが通ったのは23分。縦に突破を図った韓国代表FWは、ニアを狙った左足シュートをGKマシュー・ライアンに止められました。

28分、右からクノッカールが持ち込みブルーノに預けると、縦に走ったパスカル・グロスにボールが渡り、グラウンダーをヒールでさばいたイスキエルドのシュートはゴール前でカットされます。マン・シティ戦と同様にハリー・ケインにシュートチャンスがないのは、マークが厳しいという単純な理由ではないでしょう。エースの初シュートは、31分に左足で放ったミドル。体勢を崩しながらの一撃は、DFにブロックされてしまいます。1分後、ルーカス・モウラの遠めからのシュートは、マシュー・ライアンがセーフティに上に弾き出しました。

サイドのソン・フンミンとルーカス・モウラに時間を与えず、縦に入るボールには必ず足を出すブライトン守備陣。ハリー・ケインにシュートを打たせたければ、サイドで数的優位を築かなければなりません。45分、ホームチームのバックパスのミスから、ボックス入り口でハリー・ケインにボールが渡るもファールで止められ、FKも決まらず。48分にソン・フンミンが中央から右隅を狙うと、読んでいたマシュー・ライアンのビッグセーブに阻まれます。ブライトンの機能的な守備を崩せず、スパーズは彼ららしくない前半を終えました。

後半が始まってすぐに、ゲームが動き出します。47分のスパーズの先制点は、右サイドのゴールライン際という深いエリアで、ワニャマがボングのボールを奪ったのがお手柄でした。フォローしたソン・フンミンがライン上をドリブルで進み、マシュー・ライアンまでかわして後ろにラストパス。ハリー・ケインのプレミアリーグ26ゴールめは、ブルーノにぶち当てる荒々しい一撃でした。この2分後、ブライトンがあっさり同点に追いつきます。イスキエルドがセルジュ・オーリエに倒され、PK。パスカル・グロスのキックはロリスが手に当てたものの、弾き出すことはできませんでした。1-1、どちらが勝つかはまだわかりません。53分にボックス左で切り返しを入れたルーカス・モウラは、ニアを狙ったシュートを外してしまいます。

両者とも決め手がないまま、残り20分を切りました。73分のスパーズの波状攻撃は、セルジュ・オーリエの高速グラウンダーもエリクセンの危険なクロスも、ダフィーが足に当ててフィニッシュを許しませんでした。クリス・ヒュートン監督はグレン・マレーをウジョアにスイッチ。ポチェッティーノ監督は、シソコとルーカス・モウラをデンベレとラメラの2枚代えです。77分、イスキエルドが下がり、ソリー・マーチがピッチへ。85分に軸足を滑らせながらミドルを放ったハリー・ケインは、立ち上がるとまっすぐベンチに向かい、ジョレンテに後を譲りました。88分、ラメラが2人をかわした中央突破はシュートが右足になってしまい、GKの正面。3分の追加タイムをブライトンが守り切り、スパーズは勝ち点1しか持ち帰ることができませんでした。

サイドで負けないという意志を明確にしたブライトンの守備が、プレミアリーグ4位から勝ち点をもぎ取る原動力となりました。右サイドにトリッピアーがいれば、ハリー・ケインやソン・フンミンがゴールに近い位置からフィニッシュするシーンを増やせたかもしれません。セルジュ・オーリエはクロスの精度を欠き、ゴール直後にPKを与えるミスを犯してチームの勢いを削いでしまいました。相手が嫌がるところに長いボールを入れられるエリック・ダイアーや、中央で意外性のあるパスを繰り出すデル・アリがいれば、違う結果になっていたかもしれません。しかし、その楽しみはFAカップ準決勝に取っておいたのですから、今日は1ポイントという着地を甘受するしかありません。気持ちを切り替え、週末に向かいましょう。10年ぶりのタイトル獲得まで、あと2つです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ