サポーター激怒、オーナー逆ギレ⁉ 8試合未勝利のラファエル・ベニテス監督に解任の噂!

10月のインターナショナルマッチウィーク前後は、成績不振の監督に「sack」の4文字が突き刺さる最初のタイミングです。昨季プレミアリーグでは、開幕から4試合連続ノーゴールで4連敗を喫したクリスタル・パレスのフランク・デブール監督が早々に任を解かれ、10月にはさらに2人がアウト。8節終了直後に1勝3分4敗のクレイグ・シェイクスピア監督がレスターを去ると、翌週には2勝2分5敗のロナルド・クーマン監督がエヴァートンに出口を示されました。いずれも序盤戦にビッグ6との対戦が続いた不運なチームですが、どんな事情があろうと降格ゾーンのプレミアリーグ18位にタッチするのはご法度のようです。現在、タブロイド紙がゴシップのネタにしているのも、19位に沈むクラブの指揮官です。

Rafa Benitez fears Newcastle sack before end of season - to save Mike Ashley from anger of fans(ラファ・ベニテスは、マイク・アシュリーに対するファンの怒りの矛先をかわすためにシーズン終了前に解任されることを怖れている)」。イギリスメディア「デイリー・ミラー」によると、開幕から8試合未勝利のニューカッスルが、プレミアリーグ復帰の功労者であるベニテス監督の解任を考えているとのこと。トッテナム、チェルシー、マンチェスター・シティ、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッドと、8試合中5試合が強豪クラブというドローはアンラッキーとしかいえませんが、最終ラインと守護神ドゥブラフカの奮闘で、すべての試合を1点差負けと善戦しています。

チェルシー戦は、残り3分まで1-1と勝ち点ゲットを目前にしながら、オウンゴールを献上して惜敗。前半を0-2でリードして折り返したマンチェスター・ユナイテッドは、残り20分から猛攻を喰らって耐えきれず、90分にアレクシス・サンチェスのヘディングシュートを許して逆転負けを喫しました。昨季プレミアリーグ王者のマン・シティ戦も、カイル・ウォーカーのスーパーミドルが決勝点で、敵地エティハドでよくぞ勝ち負けに持ち込んだと拍手を送りたい一戦でした。ビッグ6にとって、ベニテス監督のチームは与しやすい相手ではありませんでした。しかし…。

ベニテス解任説にうなずく方は、残りの3試合のほうを問題にしているのでしょう。カーディフとクリスタル・パレス相手にスコアレスドロー、レスターにはセント・ジェームズ・パークで0-2完敗。中堅や残留を争うクラブとのゲームでは、未だゴールを決めていません。プレミアリーグデビュー戦の武藤嘉紀が、左足のクロスをモリソンの手に当ててPKをゲットしたカーディフ戦は、ケネディが失敗して勝ち点3を奪えず。開幕2戦めで勝利を挙げていれば、その後の試合を自信をもって戦い、順位を上げられたかもしれません。

ベニテス監督の悩みの種は、新戦力が機能していないことでしょう。スウォンジーから来たフェデリコ・フェルナンデスは5試合に出場しているものの、デポルティーボ・ラ・コルーニャから獲得したファビアン・シェアの出場は1試合のみ。メリノの代役として押さえたキ・ソンヨンは2試合、期待の武藤嘉紀は初先発のマンチェスター・ユナイテッド戦でようやくゴールと、エンジンがかかり始めたばかりです。WBAからレンタルしたサロモン・ロンドンは、4試合ノーゴール。リヴァプールでチャンピオンズリーグを制した名将を「降格したクラブを立て直した救世主」と評価するサポーターたちの怒りは、納得いく補強をしなかったオーナーに向かっており、逆ギレしたアシュリー氏が監督のクビを挿げ替えるのではないかと噂されているのが現状です。

「デイリー・ミラー」が後任候補として名前を挙げているのは、セルティックのブレンダン・ロジャース。スコットランドの名門を2年連続で国内3冠に導いた45歳の若き指揮官は、夏に中国からのオファーを断った際に「セルティックで幸せだ」と語っており、5勝1分2敗の3位という不本意なスタートが指揮官交代にまで発展することはないでしょう。ニューカッスルが本気で獲りにいったとしても実現の可能性は低そうですが、ユルゲン・クロップの前にリヴァプールを率いていた北アイルランド人監督に、「プレミアリーグでリベンジを果たす」などといった野望はあるのでしょうか。ベニテスさんの采配が悪いわけではなく、稀代の戦術家は必ずやニューカッスルを立て直すはずで、彼以上の指揮官は見当たらないと思うのですが…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「アンフィールドが難しい場所なのは明確だ」ファン・ダイクがもたらした驚異的なレコード!

クロップ監督とデヤン・ロブレンが「無意味な大会」と非難するUEFAネーションズリーグ。グループAでは、ドイツとクロアチアに加えて、イタリアとイングランドも2試合終了時点で未勝利と苦戦しています。昨日、アムステルダム・アレナで行われたオランダとドイツの一戦は、衝撃的でした。最終的なスタッツを見れば、ポゼッション60%でシュート21本を浴びせたドイツの勝ちゲーム。途中出場のサネが、フリーで放ったシュートが右に切れていなければ、ワールドカップで韓国に敗れ去ったチームが久しぶりの勝利を飾っていたかもしれません。

30分にクロスバーに当たったボールをファン・ダイクがヘッドでプッシュして先制したオランダは、何度もピンチをしのぎながら終盤までリードをキープ。87分にカウンターからノイアーと1対1になったデパイが冷静に押し込んで勝負を決めると、93分にはワイナルドゥムがボアテングを鮮やかに抜き去り、完璧な右足シュートをクロスに突き刺しました。ドイツ戦で史上初の3点差勝利。クリーンシートにこだわるオランダ代表のキャプテンは、リヴァプールと合わせると今季6試合めのゼロ着地に、満足しているのではないでしょうか。レッズもオランダ代表も、ファン・ダイクがいるかいないかで別なチームになります。

2017-18シーズンはプレミアリーグ14試合で10失点、今季は10試合3失点。1試合あたりの失点0.59は、38試合なら22失点で、昨季王者のマンチェスター・シティの27失点を大きく下回ります。驚異的なのは、アンフィールドのプレミアリーグで9試合連続無失点というレコードです。2月24日のウェストハム戦で、59分にマイケル・アントニオにやられたのが最後の失点。ファン・ダイクとレッズの選手たちは、840分以上の長い時間をゼロに抑え続けています。「アンフィールドが、すべてのチームにとって非常に難しい場所なのは明確だ。われわれがクリーンシートにこだわるのは、そうすれば勝利につながるビッグチャンスを得られるとわかっているからだ」。チームの守備力に手ごたえを感じているCBは、マン・シティですら自分たちを警戒していたと振り返っています。

「間違いなく彼らはわれわれをリスペクトしていた。お互いに難しい試合だったけど、ビッグマッチとはそういうものだ。もちろん、この試合だけじゃなくて中位や下位とのゲームもそうだけどね」「(サネを倒してPKを取られたシーンについて)あれはスマートなプレイじゃなかった。85分戦ってきて、疲れてたね。2度とやらないようにしないと。最後の5分でPKを与えてしまったのに、クリーンシートで終えられて嬉しいよ」

トレント・アレクサンダー・アーノルドは、堅守を実現できている理由のひとつにジョー・ゴメスのブレイクを挙げています。「彼は、ヴィルジルと築いた関係に相当助けられている。ヴィルジルがロールモデルなんだろうね。ときどき”ミニ・ヴィルジルみたいだ!”と思うよ」。昨季プレミアリーグで、相手が80%以上のパス成功率だったのは7試合だけだったチームが、8試合中6試合で80%以上を許しているのは、前から厳しくいくときと引いて守る時間をコントロールしているからだと思われます。守備力の向上によって、戦い方を柔軟に変えられるようになったレッズの次なる課題は、レギュラーメンバーが休んだ試合のクオリティキープと、引いた相手を崩し切るオプションの確立でしょう。

「リヴァプールのチームメイトとともに歴史を創りたい。すべてを勝ち取りたいんだ」と語るファン・ダイクは、アーノルド、ジョー・ゴメス、ロバートソン、アリソンとともに築いた堅守で、チームをどこまで導けるでしょうか。4試合勝利なしという直近の停滞について、「われわれはフィットしている。誰でもすべての試合でプレイしたいものだよ」と疲労を否定したCBは、ハダースフィールド、カーディフ、アーセナルと続くこれからの数試合が大事と気を引き締めています。

「休むためにサッカー選手になったわけじゃない。キャリアを終えたら、充分休めるじゃないか」


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「4位以内に入れる」…ウォルコット絶賛のエヴァートンが期待できる3つのポイント!

公式戦4勝3分3敗、プレミアリーグ3勝3分2敗。マルコ・シウヴァ監督を招聘した今季のエヴァートンについて、みなさんはどう評価しているでしょうか。「Theo Walcott backs Everton for top-four finish in Premier League」。エヴァートンがプレミアリーグでTOP4フィニッシュに復帰できると信じるセオ・ウォルコットは、「チームは正しい方向に向かっている。現実的には、6位には到達可能というぐらいかもしれないけど…。ドローを勝利に転じるだけでいいんだ」と、新しいチームに期待を寄せています。アーセナルやトッテナムの上を夢見るのは時期尚早の感がありますが、ガナーズから来たスピードスターの発言は、決して的外れではないでしょう。ウルヴス、ボーンマス、ハダースフィールドと3つ重ねたドローゲームは、いずれも勝ち点3をゲットできる内容でした。昨年の10月22日にアーセナルに2-5で惨敗し、2勝2分5敗でプレミアリーグ18位に転落したエヴァートンは、直後にロナルド・クーマン監督を解任。あれから1年、当時抱えていた課題は徐々に解消されつつあります。

「クラブとクーマンの間に絆がなかった」「ルカクの代役確保という最大の問題は解決しなかった」「スティ-ヴ・ウォルシュの補強戦略に問題あり。無計画に集められた選手たちを束ねる戦術はなかった」「ミスが多いアシュリー・ウィリアムズをはじめ、高齢化が進んだ最終ラインは脆い」「ルーニーがキープした際の動き出しが少なく、彼が輝けるチームではなかった」。クーマン監督の解任に際して、「テレグラフ」が挙げたエヴァートン低迷の理由の大半は、1億4000万ポンドを投じた大型補強の失敗に端を発しています。移籍したルカクが残した大きな穴は、サンドロ・ラミレスやヴラシッチでは到底埋められず、ルーニーのポジションは中途半端。負傷リタイアしたロス・バークリーの代役として期待されたクラーセンは全く機能せず、マイケル・キーンとギルフィ・シグルズソンは明らかに戸惑っていました

コールマン、ジャギエルカ、アシュリー・ウィリアムズ、レイトン・ベインズの高齢4バックは、2017年の夏に見直されるべきでした。プレミアリーグ9試合で7ゴールしか決められず、失点18を喫したチームは、降格ゾーンにタッチした瞬間に監督解任ボタンをプッシュ。後任は「残留してくれれば何でもいい」とでもいうようなサム・アラダイスで、一時は持ち直したものの、後半戦を6勝5分8敗ではそのまま任せるわけにはいきませんでした。

5月という早いタイミングでマルコ・シウヴァが監督に就任すると、この夏のエヴァートンは前年が嘘のような的確な補強を進めました。ルカクを忘れさせてくれたリシャルリソン、サイドで変化をもたらすベルナルジは、これまでのチームに欠けていたタレントです。ミナ&ディーニュというバルサコンビの獲得とズマのレンタルは、ジャギエルカとレイトン・ベインズの時代にピリオドを打つ意志の表れでした。中盤の軸は、前がシグルズソン、後ろがグイェ。マイケル・キーンがよかった頃を思い出し、背骨がしっかりしたチームは、失点の多さは相変わらずながら、徐々に形が出来上がりつつあります。

「リヴァプール・エコー」が、「Everton winners and losers of 2018/19 season so far(2018-19シーズンにおけるエヴァートンのこれまでの勝者と敗者)」という記事を配信。6試合4発のリシャルリソン、直近5試合で4発のシグルズソン、頭がい骨骨折から短期間で復帰したマイケル・キーン、レイトン・ベインズをベンチに追いやったディーニュを勝者として称え、33歳の左SBとジャギエルカ、コールマン、二アッセを敗者としています。このチームにさらなる成長が期待できる最大のポイントは、伸びしろの大きさです。ホルゲート、ギャロウェイ、ドゥウェル、ルックマンなどユース代表の主軸として活躍した選手が多く、昨季プレミアリーグ33試合出場のトム・デイヴィスと、今季公式戦3ゴールのカルヴァート=ルーウィンは既にレギュラークラス。ジョンジョ・ケニーも5試合連続スタメンと、右SBに定着しつつあります。若手の台頭に加えて、インターナショナルマッチウィーク明けからはいよいよ隠し玉が登場します。

足の指を骨折していたジェリー・ミナと、ハムストリングを痛めていた「バルサからの3人め」アンドレ・ゴメス。パスワークに長けたアンドレ・ゴメスによって攻めのバリエーションが広がり、DFとしてワールドカップ史上最多の3ゴールを決めたミナは、セットピースの切り札としても期待できます。ケニー、マイケル・キーン、ミナ、ディーニュの若き4バック、リシャルリソン&シグルズソンにアンドレ・ゴメスが加わる前線の攻撃力UP、若手の台頭による競争の激化。マルコ・シウヴァ監督のチームは、戦前の予想以上に躍進するかもしれません。この先5週間で対戦するマンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、リヴァプールは、ブラジル人のドリブル突破と精度の高いセットピースに要注意です。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

9月MVPは4戦5発のアザール、最優秀監督は補強とスタメンのクセがスゴいあのクラブの…!

プレミアリーグ9月のMVPと、最優秀ゴールは鉄板でした。4戦5発のエデン・アザールは、リヴァプールとのカラバオカップでも決勝ゴールをゲット。この試合で先制ゴールのダニエル・スタリッジは、敗色濃厚だったスタンフォード・ブリッジでのプレミアリーグで、ケパの頭上を越えて右隅に突き刺さるスーパーミドルを決めました。アザールの月間MVPが、2016年10月以来2度めというのは意外です。得点王争いのトップに立つ10番は、攻撃的なサッリ監督のサッカーなら20発超えも狙えるのではないでしょうか。

「過去10年のバロンドールを独占しているスペインに行かなければ、世界最高の選手になれないのでは?」と問われ、「だから行きたいんだ、たぶん」と軽くあしらったドリブラーは、ロンドンに残ったほうがタイトルに近づける可能性もなきにしもあらずです。CR7とともに直近5シーズンで4回の欧州制覇を果たしたレアル・マドリードは、6年連続ラウンド16止まりだった暗黒の時代に戻るのか、欧州のトップに君臨し続けるのか。解任の噂が漂うロペテギ監督の後任によっては、サッリ監督の手腕に賭けるというチョイスもあるのではないかと思います。

話が逸れました。プレミアリーグの表彰に戻しましょう。9月の最優秀マネージャーは、ウォルヴァーハンプトンのヌーノ・エスピリト・サント監督です。ウェストハムとバーンリー相手に1-0、サウサンプトン戦は2-0とクリーンシートを連発。オールド・トラフォードに乗り込んだマンチェスター・ユナイテッド戦を1-1で乗り切り、プレミアリーグに昇格したばかりのチームを9位に浮上させました。ウルヴスについて、昨季チャンピオンシップ制覇というぐらいしかご存じない方も多いと思われますが、これがなかなかクセがスゴいクラブです。2016年にウルヴスを買収した中国企業・復星国際は、辣腕代理人ホルヘ・メンデスの会社の株を保有しており、彼が契約しているポルトガル人選手や、息がかかった選手を続々と獲得。ルイ・パトリシオ、ルベン・ネヴェス、エウデル・コスタはバリバリのポルトガル代表で、32歳のMFジョアン・モウティーニョはワールドカップロシア大会に出場しています。

ポルトガル人を7人も預かったヌーノ・エスピリト・サント監督は、開幕から8試合を完全スタメン固定で戦っています。ルイ・パトリシオ、ベネット、ボリー、コーディ、ドハーティ、カストロ、ネヴェス、モウチーニョ、ジョッタ、エウデル・コスタ、ヒメネス。中盤の真ん中をポルトガル勢が独占し、母国出身者はベネットとコーディのみ。テンポのいいパスワークと堅実な守備で先行逃げ切りを図るチームが劣勢で終盤を迎えたときは、快足ドリブラーのアダマ・トラオレを投入してきます。ここまでは、同じ11人と定番の交代策で健闘しているものの、選手層が薄いチームゆえに後半戦の息切れが心配です。

ともあれ、マンチェスター勢から勝ち点をもぎ取った最終ラインと守護神の奮闘は天晴れ。11月の上旬に対戦するトッテナムとアーセナルも、相当苦しむのではないでしょうか。納得のMVP&最優秀マネージャー。チェルシーとウルヴスのサポーターのみなさん、おめでとうございます!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

プレミアリーグの上位はショートパス志向!現地メディアの「GKのキック分析」がおもしろい!

数字を見ると、マンチェスター・ユナイテッドのダヴィド・デ・ヘアがいかにクラシックなスタイルであるかが鮮明に浮かび上がります。「スカイスポーツ」が配信している「Premier League goalkeepers assessed for passing style and goal involvement(プレミアリーグのGKたちにおけるパスのスタイルとゴールへの関与を査定する)」という記事は、守護神たちが蹴るボールを徹底分析。ラ・リーガを知る監督が増えたプレミアリーグでは、後ろからつなごうとするGKが年々増え、2014-15シーズンには50%程度だったパス成功率は57%まで上がっていると指摘しています。ショートパスの比率が最も高いのは、やはりマンチェスター・シティのエデルソンで、137本のショートパスに対してロングキックは44本。76%という高い比率でDFやセントラルMFに配球しており、2位のケパと3位のアリソンの61%を大きく上回っています。

トッテナムの主将ロリスはショート75本、ロング55本で58%。GKのビルドアップへの参加を求めているエメリ監督のチームでは、不慣れなチェフが124本のショートに対してロングを104本も蹴っており、54%に留まっています。ここまでが、TOP5。1試合あたりのショートパスが15本を超えるのは、彼らに加えてベルント・レノ、フォルム、ガッザニーガで、プレミアリーグ5位以内のチームのGKだけです。10本~15本のGKはひとりもおらず、ショート志向かロングが基本かで完全に分かれているのが見て取れます。マンチェスター・ユナイテッドの守護神は、レスターのシュマイケルよりもショートパスが少なく、1試合あたり7本程度。ロングキックは18本もあり、ショート志向のなかでは最も多いチェフよりも高い数字を叩き出しています。

味方につながる確率が高いショートパスですが、GKがボールを持ちすぎると、イヘアナチョにドリブルをカットされたアリソンのようなミスが起こります。リスクをとってつないだ後、直接得られる果実はどれだけあるのでしょうか。「Opta」が計測している「オープンシークエンス」は、それぞれのプレイの結果を「シュート」「試合がストップ」「ボールロスト」の3つに分類しているのですが、GKのショートパスの結果を見ると、シュートで終わったのは64本、そのうちゴールは8発。ロングボールからシュートに漕ぎ着けたのは38本で、3ゴールに留まっています。

この数字がおもしろいのは、決まった11ゴールのうち4発までをチェルシーのケパ・アリサバラガが記録しており、そのうち3ゴールはロングボールによるものだということです。今季プレミアリーグで唯一のアシストとなったエデルソンの85ヤードは、ゴールキックからアグエロが直接決めたため、ここには含まれておらず、GKが35ヤード以上のロングを出した後、オープンプレイで決めたのはチェルシーのみということになります。アリソンのパスからの2ゴールと、マッカーシー、エデルソン、チェフ、ガッザニーガ、ベゴヴィッチから前線につながって決まったゴールは、すべてショートパス。GKがロングパント中心の下位15クラブで、守護神のキックがゴールに関与したのは、チーム自体はショートパス志向のボーンマスのベゴヴィッチのみです。

「スカイスポーツ」の結論は、「マンチェスター・ユナイテッドを除くプレミアリーグのビッグ6はショートパスを追求している」「ショートパスが直接ゴールにつながることは少ないが、ポゼッションに貢献している」「ケパとエデルソンは正確なロングキックで相手を崩すことができ、状況に合わせて適切なキックを選ぶのが重要であることを示している」。エデルソンの数字はイメージ通りでしたが、ケパの精度の高さがこれほどとは思っていませんでした。「スカイスポーツ」のデータ分析記事は的確で発見が多く、いつも楽しませていただいております。元のレポートを読みたい方は、冒頭の英文のタイトルがリンクになっておりますので、そちらからどうぞ。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ