もうひと花咲かせてほしい。ダニエル・スタリッジ、トラブゾンスポル入団決定!

その名前を聞くたびに、ゴールを決めた後に披露するクネクネダンスを思い出します。ダニエル・スタリッジ、29歳。多くのストライカーがピークを迎える時期ですが、イングランド代表を背負って立つ存在と期待されたレフティは、欧州王者のリヴァプールで居場所を失い、トルコで再起を図ることになりました。3年契約を結んだのは、トラブゾンスポル。直近3シーズンはシュペルリグで12位、6位、5位という戦績を残しているクラブで、セリエAやリーグアンからのオファーよりもこちらが魅力的だったようです。

2006年にマンチェスター・シティでプロデビューを果たしたスタリッジは、チェルシー、ボルトン、リヴァプールでプレミアリーグ218試合76ゴール。最も素晴らしかったシーズンは、SAS(スアレス・アンド・スタリッジ)と呼ばれて怖れられた2013‐14シーズンでした。プレミアリーグ29試合21ゴールという出色のスタッツで、イングランド最高のストライカーと目された24歳のスピードスターが、その後の5シーズンでリーグ戦73試合19ゴールという低調な数字に終わるとは想像できませんでした。

2014‐15シーズンに、スアレスというパーフェクトな相棒を失ったスタリッジは、前線で孤軍奮闘しながらケガとの戦いを余儀なくされます。臀部、太腿、ハムストリング、ふくらはぎ、鼠蹊部、足首、ヒザ。30回を超える負傷で、トップフォームをキープするのが難しくなってしまい、2016‐17シーズンからは別人でした。トップギアに入ると並のCBを軽々と置き去りにしていた快足ストライカーは、前線に張り付いて駆け引きをするプレーヤーとなり、ゴールシーンは激減。以前の彼なら、サラー、マネと3トップを形成してクロップサッカーを体現するのは難しい仕事ではなかったはずですが、30代半ばの老獪なストライカーのようになった今は、流動的なプレイでアタックを牽引するフィルミーノの代役は務まりませんでした。

2017‐18シーズンは、リヴァプールでプレミアリーグ9戦2発、結果を出したかったWBAへのレンタルで6戦ノーゴール。昨季は7節のチェルシー戦で決めたスーパーミドルしか目立ったプレイがなく、プレミアリーグ18試合2ゴール、公式戦27試合4ゴールに留まりました。36節のハダースフィールド戦と翌週のニューカッスル戦のスタメンが最後のチャンス。消えている時間が長かったスタリッジが、運動量が求められるチームで活かされる術がないのは明確でした。

イングランド代表における通算成績は、26試合8ゴール。一世を風靡したという言葉が大げさではないストライカーとしては凡庸な数字です。2013年1月にリヴァプールに入団してから、翌シーズンのプレミアリーグ2位躍進までで公式戦49試合35ゴール…たった1年半の輝きでしたが、あの頃の彼は「リーグ屈指の」と表現したくなるワールドクラスでした。

ありがとうという言葉が、自然に浮かんできます。負傷しやすくなった体質を克服するために、食事、トレーニングとあらゆる努力をしてきたという話を聞くと涙腺が緩みます。トルコでひと花咲かせた後、Jリーグに来てくれないかと密かに期待しているのですが、いかがでしょうか。彼のもうひとつのセールスポイントであるクレバーなプレイは、若い選手たちの手本になるのではないかと思うのです。まずは、「トラブゾンで復活」ですね。現地からハイライト映像が届くのを楽しみにしています。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ポチェッティーノ監督が主張する「デッドラインデー見直し」について考えてみました。

「私は当初より納得していなかったが、あの時はこれが最善と判断したのだろう。しかし、会長をはじめ多くの人々が大きな間違いだと気づいているはずだ。この問題が来季はなくなると期待している」。

マウリシオ・ポチェッティーノ監督は、ダニエル・レヴィ会長を批判しているのではありません。槍玉に挙げているのは、プレミアリーグのトランスファーマーケットの締め切りです。欧州主要リーグのクラブが9月2日まで補強できるのに大して、プレミアリーグのデッドラインデーは昨年より開幕前に設定されています。「リーグ戦が始まってからも選手を売買できるのは、アンフェアである。ライバルクラブの主力を引き抜ける資金力があるクラブが有利になる」というのが趣旨ですが、国内にフォーカスすれば妥当と思われた制度変更は、いざ導入してみると、インターナショナルレベルで別なアンフェアを生じさせています。

ポチェッティーノ監督が問題にしているのは、プレミアリーグの締め切りから9月2日までの1ヵ月弱のリスクです。「外国のクラブから保有選手を引き抜かれる可能性がある一方で、戦力ダウンをリカバーする補強ができない」。CL準優勝チームの指揮官は、この状況について「いま一度、他国とルールを揃えるべき」と主張しています。

「チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグを戦うクラブにとっては大きな問題だ。私の感覚では普通ではない。速やかに元に戻してほしい」

今となっては、スパーズのマネージャーの指摘にうなずくしかありませんが、私は「開幕前締め切りルール」に賛同していたひとりでした。最大の理由はアンフェア云々ではなく、移籍を志願する選手が所属クラブの序盤戦を欠場するということが横行していたからです。プレミアリーグ38試合の10%を、「移籍前の負傷回避」「チームに移籍を認めさせるための駆け引き」といった内向きな理由でボイコットするのは、シーズンチケットを買ったサポーターをがっかりさせる悪しき慣習だと考えていたのです。

ところが、いざルール変更してみると、別な問題が気になり始めました。ポチェッティーノさんがいっている「大陸のクラブに対して専守防衛とならざるをえない」アンフェアな期間もさることながら、最も致命的なのは「選手とクラブの交渉期間が短すぎる」ことです。ネーションズリーグ、アフリカネーションズカップ、コパ・アメリカが開催された今年は、ワールドカップがあった昨季に続いて問題が顕在化しました。わかりやすい例をひとつ挙げましょう。この夏、プレミアリーグで最も交渉がしにくかったサディオ・マネに出演していただくのがいいでしょう。

リヴァプールが優勝したチャンピオンズリーグのファイナルが開催されたのが6月1日。アフリカネーションズカップの開幕は6月21日。この間に移籍を打診しても、「大会に集中したい」「シーズンが終わってから考えたい」と一蹴されるケースが大半です。7月19日にアルジェリアとの決勝戦を戦ったプレミアリーグ得点王が、メルウッドに姿を見せるのは8月上旬。ここまでにクラブ間合意、代理人との条件交渉を済ませておかなければ、8月8日のデッドラインデーまでに入団発表に漕ぎ着けられなくなる可能性が高まります。バカンス中の選手に意向を確認することはできますが、メディカルチェックと契約書へのサインが可能となるのは、どうしても8月になってからです。

マネを獲りたいクラブと、出ていかれるかもしれないクラブは、それぞれ破談になった場合の対応も考えておかなければなりません。8月上旬の一週間はドタバタの極み。実際のところ、ディバラを取り逃がしたマンチェスター・ユナイテッドの最前線や、トリッピアーを売却したトッテナムの右サイドは、時間切れで代役なきままの開幕となったのではないでしょうか。7月下旬は、ビッグクラブのアジア・アメリカツアーが開催される時期でもあり、マン・ユナイテッドのウッドワードCEOやアーセナルのスタッフが帰国を余儀なくされたという話からも、クラブが相当厳しい状況のなかで補強を進めていたことが窺えます。

ポチェッティーノさんのいうとおり、欧州共通の移籍締め切りに再度合わせるか、欧州全体として開幕前締め切りにシフトするかの2択ですが、後者の場合は「この時期にシーズンが始まる国の開幕日を共通化する」というルールとセットでなければ実現は難しいでしょう。リーグ戦の運営は各国協会にまかせているUEFAが強権発動するとは思えず、1周まわって「8月末デッドラインやむなし」が結論でしょうか。8月にデ・ヘアがいなかった2015‐16シーズンを思い出すと、モヤモヤするのですが…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

インテル決定か…アレクシス・サンチェス、何も残せなかった20ヵ月。

「トランスファーウィンドウは2週間残っており、チャンスはある。いくつかのクラブがアレクシスに興味を示しているので、どうなるか見てみよう。これ以上はアップデートできないよ」。ポール・ポグバの去就を問われると「彼は残る」と断言するオーレ・グンナー・スールシャール監督は、プレミアリーグ最高額サラリーの7番について聞かれると、移籍をほのめかす表現が目立ちます。

「スカイスポーツ」と「フットボールイタリア」が揃ってレポートしているのは、買い取り付きオプションでインテルに移籍するという話です。イギリスメディアは1550万ポンド(約20億円)、イタリアは1090万~1370万ポンド(約14億1000万~17億7000万円)と先々の移籍金にズレはあるものの、今シーズンはレンタル料ゼロ円、サラリーの大半はマンチェスター・ユナイテッドが払うというところまでは一致しています。

「フットボールイタリア」によると、アレクシス・サンチェスは21日にメディカルチェックを済ませて契約発表に漕ぎ着けるとのこと。気になるサラリーは、プレミアリーグが7割、インテルが3割を引き受け、完全移籍となった後は現在の1/3以下となる650万ユーロ(約7億9000万円)程度に減額されるといわれています。アーセナルでプレミアリーグ122試合60ゴールという数字を残したアタッカーは、マンチェスター・ユナイテッドで32試合3ゴールと完全に空回りしており、31歳で加わるクラブに強気の条件交渉ができないのはやむなしでしょう。

それにしても、アレクシス・サンチェスはなぜ輝きを失ってしまったのでしょうか。ジョゼ・モウリーニョの下で沈黙したときは、クラブと監督から請われた移籍ではなかったことが最大の理由だったと思われます。よき理解者であり、自由を与えてくれたアーセン・ヴェンゲルと違って、戦術的なオーダーが厳しく限界まで働かない選手を容赦なく煽る指揮官は、アレクシスを迷いから救い出そうとはしなかったでしょう。

クラブハウスでひとりで食事していたと伝えられたチリ代表FWは、「彼とはいつも一緒にコーヒーを飲んで話している」と語ったズラタン・イブラヒモヴィッチ以外とはうまくコミュニケーションを取れなかったようです。環境の激変が孤立と自信喪失を招いたのは間違いなさそうですが、7番にとってスールシャール監督の就任は自らを変えるチャンスだったはずです。周囲とコンネーションを築ける状況ではなくなってしまっていたのか、あるいは心の傷が深かったのか。1月末のバーンリー戦から6試合連続で出場機会を得たアレクシスは、停滞気味だったマルシアルやリンガードからポジションを奪うチャンスを活かすことができず、「ボールロストが多いリスキーなサイドアタッカー」で終わってしまいました。

率直にいいましょう。「アーセナルに残っていれば…」と思います。現在もらっているほどのサラリーは得られなかったのは間違いありませんが、パトリック・ヴィエラやデニス・ベルカンプのように、レジェンドとして長く語り継がれる存在になれたでしょう。マンチェスター・ユナイテッドのサポーターとしては、フェルナンド・トーレスやマリオ・バロテッリより長く深い不振に陥った彼の背中に贈る言葉はありません。

移籍決定の報を聞いた瞬間、去来する感情は「安堵」のような気がします。事情はどうあれ、苦しんでいる選手を見続けているのはつらいものです。「フットボリスタ」のアーセナル特別号で、彼が決めたすべてのゴールシーンをレポートさせていただいたのが、ずいぶん昔のように感じられます。あの頃、アーセナルに素晴らしいエースがいた。そこから先の記憶は、おぼろげです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

若きSBは23連勝がストップ、ヴィラの主将は20連敗…史上最長★プレミアリーグの天国と地獄!

ガブリエウ・ジェズスが92分に突き刺したゴールがVARによって取り消されたとき、22歳のテクニシャンが続けていた偉大な記録が途切れました。2016年の夏にマンチェスター・シティに加わったオレクサンドル・ジンチェンコは、プレミアリーグデビュー以来23連勝という数字を残していたのです。最初の1年はPSVアイントホーフェンにレンタルされ、ペップの2年めにチームに呼び戻されると、2017‐18シーズンはプレミアリーグ8試合出場。19歳で初キャップのウクライナ代表で、あのシェフチェンコの最年少ゴール記録を塗り替えた神童は、スター揃いのクラブでは本職の中盤で起用されるには至りませんでした。

まかされたポジションは、バンジャマンメンディが長期離脱となった左SB。1月から1ヵ月半だけレギュラーとして起用されたものの、バンジャマン・メンディが復帰すれば出番はなくなると見られており、2018年の夏にはマン・シティとウォルヴァー・ハンプトンがクラブ間合意と報じられました。プレミアリーグ昇格クラブで出場機会を増やすものと思われたジンチェンコは、土壇場で移籍話を蹴ってペップのチームでチャレンジする道を選択。この決断によって、デブライネにそっくりのプレーメイカーは、引き続きプレミアリーグの全勝記録を積み上げていくことになります。

2018‐19シーズンは、バンジャマン・メンディが再度負傷したことにより2月からレギュラーに定着。プレミアリーグ出場は14試合と前シーズンより増え、ピッチに立った試合の通算成績は22戦全勝となりました。国内トレブルを達成したチームで居場所を確立したレフティは、新シーズンの開幕節のウェストハム戦で記念すべき勝利をゲット。23連勝は、大先輩のダヴィド・シルヴァが2017‐18シーズンに創った史上最多連勝とタイレコードで、「デビュー以来」という言葉が加われば前人未到の大記録です。

ここまでのスタッツがまた凄い!23試合のゴール数は61で、失点はわずか7。2ゴールを許した試合はひとつもなく、クリーンシートが16回。ダヴィド・シルヴァの23連勝は失点13、クリーンシートは12回に留まっており(これも凄い)、実はジンチェンコこそがエースなのではないかと思えてきます。スパーズ戦で初の2失点、初のドローとなってしまいましたが、左サイドの後方にプレーメイカータイプがいる変態チームはやはり脅威です。今季はアーノルドのシーズン12アシストというプレミアリーグのSB最多記録を破り、通算3アシスト&チャンスメイク3回というもの足りないスタッツを上書きしていただければと思います。

さて、勝者がいれば、同じ数だけ敗者がいるのがフットボールの世界。プレミアリーグに復帰したアストン・ヴィラに、よくぞここまで移籍せずに耐え抜いたと拍手を送りたい若手がいます。ジンチェンコよりひとつ年上、23歳でキャプテンを務めるジャック・グリーリッシュが最後にプレミアリーグで勝ったのは、2014‐15シーズンの36節、5月9日に行われたウェストハム戦です。このシーズンのラスト2試合を連敗で終えたアタッカーは、20歳で迎えた2015‐16シーズンで出場した16試合を全敗という不名誉な記録を作ってしまいました。

彼がいなかった22試合は3勝8分11敗と、敗戦率50%。運が悪いのか自分が悪いのか、それとも「悪童」に科せられた天罰か。わからないままチャンピオンシップで耐えること2年。やんちゃな少年は、頼もしいオトナへとキャラ替えに成功しました。2019年の夏、ようやくトップリーグに戻ってきたグリーリッシュは、以前に誘ってくれたスパーズとの一戦で残り20分まで1‐0でリードしていました。

このままいけば久々の勝利。追いつかれても久々の勝ち点。ああ、それなのに…。73分にタンギ・エンドンベレに決められた後、残り4分でメラにインターセプトを喰らったのは誰あろうグリーリッシュでした。シュートのディフレクションを押し込んだハリー・ケインは、90分にとどめの3発めをゲット。2節のボーンマス戦は、本拠地ヴィラ・パークだったにも関わらず、12分までに2発叩き込まれて完敗を喫してしまいました。

トータル20連敗は、プレミアリーグのワーストレコード。ドローすらない暗黒の日々を過ごす選手の気持ちはいかばかりか。今後の4試合は難敵揃いで、ヴィラ・パークがエヴァートンとアーセナル、アウェイゲームはクリスタル・パレスとウェストハム。ここで4連敗となっても、バーンリー、ノリッジ、ブライトンと続く3連戦のどこかで歓喜の瞬間が訪れるのではないでしょうか。アストン・ヴィラが勝ったら、グリーリッシュに聞いてみたいことがあります。「宿敵バーミンガムに勝つのとどっちがうれしい?」。6歳からヴィラでプレイしている生え抜きは、もしかすると…⁉


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Wolves×MAN.UTD】ポグバPK失敗…マンチェスター・ユナイテッドは痛恨のドロー!

プレミアリーグ開幕戦は、チェルシーに4‐0快勝。ウルヴスとのアウェイゲームに勝てば、たった2試合ながら首位に立つことになります。マグワイア、ワン=ビサカ、ダニエル・ジェームズといった新戦力が、緒戦から結果を出してくれたマンチェスター・ユナイテッドは、マンデーナイトのモリニューでもベストメンバーを揃えることができました。GKデ・ヘア、DFワン=ビサカ、リンデロフ、マグワイア、ルーク・ショー、MFマクトミネイ、ポグバ、リンガード、前線にマルシアル、ラシュフォード、ダニエル・ジェームズという布陣です。キックオフから、マンチェスター・ユナイテッドのポゼッションで5分が経過。3バックとWBがゴール前に引いて対応するウルヴスは、虎視眈々とカウンターのチャンスを窺っています。

両者とも、最初のCKは味方に合いません。マン・ユナイテッドはウルヴスの守備網を崩せず、シュートがないまま15分が過ぎました。18分、ポグバのロングフィードが左に流れたラシュフォードに届くと、プレミアリーグ開幕節で2ゴールのストライカーはフェイントを入れてきわどいクロスをファーに送ります。飛び込んだマルシアルはうまく触れず、ボールは右にアウト。サイドを崩せずにボールをまわしていたマン・ユナイテッドは、27分に最初のチャンスを活かしました。マクトミネイ、ルーク・ショー、リンガードと左サイドでつながり、ラシュフォードがボックス左に柔らかい縦パスを通すと、斜めに入ってきたマルシアルが左足で強烈なダイレクトショット。ルイ・パトリシアのニアを抜いたボールがネットに刺さり、モリニューが初めて大歓声に包まれました。

36分、ラシュフォードの速い縦パスが最前線のマルシアルに届きますが、CBを背負ったウインガーは厳しくチェックされてシュートに持ち込めません。46分にバックパスを奪ったマルシアルはルイ・パトリシオの前でボールを踏んでしまい、追加点のチャンスを逸してしまいました。前半は0‐1、シュート数は1対2。パーフェクトな守備を見せたマン・ユナイテッドに対して、ヌーノ・エスピーリト・サント監督はドハーティをアダマトラオレにスイッチして状況を変えようとしています。

後半の立ち上がりは互角の展開。49分、ダニエル・ジェームズのパスを受けたワン=ビサカがニアのリンガードにクロスを通すと、フリーの14番はハーフボレーをミスしてしまいます。54分、ジョアン・モウティーニョが右から蹴ったFKがラウル・ヒメネスに届き、左隅に飛んだヘディングシュートがポストにヒット。直後のショートコーナーからモウティーニョがボックス手前のルベン・ネヴェスにグラウンダーを通すと、ルーク・ショーのチェックをかいくぐった鋭いミドルがバーの下を叩いてネットを揺らしました

63分、左サイドからのFKをラシュフォードが直接狙うも、明らかにミスキック。67分にポグバがドリブルで攻め上がり、マルシアルをポストに使ってボックスに入ると、コーディが足を引っかける格好となりジャッジはPK。ポグバが自ら蹴ったボールが真ん中に飛ぶと、ルイ・パトリシオが足を残してストップしました。79分、アダマ・トラオレが敵陣でのインターセプトから右サイドを突破すると、グラウンダーは中に合わず。スールシャール監督は80分にリンガードを下げ、ファン・マタにチャンスメイクを託します。直後、アダマ・トラオレのハイクロスがファーでフリーのホナタン・カストロに通りますが、ヘディングシュートはデ・ヘアの正面です。

89分、スールシャール監督の交代策は、ダニエル・ジェームズとラシュフォードをグリーンウッドとアンドレアス・ペレイラ。途中出場のマタが冴えず、追加タイムにミスパスを連発して時間を進めてしまいました。マンチェスター・ユナイテッド、痛恨の1‐1ドロー。マクトミネイやリンガードが出足のいい守備で相手の攻撃の起点を抑え、やっかいなアダマ・トラオレのクロスにも冷静に対応していたのですが、セットピースが続いた失点の時間帯の混乱とポグバのPK失敗が悔やまれます。

マルシアルのゴールとポグバのPK以外にオンターゲットがなかった試合の結果として、ドローは妥当ともいえるのですが、6番が決めてくれていればリードをキープしたまま試合を畳めたはずです。いや、今日のような単調なアタックではプレミアリーグのTOP4フィニッシュは望めないと戒めるいい機会なのかもしれません。ベンチに目を向けると、ゴールの匂いがするオプションが17歳のグリーンウッドしかないことに気づかされるスールシャール監督のチームは、どんな戦術で接戦をものにしようとしているのでしょうか。ひと筋の希望はアレクシス・サンチェス…⁉ 1勝1分は悪くないスタートですが、前途多難の4文字が脳裏をよぎる息苦しい一戦でした。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ