スパーズ執念のドロー、インテル痛恨のドローでプレミアリーグ勢が全クラブ勝ち抜け決定!

メッシもスアレスもブスケツもいないバルセロナ。前線の主力4枚が全員揃ってトッテナムは、強豪を撃破することができるでしょうか。チャンピオンズリーグリーググループステージ最終節。プレミアリーグ16節でレスターに完勝したポチェッティーノ監督のチームには、ハリー・ケイン、ソン・フンミン、エリクセン、デル・アリが健在です。中盤センターにはシソコとハリー・ウィンクス、ロリスの前にはカイル・ウォーカー=ピータース、アルデルヴァイレルト、フェルトンゲン、ダニー・ローズという布陣です。2分、右サイドの崩しからエリクセンがゴール前に迫るもシュートは打てず。勝たなければいけないスパーズは、最終ラインを高く設定して戦っています。

7分、カイル・ウォーカー=ピータースがやってしまいました。バックパスのトラップをデンベレに突かれてドリブル突破を許すと、右から持ち込んだスピードスターは切り返しでハリー・ウィンクスをかわし、左足で冷静にロリスの脇を抜きました。13分、コウチーニョのミドルはロリスがキャッチ。攻めているのは、勝利ボーナスとプライドだけを賭けて戦っているホームチームです。プレミアリーグ3位チームは2点が必要ですが、バルサにボールを支配されてラインが下がっています。25分を過ぎても、スパーズはノーチャンス。29分にダニー・ローズがGKとDFの間にグラウンダーを通すと、ソン・フンミンのスライディングは惜しくも届きませんでした。

32分、エリクセンの縦パスでソン・フンミンがヴェルマーレンと向き合い、ワンタッチでかわしてGKシレッセンと1対1。右足のフィニッシュはシレッセンに足でブロックされ、スパーズは千載一遇のチャンスを逃しました。しかしこの一撃で、デンベレショックは払拭できたのではないでしょうか。37分、シソコが敵陣で競り合いに勝ってソン・フンミンに預けると、左足のシュートは右に飛んだシレッセンにキャッチされました。41分、ミスパスを拾ったデル・アリがハリー・ケインを縦に走らせ、プレミアリーグ9ゴールのエースが強引にシュートを打つも、ヴェルマーレンが足に当ててCK。45分、左からドリブルで仕掛けたコウチーニョがファーを狙うと、ポストの外にヒットして2点めはなりません。前半は1-0。スパーズに残された時間は45分、ミッションは変わらず2ゴールです。

47分、ハリー・ケインにロングフィードが通り、落としを受けたエリクセンの左足シュートはシレッセンがセーブ。左からハリー・ケインが仕掛けた速攻は、エリクセンとデル・アリがシュートをブロックされました。1分後、シソコの長いパスでハリー・ケインがラインの裏に抜け出し、シレッセンと向き合いますが、フィニッシュの瞬間にラングレに背中を押されてバランスを崩してしまい、ボールは右にアウト。デンベレが右サイドを突破して緩いグラウンダーを入れると、コウチーニョはトラップを入れたために、カイル・ウォーカー=ピータースに足を出されて阻まれました。オープンな展開はスパーズの望むところですが、サイドからのクロスの精度が低く、残り30分となってもイーブンに戻せません。

ポチェッティーノ監督は、61分にカイル・ウォーカー=ピータースを下げてラメラを投入。63分にデンベレが右サイドから巻いたシュートは、ファーポストの外を抜けていきます。バルベルデ監督は、ここでムニールに代えてメッシを投入しました。66分のCKは、ハリー・ケインのヘッドをゴール前でクリアされ、リバウンドを叩いた一撃も守備陣の壁にヒット。残り20分、スパーズの指揮官はソン・フンミンを諦めルーカス・モウラで勝負です。76分、獅子奮迅のシソコがアーリークロスを入れると、ルーカス・モウラのヘディングはシレッセンが右に弾き出すビッグセーブ。スパーズが追いつけば、一気に逆転までいけそうな展開です。

83分、ウィンクスに代わってジョレンテ登場。コウチーニョが左から上がってファーに打ったシュートは、またもポストに阻まれてしまいます。85分、エリクセンが中央のラメラにロングボールを通し、左から上がったハリー・ケインに渡ると、速いクロスを押し込んだのはルーカス・モウラ!インテルとPSVもここまでイーブンで、スパーズは2位に立っています。89分、ボックス手前で縦パスをキープしたハリー・ケインが左に流すと、フリーで走り込んできたダニー・ローズはボレーを打ち上げてしまいました。

追加タイムが終わり、1-1ドロー。終了後まもなく、スパーズサポーターが歓喜しています。ジュゼッペ・メアッツァはインテル痛恨のドロー!勝ち点と得失点差で並んだプレミアリーグとセリエAの順位は、開幕節の直接対決でエリクセンが決めたアウェイゴールで決着しました。シレッセンのビッグセーブ連発でビハインドを背負い続けながらも、諦めなかったスパーズの選手たちに拍手です。フリーになった選手を見逃さないエリクセン、チャンスメイカーとしても質が高いハリー・ケイン、最後まで体を張り続けたシソコが印象的だった一戦でした。プレミアリーグ勢は、全クラブが勝ち抜け決定。彼らのフットボールを、年明けのCLでも楽しめると思うと興奮します。ルーカス・モウラ、グッジョブ!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

サラー決勝ゴール、アリソンビッグセーブ!リヴァプールがナポリに勝ち切りラウンド16進出!

昨季チャンピオンズリーグ準優勝のリヴァプールが、グループステージ突破を賭けてライバルとの直接対決に臨みます。「You'll Never Walk Alone」が聞こえるアンフィールド、アウェイチームはナポリ。クロップ監督の11人は、もちろん現在のベストメンバーです。GKアリソン、DFアーノルド、マティプ、ファン・ダイク、ロバートソン。MFヘンダーソン、ワイナルドゥム、ミルナー、FWフィルミーノ、サラー、マネ。プレミアリーグのボーンマス戦でハットトリックを決めたサラーに、2試合連続の大爆発を期待しています。どちらが敗れ去ることになっても、サポーターはツルヴェナ・ズベズダ戦の勝ち点ロストを嘆くでしょう。「死のグループ」を引き当ててしまったチームは、2時間後に天国と地獄に分かれてそれぞれの思いをかみしめることになります。

開始早々から、殴り合いムード。1-0か2点差以上の勝利が突破条件となっているレッズは、先にゴールを奪われれば3点をゲットしなければならなくなります。6分に左から上がったクロスは、インシーニェの前でファン・ダイクがクリア。直後のレッズのカウンターは、ロバートソンにサイドチェンジが通った瞬間、中で2人が空いておりましたが、正確なクロスを受けたサラーがトラップミスでチャンスを逸します。8分、メルテンスが右に流れたインシーニェに縦パスを通すと、折り返しを直接叩いたのはハムシク。ボールは惜しくもクロスバーを越え、アンフィールドはどよめきに包まれました。アーノルドのクロスに合わせたミルナーのヘッドは左に逸れ、ベテランMFは悔しそうな表情を浮かべています。

ボールを支配するのはプレミアリーグ首位チーム。ナポリは速攻に徹しています。アーノルドのグラウンダーを押し込んだマネと、ボックス左でフリーのシュートチャンスを得たクリバリは、いずれもオフサイドを取られています。後方から指示を出し続けるファン・ダイク、とにかく守備範囲が広いクリバリ。プレミアリーグとセリエAを代表するCBの対決は、どちらに軍配が上がるのでしょうか。31分にアーノルドのインターセプトでサラーがボックス右を突破すると、グラウンダーは中に通らず。2分後、ミルナーの縦パスでハムシクをかわしたサラーが、クリバリもちぎってGKオスピナの前に飛び出しました。クロスを入れると見せかけ、守護神の股間を抜いたシュートが左隅に刺さって1-0。プレミアリーグ10ゴールのエースが、いかにも彼らしいプレイで貴重な先制ゴールを決めてくれました。

攻め続けたレッズは、ボックスの中にこもるアウェイチームの守備陣を攻略できず、ナポリは少人数のカウンターをファン・ダイクやロバートソンにつぶされます。前半は1-0のままフィニッシュ。素晴らしいスプリントを見せてロッカールームに戻ったクロップ監督は、すぐにでも選手たちに伝えたいことがあったのでしょうか。後半もホームチームが押し、アウェイチームはワンチャンスに賭ける展開。48分に左にまわったサラーが浮き球を入れると、ワイナルドゥムのアウトにかけたボレーは枠にいきません。50分、ヘンダーソンのインターセプトからショートカウンター。フィルミーノのラストパスをもらったサラーは、ニアを狙ったシュートを右に外してしまいました。

57分、右からのCKに競り勝ったアルビヨルのヘッドはアリソンがキャッチ。アーノルドの柔らかいクロスに頭を突き出したフィルミーノも、オスピナの正面に飛ばしてしまいます。61分にヘンダーソンがワントラップで狙ったミドルは、コースを読んだオスピナが右に飛んで押さえました。アンチェロッティ監督は、62分にファビアン・ルイスを下げてジエリンスキ。67分にはメルテンスに代わって空中で勝負できるミリクです。70分、マリオ・ルイをグラム。セリエAの名将は早々に3枚使い切り、プレミアリーグの名物マネージャーは最初の11人のバランスを重視しています。

74分、レッズのカウンター。フィルミーノのスルーパスでラインの裏に抜け出したサラーは、オスピナをかわしながらもバランスを崩し、クロスを味方に合わせることはできません。77分、サラーのスルーパスでロバートソンがボックス手前に飛び出し、ラストパスに倒れ込みながら合わせたマネのボレーはオスピナが足で止めるビッグセーブ。80分にフィルミーノがナビ・ケイタに後を譲り、サラーは中央にポジションを移します。ショートコーナーからアーノルドがクロスを上げると、ワイナルドゥムのヘッドは左に流れます。12kmを走破したミルナーがファビーニョにチェンジ。残り時間は5分を切りました。

87分、敵陣で奪ったボールをサラーが持ち込み、マネがフリーで決定的なボレーを放つも左にアウト。90分に足を痛めたアーノルドが下がり、デヤン・ロブレンが右サイドに入ります。91分、右からのクロスにファビーニョがかぶり、ミリクが至近距離から叩いたボレーはアリソンが腿に当てるビッグセーブ!!サラーのパスをドリブルで持ち込み、オスピナと1対1になったマネは、またもや左に外してしまいました。長かった4分が過ぎ、タイムアップ。攻めながら守り切ったリヴァプールが1-0で勝利し、グループステージ突破を決めました。

アンフィールドに流れる「Hey Jude」が心に浸みます。まずはレッズサポーターのみなさん、おめでとうございます。ナポリの抜け目ないストライカーを完封したファン・ダイクとマティプ、豊富な運動量で攻守に貢献したミルナーとワイナルドゥム、自ら創った決定機をきっちり活かしたサラーに、惜しみない拍手を送りたいと思います。3-0で勝たなければならない試合でしたが、ファン・ダイクとアリソンを獲得して守備の強化に努めてきたレッズがクリーンシートで勝つという結果も、今季の彼ららしさを見せてもらったといえるでしょう。2019年もまた、素晴らしい3トップの速攻を楽しめると思うとテンションが上がります。今日はことごとく外したマネには、次の試合で…いや、次の次のプレミアリーグで決勝ゴールでもゲットしてもらいましょう。これぞチャンピオンズリーグ、最後まで体の震えが止まらない息詰まる熱戦でした。レッズ、素晴らしい!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

このまま去ってしまうのか…5試合連続欠場のメスト・エジルにインテル移籍報道!

左隅へのコントロールショット、ベジェリンをフリーにさせる絶品スルーパス、スピーディーなワンツーからオーバメヤンへのアシスト。プレミアリーグ9節のレスター戦で、3ゴールすべてを演出したメスト・エジルがあまりにも素晴らしく、やっぱりアーセナルのアタックの中心は稀代のプレーメイカーだと深くうなずいたのでした。プレミアリーグ7試合3ゴールは例年よりもハイペースで、エメリ監督の下では運動量と得点力がUPした新しい10番を見せてくれるものと確信しました。

あれから、1ヵ月半。アーセナルで最高給のスターには、インテル移籍の噂が流れています。「Mesut Ozil's agent 'to fly to Italy to hold talks' over £25m Inter Milan switch(メスト・エジルの代理人は、2500万ポンド以上の移籍金でインテルに乗り換えるための交渉をするべくイタリアに飛んだ)」。イギリスメディア「デイリー・ミラー」は、30歳のワールドカップウィナーが不透明な未来を嫌い、獲得を熱望するインテルに行く準備を始めたと報じています。

きっかけは、プレミアリーグ12節のボーンマス戦でした。エジルを外した理由を問われたエメリ監督は、「フィジカルの強さがあったほうがゲームを優位に展開できると考えた」と答えました。以来、エジルは負傷を理由に休んでいたのですが、ノースロンドンダービーの試合後会見で司令塔がいつケガをしたのかを聞かれた指揮官は、「知らない」とひとこと。スタジアムにいたかどうかも把握しておらず、これをきっかけに退団報道がヒートアップし始めます。

ハダースフィールド戦の前には、エメリ監督が「エジルは出場できるだろう」と語っていたにも関わらず、当日のリストに彼の名前はありませんでした。背中の状態は、公式戦を5試合も休むほど悪いのか。あるいは他に理由があるのか。「デイリー・ミラー」が、「mysterious back problem(不思議な背中の問題)」と形容するほど、この1ヵ月の情報は不可解でした。

アーセナルで素晴らしいプレイを披露し続けてほしい…。エジルが好きな私としては、インテルへの移籍話がよくあるゴシップであることを祈るばかりですが、今季のプレミアリーグのスタッツを見ると愕然とします。825分の出場時間でアシストはわずか1、オンターゲットは3本…!ゴールシーン以外で枠に打っていないエジルが、攻撃面での貢献度が低いことにあらためて気づかされました。新契約がまとまらず、夏にクラブを離れるといわれているアーロン・ラムジーを見てみると、656分の出場時間で1ゴール6アシスト。どちらかを残せるといわれればラムジーを取るというグーナーもいるのではないでしょうか。1試合あたりのシュート数がジャカの半分以下では、エメリ監督にフィジカルが強い選手を優先するといわれても仕方がありません。

私が望んでいるのはエジルの残留ではなく、エジルの活躍です。プレミアリーグ35試合6ゴール19アシストという記録を残した2015-16シーズンの輝きを取り戻してほしいのです。ようやく10番のシャツを手に入れた年に、指揮官の信頼を取り戻せないまま去っていってしまうのでしょうか。週給35万ポンドが浮いたら、エメリ好みの選手を2人は加えられるだろうと冷静にソロバンを弾きながらも、底知れぬ寂しさを持て余す寒い冬の朝なのであります。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

中島翔哉はウルヴス、堂安律はマン・シティ⁉ 若き日本代表にプレミアリーグ参入の噂!

吉田麻也、岡崎慎司、武藤嘉紀。いわずと知れたプレミアリーグ所属の日本人選手ですが、現地メディアは、1月に2人の日本代表がプレミアリーグに加わる可能性があると報じています。ポルトガルのポルティモネンセで活躍している中島翔哉がウォルヴァーハンプトンは、いかにもありそうな話なのですが、フローニンゲンの堂安律はマンチェスター・シティ⁉それぞれの記事をチェックしてみると、ウルヴスの補強はリアル、ペップのほうは恒例のゴシップではないかと思われます。

Shoya Nakajima is '80 per cent at Wolves' claims Portimonense president as Japan winger nears £17m move to Molineux(ポルティモネンセの会長が、中島翔哉は”80%ウルヴス”と主張しており、日本代表のウインガーは1700万ポンドでモリニュースタジアムに近づいている)」。発信源が「デイリー・メール」と聞くと反射的に引いてしまいますが、ポルティモネンセのロドニー・サンパイオ会長がラジオの取材に応えたという話ですので、ひとまずそのまま受け取りましょう。「交渉は行われているが、100%には至っていない。1月の移籍は可能だよ。彼らが契約解除金を支払うかどうかという問題があり、解決していないんだ。中島は80%ウルヴスだ」。

3500万ポンド(約50億円)のバイアウト条項があるといわれる中島について、「ノーチャンスだ。引き留められない」といい切るサンパイオ会長は、クラブにフィットしている中島の移籍は大きな損失と嘆いています。入団1年めの2017-18シーズンは29試合10ゴール12アシスト、今季は10試合で既に5発。5節のギマランエス戦でチームを初勝利に導く2ゴールを決め、名門スポルティングCPを4-2で下した試合でも2ゴール。ポルティモネンセのポルトガルリーグにおける4勝のうち、3つまでが中島のゴールとリンクしています。

ホルヘ・メンデスコネクションによって、ポルトガル人選手を7人も獲得しているウルヴスは、中島にとってもなじみやすいクラブなのではないでしょうか。ヌーノ・エスピーリト・サント監督の3-4-2-1ではジョッタとポジションを争うことになりそうですが、得点力がある中島が重宝される可能性が高く、プレミアリーグへの入り口としては最適でしょう。「3500万ポンドというほどの価値はなく、ポルトガルのクラブは下げてくるはず」と「デイリー・メール」が主張する一方で、「HITC」はサウサンプトンが獲りに来ていると伝えています。いずれかが正しければ、1月に4人めの日本人プレーヤーの参入が発表されることになります。

堂安律の移籍話は、現地メディア「チームトーク」が独占と銘打った記事によるもので、マンチェスター・シティ公式サイトの「メディアウォッチ」にもさらりと掲載されています。2017年の夏に、19歳でフローニンゲンにレンタル移籍したガンバ大阪のアタッカーは、エールディヴィジ初年度で29試合9ゴールと才能を見せつけると、2年めの今季は開幕のフィテッセ戦で初ゴール。そこからの9試合は沈黙を続けましたが、直近5試合で3ゴールと調子を上げています。チェルシー、アーセナル、アトレティコ・マドリード、ドルトムントが狙っていると報じられた若き日本代表FWが「ロッベン以来の才能」とは大げさですが、「マンチェスター・シティが獲得できると確信している」といわれるとテンションが上がります。

ペップの最強チームへの移籍が決まったとしても、ブラヒム・ディアスがプレミアリーグ出場ゼロのチームで出番があるとは思えず、当面はオランダに残ってプレイすることになるでしょう。ハノーファーでブンデスリーガ6試合ノーゴールの浅野拓磨が、アーセナルで活躍できるイメージはありませんが、堂安はいずれペップの下で…いや、ここから先は入団が発表されてからにしましょう。日本代表の次世代を担う精鋭たちが、プレミアリーグにやってくるという話がゴシップで終わらないことを祈っております。中島翔哉、観たいですね…!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【MAN.UTD×Fulham】今季初の4発!マタが機能したマン・ユナイテッドがフラムを一蹴!

今季プレミアリーグで初めての4発。2点差以上の勝利は4節のバーンリー戦以来で、わずか2回しかありません。4試合勝利なしと不振にあえいでいたマンチェスター・ユナイテッドが、久々の勝ち点3をゲットしたのですが、そこにはポール・ポグバの姿はありませんでした。GKデ・ヘアの前にジオゴ・ダロト、フィル・ジョーンズ、スモーリング、アシュリー・ヤングという並びは納得の人選ですが、マティッチとエレーラの前にはラシュフォード、マタ、リンガードです。最前線にはルカクが入り、ハムストリングを痛めたマルシアルはお休み。6番はベンチスタートでした。

サイドから速い攻撃を仕掛けるマンチェスター・ユナイテッド。この日は、序盤からルカクを使えていました。13分という早い時間に先制できたことで、チームのテンションが上がった感があります。左サイドでラシュフォードからのパスを受けたのは、アシュリー・ヤング。ドリブルで突っかけてオドイをかわし、角度のないところからファーのサイドネットにねじ込んだ一撃は、オールド・トラフォードに絶叫がこだまするスーパーゴールでした。攻め続けるホームチーム。プレミアリーグ1年めのジオゴ・ダロトが再三きわどいクロスを入れています。19分、ジオゴ・ダロトのアーリークロスがスモーリングに届くも、ヘディングシュートは惜しくも枠にいかず。好調のレッド・デヴィルズの追加点は、28分でした。

左サイドに流れたルカクが、ラシュフォードを縦に走らせたパスが見事でした。ボックスに入った10番は余裕があり、後ろから上がってきたマタに優しいグラウンダー。レフティのダイレクトショットがリコの右脇を抜き、ホームサポーターのチャントのボリュームがUPしました。この日はマタとマティッチの配球が的確で、サイドからいい形が創れています。38分、ラシュフォードの強烈なFKはリコがセーブ。42分、3点めは左からのショートコーナー。リンガードが縦に通した素晴らしいスルーパスでマタがフリーになり、ノーマークのルカクがグラウンダーを左足で押し込みました。エースのゴールは、今季プレミアリーグ6発め。最下位フラムに3-0はセーフティーリードです。

48分、左から斬り込んだラシュフォードの強いシュートはリコが前に弾き、リバウンドを制したルカクの右足シュートは左のポストの外。58分、ヴィエットとセセニョンが右から仕掛け、ジオゴ・ダロトのクリアミスをシュールレが拾って右隅を狙いますが、うまく落とせず枠を越えてしまいました。1分後、リコのミスキックがルカクに渡り、ボックス右に入ったマタがヒールで後ろに落とすと、左隅に流し込めばよかったエレーラが外に流れたボールを見て頭を抱えています。

マタという素晴らしいプレーメイカーが機能した一戦。ジオゴ・ダロトが右サイドを制圧し、63分にラシュフォードに通した速いグラウンダーは、10番が触ればゴールでした。フラムのサイドの守備が緩く、ラシュフォードを自由にさせすぎたのは確かですが、この試合のようなスピーディーなサイドアタックを続けられれば、週末のアンフィールドでも充分戦えるのではないでしょうか。66分、エレーラとカマラが競り合ってPKを取られたシーンは、エレーラはボールに触っており、厳しいジャッジでした。カマラが冷静に決めて3-1としたものの、直後にアンギッサがラシュフォードを踏んで2枚めのイエローをもらってしまい、フラムの反撃は止まりました。

19歳のジオゴ・ダロトは、相変わらず右サイドから良質なクロスをフィード。いくつか危険なミスキックもありましたが、ルーク・ショーとともにサイドで長く活躍してほしい有望株です。80分に2人かわしながらもシュートコースが甘かったラシュフォードは、ルカクの決定的な一撃をリコに止められた後、82分にダメ押しゴールを叩き込みました。左サイドからニアに放った無回転は、リコが止めなければならないコースでしたが、おそらくシュートを予測していなかったのでしょう。

4-1で快勝したマンチェスター・ユナイテッドは、当面は今日のメンバーとフェライニ、マルシアルが軸になるのではないかと思われます。ポグバは、どんな形で加わるのでしょうか。今季プレミアリーグで14戦3ゴール3アシスト。チームで最も多い40本のシュートを放っているMFは、気合いが乗ったときのパスセンスはワールドクラスなのですが…。首位リヴァプールとの大事な試合で、モウリーニョ監督が選ぶ11人に注目です。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ