おめでとうございます!ハリー・ウィンクスとメイソン・マウントが代表初ゴール!

UEFAユーロ2020予選の最終節、コソボ0-4イングランド。文字にすると順当勝ちに見えますが、この日のスリーライオンズは決していい出来ではありませんでした。GKニック・ポープ、マグワイアの相棒にタイロン・ミングス、中盤はチェンバレン、デクラン・ライス、ハリー・ウィンクス、左サイドにカラム・ハドソン=オドイと、テストを兼ねたようなスタメン。ジョー・ゴメスにつかみかかった件を咎められ、モンテネグロ戦で外されたスターリングが復帰し、ユーロ予選で7戦11発のハリー・ケインが最前線にいるものの、攻撃時の連携に難があったチームは最初のゴールまでに32分を要しました。

6分にタイロン・ミングスがヌヒウに競り負け、ヘディングシュートがゴールの左に飛ぶと、ポープが冷静に右手でセーブ。プレミアリーグで活躍する選手たちは、コソボのアグレッシブなサイドアタックに戸惑っているように見えました。15分にボックス左のハリー・ケインが中央にいたスターリングに打たせると、GKムリッチが左に反応してセーブ。右サイドを制圧していたスターリングは、クロスの精度を欠いています。21分、左からのCKをラフマニがニアでヘディングシュート。中央に入ったボールは、ポープの前にいたハリー・ケインがクリアしました。

サイドからのボールをことごとくカットされていたイングランドは、32分に素晴らしい個人技によって、ようやくゴールを陥れました。右にいたチェンバレンがボックス手前に斜めのパスを送ると、中に入ってきたハリー・ウィンクスが完璧なトラップでドレセヴィッチを抜き去り、GKムリッチと1対1。プレミアリーグで2ゴールしか決めていないスパーズの23歳は、これが代表初ゴールです。ハデルジャナイとラシカにサイドを突破されていたアウェイチームは、中央が堅く、同点ゴールを許しません。前半は0-1、後半に入ってもコソボが攻勢。50分にドレセヴィッチが左足で放ったシュートは、左のポストすれすれを抜けていきます。

53分のコソボのCKは、左からフリーで上がったラフマニがヘッドを枠に収められず。チルウェルのサイドで負けていたイングランドは、狙いなきラストパスに助けられています。59分、中央に斬り込んだハドソン=オドイのミドルはクロスバーの上。61分にスターリングがゴールラインまで抉り、ニアのハリー・ケインに転がすと、右足のボレーはポストに阻まれてしまいます。直後、ハドソン=オドイに代わってラシュフォード。72分にはチェンバレンが下がり、プレミアリーグ4ゴールのメイソン・マウントが中盤に入ります。

攻めあぐんでいたイングランドが追加点を奪ったのは79分。スターリングのクロスをアリティがカットし、ファーに浮いたボールがハリー・ケインの足元へ。エースが冷静にボレーを決め、今予選で全試合ゴールを達成しました。これでラクになったイングランドは、83分に勝負を決める3点めをゲットします。中央をドリブルで上がったスターリングが、左のラシュフォードにラストパスを通すと、右足のコントロールショットがファーサイドのネットを揺らしました。

締めの1発は91分、本日2発めの代表初ゴールはメイソン・マウントです。ボックス手前でハリー・ケインがインターセプトに成功し、中央にラストパス。チェルシーの新鋭が、倒れ込みながらの左足シュートでGKの指先を抜きました。若い選手たちが、目に見える結果を残せたのが最大の収穫。ハリー・ウィンクスとメイソン・マウントの記念すべきゴールシーンを記録したくて書いたレポートです。ユーロの本大会でレギュラー当確なのは、ハリー・ケイン、スターリング、マグワイア、アーノルド、チルウェル、ピックフォードといったところでしょうか。残る椅子は5つ。欧州を興奮させるヤングスターの台頭に期待したいと思います。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

メディアもサポーターも称賛…スター選手らしからぬサディオ・マネの気遣い。

「めちゃめちゃマジメ。酒は飲みません。いつもジムで一緒にトレーニングしていたのですが、チェルシー戦で2ゴールを決めた翌日も筋トレしてましたね」。サウサンプトンの吉田麻也が、以前にサディオ・マネのサッカーに取り組む姿勢を絶賛しており、プレイだけでなく人柄にも興味を抱くようになりました。プロデビューは2011年、フランスのメス。レッドブル・ザルツブルグで3シーズンを過ごした後、サウサンプトンでプレミアリーグ67試合21ゴールと結果を出し、2016年の夏にリヴァプールに入団しました。

モー・サラー、ロベルト・フィルミーノと組む3トップはプレミアリーグNo.1の破壊力。2018-19シーズンにサラーとともに得点王に輝いたマネは、チャンピオンズリーグでも全試合に先発して4ゴールを決め、ユルゲン・クロップ監督の欧州初制覇に貢献しました。これだけの選手をスペインのクラブが放っておくわけがなく、ここ2年は移籍が取り沙汰されていますが、ご本人は完全否定。「リヴァプールもビッグクラブ」「ここでレジェンドになりたい」などといわれれば、サポーターのテンションは否応なく上がります。

ビッグイヤーを獲得した後、アフリカネーションズカップで母国セネガルをファイナルに導いたマネは、バカンスを2週間で切り上げてチームに合流。「この7年で休んだのは20日ぐらい。慣れているよ」と語ったウインガーを、クロップ監督は「サディオ・マネの1年は13ヵ月あった」とジョークを交えてリスペクトしています。開幕節のノリッジ戦で後半から登場したマネは、2節のセインツ戦で早くも今季最初のゴールをゲット。5節までに4発を叩き込み、レッズのロケットスタートの主役となりました。

10月5日のレスター戦で、リヴァプールにおけるプレミアリーグ100試合出場と50ゴールを同時に達成した10番は、セインツ時代から通算すると171試合73ゴールというスタッツを残しています。見逃せないのは守備における貢献で、タックル202回、インターセプト91回、シュートブロック78回は、前線の選手としては出色の数字です。2019-20シーズンのクロップ監督は、攻撃力が高いSBにマネをぶつける戦い方をチョイスすることが多く、上下動を厭わないプレースタイルがいかに信頼されているかがよくわかります。

ピッチの内外問わずマジメなウインガーについて、「デイリー・メール」がTwitterでサポーターが配信した動画を紹介していました。トレーニング施設に到着したバスから降りたマネは、スタッフが大量の荷物を降ろしているのを見て、「持っていくから」と声をかけると、大きなウォーターボトルを2つ抱えてスタジアムへ。フットボールに集中したいスタープレーヤーらしからぬ気遣いを「セルフレス」「成功したからと奢らない」と称賛しています。

こういう記事を読むと、ついつい肩入れしたくなります。リヴァプールがチャンピオンズリーグを制覇してから、「ファン・ダイクにバロンドールを」と何度も書かせていただいたのですが、2019年にマネが決めたゴールを数え、メッシのあまりにも凄い数字と並べてため息をついたりする今日この頃。バルサとレッズの10番は、いざ個人表彰となるとガチンコ勝負になり、さすがに厳しそうですね。プレミアリーグ初優勝、クラブワールドカップ制覇、チャンピオンズリーグ連覇の立役者となれば、メッシを超えられるでしょうか。人間力が高いセネガル代表が、真のレジェンドとして後世に語り継がれるようになればと期待しています。今季は、チャンスです!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ニャブリ、デパイ、サラー…「売らなきゃよかった」選手たちを見ていて思うこと。

10月1日、チャンピオンズリーググループステージ2節のトッテナムVSバイエルンでセルジュ・ニャブリの4ゴールを見たとき、「アーセナルは、なぜこの逸材を売り払ってしまったんだ!」と震えました。ノースロンドンで20歳まで過ごしたアタッカーは、プレミアリーグ10試合1ゴールと揮わず。2015-16シーズンにはWBAにレンタルされ、公式戦3試合ノーゴールと結果を出せないまま、夏にブレーメンに売却されました。母国に戻ったニャブリは、いきなりブレイク。ブンデスリーガ初年度で27試合10ゴール、ホッフェンハイムで22試合10ゴールと2ケタゴールを続け、名門バイエルンでも30試合10ゴールと主力にのし上がりました。トッテナム・ホットスパースタジアムの試合結果を聞いて、多くのグーナーが悔しい思いをかみしめたのではないでしょうか。

なぜ突然、こんな話を始めたかといえば、オランダ代表のロナルド・クーマン監督がチームのエースについて語った記事を目にしたからです。「彼はトッププレーヤー。マンチェスター・ユナイテッドにいた頃は、少し若すぎたかもしれない」。公式戦53試合7ゴールというもの足りない数字しか残せず、斬新すぎるファッションばかりが話題になったウインガーを1年半で放出すると聞いたときには、やむなしとしか思いませんでした。ところが、オリンピック・リヨンでの最初の8試合で5発決めたと知ると、とたんに落ち着かなくなります。

2017-18シーズンにリーグアン36試合19ゴールという出色のスタッツを叩き出したデパイは、母国の代表チームでも真価を発揮するようになりました。リヨンに在籍した2年10ヵ月で、公式戦130試合50ゴール42アシスト。オランダ代表でも、直近11試合で8ゴール10アシストです。ニャブリのブレイクにほぞを噛むグーナーを到底笑えず、今はインテルでセリエA12試合9ゴールのルカクを見て複雑な思いをかみしめています。何とかならなかったのでしょうか、スールシャール監督…。

そういえば、モー・サラーがプレミアリーグ36試合32発と大爆発した2017-18シーズンには、チェルシー時代に彼を手離したジョゼ・モウリーニョ監督を揶揄する記事が続出しました。アザール、オスカル、ラミレス、ウィリアン、ジエゴ・コスタ、ロイク・レミー、ドログバを擁してポール・トゥ・ウィンのプレミアリーグ優勝を果たしたチームで、実績がない選手に「試合に出してくれ」といわれても、簡単に呑めるものではありません。「獲得はしたが、放出はしていない。クラブが決めたこと」「われわれは、彼の希望に沿えなかっただけ」という名将のコメントは、偽らざる本音でしょう。ウェストロンドンにいた頃、22歳だった快足ウインガーは、モウリーニョとの早すぎた出会いと別れを経て、最高のタイミングでクロップと邂逅したのだと思います。

「将来性を見込んで獲得した若手が結果を出せない」「ユースでは素晴らしかった選手が伸び悩んでいる」…売るか、残すか、ローンに出すか。若手を多く抱えるクラブの共通の悩みです。マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーのように、短期間で監督を代えるクラブほど、中長期的な育成や手離すか否かのジャッジが難しくなり、売って後悔するリスクが高まります。

ユースからの抜擢や若手獲得が目立つようになった最近のプレミアリーグを観ていると、心の中で念じている自分に気づくことがあります。マンチェスター・シティは、レロイ・サネを出すな。アーセナルは、ルーカス・トレイラやブカヨ・サカを出すな。マンチェスター・ユナイテッドは、マルシアルとグリーンウッドを出すな。チェルシーは、何としてもハドソン=オドイを引き留めろ…。残すのが正解とはいえないのですが、彼らを放出したクラブのサポーターが、数年後にモヤモヤした気分を引きずるような気がしてならないのです。

マン・シティからアストン・ヴィラに移籍したドゥグラス・ルイスは、ワールドクラスといわれるまでに成長を遂げるでしょうか。リヴァプールからボーンマスにレンタルされたハリー・ウィルソンは、次の夏に呼び戻すべきでしょうか。売るか、残すか、ローンに出すか。あるいは買い取りオプションという保険を付けるか。選手も監督もクラブも悩む「stay or go」のタイミングと決断。結果論で成功・失敗を語ることはできても、当事者たちを批判することはできません。ニャブリの華々しい活躍に肩を落とすグーナーのなかには、こんなことをいう人々もいるかもしれません。「アレクシス・サンチェスは、やっぱりあのタイミングで売るべきだったのだ」。(セルジュ・ニャブリ 写真著作者/Steffen Prößdorf)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

負傷者が7人に急増…リヴァプールのタイトなスケジュールをあらためてチェック!

ジョエル・マティプとナサニエル・クラインは膝、シェルダン・シャキリはふくらはぎとかかと。3人がプレミアリーグを欠場していたリヴァプールの負傷者リストは、直近の1週間で一気に賑やかになりました。スコットランド代表の主将を務めるアンディ・ロバートソンは、足首をやってリタイア。モンテネグロ戦の前にスターリングにつかみかかられたジョー・ゴメスは、トレーニング中にトリッピアーとのコンタクトで膝を痛め、スターリングをなだめたヘンダーソンはウィルス感染でコソボ戦の出場を断念しています。

最終ラインとキャプテンだけでなく、モー・サラーの足首を心配しているレッズサポーターも少なくないでしょう。昨季プレミアリーグ得点王が、利き足を痛めたのは10月5日。レスターの新鋭ハムザ・チョードリーの危険なスライディングによって足を捻り、10月28日のスパーズ戦でも同じ個所を痛めて85分に退いています。メディカルスタッフの尽力によって、何とかプレミアリーグを戦い続けていたのですが、マンチェスター・シティとの大一番で限界を迎えたようです。エジプト代表に合流したレフティは、そのままカイロの病院で検査を受け、ピッチに立つことなくメルウッドに戻ってきました。

サラーは経過観察中で、ナサニエル・クラインはシーズンを棒に振るかもしれませんが、残る5人は23日に行われるプレミアリーグ13節のクリスタル・パレス戦に間に合う可能性があります。ロバートソン、ジョー・ゴメス、マティプを一気に失えば、無敗のレッズといえどもさすがに厳しいでしょう。昨季の欧州王者には、2019年の最後の5週間強で11試合というタイトなスケジュールが待っています。

勝てばCLグループステージの首位通過が決まる必勝のナポリ戦の後は、ブライトン、マージーサイドダービー、ボーンマスとプレミアリーグが続き、10日にCL最終節のザルツブルグ。ワトフォード戦を終えたら即座にカタールに飛び、クラブワールドカップの準決勝を戦います。世界一を決めるファイナルは21日。帰国後、ボクシングデーは難敵レスター、年末の試合は大物喰いのウルヴスです。カラバオカップ準々決勝は、ファーストチームの留守中に行われるのか、年明けにまわるのか。5週間連続でミッドウィークに試合が組まれているリヴァプールに、追加で試合を組める隙間はありません。

アリソン、ファン・ダイク、ファビーニョの安定感、世界最高のコンビともいわれるアーノルドとロバートソンの絶品フィード、チェンバレンの好調は頼もしい限りですが、ハードな相手が続く師走にサラー、フィルミーノ、マネのバロンドール候補トリオを欠くわけにはいきません。2017年の夏、サラーの入団で3人が揃ってから、トータル183ゴール。2018-19シーズンからのプレミアリーグ50試合で1敗しかしていないチームにおいて、サラーとマネが両方いない試合はひとつもありません。

2019年はサディオ・マネの年で、1月からのプレミアリーグ30試合で21ゴール、チャンピオンズリーグでは11試合5ゴールという文句なしの数字を残しています。2019-20シーズンは勝負強さが光っており、レスター、トッテナム、アストン・ヴィラと「大苦戦の末に2-1辛勝」の3試合では、2つのPK獲得と劇的ゴールで勝ち点3ゲットの立役者となりました。「モーやボビーとプレイできるのは幸運なこと」と語る10番は、「一緒にプレイすると、すべてが簡単になり、とても楽しんでいる」「われわれは別々の国から来て、異なる第一言語を話すけど、サッカーは一つの言語であり、誰もが話せる普遍的なものだと思う」とコメントしています。

12月も3人が揃い、最終ラインの主力が無事で過ごせれば、チャンピオンズリーグのグループステージ首位通過、クラブワールドカップ制覇、プレミアリーグ首位キープという3つのミッションを達成できるでしょう。昨季プレミアリーグでは30試合以上先発が7人、今季は10試合以上先発が8人。クロップ監督を悩ませない素晴らしいメディカルスタッフに、今回の負傷者続出も乗り切っていただけるものと期待しましょう。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ウクライナで声援を送ったサポーターにVIP席をプレゼント…ペップの粋なサプライズに感涙!

「親愛なるダレン。9月18日の水曜日に、あなたと113人の献身的なサポーターが、ウクライナで行われたシャフタール・ドネツク戦を見るために長い旅をしました。このたびは、感謝の言葉をお届けしたいと思います。チャンピオンズリーグのキャンペーンを、勝利で始められたことをとてもうれしく思っています。対戦したシャフタルはタフなチームでしたが、私たちはうまくプレイし、ゲームをコントロールすることができて、勝者にふさわしかったと実感しました。

これらのゲームで、みなさんのサポートを得られるのはとても大事なことです。いつもいっているように、私たちはファンなしでは何もできません。感謝のしるしとして、11月26日に開催されるシャフタール・ドネツクとのリターンマッチにて、シティ・ホスピタリティ・エクスペリエンスに招待いたします。選手とスタッフを代表して、素晴らしいサポートにもう1度ありがとうといわせてください。ペップ・グアルディオラ」

プレミアリーグ連覇、国内トレブルと極上の戦績を残してシティズンを歓喜させてきた名将が、粋なサプライズで情熱的なサポーターを喜ばせたそうです。チャンピオンズリーグ2019-2020シーズンの初戦で愛するクラブに声援を送るべく、ウクライナのメタリストスタディウムへと4000マイルを往復したダレン・ペイジさんの元に、1通の手紙が届きました。差出人を見ると、「Pep」と直筆のサインがあります。わがチームのボスが、ありがとうの言葉とともにホームのシャフタル戦でVIP席を用意してくれている…感極まったペイジさんは、Twitterで手紙を公開。これを拾った「ザ・サン」のデイヴ・フレイザー記者が、写真を添えてエピソードを紹介しています。

サプライズは、突然の手紙だけではありません。2つめの仕掛けは、当日のスタジアムで体験できることになっています。このたび、ペップとマン・シティが用意したVIPシートは3種類あり、それぞれのサポーターがどこに招待されたのかは明かされていないそうです。359ポンド(約5万円)のチェアマンズシートなら、ディレクターズ・ボックスで観戦。600ポンドで供されている「トンネルクラブ」のスタンダードは、プライベートエリアではありませんが、選手たちがピッチに登場する姿を愉しむことができます。

最高のプレゼントは、10名で1万2000ポンド(約170万円)と設定されている「トンネルクラブプレミア」です。ベンチのすぐ上にあるプライベートエリアで、ガラスのトンネルから現れる選手を見られるのはもちろん、寒さを避けて5コースの食事を愉しみながらホームチームの圧勝(たぶん)を満喫できる最高のシート。律儀なペップは、試合前と勝利が決まった後に、必ずや手を振って感謝の意を表してくれることでしょう。サポーターのみなさんにとっては、一生忘れられない思い出になるはずです。

「引退するダヴィド・ビジャにメッセージを送ったウナイ・エメリ監督に、アーセナルのサポーターが自分も辞めろと罵詈雑言を浴びせた」「スターリングと揉めたと報じられたジョー・ゴメスがモンテネグロ戦で交代出場した際に、経緯を知らないファンがブーイング」…。サポーターとチームの殺伐とした関係を伝えるニュースが続いており、「同じ目標に向かう仲間のはずなのに…」と心を痛めているところに舞い込んだペップの粋な計らい。ライバルクラブの話なのに、思わず涙腺が緩んでしまいました。シャフタル戦は、彼らのためにも、ぜひ勝ってください!当日は、ベンチ周辺の映像にも注目しながら、プレミアリーグ最強王者が織りなす素晴らしいフットボールを堪能させていただきます。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ