何もできなかった1年半…エールディヴィジ得点王メンフィス・デパイはリヨン移籍間近!

ファン・ペルシ、ルート・ニステルローイ、ベルカンプ、オーフェルマルス、ボアテング、カイト、そしてファン・デル・サール。プレミアリーグにやってきたオランダ人選手にはレジェンドと呼ばれる名プレイヤーが多いのですが、視点を変えて「エールディヴィジ得点王」となると成功・失敗は五分五分です。ニステルローイ、カイト、スアレスが大暴れした一方で、2004年にチェルシーに入団したマテヤ・ケジュマンは、エールディヴィジ2季連続得点王が嘘のようにプレミアリーグ25試合4ゴール。ミドルズブラに入ったアフォンソ・アウヴェスも通算10ゴールとパッとせず、スウォンジーでは輝いたボニー・ウィルフリードもマンチェスター・シティに移籍した後は沈んでいます。

さらにこの冬、失意のうちにイングランドを去るであろう7人めの得点王が話題になっています。マンチェスター・ユナイテッドの「栄光の7番」を背負ったメンフィス・デパイ。2015年の夏に2230万ポンド(約31億7000万円)でプレミアリーグにやってきた22歳FWは、プレミアリーグ33試合でわずか2ゴールとケジュマンを下回る低調ぶり。スピードとフィジカルの強さが求められるプレミアリーグが合わなかったのか、ファン・ハール監督の規律と戦術を消化しきれず自らの長所を忘れてしまったのか、7番のプレッシャーに負けてしまったのか。個性的なファッションセンスを「ペルーの笛吹き」といじられ、水タバコを吸う姿をパパラッチに捉えられたアタッカーは、チームにうまくなじんでいるようには見えませんでした。

セルフィッシュなプレイが目立ち、しばしば守備に戻ることを忘れるデパイは、モウリーニョ監督には選ばれないだろうという予想はあっさり的中。今季のプレミアリーグ出場は4試合19分に留まっており、シュナイデルランともども早晩チームを離れるのではないかといわれていました。このたび、オランダ代表FWの復活に賭けて手を挙げたのは、オリンピック・リヨン。「スカイスポーツ」が報じた2160万ポンド(約30億7000万円)のオファーなら、マンチェスター・ユナイテッドも文句はないでしょう。リヨンの公式サイトがデパイが現地入りしたことを発表しており、契約がまとまれば、メディカルチェックまで一気に進むものと思われます。

デパイはなぜ、マン・ユナイテッドで活躍できなかったのでしょうか。連携や守備などプレイの問題だけでなく、OBがうるさいビッグクラブへの適応、監督との相性などさまざまな理由が考えられるのですが、「ファン・ハールとモウリーニョの両方から気に入られるのは難易度が高い」のも理由のひとつではないかと思います。とりわけ昨季移籍してきた選手は、直近3シーズンをすべて異なる監督の下で過ごしたわけですが、今シーズン活躍しているといえる選手はゼロ。シュヴァインシュタイガーは出場機会がなく、マルシアルは不振で、最近スタメンが増えているダルミアンも長いこと放出候補といわれていました。ファン・ハールのスタイルにやっと慣れたところで、守備戦術の敷き方がまったく違うモウリーニョ監督に対応しなければならないとなると、多くの選手が戸惑うのでしょう。現在の主力は「マンチェスター・ユナイテッドで長く働いている選手」「モウリーニョ監督が連れてきた選手」「適応力が高い選手」「染まっていない若手」「フェライニ」のいずれかです。

私は、7番という待遇にも幻惑されてむやみにデパイに期待していたのですが、現状をみればやむなし、それなりの移籍金を残してチームを去るのがお互いにとっていい選択でしょう。浮いてしまった栄光の背番号は、後半戦で実績を残すという条件つきで、夏にムヒタリアンに渡していただくのがいいと思います。エールディヴィジ得点王は、復活の可能性があるボニーを勝ち負けどちらにも入れないとすれば、3勝1分3敗。8人めのチャレンジャー、プレミアリーグでは未だPK1発しか決めていないトッテナムのフィンセント・ヤンセンが心配な昨今です。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ブラボのセービングはプレミアリーグ最悪!? 絶不調GKをどうするのか、ペップの采配に注目!

ボクシングデーの前には、ロリス・カリウスの不安定なセービングが話題になっておりましたが、ここ1週間は、クラウディオ・ブラボの話題でもちきりです。トム・デイヴィス、ルックマンと2人の10代の選手にゴールを許したエヴァートン戦の4-0大敗がショッキングであったこと、プレミアリーグの公式データサプライヤー「Opta」がわかりやすいデータを出したことが、バルサからやってきたGKを追い込んだのでしょう。「デイリー・ミラー」は、「Horrendous stat proves Man City's Claudio Bravo is currently the worst goalkeeper in the ENTIRE Premier League(ゾッとするスタッツが、マン・シティのクラウディオ・ブラボがプレミアリーグ全体で最悪のゴールキーパーであることを示している)」と題された記事で、枠内シュートのセーブ数に関するデータを紹介。ブラボは、最近のゲームで受けた22本の枠内シュートのうち8本しか止めておらず、ブービーのボルツ、リー・グラント、フォースターらに3差をつける明らかな最下位となっています。

最も多くのシュートをストップしているのは、バルセロナでブラボの前任だったヴィクトル・バルデス。ひと足先にプレミアリーグに慣れたミドルズブラのGKは、直近22本のうち19本をセーブしています。2位がデ・ヘアとランドルフの18本。絶好調のトム・ヒートンと首位チームのクルトワが17本、プレミアリーグ最少失点チームを支えるロリスは16本、ノースロンドンのライバルに負けじとチェフも同じ数字で並んでいます。

このデータを見て「22本という切り方は恣意的で、ブラボに都合の悪いデータを仕立てているのではないか?」と思われる方もいるかもしれませんが、GKに関する大半のデータが、ブラボの出来がよくないことを示しています。セーブ数31は、1000分以上出場しているGKでは最下位。以前に「大丈夫、いずれ勇気を取り戻す!ブンデスリーガNo.2GKだったロリス・カリウスの復活に期待!」という記事で紹介させていただいた「相手のシュート数から導き出したゴール予測値と、実際の失点数」でも、ブラボより悪いのはマンダンダとツィーラーだけです。シュートを決められたのがすべてGKの責任というわけではないのですが、ビッグセーブでチームを救っている守護神は、おのずといい数字が出るものです。

リヴァプールのロリス・カリウスがミスを連発してメディアに叩かれた後、クロップ監督は即座に対応。16節のミドルズブラ戦以降はプレミアリーグはミニョレ、カップ戦はロリス・カリウスというシフトに切り替えました。控えにまわっていたベルギー代表GKは、昨季までとは別人のような素晴らしいプレイを見せており、レッズは直近6試合を4失点。唯一2点取られたサンダーランド戦はデフォーのPK2発で、GKが責任を問われる失点は弾き切れなかったウォルターズのヘディングだけです。ペップは、先人に倣って当面カバジェロ起用としてもいいのではないでしょうか。プレミアリーグのTOP6で、GKとCBの両方に新戦力を置いているのはレッズとマン・シティだけで、クロップ監督が手を打った今は、ペップのチームのみです。バーンリー戦でパンチを空振りして失点の原因となり、エヴァートン戦では枠内シュートをすべて決められた絶不調のGKと、度重なるミスで自信喪失気味のジョン・ストーンズを同時起用し続け、「新しいスタイルに慣れろ」「冷静に戦え」とあれこれ求めるのは厳しいのではではないかと思います。

マンチェスター・シティの守備における課題について、アーセナルOBのマーティン・キーオン氏と「マッチ・オブ・ザ・デイ」のフィリップ・ネビル氏が興味深い指摘をしています。「マン・シティの守備陣はボールを失ったときの切り替えが遅く、ポジショニングが悪い」と語るのはキーオン。フィリップ・ネビルは「ジョン・ストーンズのミスばかりが槍玉に挙がるが、エヴァートン戦は3つの失点で、オタメンディとクリシーがポジションも判断も誤っていた」とコメント。DF陣がブラボを信頼し切れていないために落ち着かないという面もあるかもしれませんが、GKにも同情の余地はあるようです。ただし、このふたりはブラボについて、ほぼ同じことをいっています。

「クラウディオ・ブラボのワールドクラスのセービングを1本も思い出せない。プレミアリーグ18試合で、マン・オブ・ザ・マッチ級の活躍は1回もない」「優勝するチームには、DFが厳しいときに救ってくれるGKがいるものだ」(マーティン・キーオン)
「優勝するためには、大事なシーンでセーブしてくれるGKが必要だ。ここ10年、20年のチャンピオンチームを見てみよう。そのストップでシーズンに9~12ポイントの価値を生み出しているGKがいるはずだから」(フィリップ・ネビル)

ブラボが素晴らしいセービングでチームを救えるようになるまでには、時間が必要でしょう。ジョー・ハートが恋しくなる状況ですが、ペップはどんな判断を下すのでしょうか。新守護神がプレミアリーグを手のうちに入れるのを待つか、カバジェロに託すか、冬のマーケットで動くのか。リーグ戦での4-0敗戦は自身のワーストだった名将が、守備をどう立て直すかに注目したいと思います。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

珍しいルーカスの決勝ゴールでリヴァプールは辛勝!FAカップ3回戦再試合レポート

のどかです、プリマス・アーガイルの本拠地ホーム・パーク。FAカップ3回戦をアンフィールドで戦ったリヴァプールは、リーグ2(4部相当)のクラブに0-0で引き分けてしまい、避けたかったイングランド南部への遠征を強いられてしまいました。クロップ監督は、当然のように若手とサブの選手主体のスタメンで必勝のゲームに臨んでいます。GKロリス・カリウス、DFはアーノルド、ルーカス・レイヴァ、ジョー・ゴメス、アルベルト・モレノ。中盤にスチュワート、エジャリア、ウッドバーンが入り、前線にはプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド戦で復帰したばかりのコウチーニョが顔を見せています。スタリッジとオリギは、ゴールという目に見える結果を出してレギュラーポジションに近づきたいところ。キックオフから間もなく、レッズがボールをキープしてプリマスは速攻狙いという予想通りの展開となります。

先制点を奪いにいくより、リードされたくないという気持ちが勝っているのか、足元へのパスが多いリヴァプール。短いパスは中央に集まるプリマス守備陣につかまり、サイドからのラストパスはことごとくカットされますが、それでもセットプレーを活かして19分に先制します。決めたのは何とルーカス・レイヴァ!CKでニアに走り込んだセントラルMFは、強烈なヘッドでGKマコーミックの手を弾きました。プレミアリーグのレスター戦でヴァーディにバックパスをさらわれたとき、「My first assist in 10 years(この10年で初のアシストだね)」と自虐的につぶやいていたブラジル人MFは、6シーズンぶりのゴールです。1-0となり、ますますアウェイチームが押すかと思いきや、プリマスはすかさず反撃。キャリーのミドルはゴール右隅を襲う素晴らしい一撃でしたが、ロリス・カリウスが左手を伸ばしてセーブ。こぼれ球を持ち込んだドナルドソンは、GKの目の前でカットされてしまいました。

33分にスレルケルドがルーカスを抜き去り、グラウンダーを入れたプリマスのアタックは決定的でした。中途半端な対応となったジョー・ゴメスは触れず、中のガリタはフリー。足に当てれば同点でしたが、アーノルドがぎりぎりで間に合い、決められなかったアタッカーは呆然としています。1-0となってからはプリマスペース。ハーフタイムにクロップ監督が手を施さなければ、ジャイアントキリングが起こるかもしれません。後半開始からしばらくはプリマスが元気でしたが、やがて地力に勝るレッズがゲームを支配します。入ったかに思われたオリギのミドルは、GKが弾いてクロスバーの上。65分にコウチーニョに代わったハリー・ウィルソンは、バックパスを受けたGKのキックに飛び込んで体に当てるも、枠を越えて追加点はなりません。

85分、アルベルト・モレノがクロスを入れた後に足を引っかけられる微妙なシーンに、レフェリーのジャッジはPK。オリギが左隅を狙ったキックは、読み勝ったマコーミックが見事にキャッチし、プレミアリーグ3位はセーフティリードを奪えません。結局、0-1のままタイムアップ。若手を使い、復帰間もないコウチーニョのコンディションを上げたうえでの勝利なら、内容については目をつぶれるでしょう。レッズの4回戦は、アンフィールドでウルブスです。

昨日はバーンリーとクリスタル・パレスがホームで勝利。サム・アラダイス監督は、クリスタルパレスでの初勝利を飾りました。レッズのゲームと同時に開催されたセント・メアリーズの一戦は、サウサンプトンが追加タイムのシェーン・ロングの一撃でノリッジに1-0辛勝。次のラウンドではホームにアーセナルを迎えます。WBAとストーク以外は、プレミアリーグ勢が順当に駒を進めたFAカップ。4回戦は、1月27日~29日に開催されます。(ルーカス・レイヴァ 写真著作者/CFCUnofficial (Chelsea Debs))


【FAカップ3回戦再試合結果】
バーンリー 2-0 サンダーランド
バーンズリー 1-2 ブラックプール
フリートウッド 0-1 ブリストル
ウィンブルドン 1-3 サットン
クリスタル・パレス 2-1 ボルトン
リンカーン 1-0 イプスウィッチ
ニューカッスル 3-1 バーミンガム
プリマス 0-1 リヴァプール
サウザンプトン 1-0 ノリッジ


【FAカップ4回戦組み合わせ(水色はプレミアリーグ所属)】
トッテナム VS ウィコム
ダービー・カウンティ VS レスター
オックスフォード VS ニューカッスル
サットン VS リーズ
リヴァプール VS ウルブス
サウサンプトン VS アーセナル
リンカーン VS ブライトン・アンド・ホーブ・アルビオン
チェルシー VS ブレントフォード
マンチェスター・ユナイテッド VS ウィガン
ミルウォール VS ワトフォード
ロッチデール VS ハダースフィールド
バーンリー VS ブリストル
ブラックバーン VS ブラックプール
フラム VS ハル・シティ
ミドルズブラ VS アクリントン・スタンリー
クリスタル・パレス VS マンチェスター・シティ


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

それはあかん!「不発の核弾頭」アダマ・トラオレにチェルシーがアプローチ!?

毎朝、イギリスのメディアに目を通すのが習慣です。プレミアリーグ関連のコーナーを必ずチェックするのは「BBC」「スカイスポーツ」。興味深い記事が多いため、よく立ち寄るのは「デイリー・ミラー」「テレグラフ」。この時期は、移籍関連のニュースは必須です。さっそく、「スカイスポーツ」を見ていきましょう。「マンチェスター・ユナイテッドが、バレンシアと契約延長」。そりゃそうでしょう。「スウォンジーが、トッテナムのMFトム・キャロルを獲得」。なるほど。「チェルシーが、ミドルズブラのウインガー、アダマ・トラオレにアプローチ」。え…いやいやいや、あかんあかん!そんなことしたら、化けますって!

みなさん、アダマ・トラオレをご存じですか?昨季チェルシーで活躍してた…いえ、それはベルトラン・トラオレ。今季、アヤックスにレンタルされて、「何でチェルシーでプレイできないの?」とちょっぴり腐ってたアタッカーです。アダマ・トラオレは、バルセロナのカンテラ出身のスペイン人で、来週21歳になる若手ウインガー。昨季、アストン・ヴィラが700万ポンド(約9億8000万円)で獲得しており、バルサ的には20歳を前に見切った選手ではあります。プレミアリーグ初年度は、骨折で3ヵ月戦列を離れる不運もあり、交代出場ばかりの10試合ノーゴール。「10試合に出れば週給4万ポンド(約560万円)を7万5000ポンド(約1050万円)に上げる」という契約があったようで、今季は高いサラリーでプレイできるはずだったのですが、チームがチャンピオンシップに降格したこともあって、ミドルズブラに移籍することになりました。

さて、新シーズン。プレミアリーグ昇格クラブで先発8試合、途中出場6試合、計14試合ノーゴールは、何ということのない数字です。彼を知らない方々は、ここまでの情報を見てもピンと来ず、移籍話に血相を変える私に困惑するばかりでしょう。さあ、いよいよ本題に入ります。アダマ・トラオレの凄さを語る数字をお見せしましょう。今季プレミアリーグのドリブル成功数で、アザール、ザハの次に多いのがボロのウインガーなのです。3位ですかと侮るなかれ。「14試合768分しか出ていない選手が、ピッチで倍以上の時間を過ごしているマネやアレクシス・サンチェスより20回以上もドリブル成功が多い」といえば、多少なりとも興味が湧くのではないでしょうか。


【プレミアリーグ2016-17 ドリブル成功数ランキング】
1位/ アザール(チェルシー)       成功数88/成功率76.5%/出場時間1693
2位/ ザハ(クリスタル・パレス)     成功数80/成功率55.1%/出場時間1644
3位/ アダマ・トラオレ(ミドルズブラ)  成功数73/成功率76.8%/出場時間  768
4位/ スターリング(マン・シティ)    成功数56/成功率57.7%/出場時間1572
5位/ ポグバ(マン・ユナイテッド)    成功数54/成功率64.2%/出場時間1800
6位/ アレクシス・サンチェス(アーセナル)成功数53/成功率63.1%/出場時間1786
7位/ マイケル・アントニオ(ウェストハム)成功数53/成功率58.9%/出場時間1728
8位/ パイェ(ウェストハム)       成功数47/成功率58.0%/出場時間1515
9位/ マネ(リヴァプール)        成功数47/成功率56.6%/出場時間1659
10位/アムラバト(ワトフォード)      成功数43/成功率62.3%/出場時間1408


どうですか!TOP10のなかでは、成功率No.1。10分に1回は、DFをぶっちぎっている計算になるわけですが、数字を見ると、脅威と疑問を同時に感じます。「なぜ、ノーゴール!?」。そうなんです、彼の課題はそこです。CBやGKを前にすると、どうもプレイが単調になり、シュートを当てたり逸らしたりしてしまうのです。

チェルシーがアプローチしているという話が事実だとすれば、まだ粗さはあるものの、スピードを武器に磨き上げればブレイクすると踏んでいるのでしょう。ボロよりも確実にボールをもらえるチェルシーなら、ゴールの感覚を思い出し、突如ケチャップ出まくり状態になるかもしれません。今はどう見てもペドロを起用すべしですが、ひとたび化ければリヴァプールで頭角を現したときのスターリングのようになるのではないでしょうか。とはいえ、来季はローンでフィテッセあたりに出されて、ルイス・ベイカーやナタンと一緒に修業している可能性も同じぐらいありますが…。

アダマ・トラオレがプレミアリーグでステップアップするなら、キレのある速攻主体のチェルシーか、最後方からサイドにロングフィードが出てくるトッテナムがいいのではないかと思っておりました。が、ライバルクラブサポーターの帽子を深々とかぶれば、「あかんあかん!それホンマにあかんヤツ!」です。「不発の核弾頭」の爆発力はいかほどのものなのか?怖いもの見たさはあるものの、しばらくはボロの本拠地リバーサイドで時々観客をどよめかせていただければと思います。完全に目が覚めたことを「スカイスポーツ」に感謝しつつ、続報を待つとしましょう。(アダマ・トラオレ 写真著作者/Castroquini-FCB)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ