ベンテケ、ウォルコット、ソン・フンミン…今季プレミアリーグに復活を賭ける男たち【後篇】

「ヘンダーソン、フェライニ、マティッチ…今季プレミアリーグに復活を賭ける男たち【前篇】」より続きます。前篇では、ポジションが変わって新しい魅力を披露している選手を紹介しましたが、こちらは「環境変化で自信回復した選手たち」を取り上げさせていただきます。

プレミアリーグ31試合6得点。数字だけ見れば、ラヒム・スターリングのマンチェスター・シティ1年めは悪くはありませんが、6ゴールの半分は9節のボーンマス戦で達成したハットトリックで、サイドアタッカーとして決める力に欠けていたといわれても仕方がありません。4900万ポンドという高額の移籍金ゆえにプレッシャーが厳しく、ペジェグリーニ監督のサッカーへの理解度も高いといえなかったスターリングは、2016-17シーズンになると一変。ペップ・グアルディオラから明快なコンセプトと絶大な信頼を得て生まれ変わりました。決定機を外し続けていた昨季の姿は影を潜め、ゴール前でDFやGKを翻弄しながら放つシュートはまるで別人。今季プレミアリーグでは6試合3ゴールと、自身初の2ケタが望めるロケットスタートです。

「スターリングを支援したい。適切なポジションにいればボールをもらえると伝えている。その後は、彼の力だ」と語るペップにスターリングがいかに心酔しているかは、活躍した試合後のコメントに触れればよくわかります。「生まれ変わったという言葉は、よく見かけるよ。最初の年は、適応するのが難しかった。でも、グアルディオラは僕に前へ進む権限を与えてくれている。あまり背後にスペースをつくるなともいわれるけどね(8月29日、ウェストハム戦)」「僕たちに自信を持たせ続けてくれる。モチベーションが高まる彼の話はすごくいいんだ。みんな、勝ち続けるために本当にハードワークするようになったね(9月24日、スウォンジー戦)」。スターリングは、試合を重ねるごとに運動量が増え、得意のドリブルが目立つようになりました。今のテンションが下がらなければ、彼にとって最高のシーズンになるでしょう。

スターリング同様、環境が変わって覚醒したといえば、即座に名前を挙げたいのがアーセナルのウォルコットです。こちらの変化は、指揮官ではなく相棒でした。プレミアリーグ開幕節のリヴァプール戦、次のレスター戦では完全に不発だったアレクシス・サンチェスのワンントップは、エジルの合流とウォルコットの覚醒によって大きく変わりました。アレクシス・サンチェスがボールがもらいに下がってくると、ウォルコットはラインの裏へ。カウンターではキープ力のあるアレクシスが持つと、14番は相手が最も嫌がるところを見つけて走り込みます。1年前、ワントップでプレイしたいとアピールし、空回りした選手とは思えないクレバーなプレイを披露し続け、こちらも6試合で3ゴール。3シーズン連続で5ゴールに終わっていたサイドアタッカーは、もう5試合もすれば「いつもの数字」を軽く超えてしまいそうです。蓋を開けてみれば、快速アタッカーを残してウィルシャーとジョエル・キャンベルを出したヴェンゲル監督のプランは適切だったといわざるをえません。

リヴァプールに移籍した初年度、プレミアリーグ9ゴールとまずまずの数字を残したベンテケは、クロップ監督のサッカーには合わないとクラブを追われ、欧州の大会とは縁のないクリスタル・パレスで戦うことになりました。3節のボーンマス戦からシーズンをスタートさせたベンテケは、競り勝ったミドルズブラ戦で先制ゴール、サンダーランド戦の追加タイムに決勝ゴール、エヴァートン戦で勝ち点1を拾う同点ゴール。すべてヘディングの3発で、勝ち点7に貢献しています。両サイドのタウンゼントとザハから素晴らしいボールが出てくるクリスタル・パレスなら、ベンテケは滞空時間の長いヘディングとアクロバティックなボレーでゴールを量産するでしょう。自分の力が求められているチームに招かれた選手は、チャンスを冷静に活かせるようになります。リヴァプールでGKとの1対1を外しまくった姿は、今季は見なくても済むのではないでしょうか。

3戦4発とブレイク中のトッテナムのソン・フンミンは、自身の調子のよさにハリー・ケインの不在が重なり、さらにゴール数を伸ばしてくるものと思われます。スターリングと同じく、ドリブルで積極的に仕掛ける姿勢が目立つ韓国代表のアタッカーは、シュートの精度が神がかり的に高く、決めれば自信がつき、自信によってプレイの質が上がるという好循環。相性のいいラメラに加えてエリクセン、デル・アリ、エリック・ダイアー、デンベレといいパスをくれるMFが多いチームだけに、ワントップやフィンセント・ヤンセンとの2トップでもゴールセンスを発揮してくれそうです。

最後に。海外で復活した選手をひとり、今後、復活してほしい選手をひとりピックアップしたいと思います。リーグアンで首位に立つニースで、2試合4ゴールと爆発したのはマリオ・バロテッリ。ヨーロッパリーグでもゴールを決めたストライカーは、無償で手離したリヴァプールを見返すべく着実に数字を伸ばしています。ジョン・ストーンズとオタメンディを見慣れたマンチェスター・シティで、コンパニは復活できるでしょうか。昨季プレミアリーグで14試合にしか出られなかったCBは、新しいシーズンも負傷で苦しんでいます。ひと頃はプレミアリーグNo.1といわれたキャプテンの復活があるかないかで、ペップのプレミアリーグとチャンピオンズリーグの最終着地は変わるかもしれません。無理をせず治していただき、後半戦のエティハドで素晴らしいディフェンスを魅せてくれることを願ってやみません。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ヘンダーソン、フェライニ、マティッチ…今季プレミアリーグに復活を賭ける男たち【前篇】

不遇、不振、負傷…。昨季プレミアリーグで力を発揮できず、夏には放出の噂もありながら、いざシーズンが始まると別人のような活躍を見せている選手がいます。彼らを大別すると、「コンバートで復活タイプ」と「環境変化で自信回復タイプ」。前者は、リヴァプールでアンカーとして舵取り役を担うヘンダーソン、同じく中盤の底でモウリーニョ監督の信頼を得たマルアン・フェライニ。逆に守備を締めるミッションから前に出されて、球際の強さを活かしているネマニャ・マティッチもこちらのタイプでしょう。

後者の代表は、ペップの信頼を粋に感じてアグレッシブなプレイが戻ってきたラヒム・スターリングと、当初はうまくいっていなかったアレクシス・サンチェスのワントップを成功に導いたテオ・ウォルコット。ハリー・ケインの不振・不在を忘れさせてくれているソン・フンミンは、プレミアリーグ3戦4発と絶好調です。リヴァプールからクリスタル・パレスに移籍し、3ゴールを決めているクリスティアン・ベンテケは、どこまでゴール数を伸ばすでしょうか。昨季の後半戦は1試合平均1ゴールに届かない得点力不足で大崩れしたクリスタル・パレスは、3勝1分2敗で7位に食い込んでいます。

プレミアリーグ開幕から5節まですべてフル出場のヘンダーソンは、ポジショニングのよさ、ロングフィードの正確さ、ここぞというシーンでのミドルシュートでチームを牽引しています。2013-14シーズンにはSASを活かすパスワークでレッズを2位に押し上げ、翌シーズンも37試合6ゴールとチームの中心として活躍したものの、慢性的なかかとの痛みに悩まされた昨シーズンは17試合出場に留まりました。アンカーにはエムレ・ジャン、2列めにはララナ、ミルナー、フィルミーノがいたチームにヘンダーソンの居場所は見出しづらくなっており、ワイナルドゥムやマネが加わればキャプテンは不要なのではないかという声すらありました。ところが、エムレ・ジャンが出遅れた2016-17シーズン、ヘンダーソンが中盤の底を埋めることでチームは活性化。「トップ下は間に合っているのに、なぜワイナルドゥム?」といわれたオランダ代表の10番は、インサイドMFという新たなミッションのために呼ばれたのだとファンが気づくまでに、さほど時間は要しませんでした。ララナやワイナルドゥムが安心してゴール前に上がっていけるのは、後ろをケアしてくれる優秀なアンカーがいるからです。

5節のチェルシー戦の36分、ボックスの外、やや左から躊躇なく決めたスーパーミドルシュートは、ヘンダーソンの真骨頂です。クルトワの指先を越えてゴール右上に刺さった一撃は、レッズのリードを2点にするとともにチームの士気を高めました。難敵続きだった序盤戦を4勝1分1敗という好成績で切り抜ける原動力は、キャプテンの復活だったと思います。マティプ、クラヴァン、ロリス・カリウスと新戦力が多い守備陣も、プレミアリーグをよく知るヘンダーソンが目の前でパスコースを切ってくれることで、相当助かっているのではないでしょうか。彼が健在なら、昨季8位のレッズが2年連続で欧州へのチケットを取り逃すことはないはずです。

セットプレーで不利な状況に追い込まれたくないモウリーニョ監督は、上背のある選手を揃えたいとはっきりいっておりましたが、フェライニのアンカー起用は、CKへの対応や放り込みでのタワー役ばかりを期待したわけではありません。インサイドMFでは足元の不正確さやイマジネーションのなさが目立ってしまいますが、中盤の底に入ると運動量とフィジカルの強さという彼のアドバンテージが際立ちます。放出を主張していたサポーターも、今のフェライニなら合格点をつけるでしょう。CKの際にイブラヒモヴィッチ、フェライニ、スモーリングが並べばそれだけでも脅威です。昨季はプレミアリーグ18試合出場、先発は12試合のみだったベルギー代表MFは、既に先発5試合です。ファールを減らし、90分を通じてバイタルエリアを埋めきることができれば、キャリック、シュナイデルランとのポジション争いを制し続けるのではないかと思います。

ヘンダーソンやフェライニとは逆に、ポジションを前に上げて活躍しているのがチェルシーのマティッチです。アンカーにカンテが入ったチームは、ジエゴ・コスタの後ろにマティッチとオスカルが並ぶ布陣で開幕から3連勝。リヴァプールとアーセナルには負けたものの、熟成度が上がればチャンピオンズリーグ出場権は充分狙えるはずです。2014-15シーズン、プレミアリーグで優勝を果たしたチームでは35試合に先発したセントラルMFは、昨季は出場時間を減らしたうえに守備のミスが目立ち、モウリーニョ監督解任までのチームでは戦犯として名指しされたこともありました。

しかし、新シーズンは攻守の要として復活。力強いミドルシュートと馬車馬のようなドリブルも魅力のマティッチが、新しいポジションならではのアタックを見せたリヴァプール戦は印象的でした。62分、左からボックスに侵入し、売出し中のCBマティプを完全に抜き去ると、ニアに入ったジエゴ・コスタに最高のラストパス。手数をかけず、直線的にゴール前を奪おうとするコンテ監督のチームらしいファインゴールでした。コンテ監督は、彼を中心に据えたチームづくりを続けていくでしょう。単調になりやすいチェルシー攻撃陣のなかで、マティッチが自らゴールを決めてくれるようになれば、チェルシーは再浮上してくるのではないでしょうか。今後の活躍が楽しみな選手のひとりです。

この稿、長くなりますので、「ベンテケ、ウォルコット、ソン・フンミン…今季プレミアリーグに復活を賭ける男たち【後篇】」に続きます。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

なぜ、今…。史上最短の67日でイングランド代表監督を辞任したサム・アラダイスに思うこと

ビッグ・サムが、プレミアリーグ全体を震撼させるビッグニュースを提供してしまいました。イングランド代表監督、辞任。今となっては、選手の移籍に関する不適切な契約という醜聞の発覚が、ワールドカップ直前じゃなくてよかったというしかありません。就任後わずか67日という史上最短の辞任劇について、FAのグレッグ・ダイクチェアマンは「サム・アラダイスが契約解除に合意しなかったら、われわれは彼を解任していたということは、はっきりさせておきたい」と語っており、事実上の解任です。

「FAは正しいジャッジをした。イングランド代表監督になりたければ、潔白でなければならない。私は『テレグラフ』が発信した情報に怖れを抱いた。FAから年間300万ポンド(約4億円)のサラリーが出ていたにもかかわらず、彼はなぜ40万ポンドを得ようとしたのだろうか。そんなことをする必要などないと、誰もが思っているはずだ。ロイ・ホジソンとの間には問題はなかった。彼は潔白で、まっすぐな人物だった」(グレッグ・ダイク)

「解任」に至った経緯を振り返ってみましょう。トリガーは、おとり取材まで仕掛けた「テレグラフ」のスクープでした。アラダイス監督は、アジア系企業の代表者と称した記者から、FIFAが禁止している「第三者による選手の保有」のルールを回避しながら選手移籍の橋渡しをするアドバイザー就任の提案を受け、年額40万ポンド(約5400万円)という条件に転んでしまいました。さらにやりとりのなかで、FAや前任者のロイ・ホジソン、ガリー・ネビル前アシスタントコーチを批判したと伝えられたことも、代表監督としてふさわしくないという判断を後押ししました。サッカー界のルールから逸脱する行為について、「南米とアフリカ、欧州ではスペイン、ポルトガルなどみんなやっていること」と肯定し、「エネル・バレンシアも実は第三者に保有権があった」などと口にした人物を、サッカーの母国の指揮官に据えておくわけにはいきません。

メディアは周到なパスワークで事実関係を洗い出し、決勝ゴールを奪いましたが、報道を知ったFAの判断は縦1本の速攻でした。事情聴取後、すぐにアラダイス氏との契約を解除したダイクチェアマンとスタッフは、U-21イングランド代表のギャレス・サウスゲイトが今後4試合の指揮を執ると発表し、既に新監督のリストアップをスタートさせています。

こういう話があると、身体検査が甘かったのではないかという意見が必ず出ますが、事前情報を得たうえで緻密なリサーチをしていたメディアが10ヵ月を要して辿り着いた事実を、ユーロ2016が終わった後の数週間で把握できるとは思えません。「大きすぎる失態」「世界の笑いものになってしまった」と嘆きつつ、「現状にしっかりと対処しなければならない」と語った代表OBのアラン・シアラーがいうとおり、ご本人の資質に帰結させたうえで、次のことを考えるほかはないように思います。過去のルール違反が発覚したならまだしも、夢だったイングランド代表監督の座を手中にした指揮官が、名誉ある職にいながら新たな不正に加担しようとしていたことが残念でなりません。

「テレグラフ」は、同様の不正を行っていた人物が、プレミアリーグの監督経験者やアシスタントコーチ、GMにいるといっています。こういう話があると、いつも思うのは、「自分たちが住んでいる世界の常識で判断しないようにしよう」ということです。何しろ魑魅魍魎跋扈する興業の世界、私たちの知らないところで、ビッグマネーを削り取ろうとさまざまな怪しい人物が動いているのでしょう。しかし、そこでやりとりされているお金は、プレミアリーグを愛するファンやスポンサーが払ったものです。コツコツ貯金して高額なチケットを買ったファンから入ったお金が変なところに流れないよう、メディアやFAが撲滅を進めてくれるのを願うしかありません。さよなら、ビッグ・サム。残念です。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

何とかズラタン…マンチェスター・ユナイテッドは辛勝で今季ヨーロッパリーグ初勝利!

プレミアリーグのレスター戦から最終ラインを変えてきたモウリーニョ監督は、ポグバにどこをまかせるのでしょうか。オールド・トラフォードにウクライナのゾリャ・ルハーンシクを迎えたヨーロッパリーググループステージ第2節。GKロメロ、DFフォス=メンサー、スモーリング、バイリー、ロホ。ポグバとフェライニは中央で並ぶのか、フェライニがアンカーでポグバがインサイドMFか。リンガード、マタ、ラシュフォードの2列めに、トップはイブラヒモヴィッチです。前でプレイする時間が増えたポグバが存在感を発揮し始めている一方で、プレミアリーグ開幕からゴールを重ねていたズラタンの当たりが止まっています。ポグバが前線の選手を動かすパスをどれだけ入れられるか、ズラタンが前を向いて打てるボールが入るかどうかが、マンチェスター・ユナイテッドの攻撃のポイントとなりそうです。

立ち上がりから積極的にシュートを狙うのはゾリャのリュベノヴィッチ。5分にペドリャクのグラウンダーをダイレクトで叩いたシーンはフリーでしたが、ボールはロメロの頭上を越えていきます。5分を過ぎると、ポゼッションは徐々にマンチェスター・ユナイテッドへ。8分のCKはフェライニのヘッドが左にアウト。アウェイのゾリャはカウンターに徹しており、カラバイエフとペトリャクのサイドアタックには気をつけないといけません。サイドチェンジを駆使するホームチームの攻撃は、中に入ってくるボールに工夫がなく、なかなかフィニッシュに至りません。19分、ようやくイブラヒモヴィッチがボックスの外からミドルを放ちますが、DFに当たってCKです。21分、CKをニアのポグバが後ろに逸らすと、空いていたラシュフォードの強烈なシュートはクロスバー!マタの浮き球から前線に出たリンガードは、ドリブルをカットされてチャンスを活かせません。

31分、中央やや左で倒されたイブラヒモヴィッチが自ら蹴ったFKは、壁に阻まれます。攻めあぐんでいたマンチェスター・ユナイテッドが唯一可能性を感じさせたのは、右にまわったポグバがピンポイントでマタの頭に合わせた38分のクロスぐらいです。しかし、最後の5分でホームチームは怒涛のアタックに入ります。40分、ポグバが前線に浮かせたボールをズラタンが競り勝って落とすもリンガードは空振り。直後、ロホが左から持ち込み、折り返しにリンガードがフリーでしたが、ヘディングシュートはラファエウに当たりました。CKを頭で叩いたフェライニの一撃は、GKの前で大きく弾んでバーの上へ。前半は0-0。ポゼッション70%のホームチームは、終盤の攻勢をそのまま後半に持ち込みたいところです。

後半開始当初は、ゾリャのサイド攻撃をさばく時間が多かったマンチェスター・ユナイテッドですが、50分を過ぎると前半同様に中盤を支配します。ラシュフォードが再三入れるクロスは届かず、ポグバがラシュフォードを狙ったスルーパスは通らず。66分、FKのクリアを拾ったゾリャは、パウリーニョが右隅を狙った強烈なシュート。ロメロが飛んで左に弾きますが、危ないシーンでした。67分、リンガードに代えてルーニーです。プレミアリーグでも控えにまわっていたキャプテンは、枠内シュートゼロのチームを救えるでしょうか。

先制は、10番が入って1分でした。マタが右から縦に入れたスルーパスでフォス=メンサーが完全に抜け出し、ゴールラインからの折り返しがフリーのルーニーへ。キャプテンのボレーは当たり損ねで左のポスト際に浮きますが、これをズラタンがヘッドで押し込みました。モウリーニョ監督は74分にマタをアシュリー・ヤング、フォス=メンサーをマルシアル。プレミアリーグでノーゴールのマルシアルは、復活の手がかりをつかめるでしょうか。79分、ゾリャのリパルティアの直接FKはうまく落とせず、ロメロが挙げた手のはるか上。84分にポグバ、ズラタンとつながったカウンターは、ルーニーのパスがラシュフォードに合わず、通ればGKと1対1というチャンスを逃します。89分のズラタンのFKは枠を捉えてはいたものの、スピードが足りず、GKシェフチェンコがキャッチ。追加タイムは、ゾリャのアタックが淡泊で助かりました。静かなオールド・トラフォードで、マン・ユナイテッドが今季ヨーロッパリーグ初勝利を手にしました。

攻めの狙いが不明確だったこと、フィニッシュの精度の低さ、積極的にシュートを打つ姿勢に欠けたこと、クロスが入ったときの中央の薄さ。ポゼッション72%と圧倒的にボールを支配したチームの苦戦の理由は、こんなところではないでしょうか。ポグバとマタにシュートがなかったのが、攻めあぐんだゲームを象徴しています。ラシュフォードとイブラヒモヴィッチの個人力担保だったマンチェスター・ユナイテッドは、攻撃の形を早期に築けなければ、プレミアリーグでも下位相手にたびたび取りこぼすのではないかと思います。モウリーニョ監督に、プランはあるのでしょうか。スペインで鎬を削ったペップのチームと比べると、「スペシャル・ワン」と自らを形容した指揮官のチームはあまりにも不安定で、ワールドクラスの選手まかせです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ