主力の退団が噂されるチェルシー、「イグアインを5300万ポンドで獲得」ってホントですか⁉

クルトワ、アザール、カンテ、ウィリアン。昨季プレミアリーグで5位に沈み、マウリツィオ・サッリ新監督の下で巻き返しを図るチェルシーですが、主力の移籍に関するゴシップが止まらなくなっています。サポーターのみなさんは、さぞかし落ち着かない日々をお過ごしでしょう。エース、絶対的守護神、中盤の仕切り役、ダイナモを一気に失えば、プレミアリーグ4位以内奪還ではなく、エヴァートンやウェストハム、バーンリーの下克上を阻止するのが精一杯になってしまいそうです。しかし、この状況は、半分はいい話でもあるのだと思います。クラブに所属した選手たちが、ワールドカップで大活躍したからこそ、話題を集めているわけですから。

とはいえ、代えの利かないエンゴロ・カンテは何としても守りたいところです。リヴァプールと競合しているといわれるローマのGKアリソン・ベッカーや、ラツィオで急成長を遂げたミリンコヴィッチ=サヴィッチなど、最後尾と攻撃のキーマンは代役をしっかり押さえられればクオリティを下げずに戦えるでしょう。しかし、CBの負担を減らしてくれるフランス代表MFだけは、代役をこなせそうな選手が見当たりません。カンテ、ジョルジーニョ、噂のミリンコヴィッチ=サヴィッチといった中盤を実現できれば、左サイドは「ネクストアザール」と呼べるような原石抜擢でも、いいチームになるのではないか…いや、ひとつ大きな懸念がありました。「最前線は、モラタとバチュアイでいけるのか」。この問いに対して、チェルシーはベテラン大物ストライカーの獲得という答えを出そうとしていると伝えられています。

ゴンサロ・イグアイン、30歳。いわずと知れた、アルゼンチン代表の点取り屋です。母国の名門リーヴェル・プレートから2007年にレアル・マドリードに渡ったストライカーは、ナポリとユヴェントスで5シーズンを過ごし、10年連続でリーグ戦2ケタゴールを継続中。2015-16シーズンにはナポリでセリエA35試合36ゴールというとてつもない数字を残しており、当時獲得の噂があったアーセナルはなぜ強引にいかなかったのかと、悔しい気分にさせられたものです。地元メディア「イブニング・スタンダード」は、チェルシーが用意した移籍金は5300万ポンド(約78億円)で、代理人である兄のニコラスさんには週給12万7000ポンド(約1880万円)の3年契約をオファーしていると報じています。

「エクスプレス」の記事は、なぜか背番号の話が半分を占めており、「モラタが残るなら、背番号はジエゴ・コスタが付けていた19が濃厚で、他に12、20、26が空いている」と移籍が決まったかのようにレポート。ニコラス・イグアインさんは、クリスティアーノ・ロナウドが加わっても残留できるとしており、「ユヴェントスとの3年契約がある。今のところは、他のクラブと話しておらず、流れている話は噂にすぎない」とオファーの存在を否定しています。これは事実なのか、あるいはとぼけているのか。イグアインが来れば、サッリ監督のチームの得点力が上がるのは間違いないでしょう。「どこへ行くにしても、アザールはついてきてくれないと。僕らが手を離すことはない」とクルトワが語っており、守護神と10番の退団は濃厚と主張するメディアもあるだけに、チェルシーの前線と最後方に関するニュースが気になるのであります。いいときのモラタは、ワールドクラスなんですけどね…。(ゴンサロ・イグアイン 写真著作者/Leandro Ceruti)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

クラブ、監督、選手のオトナの関係。ありがとうダレイ・ブリント、忘れないFAカップ制覇!

マンチェスター・ユナイテッドで4シーズンを過ごしたダレイ・ブリントが、アヤックスに復帰することになりました。ワールドカップブラジル大会でオランダ代表を率いていたファン・ハール監督が、2014年の夏に連れてきたレフティは、左SB、CB、セントラルMFをそつなくこなすユーティリティの高さが魅力でした。初年度は負傷もあり、プレミアリーグ25試合2ゴールに終わったものの、2015-16シーズンはCBに定着して35試合に出場。26歳だったオランダ代表DFのプレミアリーグライフは、ここまでは順風満帆でした。

ブリントの運命を変えたのは、2016年にやってきたジョゼ・モウリーニョ監督でした。読みのよさや臨機応変さよりも、強さと徹底度。ユーティリティよりスペシャリティを求める新監督の下では、ブリントは輝くことができませんでした。エリック・バイリーを獲得したモウリーニョ監督が、ブリントをCBで活かそうと考えていないのは明白でしたが、私はSBならチャンスはあると考えていました。2016-17シーズンはプレミアリーグ23試合1ゴール。優勝したヨーロッパリーグでは、レギュラーでした。

ところが、2017-18シーズンも重宝されるかと思いきや、指揮官が左サイドに据えたのは、ゴールに向かって曲げてくるクロスが魅力のアシュリー・ヤングでした。時にアザールですら完封してしまう強さが、モウリーニョ監督の好みだったのでしょう。ブリントの出番は激減し、プレミアリーグでの出番は7試合に留まりました。出番を失った選手に対して、アヤックスが支払う移籍金は1410万ポンド(約20億9000万円)。さらに活躍次第で最大1850万ポンド(27億4000万円)となるインセンティブが付いているといわれています。1400万ポンドの4年契約で連れてきたマンチェスター・ユナイテッドとしては、移籍金をそっくり回収という悪くない取引です。

最後のシーズン、ブリントが出場したプレミアリーグ7試合は全勝で、16ゴール無失点とパーフェクト。全試合スタメンだったチャンピオンズリーグのグループステージも、勝ち抜けが決まった後のバーゼル戦を落としただけで、5勝1敗の得点12失点3とチームは安定していました。モウリーニョ監督にしてみれば、強さに欠けるブリントは求めるタイプではなかったものの、長いシーズンのなかで彼をどう活かすかを、常に考えていたのではないかと思われます。ヨーロッパリーグとチャンピオンズリーグで主力としたのは、当たりの強いプレミアリーグよりも欧州で期待するという明確なメッセージだったのではないでしょうか。

マンチェスター・ユナイテッドとしては、1年延長オプション付きの4年契約で獲った選手に、当初の契約期間内はしっかり働いてもらい、オプションを行使してフリーエージェントを回避したうえで、4年前と同額で売却。ブリントのほうは、最初の監督に重用されたものの、真逆といっても過言ではない次の監督には主力として扱われず、しかし腐ることなく出場した試合でベストを尽くしてチームに貢献しました。前任者の遺産を預かったモウリーニョ監督は、ファーストチョイスではないと明確にしつつも最低限の活躍の場を担保し、いたずらに売り値を下げずにアヤックスに返すところまで全うしています。

クラブ、監督、選手それぞれのプロフェッショナリティが感じられた4年間。ダレイ・ブリントという素晴らしいタレントを、晴れやかに送り出したいと思います。ありがとうございます。2015-16シーズンのあなたは最高でした。クリスタル・パレスに苦戦しながら、延長で振り切ったFAカップファイナルは、苦しい季節を過ごしていたクラブにとって、今もなお忘れえぬステージです。勝手知ったるアヤックスでも、若手の手本となる背中を見せ続けてください。クラブに多大な貢献をしてくれた17番のサッカー人生が、実りあるものになることを祈っています。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「プレミアリーグで若手を使ってほしい」…代表監督の願いを叶える有望株をピックアップ!

「次世代に向けて、既に3~4人のいい選手がおり、プレミアリーグでタレントを発掘できる。イングランドの未来はとても明るい」。ジョゼ・モウリーニョ監督が健闘を称え、2022年が楽しみと語ったイングランド代表ですが、現場を預かった指揮官は危機感を抱いているようです。「プレミアリーグのマネージャーには、勇気が必要。ファーストチームで若い選手たちにチャンスを与えてほしい」。U-17とU-20がワールドカップを制覇し、U-19は昨年の欧州チャンピオン。U-21こそ、昨夏のユーロのセミファイナルで敗れたものの、ユース世代の強化は確実に成果につながっています。問題は、20歳前後の選手たちがトップリーグで場数を踏めるかどうかでしょう。世界中からワールドクラスが集まるプレミアリーグにおいて、サウスゲート監督の問題提起は古くて新しいテーマです。

2022年のカタールでは、ロシアで得点王に輝いたハリー・ケインが29歳、スターリングは28歳、ラシュフォードは24歳。中盤では26歳のデル・アリと28歳のエリック・ダイアーがフットボール選手としてのピークを迎えます。後方を見ると、サウスゲート監督に抜擢されたマグワイアが29歳で、ジョン・ストーンズと守護神ピックフォードは28歳。ベスト4に進出したチームのレギュラーメンバーとスーパーサブが8人も残り、他国からうらやましがられるスカッドを揃えられそうです。

モウリーニョ監督がいうように、いいベースがあるのは間違いないのですが、こんな問いを投げかけられたらどうでしょうか。「このメンバーで、ブラジルやフランス、ドイツに勝てるのか?」。ロシアでセットプレーが冴え渡ったイングランドは、相手を崩してゴールを陥れたシーンが1回しかありませんでした。「前で奪って縦に攻める」「インサイドMFとWBのコンビネーションでサイドを崩す」など、コンセプトは明快だったサウスゲート監督のチームは、チェンジオブペースや意外性のある仕掛けを欠き、決定力にも問題を抱えていました。創造性が感じられるスターターは、デル・アリのみ。ジェラードの視野の広さや、ランパードのようなゴールセンスを持つスケールの大きい選手は見当たりませんでした。若き監督の危機感は、理解できます。成長感がある若い選手たちが、プレミアリーグで揉まれて伸びてくれなければ、より高いクオリティも選手層の厚さも手に入れることはできません。

2018-19シーズンに、ブレイクが期待できる中盤の若手は誰でしょうか。私が注目しているのは、ベルギー戦で最もアグレッシブだったロフタス=チーク(チェルシー)、パスセンスがあるハリー・ウィンクス(トッテナム)、20歳にしてプレミアリーグ58試合出場のトム・デイヴィス(エヴァートン)、ユーティリティが魅力のメートランド=ナイルズ(アーセナル)、怪物レフティと評判のライアン・セセニョン(フラム)。ドリブル、パス、シュートのいずれも申し分ないマン・シティの逸材フィル・フォーデンも、出番さえあれば急成長を期待していいでしょう。

前線に目を移せば、昨季最終節でプレミアリーグ初ゴールを決めたU-20ワールドカップMVPドミニク・ソランケ(リヴァプール)、大器の予感漂うカラム・ハドソン=オドイと、来季こそゴールを量産してほしいタミー・アブラハム(いずれもチェルシー)。セルチックで負傷に苦しんだパトリック・ロバーツは、才能を開花させることができるでしょうか。3-4-3や4-3-3なら、ビッグクラブに引き抜かれるかもしれないジャック・グリーリッシュ(アストン・ヴィラ)もおもしろいと思います。サイドを主戦場とするドミニク・カルヴァート・ルーウィン(エヴァートン)とデマライ・グレイ(レスター)は、ゴールシーンを増やすことが課題です。

最終ラインの注目は、アレクサンダー・アーノルドとジョー・ゴメス(リヴァプール)、ベン・チルウェル(レスター)あたりでしょうか。イーサン・アンパドゥ(チェルシー)やアクセル・トゥアンゼベ(マンチェスター・ユナイテッド)は、DF充実のチームゆえ、なかなか出場機会を得られないのではないかと思われます。

GKピックフォード、DFタルコフスキー、マグワイア、ジョン・ストーンズ、WBチェンバレン、セセニョン、MFロフタス=チーク、デル・アリ、フィル・フォーデン、最前線にはハリー・ケインとカラム・ハドソン=オドイ…。今は頼りなく映る11人かもしれませんが、4年後は輝いていると信じましょう。ハリー・ウィンクスやトム・デイヴィス、グリーリッシュ、アーノルドも捨てがたく、もちろんスターリングにも期待しているのですが、スケールの大きさが感じられて底を見せていない選手を優先してみました。いかがでしょうか。3バックがコンサバですね…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

CR7のユーヴェ移籍でドミノが発生!? 「スカイスポーツ」が描く壮大なスペクタクルを追跡!

Cristiano Ronaldo to Juventus: The potential domino effect on the Premier League transfer market(クリスティアーノ・ロナウドがユヴェントスへ:プレミアリーグの移籍市場における潜在的なドミノ効果)」。イギリスメディア「スカイスポーツ」が遊んでいます。トータル5000字という長い記事は、CR7のイタリア行きが起爆剤となって、プレミアリーグのビッグクラブに壮大なドミノ倒しが起こると予想(妄想⁉)しているのですが、これがなかなかおもしろい!最終的な着地は「ウィリアンがマンチェスター・ユナイテッドへ」と、いかにもありそうなディールではあるものの、そこに至るまでの連鎖はなかなかのスペクタクルです。トップを飾るのは、プレミアリーグファンの大半がお察しであろうエデン・アザール。「スカイスポーツやナショナルニューズペーパーのレポートに基づいた仮説」と但し書きしたストーリーを、順を追って見てみましょう。

バロンドール5回のスターに、1億500万ポンド(約156億5000万円)というタグを付けてユーヴェに売ったレアル・マドリードは、アザール獲得のために2億ポンド(約298億円)を用意しているようです。「スカイスポーツ」は、エースを失うチェルシーが、この大金をマウリツィオ・サッリ監督がご執心の選手に投入するとしています。ラツィオでセリエA35試合12ゴールという数字を残したセルゲイ・ミリンコヴィッチ=サヴィッチは、イタリアメディア「コリエレ・デロ・スポルト」が1億1500万ポンド(約171億円)と報じた高額案件。マンチェスター・ユナイテッドと移籍合意報道があった23歳のMFに、直近になってチェルシーが手を挙げているといわれています。

ミリンコヴィッチ=サヴィッチがいなくなるラツィオが、後釜をプレミアリーグから調達するというのが次のドミノです。契約期間が残り1年となっても、延長の動きがないアーロン・ラムジー。直近5シーズンのプレミアリーグで30試合以上に出場したのは1回と、負傷が多い選手ではありますが、後方からの攻め上がりは依然として魅力です。アーセナルとしては、ウェールズ代表の離脱は激痛ですが、いなくなることが決まればバルセロナで出番を減らしているアンドレ・ゴメスを狙う可能性大。「インディペンデント」が報じたポルトガル代表MFの移籍金3000万ポンド(約44億7000万円)は、ラムジーでゲットする額とプラスマイナスゼロぐらいの相場でしょうか。

アンドレ・ゴメスとパウリーニョの売却益が7400万ポンドとなるバルセロナは、チェルシーのエンゴロ・カンテを獲得し、カンテの役割をジョルジーニョとバカヨコにまかせるチェルシーは、「テレグラフ」が伝えていたジャック・グリーリッシュ獲りに本腰を入れることになります。ヴィラのアタッカーを争うロンドンダービーに敗れたトッテナムは、マンチェスター・ユナイテッドのマルシアルにターゲットを絞り、左のサイドアタッカーを売ったモウリーニョ監督は、手薄な右サイドにウィリアンを入れる…と、ここが「スカイスポーツ」が辿り着いたゴールです。

最も出番が多いチェルシーは、アザール、カンテ、ウィリアンを放出し、ミリンコヴィッチ=サヴィッチとグリーリッシュを手に入れることになりますが、戦力的な収支は明らかにマイナスです。そこで、私からの提案なのですが、最後はウィリアンではなく「マンチェスター・ユナイテッドがガレス・ベイルを獲得して、そこからドミノがもう1周…」としてはいかがでしょうか。態度を保留しているウェールズのエースが動く可能性はゼロとはいえず、オチとしてはこのほうがきれいでしょう。この話に組み込まれたビッグディールは、いずれもイギリスメディアがこの夏報じたゴシップですが、実際にはいくつのお話が成立するでしょうか。デッドラインデーまで24日しかないプレミアリーグではありながら、3つぐらいは実現してもおかしくありませんが、果たして…!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ポグバ、カンテ、アザール、クルトワ…祭りを終えて、プレミアリーグを去るといわれる4人に関する噂。

マンチェスター勢はそれぞれ4人、チェルシーが3人、トッテナムは何と7人!昨日の3位決定戦、イングランドVSベルギーを観たプレミアリーグファンのなかには、自分が応援するクラブの選手の奮闘に、拳を握りしめていた方も多いのではないでしょうか。そして本日、ルジニキスタジアムのファイナルに登場したプレミアリーグのプレーヤーは、ビッグクラブで活躍する5人の精鋭たちでした。トッテナムの守護神ウーゴ・ロリス、チェルシーのオリヴィエ・ジルーとエンゴロ・カンテ、マンチェスター・ユナイテッドのポール・ポグバ。クロアチアには、チャンピオンズリーグでも決勝の舞台に立ったデヤン・ロブレンがいました。

ポール・ポグバの活躍を祈っていた私にとっては、最高のファイナルでした。左サイドからピッチを斜めに横切るムバッペへのロングスルーパスは、これぞポグバ。19歳からグリーズマンにつながったボールが、ボックスの外に上がってきた6番に戻ると、右足のシュートはDFにブロックされるも、リバウンドを叩いた左足のコントロールショットがゴール左隅に吸い込まれました。3-1としたこの一撃が、フランスを優勝に導く決定打となりました。ムバッペの素晴らしいダメ押しゴールの後、カリウスじゃないほうのロリスがマンジュキッチにドリブルを引っかけられ、あのチャンピオンズリーグの悪夢のような失点を喫しますが、4-2からスコアは動きませんでした。

前半は完全なるクロアチアペースでしたが、シュート1本に終わったフランスがオウンゴールとPKで2-1とする願ってもない展開。決勝トーナメントの3試合をすべて120分戦ってきたクロアチアは、ファイナリストにふさわしいサッカーを見せたものの、小さなミスと微妙なジャッジがすべて相手のゴールにつながってしまいました。フランス、優勝。カンテをエンゾンジに代えて中盤のスペースを埋めるなど、大胆かつ的確な采配でゲームをコントロールしたデシャン監督が、ついに世界の頂点に立ちました。祭りの後にせつなさが漂うのは、あまりにもエキサイティングだった1ヵ月の極上のトリップが、既に懐かしい時間になっているからでしょうか。いや、おそらく、そればかりではないのでしょう。

「チェルシーで6年を過ごし、そろそろ違うものを見つける時が来たのかもしれない。最後に決めるのはチェルシーだ。僕の行きたい場所は知っているだろう?」と語ったエデン・アザール。「僕の心はマドリードにある」と、家族の住む街に戻る可能性を示唆していたクルトワ。大会が終わった今、われわれは次の寂しさに近づきつつあるのかもしれません。クロアチア戦のポグバを、万感の思いを込めて応援していたのは、彼もまた、次のステージを求めてプレミアリーグを離れるといわれているひとりだからです。

チェルシーとの契約を2年残している27歳のエデン・アザールには、1億5000万ポンド(約224億円)というとてつもない数字のタグが付くと報じられています。行き先はもちろん、レアル・マドリード。クリスティアーノ・ロナウドの後釜を求めている世界王者からの本気のオファーに、抗えるクラブはないでしょう。イングランドに勝った直後のピッチでは、「ロンドンに帰る」といっていたティボ・クルトワも、年俸1300万ユーロ(約17億円)で個人合意に近づいていると伝えられています。7900万ポンド(約112億円)が必要となるローマのアリソン・ベッカー争奪戦をリードしているといわれるブルーズは、ベルギー代表を売ったお金を新しい守護神の獲得資金にまわすのでしょうか。

「最後のワールドカップになるかもしれない」。優勝に賭ける思いを、強い言葉で表現していたポグバは、バルセロナ行きとユヴェントス復帰が噂になっています。「彼は大人になった」と、ベルギー戦でのプレイを称えていたジョゼ・モウリーニョ監督との関係は、巷でささやかれているような深刻なものなのでしょうか。バルセロナといえば、エンゴロ・カンテもターゲットという報道があります。イニエスタが日本に去り、パウリーニョを5000万ユーロ(約65億6000万円)で中国に売ったクラブが、アンドレ・ゴメスまで手離してダブルで大物を獲りに来るというシナリオは、いかにもありそうな話です。

メディアにとっては、今が最高の騒ぎ時ですので、いくつかの話は部数獲得のための作文なのでしょう。しかし、ワールドカップという大きな節目が、20代後半の選手たちに次のキャリアを考えさせるきっかけとなっているのも確かです。プレミアリーグに残るのは誰か、新たなチャレンジを選ぶのは誰か。祭りの余韻を味わいながら、アザールやポグバがいない世界を想像し、寂しさに心を震わせるのであります。ルーニー、ズラタン、キャリックと連打を喰らったばかりの今、さらにポグバは堪えます。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ