【Burnley×MAN.UTD】マルシアル&ルーニー!0-2完勝のマン・ユナイテッド、連続無敗記録は23!

プレミアリーグ34節、バーンリーの本拠地ターフ・ムーアで戦うアウェイゲーム。木曜日のヨーロッパリーグでロホとズラタンを失ったモウリーニョ監督は、欧州の激戦で120分走ったムヒタリアン、キャリック、ラシュフォード、ルーク・ショーを休ませました。最終ラインはダルミアン、バイリー、ブリント、アシュリー・ヤング。前線はルーニーをトップに据え、左右にリンガードとマルシアル。温存したエレーラがアンカーに入り、左右のインサイドMFにはフェライニとポグバです。ホームのプレミアリーグでは10勝2分4敗と滅法強いダイチェ監督のチームに対しては、前線のアシュリー・バーンズやアンドレ・グレイへのボールの供給源であるジョーイ・バートンとロビー・ブレイディを抑えなければなりません。直線的に攻めるバーンリーに対して、マン・ユナイテッドは慎重に対応。プレスを嫌って低い位置でビルドアップしており、5分を過ぎても前線に効果的なボールを出せません。

白いシャツのアウェイチームが最初にチャンスをつかんだのは、9分。左からマルシアルがドリブルで仕掛け、ゴールライン際から折り返すと、エレーラがつないだボールをルーニーが左足でシュート。DFに当たって勢いを失ったボールは、ヒートンが確実にキャッチします。12分、アシュリー・ヤングが高く上げたCKで完全に競り勝ったフェライニのヘッドは、ヒートンの正面。アンドレ・グレイやバーンズがサイドに流れて仕掛けてくるバーンリーのアタックには、バイリー、ブリント、フェライニが中央を締めてシュートを打たせません。

18分、リンガードが中央から上がったカウンターは、左でボールをもらったルーニーがクロスをミス。しかし21分の2度めのカウンターはきれいに決まり、マンチェスター・ユナイテッドが先制します。マルシアルがドリブルで真ん中を突破し、右のエレーラに預けてゴール前に走ると、好調のMFからの完璧なリターンでヒートンと1対1となり、左足のシュートを難なく流し込みました。苦しんでいたサイドアタッカーの今季プレミアリーグ4ゴールめでリードしたマンチェスター・ユナイテッドは、余裕をもってゲームを進めています。

28分、バーンリーに久しぶりのチャンス。右サイドから抜け出したSBロートンは、ニアに入れたボールのタイミングがわずかに早く、デ・ヘアに捕られてしまいます。ボックスの中でマルシアルからのパスをもらってシュート態勢に入ったルーニーは、後ろからバートンにチャージされてPKをアピールするも笛は鳴らず。36分にブレイディがゴール前に上げたFKは、走り込んだベン・ミーが一歩及びません。すると39分、追加点をお膳立てしたのは、懐の深いターンでブレイディとバートンを翻弄したポグバでした。スルーパスで抜け出したマルシアルがヒートンと1対1になると、角度のないところからのシュートはGKが体に当てますが、後ろにこぼれたボールをルーニーが左足でプッシュ!22節のストーク戦で左から決めたFK以来のゴールに、キャプテンは喜びを爆発させています。前半は0-2で終了。プレミアリーグで23戦連続無敗のチームは、この間2失点以上が1回もなく、バーンリーの逆転は望み薄です。

ダイチェ監督はハーフタイムにベン・ミーを下げ、タルコウスキーを投入。バーンリーが押しているというより、持たされているといったほうが妥当でしょう。53分、左から上がったポグバがボックス手前から放った強烈なミドルはヒートンがセーブ。バーンリーの指揮官はボイドをグズムンドソンに代えますが、単調なクロスはマンチェスター・ユナイテッドの最終ラインに落ち着いてクリアされ、決定的なシーンは訪れません。63分にリンガードが中央から仕掛け、左のルーニーに優しいラストパスを流しますが、ルーニーはスリップして絶好機を逃してしまいます。モウリーニョ監督の1枚めは、70分にリンガードをラシュフォード。指揮官がよく口にする「ゲームを殺す」とは、まさにこういう展開です。今日のバイリーとブリントは、ラストパスが入るポイントに先回りできており、安心して見ていられます。

80分にマルシアルと代わったムヒタリアンは、2分後にラシュフォードに素晴らしい縦パスをフィード。ラインの裏を取った19歳のストライカーは、ヒートンにコースを狭められてニアに外してしまいます。ポグバをキャリックに代えて時間を遣ったモウリーニョ監督は、不振だったマルシアルとルーニーが決めて勝つという結果に満足しているでしょう。マンチェスター・ユナイテッドが0-2で完勝し、プレミアリーグ連続無敗記録を23に伸ばしました。

モウリーニョ戦術が浸透している最終ラインとフェライニ、エレーラはポジショニングを間違えることがなく、当然のようにクリーンシートで試合を締めてくれました。ルーニーはいいときの動きにはまだ遠いものの、マルシアルには完全復活の予感が漂っています。11番がプレイする時間が増え、ポグバやムヒタリアン、ルーク・ショーとの連携がこなれてくれば、ズラタンを失ったことを忘れさせてくれる可能性は充分にあると思います。疲労が溜まった主力を休ませながら、チーム全体の力で奪った大きな勝ち点3。プレミアリーグ4位以内奪取に向けて、マンチェスター・ユナイテッドの視界は良好です。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

最後はアレクシス!執拗に相手を追い続けた3バックのアーセナルが、逆転でFAカップ決勝進出!

プレミアリーグとFAカップのダブルを狙うチェルシーと戦うファイナルに進出するのは、アーセナルかマンチェスター・シティか。過去3年のプレミアリーグでは2勝3分1敗とアーセナルがリード。自陣に引いて相手の攻撃を受け止め、カウンターを仕掛ける戦術でヴェンゲル監督のチームは2勝を挙げています。アーセナルが勝てば、直近4年で3回めのファイナル進出。プレミアリーグ優勝が厳しくなったペップ・グアルディオラとしては、サイドの攻防を制して初のタイトルにリーチをかけたい一戦です。

さっそく両チームのスタメンを見てみましょう。アーセナルのGKはチェフ。最終ラインはミドルズブラ戦同様、ホールディング、コシールニー、ガブリエウの3バックです。ジャカとラムジーがセントラルに入り、WBにはチェンバレンとモンレアル。エジルとアレクシス・サンチェスの前にオリヴィエ・ジルーが入ります。このところ、ブラボがゴールマウスに戻っているマン・シティは、ヘスス・ナバス、コンパニ、オタメンディ、クリシーの4バック。ヤヤ・トゥレとフェルナンジーニョが中央を締め、ダヴィド・シルヴァ、デブライネ、サネが2列め。トップはプレミアリーグで5戦連続ゴールと好調のセルヒオ・アグエロです。

静かに立ち上がったゲームは、3分のデブライネのミドルシュートを合図に、マンチェスター・シティがペースをつかみます。9分、敵陣で奪ったボールがダヴィド・シルヴァに渡ると、すかさずアグエロをラインの裏に走らせるスルーパス。コシールニーがかろうじて足に当てますが、執拗なプレスに悩まされているガナーズは、ビルドアップでのパスミスに気をつけなければなりません。15分にチェンバレンのクロスをジルーが頭で狙うと、直後にアグエロが浮かしたボールを叩いたダヴィド・シルヴァのヘッドはチェフがセーブ。ヘスス・ナバスがしばしば右サイドでフリーになるのは、CB3枚のウィークポイントです。23分、右足を痛めたダヴィド・シルヴァが無念のリタイア。スターリングが右に入ったペップ・シティは、4-3-3にシフトしたようです。

26分、デブライネが蹴ったFKをヤヤ・トゥレが頭で折り返すと、クリアをダイレクトで叩いたスターリングのボレーは左にアウト。アーセナルの選手たちは全員自陣にこもって相手にボールを持たせ、ひたすらスペースを消しています。38分、スターリングのパスを受けたアグエロが、モンレアルを一瞬かわしてシュートを放つも右に外れます。40分にアグエロのボレーが決まったかに見えたシーンは、直前のサネのクロスがラインを割っていたというジャッジ。大半の時間を守って過ごし、セットプレー以外に攻める手立てがなかったアーセナルは、シュート1本で前半を終えました。ジャカとラムジーがミドルレンジのスペースをつぶす5-4-1を、マン・シティがどう崩すかが後半の見どころのひとつです。

50分にデブライネが蹴ったCKは、オタメンディのヘッドが左に外れます。攻めるマン・シティと受けるアーセナルという図式は後半も続きそうです。53分にボックス左でFKを得たアーセナルは、アレクシス・サンチェスが転がしたボールをジャカがダイレクトで狙うも、DFに当たって枠に届きません。サイドから仕掛けるサネが中に折り返してもガナーズの中央は厚く、フィニッシュははね返されてしまいます。

均衡が崩れたのは62分、マンチェスター・シティのゴールはカウンターでした。ラムジーの強引なドリブルはヤヤの餌食となり、縦パス1本で抜け出したアグエロがチェフとの1対1を制しました。アグエロが長く出した最初のタッチでダッシュしていれば、チェフは体に当てられたのではないでしょうか。反撃に出たアーセナルは64分、アレクシス・サンチェス、ジャカとつながった左からのボールをエジルが左足で狙いますが、惜しくも右のポストぎりぎりに外れます。アーセナルが追いついたのは72分。右サイドで孤軍奮闘していたチェンバレンが、完璧なクロスをファーサイドに通しました。右足を突き出し、ブラボの脇を抜いたのはモンレアル!形勢はイーブン、勝負の行方はまったくわからなくなりました。

79分、ボックスの外にこぼれてきたボールをヤヤ・トゥレが体をひねってボレー。チェフの指先を抜けたボールはサイドネットに吸い込まれるかと思いきや、左のポストに阻まれます。81分に右サイドから抜け出したエジルは、切り返しをカットされてフィニッシュに持ち込めません。1分後、左からのCKにフリーのフェルナンジーニョが頭を突き出すと、今度はクロスバーにヒット。ヴェンゲル監督はジルーを諦め、ウェルベックを投入します。85分、アグエロのスルーパスでボックス左から抜け出しかけたサネは、ガブリエウがストップ。直後に右から仕掛けてオタメンディを抜き去ったウェルベックは右足のシュートを巻いてしまい、ボールはポストの外へ逃げていきます。両者譲らず、勝負は延長戦に持ち込まれました。

おお、ガナーズはアレクシス・サンチェスがトップ、ウェルベックが左にスイッチしています。ウェルベックが右サイドを崩した95分のチャンスは、グラウンダーのこぼれ球をアレクシスが拾うもDFにぶつけてCK。エジルのキックにニアで合わせたホールディングのヘッドはバーすれすれを越えていきます。ペップは99分に2枚代えを敢行。アグエロとフェルナンジーニョが下がり、デルフとフェルナンドで劣勢の中盤を修正します。しかし指揮官の采配虚しく、この1分後にアーセナルが勝ち越しゴールを決めました。左からのエジルのFKをコシールニーが頭で折り返すと、ウェルベックが触ったボールがアレクシス・サンチェスの足元へ。今季プレミアリーグ18ゴールのストライカーは、こういうチャンスは外しません。右足のシュートがコンパニの股間を抜いてネットに突き刺さり、グーナーの歓声が聖地ウェンブリーにこだまします。

チェンバレンがベジェリンに代わって間もなく、試合は延長後半に突入します。世界に先駆けてFAカップが導入した「延長戦に入れば4人めの交代OK」のルールに則り、ペップはスターリングをイヘアナチョにチェンジします。108分のヤヤ・トゥレの直接FKは壁がブロック。110分に3対2の形を創ったマンチェスター・シティは、デブライネのラストパスが左のデルフに通るも、シュートを相手に当ててしまいスコアを動かせません。114分、右に流れて縦パスを受けたデブライネがクロスに放つと、チェフが触れなかったボールは逆のポストの外。右サイドから再三仕掛けるガナーズのカウンターは、エジルやベジェリンがボックスに入ったところで捕まります。119分、エジルに代わってコクラン。アーセナルの走力は最後まで落ちませんでした。タイムアップの笛が鳴ると、ヴェンゲル監督は会心のガッツポーズ。アーセナルが逆転勝利で2年ぶりのファイナル進出を決めました。

最大の勝因は、3人のCBとモンレアル、チェンバレン、ジャカがマッチアップした相手をしつこく追い続けたこと。カウンターやセットプレーで危ないシーンはあったものの、ほとんどのシュートシーンでDF陣がコースを切っており、シュートを20本放ったマン・シティは3つしか枠内に飛ばせませんでした。MVPを選べといわれれば、右サイドで攻守に奮闘したチェンバレンです。同点ゴールを呼んだクロスは完璧。彼の存在がしばしばクリシーにオーバーラップを思いとどまらせ、危険なサネに単独のドリブルしか許さず戦い抜けたのだと思います。

決勝は、ビッグロンドンダービーとなりました。アーセナルは攻めるのか、あるいは今日のように引いてアザールとペドロの進路をつぶすのか。マンチェスター・シティに効果てきめんなこの戦い方を、チェルシーにぶつけてみるのもいいかもしれません。プレミアリーグのボロ戦とは見違えるようによくなった3バック、いや「5-4-1」を崩せといわれれば、本家のコンテ監督のチームも苦しむでしょう。注目の試合は5月27日、舞台はもちろん聖地ウェンブリーです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

靭帯断裂報道は本当か!? プレミアリーグに戻ってきてくれ、ズラタン・イブラヒモヴィッチ!

未だ現実感はありません。私たちは、稀代のストライカーの最後の試合を観たのでしょうか。あるいは、プレミアリーグで彼の勇姿を見ることはもうないと告げられたのでしょうか。2017年4月20日、ヨーロッパリーグ準々決勝セカンドレグ、マンチェスター・ユナイテッドVSアンデルレヒト。1-1のまま時計は90分をまわり、追加タイムに入ったとき、事件は起こりました。ボックス左に入ったズラタン・イブラヒモヴィッチが左足を内側に曲げた映像は、マンチェスター・ユナイテッドの絶対的エースがシーズンを終えてしまったことを如実に伝えるものでした。延長戦突入を伝える笛が鳴り響き、他の10人がベンチの前で次の30分に向かう準備を始めても、イブラヒモヴィッチはボックスのコーナーから動けず、長い治療が続いています。その後、歩いてロッカールームに引き上げる9番を見たときは、来シーズンの開幕で再会できると信じていたのですが…。

マンチェスター・ユナイテッドの公式サイトは「マルコス・ロホとズラタン・イブラヒモヴィッチの負傷について検査した結果、両者とも膝の靭帯を損傷していることがわかった。数日のうちに、専門医に治療方針を仰ぐことになる」とだけアナウンスしていますが、 地元紙「マンチェスター・イブニング・ニュース」をはじめとするイギリスメディアは、ロホよりもズラタンがより深刻で、おそらく靭帯を断裂しており長期離脱は免れないと伝えています。一部で出た全治8ヵ月以上という話は勇み足ではあるものの、後に事実を報じる記事が同様の数字を見出しにするかもしれません。件の地元紙は、「Manchester United player Zlatan Ibrahimovic could consult knee specialist in Pittsburgh(マンチェスター・ユナイテッドのズラタン・イブラヒモヴィッチはピッツバーグにいる膝の専門家に相談する意向)」という記事を掲載。フレディ・フー氏が治療方法を明確にすれば、復帰時期が判明するとしています。

このうえは続報を待つよりほかはないのですが、年内絶望となれば、マンチェスター・ユナイテッドは36歳になるストライカーと新たな契約は結ばないでしょう。「マンチェスター・イブニング・ニュース」は、前述の記事で、夏に獲得する可能性があるストライカーの名前を挙げています。「グリーズマン獲得については、イブラヒモヴィッチの膝のケガに影響を受けるものではない」としながら、トリノのアンドレア・ベロッティ、エヴァートンのロメウ・ルカク…。それぞれ、冷静に考えれば魅力的な話ではあるのですが、ズラタンがここぞというシーンでゴールを決めるチャンピオンズリーグを観たかったサポーターとしては、簡単に気持ちを切り替えることはできません。

公式戦46試合28ゴール、プレミアリーグ28試合17ゴール。数字もさることながら、コミュニティシールドとEFLカップのファイナル、1試合だけ出場したFAカップ、ELラウンド16のサンテティエンヌ戦のハットトリックと、大事な試合ですべてゴールを決めている勝負強さが光ります。チームを勝利に導くプレイを何度も見せられてきたモウリーニョ監督は、ズラタンが疲れているのはわかっていながらも、どうしてもゴールがほしかったアンデルレヒト戦で下げることはできなかったでしょう。本人を含む前線の選手たちが再三のチャンスを活かしていれば、指揮官はエースを下げて逃げ切り体制に入っていたはずと思うと、とにかく残念です。

早期の回復を祈りつつも、夏に戻ってくるというような朗報はおそらくないこともうすうす感じています。いや、それでも、希望は捨てずにいいニュースが届くのを待とうと思います。「歳を取れば取るほど能力が上がっていく。ベンジャミン・バトンみたいだね。老いて生れ落ち、若くなって死ぬのかもしれない」と、ブラッド・ピット主演の映画の主人公を引き合いに出しながら語っていたストライカーの、驚異的な体力と回復力を信じて。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

FK、PK、CK、スーパーミドル!少ないチャンスを活かしたチェルシーがスパーズを振り切り決勝進出!

ジエゴ・コスタもアザールもいないチェルシーと、ほぼベストメンバーのトッテナム。プレミアリーグの1位と2位で争うFAカップ準決勝は、ミッドウィークのサウサンプトン戦を気にしたコンテ監督がメンバーを落としてきました。GKは負傷が癒えたクルトワ、3バックにアスピリクエタ、ダヴィド・ルイス、ナタン・アケ。WBにマルコス・アロンソとヴィクター・モーゼス、セントラルにはカンテとマティッチ。前線はペドロ、バチュアイ、ウィリアンです。年明けのプレミアリーグでチェルシーに勝っているポチェッティーノ監督は、GKロリスの前にアルデルヴァイレルト、フェルトンゲン、エリック・ダイアーの3枚を配置。サイドにトリッピアーとソン・フンミン、中にワニャマとデンベレ。エリクセンとデル・アリの前にハリー・ケインという布陣です。

試合は、いきなり5分に動きました。ボックス手前やや左からのFK、キッカーはウィリアン。壁をぎりぎりで越えて右隅に飛んだキックに、ロリスは触れませんでした。8分には、敵陣深くまで追ったカンテがインターセプトに成功し、右から突破。白い3バックが必死に戻り、何とかシュートを打たせず切り抜けたものの危ないシーンでした。早い時間に追いつきたいスパーズですが、前から厳しくプレスをかけてくるチェルシーに自由を奪われています。カンテは15分にも右から素晴らしいクロスを上げ、ノーマークのバチュアイがヘディングシュート。これはロリスが左に飛んでキャッチしますが、今までのウェンブリーと同じように、スパーズ守備陣は落ち着きを欠いているように見えます。

しかし17分、エースの素晴らしい一撃でスパーズが同点に追いつきました。右からのCKのクリアがソン・フンミン、トリッピアーとつながると、エリクセンが左足で入れた低いクロスをハリー・ケインが驚愕のバックヘッド!左のサイドネットに向かったボールに、クルトワの右手は届きません。1-1のイーブンになると、スパーズがボールを支配。ソン・フンミンやデル・アリの左サイドからの仕掛けで、ヴィクター・モーゼスは引かされています。チェルシーの最終ラインはスパーズのラストパスを落ち着いてさばきながらも、縦に入れたボールをことごとく奪取され、いい形でハーフラインを越えられません。36分、フェルトンゲンのクロスにエリック・ダイアーが飛び込んで頭でコースを変えますが、惜しくも右にアウト。40分にはデル・アリが敵陣でインターセプトに成功し、右でボールを受けたエリクセンがミドルを放つとクルトワの正面です。

ほとんどチャンスがなかったプレミアリーグ首位チームが、幸運なゴールをものにしたのは42分でした。カンテが右のヴィクター・モーゼスを走らせたボールに対して、明らかに触れないのにスライディングしたソン・フンミンは不用意でした。サイドアタッカーは7番の足に引っかかり、PKを示すホイッスル。ロリスの動きをぎりぎりまで見たウィリアンが逆を突き、前半は2-1で終わりました。圧倒的に押しながら、リードを許したトッテナム。チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグで4戦1勝の鬼門ウェンブリーでは、試合運びのまずさが目立ちます。

後半も、サイドで優位に立つトッテナムのペース。52分の同点ゴールは、エリクセンのエクセレントなプレイで決まりました。左足でゴール前に入れたロングフィードは、ラインの裏に走り込んだデル・アリにぴったり。プレミアリーグ16ゴールのプレーメイカーがきれいに合わせた左足のハーフボレーに、クルトワはなす術がありません。時折チェルシーが仕掛けるカウンターは、フィニッシュに持ち込めず。デンベレやデル・アリのミドルシュートは、チェルシーの最終ラインがコースを切って枠を外させています。

61分、コンテ監督が勝負に出ました。バチュアイとウィリアンが下がり、ジエゴ・コスタとアザールが登場。アザールが気になったのか、あるいは攻撃的な意図か、ポチェッティーノ監督は68分にカイル・ウォーカーを投入し、ソン・フンミンがいた左にトリッピアーをまわします。圧倒的なスパーズの時間。アザールのドリブルをカットしたかと思えば、中盤で左右にボールを散らすデンベレは、2人いるかのような運動量です。

ところが75分、勝ち越したのはまたもチェルシーでした。右からのCKをカイル・ウォーカーがクリアすると、ボックスの外でトラップしたアザールの視界に、右のサイドネットへのコースがまっすぐ空いていました。左足一閃、誰も触れず3-2!これでエンジンがかかったアザールは、ペドロと代わったセスクとのコンビで決定的な4点めを演出します。ゴールライン際に走り込んだセスクとのワンツーで中に入ったアザールが後ろに戻すと、ダイレクトで左足を振り抜いたマティッチの一撃にロリスは全く動けず。バーの下を叩いたスーパーゴールにウェンブリーは騒然としています。

アザールは、この後もスパーズ守備陣を翻弄します。84分に左からロリスを抜き去った決定機は、グラウンダーをもらったマルコス・アロンソのダイレクトショットをアルデルヴァイレルトがかろうじてブロック。86分にアザールのパスを受けたセスクが右から浮かすと、フリーで叩きつけたジエゴ・コスタのヘッドは右に逸れていきます。追加タイムにハリー・ケインが狙った直接FKは、クルトワがファンブルして後ろにこぼすもバックスピンがかかったボールはラインの手前で止まります。

4-2、終わってみればチェルシー完勝。トッテナムが押している時間が長かっただけに、4失点の守備陣を咎めたくなるものの、ソン・フンミンの判断ミス以外はどのシュートもなかなか見られないスーパーショットばかり。2度まで追いついて試合をおもしろくした敗者のゴールも、いずれもチェルシー守備陣を責めるのが酷な素晴らしいシュートでした。プレミアリーグ7連勝で4差に迫ってきたライバルをつぶしたこの勝利は、チェルシーにとっては大きいでしょう。スパーズの久しぶりの敗戦が単なる1敗か、あるいは勢いと自信までくじかれた惨敗かは、ミッドウィークのクリスタル・パレス戦と日曜日のノースロンドンダービーで明らかになります。いやいや、とにかくおもしろい一戦でした。チェルシーサポーターのみなさま、ファイナル進出おめでとうございます!(ネマニャ・マティッチ 写真著作者/Aleksandr Osipov)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ