モー・サラーのPFA年間最優秀選手受賞にクロップ歓喜、ペップは異議あり!

素晴らしい、モー・サラー!22日、イングランドサッカー選手協会(PFA)がPFA年間最優秀選手を発表。リヴァプールの快足アタッカーが、プレミアリーグ最強チームの司令塔ケヴィン・デブライネを得票で上回り、選手たちがチョイスする2017-18シーズンのMVPに輝きました。最優秀若手選手は、レロイ・サネ。3年連続のプレミアリーグ得点王を狙うハリー・ケインがノミネートされているのを見て、大いに違和感を覚えましたが、28試合9ゴール12アシストの左ウインガーの受賞には納得です。リヴァプールとマンチェスター・シティのサポーターのみなさん、おめでとうございます!

選手たちに投票してもらったことは、特別だし誇りに思う。チェルシーではチャンスがなかった。必ずここに戻ってきて、自分のフットボールを見せたいと心に決めていた。プレミアリーグを離れたときと、復帰してからは別人のようだね」。2013-14シーズンの冬に加わったチェルシーでは、プレミアリーグ13試合2ゴールという凡庸な数字しか残せなかったウインガーは、リベンジを果たせた喜びをかみしめるようなコメントを残しました。

エースの受賞を聞いたユルゲン・クロップ監督は、「こういう機会を得られるのは幸せなこと。信じられない栄誉だ」。いつもながら、大げさな言葉で快足アタッカーをリスペクトした後は、お約束のジョークで締めました。「素晴らしい軌跡だけど、われわれにはまだ試合が残っている。トロフィーを抱えて早く帰ってきてくれ。火曜日にもあるからね!」。中央に入ってゴールを狙えとサラーをけしかけ、フィニッシャーとしての才能を開花させた指揮官にとっても、今回の表彰は格別でしょう。

一方、自軍のプレーメイカーが選ばれなかったことを知ったペップ・グアルディオラ監督は、悔しさを隠しませんでした。「この9~10ヵ月を分析してみれば、デブライネ以上の選手はいないだろう。3日に1度やってくるすべてのコンペティションに、彼はいつもいたんだ。数字だけなら、もっといい選手がいたかもしれない。でも、5試合を残して優勝したチームで、彼はベストだったわけだから」。この言葉にうなずいたプレミアリーグファンも多いのではないでしょうか。2人の指揮官のコメントを紹介した「BBC」は、近年稀に見るパフォーマンスを披露した2人のスタッツを比較しています。

モハメド・サラー/
プレミアリーグ33試合2657分に出場、31ゴール9アシスト、チャンスクリエイト57回。132本のシュートのうち枠内は64本、パス成功684本。
ケヴィン・デブライネ/
プレミアリーグ34試合2936分に出場、8ゴール15アシスト、チャンスクリエイト102回。84本のシュートのうち枠内は36本、パス成功2052本。

いやー、比べられません…。得点王争いでTOPに立つサラーに対して、プレミアリーグアシストキングのデブライネは、チャンスクリエイトもNo.1です。ちなみに「BBC」の読者投票では、サラー76%、デブライネ14%、デ・ヘア6%、ハリー・ケイン3%、ダヴィド・シルヴァ1%。選手たちの体感のインパクトも、視聴者の興奮度もレッズの11番が上という結果になっています。これはもう、最高のシーズンで怪物との二択となったデブライネが不運だったというよりほかはありません。シーズン終了後に選ばれるプレミアリーグ公式のMVPは、デブライネを選んでくれればと思います。今シーズンを振り返れば、マンチェスター・シティのプレーメイカーは最高だったという記録が名誉ある場所に残っていてほしいと願うからです。私は、投票しろといわれればデ・ヘア…もとい、サラーなのですが、ペップの言葉にも共感してしまうのであります。

もし、サラーがMVPを独占することになっても、「あのシーズンは、サラーとデブライネの年だった」といい続けたいと思います。今回の表彰に触れて、あらためて凄いシーズンだったとテンションが上がりました。史上最高レベルの数字を残してプレミアリーグを制覇したマン・シティも、そんなチームを連破してCLベスト4に進出したレッズも!残り3節となったプレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、そしてヴェンゲル監督のヨーロッパリーグを最後まで見届けましょう。そう、今日は火曜日です!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【MAN.CITY×Swansea】最強マン・シティは5発圧勝!5つのレコードはすべて射程圏内!

5試合を残してプレミアリーグ優勝を決めたペップ・グアルディオラにとっては、5月中旬までの3週間でこなすゲームはすべて消化試合。来季に向けて若手を試すなり、サブの選手たちにアピールの場を与えるなり、450分という時間を自由に使えるわけですが、自分たちがプレミアリーグ史上最強のチームであることを証明する道を選んだようです。2004-05シーズンのチェルシーが達成した勝ち点95は、3勝2敗でクリア。これが実現すると、昨季プレミアリーグを制覇したチェルシーの30勝という最多勝利記録も塗り替えます。2009-10シーズンに、アンチェロッティが築いたシーズン103ゴールまでは10ゴール。この年のチェルシーは得失点差71という記録も作っていますが、ペップのチームは34節まで68で、これも射程圏内です。

エティハドに招かれたスウォンジーは、降格ゾーンにいるセインツと4ポイント差というきわどいポジション。優勝を決めたチームが気が緩んでいるのを期待したいところでしたが、さまざまなレコード達成に燃える最強軍団に完膚なきまでに叩きのめされました。キックオフから、圧倒的に攻める水色のユニフォーム。エデルソン、ダニーロ、コンパニ、ラポルテ、デルフ、ギュンドアン、ダヴィド・シルヴァ、デブライネ、ベルナルド・シウヴァ、ガブリエウ・ジェズス、スターリングは、クルージングとはいい難い顔ぶれです。全員が自陣に引かされたウェールズのクラブは、12分にさっそく先制点を奪われました。左に流れたデブライネが、ラインの裏に出たスターリングに斜めに通す超絶パス。ニアに折り返したボールをトラップしたダヴィド・シルヴァは、ファン・デル・ホールンのチェックをものともせず完璧なボレーをクロスに突き刺しました。

1-0となった4分後に、マン・シティは追加点をゲットします。ダヴィド・シルヴァとのワンツーで左サイドを攻略したデルフが速いグラウンダーを入れると、フリーのスターリングが右足のインサイドで軽くタッチ。中の選手をオフサイドにしようとしたスワンズ守備陣は、ラインを上げるタイミングを完全に間違えました。エティハドのピッチに、勝負を争う雰囲気は既にありません。22分に、スターリングが左に上げたボールをダイレクトでファーポスト際に上げたデルフは、枠を狙ったのでしょう。30分にデルフのクロスが逆サイドのベルナルド・シウヴァに通ると、得意の左足で巻いたシュートはファビアンスキにキャッチされます。

32分、相手にカットされたボールを、ダニーロがすかさずインターセプト。デブライネの左足ミドルはファビアンスキ―がビッグセーブ。フォローしたスターリングのニアを抜こうとするシュートも、ポーランド代表GKが体勢を立て直して懐に収めます。彼の素晴らしいセービングと飛び出しがなければ、前半だけで4つは決まっていたでしょう。圧倒的なハーフコートマッチは、2-0というありふれたスコアで後半に突入します。

50分、左からボックスに入ったデブライネがニアを狙うと、惜しくもポストの外。PFA最優秀選手をサラーに譲ったプレーメイカーは、54分に強烈なスーパーミドルを左隅に突き刺し、自らの価値をアピールしました。両手を挙げ、サポーターを煽るペップに対して、憮然とした表情でうつむくカルヴァリャル監督。試合の興味は、プレミアリーグ最強クラブが何点獲るかだけです。57分のスワンズのCKは、モーソンがヘッドを打ち上げて1点を返せず。62分にダヴィド・シルヴァのスルーパスでボックス左に入ったスターリングは、フェデリコ・フェルナンドに倒され、レフェリーはPKスポットを指差します。ガブリエウ・ジェズスのキックが左のポストを弾くと、こぼれ球に走り込んだベルナルド・シウヴァが蹴り込んで4-0。これを見たペップは、ようやく出場機会が少ない選手を出す気になったようです。

65分にデブライネをヤヤ・トゥレ、71分にスターリングをフィル・フォーデン、さらに4分後にデルフをバンジャマン・メンディ。6節のクリスタル・パレス戦で重傷を負い、半年も戦列を離れていた左SBの背番号が掲示板に映し出されると、エティハドのサポーターはスタンディングオベーションで復帰を称えます。ミスが多かったバンジャマン・メンディが真価を発揮するのは、新しいシーズンになってからでしょう。締めのゴールは88分。ヤヤ・トゥレがラインの裏に出した素晴らしい浮き球を、ガブリエウ・ジェズスがダイビングヘッドで左隅に押し込みました。

5-0、どこからほめればいいのかわからない圧勝劇のレポートは、彼らのミッションまでの数字を確認して締めさせていただきましょう。勝ち点95まであと5ポイント、最多の31勝と併せて残り4試合を2勝2敗でクリア。103ゴールまでは5発積めばOK。得失点差は73で既にレコードを2つ上回っており、ウェストハム、ハダースフィールド、ブライトン、セインツに大敗しなければ達成です。いや、これは全部いっちゃいますね…。勝ち点16差で2位のマンチェスター・ユナイテッドには、残り4試合を全勝で終えていただき、「2位との勝ち点差19」という新記録だけは阻止していただきましょう。2015-16シーズンに勝ち点81で優勝したレスターを上回りながら、そんな記録を作られることになれば、とんだとばっちりとしかいいようがありません。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ジルー先制、モラタ&アスピリクエタのホットライン復活!チェルシーは完勝でFAカップ決勝へ!

昨日、マンチェスター・ユナイテッドがファイナル進出を決めたFAカップ。もうひとつの準決勝を制するのは、プレミアリーグ5位のチェルシーか、18位のサウサンプトンか。コンテ監督は最前線にジルーを起用し、ウィリアン、アザールと連携させようとしています。中盤はカンテとセスク、WBはヴィクター・モーゼスとエメルソン。GKカバジェロの前には、リュディガー、ケーヒル、アスピリクエタの3枚です。吉田麻也とフートのCBコンビは、冬にチェルシーに加わったストライカーの高さにやられてはいけません。

キックオフから押していたチェルシーは、5分にアザールが左足でミドルを放つも枠の上。1分後、セインツのカウンター。右サイドからの長いボールが最前線のチャーリー・オースティンに通りますが、右足のシュートはニアに外れてしまいます。直後、ウィリアンが右45度から狙った左足のシュートは、GKマッカーシーの頭上を越えてクロスバーにヒット。チェルシーのアタックをセインツが耐える展開となりそうです。12分、アザールが右から2人を抜き去り、セスクのリターンをニアで受けて右足を振り抜くと、足元に入った吉田麻也がブロック。14分のウィリアンの直接FKは、うまく落とせずにクロスバーを越えていきます。

18分、中央をドリブルで斬切り裂いたウィリアンは、ラストパスがジルーに合いません。縦へのパスが通らないチェルシーは攻めあぐんでいます。24分、左から上がったセインツMFレミナのシュートは、枠にいかず。アザールが左サイドをドリブルで崩し、ニアに速いボールを入れたチャンスは、フートがジルーにプレッシャーをかけてボレーを外させました。カウンター狙いに徹するセインツ。セスクとカンテまでは自由に持てるものの、その先を抑えられているチェルシー。39分にセスクが中央に浮かしたボールは、ボレーを狙うジルーに吉田麻也が寄せ、ストライカーは枠内に打てません。カップ戦のノックアウトラウンドらしい神経戦は、ウェンブリーに詰めかけたサポーターが盛り上がるシーンがないまま、ハーフタイムに突入しました。

開始28秒、チェルシーの初めての枠内シュートは、オリヴィエ・ジルーの3人抜きの先制ゴールでした。セスクの浮き球を巧みにトラップしたアザールが、足を滑らせながらも脇にいたジルーにラストパス。レミナ、吉田麻也、セドリク・ソアレスを次々とかわしたジルーは、ベドナレクのチェックが来る前にトーキックでゴールに押し込みました。攻めなければならなくなったセインツ。マーク・ヒューズ監督のベンチには、タディッチ、ウォード=プラウズ、レドモンド、カリージョ、ガッビアディーニが控えています。54分、左から入ったロングフィードをチャーリー・オースティンがスルーすると、シェーン・ロングがカバジェロの前に飛び出しますが、最初のタッチが長すぎてシュートを打てませんでした。

マーク・ヒューズ監督が動いたのは63分。ホイビュルクとシェーン・ロングに代えて、タディッチとレドモンドを投入します。CKを連続してゲットし、ハイボールを上げ続けたセインツは、シュートを枠に飛ばせず。72分、タディッチが競ったこぼれ球を拾ったレドモンドが、中央に持ち込み強烈なシュートを放ちますが、カバジェロがビッグセーブ。ヴィクター・モーゼスのパスを受けて左足を振り抜いたアザールも、マッカーシーの見事なセービングに阻まれます。76分、コンテ監督はウィリアンとセスクを下げて、ペドロとバカヨコを起用。アザールが右から持ち込み、高速グラウンダーを入れると、バカヨコの前で吉田麻也がブロックしました。

セインツはガッビアディーニに望みを託し、ジルーはモラタにチェンジ。プレミアリーグ11ゴールのストライカーは、ダメ押しゴールを期待されています。チェルシーの9番は、最初のプレイで結果を出しました。プレミアリーグで6発決まっているアスピリクエタとのホットライン。右からのクロスは完璧で、叩きつけたヘディングにマッカーシーは反応できませんでした。84分、バートランドのクロスにファーから飛び込んだチャーリー・オースティンのボレーはファーポストにヒット。アザールの折り返しをフリーで叩いたモラタのボレーは、フートが戻ってゴールライン直前で掻き出しました。セインツの健闘はここまで。昨季プレミアリーグ王者が2-0で勝利し、マンチェスター・ユナイテッドとのファイナルに駒を進めました。

71分のカバジェロのファンブルがゴールと認められていれば、別な結果もあったかもしれませんが、後半はアザールに翻弄され続けたセインツがチェルシーを上回ることはなかったでしょう。前半は成功していた5バックは、1点をリードされると「攻撃力が足りないフォーメーション」でしかなく、ラスト15分の4-4-2に期待したのは2点めが決まるまでの2分のみ。モラタの一撃で勝負は決し、マーク・ヒューズ采配は空振りに終わってしまいました。昨季プレミアリーグ王者とヨーロッパリーグ覇者が激突するファイナルは、どんな試合になるでしょうか。両者の持ち味が発揮されるとすれば、1点を争う神経戦でしょう。アザールは止まるのか、ポグバは実力を証明するのか、デ・ヘアVSクルトワは…国内最後の試合となるウェンブリーでの決戦が、今から楽しみです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Arsenal×West Ham】ラスト10分で3発!ハマーズに圧勝のアーセナルは、いい雰囲気でELへ!

ELファイナル進出となれば8試合、アトレティコ・マドリードに敗れれば7試合、そのうちプレミアリーグは5試合。アーセン・ヴェンゲル監督のガナーズを観られる機会は、残りわずかです。本日のプレミアリーグ35節は、ウェストハムとのロンドンダービー。降格の危機を脱したとはいえないチームは、エミレーツといえども悠々と戦える相手ではありません。ヴェンゲル監督が、オーバメヤンをベンチスタートとしたのはなぜでしょうか。トップにプレミアリーグ11ゴールのラカゼット、左右にイオビとウェルベック、中盤はラムジー、エルネニー、ジャカの3センターでしょう。モンレアル、ベジェリン、コシールニー、ムスタフィの4バックの後ろにオスピナ。エジルとチェフがベンチにもいないスカッドで、ホームチームは勝ち切ることができるでしょうか。

キックオフから押してはいるものの、前線にボールがつながらないアーセナル。ドローでもプレミアリーグ5位以下が決まる一戦で、リードを許すわけにはいきません。9分、ジャカのCKに合わせたコシールニーのヘッドは、わずかに左。13分にロングフィードのこぼれ球を持ち込んだジョアン・マリオの左足シュートは、オスピナがセーブします。直後に縦1本で右から抜け出しかけたアルナウトヴィッチは、ムスタフィが体を投げ出してブロック。さらに1分後、ムスタフィをかわしたアルナウトヴィッチがボックス左でフリーになると、右足のシュートをオスピナが飛んで弾き出します。大丈夫か、ガナーズ守備陣。20分に攻め上がったエルネニーは、左にいたラカゼットに打たせようとしますが、狭いスペースを突破しようとしたストライカーはコントロールできませんでした。

23分、イオビとのパス交換から、ウェルベックがボックス右でフリーになると、落としたボールを右足で合わせたベジェリンは打ち上げてしまいました。2分後、モンレアルが戻したボールを左45度から打ったウェルベックは、ファーポストの脇に外します。34分にジャカが直接狙ったFKは、ジョー・ハートが手堅くパンチ。ラストパスが不正確なガナーズは、遠めからのシュートに頼りがちです。43分、足を捻ったエルネニーは立ち上がれず、担架で運ばれていきました。シャツで顔を覆ったエジプト代表MFは、今季プレミアリーグだけでなく、ワールドカップの欠場も覚悟しているのかもしれません。代わって入ったのは、メートランド=ナイルズ。ジャカが右に通したパスをラムジーがニアに外すと、間もなく前半が終了しました。このまま0-0が続けば、ヴェンゲル監督は早い時間にオーバメヤンを投入してくるはずです。

48分、メートランド=ナイルズが右から浮かしたクロスをウェルベックが胸で落とすと、モンレアルのボレーはジョー・ハートの正面。チャンスを逃した左SBは、天を仰いで無念の表情を浮かべています。ところが51分、ジャカのCKを見事な左足ボレーで叩き込んだのは、モンレアルでした。不振のガナーズのなかで、素晴らしいプレイを披露し続けている左SBは、今季プレミアリーグで5ゴールめです。エミレーツにチャントが鳴り響き、勢いに乗ったホームチームのアタックが続きます。モイーズ監督は、エジミウソン・フェルナンデスとジョアン・マリオを下げ、ランシーニとチチャリートを投入。61分の右からの長いFKをヘディングで合わせたチチャリートは、枠を越えたボールを見て顔をゆがめています。

左からのクロスに飛び出したオスピナが、パンチで逃れたのは64分。ノーブルからパスを受けたクヤテのシュートはDFに当たりますが、リバウンドを拾ったクヤテがランシーニにつなぎ、ラストパスをボックス左で受けたアルナウトヴィッチが、左足のシュートをゴール右隅に突き刺します。ハマーズのエースは、これがプレミアリーグ10ゴールめ。ヴェンゲル監督がイオビをオーバメヤンに代えたのは、残り20分になってからでした。73分、ジャカの素晴らしいミドルはジョー・ハートが左手で枠の外へ。79分に左のウェルベックがカーブをかけた一撃も、イングランド代表GKが体を伸ばして弾き出します。

アーセナルの勝ち越しゴールは、82分の速攻崩れからでした。ラカゼットのクロスが左サイドに流れ、拾ったラムジーが中央に入れると、オウンゴールを怖れたライスが頭を下げ、オーバメヤンの前を通り過ぎたボールがそのまま右隅に吸い込まれました。85分、ダメ押しはラカゼット。オーバメヤンのパスをボックスで受けたストライカーが思い切りよく右足を振り抜くと、クレスウェルに当たったボールにジョー・ハートは触れません。さらに89分、ラムジーが美しいダブルタッチで左サイドを完全に崩すと、折り返しをもらったラカゼットが右足でねじ込みます。終わってみれば4-1圧勝。アトレティコ・マドリード戦で最前線を担うフランス代表FWの2発で、アーセナルはいいムードで決戦に臨めるでしょう。

最も正確なパスを通していたエルネニーがリタイアしたときはどうなるかと思いましたが、終盤のアタックは見事でした。運動量が豊富なラムジーのボールタッチが増え、サイドが活性化すると、やはりアーセナルの攻撃は脅威です。木曜日のエミレーツでは、堅守のアトレティコ・マドリードのゴールをこじ開けることができるでしょうか。コンディション不良と伝えられたエジルが、間に合ってくれるといいのですが…。ヴェンゲルサッカーを堪能できるのは、残り7試合です。(アレクサンドル・ラカゼット 写真著作者/@cfcunofficial (Chelsea Debs) London)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ