モウリーニョ監督が「デ・ヘアは100%残る」と発言。うれしい…

グーナーはアレクシス・サンチェスとメスト・エジル。レッズサポーターならフィリペ・コウチーニョ。チェルシーはエデン・アザール、マンチェスター・シティのセルヒオ・アグエロもそのひとりでしょう。それぞれのクラブのサポーターが、何としても残ってほしいと切実に願うエースがいるものです。多くは、長くクラブに貢献してくれた選手。あるいは、一瞬の輝きがあまりにも眩しかった選手。マンチェスター・ユナイテッドのサポーターは、この夏、そんな存在を2人失いました。ひとりは、公式戦559試合253ゴール、プレミアリーグ499試合193ゴールという大記録を打ち立てたレジェンド、ウェイン・ルーニー。そしてもうひとりは、公式戦46試合28ゴール、プレミアリーグ28試合17ゴールとたった8ヵ月の活躍ながら、クラブに3つのタイトルをもたらしてくれた「神」ことズラタン・イブラヒモヴィッチです。

コミュニティシールドで決勝ゴール、ELで5発、EFLカップ4発と欧州の舞台や大事な一発勝負で決めてくれた神がいなければ、マンチェスター・ユナイテッドはチャンピオンズリーグ出場権を獲れず、われわれサポーターはあまりにも厳しい結果にうなだれるしかなかったでしょう。今、ズラタンに願うのは、残留ではなく1月の復帰となりましたが、赤いユニフォームを着て前線でルカクと並ぶ姿を観たいのは私だけではないはずです。

こんな夏に、彼までいなくなると聞いたら堪えるだろうなと思っていました。ダヴィド・デ・ヘア。2011年からマンチェスター・ユナイテッドのゴールマウスに君臨する絶対的守護神です。プレミアリーグ出場200試合、6年間で積み上げたセーブ数は535、クリーンシートは75試合。2012-13シーズンに初めてPFAのベスト11に選ばれると、2014-15シーズンからは3季連続でベストGKに指名されています。ウェイン・ルーニーがサー・アレックス・ファーガソンの第二次黄金期のエースだとすれば、デ・ヘアは氷河期に突入したチームを支えてくれたエースです。ルーニーに衰えが目立ち始めたここ数年は、彼のビッグセーブで勝ち点を拾いながら歩いてきました。2014-15シーズンにプレミアリーグ4位に食い込めたのは、デ・ヘアが最後方で強烈なシュートを弾き飛ばし続けてくれたからです。

2015年の夏、トランスファーマーケットの最終日にレアル・マドリード移籍が決まったデ・ヘアは、移籍手続きの不手際で急転直下マンチェスターに残留となりました。この状況に置かれたら、腐る選手もいると思われますが、デ・ヘアは何事もなかったようにプレミアリーグ5節のリヴァプール戦でシーズン初めてのピッチに立ち、3-1の勝利に貢献。この試合は、66分にアントニー・マルシアルがプレミアリーグデビューを果たし、シュクルテルを子ども扱いする驚愕のドリブルシュートを決めた試合です。9節のエヴァートン戦からは4試合連続のクリーンシート。この年のマンチェスター・ユナイテッドは35失点で、トッテナムと並ぶ最少でした。

マドリードへの移籍志願が本人の口から外部に洩れることはなく、残留となっても淡々とプレイする姿は、まさにプロフェッショナル。マンチェスター・ユナイテッドと新しい4年契約を結んだのも、スペインに戻ることになってもクラブに移籍金を残してくれようとしているんだと感動しました。そこまでしてくれるのなら、別れの時が来ても明るく送り出そう。そのタイミングは今年の夏だと覚悟を決めていました。

ところが昨日、モウリーニョ監督が「今シーズンは、彼は出て行かないと保証するよ。彼にとって難しいことだと感じている」とコメントしました。「彼は正直でまっすぐな男だ。コンタクトを取り続けていたが、そのクラブは閉じていた。そこから私たちはオープンになった。私は、選手が出ていきたいといえば、止めるのは好まない。結局、彼らの期待には応えられないのだから」「私たちは移籍話は終わりにしようと決めた。彼からはいい感触を得ている。幸せだね。彼は100%われわれとともにいる」。いやー、うれしいですね。8月が終わるまで油断はできませんが、これはうれしい。この夏最高のプレゼントをいただいた気分になり、早朝から叫んでしまいました。みなさん、来シーズンもプレミアリーグでダヴィド・デ・ヘアのビッグセーブを観られます!左右に飛んで指先で弾き出すセービングもさることながら、黄金の右足のブロックにぜひご注目ください!…中身が薄く、オチもグダグダで恐縮です。本日は、以上です。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

またもDFの移籍金レコード⁉ ダニーロ獲得のマン・シティがバンジャミン・メンディも基本合意!

30代のベテランSBサバレタ、サニャ、クリシーを契約満了で放出すると、アレクサンダル・コラロフは500万ユーロ(約7億4000万円)でローマに移籍。2010年にマンチェスター・シティに移籍し、プレミアリーグ165試合11ゴールという数字を残した左SBもいつの間にか31歳です。マンチェスター・シティの若返り作戦は一気に進み、SBは総入れ替えとなりました。補強のほうも順調で、トッテナムのカイル・ウォーカーを5000万ポンド(約72億円)で既に獲得しており、昨日はレアル・マドリードのブラジル代表SBダニーロの入団が正式に発表となりました。プレミアリーグ2年めとなるペップが、2017-18シーズンを勝負の年と位置づけているのは明確です。

「BBC」によると、マンチェスター・シティとダニーロの契約は2022年までの5年で、移籍金は2650万ポンド(約38億2000万円)。2015年にポルトからレアル・マドリードに移籍した26歳のSBは、初年度こそリーガ・エスパニョーラ24試合2ゴールと出場機会を確保したものの、昨季はダニエル・カルバハルに押されて17試合1ゴールと出番を減らしていました。左右のSBをこなし、中盤に入ることもできるユーティリティと攻撃的なプレースタイルが、ペップが彼を連れてきた理由でしょう。縦にオーバーラップするだけでなく、中に入ってシュートに持ち込むプレイも目立つダニーロは、中盤で優位を築きたいペップにはうってつけの人材だと思われます。

攻撃力は申し分ないダニーロですが、スペインではたびたび守備力が問題視されていました。2015-16シーズンは、レアル・マドリードが敗れた5試合すべてに先発出場。2016-17シーズンも、コパ・デル・レイ5回戦のセヴィージャ戦で見事なヘディングによるオウンゴールを献上すると、準々決勝のセルタ・デ・ヴィーゴ戦でも味方のネットを揺らしてしまい、敗退の戦犯となってしまいました。攻める意識が強すぎ、しばしば持ち場を空けてサポーターのブーイングを呼んでいたSBは、名将の下でベストバランスを体得することができるでしょうか。

「ペップ・グアルディオラの下でプレイしたかった。彼がほしがってくれていると聞いてすぐに決断した(ダニーロ)」「最終ラインと中盤でプレイできる彼は、ペップの選択肢を増やしてくれるだろう(チキ・ベギリスタインFD)」。ペップが評価するダニーロの長所が発揮されればおもしろい補強ではありますが、上位と下位の実力差が小さいリーグだけに油断は禁物。マン・シティ5人めのブラジル人が、マドリードで見せた軽率なプレイをプレミアリーグで繰り返せば、昨季のクラウディオ・ブラボが味わったようなシビアな結果が返ってくるでしょう。

カイル・ウォーカーとダニーロで盤石になった右サイドに対して、左もペップが望む逸材を確保できたようです。「BBC」は、マンチェスター・シティとモナコがバンジャマン・メンディの移籍金5200万ポンド(約75億円)で基本合意に達したと報じました。カイル・ウォーカーが記録したプレミアリーグにおけるDFの移籍金最高額は、2週間で塗り替えられることになりそうです。ルアーヴルとオリンピック・マルセイユで経験を積んだ23歳のフランス人選手は、1年前にモナコに移籍すると、リーグアン25試合出場とレギュラーポジションを獲得。クラブのリーグアン制覇に貢献し、チャンピオンズリーグでも活躍するなど実り多いシーズンを過ごしました。

3月にフランス代表に初選出というキャリアを見るにつけ、5000万ポンドを超える移籍金は高すぎるように感じますが、メンディは目の肥えたプレミアリーグファンを納得させることができるでしょうか。SBに目処が立ったマンチェスター・シティの次のアクションは、ボニーやマンガラなど戦力外の選手たちの売却と、アレクシス・サンチェスの獲得です。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ラフィーニャ、トマ・レマルとCB獲得は必須!? 「スカイスポーツ」が指摘するアーセナルの3つの課題

北京国家体育場、通称「鳥の巣」で開催されたビッグロンドンダービーは、1日早く行われたマンチェスターダービーと同じ構図になりました。モウリーニョ監督と同様、来季プレミアリーグをこのまま戦うかのような主力を並べてきたコンテ監督に対して、ヴェンゲル監督は慣らし運転モード。CBにメイトランド=ナイルズ、左サイドには1月に7部相当のヘドネスフォード・タウンから獲ったコーエン・ブラモールを起用しています。2ヵ月前のFAカップ決勝では見事な守備を見せたガナーズの3バックはミスが目立ち、ウィリアンやバチュアイを捕まえきれません。

プレミアリーグ王者が先制したのは39分でした。縦パスで前線に出たウィリアンの切り返しとフィニッシュにモンレアルは足を出せず、右足のシュートはポストの内側にヒット。3分後にはメルテザッカーがバチュアイに翻弄され、左隅へのコントロールショットを許してしまいます。後半開始直後には、マルコス・アロンソが丁寧に流したラストパスを、フリーで走り込んだバチュアイが左足で蹴り込み勝負あり。エジルとラカゼットがコンビネーションを確かめ合えたこと、18歳のマレンという活きのいいストライカーが楽しみな存在であることなど、アーセナルはいくつかの収穫はあったものの完敗で中国に別れを告げることになりました。

「スカイスポーツ」は、チェルシーに敗れたアーセナルの課題として、3つのテーマを提示しました。「今季もスロースタートなのか?」「3バックは大丈夫か?」「アレクシス・サンチェスはキーマンなのか?」。分析に定評があるメディアは、昨季プレミアリーグの開幕戦でエミレーツに乗り込んだリヴァプ―ルに3-4と敗れたことが、最終的に4位と5位の差となったと指摘。食中毒や負傷者が出ていた影響があったのかもしれませんが、チェルシー戦で露呈した脆弱さが2年連続のスロースタートを招くのではないかと懸念しています。3バックについては、メイトランド=ナイルズに加えてエルネニーまでこのポジションで起用したことに疑問を投げかけており、「これがプランだったというなら、アーセナルのボスはスペシャリストと契約すればよかったと後悔することになるのではないか?」と補強の必要性を説いています。

アレクシス・サンチェスについては、「3-4-3に理想的だが、不幸な選手をキープしておくリスクをとるのか?」。バイエルン戦のラカゼットはエジルといい連携を見せており、ドイツ人プレーメイカーはチェルシー戦でもクオリティの高さを披露していました。「スカイスポーツ」は、ラカゼットはアレクシス・サンチェスを活かすスペースを創ることができるのも魅力だとしながら、7番がパリやマンチェスターに去るケースに備えて代役を用意しなければならないといっています。人心掌握術に長けたヴェンゲル監督がアレクシス・サンチェスを踏みとどまらせることに成功した場合は、モチベーションを心配する必要はないでしょう。きっちり止めるか、早期に違うタレントを引き入れるとジャッジするか。8月末に手離すことが決まるといった最悪の展開になれば、プレミアリーグ5位のクラブが順位を上げられずに終わる可能性が高まります。

アレクシス・サンチェスはともかく、リヴァプールやチェルシーが獲得に動いているといわれるチェンバレンについては、ヴェンゲル監督は諦めているのかもしれません。「スカイスポーツ」は、アーセナルがバルセロナのラフィーニャ獲得に近づいているとも報じています。3000万ユーロ(約43億円)以上のオファーがあれば、スペインのクラブは応じるとのこと。昨季のリーガ・エスパニョーラでは4月まで18試合6ゴールと結果を出し、レギュラーの座をつかみ始めていたサイドアタッカーは、右膝を痛めてシーズンを終え、現在もリハビリを続けています。プレミアリーグの開幕には間に合わないかもしれませんが、元気になれば、同じバルサの下部組織出身であるベジェリンのライバルとして右サイドで機能してくれるものと思われます。

アレクシス・サンチェスの去就がどうなろうとも、万力込めてトマ・レマルは獲りにいってほしいところ。一部では8000万ポンド(約115億円)を要求されたという報道もあるようですが、他の選手の値段を見ると、5000万~6000万ポンドを差し出せば獲得の可能性は上がるはずです。先に売却したシュチェスニーに加えて、ジルー、ドビュッシー、ウィルシャー、ウォルコット、ルーカス・ぺレス、ギブスと放出の噂がある選手が多いクラブが、払えないという理由でディールを終えることはないと思われます。彼に加えてCBまで押さえて、アレクシスを説得しきれれば、アーセナルは来季もプレミアリーグの優勝候補の一角です。(ラフィーニャ 写真著作者/Ludovic Péron)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

若手有望株は全員放出…即戦力補強を急ぐチェルシーが、チェンバレンとベンテケにオファー!?

ベルトラン・トラオレはオリンピック・リヨン、クリスティアン・アツはレンタルされていたニューカッスルにそのまま移籍し、U-20ワールドカップの最優秀選手に輝いたドミニク・ソランケはリヴァプール。昨季プレミアリーグ前半戦でボーンマスにレンタルされ、左サイドを支えたナタン・アケはエディ・ハウ監督に評価されて完全移籍となりました。アントニオ・コンテ監督が、プレミアリーグで10試合起用していたナサニエル・チャロバーもワトフォードと5年契約。チェルシーの若い選手たちが一気に流出しています。新たにレンタル移籍が決まった選手も多く、タミー・アブラハムはスウォンジー、ロフタス=チークはクリスタル・パレス、オラ・アイナはハル・シティ。そろそろ打ち止めかと思いきや、レギュラーに食い込んでもおかしくなかった選手が、プレミアリーグの中堅クラブに送り出されることが決まりました。

6年という長い新契約を結んだうえで、ストークへのシーズンローンが決まったのは、22歳のCBクル・ズマ。2014-15シーズンにサンテティエンヌからチェルシーに移籍したズマは、初年度に15試合に出場すると、次のシーズンは堂々のレギュラー。ところが2016年2月7日、マンチェスター・ユナイテッド戦で前十字靭帯損傷の重傷を負い、1年間の戦線離脱を余儀なくされました。2016-17シーズンの初出場は2月4日のアーセナル戦。プレミアリーグ出場は9に留まり、未だトップフォームに戻ったとはいえません。「負傷する前のプレイを取り戻すための場所を提供する」というストークのマーク・ヒューズ監督の言葉は、両チームの思いを代表しているように聞こえます。

リュディガー、バカヨコに加え、総額最大7000万ポンド(約100億円)でアルバロ・モラタを獲得した補強のほうは、さらに2つのディールが話題になっています。「インディペンデント」は、チェルシーが新しいストライカーを物色していると報道。クリスタル・パレスのベンテケとスウォンジーのジョレンテという「プレミアリーグ15ゴールコンビ」がターゲットと伝えています。背景にあるのは、クラブを出たがっているのはジエゴ・コスタだけではないということか。昨日、北京で行われたアーセナルとのプレシーズンマッチで美しい左足の2発を決めたミヒー・バチュアイは、初年度の起用法に納得がいっていないのでしょう。ラスト3戦で4ゴールを重ね、プレミアリーグ20試合5ゴールという数字を残した昨季は、スタメンはわずか1試合。新シーズンも、モラタの控えというポジションで始まることになりそうです。

バチュアイがいなくなれば、当然サブのストライカーは必要ですが、ベンテケとジョレンテとはあまりにも豪華です。スウォンジーはジョレンテに3000万ポンド(約43億2000万円)というタグを付けているようで、ワールドカップをにらむベンテケは出場機会が減るクラブへの移籍には難色を示すはずです。今季はチャンピオンズリーグがあり、バチュアイの出番は格段に増えそうですが、彼の決断によってさらなるストライカー大移動が引き起こされるのでしょうか。すぐには動かない話だと思われますが、バチュアイの意向次第では、同じく最前線のターゲットマンがほしいエヴァートンを巻き込んだ争奪戦となる可能性があります。

そしてもうひとり、獲得が囁かれているのはアーセナルのサイドアタッカー、アレックス・オクスレイド=チェンバレン。ヴィクター・モーゼスがまかされている右WBを強化する狙いか、あるいは負傷で出遅れるエデン・アザールの穴を埋めるのか。アーセナルとの契約が残り1年となったチェンバレンについて、ヴェンゲル監督は非売品と主張しているものの、エジルやアレクシス・サンチェスとは違って代わりの選手を獲るのは充分可能でしょう。リヴァプールも注目しているといわれる23歳のMFは、相応の移籍金を出すといえば意外とスムーズに決まるかもしれません。

クラブを3度のプレミアリーグ制覇に導いたモウリーニョ監督はしばしば勝利至上主義者といわれ、若手を育てないと指摘されることもありましたが、コンテ監督はモウリーニョ以上に目の前のタイトルに集中するタイプかもしれません。有望な若手を全員外に出す「育成アウトソース戦略」を取り、オトナの選手を集めて勝ちにいく筋肉質なチーム作りには、期待と不安が同居します。メディカルスタッフのクオリティには定評があるクラブですが、来季もレギュラーを固定して戦い抜こうとしているのでしょうか。ロフタス=チーク、ソランケ、ベルトラン・トラオレ、チャロバーらが青いユニフォームで躍動するのを楽しみにしていたのですが…。(クルト・ズマ 写真著作者/@cfcunofficial (Chelsea Debs))


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ