プレミアリーグ2016-17シーズン総括~(3)感動!天晴れ!事件!なベストマッチ

サッカーを楽しむ情熱だけは今も若い方たちに負けず、プレミアリーグクラスだと自負しているのですが、こと記憶力に関してはリーグ2レベル。せっかく年間250試合以上を観戦してきたのにディテールがあやふやになっている試合もあり、客観的かつロジカルな尺度で今季のベストマッチを選ぶのは、砂漠に落とした1円玉を探すような難作業なのであります。と、言い訳はこのぐらいにして、明るく始めましょう。プレミアリーグ2016-17総括第3弾、ベストマッチ編です。

今季の試合を開幕からあらためてチェックしつつ、「感動編」「戦術編」「事件編」の3つの部門に分けて、それぞれ5試合を選ばせていただきました。マンチェスター・ユナイテッドサポーターですので、最も感動したのは水曜日の試合なのですが、それはさておき。プレミアリーグで感動の一戦をひとつ選べといわれれば、「今シーズンもおもしろくなるぞ、リヴァプールは強いぞ」とその後の展開に期待させてくれた開幕戦のアーセナルVSリヴァプールです。マネとララナが躍動して、15分で3発を立て続けに決めたレッズの怒涛の攻撃は鮮やかでしたが、チャンバースとホールディングというつぎはぎCBで戦いながら、2点を返して追いつく寸前まで巻き返したガナーズの底力にも感服しました。

戦術が天晴れだったのは、年明けのポチェッティーノ監督です。相手の3-4-3に合わせたミラーリング戦術で対抗しながら、「アスピリクエタの高さ」というコンテチェルシーのささやかな弱点を、エリクセンのクロスとデル・アリのヘッドで突いた2発のアプローチは見事。エレーラをアザールにマンマークさせ、枠内シュートを1本も打たせず完勝したチェルシー戦のモウリーニョ監督も素晴らしかったのですが、攻守ともに意志が感じられたスパーズを上としたいと思います。チャンピオンズリーグを年内で終えてしまったスパーズは、この頃はまだ4位で優勝争いにはカウントされていなかったのですが、首位を戦術でねじ伏せた勝利でにわかにスポットライトが当たるようになりました。

事件といえば、あまりにショッキングだったのはあの試合です。ペドロにいきなりビンタを喰らって、後半はボコボコにされた9節のチェルシーVSマンチェスター・ユナイテッド。上位に圧勝したこの一戦が、コンテ監督と選手たちに3-4-3の成功を確信させたのではないかと思います。ちなみに、PFA(選手協会)、FWA(記者協会)、EAスポーツ(プレミアリーグ公式)とMVP三冠を獲得(プロレスみたいですね…)したエンゴロ・カンテは、シーズンを通じて2ゴールしか決めていないのですが、いずれもマンチェスター・ユナイテッド戦です。FAカップ準々決勝では、ドリブルで中央を崩してあっさりデ・ヘアを破る激痛の決勝ゴールを喰らっており、「こんなことができるのに、なぜよそではやらない!?」とTVモニターに向かって悪態をついたのを思い出しました。…すみません。話を戻しましょう。以下、3部門でチョイスした15試合をご覧ください。

■感動のゲーム!編
プレミアリーグ1節/アーセナル 3-4 リヴァプール
プレミアリーグ12節/トッテナム 3-2 ウェストハム
プレミアリーグ17節/エヴァートン 0-1 リヴァプール
プレミアリーグ26節/レスター 3-1 リヴァプール
ヨーロッパリーグ決勝/マンチェスター・ユナイテッド 2-0 アヤックス

アグレッシブなシーズン幕開けと、アヤックスに何もさせなかったモウリーニョサッカーの結実が、私の2大感動ゲーム。さらに挙げさせていただいたのは、劇的な幕切れの2試合と、王者復活の一戦です。デル・アリとソン・フンミンが後半から登場したウェストハム戦のトッテナムは、89分からソン・フンミン&ハリー・ケインのコンビで2発叩き込んで大逆転。グディソンパークのマージ―サイドダービーは、95分にスタリッジのシュートがポストに当たってマネがプッシュするというマンガのようなフィナーレでした。レスターがレッズを破った試合は、ラニエリ監督解任直後で、奇跡のプレミアリーグ優勝を果たしたメンバーが久しぶりに10人揃った快勝劇。ヴァーディの2発で自分たちのサッカーを再確認し、自信を取り戻したシェイクスピア軍団は、この2週間後にセヴィージャを倒すという快挙を成し遂げ、CLベスト8という素晴らしい記録をクラブ史に刻みました。

■戦術に拍手!編
プレミアリーグ4節/マンチェスター・ユナイテッド 1-2 マンチェスター・シティ
プレミアリーグ14節/マンチェスター・シティ 1-3 チェルシー
プレミアリーグ20節/トッテナム 2-0 チェルシー
プレミアリーグ26節/マンチェスター・ユナイテッド 2-0 チェルシー
プレミアリーグ32節/クリスタル・パレス 3-0 アーセナル

厳しいハイプレスとスピーディなパスワークで子ども扱いされた前半、プレミアリーグにとてつもなく強いチームが現われたと震え上がったマンチェスターダービー。ペップとコンテが激突した14節も、マンチェスター・シティが後半途中まで完全にゲームを支配していたのですが、カウンターにやられてホームで敗戦。アグエロとフェルナンジーニョをレッドカードで失ったマン・シティは、次のレスター戦にも敗れて首位に引き離されました。

コンテ監督が、後に重要な戦術のひとつとなるセスクのロングフィードをチームに取り込めると確信したこの試合は、今季最大のターニングポイントだったと思います。57分にクロスバーを叩いたデブライネのボレーが決まっていれば、快進撃を始めてリーグを制覇したのはペップだったかもしれません。「ベンテケにロングボールを当ててサイドに展開する」というビッグサムの「弱者の戦術」が見事にはまり、アーセナルに圧勝したクリスタル・パレスも天晴れでした。この試合とノースロンドンダービーでの完敗が、ヴェンゲル監督に3バックを決断させたトリガーだったのではないでしょうか。

■事件なゲーム!編
プレミアリーグ6節/アーセナル 3-0 チェルシー
プレミアリーグ9節/チェルシー 4-0 マンチェスター・ユナイテッド
プレミアリーグ21節/エヴァートン 4-0 マンチェスター・シティ
プレミアリーグ22節/アーセナル 2-1 バーンリー
プレミアリーグ35節/トッテナム 2-0 アーセナル

アレクシス・サンチェス、ウォルコット、エジルのゴールで快勝したチェルシー戦が、ゼロトップを採用したアーセナルの今季のベストバウト。この試合の事件は、3-0で敗色濃厚となった65分から、コンテ監督が「優勝フォーメーション」の3-4-3を試したことです。マンチェスター・ユナイテッドを完膚なきまでに叩いたチェルシーは、アウェイのマン・シティ戦を逆転勝利で制し、クラブレコードとなる13連勝を達成して首位を快走しました。エヴァートンVSマン・シティは、18歳のトム・デイヴィスと19歳のルックマンというヤングスターが百戦錬磨のブラボから自信を奪ったのが事件です。ペップのチームがこんな負け方をするのかとショックを受けた一戦でした。

アーセナルVSバーンリーは、ヴェンゲル監督のチームがチャンピオンズリーグ出場権を失うきかっけとなった試合でした。ジャカのレッドカード、PKを不服としたヴェンゲル監督の退席処分。98分にアレクシス・サンチェスが決めたPKでかろうじて勝ち点3をキープしたものの、指揮官不在の次戦でワトフォードにホーム敗戦。さらにチェルシー戦の完敗、バイエルン戦の惨敗と、アーセナルは坂を転げ落ちるように勝てない季節に突入してしまいました。4月末のノースロンドンダービーは、21年ぶりに「セント・トッテリンガム・デー(ガナーズがスパーズより上位と確定する日)」がないと決まるのが直接対決とは!というメモリアルゲームです。右サイドを崩したエリクセンとデル・アリによって、スパーズはついに厚かった壁を破りました。

以上、2016-17シーズンのベストマッチ15戦でした。こうして振り返ると、数々の感動的なシーンが蘇ってきます。今季も、おもしろいですね!過去形にしなかったのは、今夜、もうひとつベストマッチが増えるかもしれないからです。FAカップ決勝のアーセナルVSチェルシーに、ここに挙げた試合に負けない感動的な展開を期待しています。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

10番の明暗~残留明言コウチーニョ、「次」に悩むウェイン・ルーニー!

プレミアリーグ2016-17は、TOP6の10番の明暗が分かれた シーズンでもありました。トッテナムのハリー・ケインは最後の2試合で7発の大爆発を見せて、トータル29ゴールでプレミアリーグ得点王。前シーズンは残り4戦までノーゴールと不振を極めたエデン・アザールは、36試合16ゴールと完全復活。チェルシーのチャンピオン返り咲きに貢献しました。一時はガブリエウ・ジェズスにレギュラーポジションを奪われるかと思われたセルヒオ・アグエロは、終盤戦で13試合9ゴールとコンスタントにフィニッシュを決め、苦しかったシーズンを何とか3位で着地させることに成功。ウェストハム戦とミドルズブラ戦で3ゴールを決めたコウチーニョがいなければ、アーセナルの追撃を受けていたリヴァプールがチャンピオンズリーグ出場権を獲得するのは難しかったと思われます。

「明」の4人に対して、「暗」は2人。アーセナルで居場所を失ったジャック・ウィルシャーは、出場機会が得られるボーンマスで復活をめざしましたが、よかったのは年内まで。1月以降はチームの混乱とリンクするように存在感を失ってしまい、レギュラーから外される時期を経て、最後は負傷で5試合早くシーズンを終えることになりました。そして、ウェイン・ルーニー。25試合5ゴールは、アンカーに下がった2歳年上のヤヤ・トゥレと同じ数字で、トップクラブのエースストライカーが許されるレベルではありません。輝きを放ったのは、22節のストーク戦の追加タイムに難しい角度からFKを決めた瞬間ぐらいでしょう。この一撃で、マンチェスター・ユナイテッド入団後の通算ゴール数を250としたルーニーは、サー・ボビー・チャールトンが持つクラブレコードを更新しました。しかし、素晴らしい記録達成の後、次のルーニーのゴールを見るまでには3ヵ月という長い時間が必要でした。

10番が存在感を示した4つのクラブはプレミアリーグでチャンピオンズリーグ出場権を獲得し、アーセナルは脱落。マンチェスター・ユナイテッドはヨーロッパリーグという別ルートからのチケット確保となりました。ハリー・ケインとアグエロは、何の迷いもなくクラブに残るでしょう。去就が不透明なのは、スペインからご指名があったとされるコウチーニョとアグエロ、クラブ内で居場所を失いかけているルーニーとウィルシャーです。

そんななかで、リヴァプールとマンチェスター・ユナイテッドの10番が、自らの来季についてコメントしています。31試合13ゴール7アシストという文句なしの数字を残したコウチーニョの移籍否定発言は、「残る」どころか「ここにいるのがいちばんよくなれる選択だ」というポジティブな言葉でした。

「リヴァプールは素晴らしい栄誉を勝ち取ると思う。バルセロナ、バイエルン・ミュンヘン、レアル・マドリードなどに行けという声もあるけど、ここにいたらもっとよくなれる。リヴァプールとは長期契約があり、噂は記者がいっているだけだよ」(フィリペ・コウチーニョ)

…力強い。クロップ監督のゲーゲンプレッシングに完全にフィットし、指揮官への信頼も厚いレッズの10番は、今季のプレミアリーグで上位に負けなかったチームに自信を深めているのでしょう。前線の3人が元気なら、それだけでもレッズはチャンオンズリーグでベスト8に届く…とは、いいすぎでしょうか。セットプレーやカウンターの守備、選手層の薄さなど、明確になった課題を夏に解決すれば、1年前のヨーロッパリーグのファイナリストはタイトルを狙えるのではないかと思います。

一方、今回もイングランド代表から外れたルーニーは、数週間のうちに次のチームを決めるとコメントしています。選択肢は、中国、アメリカ、プレミアリーグ。イギリスメディア「デイリー・メール」は、中国からのオファーは週給48万ポンド(約6900万円)という高額で、古巣エヴァートンが提示した条件は、現在より10万ポンド以上安い週給15万ポンド(約2200万円)と報じています。

「多くのオファーをもらっている。イングランドからも、海外からも。プレミアリーグでは2つのクラブでプレイしてきたけど、プレミアリーグに残るならその2つだけだね。家族とも話して結論を出そうと思う」(ウェイン・ルーニー)

マルシアル、ラシュフォード、イブラヒモヴィッチ、リンガード、マタを擁するクラブが、さらなるストライカーを物色していると報じられている現状に、ルーニが期待感を抱くのは難しいのではないでしょうか。モウリーニョ監督は、「残ってくれればうれしい」と語っていますが、名将がイメージしているのはチェルシー時代にサブのストライカーとして獲ったエトーやドログバの立ち位置ではないかと思われます。ベテランとして経験値と求心力を頼られつつ、出場機会は後半の数分に限られそうなクラブより、ルカクの移籍で前線のポジションが空くクラブのほうが、本気で復活をめざすストライカーにとってはいい環境でしょう。サポーターとしては、クラブに残って中盤で新境地を開いてほしいという気分もありつつ、「エヴァートンに戻りたいといわれたら、温かく送り出してあげよう」と覚悟を決めています。

ジャックはどうなるのでしょうか、そしてアザールは…と、その前に本日、シーズンを締めくくるFAカップ決勝でした。完全なフライング、失礼いたしました。メルテザッカーとホールディングで完全覚醒の10番を止めるのは難しいでしょうね…。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

コラロフ、サニャ、クリシー、ヘスス・ナバス…退団続出で一気に進むペップの世代交代策!

プレミアリーグ2016-17シーズンを総括する記事を書こうと思っていたのですが、こちらのニュースが気になりました。ペップ初年度をプレミアリーグ3位で終えたマンチェスター・シティは、一気に世代交代を進めるようです。先日、9シーズンを過ごしたチームを離れると発表したパブロ・サバレタに続き、30代の選手が4人同時に退団発表です。不振のブラボに代わってゴールマウスに立ち続けたウィリー・カバジェロ、マン・シティの6シーズンでプレミアリーグ137試合に出場した左SBガエル・クリシー、フランス代表67試合というキャリアを活かして右サイドを安定させたバカリ・サニャ、ドリブルと運動量を武器にプレミアリーグ121試合出場を果たしたヘスス・ナバス。クラブの公式サイトが、各選手とペギリスタインFDのメッセージを紹介しています。

彼らの今季の数字を振り返ってみましょう。プレミアリーグにおける出場試合数は、カバジェロが17、サニャは3月の負傷もあって16に留まり、ヘスス・ナバスは24試合、クリシーは25試合。2月にブラボからレギュラーの座を奪ったカバジェロは、堅実なプレイで13失点に抑え、11勝4分1敗という高い勝率を残しています。5敗のブラボがチェルシー、レスター、エヴァートンに3失点以上を奪われているのに対して、カバジェロのゲームはすべて2失点以内。出場試合数ではバルサから来たGKに劣るものの、数字は明らかに上回っています。

サバレタとサニャの併用でスタートした右SBは、ペップにとって懸案のポジションでした。指揮官のオーダーは、サイドに張るだけでなく中に入って中盤に厚みを築くことだったと思われますが、両サイドのSBでそれができるのは、フェルナンジーニョとコラロフだけでした。峠を過ぎたサバレタと34歳になったサニャ、縦にしかいかないクリシーはペップの眼鏡にかなわなかったのだと思われますが、「ワールドクラスのひとりであるサンチェス相手に素晴らしい仕事をした。彼はいつもベストを尽くす」とアーセナル戦後にほめていたヘスス・ナバスは残すものとばかり思っていました。契約満了が指揮官の意向なのか選手の希望なのかはわかりませんが、彼もまた、サイドアタッカーとしてもSBとしても求めるタイプではないのかもしれません。それにしても、右サイドを守れる選手を一気に3人放出するとまでは想像していませんでした。

主力に30代が12人いたペップのチームは、あっという間に7人まで減りました。残っているのは、ブラボ、コンパニ、コラロフ、フェルナンジーニョ、ヤヤ・トゥレ、ダヴィド・シルヴァ、ノリート。さらに放出があるとすれば、プレミアリーグにフィットしていないブラボ、サネとガブリエウ・ジェズスに押し出されたノリート、そしてヤヤ・トゥレでしょうか。代理人とペップの確執の影響で3ヵ月出番がなかったヤヤ・トゥレは、ギュンドアンの負傷もあってアンカーのポジションをまかせられると、25試合に出場して5ゴールをゲット。技術とパワーは衰えを感じさせないのですが、スピーディなパスワークを生んでいるとはいえず、夏に出ていくという噂が絶えません。

ガブリエウ・ジェズス、サネ、アグエロ、スターリング、イヘアナチョ、ダヴィド・シルヴァ、デブライネと前にはタレントが揃っているマンチェスター・シティが、後ろのポジションの強化に成功すれば、手がつけられなくなりそうです。カスパー・シュマイケル、ケイラー・ナヴァス、ボヌッチ、コラシナツ、ファビーニョ、キミッヒ、チェンバレン…のの夏は、どんな新戦力を補強するのでしょうか。来季は無冠に終わるわけにはいかないペップの改革に注目したいと思います。(ヘスス・ナバス 写真著作者/joshjdss)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「野心を失った」…激動の1年を過ごしたサム・アラダイスがクリスタル・パレスの指揮官を辞任!

イングランド代表監督を就任2ヵ月で辞任することになったときには、情熱は冷めかけていたのでしょうか。クリスタル・パレスのサム・アラダイス監督が辞任を発表したのですが、「新しい仕事を引き受ける野心はない」という気になる発言がありました。パーデュー監督解任の後を受け、クリスタル・パレスにやってきたのは昨年の12月23日。10月以降の10試合で1勝しかできず、プレミアリーグ17位に沈んでいたチームの立て直しを求められたベテラン指揮官は、苦しい半年を過ごしました。

最初の2ヵ月は1勝1分6敗と結果を出せず。2月25日の「直接対決」ミドルズブラ戦に1-0で競り勝ったのを皮切りに、次の2ヵ月は別なチームに生まれ変わったかのように6勝1分1敗。プレミアリーグ首位のチェルシー相手にスタンフォード・ブリッジで逆転勝ちをおさめ、アーセナルに3-0完勝。さらにリヴァプール戦もベンテケの2発で2-1と逆転しており、クリスタル・パレス最強説まで飛び出すほどの豹変ぶりでした。ところが、トッテナムに0-1と敗れると、これを含む最後の5試合は1勝4敗と逆戻り。ハル・シティとのシックスポインターを4-0で制して降格を免れ、最終的には14位に順位を上げたものの、前シーズン率いたサンダーランド同様にきわどい残留でした。

プレミアリーグ8勝2分11敗という数字を見ると、前任者パーデューの4勝3分10敗からは明らかに改善しており、残留請負人の面目躍如といえなくはないのですが、中身を見ていくと「指揮官として成功した」とはいい難い半年でした。6勝1分1敗の快進撃の季節は、「ママドゥ・サコがいた時期」です。ファン・アーンホルト、シュルップとともに1月にやってきたリヴァプールのCBは、ミドルズブラ戦で新天地デビューを果たすと、即座に最終ラインを統率。彼が出場した8試合のうち4試合でクリーンシートを達成しており、失点は試合数より少ない7。TOP6との3試合を2失点で切り抜けています。一方、それ以外の13試合は24失点。サコが負傷リタイアしてからの5試合は上位対決ばかりではあったのですが、強豪を次々と破っていたチームの面影はありませんでした。

アラダイス監督の守備的な戦い方は、ベンテケ、ザハ、パンチュン、タウンゼント、キャバイェを擁する攻撃陣のポテンシャルを犠牲にした戦術でもありました。パーデュー時代は17試合28ゴール、ビッグ・サムは21試合22ゴール。そのうちの半分は、7ゴールのベンテケと4ゴールのザハで、彼らの個人力への依存度が高かったことは否めません。最前線の屈強なストライカーにロングボールを当ててサイドに展開するクラシックなアタック以外にアイデアはなく、前半戦に見られた中盤の押し上げとセットピースの強さを失いました。最後はハル・シティの失速に助けられた面もあり、ビッグ・サムが留任しても2季めは厳しかったかもしれません。守備はサコ頼み、攻撃はリーグ屈指のドリブラーとベルギー代表のストライカー次第。ビッグネームなしでTOP10に食い込んだボーンマスのエディ・ハウ監督や、WBAのピューリス監督と比べると、もの足りないといわざるをえません。

1999年から2007年まで8シーズンの長きに渡って指揮したボルトン時代が、ビッグ・サムの全盛期でした。プレミアリーグとディヴィジョン1(現在のチャンピオンシップ)を行ったり来たりしていたエレベータークラブをTOP10の常連に引き上げ、最高位6位でUEFAカップ出場という実績を残した手腕は素晴らしいと思います。しかしその後は、ニューカッスルで12位と振るわず1シーズンで解任の憂き目に遭い、ブラックバーンも15位と10位。ウェストハムをプレミアリーグに昇格させたのはお手柄でしたが、プレミアリーグでは中位をキープするに留まり、守備的な戦術を嫌うサポーターも少なくありませんでした。

そして近年は、まかされたチームをプレミアリーグに残留させるのが精一杯でした。「デイリー・テレグラフ」のおとり取材に引っかかり、FIFAが禁じている「第三者による選手保有」規定を裏ワザで回避するアドバイザーとして40万ポンド(当時のレートで約5800万円)を受け取ったことを咎められたのは昨年9月。長く夢見ていたイングランド代表監督の座をたった1試合で追われた後は、未来が見えなくなっていたのでしょうか。野心はないという寂しいコメントを聞くと、思うように各国代表のタレントを動かせなかったこの半年は相当しんどく、自分との戦いでもあったのかもしれません。

引退示唆と報じているメディアもありますが、ビッグ・サムは戻ってくるような気がしてなりません。ボルトン時代のような輝きを、もう一度手に入れるために。しかし今は、これ以上将来について語るのはやめておきましょう。理由はどうあれ、彼にとって激動の1年だったことは間違いありません。発言の裏にあるのは、心身を癒さないことには次について考えられないという心持ちでしょう。おつかれさまでした。来シーズンもプレミアリーグでクラブを応援できるのは、サポーターにとっては貴重なことだと思います。サム・アラダイスによって、クリスタル・パレスは残留した。そして彼は去った。今はただ、その事実を心に留めるだけにしておこうと思います。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ