【Liverpool×Swansea】冷静なら勝てたはず…リヴァプールは最下位相手にまさかのホーム敗戦!

FAカップ3回戦再試合でプリマス・アーガイルに辛勝し、ようやく2017年の初勝利を挙げたリヴァプール。プレミアリーグ22節、アンフィールドにスウォンジーを迎えた一戦は、アフリカ・ネーションズカップに参加しているマネの不在を除けば、ベストといっていい布陣です。GKミニョレ、DFナサニエル・クライン、デヤン・ロブレン、クラヴァン、ミルナー。アンカーにヘンダーソンが入り、インサイドにエムレ・ジャンとワイナルドゥム。ララナ、フィルミーノ、コウチーニョの3トップは、合わせてプレミアリーグ18ゴールと破壊力抜群です。最下位スウォンジーは、トッテナムから移籍したトム・キャロルが中盤に名を連ねています。プレミアリーグ最多の49失点を喫しているアウェイチームは、最多の49得点を積み上げているレッズ攻撃陣を抑えられるでしょうか。開始早々から、短いパスをテンポよくつなぐリヴァプールがゲームを支配しています。

9分、レッズ最初のチャンスは、右サイドからの落としを受けたヘンダーソンの絶妙なクロス。中央に飛び出したエムレ・ジャンは、ジャストミートしたヘディングシュートをうまく落とせませんでした。レッズの前線は奪われた後の寄せが速く、ジョレンテまで自陣に押し込んでいます。16分の速攻は、ナサニエル・クラインの縦パスを受けたフィルミーノが、中でフリーだったララナに合わせる美しいクロス。バイシクルで狙ったララナは、枠に収めることができません。スウォンジーがようやくゴールに迫ったのは19分。左から仕掛けたトム・キャロルのラストパスは、デヤン・ロブレンに当たってポストを叩き、ミニョレを慌てさせます。リヴァプールは、再三にわたってSBの裏を突いてサイドで優位に立つものの、中が薄いシーンが多く、単純なクロスはスワンズ守備陣に引っかかってしまいます。

27分のミルナーのクロスは、わずかにフィルミーノの頭に合わず。32分にララナが中央で競り勝ち、コウチーニョにスルーパスを出すと、カットしたノートンから10番が奪い返して横にいたフィルミーノへ。迷わず右足を振り抜いたシュートは、モーソンにブロックされて右に逸れてしまいます。敵陣でのインターセプトに成功した41分のアタックは、左からのララナのクロスが高く、フィルミーノは頭に当てるのが精一杯でした。前半は0-0。かかとの痛みを抱えるヘンダーソンが、いつになくパスミスが多いのが気になります。

キックオフから2分、先制点は何とスウォンジー。右からのCKをファーにいたフェデリコ・フェルナンデスがヘッドで落とすと、ジョレンテがルートリッジに落とし、リターンをプッシュしました。序盤戦はまったく機能していなかったストライカーは、11月から調子を上げてプレミアリーグ7ゴールめです。すると51分、2点めもジョレンテ、今度はヘッド。オルソンとの連携で左サイドを崩したトム・キャロルのクロスが完璧で、ワイナルドゥムはスワンズのエースに完全に競り負けてしまいました。アンフィールドで0-2とされたレッズは、55分にすかさず反撃。ミルナーのクロスをフィルミーノがヘディングで叩き込み、再び1点差とします。クロップ監督は57分、本調子ではないコウチーニョをスタリッジにスイッチ。左からのヘンダーソンのミドルは、ファビアンスキが右に飛んでがっちりキャッチします。

69分、レッズが同点に追いつきました。ミルナーが縦に浮かしたボールに走り込んだワイナルドゥムは、トラップ1発で相手を抜き去り、中央へ柔らかい浮き球をフィード。胸でトラップしたフィルミーノは、マーカーのジャック・コークの脇を抜く見事なハーフボレーを左隅に決めました。エムレ・ジャンをオリギに代え、逆転を狙うクロップ監督。しかし74分、勝ち越したのはスワンズです。フェル、ジョレンテとつながったボールをトム・キャロルが縦に持ち出すと、クラヴァンのクリアが左でフリーだったシグルズソンの前に転がってしまいました。右隅を狙った冷静なダイレクトショットは、最近好調のミニョレもどうしようもありません。

81分、デヤン・ロブレンの美しいロングシュートはファビアンスキが指先でクリア。86分には、左からボックスに入ったララナが左足の一撃をフェデリコ・フェルナンデスにカットされると、こぼれ球を再度狙うもジャック・コークに当たってクロスバーにヒット。落ち際を拾ったスタリッジの折り返しは、ララナのヘッドが上に外れてしまいました。スタリッジとオリギは空回り。スワンズの選手が倒れると、アンフィールドはブーイングに包まれます。追加タイムには放り込みを始めたレッズは、ロングフィードの精度の低さを修正できないまま、タイムアップの笛を聞きました。今季プレミアリーグで初めてのホーム敗戦。しかも相手は最下位、シュート本数は16対6とレッズが勝つべきスタッツでした。

圧倒的に優勢だった最初の45分でゴールを奪えず、後半開始直後の危険な時間帯に2失点。フィルミーノの2発で追いついた直後に、デヤン・ロブレンがトム・キャロルにあっさりかわされ決勝ゴール。リヴァプールは、最悪の試合運びで勝てたはずのゲームを落としてしまいました。単調かつ不正確なクロスが多かったこと、先にゴールを奪われた最終ラインが浮足立ったこと、選手交代でバランスを悪くしてしまったことが敗因ではないかと思います。3点めのシーンでトム・キャロルに抜かれたデヤン・ロブレンと、シグルズソンから目を切ってしまったナサニエル・クラインは、冷静だった年末とは別人でした。

クロップ監督は、オリギを出すのが早すぎたのではないでしょうか。2-2に追いついた流れをキープし、同点のまま終盤にもつれ込んだ際にアタッカーを投入すればよかったのではないかと思いました。年明けのプレミアリーグで未勝利のリヴァプール。明日の試合でチェルシーがハル・シティに勝てば、絶望的な勝ち点10差に離されます。(フェルナンド・ジョレンテ 写真著作者/Богдан Заяц)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

プレミアリーグ勢がTOP20に8クラブ!2015-16シーズン・サッカークラブの売上ランキング

今年も出ました!監査法人デロイトの「Deloitte Football Money League 2017」。世界のサッカークラブにおける収益とその構造を分析し、ランキング形式でまとめた秀逸なレポートですが、これを読むたびにプレミアリーグの収益性の高さに驚かされます。今回、「世界一売上があるクラブ」となったのは、マンチェスター・ユナイテッド。レアル・マドリードとバルセロナの後塵を拝していたクラブは、12年ぶりのトップ返り咲きです。チャンピオンズリーグでグループステージ敗退となり、プレミアリーグでも5位に終わったクラブが6億8900万ユーロ(約841億円)も売り上げて1位になったことが、現代のサッカークラブは「勝つ=儲かる」ではないと証明しています。

マンチェスター・ユナイテッドが、直近数シーズンのチーム力では圧倒的に差をつけられているスペインの2強を上回ったのは、なぜでしょうか。ひとことでいえば「ブランド力をお金に換える力が強いから」。1試合あたりの観客動員数で2位(1位はドルトムント!)のバルセロナよりもマッチデイ収入が多いのは、メガストアでユニフォームが売れるからであり、ビッグイヤーを制したレアル・マドリードを抜き去ったのは、コマーシャル収入で1億ユーロも差をつけているからです。3億6300万ユーロとダントツのコマーシャル収入をはじめ、彼らの数字をつぶさに見れば、営業力・販売力の強化で成し遂げた1位であることがわかります。


「Deloitte Football Money League 2017」サッカークラブの売上ランキング
1位/(3)マンチェスター・ユナイテッド 6億8900万ユーロ(約841億円)
2位/(2)バルセロナ          6億2020万ユーロ(約757億円)
3位/(1)レアル・マドリード      6億2010万ユーロ(約757億円)
4位/(5)バイエルン・ミュンヘン    5億9200万ユーロ(約722億円)
5位/(6)マンチェスター・シティ    5億2490万ユーロ(約640億円)
6位/(4)パリ・サンジェルマン     5億2090万ユーロ(約635億円)
7位/(7)アーセナル          4億6850万ユーロ(約572億円)
8位/(8)チェルシー          4億4740万ユーロ(約546億円)
9位/(9)リヴァプール         4億0380万ユーロ(約493億円)
10位/(10)ユヴェントス        3億4110万ユーロ(約416億円)
11位/(11)ドルトムント        2億8390万ユーロ(約346億円)
12位/(12)トッテナム         2億7970万ユーロ(約341億円)
13位/(16)アトレティコ・マドリード  2億2860万ユーロ(約279億円)
14位/(13)シャルケ04         2億2450万ユーロ(約274億円)
15位/(15)ASローマ            2億1820万ユーロ(約266億円)
16位/(14)ACミラン            2億1470万ユーロ(約262億円)
17位/(18)ゼニト           1億9650万ユーロ(約240億円)
18位/(ー)ウェストハム        1億9230万ユーロ(約235億円)
19位/(20)インテル          1億7920万ユーロ(約219億円)
20位/(ー)レスター          1億7210万ユーロ(約210億円)
(順位の後のカッコは前年順位)


TOP20のなかに、プレミアリーグ勢が8クラブ。これだけ多くのクラブが欧州の上位にいるのは、ひとえにテレビ放映権料が高いからではありますが、5位にランクUPしたマンチェスター・シティが経営力で大きく売上を伸ばしているのに対し、「4億3兄弟」のアーセナル、チェルシー、リヴァプールは堅調な伸びに留まっています。世界一高いチケットを完売するアーセナルは、コマーシャル収入においてはマン・シティに1億ユーロ近い差をつけられており、人気の高さをマネタイズできておらず。チェルシー、リヴァプールにおいては、4万人台だった観客動員数がネックとなっています。マン・シティも4万人台ではあるのですが、チャンピオンズリーグでセミファイナルに勝ち上がった彼らはテレビ放映権料とコマーシャルで3兄弟を凌駕しており、エティハドのスタンド増設とブランディング強化によって、バイエルンに近づくことができるはずです。

マンチェスター・ユナイテッドの売上において、テレビ放映権料が占める割合は20%台。これに続くTOP10のプレミアリーグ4チームは40%台で、12位のトッテナムになると50%を越えてきます。欧州18位にのし上がった「ロンドン第4のクラブ」ウェストハムは60%台で…おお!レスターがプレミアリーグ優勝1発で20位にジャンプアップしています。彼らのテレビ放映権料比率は、何と70%台。単年の戦績であっさりインテルの後ろにつけてしまった小さなクラブの収入源を見ると、イタリアやフランスの中堅クラブが移籍金で対抗できなくなるのも納得です。

最後に…とにかく怪しいプレミアリーグの9つめのクラブを紹介しましょう。「ロシアプレミアリーグ」のゼニト・サンクトペテルブルクは、昨季からひとつ順位を上げて17位。彼らは67000人を収容できるガスブロム・アリーナをお持ちなのですが、1試合あたりの観客動員数は16800人!TOP20でブービーのレスターの半分しかない動員ではマッチデイ収入は見込めず、全体の5%しかありません。閑散としたスタジアムで戦うチームがコマーシャル収入比率70%で17位と聞くと、いかにも怪しげだと思いませんか?…いえ、当然ながら彼らの売上は裏金などではありません。わがニッポンの日産も彼らのスポンサーなのです。来年のワールドカップ開催が決まっている国でNo.1の人気チームは、欧州を俯瞰したマーケティング拠点候補として外せず、「やっちゃえ」だったのでしょう。浦和レッズはもちろん、ヴィッセル神戸よりもスタンドにサポーターがいないクラブが世界TOP20とは、サッカークラブの儲け方もいろいろだなと、あらためて思う次第であります。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

デパイ、リヴァモア、デウロフェウ、ベラヒーノ…動き出した冬のマーケット最新トピックス!

昨日お伝えしたメンフィス・デパイのオリンピック・リヨン移籍が正式に決まりました。「すべての思い出をありがとう。サポートを忘れない」と、クラブとチームメイトにメッセージを送った背番号7は、プレミアリーグ33試合2ゴールという数字で最初のピリオドを打つことになりました。新チームでのミッションは、まずは自分のプレイを取り戻すことですが、何しろまだ22歳。ジョゼ・モウリーニョ監督は、「デパイはマンチェスター・ユナイテッドに戻ってくることができる」と語っており、買い戻しのオプションをつけたといわれる古巣の意向次第で、プレミアリーグに再度チャレンジすることもあるかもしれません。ボーナスを含めれば最大2500万ユーロ(約31億円)という移籍金を、妥当だといわせるような活躍を期待したいと思います。

さて、金曜日のマーケットでは、デパイだけでなく錚々たる顔ぶれが動きました。出る派と残る派が錯綜したジェラール・デウロフェウのACミラン移籍は、買い取りオプション付きのローンという形で決着したようです。2013-14シーズンにバルセロナからやってきてグディソン・パークのサポーターをうならせたサイドアタッカーは、2015年の夏にエヴァートンに完全移籍。初年度のプレミアリーグ26試合2ゴールという数字は、当時のロベルト・マルティネス監督にとってもサポーターにとっても、もの足りなかったのではないでしょうか。

今季から指揮を執ったクーマン監督は、プレシーズンにはルカク不在時のトップ起用を試したりしていたものの、シーズンが始まるとミララスとボラシェをレギュラーに指名。素晴らしいプレイを見せていたボラシェが不運なケガで今季絶望となっても、選ばれたのはアーロン・レノンやエネル・バレンシアであり、22歳のドリブラーではありませんでした。最近6試合のプレミアリーグで出場ゼロだったデウロフェウが握りしめているのは片道切符だと思われます。10代だった3年前、アーセナル戦で決めたゴールが衝撃的だっただけに、静かな去り方が残念でなりません。

トッテナムを出た後、ハル・シティで3年半を過ごしたジェイク・リヴァモアは、沈没しそうにない船に乗り換えました。今季プレミアリーグで8位と健闘しているWBAは、30歳のクレイグ・ガードナーをバーミンガムに売却してタフなセントラルMFを獲得。モリソン、ジャコブ、ダレン・フレッチャーとアラサー揃いだった中央に、27歳のリヴァモアが加われば、ピューリス監督が生命線とする運動量を失わずにシーズンを乗り切れそうです。

レギュラーMFを推定1000万ポンド(約14億2000万円)で売り渡したハル・シティは、ライアン・メイソンとハドルストーンを軸に据えて戦うのでしょう。AZからプレーメイカーのヘンリクセン、エヴァートンのFWニアッセ、ポルトのMFエヴァンドロ、オリンピアコス時代に頼りにしていたSBオマール・エラブデラオウイと即戦力を揃えたマルコ・シルヴァ新監督は、残留への手応えをつかめたのでしょうか。チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、リヴァプール、アーセナルとプレミアリーグで地獄の4連戦を迎える指揮官は、「耐えながら作る」という難しい命題に挑むことになります。

最後に、「スカイスポーツ」の速報を紹介しましょう。ストークが、WBAのFWサイド・ベラヒーノ獲得でクラブ間合意に漕ぎ付けたとのこと。2014-15シーズンにプレミアリーグ38試合15ゴールとブレイクした生え抜きのストライカーは、オフシーズンにスパーズ移籍を巡ってジェレミー・ピース会長とバトルを繰り広げてからは、モチベーションもスピードも失ってしまったようです。翌シーズンは31試合4ゴール。今季は最初の4試合に出場した後、出番なし。イングランドU-21代表のエースだった男には、いよいよ環境の変化が必要なのだと思われます。サラリーなどの個人条件を詰め、メディカルチェックを終えないと移籍は決まりませんが、ボージャン・クルキッチに退団の噂があり、ボニー・ウィルフリードが不振でエース不在のクラブなら、チャンスはもらえるのではないでしょうか。新天地で結果を出せなければ、次のクラブはチャンピオンシップということにもなりかねません。

冬のマーケットも残り10日。大相撲でいえば、小結・関脇が顔を見せたぐらいのタイミングでしょうか。この先、チェルシーとマンチェスター・シティが沈黙したままで終わることはないと思われます。ヤマ場は来週末ではないでしょうか。トップクラブに動きがあれば、随時お知らせいたします。(サイド・ベラヒーノ 写真著作者/Warwick Gastinger)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

マルセイユがパイェの移籍金増額、フォンテ獲得報道…ウェストハムは冬も激動!?

オリンピックスタジアム移転、大量補強とさまざまな話題を提供し、プレミアリーグ開幕前には主役の一角だったウェストハムが、冬のマーケットでも激しく動くかもしれません。マスアク、アルベロア、クイナ、ギョクハン・トレ、フェグリ、ノルトヴェイト、エジミウソン・フェルナンデス、アイェウ、アシュリー・フレッチャー、トニ・マルティネス、カジェリ、シモーネ・ザザ…ハマーズが夏に連れてきた選手を覚えるだけでもひと苦労ですが、このなかで今季プレミアリーグで先発10試合以上は何とゼロ!とりわけ深刻なのがアタッカーの不振で、アイェウ、フェグリ、ギョクハン・トレを含む7人でプレミアリーグ2ゴールでは、チームが12位に沈むのも無理はありません。

まったくフィットしていなかったシモーネ・ザザはさっそくローン解除となり、ユーヴェはバレンシアに再レンタルしています。ビリッチ監督にとっては得点力UPは喫緊の課題ですが、夏に派手に動いたチームだけに、冬は補強に頼らず現有戦力を鍛えてがんばるのかと思っておりました。ところが…。

年明け早々、ディミトリ・パイェの移籍志願騒動が勃発。当初報道されたアーセナルは、ヴェンゲル監督が「パイェは評価しているが、新しいプレーヤーを探すポジションではない」と獲得を否定しており、パイェの目当ては2回のオファーを拒否されたといわれるマルセイユ1本のようです。トレーニングをボイコットしているチャンスメーカーについて、クラブは売る気はないとしていますが、マルセイユが2500万ポンド(約35億5000万円)まで引き上げると報じられた移籍金が3000の大台を越えれば、モチベーションが下がった選手を売りさばくことも検討するのではないでしょうか。その場合は、代わりとなるアタッカーを物色する可能性もあるでしょう。

前線の戦力を守る一方で、ハマーズは最終ラインの強化に乗り出すとも伝えられています。「スカイスポーツ」が「West Ham poised to sign Jose Fonte from Southampton(ウェストハムはサウサンプトンのジョゼ・フォンテとサインする)」という記事を掲載。セインツのピュエル監督は、「ジョゼにはさまざまな可能性がある。それらを見て検討し、最終的な結論を出そうとしており、その結果は数日でわかるだろう」と移籍を容認しており、ハマーズとフォンテが話をまとめれば、すぐにでも決まりそうです。3バックで戦うなら、ウィンストン・リード、オグボンナ、コリンズだけでは明らかに足りません。カバーリングに長けたフォンテが来れば、最終ラインは確実に締まり、10戦連続無敗まであった昨季プレミアリーグの後半戦と同等の戦績を残せるかもしれません。

フォンテの移籍が決まれば、セインツはリヴァプールのママドゥ・サコにオファーを出すのでしょうか。ファン・ダイク、エンゾンジ、ラキティッチと名前は挙がりながらも続報が聞こえてこないマンチェスター・シティも不気味です。プレミアリーグの冬の移籍市場も残すところ2週間弱。上位・下位とも激戦が続くなか、このまま静かな冬では終わらないでしょう。ビッグネームが動くとすれば、これからです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ