ブラボはマン・シティ決定!アーセナルはルーカス・ペレス&ムスタフィがホントの獲得合意!

「Claudio Bravo joins Manchester City from Barcelona」。ついにバルセロナの正守護神がプレミアリーグにやってきます。チリ代表GKクラウディオ・ブラボのマンチェスター・シティへの移籍手続きが完了したと両クラブの公式サイトが発表しました。プレミアリーグ側は歓迎ムード一色、スペインのほうは、ブラボを丁重に送り出した後、アヤックスから来たヤスパー・シレッセンをようこそと迎え入れています。

マンチェスター・シティの新守護神ブラボは、コロコロから2006年にスペインに渡り、レアル・ソシエダで8年、バルセロナで2年。2014-15シーズンに、ヴィクトル・バルデスの後継者としてバルサに入団したブラボは、開幕から9節まで無失点。754分間連速無失点という記録を残すなど、前任者を忘れさせてくれる見事なプレイを披露しました。初年度は公式戦37試合で18失点、2年めは35試合23失点。瞬発力の高さもさることながら、両足を使えるフィールドプレイヤー顔負けの足技が、ジョー・ハートでは不満だったペップ・グアルディオラ監督の最大の評価ポイントでしょう。

「マンチェスター・シティに加われたことを、誇りに思っています。特別なことを築いてきたクラブで、その成功の一部になれることを望んでいます。過去の躍進についても知っています。南米選手権を一緒に戦った選手たちから聞きました」「素晴らしい2年を過ごしたバルセロナのようなクラブを退団するのは、難しい決断でした。しかし、グアルディオラ監督と一緒に働くチャンスを断ることはできませんでした。クラブの素晴らしいGKたちと一緒に新たなチャレンジに向かい、さらなるトロフィーを獲得したいと思っています」(クラウディオ・ブラボ)

チリにコパ・アメリカ連覇をもたらしたキャプテンの守備範囲の広さと安定したセービングが加わったことで、ようやくペップはめざすスタイルを追求できると確信したでしょう。一方、ペギリスタインFDが「彼を幸せにするべく、1週間でクラブを見つける」と語ったジョー・ハートは、獲得をめざしていたエヴァートンがローン移籍の際の給与支払い条件に難色を示しており、プレミアリーグを離れる可能性もあるとのこと。こちらの去就については週明けに持ち越しそうですが、マン・シティ躍進の功労者ジョー・ハートが納得いくクラブにおさまってくれることを願ってやみません。

と、この稿を締めようと思っていたのですが、3時間ほど前に「スカイスポーツ」の「TRANSFER CENTRE LIVE」が、すごいニュースを2発も打ち込んできました。デポルティーボ・ラ・コルーニャのルーカス・ぺレスとバレンシアのシュコドラン・ムスタフィがダブルでアーセナル移籍合意というお話です。スペイン人ながらウクライナ、ギリシャを渡り歩き、2014年に母国に復帰したルーカス・ぺレスは、デポルティーボ2年めの昨季、36試合17ゴールとブレイク。2015-16シーズンの全ゴールシーンとプレイ動画をチェックしたのですが、ボールタッチが柔らかく裏に抜けるのがうまいレフティで、今のプレミアリーグにはいないタイプです。27歳ながら量産したシーズンが昨季しかないのは気になるものの、一発で相手の穴に通せるエジルと息が合えば、おもしろいと思います。契約解除金が1700万ポンド(約22億6000万円)なら、ヴェンゲル監督も納得なのではないでしょうか。本人は26日にメディカルチェックを受けるようで、週末には入団発表があると思われます。

そしてもうひとつ、懸案のCBについては何と!バレンシアとのムスタフィ獲得交渉が復活し、大詰めに入ったとのこと。「スカイスポーツ」は、移籍決定時に使う黄色い囲みをわざわざもってきて、「More news to please those Gunners fans out there! (グーナーを喜ばせるとっておきのニュース!)」とまではしゃいでいます。移籍金は、アーセナルが最初に提示した2000万ポンドというしょっぱいオファーと、バレンシアがへそを曲げて通告したといわれる4300万ポンドの間をとって(?)3500万ポンド(約46億4000万円)。アーセナルが増額し、バレンシアが呑んだという話のようで、こちらも本日、ロンドンでメディカルチェックだそうです。ダンドリどおりに進めば、サポーターが待ち焦がれたうれしいお知らせはダブルになるかもしれません。グーナーのみなさん、よかったですね!ルーカス・ぺレスは未知数ですが、ムスタフィは将来のクラブを背負って立つ選手だと思います。エジルさん、アレクシスさん、どうぞどうぞこちらへ。さあ、新契約にサインを!(クラウディオ・ブラボ 写真著作者/Fanny Schertzer)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ウェストハムは2季連続EL予選敗退…CL組み合わせは、3チームOK&マン・シティ微妙!

パイェも、キャロルも、フェグリもいません。負傷者だらけのウェストハムは、プレミアリーグとヨーロッパリーグを両立させられるのでしょうか。ヨーロッパリーグ予選プレーオフ、オリンピックスタジアムで戦うアストラ戦は、ビリッチ監督の苦しさが伝わってくるようなスタメンです。GKバートンはターンオーバー。ウィンストン・リード、オグボンナ、バイラル、バークの最終ラインはまずまず。クヤテ、ノルトヴェイト、マイケル・アントニオ、オビアング、ギョクハン・トレの中盤には、攻撃に変化をもたらず司令塔タイプがおらず、パイェとフェグリの不在が残念です。最前線に入った新戦力のホナタン・カジェリが結果を出せれば、レンタルでロイク・レミーを連れてきたとしても、チェルシーと同様にこちらでもベンチに座る時間が長くなるかもしれません。アウェイで戦ったファーストレグは1-1。スコアレスドローでも本大会出場が決まるハマーズは慎重にゲームに入りましたが、5分を過ぎると縦にパスが通り始め、アタッカーがゴール前に飛び出すシーンが見られるようになります。

9分にスルーパスでオフサイド気味に抜け出したホナタン・カジェリは、GKの前で判断が遅れて1対1の絶好機を阻まれてしまいます。15分にはウェストハムに2度めの決定機。左からのパスをペナルティエリアの外で受けたオビアングが、狙い澄ました強烈なミドルを右隅へ。これはいったと思ったのですが、GKルングが素晴らしい反応でポストの外に弾き出し、CKに逃れます。ギョクハン・トレのCKが怖いことは、プレミアリーグのライバルクラブは覚えておいたほうがいいでしょう。混戦となり、こぼれたボールをウィンストン・リードがプッシュしようとすると、ルングが先に触ってボックスの外に掻き出します。

時間が経つにつれて、ウェストハムの攻撃は単調になり、サイドからの不正確なクロスと中盤でのボールロストが目立ちます。すると44分、ここまでノーチャンスだったアストラが、速攻一発で先制です。右から上がったフロリン・ロヴィンのラストパスで、テイシェイラがフリーになってしまいました。ウィンストン・リードが足元に入る前に左足でバートンの足元を抜いたティシェイラの冷静な一撃が決まり、0-1。押していたハマーズにとっては、まさかのビハインドです。90分で勝ち抜くには、次の45分で2点が必要となりました。

後半頭からノルトヴェイトが下がり、当然のエネル・バレンシア投入です。50分、CKを叩いたオグボンナのヘッドはルングがダイビングキャッチ。54分には右にいたギョクハン・トレの速いクロスをカジェリが頭で合わせますが、右隅に飛んだ素晴らしい一撃もまた、ルングが左に体を伸ばして掻き出すビッグセーブを見せ、ハマーズは同点に追いつけません。CKに飛び込んだマイケル・アントニオはボールを枠に収められず。60分に中央から突破したクヤテのミドルもポストの脇に外れます。

残り30分、ビリッチ監督はカジェリをアシュリー・フレッチャー。ドリブルで積極的に仕掛けるアシュリー・フレッチャーは、74分にオグボンナのミドルをトラップしてルングと1対1になるも、正直すぎるシュートをGKにぶつけてしまい、決定機を活かせません。エネル・バレンシアの直接FKはルングが右に飛んでセーブ。最後はコリンズを前に置いて放り込みに徹したビリッチ監督は、プレイが雑になってしまったチームを立て直せませんでした。0-1、ホームでゴールを奪えなかったウェストハムは、2シーズン連続でEL予選敗退となりました。神セーブ連発だったルングをほめるべきではあるものの、無謀なドリブルが多かった攻撃と、締めなければならない時間帯にマーク外してしまった守備は、カウンターで敗れるチームの典型でした。今季は期待していたのですが、さほど攻撃に迫力がなかったアストラを完封できなかったのが残念です。

さて、最後に、チャンピオンズリーグのグループステージ組み合わせが発表されましたので、お知らせします。プレミアリーグ勢は、レスター、アーセナル、トッテナム、マンチェスター・シティの4チームですが、全体的にはまずまずではないでしょうか。パリと同居するアーセナルは、バーゼルとルドゴレツなら文句はいえません。ポッドAがCSKAモスクワという最高のグループに入ったトッテナムは、突出したチームがないのはいいのですが、レヴァークーゼンとモナコは侮れません。ポルト、ブルッヘ、コペンハーゲンと一緒になったレスターは、これ以上ない大チャンス。昨季プレミアリーグで見せた堅守とカウンターが蘇れば、決勝トーナメント進出は充分めざせます。

微妙なのがマンチェスター・シティ。ペップ監督は、スペイン勢、ドイツ勢が両方いる組には入りたくなかったでしょう。ボルシアMGとセルチックには負けないと思われますが、プレミアリーグのクラブのなかでは、最も厳しいグループであるのは間違いありません。ここはぜひ、バルサとの古巣対決で勝利して、トップ通過していただければと思います。チャンピオンズリーグ2016-17シーズンのグループステージは、9月13日に開幕です。


■チャンピオンズリーグ2016-17 グループステージ組み合わせ
【グループA】
パリ・サンジェルマン(フランス)、アーセナル(イングランド)、バーゼル(スイス)、ドゴレツ(ブルガリア)
【グループB】
ベンフィカ(ポルトガル)、ナポリ(イタリア)、ディナモ・キエフ(ウクライナ)、ベシクタシュ(トルコ)
【グループC】
バルセロナ(スペイン)、マンチェスター・シティ(イングランド)、ボルシアMG(ドイツ)セルティック(スコットランド)
【グループD】
バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)、アトレティコ・マドリード(スペイン)、PSV(オランダ)、ロストフ(ロシア)
【グループE】
CSKAモスクワ(ロシア)、レヴァークーゼン(ドイツ)、トッテナム(イングランド)、ASモナコ(フランス)
【グループF】
レアル・マドリード(スペイン)、ドルトムント(ドイツ)、スポルティング・リスボン(ポルトガル)、レギア・ワルシャワ(ポーランド)
【グループG】
レスター(イングランド)、ポルト(ポルトガル)、クラブ・ブルッヘ(ベルギー)、コペンハーゲン(デンマーク)
【グループH】
ユヴェントス(イタリア)、セビージャ(スペイン)、オリンピック・リヨン(フランス)、ディナモ・ザグレブ(クロアチア)



<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

これが最後か…大歓声に応え続けたジョー・ハート。守護神が存在感を示した最高の1-0!

おお、GKジョー・ハートにMFヤヤ・トゥレ!チャンピオンズリーグ予選プレーオフセカンドレグ、マンチェスター・シティVSステアウア・ブカレストのピッチに、クラブに2回のプレミアリーグ優勝をもたらした功労者たちが帰ってきました。トップにイヘアナチョ、CBコラロフは、今後を見据えた布陣でしょうか。今や最終ラインの中心となったジョン・ストーンズは、プレミアリーグもCLもすべて先発。SBにはクリシーとマフェオ、中盤の底にはフェルナンドが入り、デルフ、ヤヤが左右のインサイド。ウイングにノリートとヘスス・ナバスが構える4-3-3の布陣です。

アウェイのファーストレグを0-5で勝っているペップ・グアルディオラ監督の目的は、勝利よりも選手とフォーメーションのチェックでしょう。選手たちがコンセプトを体現し、誰が出ても狙い通りの攻撃を仕掛けられるようにすること。今日も、マン・シティのプレスは高い位置からスタートです。10分、CBのコラロフがトップ下のポジションまで攻め上がり、縦パスを受けたイヘアナチョが間髪入れずに左足でミドルを狙います。

ヤヤ・トゥレが蹴った12分の直接FKは左にアウト。25分に左のノリートかがデルフにつなぎ、逆サイドに流れたボールをヘスス・ナバスが再度中へ。最後はノリートがバイシクルで狙いますが、丁寧に当てただけのシュートはGKコヨカルが余裕をもってクリアします。ホームチームでは、デルフの動きのよさが目立っています。「ペップと過ごした数週間で、今までのキャリアをすべて合わせた以上のことを学んだ」と、名将のアプローチに感銘を受けていたデルフは、結果を出してプレミアリーグでも出番を増やしたいでしょう。中にスペースがあると見るや自ら持ち込み、ノリートが中に入ると空いたサイドにすかさず走るイングランド代表MFは、フェルナンジーニョとともに中盤の軸になりえるかもしれません。

前半終了間際に、ノリートが前線に浮かしたボールをヤヤ・トゥレがヘッドで落としたチャンスは、走り込んだイヘアナチョより先にGKコヨカルがボールに触り、先制ならず。プレミアリーグのトップクラブのなかでは比較的おとなしいシティ・オブ・マンチェスターは、穏やかな雰囲気に支配されています。ハーフタイムは0-0。後半もボールを支配するマン・シティの守備陣は、全員敵陣に入ってきています。49分にはコラロフが攻め上がって強烈なミドル。ペップは、CBにここまでアグレッシブなプレイを要求しているのでしょうか。直後のCKから、ノリート、デルフとつないでクロスが上がると、ヘッドで叩いたのはジョン・ストーンズ。54分には、ヤヤ・トゥレからのパスをもらったイヘアナチョが、最終ラインの裏に通す股抜きラストパス。GKの前に躍り出たのはデルフです。このシュートはコヨカルが体に当てたものの、2分後には文句なしの一撃をデルフに喰らうことになります。

プレミアリーグ2節でベタ引きのバーンリーを崩せなかったリヴァプールは、同じく全員守備のステアウアを攻略したマン・シティのこの攻撃を手本にすればいいのではないでしょうか。中央のフェルナンドから右にいたヤヤへ。ペナルティエリア内で右に流れたイヘアナチョに縦パスが通り、72番がすぐ外にいたヘスス・ナバスに落とすと、高速クロスに飛び込んでヘディングシュートを叩き込んだのがデルフでした。ダイレクトパスでサイドの選手がフリーになる状況を創り、遠めからのロングクロスではなくボックスのすぐ脇からの速いボール。デルフが入り込むタイミングもぴったりです。1-0、2試合トータルは6-0。60分には、ジョン・ストーンズとノリートが週末のプレミアリーグに向けてお役御免となり、長身の18歳DFアダラビオヨと19歳のサイドアタッカー、タセンデがピッチに入ります。タセンデは、SBからウィングまでこなす切れ味鋭い有望株で、ジョルディ・アラバやキングスレイ・コマンのような役割を期待されているのではないでしょうか。

残り20分から、ジョー・ハートショーが開幕しました。70分に裏を取られたDFをフォローし、直接FKは迷わず上にパンチ。左からのクロスを一瞬フリーになったトゥドリエがプッシュしたピンチも、守護神が落ち着いて体でブロックし、同点を許しません。76分、イヘアナチョが痛めたのはハムストリングでしょうか。フェルナンジーニョに後を譲った若いストライカーを欠くのは、ぺップにとって大きな痛手でしょう。

1-0のままタイムアップの笛が鳴ると、サポーターが大きな拍手で選手を称えています。無数のボードに「1」という数字が描かれ、彼らの視線はスタンドに手を振る守護神に向けられています。ブラボの到着とともにクラブを去るのか。今、「ありがとう」といわなければならないのか、ジョー・ハート。マンチェスター・シティのゴールマウスを9年守り通したGKは、今日も彼らしいセービングでチームを勝利に導いてくれました。ファビアン・デルフの獅子奮迅の活躍でホームチームがリードしたゲームは、背番号1が存在感を発揮し始めた終盤からは、「プレミアリーグ屈指の守護神が最後の勇姿をファンに披露したゲーム」に様変わりしました。私が今日、何よりも観たかったのは、この晴れやかな笑顔だったのかもしれない…別れを惜しむかのように、何度もスタンドの歓声に応える彼を見て、いつしかそんなふうに思うようになりました。マンチェスター・シティは、2016-17シーズンもチャンピオンズリーグの本大会に出場します。いつも通りに。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ワトフォードはヤンマート獲得決定、アーセナルはまたもマノラス!?激動の移籍市場最新トピックス!

ニューカッスルのオランダ代表SBダリル・ヤンマートがワトフォードに移籍すると、すかさずその後釜にトッテナムの快速SBデアンドレ・イェドリン。移籍市場締め切りまで1週間を切り、資金が潤沢なプレミアリーグのクラブにより一層エンジンがかかってきます。マッツァーリ新監督の采配に注目が集まるワトフォードは、開幕のサウサンプトン戦こそ退場者を出しながらドローでしのいだものの、本拠地ヴィカレージ・ロードにチェルシーを迎えた第2戦は、終了間際にジエゴ・コスタの決勝ゴールを許して惜敗。昨日のEFLカップ2回戦は、リーグ1(3部相当)のジリンガムに対して、イガロを後半まで温存する策が裏目に出てホームで1-2というジャイアントキリングを許してしまいました。アーセナル、ウェストハム、マンチェスター・ユナイテッドと強敵が続くプレミアリーグで、このままずるずる負け続けるわけにはいきません。

後ろにはヘンクのカバセレ、最前線にはリヴァプールのジェローム・シンクレアや、グラナダの20歳FWアイザック・サクセスなど若手中心に新戦力を獲っていたワトフォードですが、ここはテコ入れが必要とばかりに先週から即戦力獲得ラッシュをかけています。昨季はセリエA出場13試合と、ユヴェントスで出番を減らしていたMFロベルト・ペレイラ、サンダーランドからは元スパーズのベテランCBユネス・カブール。このたびのヤンマート獲得は、守備を固めるというよりも、サイドからの攻撃力強化でイガロ&ディーニー頼みの攻撃に厚みを加えたいという意図のほうが強いのではないでしょうか。2014年にニューカッスルに入団し、プレミアリーグ69試合3ゴールという実績があるオランダ代表SBの移籍金は、「スカイスポーツ」は700万ポンド(約9億3000万円)、「ガーディアン」は750万ポンド(約10億円)とお手頃価格。多国籍軍ワトフォードにおけるパスポートコレクションを22種類に増やす移籍でもあります。最終ラインの経験値を高めたマッツァーリ監督は、出遅れ気味のチームをどう立て直すのでしょうか。週末のアーセナル戦が最初の勝負どころです。

2014年の年明けにトッテナムにやってきたアメリカ代表SBのイェドリンは、トッテナムで出場したプレミアリーグはわずか1試合。昨季はサンダーランドにレンタルに出され、終盤はレギュラーに定着したものの、ポチェッティーノ監督の眼にはカイル・ウォーカーとトリッピアーしか映らなかったようです。ベジェリンのように快足を飛ばしてサイドを蹂躙するSBになるのではないかと期待していただけに、チャンピオンシップのニューカッスル移籍は残念ですが、ベニテス監督の下でプレミアリーグ復帰に貢献すれば、1年後には再びトップリーグで彼らしいプレイを見ることができるでしょう。23歳とまだ若い選手だけに、今後の成長に期待したいと思います。

さて、次はどこが動くでしょうか。ムスタフィとジョニー・エヴァンスが絶望的となり、ローマのギリシャ代表CBコスタス・マノラスやモナコのティスランにターゲットを変えたといわれるアーセナルか。正統派ストライカーの獲得が叶わず、最後の最後でロイク・レミーをレンタルで引っ張ってこようと画策中といわれるウェストハムか。サンダーランドは、2014-15シーズンにリヴァプールにレンタルされていたアトレティコ・マドリードの右SBハビエル・マンキージョを狙っており、既にメディカルチェックを終えたと報じられました。マンチェスター・ユナイテッドはジョゼ・フォンテ獲得に動くのでしょうか。激動の移籍市場は、泣いても笑ってもあと7日です。(ダリル・ヤンマート 写真著作者/Robert Hertel)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ