補強はどこまで進む!? 現地メディアが「チェルシーにふさわしい5人」をピックアップ!

エディソン・カバーニ、ムサ・デンベレ、ダヴィド・アラバ、ウィルフリード・ザハ、ナタン・アケ。補強禁止のペナルティが解除され、1年ぶりに新戦力獲得が可能となったチェルシーについて、イギリスメディア「FourFourTwo」が有力候補としてリストアップした選手たちです。強化すべきポジションは、前線と左SB。挙げられた名前のなかで、最も現実感がないのは、8000万ポンドともいわれる高額移籍金がネックになるザハでしょう。プレミアリーグNo.1ドリブラーを獲得できれば、ウィリアンとペドロのベテラン勢が抜けても盤石となりますが、ハドソン=オドイやプリシッチがいるポジションは、冬に動かなくても問題ありません。

逆に最も盛り上がるのは、ナタン・アケの復帰です。2016-17シーズンの冬のマーケットでボーンマスにレンタルされ、そのまま完全移籍に切り替わったCBは、2017-18シーズンから2年連続でプレミアリーグ全試合出場を記録しました。今季はケガに見舞われ、プレミアリーグ22節までで17試合出場に留まっていますが、最終ラインを統率する不動のレギュラーとしてエディ・ハウ監督の信頼を得ています。ズマはパスワークに難があり、フィカヨ・トモリはポカが目立ち、クリステンセンはフィジカルに長けたストライカーへの対応に不安あり。リュディガーの相棒が定まらないチェルシーに、長短のパスを的確に出せるレフティが加われば、速攻のクオリティは格段に上がるのではないでしょうか。

左SBをこなせるのもナタン・アケの魅力で、3バックの左に置いてもおもしろい存在です。彼を呼び戻せれば、ランパード監督の選択肢が増えるのではないかと思われます。「FourFourTwo」は、「ダヴィド・アラバについて、チェルシーはプレミアリーグにおける新たなチャレンジという誘惑によって動かせると考えており、移籍金6000万ポンド(約86億円)を見込んでいる」とレポートしていますが、プレミアリーグをよく知るオランダ人の古巣復帰のほうがリアリティが感じられます。CBの頭数が揃っている現在のチームでは、当初は左サイドを託すことになりそうです。マルコス・アロンソとエメルソンに納得していないといわれる指揮官は、スペイン人SBのほうを手離すのではないでしょうか。

夏になればフリーエージェントで獲得できるカバーニは、ムバッペ、ネイマールにイカルディまで加わったチームで控えにまわされており、リーグアン9戦2ゴールという彼らしくない数字しか残せていません。バチュアイとジルーが支持されていないチームに移れば、タミー・アブラハムへのプレッシャーを緩和させる存在として要所で使われることになるのでしょう。ブルーズは、以前からカバーニを評価していたと伝えられていますが、32歳の獲得を急ぐでしょうか。「カバーニは、レオナルドSDとの面談で1月の移籍を認めさせようとしている」「マンチェスター・ユナイテッドがマーカス・ラシュフォードとアントニー・マルシアルをカバーする役割として欲しがっている」という情報もあり、ライバルの動き次第では速攻に転じる可能性もなきにしもあらずです。

ムサ・デンベレについては、オリンピック・リヨンが「1月のマーケットにおける獲得に興味を抱いているクラブがあるという報道を知ったが、夏と同様に選手をキープし続けたい」というステートメントを発表。「4000万ポンド以上なら」というゴシップも流れましたが、19試合11ゴールのエースを冬に強奪できるとは思えません。ザハもまたしかりで、半年前にアーセナルとエヴァートンのオファーを退けたクリスタル・パレスの堅守を攻略するには時間が足りないでしょう。夏に動くとなれば、ザハ獲得を熱望といわれているジョゼ・モウリーニョとのダービーマッチと化すかもしれませんが、現状は左SBとストライカーの刷新が優先でしょう。

最終ラインの安定感と前線のオプションを手に入れられれば、ランパード監督のチームはTOP4フィニッシュに近づきそうです。残り2週間で、強化はどこまで進むでしょうか。マーケットでも速攻を得意とするクラブの立ち回りに、引き続き注目してまいります。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

インテル移籍は秒読み…稀代の天才クリスティアン・エリクセンに送る惜別の言葉。

ハリー・ケイン、ムサ・シソコが長期離脱となり、タンギ・エンドンベレも負傷者リストに名を連ねているトッテナムにとって、点取り屋と中盤の補強は喫緊の課題です。一昨日、モウリーニョ監督就任以来、初めての新戦力獲得が発表されました。ベンフィカのMFジェドソン・フェルナンデスは18ヵ月のローン移籍。5000万ユーロ(約61億円)の買い取りオプション付きという慎重なディールは、21歳の逸材がプレミアリーグに馴染むかわからないことに加え、この冬にさらなる補強に打って出るためでもあるのでしょう。ミランのポーランド代表FWクリシュトフ・ピョンテク獲得は、セヴィージャとの一騎打ちと伝えられており、手薄な右SBにはマルセイユの酒井宏樹、ナポリでプレイするヒサイ、レスターのリカルド・ペレイラといった名前が挙がっています。

マドリードで開催されたチャンピオンズリーグのファイナルで、リヴァプールとのプレミアリーグ対決に臨んだのは7ヵ月前。ポチェッティーノ前監督とともにピークを迎えたスパーズは、4位チェルシーと9ポイント差のプレミアリーグ8位という厳しいポジションを強いられており、守備戦術に長けた名将の下でモデルチェンジを図ろうとしています。ニューフェイスの噂には、もちろん興味深々なのですが、直近のニュースで最も気になっているのはクリスティアン・エリクセンの旅立ちです。イギリスとイタリアのメディアが「インテルと個人合意済み。850万ポンドという格安オファーに対して、スパーズは1700万ポンド(約24億5000万円)を希望」と報道。稀代のプレーメイカーのセリエAチャレンジは、秒読みに入っているようです。

2013年の夏にアヤックスからやってきたMFは、7シーズンめを迎えており、プレミアリーグ224試合51ゴール62アシストというスタッツを残しています。2014-15シーズンに2億2000万ポンドの売上を計上したクラブは、昨季の決算では4億5930万ポンド(約657億円)と倍増。5年で320億円という成長額は、バルセロナに次ぐ欧州2位の数字ですが、エリクセンは豊穣の時代をともに駆け抜けた最大の功労者といっても過言ではない存在です。私は、彼に魅入られました。ハリー・ケインやソン・フンミンに決めさせる美しいスルーパス。プレースキックのスペシャリストでもあり、ドライブをかけて左隅に決める芸術的なキックや、サイドからGKが出られないエリアに落とす悪魔の弾道は、苦しい展開のゲームでチームを救う極上の飛び道具でした。

いつか彼が、プレミアリーグに別れを告げるときには、最高のスタッツとタイトルという置き土産に拍手を送りたいと願っていました。誰も予想できなかった苦しいシーズンの最中に、プレミアリーグ18試合2ゴール2アシストという天才らしくない数字を残して去っていくというストーリーは、受け入れがたいものです。「まだ決まっていない」「もう半年あるかもしれない」と未練を抱きながらも、ここまでモチベーションが下がった選手を無理やり残すという選択はないはずという確信のほうが勝っています。

プレミアリーグ屈指のプレーメイカーは、インテルを選ぶのでしょう。2014-15シーズンにキャピタルワンカップ準優勝、2016-17シーズンはプレミアリーグ準優勝、昨季はチャンピオンズリーグのファイナリスト。クラブの発展を支えながらも、ショーケースにトロフィーを飾ることはできないまま、ノースロンドンを去ろうとしています。感謝の気持ちが大半、クソ野郎と罵りたい気分も少々。いや、しかし、その時を迎えたら、惜別の言葉は決まっています。

6年半の間、素晴らしいフットボールを見せていただきました。カルチョの国でも、熱狂的なファンを喜ばせてください。ありがとうエリクセン。私にとって、あなたはあまりにも特別な存在でした。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

バイアウト条項は1億ポンド超!? リヴァプールは20歳の逸材に最高額の移籍金を払うのか?

1億700万ポンド(約154億円)なら、2年前の冬にファン・ダイク獲得に費やした7500万ポンドをぶっちぎるクラブレコード。DFとしてプレミアリーグ史上最高額で獲得したオランダ代表CBは安い買い物でしたが、レヴァークーゼンで燻り気味の20歳のMFに、プレミアリーグに参入する選手のレコードを更新する価値はあるのでしょうか。イギリス、スペイン、ドイツのメディアが、リヴァプールがレヴァークーゼンのカイ・ハヴェルツ獲得を熱望と報じています。「エクスプレス」は、ライバルはバルセロナ、バイエルン、マンチェスター・ユナイテッドがライバルとレポート。「ムンド・デポルティーボ」は、先頭を走っているのはレッズといい切っています。

早熟の天才について、その来歴をまとめておきましょう。2016-17シーズンに17歳でブンデスリーガデビュー。2016年10月15日のブレーメン戦で史上最年少出場を果たした逸材は、2週間後に初先発と順調にチームに溶け込み、後半戦はレギュラーとして活躍しました。初アシストは2月のアウグスブルク戦で、4月2日のヴォルフスブルク戦では初ゴールをゲット。最初のシーズンからブンデスリーガ24試合4ゴールという数字を残した生え抜きMFは、2年めには30試合3ゴールと完全にレギュラーに定着しました。

圧巻だったのは昨シーズンで、リーグ戦34試合17ゴール4アシストと完全に開眼。パススピードを巧みに変えるプレースタイルから、「メスト・エジルの後継者」ともいわれる新鋭は、本家よりも高い得点力をアピールしました。ユルゲン・クロップが気に入っているとすれば、プレーメイカーとしての能力よりもユーティリティーではないでしょうか。セントラルMF、インサイドMF、トップ下をこなすハヴェルツは、アダム・ララナやシェルダン・シャキリの放出が噂されるプレミアリーグ最強クラブにとって、うってつけのタレントです。

気になることがあるとすれば、今季はブンデスリーガ14試合2ゴール1アシストと壁にぶち当たってサポーターの不興を買っていることと、何しろ高額なバイアウト条項です。リヴァプールのマイケル・エドワーズSDがターゲットとするのは、「所属クラブにおける起用法に問題があり、伸びしろがある」「妥当な額で獲れるワールドクラス」「わけあり価格」といったあたりですが、20歳に1億ポンドオーバーは過去に例がありません。

マンチェスター・ユナイテッドは、ポルトガルで25試合15ゴール13アシストという数字を叩き出しているスポルティングCPのブルーノ・フェルナンデスと個人合意に至ったと報じられており、さらにドイツにも手を伸ばすほどの余裕はないでしょう。昨季のCLで倒したドイツ王者やスペイン王者はトランスファーマーケットでも難敵ですが、クロップ監督の存在感はヤングスター獲得におけるアドバンテージになりえるはずです。

レッズは移籍金のプレミアリーグレコードを更新するのでしょうか。ロバートソンやファビーニョをチームに馴染ませるのに時間をかけた指揮官にとって、1月の新戦力獲得は次のシーズンにいいスタートを切るための助走期間という意味合いもあるでしょう。ファビーニョ、ミナミノ、ハヴェルツ、サラー、フィルミーノ、マネ。「プレミアリーグのディフェンディングチャンピオンが、開幕戦から超攻撃的布陣を敷いてきた」などというニュースが届いたら盛り上がります。…いやいや、冷静になりましょう。オファー、個人合意、メディカルチェックといった言葉が聞こえてくるまでは、妄想を愉しむのみ。残り2週間でサプライズがあるかどうかは、誰にもわかりません。(カイ・ハヴェルツ 写真著作者/Fuguito)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

決勝ゴールはマタ!ウルヴスに競り勝ったマンチェスター・ユナイテッドが4回戦進出!

モウリーニョ監督率いるトッテナムは、序盤の2ゴールを守り切ってミドルズブラに順当勝ち。FAカップ3回戦再試合の2日めには、モリニューでスコアレスドローだったマンチェスター・ユナイテッドVSウルヴスという注目のプレミアリーグ対決が組まれています。週末にアンフィールドのリヴァプール戦が控えるスールシャール監督ですが、デ・ヘアとラシュフォードを休ませただけで、最終ラインと中盤はガチガチのベストメンバーです。GKロメロ、DFワン=ビサカ、リンデロフ、マグワイア、ブランドン・ウィリアムズ。中盤センターにフレッジ&マティッチ、2列めにマタ、グリーンウッド、ダニエル・ジェームズ、最前線にはプレミアリーグ8ゴールの好調マルシアルが起用されています。

開始3分、マタの浮き球でダニエル・ジェームズがラインの裏に飛び出しますが、GKラディをかわそうとしてボールに触られCK。直後にボックス右を突破したワン=ビサカも、最後のタッチをGKにさらわれてしまいます。8分に左サイドでマタをかわしたアダマ・トラオレのクロスは、ゴールに背を向けてトラップしたラウル・ヒメネスが反転して左足で狙いますが、ロメロが冷静にセーブしました。2分後、フレッジがサイドチェンジをマティッチに当てるミス。拾ったラウル・ヒメネスがネトに打たせ、ロメロの脇を抜いた一撃がネットを揺らしますが、VARが9番のハンドを指摘して幻の先制ゴールとなりました。

20分のフレッジのミドルは、黒い壁にヒットしてCK。マン・ユナイテッドの取られ方が悪ければ、アダマ・トラオレやラウル・ヒメネスに一気にゴール前に運ばれます。28分にマルシアル、ダニエル・ジェームズ、マタとつながった左からの速攻は、ボックスに入ったマタのフィニッシュをラディがセーブ。マティッチが左に展開した32分のチャンスは、マルシアルのコントロールショットがGKの守備範囲です。40分、フレッジのロングフィードでサイスの裏を取ったダニエル・ジェームズは、左足のシュートをラディにぶつけてしまいました。前半は0-0。3バッの背後を取ろうとするマン・ユナイテッドに対して、ウルヴスはカウンターに活路を見出そうとしています。

50分、右隅を狙ったマタのミドルはラディがキャッチ。左サイドのブランドン・ウィリアムズがボックスのコーナーにいたダニエル・ジェームズにパスを通すと、ドハーティをかわしたウインガーがクロスに打ったシュートは、ポストすれすれで枠を外れます。スールシャール監督は、64分にダニエル・ジェームズとグリーンウッドを下げ、ラシュフォードとアンドレアス・ペレイラを投入。67分、マグワイアのロングフィードをハーフライン付近で受けたマルシアルがワンタッチでコーディーを抜き去ると、追い越したマタに完璧なスルーパス。独走したレフティはラディの動きの逆を取り、チップキックでゴールに転がしました。

入ったばかりのラシュフォードが足を痛めてしまい、79分にリンガードにチェンジ。ジョアン・モウティーニョのCKをボックスの外で叩いたネヴェスは、バーの上に浮かしてしまいます。マン・ユナイテッドに引かれると苦しいウルヴス。再三クロスを上げるものの、中央が薄く味方に通りません。最後まで集中を切らさなかったプレミアリーグ5位が7位を封じ、4回戦に駒を進めました。ラシュフォードの足が心配ですが、好調のマルシアルとマタが攻撃にバリエーションをもたらしており、とにかくゴールが遠かった秋とは別のチームです。さあ、次は週末。あのスタジアムでプレミアリーグ最強チームに勝てるとは到底思えませんが、持てる力を出し切ったと胸を張れるようなナイスゲームを期待しています。


【FAカップ3回戦リプレイ結果】
ニューカッスル 4-1 レディング
シュルーズベリー 1-0 ブリストル・シティ
コヴェントリー 3-0 ブリストル・ローヴァーズ
ブラックプール 0-2 レディング
トッテナム 2-1 ミドルズブラ
マンチェスター・ユナイテッド 1-0 ウルヴス
カーライル 3-4 カーディフ
トランメア VS ワトフォード(1月23日開催)

【FAカップ4回戦組み合わせ】
ワトフォードorトランメア VS マン・ユナイテッド
ハル・シティ VS チェルシー
サウサンプトン VS トッテナム
QPR VS シェフィールド・ウェンズデー
ボーンマス VS アーセナル
ノーサンプトン VS ダービー・カウンティ
ブレントフォード VS レスター
ミルウォール VS シェフィールド・ユナイテッド
レディング VS カーディフ
ウェストハム VS WBA
バーンリー VS ノリッジ
コヴェントリー VS バーミンガム
マン・シティ VS フラム
ニューカッスル VS オックスフォード
ポーツマス VS バーンズリー
シュルーズベリー VS リヴァプール


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「BBC」はセインツの点取り屋に注目!イングランド人ストライカーの決定率ランキング!

Southampton striker deserves England recall(サウサンプトンのストライカーは、イングランド代表復帰に値する)」。なるほど、「BBC」が掲載しているイングランド人ストライカーのスタッツ比較を見ると、プレミアリーグ22試合14ゴールでランキング2位に着けているダニー・イングスが、いかに素晴らしい足跡を残しているかがよくわかります。プレミアリーグ22節までで10ゴール以上決めているイングランド人は、17ゴールのジェイミー・ヴァーディー、14ゴールのラシュフォードとダニー・イングス、13ゴールのタミー・アブラハムと11ゴールのスターリング、ハリー・ケインの6人。スリーライオンズのキャプテンがユーロに間に合うかどうかといわれる重傷を負ったため、母国の最前線の選手にフォーカスする記事が書かれたのでしょう。

「BBC」の比較表は、ショットコンバージョンと1発決めるために必要な時間を掲載しているのですが、代表入りが囁かれているエヴァートンのカルヴァート=ルーウィン、マン・ユナイテッドの18歳FWメイソン・グリーンウッド、ボーンマスで5ゴールを決めているカラム・ウィルソン、復調しつつあるワトフォードのトロイ・ディーニーもここにリストアップされています。ショットコンバージョンNo.1は、圧倒的な大差でジェイミー・ヴァーディー。シュート49本で17発、34.7%という効率のよさは、所属するレスターが今季プレミアリーグでカウンター決定数1位であることと無縁ではないでしょう。DFの態勢が整わないうちに、ジェームズ・マディソンやティーレマンスの鋭いパスがもらえるエースは、持ち前のスピードでGKと1対1になるシーンが目立ちます。

ヴァーディーに次ぐ26.7%という数字を残しているのは、まさかのグリーンウッドです。今季プレミアリーグで17試合出場ながら先発はたったの2回で、アシストもチャンスクリエイトも未だゼロ。15本のシュートで4ゴールをゲットしているティーンエイジャーは、104分で1ゴールという計算になり、今回の10人のなかでは最も少ない時間でゴールにたどり着くアタッカーです。11月24日のシェフィールド・ユナイテッド戦がプレミアリーグ初ゴールで、これ以降の数字だけ取れば75分で1点というハイペース。ヨーロッパリーグの4発と国内カップを入れると公式戦26試合9ゴールとなり、近いうちにサウスゲート監督に呼ばれると噂されるのもよくわかります。

ショットコンバージョン3位は、記事の主役となっているダニー・イングスの24.6%で、4位のディーニーと5位のカルヴァート=ルーウィンまでが20%超え。チェルシーでブレイクしたタミー・アブラハムは19.7%で6位、不振のチームで孤立する姿が目を引いたハリー・ケインは19.6%の7位です。ゴールにかかる時間のほうに目を移すと、ダニー・イングスはこちらでも3位で110分。4位のタミー・アブラハムはぐっと落ちて128分。スターリングの152分に続くハリー・ケインは、162分もかかっています。

最後に、絶好調のダニー・イングスが輝くスタッツを紹介しましょう。「ビッグチャンスにおけるショットコンバージョン」。セインツのストライカーは73%を決めており、ハリー・ケインの70%を抑えて堂々のTOPです。チャンスをものにするためには、経験が必要ということなのか、売り出し中のタミー・アブラハムは37%で10人中9位、少ない出場時間でも決められるグリーンウッドは33%で最下位です。

リヴァプール時代は2度の重傷に見舞われ、苦しい時を過ごした点取り屋は、27歳になってプレーヤーとしてのピークを迎えています。直近のプレミアリーグ11試合で10ゴールの荒稼ぎ、6勝2分3敗と復調したセインツのMVPとなっています。20発の大台に乗せれば、サウスゲート監督に選んでもらえるのではないでしょうか。引き続き、抜け目ない9番の立ち回りに注目したいと思います。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ