リシャルリソン、マネ、ポグバ、カンテ…開幕戦ゴールを決めたキーマンたちに注目!

プレミアリーグ開幕節で2発を叩き込んだのは、エヴァートンの新戦力リシャルリソン、リヴァプールの新しい10番サディオ・マネ、ワトフォードのロベルト・ペレイラ。いずれも左サイドに張ったアタッカーで、トータル6発はすべて右足で放った文句なしのビューティフルゴールでした。2017年の夏にワトフォードに移籍したリシャルリソンは、12節までに5ゴールをゲットしながらも、その後失速。プレミアリーグ38試合5ゴールという数字には、満足していないでしょう。前半戦の指揮官だったマルコ・シウヴァ監督がエヴァートンに招聘されると、21歳のブラジル人ドリブラーは移籍金3500万ポンド(約49億3000万円)で引き抜かれました。

ウルヴス戦では、17分に自らが倒されて得たFKを冷静に押し込み、同点にされた後の67分には、ボックスの左隅から美しいコントロールショットを右のサイドネットに流し込みました。ジャギエルカの退場で10人になったチームは、ヒメネスにヘディングシュートを許して2-2のドロー発進となりましたが、左サイドをドリブルで蹂躙するリシャルリソンは、昨季の2~3倍のシュートを決めてくれるのではないかと期待しています。

サラーやフィルミーノとのコンビネーションは、今季もライバルクラブに怖れられるでしょう。前半終了間際にミルナーの折り返しを右足で合わせたマネは、53分に最終ラインの裏でフィルミーノのスルーパスを受け、ゴール左に2点めを叩き込みました。2014年にサウサンプトンに入団してから、4シーズン連続でプレミアリーグ2ケタゴールを記録しているセネガル代表FWは、ナビ・ケイタという強力な援軍を得ました。ケガさえなければ、自己ベストの13発を更新するのではないでしょうか。リヴァプ―ルが悲願のプレミアリーグ制覇に届くには、自在に動ける10番の活躍が必須条件です。

2年前にユーヴェから来たロベルト・ペレイラも、3年めの今季は勝負の年。プレミアリーグ14位に終わったワトフォードをTOP10に引き上げ、強豪クラブに移籍する足掛かりを築きたいところです。開幕戦でゴールを決めたキーマンといえば、モハメド・サラー…は今さら騒ぐまでもありませんが、ポール・ポグバ、エンゴロ・カンテの名前も挙げたいと思います。オールド・トラフォードにレスターを迎えたフライデーナイトの一戦で、キャプテンマークを巻いて登場したポグバは、気迫のこもったプレイを見せてくれました。タイミングも球質も絶妙なロングフィードは、プレミアリーグNo.1を争う正確さ。この日はPK1発でしたが、彼がゴールに絡むシーンが増えれば、クラブの順位はおのずと上がるはずです。噂されているモウリーニョ監督との確執は、クオリティの高さを見せつけることで解決していただければと祈っています。

ジョルジーニョの加入で、前線に上がる機会が増えたチェルシーの7番は、以前はトップ下としてプレイしていたことを思い出させてくれるでしょう。なかなかシュートが打てず、苦しい展開を強いられていたなかでの先制ボレーは、コミュニティシールドに敗れて不安を抱えていたサッリ新監督のチームにとって、とてつもなく大きかったのではないでしょうか。2018-19シーズンは、サッリの美しいサッカーのなかで、カンテの攻撃センスがどう活かされるかにも注目したいと思います。

ビッグ6のセンターフォワードがノーゴールだったプレミアリーグ第1節ですが、今週末は得点王争いの本命たちが目を覚ますでしょうか。ハリー・ケインのスパーズはフラムとのロンドンダービー、アグエロを擁するマン・シティはハダースフィールドとのホームゲームです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

バカヨコはミラン移籍、ウィリアン残留、2億ポンドオファーと騒がれたアザールは…!?

レアル・マドリードが、エデンアザール獲得に向けて2億ポンド(約282億円)の巨額オファーを準備しているという報道がありました。煽っているのは「エクスプレス」ですが、さすがにこれは無理筋でしょう。7月末に獲得断念と報じられたクラブが、プレミアリーグのトランスファーマーケットが締まってから、わざわざ再チャレンジしてくるとは思えません。マウリツィオ・サッリ監督は「不可能だ」と完全否定。プレミアリーグ開幕節のハダースフィールド戦で、鮮やかなアシストを決めたチェルシーの10番は、来年の春までは青いユニフォームでプレイするものと思われます。

指揮官とエースはコミュニケーションを密にしているようで、「アザールはここにいることをハッピーと感じていると思う」とコメント。「fun football(楽しいサッカー」を掲げた新しい指揮官は、選手たちのモチベーションを確実に高めているようです。「BBC」は、「イブニングスタンダード」のインタビューに応えたウィリアンの言葉を紹介しています。

「監督は、自分たち自身がピッチで楽しまないとといってくれている。今、楽しんでいるかといわれれば、そう思うよ。われわれには、アザールやペドロのようにクオリティの高い選手がたくさんいる。彼らも、そうしたがっているだろう」

コンテ監督が解任されなかったら、クラブに残ったかと問われたウィリアンは、きっぱりと「No chance. No.」。昨季プレミアリーグで36試合6ゴールのアタッカーは、コンテ体制の2年間で途中出場が格段に増えたことにストレスを溜めていたのでしょう。「チェルシーのためにプレイしたいから、ここにいるんだ。出ていくのは、チェルシーが放出したくなったときだけだね」。バルセロナやマンチェスター・ユナイテッドに移籍すると騒がれたブラジル代表MFもまた、チームに残って戦うと腹をくくっているようです。

クルトワの代役としてケパを押さえたチェルシーは、噂されていた主力の大量流出を回避できそうですが、ジョルジーニョの入団やロス・バークリーの復活で余剰戦力となったティエムエ・バカヨコだけは、買い取りオプション付きのレンタルでACミランに移籍することになりました。セントラルMFのレンタル料は450万ポンド(約6億3000万円)で、譲渡額は3100万ポンド(約44億円)。モナコから獲得した際に4000万ポンドを支払っていますが、プレミアリーグで1年プレイしたことを考慮すれば、損失はゼロといっていいでしょう。

「誰が観ても楽しめるサッリ監督のサッカーに恋している」とまでいっているダヴィド・ルイスをはじめ、エメルソン、ロス・バークリー、ジルー、ロフタス=チークなど昨季の貢献度が低い選手たちが活躍すれば、プレミアリーグ5位からのジャンプアップは充分可能です。サッリ監督率いる新しいチームは、やはり侮れません。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

若手の奮闘と主力の空回り…マン・シティに完敗したアーセナルの早期改善ポイントをチェック!

ウナイ・エメリ監督のプレミアリーグデビューは、苦い結果に終わりました。アーセナル0-2マンチェスター・シティ。デブライネとダヴィド・シルヴァを欠いたスタメンで戦ったプレミアリーグ王者は、いいときの彼らではありませんでしたが、前線からの厳しいプレスとボックス脇をスピーディーに崩すサイドアタックは健在。思うようにビルドアップできなかったガナーズは、スターリング、バンジャマン・メンディ、マフレズ、カイル・ウォーカーにサイドを制圧され、シュート態勢に入った選手へのチェックが甘くなって失点を喫しました。

「BBC」で、新生ガナーズの戦い方を分析したのはマーティン・キーオンさんです。「グアルディオラは3年め、エメリは今始めたばかり」と、発展途上のアーセナルを気遣ったOBは、いくつかの重点課題をピックアップしています。「チェフは足でボールを扱う機会が多く、オーバーワークに陥っていた」「19歳の新戦力グエンドゥジは、ミスはありながらも勇敢に戦ったが、周囲のベテランはそうではなかった」「エジルとムヒタリアンはペースを創れず、守備も充分ではないのでペップのチームなら選ばれない」。オーバメヤンとラカゼットがボールをもらえなかったと語り、メートランド=ナイルズのスピードを称賛していた評論家は、エメリ監督のやりたいことに選手が適応するまでは、サポーターは我慢する必要があるとしています。

プレミアリーグは始まったばかり。初戦の結果だけで断罪せずに今後の改善に期待すべきことと、早期に手を打ったほうがいいことがそれぞれありそうです。GKと左SBは、次のチェルシー戦から新たな選手を起用すべきではないでしょうか。ペトル・チェフは、彼らしいビッグセーブがいくつかあったものの、前にこぼしてしまうプレイとキックミスが多く、ベルント・レノにスイッチしたほうがいいと思います。メートランド=ナイルズについては、キーオン氏と同じくスピードと足元の確かさを評価しているのですが、負傷が癒えなければ、エメリ監督が示唆していたウェルベックのSBコンバートがおもしろそうです。リヒトシュタイナーは守備は安心できるものの、クロスが単調。ゴールがほしいときには、もの足りない感があります。チェルシー戦は、モンレアルが間に合えば起用するのが無難ですが、先々のことを考えれば攻撃的なオプションは揃えておきたいところです。

中盤で走りまわったグエンドゥジは、今後も楽しみな存在。途中出場でプレミアリーグデビューを果たしたルーカス・トレイラも、エンジンがかかれば中央に安定をもたらしてくれるはずです。ラムジーは、トップ下に置くよりも2センターの右か、インサイドMFに置いたほうが持ち味の上下動が活きるでしょう。問題は、「エジル、ミキ、オーバメヤン、ラカゼットの同時起用の可能性」です。4-2-3-1で、2列めにオーバメヤン、エジル、ミキという布陣が最もイメージしやすいのですが、裏に抜けるのがうまいオーバメヤンは、真ん中にいてほしいストライカーです。マン・シティ戦では、エジルとオーバメヤンが合わないシーンが目立ちました。早い時期に、2人のゴールゲッターにどういう形でボールを渡すかを意思統一しておきたいものです。サラーなら裏、マネには足元とパスを使い分け、出すタイミングも完璧だったハマーズ戦のフィルミーノを見ると、ガナーズの連携には大いに改善の余地があると痛感します。

私が考えるベストの布陣は、GKレノ、DFベジェリン、マヴロパノス、パパスタソプーロス、メートランド=ナイルズ、MFルーカス・トレイラ、ラムジー、ジャカ、FWエジル、オーバメヤン、ミキの4-3-3。後半に入ってゴールがほしい展開になれば、ジャカやラムジーを外してエジルを中盤に下げ、ラカゼット、ミキ、オーバメヤンを並べる形か、あるいは2トップもおもしろいと思います。プレミアリーグ開幕戦ではシュートを打たれる際に詰めないシーンがあったパパスタソプーロスと、守備が粗かったジャカは、次からの巻き返しに期待しましょう。チェルシー戦は何とか勝ち点1をキープし、中堅・下位クラブとの対戦が続く9月~10月で波に乗れればいいのではないでしょうか。長期政権が終わった直後のチームは、完成するまでに時間が必要です。しばらくは、いいとこ探しをしながら明るく見守ってまいりましょう。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「クラブは意志をもってCB獲得を見送った」…3年めのモウリーニョ監督に、今求めたいこと。

「BBC」のサイモン・ストーン記者と、「ガーディアン」のジェイミー・ジャクソン記者。マンチェスター・ユナイテッドの内部事情に明るい2人のジャーナリストが、「ヴァイスチェアマンのウッドワードさんとボードメンバーは、モウリーニョ監督のリクエストに対して難色を示していた」と語っています。昨季プレミアリーグで、ペップのマン・シティと1点差の28失点に抑えたチームのマネージャーは、さらなる堅守をめざしてCBの獲得を要求していました。プレミアリーグなら、トビー・アルデルヴァイレルトとハリー・マグワイア。欧州の強豪クラブから選ぶなら、レアル・マドリードのヴァラン、バイエルンのボアテング、アトレティコ・マドリードのゴディン、バルセロナでうまくいっていなかったジェリー・ミナ。サイモン・ストーン氏によると、マンチェスター・ユナイテッドの経営陣はそれぞれについてこう評価していたそうです。

「ヴァランは、レアル・マドリードが出す気がないのが明らか」
「マグワイアはCLの経験がなく、プレミアリーグでも経験が浅い。ファン・ダイクのようなレベルの金額を払うのは賢明ではない」
「32歳のゴディンはアトレティコ・マドリードからの契約延長オファーを受けようとしている」
「負傷が多いボアテングは、2シーズンで33試合に欠場しており、獲るとしてもローン」
「ミナと契約合意に至れば、ワールドクラスではない選手に対して危険な前例を残してしまう」
「アルデルヴァイレルトに関する憶測は不確かで、オファーするべきではない」

ジェイニー・ジャクソン氏は、これらの判断について「彼らは、CBに莫大な金額を投資しても、見合う改善はないと結論付けた」と表現しています。昨季プレミアリーグで16ゴールをゲットしたロメウ・ルカクに対するサポートを厚くし、より多くのゴールを決められるようになれば、マンチェスター・シティとの19ポイントのギャップは埋まる…。経営陣はモウリーニョ監督に対して、ポグバ、ラシュフォード、アレクシス・サンチェスの改善を要請し、プレッシャーをかけているとのこと。サポーターのなかには、CBの質を高めるべきと主張する方もいらっしゃるかもしれませんが、マン・シティより38点も少なかった攻撃陣を変えなければならないという見解には、うなずく方が多いのではないでしょうか。

希望する選手を獲れず、「難しいシーズンになる」と不満を隠さなかったモウリーニョ監督は、開幕戦でレスターに勝った後も、ぼやきが止まりませんでした。「何ヵ月もプランを練っていたのに、自分が考えていた状況とは違う形でプレミアリーグの開幕を迎えることになった。移籍市場の話は、もうおしまいだ」「マネージャーではなく、ヘッドコーチと呼ぶべきだろう」「われわれ以上に投資したチームとの対戦だった。これからのプレミアリーグでは、自分たちと同じクオリティの選手を揃えたチームばかりと戦うことに慣れないといけない」。…ボス、不満をこぼすのは、もうやめませんか。初戦のあなたは、素晴らしいマネージャーだったと思います。

アンカーに抜擢したアンドレアス・ペレイラが安定していたのは、戦術と役割を理解していたからでしょう。シュート8本は、ホームで戦う強豪クラブとしてはもの足りない数字ですが、サイドチェンジやダイレクトパスを織り込んだ速いアタックには進化の可能性が感じられました。アレクシス・サンチェスが中に斬り込んで2トップのようになる形が定着すれば、ポグバやフレッジからのキラーパスが増えるでしょう。ポグバのキャプテン指名とルーク・ショーの先発も、チームのムードを盛り上げる秀逸なチョイス。試合後、2人を激賞されてましたが、それこそがサポーターが待ち望んでいた姿です。シーズンが終わったとき、こんなふうにいえたら最高です。「CBを獲れなかったけど、バイリーとリンデロフがいたから問題なかった。アレクシス、ラシュフォード、ルーク・ショー、ポグバの才能を目いっぱい引き出してくれた指揮官の采配こそが、優勝の最大の理由であり、今季最高の”補強”だった」と。

最後に、モウリーニョ監督の最近の言動をたしなめる2人の言葉を紹介して、この稿を締めたいと思います。「スペシャルワン」「ハッピーワン」と自らを称していた稀代の名将に、選手層の厚さと個々のポテンシャルの高さでは、ライバルに決して負けていないと信じてほしいという願いを込めて。

「ジョゼはカメラの前で、選手たちに『君たちを信じている。今季はマンチェスター・シティに迫れる』とメッセージを送るべきだ。メディアの前で、クラブの幹部に話しかけるのは今すぐやめないといけない。トランスファーマーケットは終わった。できることは何もない」(ティム・シャーウッド)
「チェルシーやレアル・マドリードにいたときのように、多くの選手と揉めれば、彼に訪れる未来はひとつだ。このまま選手たちを困らせ続ければ、彼が仕事を失うことになる。今は選手が勝つからね」(アラン・シアラー)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Arsenal×MAN.CITY】スターリングを止められず…エメリ監督の初陣は昨季王者に0-2完敗!

プレミアリーグ2018-19シーズンの開幕節で、最注目のドローはエミレーツで行われる一戦です。エメリ新監督のアーセナルVSペップが君臨する最強マン・シティ。新生ガナーズは、3バックで戦った昨季プレミアリーグの開幕戦から7人が入れ替わっています。GKチェフ、DFベジェリン、ムスタフィ、パパスタソプーロス、メートランド=ナイルズ。セントラルMFはジャカとグエンドゥジ、2列めはラムジー、ムヒタリアン、エジル。最前線は、昨季プレミアリーグで13試合10ゴールのオーバメヤンです。対するマンチェスター・シティは、デブライネとダヴィド・シルヴァの2枚看板を欠いています。エデルソン、カイル・ウォーカー、ジョン・ストーンズ、ラポルテ、バンジャマン・メンディ、フェルナンジーニョ、ベルナルド・シウヴァ、ギュンドアン、マフレズ、アグエロ、スターリング。プレミアリーグアシスト王はベンチスタートで、劣勢となれば後半の早い時間に出てくるものと思われます。

期待通り、序盤から激しく攻め合う展開が続きます。8分にマフレズがカイル・ウォーカーを縦に走らせ、右サイドを完全に崩すと、高速グラウンダーはチェフがセーブ。2分後に巧みなステップでムスタフィを抜き去ったスターリングは、チェフと1対1になったものの角度がなく、左足シュートを弾かれてしまいます。マン・シティは自分たちのペースだった時間帯で、あっさり先制点をゲットしました。14分、ボックスの角にいたスターリングが中に斬り込み、ベジェリンとグエンドゥジを軽くかわして右足でシュート。さほど厳しいコースではありませんでしたが、チェフは手を出せず、呆然とボールを見送りました。

21分、メートランド=ナイルズのハイクロスをベジェリンがトラップしてメンディを抜き去り、右足で強烈なシュートを放つとエデルソンがセーブ。27分、ジャカの危険なボールロストから3対3にされると、パパスタソプーロスがアグエロを倒してFKを取られます。ボックス手前からのマフレズのキックはチェフがストップし、こぼれ球に飛び込んだラポルテのシュートも守護神が手に当てました。33分、右サイドを突破したラムジーがエジルに預け、10番からミキにパスが出ますが、惜しくも打ち切れず。足を痛めたメートランド=ナイルズは走れず、35分にリヒトシュタイナーに後を譲ります。思わぬ形でプレミアリーグデビューとなったスイス代表SBは、やっかいなマフレズを止めなければなりません。

チェフのパスが危なっかしく、自陣で奪われるシーンが目立つアーセナル。42分に右からマフレズが仕掛けると、ファーを狙ったシュートはポストの外に切れていきます。45分、ミキが左のオーバメヤンにロングパスを通すと、右足のミドルはニアポストの外。ミキがメンディから奪ったショートカウンターは、ラムジーとのワンツーでボックス右を突破するも、クロスを中に入れられません。前半は0-1のまま終了。後半もマン・シティがボールを支配し、アーセナルは速攻のチャンスを窺っています。50分、バンジャマン・メンディのミドルがDFにヒットし、アグエロのシュートは大きく右にアウト。ホームチームは、ファイナルサードに持ち込むことができません。

エメリ監督は55分にラムジーを諦め、ラカゼットを投入。ミキからオーバメヤン、ラカゼットとつながったチャンスは、右隅を狙った9番の一撃がポストをかすめます。59分、マフレズが下がり、ケヴィン・デブライネが登場。プレミアリーグNo.1のプレーメイカーがピッチに入ると、エミレーツのスタンドは一斉にブーイングを浴びせます。63分、グエンドゥジがトラップミスしてボールを後ろに逸らすと、アグエロがひとり旅。1対1は右に来ると読んだチェフのビッグセーブでしのぎますが、64分に決定的な2点めが入ります。スターリングとのコンビでボックス左を崩したメンディが折り返すと、ベルナルド・シウヴァが強烈なボレーを左隅に突き刺しました

70分、ジャカが下がりルーカス・トレイラ。アーセナルが攻める時間が増えてきたものの、大事なパスがことごとく通らず、決定機を創れません。80分、リヒトシュタイナーが左サイドを突破してニアに転がすと、エジルのトラップが大きくシュートを打てません。85分にエデルソンが致命的なパスミスをしますが、拾ったエジルのトラップが大きくなったところを飛び出してセーブ。10番に打たせようとしたラカゼットが、エデルソンの接近を感じていれば決めにいったのではないかと思われます。集中力を欠いたマン・シティの守護神は、92分にもミキにパスを拾われ、右サイドを崩されますが、ラカゼットのボレーが浮いて失点を免れます。両者ともミスが目立った大味な試合は、0-2でプレミアリーグ王者が制しました。

スターリングを止められなかった。エジルやラカゼットが決められなかった。アーセナルの敗因のなかから、最も象徴的な現象を抽出すれば、組織的に対応できなかった守備と決定力ということになります。中盤に迫力を欠いたマン・シティは、倒すならここ!と叫びたくなるような急造仕様でしたが、アーセナルもまた発展途上で、サイドの守備の脆さが2つの失点を呼んでしまいました。出遅れの危機を回避したペップのチームは、ハダースフィールドとウルヴスを連破すれば、強かった昨季のコンディションを取り戻すでしょう。アーセナルは、次のチェルシー戦が正念場。連敗スタートとなれば、チャンピオンズリーグ出場権争いに参加できずにシーズンを終えることになるかもしれません。モンレアル、コラシナツ、メートランド=ナイルズを欠いた左サイドの穴は、埋められるでしょうか。エメリ監督に付きつけられたいくつかの課題は、簡単に解決できるものではなさそうです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ