マンチェスター・ユナイテッドが検討中といわれる6人のセントラルMF、来るのは誰だ!?

7月21日、ヒューストンで開催されたマンチェスターダービーは、テンションが上がりました。インターナショナルチャンピオンズカップ2017、上海でバイエルン相手にPK戦を制したアーセナルに続くプレミアリーグ勢は、「新戦力と若手を試したペップVS本番仕様のモウリーニョ」です。デ・ヘア、ブリント、リンデロフ、スモーリング、バレンシア、エレーラ、ポグバ、ムヒタリアン、リンガード、ラシュフォード、ルカクの11人という布陣は、早い時期にプレミアリーグでも見られるかもしれません。対するペップは、エデルソン、カイル・ウォーカーに加えてパトリック・ロバーツとアデラビオヨが先発。エレーラはスティーブン・ジェラードのように遠めからのシュートを連発し、スターリングとデブライネはサイドから仕掛けてきわどいクロスを最終ラインとデ・ヘアの間に通します。

ボールポゼッションは45:55でマン・シティ、しかしシュート数は11対9でマン・ユナイテッド。いかにもこの2チームらしいスタッツですが、決着もまた「マンチェスター・ユナイテッドが勝つならこの展開!」と叫びたくなる電光石火のカウンター2連発でした。37分に縦パス1本で抜け出したルカクは、出遅れながらもボックスの外でクリアしようとしたエデルソンに先着してヘッドでかわし、角度を失いながらも無人のゴールに左足で蹴り込みました。その2分後、エレーラとラシュフォードが自陣でインターセプトに成功し、カウンターがスタート。ドリブルで中央を切り裂いたムヒタリアンが右に流すと、ラシュフォードが冷静にエデルソンの脇を抜いてサイドネットに収めました。「カッティング・エッジ!」と実況が思わず叫んだ鋭い速攻は、プレミアリーグでも見られるに違いありません。試合後、「非常にいいトレーニングセッションになった。ペップもそうだろう」と語ったモウリーニョ監督は、この日の出来には満足していても、補強に関しては足りないと考えているでしょう。

最もほしいのは、マイケル・キャリックの後継者です。「スカイスポーツ」は、「Whoscored」が挙げた5人の候補を紹介し、それぞれの可能性について予測しています。最初に登場するのは、1月にレスターに加わったばかりのエンディディ。ベルギーのヘンクから来た20歳は、2017年に入ってからのプレミアリーグで71のカンテに次ぐ2位となる68のタックルを決めています。「WhoScored」は、75.9%と凡庸な数字しか残せなかったパスが弱点と指摘しつつも、「マンチェスター・ユナイテッドのような強豪で容易に改善できる」と主張。目当ての選手を連れて来られなければ現実的な代替案になりえるとまとめています。

2人めは、モナコのファビーニョ。パリも狙っているといわれる23歳のMFは、ライバルに出したくないモナコによってオールド・トラフォードに進路変更するかもしれません。パス成功率84.4%はエンディディより上。1試合あたり3.1タックル、1.4のインターセプトという数字を示したメディアは「守備的な責任から逃れようとする選手ではない」と解説しています。右SBができるのもモウリーニョ監督にとって理想的で、「マン・ユナイテッドのベストマッチング」と評される存在ながら獲得できるかどうかは微妙。他に確実にいける選手がいれば、そちらを優先した方がセーフティです。

パリ・サンジェルマンのマルコ・ヴェラッティは、いわずと知れたミーノ・ライオラ案件。「パリ・サンジェルマンがワールドレコードでネイマールを獲った際には、FFP遵守のために放出される可能性あり」といわれると、さすがに来ないだろうという気分に支配されます。パス成功率はティアゴ・モッタに次ぐチーム2位の88.4%。「WhoScored」の採点でヴェラッティを上回ったのは、先にプレミアリーグ参入を決めたアレクサンドル・ラカゼットだけだそうです。「モナコの男(=ファビーニョ)より高価だが、ボール扱いでは元ペスカーラのMFの方が優れている」。私はモナコのセントラルMF推しですが、彼がマンチェスター・ユナイテッドでプレイしたいという意志をもって来てくれるのであれば、もちろんウェルカムです。その可能性はともかく…。

マンチェスター・ユナイテッドがチェルシーとの争奪戦を制してロメウ・ルカクを獲得してから、ネマニャ・マティッチの話は聞こえなくなりました。記事は「プレミアリーグのライバルからのオファーを受けることは、まずありえないだろう」としながら、マティッチがモウリーニョとのリンクを強く望めばユーヴェから奪取する可能性があるといっています。リヴぁプールを差し置いて、ナビ・ケイタ移籍のクラブ間合意をライプツィヒと結んだらなかなかの事件ですが、レッズが無理ならケイタは残留でしょう。モウリーニョ監督が熱望しているといわれるエリック・ダイアーもノーチャンスに見えます。昨季プレミアリーグで187本のロングボールを通したCBを上回るのは、212本を記録した同僚のアルデルヴァイレルトのみ。「3バックもこなせるのも、モウリーニョ監督に対するアピールポイント」と解説されたスパーズのイングランド代表は、「モウリーニョのリストの上位」といわれていますが、ポチェッティーノ監督の抵抗は相当強いのではないかと思われます。

私の希望は、プレミアリーグとモウリーニョ監督をいずれもよく知るマティッチか、ボール奪取と運動量が魅力のファビーニョですが、みなさんは誰がマンチェスター・ユナイテッドに合うと思いますか?ナビ・ケイタ奪取の可能性は限りなくゼロだと思いますが…!?(ファビーニョ 写真著作者/Вячеслав Евдокимов)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ロバートソン入団を発表したリヴァプールは、ナビ・ケイタとファン・ダイクを獲れるのか?

アルバロ・モラタ、チチャリートと、プレミアリーグ関連の「Done Deal」が続々と発表されるなか、リヴァプールもこの夏3人めの新戦力獲得に成功しています。ハル・シティから来たアンドリュー・ロバートソンは、移籍金1000万ポンド(約14億4000万円)。「ちょっとシュールだね。でもとてもうれしいよ。この数週間は憶測が多かったけど、最終的に取引が成立してリヴァプールの選手になれたことを喜ばしく思う」。スコットランド代表のSBは、アルベルト・モレノがサブでは不安だった左サイドを落ち着かせてくれるでしょう。プレミアリーグ57試合1ゴールと23歳なりの場数を踏んでおり、計算できる補強なのではないかと思います。早期にクロップサッカーのコンセプトを吸収し、迫力あるオーバーラップを見せてもらえればと楽しみにしています。

モハメド・サラー、ドミニク・ソランケ、ロバートソンと3人まで押さえたリヴァプールは、懸案のナビ・ケイタとファン・ダイク獲得を実現できるのでしょうか。ナビ・ケイタについては、ドイツ紙「シュポルト・ビルト」が7500万ユーロ(約97億円)のオファーをライプツィヒが拒否したと報じています。リヴァプールからのオファーの額を公開したのは、レッドブル社の共同オーナーであるディートリヒ・マテシッツ氏。大金のためだけに選手を売ったりはしないと断言したオーナーは、軽率な売却はドイツ代表FWティモ・ヴェルナーなど他の選手の離脱を促してしまうとも語り、セントラルMFのプレミアリーグ入りの噂を一蹴しました。1年後には移籍金4800万ポンド(約69億円)を払えば契約解除できるというバイアウト条項が発生する選手を、100億円近い金額で売れるのはドイツのクラブにとっても魅力的な話ではあるのですが…。今のところは獲得は難しそうとしかいえません。

レッズにとっては、むしろファン・ダイクのほうが脈があるのかもしれません。「Virgil van Dijk tells Southampton he wants to leave(ヴィルジル・ファン・ダイクはサウサンプトンにチームを離れたいと告げた)」と題された「スカイスポーツ」の記事を読むと、移籍を志願したCBに対して、サウサンプトンの新監督マウリシオ・ペッレグリーノは練習から外すという判断をしたとのこと。「彼は”退団したいからプレイできない”といった。チームにOKといえず、溶け込むことができなければひとりで練習するしかない」「あまりいいたくはないが、私は選手たちに100%を要求したい。体だけでなく、気持ちが大事だ」と「BBCラジオ」に熱く語った指揮官は、最終ラインの要といえどもチームへのコミットメントを示すまでは合流させない意向のようです。

1ヵ月半前、クラブに許可を得ることなくファン・ダイクにコンタクトを取ったとサウサンプトンに非難されたリヴァプールは、オフィシャルに謝罪するとともに完全に撤退したと見られておりましたが、どうやらファン・ダイク自身の「チャンピオンズリーグに出場するクラブでプレイしたい」という意向は変わらず。獲得を熱望するクロップ監督にチャンスは残されているようです。「デイリー・ミラー」は、DFとしてプレミアリーグ史上最高となる6000万ポンド(約86億円)が必要といわれる選手に対して、レッズは今度は正面から獲得を申し出ると伝えています。

これらの話が事実であれば、ナビ・ケイタは来年再チャレンジとして大物獲得はファン・ダイクに絞り、チャンピオンズリーグをにらんで層の薄いポジションのみ補強するという形でもいいのではないかと思います。…が、プレミアリーグで10年を過ごしたルーカス・レイヴァがラツィオに去り、ケヴィン・スチュワートがハル・シティに移籍した今、ナビ・ケイタのポジションこそが最も懸案なんですよね。これは、悩ましい。「8月31日まで時間はある。サポーターには悪いが、(補強してほしいという要望には)すぐには応えられない」と語っていたクロップ監督は、意中の2人を手に入れるために6週間という時間を目いっぱい遣うつもりでいるのかもしれません。

総額200億円近い2つのディールは、2人とも獲得できればプレミアリーグ優勝が視界に入り、両方コケれば4位以内キープとCLベスト8あたりを現実的な目標とせざるをえない壮大なギャンブルとなりそうです。指揮官のいうとおり、サポーターは固唾をのんで成り行きを見守ることしかできません。いやー、ドキドキしますね。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

まだまだ続くストライカー大移動の熱い夏!ウェストハムがチチャリート獲得を発表!

ウェストハムの公式サイトに、「Javier Hernandez terms agreed」というシンプルな見出しと大きな写真。プレミアリーグに、元マンチェスター・ユナイテッドのストライカーが帰ってきました。ハビエル・エルナンデス・バルカサル「チチャリート」。サー・アレックス・ファーガソンの下では3年連続プレミアリーグ10ゴール以上と得点力の高さを見せつけながら、クラブの混乱とともに出場機会を失った小柄なFWは、2014-15シーズンにレンタルされたレアル・マドリードでは23試合7ゴール。2015-16シーズンにレヴァークーゼンに移籍すると、2シーズン通算でリーグ戦55試合27ゴールと得点力の高さを見せつけました。2017年5月には、ロシアワールドカップ北中米カリブ海地区予選のコスタリカ戦で高い打点のヘディングシュートを叩き込み、90試合46ゴールでメキシコ代表の歴代トップスコアラーに躍り出ました。マンチェスター・ユナイテッドで公式戦159試合57ゴール、プレミアリーグ103試合37ゴールとイングランドサッカーをよく知る選手だけに、初体験のモラタやラカゼットより多くのゴールを積み重ねても驚きはありません。

「ワンタッチゴールの天才」。チチャリートの最大の魅力は、何といってもゴール前でのポジショニングのよさです。楔のパスをさばいてDFの視界から消え、ボックスに飛び込むプレイはまさにストライカー。175センチと上背はないながら、DFの裏からでも叩ける高いヘディングは、落下点予測とジャンプのタイミングが完璧だから成し得る技です。ベイビーフェイスで空中戦に強い選手といえばアレクシス・サンチェスを思い出しますが、自らボールを運ぶのも好きなチリ代表のアタッカーに対して、メキシコのエースは徹底的に使われる側です。

2016年9月に欧州通算100ゴールを決めたチチャリートについて、「Opta」がおもしろい分析をしていました。右足でのゴールは54、左が23、ヘディングが22で足と頭以外が1。アーセナルに来てから72ゴールを決めているアレクシス・サンチェスは左足のシュートが4つしかなく、狙って足を振り抜いたのはたった1本なのに比べると、フィニッシャーとしての自在性ではチチャリートに軍配が上がります。さらに特徴的なのは、100発中95発までがボックス内で放ったシュートであること。ラストパスに反応して決めるのが得意で、ボールに絡むよりもCBとの駆け引きに集中するタイプだけに消えてしまう時間も多いのですが、ここぞというシーンでは必ず中にいてくれるので、クロスに自信があるサイドアタッカーにとってはありがたい存在です。アンディ・キャロルが競り合って落としたボールにチチャリートが絡む2トップは、ビリッチ監督のオプションとして機能するのではないでしょうか。

マンチェスター・ユナイテッドはロメウ・ルカク、チェルシーはアルバロ・モラタ、アーセナルはアレクサンドル・ラカゼット、ジャーメイン・デフォーがボーンマス、そしてエヴァートンにウェイン・ルーニー。ストライカー大移動の夏は未だ終わらず。オリヴィエ・ジルー、クリスティアン・ベンテケには噂が絶えず、ジエゴ・コスタはスペイン復帰が発表されるのを待つばかりです。プレミアリーグ2017-18シーズンの見どころのひとつは、新ストライカーの成否です。ブックメーカー「ウィリアム・ヒル」は、早くもプレミアリーグ得点王のベットを始めており、ハリー・ケイン3.75、ルカク5.00、モラタ、ガブリエウ・ジェズス、アグエロが7.00、ラカゼット9.00というオッズがついています。ロンドンスタジアムを本拠地とするチチャリートは、上位に食い込むことができるでしょうか。スノドグラス、ランシーニ、入団が噂されているアルナウトヴィッチと優秀なパサーが多いハマーズゆえ、昨季プレミアリーグでジョシュア・キング、ジョレンテ、デフォー、ベンテケが届いた15ゴールもない話ではないと思います。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ダニーロ獲得間近といわれるペップ・グアルディオラ。理想のチーム完成まであと2人!?

てっきり、チェルシーにいくのだとばかり思っていました。レアル・マドリードの右SB、ダニーロ・ルイス・ダ・シウヴァ。いや、彼に「右」とサイドを添えるのは妥当ではないでしょう。両サイドをこなし、中盤の底でプレイしてもペップを満足させられそうだと「スカイスポーツ」が評価しています。184センチとSBにしては恵まれた体躯の選手は、プレミアリーグのアタッカーたちと堂々と張り合えるでしょう。アルバロ・モラタに7000万ポンドという強気なタグを付けた欧州王者は、マンチェスター・シティとは移籍金2650万ポンド(約38億6000万円)で手を打ったようです。2014年の夏、欧州No.1の売却上手ポルトから3150万ユーロ(約40億6000万円)でスペインに渡った26歳のSBは、1歳下のカルバハルとのレギュラー争いに勝てず、リーガ・エスパニョーラ出場17試合に留まりました。

マン・シティがプレミアリーグ王者との争奪戦に勝ったとすると、決め手となったのはより多くの出場機会が期待できることか、あるいはえもいわれぬペップの魅力か。彼のユーティリティが発揮できるのは、試合の展開を見ながら頻繁にフォーメーションを変えるペップのチームのほうかもしれません。DFとしてはプレミアリーグ史上最高額の5000万ポンド(約73億7000万円)で獲得したカイル・ウォーカーも、真ん中に絞って中盤の組み立てに加勢できる選手です。サバレタ、サニャ、クリシー、ヘスス・ナバスを放出したスペイン人指揮官は、自らのコンセプトを体現できる選手を確実に集めています。

ダヴィド・シルヴァの後継者ベルナルド・シルヴァ、新守護神エデルソン、プレミアリーグ屈指のSBカイル・ウォーカー、ブラジルU-20代表MFダグラス・ルイス。4人のタレントを確保したマンチェスター・シティは、さらにダニーロを含む3~4人の選手と話を続けていると報じられています。「スカイスポーツ」が挙げた名前は、モナコの左SBベンジャミン・メンディ、そしてアレクシス・サンチェスです。「メンディはモナコの選手だから、黙ってないといけない」「アレクシスはアーセナルの選手だ。ヴェンゲルがそんなこと(=クラブ残留)をいってるのなら、彼のほうがよくわかっているということだろう」。マスコミの報道がヒートアップしないように、ペップは噂を否定しているものの、アレクシスはともかく左SBの獲得交渉は早晩まとまるでしょう。

ペップがアレクシス・サンチェスをほしがっているのは、プレミアリーグで24ゴールを積み上げた得点力もさることながら、リーグNo.1のスルーパス48本に代表されるパスワークや、相手の最終ラインに対する激しいプレッシングを買っているのだと思われます。それにしても、凄い。ガブリエウ・ジェズス、アグエロ、ダヴィド・シルヴァ、サネ、スターリング、デブライネ、ベルナルド・シウヴァと既にタレントが揃っている前線に、ガナーズのエースまで加えようとするとは…。ノリートがセヴィージャに去り、イヘアナチョまで荷物をまとめようとしているのは、出場機会の少なさに不満を募らせたからです。どんな試合でも出たがるアレクシス・サンチェスを迎えれば、サネやスターリングが同じことをいい出すのではないかと心配になります。

順調に補強を進めているようにみえるペップは、ヴェンゲル監督の主張を覆すことができるでしょうか。マーケットの締め切りまで、まだ6週間あります。(ダニーロ・ルイス・ダ・シウヴァ 写真著作者/Ailura)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ