超絶ウィリアン!アゼルバイジャンで圧勝したチェルシーがグループ首位奪還!

トッテナム、マンチェスター・シティとプレミアリーグ勢の首位通過が続くなか、チェルシーも他力本願ながらもローマをかわしてラウンド16に進出したいところです。2位通過となると、プレミアリーグのクラブとの直接対決はないため、パリ、バルセロナ、ベシクタシュの3択となる可能性大。1位なら、バーゼルやシャフタル・ドネツク、ポルトなどより与しやすい相手を引ける確率が高まります。本日は、アゼルバイジャンでのアウェイゲーム。コンテ監督は、カラバフとの一戦に主力を揃えて臨みました。GKクルトワ、DFリュディガー、ダヴィド・ルイス、アスピリクエタ。WBにザッパコスタとマルコス・アロンソ、セントラルMFはセスクとカンテ。前線にはウィリアン、ペドロ、アザールという布陣です。

チェルシーの選手がボールを持つと、容赦ないブーイングが鳴り響くトフィク・バフラモフ・スタジアム。3分、ウィリアンに預けて上がったセスクが左足でシュートを放つと、GKセヒッチが正面で捕ったのを確認したサポーターから安堵の空気が流れます。アクシデントさえなければ勝つとばかりに、セーフティにボールをまわすチェルシー。ところが13分、先に決定機を迎えたのはカラバフでした。ミチェルが右に展開し、メドヴェデフにボールが渡ると、ワンツーでボックスに侵入したメドヴェデフの前に入り込んだミチェルがフリーで強烈なシュート。バーの下を叩いたボールにアルメイダが反応しますが、二の矢を枠に収めることはできません。スタンフォード・ブリッジでは、イングランドのプレミアリーグ優勝クラブがアゼルバイジャン・プレミアリーグで4連覇中のクラブを6-0で下しましたが、アトレティコ・マドリードに2試合通算1-1のチームを侮ってはいけません。

17分、セスクの縦パスがカットされると、こぼれ球をウィリアンが左足で狙いますが、前にいたペドロに当ててしまいゴールに届かず。ここまで健闘していたチームは、19分に致命的なジャッジを受けてしまいました。アザールの縦パスでウィリアンが最前線に飛び出した瞬間、サディコフが後ろから手を引っ張ってホイッスル。決定機阻止のレッドカード、PK、出場停止の「三重苦」はなくなったものとばかり思っておりましたが、レフェリーの判定は「厳罰」でした。ブーイングをものともせず、アザールが決めて0-1。プレミアリーグのリヴァプール戦を前に消耗戦だけは避けたかったチェルシーは、これで一気に楽になりました。30分、アスピリクエタが得意のピンポイントクロスをアザールにピタリと合わせますが、ヘディングシュートはスヒッチの正面。いつもこのボールを決めているモラタなら、左隅に流していたかもしれません。

縦1本のカウンターでチェルシーの3バックを脅かしていたカラバフは、36分に2点めを許してしまいます。セスク、ペドロとテンポよくつながったボールをウィリアンがアザールに預けると、絶妙なヒールキックが中央に走ったウィリアンに出て、右隅に完璧なフィニッシュ。アゼルバイジャンの素晴らしいサポーターたちは、0-2となってもブーイングをやめません。40分、ハーフライン過ぎからカラエフを抜き去ったペドロは、フィニッシュの直前にジェズニチャクに足を払われました。まるでボールにいっていない決定機阻止でしたが、今度はイエロー。ウィリアンのFKは左に曲がりすぎて、チェルシーの追加点はなりません。前半は0-2。アウトサイダーが10人になってしまったこの試合では、リヴァプールVSセヴィージャのようなミラクルは起こらないでしょう。

52分、セスクの素晴らしいロングフィードでペドロがセヒッチと1対1になるも、角度がなくシュートはGKがブロック。チェルシーはボールを奪うとゆっくりラインを上げ、省エネに徹しているように見えます。コンテ監督が58分にマルコス・アロンソをケーヒルに代えたのは、イエローを重ねることを恐れたのか、レッズ戦をにらんでのマネジメントか。前半にあれだけ響いていたブーイングは、いつの間にか聞こえてこなくなっています。64分、カンテのパスをボックス左で受けたアザールのシュートはスヒッチがセーブ。バチュアイが負傷でいないなかでは、65分に下がったアザールの交代相手はモラタしかいません。

リュディガーからスルーパスを受けたモラタは、GKと1対1のチャンスを左に外してしまいました。チェルシーの3点めは73分。ゴールライン際からの中央に入ってくる危険なクリアをカラエフがヘッドで前に送ると、ウィリアンがカット。ドリブルでボックスに入ったウィリアンをカラエフがつかんでしまい、この日2度めのPKです。ブーイングのなか2回蹴らされたセスクは、左隅にしっかり収めました。大勢は決し、75分にカンテが下がると代役はドリンクウォーター。85分にウィリアンがボックス手前まで持ち込み、ミドルシュートを決めて、チェルシーは0-4で完勝しました。PKを2回ゲットし、自らも2発決めたウィリアンがとにかく輝いたゲームでした。

この試合を勝ち切ったチェルシーが首位に立てるかどうかは、2時間45分後に始まったマドリードでの一戦の結果次第でしたが、サポーターの期待通りにアトレティコ・マドリードがローマに2-0で勝利し、コンテ監督のチームはグループCのトップに立ちました。最後の一戦は、スタンフォード・ブリッジのアトレティコ・マドリード戦。勝ち点2差ですぐ下にいるローマがカラバフと戦うことを考えれば、プレミアリーグ王者は必勝です。ローマ戦の後に監督との確執が噂になったダヴィド・ルイスが復帰し、主軸が好調をキープしているチームは、やってくれるのではないでしょうか。ここまできたら、リヴァプールとともに完勝してプレミアリーグ全クラブ首位通過を実現していただければと期待しています。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ラスト1分で先制されたマンチェスター・ユナイテッドは、敗戦ながらも首位通過に半歩前進!

今日のバーゼル戦で引き分けでも、グループ首位で決勝トーナメント進出となるマンチェスター・ユナイテッド。ポグバ、ロホ、ズラタンと負傷者が復帰してきた一方で、バイリー、フィル・ジョーンズと最終ラインに新たなリタイアが発生しており、モウリーニョ監督としては主力をうまく休ませながらプレミアリーグ名物の冬の過密スケジュールに向かいたいところです。チャンピオンズリーグ5節、ザンクト・ヤコブ・パルクのゲームでは、ポグバがスタメン、マティッチはベンチです。GKロメロ、DFダルミアン、スモーリング、ロホ、ブリント。エレーラがアンカー、フェライニとポグバが両脇に入り、サイドにリンガードとマルシアル。早めにリードを奪う展開になれば、プレミアリーグ全試合出場のルカクはお役御免としていただければと思います。キックオフ直後のバーゼルのアタックを防いだ後、マンチェスター・ユナイテッドはペースをスローに落としています。

6分、右サイドからエルユヌシが突破を図り、ブリントとロホを抜き去りますが、クロスを入れる前にカットされます。12分にはポグバの危険な縦パスがルカクに通り、バランタをかわしてバツリークと1対1になったストライカーは、シュートをGKに当ててしまいました。こぼれ球を左に展開してブリントがクロスを高々と上げると、フェライニのヘッドは決まったかに思われましたが、アカンジがラインの手前でクリア。16分には右サイドから蹴ったブリントのFKがフェライニの頭に合いますが、ボールはポストの右を抜けていきます。ビルドアップはスローながら、ポグバのキラーパス、ルカクの突破力、フェライニの高さと飛び道具満載のマン・ユナイテッド。バーゼルは時間が経つにつれて、自陣にこもる時間が長くなっています。

両者とも縦へのボールが入らず、攻めあぐんでいた32分、ポグバが倒されて得た中央からのFKは、自ら蹴った6番がクロスバーの上に浮かしてしまいます。35分に中に絞ったリンガードがダルミアンのオーバーラップを促したパスは、フリーになったSBのクロスの精度が低く、ゴール前の勝負になりません。スペースを創る動きがあるのはリンガードだけ。マルシアルは消えており、ルカクのポストプレーが意志の疎通を欠くシーンが目立ちます。42分にマルシアルが入れたアーリークロスは、フェライニの頭をかすめてポストにヒット。1分後、エレーラの縦パス1本で2人をかわしたマルシアルは、ボックス内で角度を失いバツリークにぶつけてしまいます。CKの戻しを受けたロホの超ロングシュートは、スヒーのヘッドでコースが変わり、クロスバーを直撃。最後に惜しいシーンが続いたマンチェスター・ユナイテッドは、先制できずにハーフタイムとなりました。

後半開始2分、マルシアルが入れたゴールに向かうクロスは、ルカクのヘッドが上にアウト。50分に左からのFKをフェライニがヘッドでクリアすると、拾ったディエのシュートは右に外れます。54分のバーゼルのカウンターは、エリユヌシのシュートがロメロの正面。ピッチ脇では、ズラタンが準備を始めています。56分のカウンターも、シュテフェンのシュートに工夫がなくロメロがキャッチしました。マンチェスター・ユナイテッドはDFの帰陣が早く、シュートコースはきちんと切っています。63分にCKのクリアをシュテフェンが左足で狙うと、コースが変わったボールをロメロが慌てずにキャッチ。バーゼルの11番はこの直後にも右から仕掛け、ブリントをかわしてシュートを放ちますが、左隅に飛んだボールは枠に収まりません。モウリーニョ監督は、63分にリンガードに代えてラシュフォード。ポグバの左足ミドルは、バツリークが余裕をもって押さえました。

ポグバがピッチを去ったのは65分。マティッチは、スペースが空くようになった中盤を締めてくれるでしょうか。ダルミアンがクリアを簡単に奪われてしまい、左から長いクロスが上がると、ラングのヘディングシュートはバーを叩き、リバウンドに反応したエリユヌシのシュートはGKの正面です。72分、またもバーゼルに決定機。ペトレッタが左から速攻を仕掛け、中でフリーだったオベルリンにつながりますが、フィニッシュの瞬間にロホが足元に入ってCKに逃れます。ラシュフォードがニアに打ったシュートが外れると、ここでズラタン登場。マルシアルと代わってピッチに入った10番に対して、バーゼルサポーターは大ブーイングです。77分のディエのロングシュートはロメロが左に飛んで弾き出すビッグセーブ。ディエはこの瞬間に足を痛め、フランタンが代役を務めます。残り時間は10分、圧倒的なバーゼルペースです。

ルカクの落としに思い切りよく右足を振り抜いたズラタンのシュートは、右に逸れていきます。ゴールに迫れないマンチェスター・ユナイテッド。89分、ついにバーゼルが先制ゴールを決めました。これまで弱点になっていたダルミアンがペトレッタに簡単にグラウンダーを入れられてしまい、ゴール前を横切ったボールをファーから走り込んだラングがダイレクトで押し込みました。1-0となった直後、ダルミアンのクロスを叩いたズラタンのヘッドは枠に落とせず。バーゼルが1-0で勝利し、先にベンフィカに勝っていたCSKAモスクワと肩を並べました。

ダルミアンは再三ドリブルで突破され、ブリントはシュテファンに振り回されて後半は防戦一方。マンチェスター・ユナイテッドもバーとポストに3つ当てており、勝つチャンスはあったものの、勝者にふさわしかったのはバーゼルだったと思います。残り2試合とも2点差以内なら負けてよかったチームは、モチベーションが上がりませんでした。最終節にバーゼルがベンフィカに勝った場合、マンチェスター・ユナイテッドは4点差で負けても当該チーム間の得失点差で首位フィニッシュ、5点差の敗戦ならCSKAモスクワに次いで2位通過となります。プレミアリーグのアーセナル戦とマンチェスターダービーにはさまれた試合ゆえ、サブの選手を起用しながら安全第一で戦っていただければOK。マティッチやルカクはしっかり休んでいただくことのほうが大事です。CL勝ち抜けに向けて半歩前進するとともに、SBの補強の必要性を感じさせられた一戦でした。(ネマニャ・マティッチ 写真著作者/Дмитрий Голубович)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ハリー・ケイン&デル・アリ!守備力で上回ったスパースがドルトムントを逆転し、首位通過決定!

昨季世界王者のレアル・マドリードを1-1、3-1と圧倒し、早々にグループステージ勝ち抜けを決めたトッテナム。ジグナル・イドゥナ・パルクのドルトムント戦に勝てば首位通過が決まりますが、最終節にウェンブリーで戦うアポエル・ニコシア戦勝利でも1位確定となるため、若手とサブの選手中心のスタメンで臨む可能性もあると想像していました。しかし、ノースロンドンダービーで敗れたポチェッティーノ監督は、この試合を勝ち切っていいムードで週末のWBA戦に臨みたいようです。GKロリス、最終ラインはエリック・ダイアー、ダヴィンソン・サンチェス、フェルトンゲン。WBにダニー・ローズとセルジュ・オーリエ、アンカーにハリー・ウィンクスが入り、その両脇にはデル・アリとエリクセン。最前線はソン・フンミンとプレミアリーグ8ゴールのハリー・ケインの2トップです。両者とも慎重に立ち上がった前半、5分のCKに右足を出したデル・アリは触れず。直近のブンデスリーガ5試合で1分4敗と不振のチームは足元へのパスが多く、スパーズ守備陣は余裕をもって対応しています。

12分、縦に出たボールをもらったオーバメヤンからヤルモレンコ、ゲッツェと右につながりますが、リターンをもらったヤルモレンコのシュートはロリスの正面。18分、ラインが揃わなかったスパーズの裏を突き、ヤルモレンコの浮き球でオーバメヤンがロリスと1対1になりますが、欧州屈指のストライカーの珍しいミスキックがポストの右に流れていきます。勝負のパスやドリブルが少ないホームチームと、単発のクロスしかないアウェイチーム。周囲を走らせるパスが多い香川真司が、シュートレンジに入る姿は見られません。

30分、フェルトンゲンのアーリークロスにニアで合わせたソン・フンミンのボレーはGKビュルキがキャッチ。1分後、左の香川真司がゲレイロにつなぎ、中央のヤルモレンコにボールが渡ると、素晴らしいヒールキックがラインを切り裂き、フェルトンゲンの裏に入ったオーバメヤンが右足のシュートを左隅に叩き込みます。スパーズは、守ってばかりではいられなくなりましたが、デル・アリにいいときの積極的な仕掛けがありません。37分のエリクセンの左足ミドルはうまく当たらず、40分にダニー・ローズのグラウンダーに走り込んだエリクセンのボレーもビュルキにセーブされます。直後のCKも、エリック・ダイアーの決定的なヘディングを守護神がビッグセーブ。プレミアリーグ4位のクラブは、1点のビハインドを背負ったままハーフタイムを迎えました。

リヴァプールが後半に押されて前半の貯金を吐き出したのとは逆に、トッテナムは開始4分で追いつきます。ダニー・ローズが敵陣深くでインターセプトし、デル・アリが拾うと、左からボックスに入ってワントラップで素晴らしいシュートを叩き込んだのは、やはりハリー・ケイン!淀みないない動きでザナドゥの股間を通した一撃は、これぞストライカーのゴールです。チャンピオンズリーグで5戦6発となったエースの仕事で、スパーズは落ち着いて戦えるようになりました。62分、バルドラのミスキックをデル・アリがカットしてGKの目の前に縦パスを出しますが、ソン・フンミンが触れずスパーズの逆転はなりません。オーバメヤンのパスを右でもらったトルヤンのミドルはバーの上。ドルトムントのビルドアップはアバウトなパスが多く、スパーズのプレスが一発引っ掛ければ一気にチャンス到来です。

66分、香川真司が下がってカストロがピッチへ。ここまでアグレッシブなプレイが少なかったデル・アリが、71分にやってくれました。左サイドで2人に囲まれていた20番は、バルトラのチェックを強引に振り切ってボックスに侵入。落としたボールを右隅に収めたソン・フンミンのコントロールショットは完璧でした。ボス監督のザガドゥをトプラクというカードは、3点めを防いでドローに持ち込もうという意図でしょうか。2点を狙うなら、ダフードやシャヒンが先でしょう。81分にダニー・ローズのクロスをヘッドで叩いたエリクセンは、わずかに右に外してしまいます。ソン・フンミンのゴールを見てデンべレ投入をステイしたポチェッティーノ監督は、ここでデル・アリを下げました。21歳のMFを諦めるタイミングが早ければ、勝ち越しゴールはなかったかもしれません。勝負の綾は、スパーズの指揮官にプラスに作用しました。

エリクセンをシソコ、ハリー・ケインをジョレンテ。89分にソン・フンミンの縦パスでジョレンテがGKと1対1になりますが、ラストタッチが大きくビュルキがキャッチ。トッテナムは危なげなく試合を畳み、レアル・マドリードと同グループでの首位通過を達成しました。エースの競演の後、アウェイチームが上回ったのは、不安定だったザナドゥやバルトラと、冷静なカバーリングで相手のチャンスをつぶしていたエリック・ダイアーの差だったように思います。素晴らしい、スパーズ!サポーターと関係者のみなさん、おめでとうございます。ここまでの5試合は文句なしの出来でした。ラウンド16でバイエルンという最悪のカードを回避すれば、ベスト8は充分狙えるでしょう。2月からの決勝トーナメントでは、一瞬の隙を見逃さないワールドクラスのストライカーを擁するクラブの大暴れを期待したいと思います。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

前半は最高のレッズ、後半は…3-0から追いつかれたリヴァプールは痛恨のドローで最終節勝負!

プレミアリーグ5位のリヴァプールと、ラ・リーガ5位のセヴィージャの一戦は、両者にとって今季チャンピオンズリーグにおける最初の大勝負。直前のゲームでスパルタク・モスクワがドローに終わったため、クロップ監督のチームは勝てば首位通過が決まり、敗れても最終節のスパルタク・モスクワ戦でドローならラウンド16進出決定。セヴィージャもここで勝てば決勝トーナメント行きが確定します。プレミアリーグ12節のサウサンプトン戦を3-0で快勝したレッズは、ミニョレとアレクサンダー・アーノルドが控えにまわっただけで9人が同じメンバーです。GKロリス・カリウス、DFジョー・ゴメス、デヤン・ロブレン、クラヴァン、アルベルト・モレノ。中盤にはコウチーニョ、ヘンダーソン、ワイナルドゥムが並び、フィルミーノ、マネ、サラーは最強の3トップです。2分、いきなりリヴァプールが先制しました。コウチーニョのCKをワイナルドゥムがヘッドでファーに流すと、走り込んだフィルミーノが左足で完璧なシュート。レッズの9番は、早くも今季CL4ゴールめです。

リヴァプールは前線から厳しいプレスをかけ、セヴィージャは相手の3トップから自由を奪うべく縦パスをチェック。10分を過ぎ、スペインのチームがボールを支配する展開が続きます。12分、セヴィージャに最初のチャンス。左サイドから仕掛けたノリートが縦に流したボールで、サラーのマークを外したエスクデロがフリー。左足のシュートは、外からサイドネットに引っかかります。15分のレッズのアタックは、左サイドを突破したフィルミーノの折り返しをサラーが打てず。19分、ワイナルドゥムがヘンダーソンに戻したボールが短く、奪ったセヴィージャがショートカウンターを仕掛けます。ゴール前でジョー・ゴメスをかわしたノリートのプレイは完璧。右隅を狙ったシュートは入ったかに思われましたが、ロリス・カリウスがかろうじて触り、ポストにヒットしたリバウンドはGKがキャッチ。さらに1分後、サラビアが右でフリーになっていたベン・イェデルに決定的なラストパスを通すと、飛び出したロリス・カリウスの脇を抜いた一撃はポストの外に切れてしまいます。

2度のピンチを切り抜けたレッズは、すかさず反撃。ヘンダーソンの縦パスでフィルミーノがGKリコと1対1になりますが、GKが体に当ててCKに逃れます。キッカーはもちろんコウチーニョ。中央に入れたキックはクオリティが高く、フィルミーノがファーに流すと今度はマネがダイビングヘッド!レッズのリードは2点となり、セヴィージャはとにかく攻めるしかありません。しかし30分、縦1本のカウンターからゴールを決めたのは、またもプレミアリーグのクラブです。マネがドリブルで独走し、左からボックスに入ってリコの左を狙うと、GKが弾いたボールが中央からフォローしたフィルミーノの足元に転がりました。無人のゴールに左足のシュートが突き刺さり、0-3。ここまでのセヴィージャは、完全なる敗者でした。

36分、コウチーニョのCKが届いたファーのデヤン・ロブレンはノーマーク。ボレーは空振りして4点めはならなかったものの、セヴィージャはセットピースの対応を修正しなければなりません。39分、コウチーニョのスルーパスでサラーがGKと1対1。またもリコが止め、ボールはゴール前に高く浮きますが、さすがのフィルミーノも今度は触れませんでした。前半は0-3のまま終了。ポゼッション37%のリヴァプールは、4-5-1といったほうがぴったりの布陣です。プレミアリーグの得点王レースでトップに立ったサラーがおとなしくても、フィルミーノ、コウチーニョ、マネが今日の出来ならやはり破壊力は抜群です。

エンゾンジをバスケスに代えて後半に臨んだセヴィージャは、ロングフィードを前線に送ってレッズのラインを下げさせる戦術にスイッチ。51分、アルベルト・モレノのファールで得た右からのFKに、ニアに入ってモレノに競り勝ったベン・イェデルがヘディングで合わせて1点を返します。レッズは下がりすぎてはいけません。執拗にサイドを攻めるセヴィージャに対して、レッズの中央の守備は集中して対応していたのですが、58分にアルベルト・モレノが痛恨のミスを犯してしまいます。トラップミスを取り返そうとしてベン・イェデルの足を踏んでしまい、PK。右隅に決めたキックがやり直しとなったベン・イェデルは、落ち着いて左に流し込みました。62分にエスクデロがゴール前でフリーになり、ボレーをバーに当てたシーンはノリートがオフサイドを取られたようです。クロップ監督はアルベルト・モレノとコウチーニョを下げ、ミルナーとエムレ・ジャンで消火を目論みます。

徐々に押し返したレッズは、71分に久しぶりに決定機をつかみます。バイタルエリアでフィルミーノがインターセプトに成功し、サラーがダイレクトで狙うもDFがブロック。セヴィージャの捨て身の猛攻が始まる前に、4点めを奪って逃げ切りたいところです。ベリッソ監督の最後のカードは、ベン・イェデルをコレア。81分にエムレ・ジャンの縦パスでマネが前線に飛び出しますが、ダイレクトショットは左に外れてしまいます。86分、サラーが下がりチェンバレン。レッズはうまく時間を遣っていたのですが、苦手なセットピースで最後にやられてしまいました。CKのこぼれ球を押し込んだのはバネガ。リヴァプールは3点のリードを吐き出し、今節の勝ち抜けはお預けとなりました。

前半は最高のレッズ、後半もよく見るレッズ。最高の立ち上がりだったアウェイチームは、最悪の入り方で後半を戦い、一気に1点差に迫られてしまいました。アルベルト・モレノ、痛恨のミス3発。今季プレミアリーグで再評価されていたSBは、以前に何度も繰り返した軽率なプレイを咎められて2失点の原因となりました。CKへの対応など、守備についてチェックし始めれば相当長い文章を書けそうですが、あえてこういいましょう。4点めを決められなかったのが痛かった、と。引いたら凡庸なチームとなるリヴァプールは、前線からのプレスを徹底して攻め勝つことだけを考えるべきでしょう。今日の反省を活かして、最終節のアンフィールドではスパルタク・モスクワ相手に胸のすくような圧勝で、トップ通過を決めていただければと思います。(ウィサム・ベン・イェデル 写真著作者/GuillaumeG)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ