右サイド偏重だったチェルシー、負けたことがなかったバレンシアにまさかのホーム敗戦!

フランク・ランパードは、監督として初めてのチャンピオンズリーグに若手主体のメンバーで臨みます。2-5で圧勝したプレミアリーグのウルヴス戦から変わったのは、負傷したリュディガーのみ。クリーンシートがひとつもないチームは、ラ・リーガで13位と不振のバレンシアを抑えることができるでしょうか。スタンフォード・ブリッジのピッチに揃った11人を紹介しましょう。GKケパ、3バックにフィカヨ・トモリ、クリステンセン、ズマ。WBはマルコス・アロンソとアスピリクエタ、セントラルMFにジョルジーニョとコヴァチッチが並んでいます。ウィリアン、メイソン・マウント、タミー・アブラハムの前線も、直近のプレミアリーグと同じ布陣です。

6分、ウィリアンとのパス交換から縦に抜けたのはアスピリクエタ。ニアに入ったクロスにタミー・アブラハムが飛び込みますが、GKシレッセンがセーブしました。9分にコクランのタックルで傷ついたメイソン・マウントは痛みが癒えず、悔しそうに顔をゆがめながら16分にリタイアしました。代わって入ったのはペドロ・ロドリゲス。今季プレミアリーグ3ゴールの若きアタッカーを失ってから、タミー・アブラハムの孤立が目立つようになりました。

ウィリアンの精力的な仕掛けばかりが目立つチェルシーの攻撃。左サイドがまったく使えておらず、アスピリクエタからのクロスを叩いた27分のタミー・アブラハムのヘッドは、うまく当たらず逆サイドに流れます。30分、左からの折り返しがニアのロドリゴに届くと、左足の一撃はガメイロにヒット。35分に中央でスラロームを披露したウィリアンは、右足のミドルを左のポスト際に外しました。1分後、果敢にオーバーラップしたフィカヨ・トモリは、ボックスに侵入してファーにクロスを上げるも、アスピリクエタがボレーをミートできません。

チェルシーはペドロのポジションが低く、時間がかかる左サイドは優先順位が下がりがち。41分、前線に走ったウィリアンにピタリと合わせたコヴァチッチのロングフィードは見事でしたが、胸トラップからのシュートは枠にいきません。両者とも決定機がないまま後半に突入。チェルシーは、相変わらず右サイド偏重のアタックを続けています。56分、バレンシアがCKでサインプレーを使い、グラウンダーに走りこんだガメイロがフリーで右足を振り抜きますが、力んだ一撃は左に外れ、スタンフォード・ブリッジには安堵のため息が充満しています。

62分、マルコス・アロンソが壁の足元を抜いたFKは、ースを読んだシレッセンが左手を伸ばしてビッグセーブ。70分にガメイロが下がり、マキシ・ゴメスが前線に入ります。ランパード監督の2枚めは、ズマをジルー。ゴールを狙った交代策の直後に、バレンシアに先制点を奪われてしまいました。左からパレホが縦に浮かしたFKに、タミー・アブラハムとジョルジーニョが虚を突かれ、中央から左に流れてきたロドリゴのボレーがニアに突き刺さります。0-1となり、攻めるしかないチェルシー。若き指揮官は80分のコヴァチッチを諦め、ロス・バークリーで勝負です。

83分、CKで競り勝ったフィカヨ・トモリのヘッドがヴァスに当たってシレッセンがキャッチ。チェルシーの選手たちがハンドを主張するも笛は吹かれず、試合は続けられましたが、1分ほど経過してからレフェリーがVARを宣言しました。86分に下されたジャッジはPK。タミー・アブラハムは、キッカーのロス・バークリーにどんなアドバイスをしていたのでしょうか。かつてはPKが苦手といわれたシレッセンは、クロスバーをかすめてスタンドに飛び込んだボールを見てガッツポーズを繰り返しました。

過去6試合は3勝3分。バレンシアに負けたことがなかったチェルシーが、要塞スタンフォード・ブリッジでまさかの敗戦を喫しました。右からのクロスと中央突破に寄っていたホームチームのアタックは、バルサに5発喰らったばかりのバレンシアでも守りやすかったのではないでしょうか。ズマを代えたときは、ジルーではなくプリシッチでラストパスの出どころとバリエーションを増やしたほうがいいのではないかと思ったのですが…。厳しい結果となりましたが、リールとアヤックスのアウェイ連戦を負けずに切り抜ければグループステージ突破が見えてきます。週末のプレミアリーグはリヴァプールとのホームゲーム。指揮官と選手たちに、立ち止まっている時間はありません。(ロス・バークリー 写真著作者/@cfcunofficial (Chelsea Debs) London)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ロバートソン、痛恨!リヴァプールはアウェイのナポリ戦で2年連続ノーゴールの敗戦!

いよいよ、チャンピオンズリーグ2019-20シーズンが開幕します。プレミアリーグ勢で最初にピッチに立つのは、2シーズン連続でナポリと激突するリヴァプールと、スタンフォード・ブリッジにバレンシアを迎えるチェルシー。スタディオ・サン・パオロで戦う欧州王者のアウェイゲームを先に紹介しましょう。クロップ監督は、プレミアリーグのニューカッスル戦でベンチに置いたミルナーとヘンダーソンを起用。前線にはFAB3を揃え、最終ラインにはいつもの4人が入っています。GKアドリアン、DFアーノルド、マティプ、ファン・ダイク、ロバートソン。MFミルナー、ファビーニョ、ヘンダーソン、3トップはサラー、マネ、フィルミーノ。キックオフからアグレッシブに攻めるレッズは、相変わらずサラーが元気です。

最初のチャンスは7分のナポリでした。マリオ・ルイのクリアを左サイドでインシーニェが拾い、ニアに転がしたボールをファビアン・ルイスがダイレクトでシュート。アドリアンが前にセーブし、こぼれ球を再度8番が右足で叩きますが、これもGKの正面にいってしまいました。レッズの3トップが仕掛けるカウンターは、ことごとくクリバリにカットされています。12分にファビーニョが中央からドリブルで仕掛けた速攻も、サラーにパスが出た瞬間、クリバリが間合いを詰めてシュートを許しません。

18分にアーノルドが中に入り、フィルミーノをポストに使いますが、得意のスルーパスは裏に通らず。2分後にヘンダーソンが敵陣で奪い、すかさず左にいたマネに展開すると、左足のフィニッシュはGKメレトが触ってCKに逃れます。直後、サラーがドリブルでボックスに侵入し、切り返しから左足を振り抜くと、しっかり着いていったマノラスがブロック。こぼれ球をマネがミルナーに落とすも、右足でアウトにかけたシュートは浮いてしまいました。

右サイドから執拗に攻めるナポリは、ハイクロスもCKもマティプに弾かれています。25分からは青いシャツが攻める時間が続きますが、アーノルドが秀逸なカバーリングを見せ、ラインの裏に出るボールをことごとくカット。37分にロバートソン、フィルミーノ、マネとつながったチャンスは、ボックスの右のコーナーまで持ち込んだサラーがニアに外しました。

43分、ファビーニョが大きく左に出したボールをフィルミーノが収めてカウンター発動。マネのスルーパスで左サイドを突破したミルナーは、グラウンダーをファーのサラーに通せず悔しがっています。ショートコーナーから、ミルナーのクロスがフィルミーノの頭を捉えますが、フィニッシュは惜しくもポストの右。0-0で終わった前半は、互角といっていいでしょう。

49分、カジェホンのサイドチェンジを受けたマリオ・ルイが、ファン・ダイクの頭上を越える完璧なクロスをファーのメルテンスへ。ヘディングシュートが決まったかと腰を浮かした瞬間、アドリアンが右手で弾き出すビッグセーブで失点を回避しました。55分にCKのクリアからマネがドリブルで突進し、サラーとの2対1のチャンスを創りますが、左に転がしたラストパスがエースに合わずナポリは命拾い。プレミアリーグで全勝のチームは、いつもなら決めているシーンで意志の疎通を欠いてしまいました。

65分、ハイボールをクリバリが頭でクリアすると、マノラスのキックミスがサラーの足元に届きますが、左からクロスに狙ったシュートはメレトが左に飛んでビッグセーブ。66分にミルナーがワイナルドゥムに代わると、アンチェロッティ監督はインシーニェをジエリンスキにチェンジ。2分後にロサーノが下がり、昨季までプレミアリーグで活躍していたジョレンテが前線に入ります。73分、フィルミーノをポストに使ってボックスに入ったマネのシュートはメレトの守備範囲。足をつったアランはエルマスに代わり、残り時間は15分を切りました。

80分、メルテンスのパスを受けて切り返したカジェホンが、ロバートソンに引っかけられてPK。メルテンスが蹴ったボールはアドリアンの手に当たって枠に飛び込みました。レッズの目標はだたひとつ、アウェイゴールを持ち帰ることです。87分、クロップ監督はヘンダーソンに代えてシャキリを投入。92分、レッズに手痛いエラーが出てしまいました。左サイドでファンダイクがメルテンスと競り、こぼれたボールをロバートソンがアドリアンにまかせようとした瞬間、抜け目ないジョレンテが先着してGKの脇を抜きました。

リヴァプール、悔しいスコアレス。90分で負けたのは今季初めてです。まずは、パーフェクトな守備を見せたカリドゥ・クリバリに拍手を送りたいと思います。シュート数10対13、オンターゲット5対4のゲームはラスト10分まで互角の展開でしたが、ミスをしたチームが勝ち点をロストしました。2つの失点に絡んでしまったロバートソンは、眠れない夜を過ごすことになりそうです。完全に崩されたシーンがなかったチームにとって、2点は受け入れがたいビハインドです。

レッズの課題は、中盤に強固なブロックを敷いたチームに対するMFの対処法でしょう。3トップを追い越す動きやミドルシュートを増やして、危険な存在だと認識させなければ、クリバリのような屈強なCBにポジショニングやプレイ選択のミスを促すことはできません。このあたりは、シャキリのフィット、ナビ・ケイタの復活、チェンバレンによるチェンジオブペースに期待しましょう。先手の交代策で拮抗した展開を変えられなかったのが、指揮官とチームの課題だと思います。

アウェイゴールを奪って勝ち点をゲットしたい一戦でしたが、昨季も敵地では1-0で敗れた相手にうまくやられただけです。気持ちを切り替えて、週末のプレミアリーグでチェルシーに勝ちにいきましょう。バレンシアにホームで敗れたあちらのほうが、敗戦のショックと今後に対する不安は大きいはずです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「未来ははっきりした」「ファンに恩返ししたい」…ダヴィド・デ・ヘア、ついに契約延長!

久々にソン・フンミン無双を堪能したロンドンダービー、トッテナムVSクリスタル・パレスの観戦記を書くと決めていたのですが、多くのマンチェスター・ユナイテッドサポーターが待ち焦がれた朗報をお伝えせずにはいられません。クラブの公式サイトが、ダヴィド・デ・ヘアの契約延長を発表しました。プレミアリーグ屈指の守護神の新契約は2023年6月までで、1年の延長オプション付き。本人とスールシャール監督のコメントを紹介しているサイトは、サラリーの額までは掲載しておりませんが、「スカイスポーツ」は週給35万ポンド~37万5000ポンド(約4700万~5000万円)とレポートしています。20億円を軽く超える年俸は、もちろんGKのワールドレコードです。

2011年の夏にマンチェスター・ユナイテッドに加わり、9シーズンめを迎えたデ・ヘアは、11月に29歳になります。プレミアリーグ280試合出場、クリーンシート102回。PFA年間ベストイレブンに5回輝き、クラブMVPを3回ゲットしている世界最高のショットストッパーが、個人表彰を積み重ねるだけで満足するはずがありません。

サー・アレックス・ファーガソンの最後のシーズンにプレミアリーグ優勝を果たし、ファン・ハール時代にFAカップを獲り、モウリーニョとともにリーグカップを制した守護神のターゲットは、2度めのリーグ制覇と初めてのビッグイヤーでしょう。クラブのインタビューに応えたデ・ヘアは、「いいときも悪いときも支えてくれたファンに恩返ししたい」と語っています。

「偉大なクラブで8年もプレイできたのは、僕の特権だ。マンチェスター・ユナイテッドでキャリアを続けられるのは、真の名誉だと思っている。ここに来てから、350試合以上に出場できるなんて想像もできなかった。僕の未来ははっきりした。チームが成し遂げられると信じていること、すなわちみんなでもう1度トロフィーを獲得するという目標を達成するための力になりたい」

「スカッドにおけるシニアプレーヤーのひとりとして、どんな形ででも若い選手をリードし、支えたい。彼らは、このクラブでプレイする意味をわかっているだろう。このクラブで実現できることはたくさんある。マンチェスター・ユナイテッドは、必ずや成功の伝統を築き上げ、ファンのサポートに報いることができると確信している」

最近のプレミアリーグでは、エデルソン、アリソン・ベッカー、ケパといった足元のテクニックに長けたGKが台頭し、以前は絶対的だったデ・ヘアの評価も変わりつつあります。最終ラインからのバックパスを大きく蹴り出すことが多いクラシックなGKは、好不調の波も一因となりスペイン代表のレギュラーの座をケパに奪われてしまいました。長い手足を駆使したシュートブロックは名人芸ですが、苦手なハイボール処理とフィードの精度を改善できなければ、若い世代に取って代わられてしまうかもしれません。

リヴァプールやマン・シティのGKがどんなに素晴らしいプレイを披露しようとも、私にとってデ・ヘアはアンタッチャブルな存在です。マン・ユナイテッドが最も苦しい時代に、超絶セーブを連発してチームを救ってきたGKが、オールド・トラフォードで引退スピーチをする姿を見られればと夢想することもあります。いつか、そんな日は来るのでしょうか。そしてそのとき、われわれはいくつのトロフィーを共有しているのでしょうか。…いやー、うれしいです。何度、大陸の強豪クラブへの移籍を覚悟したことか。彼とともに、欧州制覇の喜びを分かち合える日が来ることを願ってやみません。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Watford×Arsenal】止まらないデウロフェウ、自陣でミス連発…ガナーズ、幸運のドロー!

トップ下に、メスト・エジルが戻ってきました。プレミアリーグ5節、ヴィカレージ・ロードのワトフォードVSアーセナル。負傷したラカゼットが使えないエメリ監督は、前線にオーバメヤンとニコラ・ペペを並べています。ダニ・セバージョスとグエンドゥジが左右に入り、中盤の底をジャカが締めるダイヤモンド型の4-4-2。レノの前にはメートランド・ナイルズ、パパスタソプーロス、ダヴィド・ルイス、コラシナツの4枚です。

6分に、デウロフェウが最初のシュートを打つまでは静かな展開。アーセナルは縦にボールが入らず、10分を過ぎてもチャンスはありません。11分、右からのパスを受けたクレヴァリーにダヴィド・ルイスが当たりにいけず、強いミドルがゴールを襲うもレノが冷静にセーブ。13分にきれいなサイドチェンジが左のデウロフェウに通ると、メートランド・ナイルズをかわした7番が後ろに落とし、ホレバスのダイレクトショットが左に外れます。プレミアリーグ最下位チームは、キケ・フローレス監督の就任によって、1年前のアグレッシブなフットボールを思い出したようです。

押されていたガナーズは、20分にグエンドゥジが起点となった速攻からニコラ・ペペが左足できわどいシュートを放ち、その1分後に鋭いカウンターを決めました。ダニ・セバージョスが奪ったボールをコラシナツがドリブルで持ち込み、ボックス左にいたオーバメヤンにラストパス。ゴールに背を向けてトラップしたエースは、振り向きながらニアが空いているのを確認し、シャープなシュートでGKフォスターの右手の先を抜きました。

これで元気になったガナーズは、32分に追加点をゲットします。エジルが縦に転がした素晴らしいスルーパスで、右から上がったメートランド・ナイルズがフリー。グラウンダーがノーマークのオーバメヤンに通り、今季プレミアリーグ5ゴールめはイージーな左足ボレーでした。さすが、エジル!昨季のレスター戦でベジェリンをラインの裏に走らせた美しいボールを思い出します。あのときも、フィニッシュはオーバメヤンでした。

35分にボックスのすぐ外でグエンドゥジが奪われ、デウロフェウのシュートをレノがセーブ。ビルドアップにおける危なっかしいプレイは、後にポイントを失う原因となります。0-2で折り返したガナーズが、セカンドハーフであれだけ殴られ続けるとは思いませんでした。45分で喰らったシュートは23本。前半の8本を足すとトータル31本となり、Optaが計測を始めて以来のプレミアリーグレコードだそうです。

キックオフから1分、自陣右サイドにいたグエンドゥジがボックスのコーナーにいたアンドレ・グレイにプレゼントするという信じられないミスを犯し、レノの飛び出しに助けられます。中盤と最終ラインが浮足立ったのは、キレキレのデウロフェウにビビったのか、執拗なプレスを怖れたのか。パパスタソプーロスがやらかしたのは53分。ゴールの脇でレノからボールをもらったCBは、明らかに狙っていたデウロフェウにボックス内で不用意なパスをカットされ、こぼれ球をクレヴァリーに叩き込まれてしまいました。

エメリ監督は60分にダニ・セバージョスを下げ、若いウィロックを投入。キケ・フローレス監督は、ウィル・ヒューズを下げてロベルト・ペレイラで勝負です。デウロフェウは、自分は止められないと確信しているかのように自由に振る舞っています。65分に2人のマーカーの間を通したパスは絶品。アンドレ・グレイに代わったイスマイラ・サールが焦らなければここで同点でした。67分のグエンドゥジをルーカス・トレイラは、当然の交代といっても大げさではないでしょう。デウロフェウが当たり前のようにメートランド=ナイルズをかわし、ファーポスト際を狙うシーンを何度見たことか。

71分、エジルをネルソン。3枚めは、より経験値が高いチャンバースでデウロフェウを抑えたほうがよかったのではないでしょうか。79分、ニコラ・ペペが右からドリブルで突破。シュートのこぼれ球を直接叩いたルーカス・トレイラの強烈なボレーが決まっていれば、勝負は終わっていたでしょう。しかしこの直後に、ダヴィド・ルイスがロベルト・ペレイラを引っかけてPKを取られてしまいます。相手の前に出した足を引っ込めたCBは、ジャッジに納得していないようですが、ロベルト・ペレイラが難なく決めて2-2のイーブンとなりました。

この後のガナーズは、サンドバックのようにシュートを打たれ続けました。84分のデウロフェウの一撃が10センチ内側だったら、92分にイスマイラ・サールのグラウンダーに合わせたドゥクレのボレーがもう少し左に飛んでいたら、プレミアリーグ最下位が今季初勝利を決めていたでしょう。デウロフェウをまったく止められず、前線と最終ラインは分断され、勝ち点ゼロか1ポイントかの二択はレノのセービングに委ねられました。ラスト20分は、チャンバースを入れてゴール前のスペースを消し、カウンター狙いに徹したほうが勝つ確率は高まったのではないかと思います。

2人のCBは冷静さを欠いて失点のきっかけとなり、メートランド=ナイルズは狙われ、コラシナツが上がると背後をカバーしきれず…エメリ監督が改善すべきテーマは明確です。メートランド=ナイルズ、コラシナツ、ダヴィド・ルイスを活かすなら、3バックのほうがいいのではないでしょうか。戦術の完成度向上と最終ラインの安定化を実現できなければ、ガナーズは今季もアウェイで勝ち点を失い続けるでしょう。TOP4をめざすチームが、不振の中堅クラブに31本も打たれてはいけません。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Wolves×Chelsea】未完の大器がついに覚醒⁉ タミー・アブラハムの3発をプレーバック!

これは、本格的なブレイクですね。びっくりしました。タミー・アブラハム、プレミアリーグで自身初のハットトリック達成!守備が不安定なチェルシーが、やっかいなウルヴスにアウェイで勝てるのかと気を揉んだ一戦でしたが、U-21の大活躍で予想外の圧勝でした。5発快勝のゲームを振り返りましょう。ランパード監督の布陣は3-4-2-1。GKケパの前にフィカヨ・トモリ、クリステンセン、リュディガー。アウトサイドにマルコス・アロンソとアスピリクエタ、センターにジョルジーニョとコヴァチッチ。ウィリアンとメイソン・マウントの前に、今季プレミアリーグ4戦4発のタミー・アブラハムです。

キックオフから、アダマ・トラオレに左サイドを攻められていたチェルシーは、10分の手前でようやく落ち着きました。ラインの裏を再三狙うジョルジーニョのパスが味方に通らず、15分を過ぎてもシュートが打てない時間が続きますが、リュディガーのヒールキックがニアポストのすぐ外に転がった20分のCKは惜しいチャンスでした。29分、アスピリクエタのクロスをニアでトラップしたウィリアンのシュートは、うまく押さえられずクロスバーの上。先制ゴールを決めたのは、アカデミー出身の21歳のCBでした。31分、右サイドの競り合いからクリアボールが中央に転がると、フィカヨ・トモリがダイレクトで右足一閃。左のサイドネットを襲ったスーパーショットにルイ・パトリシオは触れず、モリニューに歓喜の叫びが響き渡りました。

プレミアリーグ初ゴールを決めたCBは、34分にアグレッシブなドリブルで左から仕掛け、追加点のきっかけとなります。ニアに出たボールに反応したメイソン・マウントがコーディと競り合い、こぼれたボールが中央のタミー・アブラハムへ。ストライカーは冷静にGKとDFが触れないコースに蹴り込み、U-21トリオによるゴールシーンを完成させました。さらに41分、ウィリアンのドリブルから波状攻撃がスタートします。マルコス・アロンソが左から浮かしたボールに反応したタミー・アブラハムが、コーディのマークを外して左隅にヘディングシュート。名手ルイ・パトリシオが1歩も動けない完璧なフィニッシュでした。

リュディガーは大事をとって代えたのか、またも負傷してしまったのか。後半のピッチには、クル・ズマが入っています。チェルシーの新エースが3発めを叩き込んだのは55分。ジョルジーニョの縦パスを収めたタミー・アブラハムが、ツータッチの見事なフェイントでコーディを抜き去り、右からクロスに狙ったシュートをサイドネットに突き刺しました。

0-4とされたホームチームはようやく覚醒し、チェルシーの最終ラインをゴール前に押し込みます。65分、右サイドにいたジョルジーニョのスルーパスでメイソン・マウントが抜け出し、ルイ・パトリシオをかわすも無人のゴールへのキックをミス。69分、ジョアン・モウチーニョのCKをサイスがヘッドで合わせると、ケパが弾いたボールがタミー・アブラハムの手に当たってゴールに飛び込んでしまいました。

残り20分、ヒメネスがモルガン・ギブス=ホワイトに後を譲り、コヴァチッチはロス・バークリーにチェンジ。タミー・アブラハムは77分に足をつり、バチュアイが最前線に入ります。84分、左から上がったロス・バークリーがGKの前に走り込んだバチュアイに優しいラストパスを通しますが、ルイ・パトリシオが果敢に飛び出してストップ。1分後、モルガン・ギブス=ホワイトが右サイドのドハーティーに浮き球を通すと、右足のシュートをケパが弾き、詰めたクトローネがプッシュして2点差としました。

追加タイムが終わる直前に、乱戦を締めたのはメイソン・マウント。バチュアイのパスを左で受けた20歳のアタッカーは、バジェホをかわして右足を振り抜き、ルイ・パトリシオの脇を抜きました。2-5で圧勝したチェルシーですが、プレミアリーグ5節までの11ゴールはタミー・アブラハムが7発、メイソン・マウントが3発、フィカヨ・トモリのスーパーゴールとすべてU-21が決めています。

フランク・ランパード降臨によって劇的に変わったチームは、優勝争いに絡むことができるでしょうか。次節はスタンフォード・ブリッジで首位リヴァプールと激突。タミー・アブラハムとメイソン・マウントのコンビには大いに期待しておりますが、ウルヴス戦の後半のような間延びしたラインと緩いチェックでは大量失点必至です。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ