ジュニオル・フィルポ獲得、コウチーニョ買い戻し…リヴァプールの補強に関する2つの噂!

アルベルト・モレノの後釜として、19歳でベティスのBチームからプロデビューした遅咲きのドミニカ人の名前が挙がっています。ジュニオル・フィルポ、22歳。2017-18シーズンのラ・リーガでは14試合2ゴール、昨季は24試合2ゴールと着実に出番を増やしている左SBです。プレミアリーグ制覇をめざすクラブとはいえ、バイアウト条項に記載されている4500万ポンド(約61億6000万円)をバックアッパーに払うのかと訝しむ向きもあるでしょう。ロバートソンと同タイプなら、リヴァプールはぜいたくといわれても仕方がありません。

では、こういわれたらいかがでしょう。「184cmの大型SBで、ポストマルセロとまでいわれた攻撃力がセールスポイント。WB、サイドアタッカー、CBまでこなすユーティリティーの高さも魅力」。ジュニオル・フィルポは、ユルゲン・クロップがいかにも好きそうなタイプで、プレミアリーグとの相性もよさげです。彼を首尾よく獲得できれば、左サイドの懸念は消滅。残る手薄なポジションは、セインツのアレックス・マッカーシーが噂になっていたアリソンのバックアッパーだけになります。

穏やかな夏…と思いきや、フランスメディア「Le10 Sport」が物騒なゴシップを放り込んできました。バルセロナで思うような結果が出せず、プレミアリーグ復帰を画策しているといわれていたフィリペ・コウチーニョをリヴァプールが買い戻すというお話です。コパ・アメリカの開幕戦となったボリビアとのゲームで2ゴールを決めた11番は、「バルセロナで続けるかどうかはわからない。未来は誰にもわからないよね。今は代表チームに集中している」と移籍を匂わすコメントを残しています。

プレミアリーグといっても、マンチェスター・ユナイテッドはご本人がレッズに操を立ててNG、チェルシーは補強禁止、マン・シティとトッテナムは興味がないようで、アーセナルの補強予算はバルサがレッズに支払った移籍金1億4500万ポンドの1/3以下です。リヴァプールにしてみれば、8000万ポンド程度で買い戻せれば悪くない売買ですが、5000万ポンドを用意すれば獲れそうなナビル・フェキルよりも価値があるといえるでしょうか。「バルサは移籍を容認している」「レッズは金がある」という脆弱な根拠しか書かれていない記事を、フランスから仕入れた「エクスプレス」と「メトロ」は、Twitterを一瞬賑わしただけで終わりそうです。

「ムバッペが、FIFAをやるとしたらCL優勝のリヴァプールを選ぶとコメント」「オスマン・デンベレ獲得の可能性を打診」…チャンピオンズリーグ制覇の副作用というべきか、ちょっとしたエピソードがすべて移籍ゴシップとリンクするリヴァプール。フィルポやマッカーシーはあっても、コウチーニョやムバッペはないでしょう。引き続き、左SBとGKに関するニューフェイスの話題を追いかけることとしましょう。「未来は誰にもわからない」という元10番の言葉は不気味ではありますが…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ワンビサカは合意間近、ジョルジーニョはユーヴェ!? プレミアリーグの移籍最新トピックス!

アーロン・ワン・ビサカは獲得合意に至ったのか、未だ交渉中なのか。「デイリー・レコード」は、マンチェスター・ユナイテッドとクリスタル・パレスが5500万ポンド(約75億円)で握ったと主張。「デイリー・メール」はこの報道を明確に否定し、両者はまだ協議中と伝えています。

論点は「クリスタル・パレスが承諾したか」ですが、異なる見解を示しているメディアが共通していることが2つあります。ひとつめは、成立した場合の移籍金は5500万ポンド以上で、マン・シティがカイル・ウォーカー獲得に要した費用を抜いてプレミアリーグのSB史上最高額となること。もうひとつは、マンチェスター・ユナイテッドと21歳の右SBが個人合意に至っており、サウスロンドンのクラブが移籍を容認していることです。

昨季プレミアリーグでインターセプト84回は2位、タックル129回は3位。出色の数字を残したヤングスターが、アシュリー・ヤングとジオゴ・ダロトだけでは心もとないクラブの最優先ターゲットであるのは間違いありません。3500万ポンドはあっさりスルーされ、4000万ポンドでもプレミアリーグ12位は納得せず。ひと頃は、PSVのオランダ代表SBデンゼル・ダンフリースを2500万ポンドで獲りにいっていると報じられましたが、最終的にはプレミアリーグで42試合を経験しているイングランド人のほうが将来性があると判断したようです。激しいコンタクトを厭わず、迫力があるオーバーラップも魅力のワン・ビサカは、キャリアを始めたクラブを離れてビッグクラブでチャレンジすることになりそうです。

マンチェスター・ユナイテッドの新戦力獲得交渉に注目が集まるなか、補強禁止のチェルシーは2人めの離脱者が話題になっています。「デイリー・ミラー」によると、マウリツィオ・サッリが連れてきたジョルジーニョが、クラブを離れた指揮官の後を追ってユヴェントスに移籍しようとしているとのこと。代理人のジョアン・サントス氏はこの報道を素直に認め、「私たちは、ユヴェントスの興味が本気なのか把握するために数日待とうと思う。ジョルジーニョはプロフェッショナルなので、ナポリでの過去は問題にならないだろう」と語っています。

ジョルジーニョはチェルシーに満足している。素晴らしい雰囲気だからね」と、ヨーロッパリーグ王者に問題があるわけではないことを強調しながら、選手も代理人自身もサッリボールに魅了されていると正直に吐露。「長年にわたって非常にいい組織を築いてきたユーヴェのようなクラブなら、サッリの改善はスムーズに進み、勝ち続けることができるだろう。5年間サッリを追い続けてきたけど、彼のフットボールのスタイルは何しろおもしろい。ユーヴェは変わるよ。みんな納得するはずだ」。トランスファーマーケットは何が起こるかわからないと抽象的な表現に留めてはいるものの、ユーヴェからオファーがあれば、個人合意までは時間はかからないでしょう。

コヴァチッチが去り、ロフタス=チークが長期離脱中のチームは、ジョルジーニョが抜ければカンテ、ウィリアン、ドリンクウォーター、ロス・バークリー、アンパドゥで中盤を組成することになり、明らかに駒不足です。1年前に獲ったばかりのアンカーの移籍は認めないと思われますが、ユーヴェVSチェルシーの綱引き第2弾は勃発するのでしょうか。ワン・ビサカは移籍、ジョルジーニョは残留で着地すると思うのですが…どうなるか、見てみましょう。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「BBC」がサインまであと1歩と報道。アンドレ・ゴメスがエヴァートンに完全移籍間近!

ビッグ6が慎重モードの2019年夏。プレミアリーグ連覇のマンチェスター・シティと2位リヴァプールは、手薄なポジションをフォローするだけに留まる見通しで、補強禁止のチェルシーと資金不足のアーセナルも沈黙を続けています。マンチェスター・ユナイテッドは目当ての選手が高額で苦戦中。大型補強に打って出るはずのトッテナムにも、未だこれといったトピックスはありません。プレミアリーグの6強に加入した新戦力は、スウォンジーからマン・ユナイテッドに移籍したウェールズ代表MFダニエル・ジェームズのみ。現地メディアの見出しがヒートアップするのは、7月に入ってからになりそうです。

一方、中堅以下のクラブを見ると、プレミアリーグ昇格を決めたばかりのアストン・ヴィラとウェストハムが元気です。バーミンガムのスペイン人MFホタ、リールに所属していたFWアンワル・エル・ガジを獲得していたアストン・ヴィラは、クラブレコードとなる2200万ポンドでクラブ・ブルッヘのブラジル人FWウェズレイをゲット。公式戦48試合17ゴール10アシストの22歳は、ジャック・グリーリッシュとコンビネーションを築いて攻撃の軸となることを期待されています。

ミルウォールのGKデヴィッド・マーティンを手に入れたウェストハムは、2400万ポンド(約32億6000万円)でビジャレアルのMFパブロ・フォルナレスを獲得。余勢をかって、昨季プレミアリーグでエヴァートンにローン移籍していたアンドレ・ゴメスを狙っていると伝えられていました。ハマーズが提示した移籍金は2000万ポンド(約27億2000万円)。バルセロナはこれを拒否しましたが、バルベルデ監督が戦力としてカウントしていないMFは、プレミアリーグのどこかに居場所を求めていると目されていました。

そんななかで、ライバルを200万ほど上回る2200万ポンド(約30億円)を提示したのは、アンドレ・ゴメスの価値をよくわかっているエヴァートンでした。昨季プレミアリーグで26試合1ゴール1アシストのセントラルMFは、長短のパスで攻撃のスタートボタンを押せる貴重な存在。初めてのイングランドで、年末年始のタイトなスケジュールにやられて息切れした感はありましたが、終盤戦になって守備が整備されたチームで攻守のつなぎ役として機能していました。

「BBC」は、「Andre Gomes: Everton close to signing Barcelona midfielder as Leighton Baines signs new deal(アンドレ・ゴメス:レイトン・ベインズと新しい契約を結んだエヴァートンは、バルセロナのMFとのサインに近づいている)」と題した記事で、バルサとクラブ間合意に至ったエヴァートンが手続き完了を目前にしていると報じています。ハダースフィールドの守護神ヨナス・ラッセルをフリーでゲットしたマージ―サイドのクラブは、これが2人めの「Done Deal」。就任2年めで勝負のシーズンとなるマルコ・シウヴァ監督は、中盤の軸の確保に胸をなでおろしているのではないでしょうか。

ビッグ6の一角崩しを目論むエヴァートン、ウルヴス、レスター、ウェストハムは、7月になれば激しく動くのではないかと思います。優勝をめざす上位の動向に注目しつつ、中堅クラブのチームづくりもしっかり追いかけてまいります。トランスファーマーケットが閉まるまで、残された時間は50日です。長いような、短いような。(アンドレ・ゴメス 写真著作者/Дмитрий Голубович)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

レスターで英雄、エヴァートンで戦犯…マン・ユナイテッドにあの敏腕FDは是か非か?

ジェイミー・ヴァーディー、リヤド・マフレズ、岡崎慎司、エンゴロ・カンテ。2015-16シーズンのプレミアリーグで奇跡的な優勝を遂げたレスターに、慧眼のスカウトがいたのを覚えている方は少なくないでしょう。スティ-ヴ・ウォルシュ、当時の肩書はフットボールディレクターやスカウト部長ではなく、アシスタントコーチ。ヴァーディーのスプリント、マフレズのドリブルテクニック、岡崎慎司やカンテの運動量をデータで分析し、自らスタジアムに足を運んでプレイを丹念にチェックしたフィクサーが、前年は降格寸前だったチームをプレミアリーグの頂点に引き上げたといっても過言ではないでしょう。このたび、その名前がメディアの見出しを飾ったのは、マンチェスター・ユナイテッドが招聘を検討していると報じられたからです。「デイリー・メール」の記事を追いかけてみましょう。

プレミアリーグのライバルたちに、組織機能で後れをとっているマンチェスター・ユナイテッドは、フットボールディレクターの候補をリストアップしています。エド・ウッドワードCEOのお気に入りは、クラブOBのダレン・フレッチャー。インテリジェンス溢れる35歳のレジェンドは、ファーガソン時代のチーム作りにこだわったりしなければ、クラブを熟知しているというアドバンテージを活かせそうです。これに対して、レスターとエヴァートンでスカウト部門を統率したスティ-ヴ・ウォルシュの是非も論じられているとのこと。彼の抜擢に反対する人々の根拠は、エヴァートンでの大失敗でしょう。

2016年の夏にレスターからトフィーズに「転職」したフットボールディレクターは、関与する時間がなかった初年度の夏はグイェ、ボラシェ、アシュリー・ウィリアムス、カルヴァート=ルーウィンという無難な補強を施しますが、プレミアリーグのビッグ6の一角崩しを目論んだ2年めの大型補強が空回り。前シーズンの冬に獲得したリックマンとシュナイデルランがパッとしなかったのに続いて、クラーセン、サンドロ・ラミレス、ヴラシッチは何もできずにクラブを去ることになりました。

期待通りといえるのはGKのピックフォードのみ。マイケル・キーンとシグルズソンはフィットするのに時間がかかり、クコ・マルティナも機能したとはいえませんでした。「デイリー・メール」は、クーマンとウォルシュの「敗因」について、組織の混乱を挙げています。クラーセンやシグルズソンはクーマンが声をかけ、ウェイン・ルーニーは経営ボード主導。コンセプトなき1億5000万ポンドのビッグディールは、チームの土台を脆くしてしまい、責任を問われたウォルシュはシーズン終了とともにチームを追われました。

マンチェスター・ユナイテッドから来た10番は、プレミアリーグ2ケタゴールを達成したものの、クーマンの早期解任を招いた元凶だったのではないでしょうか。トラップした後の判断が遅く、攻撃のスピードを落としてしまうルーニーによって、シグルズソンやクラーセンは持ち味を殺された感があります。ウォルシュに全体を統括させなかったクラブの過ちか、クーマンのチーム作りを理解できなかったFDの限界か、大規模クラブで働いたことがない敏腕スカウトの経験不足によるものか。失敗の捉え方によって、マンチェスター・ユナイテッドの判断が変わる可能性があります。

私見を述べさせていただけるならば、「外部からの招聘がベター、ただしウォルシュではない」。ウッドワードの意を汲む人選では大きな改革は望めません。。フラットな目線で一石を投じ、過去の栄光を完全に忘れさせてくれる人材が必要なのではないでしょうか。例えば、高額な買い物を嫌ったヴェンゲル監督を諫めるように、ミキとオーバメヤンを連れてきたスヴェン・ミスリンタートのような存在です。クラブOBを連れてくるとしても、スールシャールの先輩格か、他クラブでプレイした経験が豊富な「外様」を登用するほうが、愚行の環を断ち切れるのではないでしょうか。

いずれにしても、新FDの就任は早ければ早いほど効果的です。マンチェスター・ユナイテッドの決断はいかに。リオ・ファーディナンドとフレッチャーといった候補者を見ると、安易な人選という感が拭えないのですが…。「新戦力の獲得交渉がヘタだったCEOは、フットボールディレクターの人選と説得も苦手だった」などといじられることがないよう、適切なプロセスに基づいた納得感のある採用をお願いいたします。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

若手獲得も主力の売却次第!? 前途多難なアーセナル、3つの移籍ゴシップをチェック!

大連一方との交渉で移籍金が折り合わず、ヤニック・フェレイラ・カラスコの獲得を断念。ガナーズへの移籍に前向きと伝えられていたライアン・フレイザーは、「もう1年ボーンマスに残る可能性がある。なるようにしかならないということだね」と完全にトーンダウンしています。プレミアリーグ5位でCL出場権を逃し、補強にかけられる資金が4500万ポンドしかないといわれているクラブは、3000万ポンド程度の選手でも白旗を揚げているように見えます。最近、聞こえてくる名前の多くは、23歳以下の若い選手です。

ローマのロレンツォ・ペッレグリーニは、長短問わず多彩なパスを繰り出せるセントラルMF。昨夏にはユヴェントスがケディラの代役として白羽の矢を立てており、プレミアリーグでアーロン・ラムジーの穴を埋めるポテンシャルは充分にあると思われます。「デイリー・ミラー」によると、昨日23歳になったばかりのイタリア代表MFは、2700万ポンド(約37億円)で獲得可能といわれるお買い得案件。トッテナムやミラン、インテルなどが狙っているといわれておりますが、ガナーズは既に代理人とコンタクトを取ったようです。ライバルたちが値段を吊り上げてくる前に、ご本人に指名いただければ実現の可能性が高まります。

「セルティックから2000万ポンドでSBを獲った」というニュースが聞こえてきたら、冴えない買い物を…と落胆するグーナーもいるのではないでしょうか。微妙なお値段には脊髄で反応してしまいがちな方に申し上げたいのは、リヴァプールのアンディ・ロバートソンが800万ポンドだったという事実です。2017年の夏にハル・シティからやってきたときは、多くのレッズサポーターが酷評していたスコットランド人SBは、2018-19シーズンのプレミアリーグで11アシストを記録。ワールドクラスと称賛する評論家を生み出しています。エメリ監督が獲得を熱望しているといわれるキーラン・ティアニーは、3つ年上の先輩の後に続くかもしれません。

セルティックの左サイドに張る22歳のSBは、2018-19シーズンの公式戦40試合に出場し、1ゴール6アシスト。スコティッシュプレミアシップでは21試合出場に留まりましたが、腰の負傷がなければ出番は増えていたはずです。10代だった2016年に代表初選出を果たし、3年で12試合に出場。ロバートソンがいるチームでは、器用さを買われて右SBや3バックの左CBとしてもプレイしています。エメリ監督はプレミアリーグでも充分通用すると評価しており、「デイリー・メール」「ザ・サン」「メトロ」が報じた2000万ポンドからどれだけロバートソン価格に近づくかが今後の注目ポイントです。

フランスメディアが個人合意と報じたサンテティエンヌの18歳CBウィリアム・サリバは、初めてのプロ契約から13か月で名門クラブに移籍することになるのでしょうか。有望な選手ですが、リーグアン通算16試合のCBはあくまでも将来投資で、補強予算が少ない夏に優先順位を上げられるディールではないでしょう。ティアニーと同様に2023年まで契約を残しているため、売値は2500万~3000万ポンドとなる見通し。「交渉はさほど進んでいない」と主張する「イブニング・スタンダード」は、エジルやムスタフィなど主力を売らなければ手が届かないと報じています。アーセナルに行きたがっていると伝えられた長身CBは、念願のプレミアリーグでプレイできるのか。答えが出るのは、7月に入ってからになりそうです。

若手を2人獲ったら終了という現状を見るにつけ、「誰を入れるか」の前に「誰が売れるか」をチェックすべきとあらためて思いました。いやー、厳しいですね。ライアン・フレイザーやティアニーをゲットできれば、一気に期待が高まるのですが…。プレミアリーグでTOP4をめざすガナーズの強化については、今のところは「前途多難」といわざるをえません。(キーラン・ティアニー 写真著作者/Graham)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ