マンチェスター敗退、ロンドン躍動…欧州を席巻するプレミアリーグ勢を徹底チェック!

マンチェスター勢が散ったチャンピオンズリーグは、リヴァプールとトッテナムが4強進出。ヨーロッパリーグのアーセナルは強敵ナポリに完勝し、チェルシーは与しやすかったスラヴィア・プラハに順当勝ちで、いずれもCL出場権を賭けた戦いが続きます。2018-19シーズンの欧州は、プレミアリーグ勢が席巻するステージとなりました。それぞれの戦いぶりを振り返りつつ、セミファイナルを展望してみたいと思います。

国内最強のマンチェスター・シティは、2年連続でプレミアリーグ対決に敗れてベスト8止まりとなりました。国内では史上最強王者となった昨シーズンは、アンフィールドでオンターゲットゼロの3-0と完敗し、シティ・オブ・マンチェスターのセカンドレグでは2分に先制しながらも1-2の逆転負け。相手を怖れ、細心の注意を払って戦ったクロップ監督に対して、真っ向勝負で押しつぶそうとしたペップが速攻に屈した2試合でした。

今季のトッテナム戦も、CLに賭ける本気度の差が明暗を分けたのではないでしょうか。2度のVAR判定が話題になったセカンドレグの死闘がクローズアップされていますが、勝負のポイントはトッテナム・ホットスパー・スタジアムで開催されたファーストレグだったと思います。冴えなかったダヴィド・シルヴァを89分まで引っ張り、調子が上がっていたデブライネに数分しかプレイさせなかった采配が、1-0敗戦の一因となりました。アグエロのPK失敗が激痛だったのは確かですが、プレミアリーグで不振だったチームの底力を過小評価したようなターンオーバーが、セカンドレグの戦い方を難しくしてしまったように感じられます。

マンチェスター・ユナイテッドは、バルセロナに0-1、3-0で完敗。カンプ・ノウで2度めの奇跡を狙ったスールシャール監督は、なぜパリで成功したルカクとラシュフォードの2トップを採用しなかったのでしょうか。スアレスにやられたオールド・トラフォードのファーストレグでは、2人を前線に配してシュート数で上回っており、攻撃陣を大きく変えた理由がわかりませんでした。メッシをあれだけ自由にしては勝ち目はなく、必然の敗退だったと思いますが、選手起用や戦術から「何としても勝つ」という指揮官の意志が感じられなかったのが残念でした。

スパーズのポチェッテーノ監督をリスペクトしたいのは、アウェイゴールルールでリードしていたセカンドレグの41分に、負傷したシソコの代役としてジョレンテを選んだことでした。ハリー・ケインに加えてエリック・ダイアー、ハリー・ウインクスらを欠いたチームは、同じポジションに18歳のオリヴァー・スキップしかいなかったのですが、フォイスかダヴィンソン・サンチェスで守りを強固にするというチョイスはありました。最終ラインの前を埋めるよりも、最前線でボールが収まる機能のほうを重視したのでしょう。ストライカーは期待に応えて劣勢の後半に攻撃を支え、73分のセットピースで腰で押し込む殊勲のゴールを決めました。

リヴァプールは、昨季のラウンド16のアウェイゲームで0-5と圧勝したポルトを問題にせず、2-0、1-4のダブルを達成。モー・サラーは完全に復調し、マネとフィルミーノも好調をキープしています。ヨーロッパリーグの2チームは、いずれも連勝で4強入り。優勝候補と目されていたナポリと激突したアーセナルはインシーニェとミリクを完封し、スラヴィア・プラハにアウェイで勝ったチェルシーは、スタンフォード・ブリッジのセカンドレグで30分までに4発叩き込んで勝負を決めました。

さあ、いよいよセミファイナルです。CLはトッテナムVSアヤックス、バルセロナVSリヴァプール。「ビッグロンドンダービーinバクー」の実現が期待されるELはアーセナルVSバレンシア、フランクフルトVSチェルシーです。最もファイナルに近いのはチェルシーでしょう。今季のプレミアリーグ勢はバイエルン、ドルトムント、シャルケ04に快勝しており、CL出場権を本気で獲りに行くブルーズも長谷部誠のチームを問題にしないのではないかと思われます。

レアル・マドリードとユーヴェをアウェイで倒したアヤックスは勢いがあり、スパーズは新スタジアムの初戦で勝ち切ることが決勝進出の必須条件。マンチェスター・ユナイテッドとバルセロナの2試合を見る限りでは、レッズに勝機はあると思いますが、メッシを抑えられるかどうかが勝負の分かれ目となりそうです。アーセナルは、またもやっかいな相手と戦うことになりました。2月以降の公式戦で1回しか負けていないバレンシアは、ラ・リーガのバルサ戦をドローに持ち込み、アウェイで弱いレアル・マドリードに2-1で競り勝っています。アーセナルスタジアムで戦うファーストレグでアウェイゴールと勝ち点を許せば、敵地で堅守を崩すのはより難しくなるでしょう。

プレミアリーグ勢のファイナル独占を願っておりますが、4試合すべてにベットするならアヤックス、リヴァプール、バレンシア、チェルシーです。クロップの悲願VSポチェッティーノの集大成、エメリとサッリのCL出場権争奪戦といったファイナルステージを期待しながら、720分の激闘を存分に楽しみたいと思います。相方のグーナーは、バクーの決勝戦観戦を検討している気配を漂わせておりますが、果たして…!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

青のゴールラッシュ、プラハの反撃。撃ち合いを制したチェルシーがEL準決勝へ!

同じ4-3でも、プレミアリーグ対決となったマン・シティとスパーズの激闘とはだいぶ趣が違います。最初の30分で4発を叩き込んだチェルシーが、緩んだ後半に1点差に迫られながらもスラヴィア・プラハを下してELベスト4進出を決めました。サッリ監督のスタメンに、ジョルジーニョの名前がありません。GKケパ、最終ラインはアスピリクエタ、クリステンセン、ダヴィド・ルイス、エメルソン。中盤はコヴァチッチ、カンテ、ロス・バークリー、3トップはアザール、ジルー、ペドロ。スタンフォード・ブリッジの声援を背中に受けたブルーズは、5分にあっさり先制しました。

右サイドにいたペドロが、アスピリクエタとのワンツーでボックスのコーナーに進出すると、ジルーとのワンツーも決めてGKコラーシュと1対1になります。余裕のチップキックがゴールに転がり、1-0。アウェイのファーストレグを0-1で勝っているチェルシーは、トータルのリードを2点に広げました。9分、アザールのパスでラインの裏を突いたジルーがボックス手前まで進み、10番にリターン。左サイドからのグラウンダーがファーに届くと、ペドロのボレーはポストに当たってCBデリの頭にヒットし、ネットに突き刺さりました。

10分もしないうちに2点リードしたホームチームは、17分に追加点をゲットします。カンテの素晴らしいスルーパスでペドロがコラーシュと1対1。前回のチャンスでボレーをポストにぶつけたアタッカーは、よくばらずにフリーのジルーにフィニッシュを譲りました。アーセナルから来たストライカーが、GKのいないゴールに流し込んで3-0。プレミアリーグで2ゴールに留まっているジルーは、ヨーロッパリーグでは10戦10発の大爆発です。

圧勝ムードだったチェルシーは、20分を過ぎるとプラハの逆襲を喰らいます。25分のFKはデリのヘッドをケパが足で止めるビッグセーブでしのぎましすが、直後のCKをフリーのソウチェクにヘッドで叩き込まれました。しかし27分、アザールが中に斬り込んで外から上がったエメルソンを使うと、CBの間を抜けてきたジルーが左足ボレー。コラーシュが弾いたボールをペドロが泥臭く押し込み、2試合トータルのチェルシーのアドバンテージは再び4点となりました。

中盤のチェックが甘いプラハは、カンテやアザールを自由にさせ過ぎです。33分、カンテの浮き球で前線に飛び出したロス・バークリーはCBに挟まれてシュートを打てず。プラハのセットピースに対して、リュディガーのいない最終ラインはマークが緩く、41分に中に入ってきたボールもデリがあと1歩でした。最初の45分は4-1。セカンドハーフに入ると、チェルシーはFKやCKで脅かされる機会が増え、プラハが自分たちのサッカーを取り戻しました。

51分、ゴール手前やや右でパスをもらったシェフチクが左足を振り抜くと、ケパの左手の下に沈んだボールがニアに突き刺さって4-2。さらに54分には、シェフチェクが今度は右足でクロスにミドルシュートを放ち、ケパのグローブの先を抜けて左のサイドネットを揺らします。4-3、あっという間に1点差。アウェイチームがさらに2点を積んで4-5となったら事件です。65分にアザールが下がり、ウィリアン登場。キックオフ直後に足を痛めたエースに、無理をさせないほうがいいでしょう。

押される時間が続くチェルシー。サッリ監督は、70分にロス・バークリーを下げてジョルジーニョを投入しました。次の失点を許してはいけない状況ですが、チェルシー守備陣は中央に入ってくる縦パスを徹底してつぶしており、危険なシュートを打たれる気配はありません。87分、ペドロに代わってカラム・ハドソン=オドイ。うまく時間を遣ったチェルシーが、2試合トータル5-3で準決勝進出を決めました。

シュート数は9対11でスラヴィア・プラハのほうが多かったものの、4-3となってからの35分はこれといったピンチもなく、実力上位の順当勝ちといっていいゲームでした。前半のゴールラッシュで一気に勝負を決めたチェルシーは素晴らしかったのですが、セヴィージャを倒して意気揚々と乗り込んできたチェコのクラブの健闘も清々しく、ヨーロッパリーグの8強にはこういうチームがいくつか上がってきてほしいとあらためて思いました。チェルシーの準決勝の相手は、アイントラハト・フランクフルト。年明けからフル出場を続ける長谷部誠が、スタンフォード・ブリッジでプレイする姿が見られるのが楽しみです。

アーセナルと戦う「ビッグロンドンダービーinバクー」は実現するのでしょうか。マンチェスター・ユナイテッドがプレミアリーグ3位、チェルシーが4位で、5位と6位のトッテナムとアーセナルが欧州を制覇すればCL出場権を失うのはチェルシーになります。ロンドン勢が欧州で躍進し、「プレミアリーグで4位に入ればCL出場権が得られる」とはいえなくなってきました。それぞれのクラブのサポーターは、もうしばらく眠れない夜が続きそうです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ラカゼットの美しいFK、コシールニーの完璧な守備…アーセナルがナポリに連勝で4強進出!

アーセナルスタジアムで行われたファーストレグは、ラムジーとルーカス・トレイラの活躍で2-0。プレミアリーグで熾烈なTOP4争いを繰り広げるガナーズは、ヨーロッパリーグ制覇という結果を残せばCL出場権を確保できます。とにかくアウェイが苦手なクラブですが、優勝候補と目されているナポリを抑えてベスト4に進出できるでしょうか。エメリ監督のスタメンからは、攻めて勝とうという意志が伝わってきます。GKチェフ、3バックはパパスタソプーロス、コシールニー、モンレアル。WBにメートランド=ナイルズとコラシナツ、中盤センターにルーカス・トレイラとジャカ、ラムジーの前にオーバメヤンとラカゼットという3-4-1-2です。

両者とも、先にゴールがほしいと主張するような立ち上がりです。アーセナルの最初のチャンスは6分。左から上がったコラシナツがグラウンダーを入れると、中央でボールをもらったラムジーは打てず。9分にオーバメヤンがボックス左を突破したシーンも、ゴール前に人数を配するナポリの壁に遮られました。17分、CKをカットしたクリバリが自らカウンターを開始。ファビアンからのリターンを受けたCBが右のカジェホンにラストパスを通すと、チェフと1対1だったアタッカーはシュートを足で止められてしまいました。

24分、ミリクのパスで裏に抜けたインシーニェが左足のチップキックでゴールを陥れるも、ジャッジはオフサイド。28分にジエリンスキがゴール前に浮かし、フリーのミリクがヘディングで左隅を狙いますが、うまく枠に収められません。32分、左足の腿裏を押さえて倒れ込んだのはアーロン・ラムジー。エメリ監督は、早い時間にムヒタリアンの投入を強いられました。36分、アウェイチームがボックス手前からのFKをゲット。右足でドライブをかけたラカゼットの美しいキックに、GKメレトは1歩も動けず、右隅に吸い込まれるボールを見送るのみでした。

これでナポリは、勝ち抜けまで4点が必要となりました。前半は0-1。アンチェロッティ監督は、ハーフタイムにマクシモヴィッチを諦め、メルテンスを起用します。後半が始まり、先に決定機を創ったのはアーセナル。47分にラカゼットが縦パスでミキを走らせ、右からの折り返しが中央でノーマークのオーバメヤンに届きますが、あまりに正直すぎるボレーはメレトに弾き出されてしまいました。プレミアリーグ18ゴールのストライカーは、ビッグチャンスを逃した数がリーグNo.1という不名誉な数字も記録しています。

クロスを跳ね返され続けるナポリ。ガナーズの的確なラインコントロールに、インシーニェはオフサイドを積み上げることしかできず、61分にユネスと交代しました。エメリ監督の2枚めは、ジャカをエルネニー。63分のCKは、プレミアリーグ経験があるキリケシュのヘッドが左に逸れていきます。65分、左からのボールをボックス内で受けたのはミリク。振り向きざまに放った左足のシュートは、コシールニーが足に当てて外に逃がしました。エメリ監督の最後のカードは、ラカゼットに代わってイオビ。73分、ピッチに入ったばかりのマリオ・ルイが中央にグラウンダーを通し、飛び込んだミリクがようやく決めるかと思いきや、ボレーを打ち損ねて同点のチャンスを逃しました。

モンレアルのクリアが、寝返ったかのような強烈なボレーとなってチェフを襲ったのは80分。ベテラン守護神は冷静にキャッチし、クリーンシートを継続します。エメリ監督が必死に指示を送っているのは、何としてもアウェイ勝利を持ち帰りたいからでしょう。敵地でひるまなくなるための手っ取り早い処方箋は、勝利によって積み上がる自信です。91分、左サイドからのミキのFKはクロスバー越え。アーセナルが2試合ともナポリを完封し、2年連続のベスト4進出を達成しました。

アウェイ勝利を手繰り寄せたチームのMVPは、コシールニーでしょう。ラインコントロールはパーフェクト。インシーニェのポジションを常に把握してオフサイドを誘い、シュートコースを狭める守備でナポリのフィニッシュを枠に入れさせませんでした。プレミアリーグのワトフォード戦に続き、敵地で勝利を得たという事実は、国内と欧州で4つ残しているアウェイゲームを勝ち抜くうえで大きな手応えとなったのではないでしょうか。ラカゼットの美しいFK、チェフの冷静な守備、いかにもミキらしい直線的なチャンスメイク…いやー、ナイスゲームでした。セミファイナルも楽しみです!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

劇的ゴールはVARでオフサイド…指揮官の采配が当たったスパーズがクラブ史上初のCL4強!

トッテナム・ホットスパー・スタジアムで開催されたファーストレグは、1-0でスパーズ。シティ・オブ・マンチェスターで迎え撃つ昨季プレミアリーグ王者は、90分で勝ち抜けを決めたければ2ゴールが必要です。ペップのスタメンは、クリスタル・パレスに1-3で快勝した日曜日のプレミアリーグとほぼ変わらず。サネに代わって右サイドを担うのはベルナルド・シウヴァです。GKエデルソン、DFカイル・ウォーカー、コンパニ、ラポルテ、バンジャマン・メンディ、MFデブライネ、ギュンドアン、ダヴィド・シルヴァ、FWベルナルド・シウヴァ、アグエロ、スターリング。対するポチェッティーノ監督は、現在のベストメンバーを揃えて正攻法で勝とうとしています。GKロリス、DFトリッピアー、アルデルヴァイレルト、フェルトンゲン、ダニー・ローズ。中盤センターにシソコとワニャマ、2列めにエリクセン、デル・アリ、ルーカス・モウラ、最前線にプレミアリーグ12ゴールのソン・フンミンという布陣でしょうか。

キックオフからわずか4分、デブライネが左に展開したボールをスターリングが中に持ち込むと、右足のコントロールショットが右のサイドネットに突き刺さりました。スコアレスドローの可能性がなくなったポチェッティーノ監督と選手たちの最大のテーマは、アウェイゴールを決めることになりましたが、7分という早い時間に歓喜の瞬間が訪れました。エリクセンのパスを中央で受けたデル・アリが縦にスルーパスを出すと、ラポルテがカットしたボールがソン・フンミンへ。7番が迷わず右足を振り抜くと、エデルソンに当たったボールがネットを揺らしました。

アウェイサポーターが集うスタンドは、9分に再び絶叫します。ラポルテのドリブルをルーカス・モウラが敵陣でカットしてボックス前まで運び、後ろにいたエリクセンへ。左サイドが2対1になっていたのを見逃さなかった司令塔が速いパスを通すと、ソン・フンミンの完璧な一撃がゴール右上に吸い込まれました。3点が必要になったマン・シティは、10分に同点に追いつきます。アグエロが右に出したパスで、ベルナルド・シウヴァがボックスに侵入。左足のシュートはダニー・ローズの足に当たり、逆を取られたロリスは枠に転がるボールを呆然と見送るしかありません。予想外の乱打戦。次のゴールが、勝負を分けるポイントとなりそうです。

2-2となり、落ち着きを取り戻したシティ・オブ・マンチェスター。17分のダヴィド・シルヴァのFKはクロスバーを越え、20分にエリクセンが放った左足ミドルも浮いてしまいます。21分、ベルナルド・シウヴァとのコンビで右サイドを崩したデブライネがファーに高速グラウンダーを送ると、スターリングがロリスの動きを見て右隅にボレーを決めました。3-2、このまま終わればアウェイゴールルールでスパーズの勝ちです。攻め合いが続くシティ・オブ・マンチェスター。スパーズは最前線にルーカス・モウラが入り、ソン・フンミンは左サイドが主戦場となっています。

37分、ゴールラインまで抉ったデブライネがニアにグラウンダー。アグエロのシュートは、アルデルヴァイレルトがブロックします。39分、スパーズに激痛のアクシデント。数分前に足を痛めた後、ピッチに戻っていたシソコが再び座り込んでしまいました。ポチェッティーノ監督の交代カードは、何とジョレンテ!43分、サイドチェンジを受けたソン・フンミンがカイル・ウォーカーをかわして左足を振り抜くも、ボールはファーポストの外に切れていきます。前半は3-2のままで終了。次のゴールを決めたほうが、ベスト4を視界に捉える展開です。

49分、ボックス手前からのFKを蹴ったのはデブライネ。直線的な弾道のシュートはうまく落ちず、ロリスのグローブの先を越えていきます。1分後、ギュンドアンが左のダヴィド・シルヴァを使い、グラウンダーに合わせたスターリングのボレーはロリスがセーブ。詰めたベルナルド・シウヴァは枠に押し込めませんでした。猛攻を続けるマン・シティ。54分のデブライネの強烈なミドルは、ロリスが右に弾き出します。

58分、エリクセンのスルーパスで抜け出しかけたソン・フンミンはタッチミスでチャンスを逃し、左に出たボールをデル・アリが中に入れると、ジョレンテのダイビングヘッドはエデルソンが素晴らしいセービングで阻みました。その1分後、中央をドリブルで進んだデブライネが柔らかい縦パスでアグエロを走らせます。ボックス右に出たプレミアリーグ19ゴールのエースは、教科書通りにロリスの肩越しを狙って4-2!今回のホーム&アウェイでマン・シティがスパーズを上回ったのは、これが初めてです。

72分、トリッピアーの縦パスでソン・フンミンがボックス右に流れると、飛び出したエデルソンがシュートをブロック。ここからの2度めのCKをジョレンテが腰に当てて押し込み、またしてもスパーズがアウェイゴールルールで上に立ちました。77分に右からのグラウンダーをエリクセンが左足で狙うと、コンパニが体を張ってブロック。残り時間は10分を切りました。ポチェッティーノ監督は、ルーカス・モウラに代えてベン・デイヴィス。ペップの切り札はバンジャマン・メンディをレロイ・サネです。

86分、フェルナンジーニョが左に浮かしたボールをサネが頭でゴール前に送ると、ギュンドアンのボレーはクロスバーの上。全員が自陣に引いているスパーズは、最後まで耐えられるでしょうか。90分、ダニー・ローズが下がってダヴィンソン・サンチェス。93分、エリクセンが致命的なミスパスを奪われ、アグエロのラストパスをスターリングがロリスの足に当てて押し込みました。歓喜に沸くシティ・オブ・マンチェスター。スターリングは天を仰ぎ、ペップは飛び跳ね、デル・アリとロリスはピッチに倒れ込んでいます。ところが…!

レフェリーの素振りから、VARが発動したことが窺えます。レフェリーのジャッジは、アグエロの戻りオフサイド。マン・シティの4冠チャレンジを継続させる劇的なゴールは認められませんでした。追加タイム6分33秒、アウェイサポーターが待ち焦がれたタイムアップのホイッスル!スパーズがアウェイゴールルールでマン・シティをかわし、現行のCLになってからはクラブ史上初となるベスト4進出を果たしました。

序盤の撃ち合い、シソコリタイア、アグエロの一撃、ジョレンテの「決勝点」、無念のオフサイド…。ハンドを疑われたジョレンテのゴールはVARでお咎めなし、アグエロはオフサイドと、新しいシステムを用いたジャッジが明暗を分けるポイントとなりました。乱戦のトリガーとなったソン・フンミンの2発をリスペクトしつつも、MVPはマウリシオ・ポチェッティーノだったと思います。ジョレンテを前に置いてデル・アリをセンターに配し、サイドが危険と見るやベン・デイヴィスで蓋をするなど、マン・シティの猛攻を何とか止めようとする采配は見ごたえがありました。ベスト4進出、おめでとうございます。どちらが勝っても喜ばしく、どちらが敗れても悔しさが残る凄い試合でした。スパーズの指揮官のガッツポーズを目撃してから40分以上が経ちましたが、未だ震えが止まりません。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

VARの長い沈黙、判定はマネの先制ゴール!敵地で4発のリヴァプールがCLベスト4進出!

プレミアリーグでチェルシーに完勝してから中2日。タイトなスケジュールでCL準々決勝セカンドレグに臨むクロップ監督は、フィルミーノをベンチに置いています。雨のエスタディオ・ド・ドラゴンで開催されるポルトVSリヴァプール。初戦はレッズが2-0で勝っており、アウェイゴールを先に奪えば勝負は決するでしょう。プレミアリーグで優勝争いを続ける赤いユニフォームの11人を見てみましょう。GKアリソン、DFアーノルド、マティプ、ファン・ダイク、ロバートソン、MFファビーニョ、ワイナルドゥム、ミルナー、FWサラー、マネ、オリギ。キックオフから1分、ロバートソンをかわして打ったヘスス・コロナの左足シュートは、クロスバーのすぐ上を越えていきました。

4分、マティプに競り勝ったマレガが右足でミドルシュートを放つと、アリソンが冷静にキャッチ。攻めるしかないポルトは前がかりになっており、レッズは虎視眈々とカウンターを狙っています。7分、ポルトのFK。右からのラストパスを受けたマレガが振り向きざまに右足を振り抜くと、アリソンは右に反応して懐に収めます。10分までにポルトのシュートは5本。プレミアリーグNo.1の堅守を誇る最終ラインは、引きすぎると却って危険です。

14分、ボックスの左脇を崩したヘスス・コロナが中央に浮かし、マレガが頭でコースを変えるも右にアウト。マレガはこの直後にもアレックス・テレスのアーリークロスを左足で合わせますが、うまくミートできずに左に外します。ポルトがハーフコートマッチを展開し、20分を過ぎてもレッズはノーチャンス。24分にオタビオがラインの裏に浮かすと、こぼれ球に詰めたブラヒミの一撃はマティプがブロックしました。

26分、左から上がったロバートソンがニアに流したボールをサラーがシュート。チーム初の一撃はワイナルドゥムの足元に入りますが、すかさずボックスに飛び込んでパスを受けたサラーが右足で2本めを狙うと、右に流れたボールをマネがスライディングで押し込みます。ジャッジはオフサイドか。いや、どうやらVARです。長い沈黙。レフェリーがゴールを認めた直後に流れた映像は、マネが最終ラインに並んでいたことを証明しています。シュート数13対ゼロからのアウェイゴール!ポルトがベスト4に進出するためには4点が必要となりました。

30分、左からのクロスに反応したブラヒミのボレーは難しいバウンドになりましたが、アリソンは慌てずキャッチ。0-1とされた後、ポルトのアタックは単調になりました。前半終了間際にアーノルドが右からクロスを入れると、ミルナーのボレーはファーポストぎりぎりを抜けていきます。ハーフタイムのカウントでは、フィニッシュは15対4。ワンチャンスを活かしたアウェイチームが、望み通りのスコアでセカンドハーフに向かいます。後半頭からオリギに代わってフィルミーノ。セルジオ・コンセイソン監督は、オタービオをソアレスにスイッチしています。

再三のクロスは味方に合わず、思うようにシュートを打てなくなったポルトの攻撃陣。54分にエレーラのクロスを叩いたソアレスのヘッドは、大きく右に外れました。右サイドの守備に忙殺されていたマネが、57分に久々のドリブル。アーリークロスがサラーの頭に届くも、うまくコントロールできませんでした。60分を過ぎても0-1、シュート数は17対5。ポルトの指揮官は、険しい表情を浮かべています。65分、自陣左サイドの深い位置でボールを奪ったフィルミーノがカウンターを発動。右から上がったアーノルドのスルーパスは完璧でした。カシージャスと1対1になったサラーが落ち着いて左隅に決め、0-2。クロップ監督はこのタイミングでアーノルドを下げ、ようやく復帰したジョー・ゴメスを送り出しました。

68分、左からのCKをミリトンがヘッドで右隅に叩き込み、1-2。ポルトは再び4点が必要となりました。71分、ロバートソンに代わってヘンダーソン。73分にヘンダーソンのスルーパスでマネがラインの裏に抜け出し、カシージャスをかわしますが、無人のゴールを狙った右足シュートは体が回り切らず、ポストの右に逸れてしまいました。76分、ヘンダーソンのアーリークロスをフィルミーノがヘッドで叩きつけ、1-3。83分にはCKをマネが頭で後ろに逸らし、ファン・ダイクの容赦ないヘディングがネットに突き刺さりました。初戦を2-0で制したレッズが、敵地でも1-4で快勝し、バルサが待つベスト4に駒を進めました。

大きかったマネの先制ゴール。一見オフサイドだった10番の飛び込みは、VARによってベスト4進出のターニングポイントとなりました。ナーバスだったチームは落ち着きを取り戻し、終わってみれば3トップ揃い踏みの圧勝劇。サイドを制圧されたときの対応や、ミドルレンジのスペースの埋め方などいくつか宿題が残った感はありますが、クロップ監督の答えは「コンセプトは変えず、運動量とプレスの強度をUPする」ということになるのでしょう。さあ、いよいよバルサです。今季プレミアリーグの優勝争いがいかにハイレベルかを、カンプ・ノウのピッチで見せつけていただければと期待しています。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ