バイリー退場で10人のマンチェスター・ユナイテッドが、オトナの試合運びでラウンド16進出!

プレミアリーグで16戦連続無敗。11月6日のスウォンジー戦に勝ってからは、公式戦の敗戦は負けてもよかったEFLカップ準決勝セカンドレグのハル・シティ戦のみ。直近6試合で失点わずか1のマンチェスター・ユナイテッドが、初戦を3-0で快勝したサンテティエンヌに、ひっくり返される要素は見当たりません。ケガなくトラブルなく、安全運転で次のラウンドに進めればよかったのですが、0-1で勝ったものの手離しでは喜べない試合となってしまいました。

決勝ゴールを挙げたヘンリク・ムヒタリアンが25分にハムストリングを痛めてリタイア。エリック・バイリーは5分の間にイエローカード2枚をもらって退場です。まずは、スタッド・ジェフリー・ギシャールのピッチに立った11人を紹介しましょう。GKロメロ、DFアシュリー・ヤング、バイリー、スモーリング、ブリント。アンカーにキャリック、その脇にポグバとフェライニ。前線はマタ、ムヒタリアン、イブラヒモヴィッチです。日曜日に開催されるEFLカップ決勝まで中3日あることをふまえ、モウリーニョ監督は主力を投入してきました。不安定な立ち上がりだったファーストレグとは打って変わって、2点差までなら負けてもいいこの試合は落ち着いたスタート。ムヒタリアンとマタが中にいることが多く、4-3-2-1といったほうがしっくりくる布陣です。速攻に出るホームチームに対してキャリックがスペースをカバーし、自陣では安全にボールを動かしています。

16分の先制点は、マタのクロス1発でした。フェライニ、ポグバ、ブリントがゆっくりパスをまわし、左のマタにつなぐと、素晴らしいアーリークロスがニアに走ったムヒタリアンへ。ようやく本領を発揮し始めたアタッカーは、コースを変えて右隅に流し込むだけでした。スタッド・ジェフリー・ギシャールの空気はまったく動きません。トータル4-0、マンチェスター・ユナイテッドの勝ち上がりは確定的です。こういう展開になると、ペースを落とせるキャリックと体を張れるフェライニ、キープ力があるポグバの3センターは安心できます。22分のマタの危険なクロスは、DFに当たってゴールに向かったボールをGKリュフィエが右手でセーブ。ムヒタリアンが右腿の裏を気にしながらラシュフォードに後を譲ったのは、このタイミングでした。

ブリントの裏を狙われるシーンが多く、キャリックがカバーに入って遅らせています。アンカーが引っ張られたら逆サイドのフェライニがバイタルエリアを埋めるのが、モウリーニョのチーム。31分、イブラヒモヴィッチがアシュリー・ヤングを縦に走らせたチャンスは、早めに入れたグラウンダーにラシュフォードもマタも反応できませんでした。33分、キャリックが自陣でボールロストすると、右サイドでパスを受けたアムマがクロスを放り込むも、中が厚いマン・ユナイテッドの守備陣がクリア。フォローしたヴェレトゥのミドルもゴール前の渋滞に引っかかります。32分、左からのFKを叩いたぺランのヘッドはロメロの正面。43分にパジョのスルーパスで前線に飛び出したモネ・パケは、バイリーのチェックとロメロのスライディングに潰されます。ミドルとクロスの精度が低かったサンテティエンヌは、ゴールを奪えないまま前半を0-1で折り返しました。

後半に入ってもマンチェスター・ユナイテッドは守備重視の戦い方で、攻撃は奪われてもピンチになりにくいサイドから。スコアが動く気配はありません。59分、アムマに対するバイリーのスライディングが遅れてイエローカード。キャリックがシュヴァインシュタイガーに後を譲ると、64分にインターセプトを狙ったバーリーは、アムマの足を踏んでしまいました。意図はわかるものの、後ろから削った格好となったプレイに、イエロー2枚めで退場というジャッジが下されるのは致し方ありません。モウリーニョ監督は、急遽マタに代えてロホ。10人になったマンチェスター・ユナイテッドですが、今日のメンバーはチャンピオンズリーグやワールドカップを主力として戦ったベテラン揃いで、勝っている試合の進め方はわかっています。ましてやフィジカルモンスターとキープ力がある選手の混成チームとなった今日の布陣は、うまく引いて時間を潰すのはお手のものです。

サンテティエンヌのビハインドは4点、サポーターの声援に応えたくても絶望的なギャップ。76分にブリントのパスでGKと1対1になったラシュフォードがリュティエに止められるなど、きわどいシーンを創っていたのはアウェイチームのほうでした。OBのミシェル・プラティニに、せめてゴールシーンを見せたかったフランスのクラブは、93分にインティマのロングシュートをロメロに止められ敗退が決まりました。

モウリーニョ監督の最大の手柄は、戦力の見極めを冬まで引っ張り、デパイとシュナイデルランという最小限の放出に留めたことだと思います。昨季、ファン・ハール監督がファン・ペルシとチチャリートのどちらかを残していれば、暗黒の冬を過ごすことなくプレミアリーグ4位に入れたのではないかと悔しい思いをさせられましたが、その反省は新シーズンに活かされています。現在、ターンオーバーが十全に機能しているプレミアリーグのトップクラブは、マンチェスター・ユナイテッドのみではないでしょうか。アンタッチャブルなのはズラタンとポグバのみ。ムヒタリアンの負傷とキャリックのコンディションは気がかりですが、週末のEFLカップ決勝ではラシュフォードとエレーラがやってくれるでしょう。10人になりながらも、安定した守備とオトナな試合運びが冴え、安心して観ていられる一戦ではありました。戦力は豊富です。この調子で、唯一勝っていないヨーロッパリーグ優勝を、ぜひ成し遂げていただきたいと思います。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

シュマイケルがPKストップ&ビッグセーブ連発!強敵相手のレスターは次戦に望みをつなぐ2-1惜敗!

セヴィージャは公式戦でホーム12勝、対するレスターはプレミアリーグでアウェイ勝利なし。ファーストレグはラモン・サンチェス・ピジュアン、ラニエリ監督は「どう考えても勝つ可能性は低い」と白旗ポーズ。チャンピオンズリーグラウンド16、セヴィージャVSレスターの興味は「昨季プレミアリーグ王者がビハインドを最小限に食い止められるか」です。FAカップならジャイアントキリングに期待するかもしれませんが、両者とも全力で戦う欧州最高峰の大会で、サプライズに賭ける気にはなれません。レスターのスタメンを見てみましょう。GKシュマイケル、DFシンプソン、ウェズ・モーガン、フート、フクスは昨季の優勝メンバー。中盤センターにはドリンクウォーターとエンディディ、サイドにマフレズとオルブライトン。岡崎慎司の先発予想もあった2トップは、ヴァーディとムサというカウンター仕様です。

プレミアリーグファンにはおなじみのナスリ、エンゾンジ、ヨヴェティッチが先発に名を連ねるセヴィージャ。最初のシュートは3分、サラビアのバーをかすめるミドルでした。5分にフクスがヘッドで戻したボールがシュマイケルの動きと逆に出るシーンがあり、ぎりぎりのキャッチにスタンドのスペイン人サポーターがどよめきます。11分にマリアーノが上げたクロスをヨヴェティッチが合わせますが、シンプソンがしっかりついており、枠内に打たせませんでした。前線からチェイシングするレスターに対して、カウンターを警戒するセヴィージャは縦に長いボールを織りませながら、慌てずに攻めています。14分、ウェズ・モーガンがコレアを引っかけ、PKを示すホイッスル。中央に浮いたボールにフートがヘディングをミスして真上に浮かし、こぼれ球もクリアミスして奪われた自滅に近いピンチです。セヴィージャが労せず先制かと思われたPKですが、コレアのコースをシュマイケルが読み切ってキャッチ!レスターは、最初のピンチを守護神のファインプレーで逃れました。

19分、サイドから入ったボールをナスリがダイレクトで縦に流したスルーパスは、サラビアが追いつけず助かりました。20分にサラビアが右から仕掛けると、コレアが縦に走ってできたスペースからグラウンダーをボレーで叩いたのは、左SBのエスクデロです。20分、左からボックスに盛り込んだビトーロのシュートはDFがブロック。攻めるのはホームチームばかりで、プレミアリーグ6戦連続ノーゴールのチームは不正確なロングフィードを止められて終わりです。25分、ついにセヴィージャが先制しました。左からのエスクデロの高速クロスが、サラビアのヘッドにピタリと合います。かぶったフクスは何もできず、左のポストの内側を叩かれてはシュマイケルも動けません。31分、サラビアがヨヴェティッチに打たせようとしたゴールに向かうクロスは、シュマイケルが右手でクリアします。セヴィージャのプロモーション動画を見ているようなゲーム。青いシャツが放つシュートはしばらく見ていません。

37分、左からドリブルで仕掛けたビトーロがコレアに落とすと、地を這うようなミドルはシュマイケルが右に飛んでビッグセーブ。楔のボールをことごとくカットされたレスターは、セヴィージャのクロスに耐えながら前半を終えました。1-0は想定内だと思われますが、さて、どうするか。ムサとヴァーディの速さが活かせなかったレスターは、イスラム・スリマニがベンチにおらず、高さに頼ることもできません。

47分、右から攻め上がったムサが思い切りよくミドルシュート。2分後にエンディディが敵陣でミスパスを拾って前に出ると、ヴァーディとのパス交換からダイレクトボレー。距離があった一撃は、GKリコの正面にいってしまいました。直後、ナスリが斜めに通した絶妙なスルーパスでボックス左に出たビトーロは、ゴールライン際からシュマイケルの足元にシュートを放ちますが、ポストに阻まれボールはゴールの前を横切っていきます。55分にセヴィージャのラングレーが負傷し、カリーソにチェンジ。左からのクロスが逆サイドに抜け、フリーのサラビアにつながったチャンスは、ニアを狙った左足シュートが枠の外に抜けていきます。57分、ラニエリ監督の1枚めは、ムサに代わってデマライ・グレイ。ヴァーディに近しいスピードで勝負するタイプを並べる布陣が機能するでしょうか。レスターが前がかりになった61分、セヴィージャが2人のカウンターで決定的な2点めをゲットしました。

ヨヴェティッチが巧みなトラップとタッチでゴール前に入ってきたとき、ウェズ・モーガンとフートが2枚がかりでチェックするなら、絶対にカットしなければなりませんでした。マークがずれれば、脇のコレアが空くのは当然。落としを受けた11番は冷静にシュマイケルの肩越しにプッシュしました。レスターのミッションはシンプル。本拠地でのゲームに望みをつなぐアウェイゴールです。73分、まったく予感がなかったレスターに、歓喜の瞬間が訪れました。左サイドから、脇を走るドリンクウォーターに絶妙な縦パスを通したデマライ・グレイの手柄です。ロングフィードに精度を欠いていたドリンクウォーターは、ここ一番で完璧なグラウンダーを通しました。真ん中から飛び込んだのは、ジェイミー・ヴァーディ!ボレーが突き刺さり2-1、世界は一変しました。残り15分、ゴールを決めなければならないのは、セヴィージャです。

83分、自陣からドリブルで攻め上がったマリアーノが右サイドにつないだ速攻。サラビアがラインの裏に浮かしたクロスがビトーロに届きますが、シュマイケルがボレーを右手ではたいて難を逃れます。85分にヨヴェティッチのシュートがフートに当たってシュマイケルが逆を取られますが、ボールはわずかにポストの外です。狙われていたオルブライトンをアマーティに代えたのは納得ですが、相手のCKという危険なタイミングで投入したのは指揮官に余裕がない証拠です。完全に競り勝ったラミのヘディングは強烈でしたが、クロスバーがラニエリ監督を救ってくれました。

結局、2-1のままタイムアップ。はるばるやってきたアウェイサポーターが喜ぶ気持ちはわかります。セカンドレグを1-0敗戦では終わってしまうセヴィージャは、序盤から攻めてくるでしょう。カウンター勝負のレスターにとっては、おあつらえ向きのシチュエーション。2点のリードをもって引かれる展開と比べると、天国と地獄です。ベスト8進出という夢物語が実現すれば、ヒーローはビッグセーブ連発のカスパー・シュマイケルでしょう。昨季の堅さをどこかに置き忘れたレスターの守備は相変わらず不安定でしたが、1度も反応の仕方を間違えなかった守護神が、失点を最小限に食い止めてくれました。

地元サポーターの熱狂的な声援に包まれて戦うセカンドレグで、チャンピオンズリーグ版ジャイアントキリングが…いや、プレミアリーグ王者にこの表現は失礼でしょうか。1年半がかりで紡いだレスターのおとぎ話は、もう1ヵ月ほど長いストーリーになるかもしれません。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「最も勝ち点を稼いでいるストライカー」は、ズラタン・イブラヒモヴィッチ&ジエゴ・コスタ!

プレミアリーグとFAカップのダブルに向かって突き進むチェルシー。コンテ監督が実り多き初年度となるのか、アドバンテージを手離して失意のシーズンとなるのか、カギを握る最後の砦はマンチェスター・ユナイテッドなのかもしれません。FAカップは準々決勝で激突。プレミアリーグでは、33節のオールド・トラフォードがチェルシーにとって最後の上位対決です。この試合は、今後チェルシーの足が止まればライバルの逆転を許すトリガーとなる可能性があり、快調に勝ち点差を広げれば、実質的に優勝を決める一戦となるかもしれません。

マンチェスター・ユナイテッドサポーターとしては、ホームできっちりお返ししてプレミアリーグ優勝が狙えるポジションに立てればと期待しておりますが、果たしてどんな終盤戦になるでしょうか。「スカイスポーツ」が掲載した「Zlatan Ibrahimovic: Manchester United's match-winner」という記事を読むと、FAカップとプレミアリーグでの直接対決の結果を左右するキーマンは、やはり両チームのエースストライカーだと実感します。

ズラタン・イブラヒモヴィッチとジエゴ・コスタは、今季のプレミアリーグにおいて、自らのゴールで直接ゲットした勝ち点が11とトップに並んでいます。両者ともゴール数は15で、量・質ともに文句なし。とりわけズラタンは、参加したすべての大会でゴールを奪っており、モウリーニョ監督のチームが未だに5冠を追えるのは、彼がいたからといっても過言ではないでしょう。レスターとのコミュニティシールドでは83分に決勝点。ヨーロッパリーグでは、ゾリャ・ルハンシクとのホームゲームで両チーム唯一のゴールを決め、先週のサンテティエンヌ戦でハットトリック。EFLカップは、準々決勝のウェストハム戦で先制とダメ押しの2発。FAカップ5回戦では、ブラックバーンを相手に攻め手を失っていた62分に登場し、ポグバのロングフィードを受けて鮮やかな決勝点を左隅に流し込んでいます。

ジエゴ・コスタのほうは、カップ戦のゴールはFAカップのウルヴス戦のみとプレミアリーグのスペシャリストですが、チームの13連勝中は5試合で決勝ゴールと同点ゴールを叩き込んでおり、勝負強さはズラタンに負けません。ちなみに、「ゴールによる勝ち点ランキング」の3位はアグエロで勝ち点10、4位のマネが勝ち点9、5位はハリー・ケインとシグルズソンの8となっています。8ゴールのシグルズソンがTOP5に食い込んでいる一方で、17ゴールを挙げて得点王レースの先頭に立つアレクシス・サンチェスと、16ゴールのロメウ・ルカクが圏外なのが興味深いところです。

FAカップ準々決勝のドローが発表され、昨シーズンまで多くの時間を過ごしたスタンフォード・ブリッジに乗り込むことが決まったモウリーニョ監督は、「チェルシーはこれ(FAカップ)だけを考えればいいと思ってるだろう。なぜなら彼らは既にプレミアリーグのチャンピオンで、考える必要がないからね」と得意の揺さぶりを開始。「われわれには(EFLカップの)決勝があり、サンテティエンヌとも戦わなければいけない。勝ち進めば、ヨーロッパリーグで次の対戦相手もいる。さらにプレミアリーグでTOP4を狙っており、やるべきことだらけだ」と、「忙しい自慢!?」とツッコミたくなるコメントを残しています。それもこれも、ズラタンさまさま。ほんとうに、いい人に来ていただきました(涙)。チェルシーとの2つのバトル、ジエゴ・コスタとのゴール合戦、楽しみにしております。こういう試合はえてして「ペドロとブリントのゴールでドロー」といったシブい着地になるものですが…いや、FAカップのリプレイは勘弁してください。われわれは、忙しいので!(プレミアリーグ6位ですが…)。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

破壊力抜群のモナコに3発喰らったマンチェスター・シティが、アグエロ無双で大逆転勝利!

チャンピオンズリーグ2016-17、ラウンド16。アーセナルはバイエルンにやられてしまいましたが、プレミアリーグ2番手のマンチェスター・シティは、リーグ・アン15試合16ゴールと復活したファルカオを擁するモナコに勝ちきれるでしょうか。ペップ・グアルディオラ監督は、フェルナンジーニョを左SBで起用するようです。GKカバジェロ、DFサニャ、ジョン・ストーンズ、オタメンディ、フェルナンジーニョ。MFヤヤ・トゥレ、デブライネ、ダヴィド・シルヴァ、前線にはスターリング、アグエロ、サネといったオーダーです。立ち上がりから押しているのは、リーグ戦26試合で76ゴールと破壊力抜群のモナコ。プレミアリーグ2位チームは、ビルドアップで再三ミスを犯して相手にボールを渡しています。6分にレマルが右から放ったミドルは、力みからかニアポストの外に大きく逸れてしまいました。サネが左から仕掛けた最初のチャンスは、ボックスに入って上げたクロスを大きく浮かしてしまいました。

隙あらば打ってくるモナコのMF陣をどう抑えるかが、今日のひとつのテーマです。14分、中盤で3人かわしたベルナルド・シウヴァが縦にスルーパスを入れると、抜け出しかけたファルカオはサニャとオタメンディが2人がかりでストップします。マン・シティのキーマンはスターリング。右から縦に走り、GKスバシッチと競ったチャンスは、こぼれ球を拾ったアグエロのラストパスが通れば1点でした。17分にラッジがドリブルで攻め上がったカウンターは、逆サイドをスプリントしたメンディのダイレクトショットをカバジェロがセーブ。2分後のCKは、サニャがかぶってグリクにヘディングを許しますが、左に外れて助かりました。攻撃時には、フェルナンジーニョがヤヤの脇に上がって2センターになるペップのチームは、サイドでは時折勝つものの、フィニッシュに辿り着けません。

23分、右サイドでスターリングの落としを受けたデブライネが、初めて決定的なラストパスを通します。GKスバシッチの目前に飛び込んだアグエロは、触れば先制でしたが空振り。波状攻撃も実を結ばず、チャンスは潰えましたが、26分にサネの華麗なドリブルがモナコ守備陣を破りました。左サイドから3人を抜き去り、ダヴィド・シルヴァとのワンツーでボックス左を崩したサネは、中に入ってきたスターリングがタッチすればOKの完璧なグラウンダーをフィード。メンディは7番に追いつけず、スバシッチはどうしようもありません。反撃に出たモナコは31分、今日の最大のネックであるカバジェロのキックミスを同点ゴールに結び付けました。ファビーニョのクロスをダイビングヘッドで叩き込んだのは、ラダメル・ファルカオ。サニャの裏を取る動きは、プレミアリーグでは見せてもらえなかった鋭さでした。

34分、エティハドにブーイングが響き渡ります。ダヴィド・シルヴァ、デブライネとテンポよくつないだホームチームは、ベルギー代表MFのスルーパスでアグエロがスバシッチと1対1。左から抜こうとしたアグエロをGKが倒したかに見えたシーンは、シミュレーションでイエローカードというジャッジでした。プレイが荒くなり、イエローを連発したマン・シティは、40分に油断から逆転ゴールを喰らいます。敵陣でのFKをクイックに縦に通されると、オタメンディは18歳のムバプに追いつけません。カバジェロの前で思い切り右足を振り抜いた29番の一撃で、1-2。マンチェスター・シティは、次の45分で最低でも2点が必要です。

フェルナンジーニョが中盤に上がって3バックとしたペップは、50分に自らのチームは発展途上だと気づかされます。自陣で奪われたボールを左にまわされ、メンディのクロスをファルカオがボレー。シュートは力なく右に外れますが、アシスタントレフェリーがオタメンディの足を見逃さず、カードとPKが宣告されます。決められれば終わりか。ところがフェイントをかけたファルカオのシュートは、カバジェロが見事に読みきり、ホームチームは地獄から生還しました。54分、右からのデブライネのFKは素晴らしいボールでしたが、アグエロが触れず逆サイドに抜けていきます。

58分、優位に試合を進めていたモナコがリードを手離しました。自陣でインターセプトに成功したスターリングがドリブルで駆け上がり、右に流れたアグエロに縦パス。ニアへのシュートはスバシッチがキャッチするかと思いきや、痛恨の後逸でネットを揺らします。しかし同点の時間は、2分もありませんでした。縦パス1本のカウンター。ファルカオと競ったジョン・ストーンズがあっけなく抜かれてしまい、ループシュートにカバジェロはなす術がありません。ペップの打開策は、フェルナンジーニョをサバレタ。69分にダヴィド・シルヴァが巧みな浮き球でスターリングをフリーにしたチャンスは、メンディが戻ってシュートを打たせません。マン・シティの攻撃は悪くありません。問題は、獲るのが先か、やられるのが先かです。

71分、ダヴィド・シルヴァのCKは、シディベがアグエロを離してしまい、エースの完璧なボレーが突き刺さります。3-3、勝負は次の1点でしょう。足が止まったサネは、そろそろ代え時だと思われますが、ペップは今のノリートとイヘアナチョに信頼が置けないのでしょうか。しかし77分、勝ち越しゴールはファルカオにやられた若いCBでした。デブライネのCK、ヘッドで逸らしたのはヤヤ、右足を出したのはジョン・ストーンズ!さらに攻めるマン・シティは、80分にグリクをかわしたアグエロがフリーで左足を振り抜きますが、高さが止め頃でスバシッチがセーブします。私はここで謝らないといけません。82分、ヤヤ、アグエロ、ダヴィド・シルヴァとダイレクトでつながり、ダヴィド・シルヴァの浮き球でアグエロがラインの裏に抜けると、横に流したボールを無人のゴールにプッシュしたのはサネです。3トップが全員フリーになる完璧な崩しに、エティハドのサポーターが絶叫しています。

84分、モナコの逆襲。左サイドでメンディがフリーとなり、ニアに飛び込んだファルカオが左足で合わせると、GKの逆を取った完璧な弾道をカバジェロが右足でビッグセーブ!ペップはスターリングを下げて、ヘスス・ナバスでメンディのサイドを締めます。5-3、素晴らしい!よくぞ2点差勝利に漕ぎ付けました。ターニングポイントは、スバシッチの後逸でした。値千金の同点ゴールで、それまでキックが微妙にずれていたエースのテンションが上がり、そこからの30分はアグエロ無双、グリクとラッジは制御不能でした。最終ラインのビルドアップはプレスをかけられるとミスが多く、ファルカオやムバプとの駆けっこに耐えられないのにむやみに浅いラインと、守備は課題山積でしたが、ペップは長期的視野に立ってポリシーを曲げたくないのでしょう。彼ゆえの3失点であり、5ゴールだったと思います。

マンチェスター・シティサポーターのみなさん、おめでとうございます。見事でした。「こんなビルドアップならジョー・ハートのほうが…」「つなげないならサイドに長いのを出せばいいのに…」などとPCに向かって毒づいていた前半の非礼をお詫び申し上げます。プレミアリーグでアウェイ勝利数No.1のチームだけに、敵地でもひるまず戦ってくれるでしょう。昨季4強のチームが、さらに上にいってくれることを祈っております。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ