「モンチを取り逃がしたのは残念、しかしチームは進化」…現地記者がウナイ・エメリを絶賛!

冷静に見れば「テレグラフ」のいうとおりで、この1年については「混乱」と表現するしかありません。2年連続でプレミアリーグ4位以内に届かず、アーセン・ヴェンゲルが辞任。9月にはCEOのイヴァン・ガジディスがミランに移り、ラウル・サンレヒとの確執が噂されたスヴェン・ミスリンタートは2月の頭に去っています。現場の棟梁と経営ボードのトップ、さらにはリクルーティングの責任者までが1年以内に続々といなくなる非常事態。タブロイド紙に「来夏の補強予算は4000万ポンド(約59億円)」と書かれたクラブに、辣腕のスポーツディレクターたちが不安を覚えるのは仕方がありません。

ミスリンタートの後釜として、しばしば名前が挙がっていたモンチは、ローマを辞した直後にセヴィージャへの復帰が決定。第2候補と目されていたオーフェルマルスは、アヤックスとの契約を延長してしまいました。大本命だったモンチは、「セヴィージャに決めたのは、古巣のファンだからでも、しがらみがあるからでもない」と語っています。「アーセナルには感謝している。彼らは最も強い関心を示してくれたクラブだったが、私は全てのオファーを評価したうえで、最も確かなものをチョイスした。スポーツの観点で、納得できるプロジェクトだったからセビージャを選んだのだ」。ノースロンドンのクラブに足りなかったのは、当座の補強資金か長期的な展望か。ローマの元SDには250万ポンド(約3億7000万円)が提示されたそうですが、そのオファーは何らかの懸念が感じられるものだったようです。

冒頭で紹介した「テレグラフ」の記事は、揺れるクラブをディスるものではなく、混乱のなかでチームを強化した指揮官を称える内容です。タイトルは「Despite apparent chaos at Arsenal, there are clear signs of progress under Unai Emery」。チーフ記者のジェイソン・バート氏は、「アーセナルは明らかに混乱しているにも関わらず、ウナイ・エメリの下で進化の兆候がある」と主張しています。いわれてみれば、こちらもそのとおりです。ヴェンゲルのラストシーズンは、プレミアリーグでアウェイ7連敗という不名誉な記録を残して6位フィニッシュ。アトレティコ・マドリードとセミファイナルで激突したヨーロッパリーグは、アーセナルスタジアムの開始10分で10人になった相手にカウンターを喰らい、グリーズマンに決められたのが致命傷となりました。独走したマン・シティの背中はまったく見えず、30節を終えた時点で4位リヴァプールとの差は12に開いていました。

ルーカス・トレイラ、ベルント・レノ、グエンドゥジなど実質本位の補強を施した2018-19シーズンは、連敗スタートの後、7連勝で上位進出。年末年始に苦しんだものの、3位スパーズに1差というまずまずのポジションで踏ん張っています。ヨーロッパリーグでもベスト8に進出しており、2つのルートから来季のCLが狙える状況は既に合格点といっていいでしょう。指揮官の最大の手柄は、若手の抜擢。イオビ、グエンドゥジ、メートランド=ナイルズ、ルーカス・トレイラが主力に定着しており、ホールディングは負傷さえなければ最終ラインを束ねていたはずです。最終ラインの脆さは相変わらずですが、ラカゼットとオーバメヤンが並ぶ前線は破壊力抜群で、ゴールへの道筋は1年前よりも明確です。

エジル、ラムジー、ミキが機能していない時期があり、コシールニー、ベジェリン、ホールディング、ウェルベックが長期離脱を強いられたなかで、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーの上という現在のポジションは称賛すべきではないでしょうか。最終的にCL出場権を獲得できれば、経営的にも上向きとなり、この1年の混乱を忘れられそうです。プレミアリーグは残り8試合。ライバルとのシックスポインターを終えた唯一のチームは、3位に最も近い存在といっていいでしょう。ウルヴス、エヴァートン、ワトフォード、レスター、バーンリーと、アウェイが難敵揃いなのは気になるものの、CL出場権を手中に収められれば、敏腕SD招聘の可能性も上がるものと思われます。来季こそは、安定した経営基盤の下で強化に集中できる1年になるといいですね。いろいろありましたが、長期政権後の監督の人選だけは、間違いなく正解でした。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

7戦ノーゴールと不振のサラーに、厳しいクラブOBと優しい仲間が対照的なメッセージ!

左のウインガーは7試合7ゴール、右は7試合ノーゴール。モー・サラーとサディオ・マネは、今季プレミアリーグ17ゴールで並んでいますが、直近のスタッツはくっきりと明暗が分かれています。リヴァプール移籍初年度のプレミアリーグで32発を叩き込んだ11番は、3試合連続の沈黙がゼロという獅子奮迅の活躍でしたが、現在はリーグ戦5試合連続の不発が続いています。一方、マネのほうはバイエルンとのCLを含む10試合のうち、6試合で先制ゴールを叩き込む量産モード。サラーが止まってからもコンスタントに決めている10番と突然3ゴール固め獲りのファン・ダイクがいなければ、スコアレスドローが3回あったレッズはもっと苦しんでいたでしょう。

「彼はセルフィッシュで欲張り。疑う余地はないね」。クラブOBのジェイミー・キャラガーさんは、エースが決められなくなった最大の理由は「余裕のなさ」だと指摘しています。「リヴァプールに来てからの彼の記録は素晴らしかった。ゴールもお膳立てもね。今シーズンも、彼よりゴールに絡んだ者はいない。常に脅威であり続けていた。しかし今は、2~3回頭を上げて、自分の周りを見ないといけない」。焦りから、強引なドリブルが増えているといいたいようです。

マネについては「プレミアリーグのみならず、欧州でも屈指のプレーヤー」と称賛したキャラガーさんは、フラム戦で左サイドを崩した3人を手離しでほめています。「マネとロバートソンのためのスペースがあり、フィルミーノのパスと走りはグレートだった」。3人のコンビネーションは見事だったと振り返った元CBは、右サイドにも強力な連携を期待しているのでしょう。

サラーは持ちすぎなのか、あるいは消極的なのか。プレミアリーグ7戦6発と最も調子がよかった12月がシュート18本&オンターゲット11本だったのに対して、沈黙の7試合は21本放って枠内10本。シュート数はむしろ増えており、パフォーマンスが目に見えて落ちたわけではありません。同じ期間のマネは、18本のうちオンターゲットは8本で、決まらなかったのは1本のみという驚異的な決定力を誇示しています。エースよりも10番のほうが、フリーになれるスペースやタイミングが見えているようです。フィルミーノの折り返しをボレーで叩き込んだフラム戦のゴールは、ラストパスのもらい方を完全にイメージできていた文句なしの一撃でした。

インターナショナルマッチウィークが明けると、レッズには厳しい相手が待ち構えています。32節はアンフィールドでトッテナム、33節はマン・ユナイテッドとスパーズに対して互角に渡り合った好調セインツ、その次はチェルシー。プレミアリーグ4位以内あるいは残留という目標が明確なチームとの対決が、タフな展開となるのは間違いありません。ゴールを決めた試合は16戦全勝のサラーに待望の1発が出るかどうかで、レッズが稼げるポイント数は変わるのではないかと思われます。

GKの前でワンタッチ多かったり、フィニッシュをためらったりするシーンが目立つレフティが、クラブ史上最速となるプレミアリーグ50ゴールめを決めるのはどの試合でしょうか。「モーはワールドクラス。プレミアリーグのすべてのクラブが、彼を手元に置きたがっているだろう」とチームメイトを絶賛するこの人の言葉を信じることにしましょう。

「ゴールは、すぐ決まるさ。ストライカーにしてみれば悩ましいだろうけど、われわれは『そのまま続けよう。そのうち元気になれるから』といつもいってるよ。彼は今も、多くのゴールを決めてくれているのだから」(ヴィルジル・ファン・ダイク)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

プレミアリーグでゴールゼロ…未完の大器ハドソン=オドイがイングランド代表初選出!

プレミアリーグで先発出場ゼロの18歳が、初めてイングランド代表に選出されました。チェルシーのカラム・ハドソン=オドイ。 アーセナルにいたニャブリの活躍に手ごたえを感じたバイエルンが、冬に獲得を熱望した逸材です。2016年のFAユースカップ制覇で注目度を上げたスピードスターは、17歳にしてトップチームデビューを果たしたものの、コンテとサッリは強さが足りないと判断したのか、これまでのプレミアリーグ出場は8試合のみ。最も長時間ピッチにいたのは、43分にペドロの負傷で急遽出番がまわってきた19節のワトフォード戦ですが、2-1とリードした85分にエメルソンに代えられています。

プレミアリーグの話だけをすれば、代表選出など時期尚早としか思えませんが、ヨーロッパリーグとFAカップの数字を足せば評価は一変するでしょう。今季公式戦のスタッツは、17試合5ゴール4アシスト。ヨーロッパリーグのPAOKサロニカ戦で初先発初ゴールを決めると、ノックアウトラウンドに入ってからは、マルメとディナモ・キエフを相手に3戦連続ゴールをゲットしています。FAカップでは、ノッティンガム・フォレスト戦で2アシスト、シェフィールド・ウェンズデー戦で1ゴール。アザールの後を継ぐ鋭いドリブルが目を引く選手ですが、私が注目しているのはシュートに入るモーションの速さです。切り返しから小さな踏み込みで放つ一撃は、GKがタイミングを読みづらく、狭い隙間をいとも簡単に抜いてきます。

このタレントを、サイドに張り付かせるのはもったいないでしょう。ファン・ペルシやティエリ・アンリといったウイング出身のストライカーが活躍してきたプレミアリーグに、久々の大輪が開花する予感が漂っています。スターリング、ラシュフォード、ジェイドン・サンチョがいるイングランド代表でいきなり出番を得るのは難しいかもしれませんが、ひとたびピッチに立てば、爪痕を残してくれるのではないかと期待しています。


【ユーロ2020予選 イングランド代表メンバー】
GK/ジョーダン・ピックフォード(エヴァートン)、ジャック・バトランド(ストーク)、トム・ヒートン(バーンリー)
DF/トレント・アレクサンダー=アーノルド(リヴァプール)、ベン・チルウェル(レスター・シティ)、マイケル・キーン(エヴァートン)、ハリー・マグワイア(レスター・シティ)、ダニー・ローズ(トッテナム)、ジェームス・タルコフスキ(バーンリー)、キーラン・トリッピアー(トッテナム)、カイル・ウォーカー(マンチェスター・シティ)
MF/ロス・バークリー(チェルシー)、デル・アリ(トッテナム)、エリック・ダイアー(トッテナム)、ジョーダン・ヘンダーソン(リヴァプール)、デクラン・ライス(ウェストハム)、ジェイドン・サンチョ(ドルトムント)、ジェームズ・ウォード=プラウズ(サウサンプトン)
FW/ハリー・ケイン(トッテナム)、マーカス・ラシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)、ラヒム・スターリング(マンチェスター・シティ)、カラム・ウィルソン(ボーンマス)、カラム・ハドソン=オドイ(チェルシー)


ハドソン=オドイ以外にも、ブレイクを期待したい選手が2人います。ハーゼンヒュットル監督がセインツに来てから復活を遂げ、プレミアリーグ後半戦11試合7ゴールと確変中のウォード=プラウズと、ハマーズのセントラルMFデクラン・ライスでしょう。アーノルド&チルウェルとスパーズコンビのSB新旧対決も見どころのひとつ。プレミアリーグでゴールにつながるエラーが最多の7回とやや不振のピックフォードは、堅実なバトランドからレギュラーポジションを守ることができるでしょうか。ジェイドン・サンチョは…と、この調子で書いていると結局全員を紹介してしまいそうで、そろそろ締めさせていただきます。

ウェンブリーでのチェコ戦、モンテネグロとのアウェイゲームで、未来の主力候補たちが素晴らしいプレイを披露してくれることを願っております。最前線は、ハリー・ケインとスターリングですよね…。いえ、ダメといっているわけではなく、妥当ですけど、しかし。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

サッリ解任ゴシップの火は消えず…チェルシー停滞の理由はメンタル?戦術?

「エクスプレス」「ザ・サン」など、タブロイド系のメディアが「マウリツィオ・サッリ解任の可能性が高まる」と一斉に報道。週末のエヴァートンで完敗し、プレミアリーグ6位に留まったチームにとって、インターナショナルブレイクは新監督を物色する絶好の機会となるという主張です。グディソン・パークでのゲームは、滑り出しは上々。アザールが切れ味鋭いドリブルでマイケル・キーンを翻弄し、ロス・バークリーはブーイングをものともせずに前線の選手を動かしていました。足りなかったのは、フィニッシュの精度だけ。彼らが先にゴールを決めていれば、そのまま押し切っていたでしょう。しかし…。

「われわれは、今季のベストといえるぐらいの45分を過ごした。ところが、後半が始まると突然プレイを止めてしまった。理由はわからない。フィジカルの問題ではないだろう。それが理由なら、だんだん悪くなっていくものだ。変化を説明するのは難しい。おそらく、メンタルブロックなのだろう。今は、そこがわれわれの限界。前半のプレイを貫ければ、別なポジションにいたはずだ」

後半開始4分のCKからリシャルリソンに決められ、景色は一変しました。サイドからの仕掛けは淡白になり、ミドルレンジから狙うだけのアタックは、エヴァートン守備陣を守りやすくさせてしまいました。サッリ監督は、しばしば敗因をメンタルに求めてきましたが、問題の解決につながらないネガティブなコメントは、チームのモチベーションを下げるだけではないでしょうか。指揮官に「理由はわからないけどダメだった。気合いが足りない」といわれても、次の試合の戦い方を改善することはできないでしょう。

チェルシーの弱点のひとつは、交代策で試合の展開を変えられないことだと思います。ヨーロッパリーグであれだけ機能したジルーは、プレミアリーグの途中出場ではなぜ空回りするのか。カラム・ハドソン=オドイ、アザール、ペドロ、ジルーと前に4枚並べた布陣にどんな狙いがあったのか。後半戦の勝ち試合はすべて先制しており、追いつかれても時間を空けずに勝ち越しゴールを決めています。一方で勝ち点をロストした試合は、92分にアザールが同点ゴールを決めたウルヴス戦を除いて、全戦ゴールレス。シーズンを通じて逆転勝利は5節のカーディフ戦のみで、ビハインドを背負うと苦しくなるのは、オプションの意図が希薄で、4-3-3以外に自信をもって戦えるフォーマットがないからでしょう。

試合の展開によってはカンテとジョルジーニョの役割を変えてみる、ジルーとイグアインを近くでプレイさせる、SBを1枚削って3-4-3でサイドからの圧力を高めるなど、打てる手はあると思われます。来季は、攻撃のバリエーションが豊富なチェルシーを見てみたいのですが、サッリ監督は続投となるでしょうか。プレミアリーグで4位以内に入る可能性は残されており、ヨーロッパリーグという別ルートも確保しているなかでの解任はなさそうですが、CL出場権を逃せば、アブラモヴィッチさんは新監督の招聘を検討するでしょう。

今のチェルシーに必要なのは、指揮官が選手たちへの信頼を表明することと、個性溢れる前線のタレントを活かし切ることだと思います。今季プレミアリーグも残り8試合。「途中出場の選手が決めて、鮮やかな逆転勝利」とレポートできる試合があれば、チームはひと皮剥けるのではないでしょうか。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Fulham×Liverpool】やっぱりサディオ・マネ!苦戦のレッズはラスト10分のPKで勝ち点3!

プレミアリーグ2位のリヴァプールと、ブービーポジションのフラムの一戦。ユルゲン・クロップ監督は、チャンピオンズリーグとプレミアリーグの着地を見据えてやりくりしなければなりませんが、クレイヴン・コテージのピッチに送り出した11人は、激闘のバイエルン戦から2人を入れ替えただけに留まりました。GKアリソン、最終ラインはアーノルド、マティプ、ファン・ダイク、ロバートソン。アンカーにファビーニョ、両脇にワイナルドゥムとララナ。3トップはサラー、フィルミーノ、マネといった布陣です。

静かに立ち上がった一戦は、5分を過ぎると予想通りのレッズペース。ロングフィードが入るたびに、GKリコが前に出てさばいています。縦へのボールが通らないリヴァプールは、1発で決めにいこうとしないほうがいいでしょう。9分、ジャン・ミシェル・セリのミドルは右にアウト。プレミアリーグ制覇をめざすアウェイチームは強引なアタックが多く、早めのクロスがゴール前を横切るシーンが目立ちます。18分のCKは、フリーで放ったマティプのヘッドが枠にいかず。20分にアーノルドの浮き球をニアで受けたサラーは、切り返しをジョー・ブライアンにカットされてしまいました。プレミアリーグで4戦連続ゴールなしのエースは、そろそろ目に見える結果を出したいところです。

26分、先制したのはやはりリヴァプールでした。左サイドから仕掛けたマネが、ボックス左に流れてきたフィルミーノに預けて中央に走ると、正確なリターンが足元に届いて満を持したボレー。フラム守備陣は何もできず、ゴールのど真ん中に突き刺さったボールを見送るだけでした。直近のプレミアリーグ9試合で9発めと絶好調の10番は、17ゴールのサラーについに追いつき、得点王レースのトップを走るアグエロに1差となりました。

リードしてから、セーフティにつなぐようになったレッズは、35分に2度めの決定機を創ります。ララナとのワンツーでボックス左に侵入したロバートソンが、角度のないところから左足でシュート。リコが足でストップし、クレイヴン・コテージに安堵の空気が漂いますが、その後もレッズのハーフコートマッチが続いています。前半は1-0。次のゴールをレッズが決めれば、勝負はそこで終わるでしょう。

後半開始直後の47分、ボックス右でララナが粘ってワイナルドゥムがこぼれ球を拾うと、シュート性のグラウンダーをフィルミーノがヒールで狙いますが、DFに当たって追加点はならず。51分、左サイドから仕掛けたマネがフォス・メンサーに潰され、拾ったロバートソンが中央に上げると、ゴール前で競ったワイナルドゥムのヘッドはクロスバーを越えていきました。インサイドMFがここまで上がるのが、サッリチェルシーとの大きな違いです。

56分、右からのシュートコーナーがファビーニョに戻り、ファーに上がったクロスをファン・ダイクがヘッドで叩くとリコがビッグセーブ。スコット・パーカー監督は、65分にセリをセセニョンに代えて同点をめざします。雨が降りしきるクレイヴン・コテージ。クロップ監督が72分に動きました。フィルミーノとララナをオリギとミルナーに代えたのは、攻めと守りのどちらを重視したのでしょうか。CKのコースを変えたマネのヘッドは、クロスバーを直撃。フラムが追いついたのは、74分でした。

ミルナーが高く蹴り上げたボールをファン・ダイクが頭でアリソンに戻すと、狙っていたバベルがさらい、無人のゴールにプッシュ。プレミアリーグ屈指のCBのバックパスは短く、ワールドクラスの守護神のプレイもはっきりしませんでした。ゴールが必要となったレッズは、ひたすら攻め続けるしかありません。80分、今度はフラムが痛恨のエラー。ロバートソンのクロスをファーのサラーがトラップし、左足で巻いたシュートはリコの正面でしたが、ファンブルしたGKはこぼれ球に反応したマネに手をかけてしまいました。ジャッジはPK、ミルナーがど真ん中に決めて1-2。焦ったGKの不用意な左手が、勝負を決めてしまいました。

19位相手にテンションが上がらなかったのか、バイエルン戦の精神的な疲労が抜けなかったのか。レッズの出来はよくなかったのですが、絶好調の10番が2ゴールに絡んで勝ち点3をもたらしてくれました。そんななかでも収穫だったのは、ララナのプレイにいいときの大胆さが増していること。87分にマネがお膳立てしたビッグチャンスでGKの正面に打ってしまったサラーは、公式戦7試合ノーゴールとなりましたが、動きはさほど悪くなく、1発決まれば量産モードに突入してくれるでしょう。何はともあれ、勝ちました。プレミアリーグは残り7試合、めざすはもちろん全勝です。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ