「勝ち点40で残留」ってホント?過去事例を分析した「BBC」が今季の降格3クラブを大予想!

「プレミアリーグに残留するには、勝ち点40が必要」。いわゆる通説ですが、これに対して「BBC」が疑問を投げかけています。「Do Premier League teams really need 40 points to avoid relegation?(プレミアリーグのクラブが降格を回避するためには、本当に40ポイントが必要?)」。記事が掲載しているグラフを見れば一目瞭然ですが、プレミアリーグ創設以来の22シーズンで39ポイント以上を積み上げながら降格したクラブは4つしかなく、直近5シーズンで最も勝ち点が多かった18位は、37ポイントだった2015‐16シーズンのニューカッスルです。「BBC」は「過去22シーズンの平均を取ると、残留できるポイントは36.6」とレポート。40ポイントに乗せながら落ちた1996-97シーズンのサンダーランドと1997-98シーズンのボルトンや、42ポイントで落ちた2002-03シーズンのウェストハムは異例であると結論づけています。

統計的には37ポイントあればセーフですが、クラブのオーナーたちが気にしているのは「今季はどうなるのか」でしょう。前述の記事では、欧州のクラブの各種データを取得するために使われる「Gracenote」で100万回を超えるパターンをシミュレーション。9位のエヴァートンまでは降格確率をゼロとし、18位と勝ち点6差の10位ボーンマスを2%としています。11位ワトフォードと12位ウェストハムは6%。13位のニューカッスルと17位のスウォンジーを17%で並べており、15位のクリスタル・パレスが20%、14位のブライトンが23%、降格ゾーンの18位にいるセインツは26%としています。

さて、ここからは確率がグンと跳ね上がり、「BBCが選ぶプレミアリーグ2017-18シーズン降格本命3クラブ」といったニュアンスです。現在17位のハダースフィールドは48%、19位のストークは60%、最下位WBAは当確印の80%。ジェイ・ロドリゲスの人種差別発言問題、ジョニー・エヴァンス、ギャレス・バリー、リヴァモア、マイヒルのバルセロナタクシー窃盗事件(+門限破り問題)、ジョン・ウィリアムズチェアマン&チーフエグゼクティブのマーティン・グッドマン解任発表と上から下まで揺れまくりのWBAはノーチャンスでしょう。後半戦を1勝3分4敗と不振が続くストークが対抗馬なのはわかりますが、シャキリ、クラウチ、ディウフ、ジョー・アレン、ダレン・フレッチャー、ショークロス、ズマ、マルティンス・インディ、バトランドと錚々たる顔ぶれを揃えたクラブが落ちたら大事件です。

私の3連単予想は、パーデュー監督に代わっても勝てないWBAが最下位、失点が止まらないハダースフィールドがブービー、対戦相手が厳しいブライトンが18位です。後半戦は1敗しかしていない好調ハマーズ&ボーンマス、ツボにはまれば上位をなぎ倒すワトフォードとクリスタル・パレスはセーフ。守備が堅いベニテス監督のニューカッスルは上位対決でも勝ち点1ならゲットできる力があり、スワンズは下位との対戦が多いのがアドバンテージです。中盤と前線にインターナショナルを揃えているセインツ&ストークは、尻に火が着けば勝ち点を重ねられるのではないでしょうか。ストークの今季プレミアリーグ最多の53失点は、確かに気になるのですが、ポール・ランバート新監督は直近4試合を3失点に抑えており、バウアー、ピーテルス、ズマ、ショークロスで走り切れるのではないかと思います。

彼らに対して、ブライトンはTOP6との対戦が5つも控えているうえに、エヴァートン、レスター、バーンリーともやっておらず、勝ち点3の可能性を感じさせる相手が次節のスワンズしかありません。「Gracenote」に勝つ気満々なのですが、いかがでしょうか。プレミアリーグは、泣いても笑ってもあと11試合。優勝チームがほぼ決まってしまったシーズンを最後まで盛り上げるのは、CL出場権と残留争いです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

順当なFAカップ5回戦。チェルシー&マンチェスター・ユナイテッドの勝ち方をチェック!

フライデーナイトの2試合は、レスターがヴァーディの1発でシェフィールド・ユナイテッドを下し、チェルシーはハル・シティに4発快勝。この週末は、16強が出揃ったFAカップ5回戦が開催されています。このところ調子を崩していたチェルシーは、CLのバルセロナ戦やプレミアリーグのマンチェスター勢との上位対決に向けて、収穫の多い一戦だったと思います。開始2分にDF4枚を前にして左足のコントロールショットをゴール左隅に突き刺したウィリアンはお見事。セスクとドリンクウォーターの2センターはアグレッシブで、27分にペドロのゴールをお膳立てしたセスクのダイレクトの浮き球は秀逸でした。

フリーのボレーを外してしまったオリヴィエ・ジルーは、3点めと4点めで彼らしいプレイを見せてくれました。32分、ハル・シティにインターセプトされた瞬間、後ろに戻したボールをチェイスして奪い返したジルーは、すかさずウィリアンに預けて右隅に決めるミドルシュートを演出。42分にボックス左でドリブル突破を図ったのは、プレミアリーグでは未だ出番がないエメルソンでした。完全に抜け出したWBは、ニアに入ってきたジルーにここというタイミングでグラウンダーをフィードし、ガナーズから来たストライカーは完璧なボレーでGKの足元を抜きました。ジエゴ・コスタを失った後、チェルシーに足りなくなっていたのは、サイドでボールをキープした際にニアに走り込む正統派ストライカーのプレイです。

前半で4-0としたチェルシーは、テンションを緩めた後半は攻め込まれましたが、カバジェロがPKをストップするなどでハル・シティの追撃をかわしました。ウィリアンは89分にミドルシュートを右のポストにぶつけ、ハットトリックは逃しましたが、彼の運動量と正確なキックこそがバルサ戦にほしいエッセンスであることを認めさせたのではないでしょうか。ジルーの両脇にアザールとウィリアン、セントラルにカンテとセスクという布陣が、スペインの強豪に対するベストオーダーなのではないかと思います。

翌土曜日、ハダースフィールドの本拠地ジョン・スミスに乗り込んだマンチェスター・ユナイテッドは、開始早々の3分にマタのスルーパスでルカクが抜け出し、シンドラーをあっさりかわして右足で決める最高のスタート。チェルシーと同様のゴールラッシュを期待したのですが、プレミアリーグのクラブは自由にさせてくれないどころか、獰猛な反撃でマンチェスター・ユナイテッドの最終ラインを下げさせます。7分にはボックス左にいたトム・インスが完全にラインの裏に抜け出し、直後のスモーリングは競り合いのこぼれ球を処理した際にハンドを取られず助かりました。22分にハデルジョナイのアーリークロスに飛び込んだトム・インスはうまくプッシュできず。決定的なフィニッシュこそ許さないものの、マン・ユナイテッドはサイドで劣勢を強いられています。

46分にVARで取り消されたマタのゴールは、アシュリー・ヤングからラストパスをもらったポジションがオフサイドとは厳しいジャッジです。後半もハダースフィールドがボールを支配しますが、55分にマン・ユナイテッドが仕掛けたロングカウンターは文句なしでした。CKのこぼれ球がルカクに渡ると、9番は左にいたアレクシス・サンチェスに預けてスプリントを始めます。アレクシスが自陣から出したスルーパスでルカクが完全にひとり旅となり、追いすがるDFをものともせず左足でGKの脇を抜いて0-2。ハダースフィールドに19本のシュートを打たれたこと、カウンターからのスルーパスという個人技頼みの攻撃でしか決定機を創れないこと、キャリックとマクトミネイを起用しながらマティッチを休ませることができないことなど、何かとモヤモヤ感が残る試合ではありましたが、今はベスト8進出を静かに喜びたいと思います。

本日、トッテナムがロッチデールと戦い、マンデーナイトはウィガンVSマン・シティ。準々決勝のドローはプレミアリーグ上位クラブがきれいに分散し、セミファイナルは見応えのある組み合わせとなりそうです。マンチェスター・シティが前人未到の4冠あるいは国内3冠を実現するのか、ライバルクラブが意地を見せるのか。注目の4試合は、3月16日~19日に開催されます。


■FAカップ準々決勝組み合わせ
シェフィールド・ウェンズデーorスウォンジー VS ロッテデールorトッテナム
マンチェスター・ユナイテッド VS ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン
チェルシー VS レスタ
ウィガンorマンチェスター・シティ VS サウサンプトン


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

今週はアウェイで無敗!不振に喘いでいたプレミアリーグ勢が、欧州で強くなった理由。

グループステージは21勝6分3敗。チャンピオンズリーグ史上初めて5クラブを決勝トーナメントに送り出したプレミアリーグが、ラウンド16でも順調に滑り出しました。FKとPKで10分までに2失点と、昨季はファイナルに進出した強豪ユーヴェ相手に最悪の立ち上がりとなったトッテナムは、ハリー・ケインの抜け出しとエリクセンのクレバーなFKで追いつき、アウェイで2-2のドロー。マンチェスター・シティはバーゼルを寄せつけずに0-4で快勝し、ポルトのサイドアタックを嫌がっていたリヴァプールも、マネのゴールが決まった後は自分たちのペースを取り戻して0-5圧勝です。イタリア王者をウェンブリーに迎えるスパーズは予断を許しませんが、レッズとマン・シティは悠々とベスト8に駒を進めるでしょう。

来週登場するチェルシーはラ・リーガで無敗のバルサとの大一番、スペイン勢が苦手なマンチェスター・ユナイテッドもセヴィージャとのアウェイゲーム。この2試合を観るまでは、大げさなことはいえませんが、10月に「BBC」が報じたフィリップ・ネビルさんの見立ては現実となりつつあります。「潮目が変わったといっても時期尚早ではないだろう。2~3チームはベスト8、セミファイナルに届くはずだ。最近数シーズン、われわれ(プレミアリーグ勢)はバルサやレアル・マドリードからかなり離れたところにいた。しかし、レアル・マドリードと互角に戦ったトッテナムを見ると、差は縮まっているように思える」。バーゼルやポルトという比較的楽な相手を引いた2チームはともかく、ユーヴェの本拠地でアウェイゴールを2発決めたチームは、彼我の差を測るいい物差しになってくれたのではないでしょうか。トッテナムは、現在プレミアリーグで5番めのチームです。

プレミアリーグ勢が復権に向かっている最大の理由は、欧州屈指の指揮官が集まってきたことだと思います。キーワードは「サイドアタック」「プレス」「カウンター」。バルサを小さくトレースしたようなひと頃のポゼッションサッカーは見られなくなり、リヴァプール、トッテナム、マンチェスター・シティに代表される「できるだけ前で奪って直線的にアタックする」サッカーが主流となっています。昨季はコンテ監督の3バックがプレミアリーグ全体に広がりましたが、新シーズンのマンチェスター・シティ、リヴァプール、マンチェスター・ユナイテッドは4-3-3を採用。それぞれ、サイドに単独で突破できる強力なアタッカーを配しているのが特徴です。3バックと4バックを併用するトッテナムも、ロングフィードをうまく織り交ぜながら両サイドを攻めるのは得意技。サラー、マネ、ソン・フンミン、マルシアル、スターリングなど、中央への志向が強いサイドアタッカーが活躍しており、3-4-3あるいは3-5-2のチェルシーも、アザール、ペドロ、ウィリアンは隙あらば中に斬り込んできます。

「ポゼッションサッカーのパイオニア」だったペップは、バイエルン時代から少ない手数で攻める形を増やしており、マンチェスター・シティではさらにカウンターへの志向を強めています。力の差があったバーゼル戦はボールを支配して押し切ってしまいましたが、デブライネ、スターリング、アグエロ、サネらが仕掛ける速いアタックは、プレミアリーグでハーフタイムの後によく見られる彼らの基本戦術のひとつです。リヴァプールはショート2発、ロング2発とカウンター連発でポルトの戦意を喪失させ、仕上げの5点めはマネの単独突破。トッテナムがユーヴェから奪った最初のアウェイゴールも、センターサークルから縦パス2本で決めたスピーディーな中央突破でした。

先日、「フットボリスタ」が、CLとELの参加7チーム中バイエルンしかグループステージを突破していないブンデスリーガの凋落の理由をレポートしておりましたが、そのなかで「漠然としたポゼッションからボールをロストし、カウンターを喰らう」という指摘がありました。彼らはいわば持たされており、ちょっとしたミスから欧州の中堅・小規模クラブに致命的な状況に追い込まれるというわけです。これは近年のプレミアリーグの姿であり、停滞にストップをかけたのが、ゲーゲンプレッシングのクロップ監督、走るサッカーのポチェッティーノ監督、サイドとカウンターの強度にこだわったペップだったのではないでしょうか。前線からの激しいプレスとショートカウンターや、自陣からの直線的な攻撃に磨きをかけた彼らは、「持ってどうするか」から「持たせてどうするか」にパラダイムシフトした感があります。

今週、セカンドレグを有利にする会心の試合を見せてくれた3つのクラブには、ただただ期待が高まるのですが、プレミアリーグで最も走らないマンチェスター・ユナイテッドと、速攻の切れ味を失っているチェルシーは心配です。両者とも堅守とカウンターという強みを主張できるチームであり、勝機はあると思うものの、個の力への依存度が高く、攻撃において戦術的な引き出しが少ないのが気になります。2017-18シーズンは、絶対的なエースと明快な攻め方を持ち、得点力で勝るマン・シティ、レッズ、スパーズのほうが上にいくのではないでしょうか。チャンピオンズリーグも、プレミアリーグも。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

後半戦でなぜ強い!? プレミアリーグ1月の最優秀監督、ボーンマスのエディ・ハウを徹底解剖!

今年も来ました、後半戦のボーンマス。昨季プレミアリーグで最後の12試合を5勝5分2敗でまとめ、TOP10フィニッシュを達成したエディ・ハウ監督が、2017-18シーズンも追い込み態勢に入っています。前半戦終了時の戦績は、4勝4分11敗でプレミアリーグ18位。降格ゾーンにタッチした指揮官が続々と解任されるなか、ボーンマスの監督にはクラブを去るという噂はありませんでした。

年が明けて後半戦が始まると、今季プレミアリーグで最もよく走っているチームは反攻を開始します。20節からの7試合は4勝3分と無敗。1月にアーセナルとチェルシーに勝ち、2勝2分としたエディ・ハウ監督は、プレミアリーグが選ぶ月間最優秀マネージャーに選出されました。2月に入り、27節のハダースフィールド戦で4-1で敗れて無敗記録はストップしたものの、ボーンマスは10位にジャンプアップ。残り11試合で3勝もすれば、3季連続の残留を達成できるのではないかと思われます。

2015年の夏、クラブ創設125年めで初めてプレミアリーグに昇格したボーンマスが、2シーズン連続で残留を果たしたのは偉業だと思います。本拠地バイタリティスタジアム(旧名ディーン・コート)は収容人員11464人で、プレミアリーグ史上2番めに小さなスタジアム。マッチデイ収入は当然見込めず、高額なスポンサーもつくわけがありません。外国人選手は7人だけで、イングランド人選手が大半を占めるクラブの補強戦略は徹底しており、チャンピオンシップから見どころある選手を連れてくるか、上位クラブで出場機会を失った選手を安く獲得するかのいずれかです。直近で、海外から直接獲得したのはル・アーヴルにいたFWリス・ムセのみ。2017年の夏の補強は、フリーエージェントで獲れたジャーメイン・デフォーと、チェルシーで控えに甘んじていたGKべゴヴィッチとナタン・アケだけでした。年末まで降格の危機に瀕していながら、冬はひとりも獲得していません。

前半戦で試行錯誤を重ね、徐々にメンバーを固定していきながらクオリティを上げるのがエディ・ハウの常套手段です。後半戦のスタメンを見ると、べゴヴィッチ、サイモン・フランシス、スティーヴ・クック、ナタン・アケ、ダニエルズ、ゴスリング、ルイス・クック、ジョーダン・アイブ、ライアン・フレイザー、カラム・ウィルソンと10人までがガチガチのレギュラー。25節のチェルシー戦から、アダム・スミスを負傷が癒えたスタニスラスに代えたのが、唯一の流動的なポジションです。今後、メンバーの入れ替わりがあるとすれば、ハリー・アーターとジョシュア・キングがスタメンに戻るぐらいでしょう。

豊富な運動量でプレスとリトリートを繰り返し、テンポよくパスをつなぎながらゴール前に迫る。エディ・ハウのサッカーをシンプルに語れば、こんな表現になりますが、素晴らしいのはひとたびいけると判断したときの徹底的なアタックです。70分からの猛攻で逆転したアーセナル戦とストーク戦、20分で3発叩き込んでチェルシーを眠らせたスタンフォード・ブリッジの会心の一戦は、これぞボーンマス。何しろ運動量が落ちないので、後半に走れなくなったチームやラインの間延びを修正できないチームは覚悟を決めたほうがいいでしょう。

クラブからの全幅の信頼があるからこそできる後半戦の追い込みですが、3季連続のプレミアリーグ残留が決まったら、ボーンマスはエディ・ハウへの感謝の気持ちをサラリーで表現したほうがいいのではないでしょうか。年棒50万ポンド(約7500万円)はプレミアリーグ最下位で、1530万ポンド(約22億8000万円)のペップ・グアルディオラの1/30以下!選手の給与総額がプレミアリーグ18位で、人件費をかけられないのは重々承知しておりますが、エディ・ハウが去るときはトップリーグに別れを告げるときになるのではないかと思います。…いや、それよりもまずは今季ですね。夏以降の話は置いておいて、2016-17シーズンの9位を上回るクラブ史上最高位を狙うボーンマスの刺激的なサッカーを、今しばらく堪能させていただくこととしましょう。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ