「モンチを取り逃がしたのは残念、しかしチームは進化」…現地記者がウナイ・エメリを絶賛!

冷静に見れば「テレグラフ」のいうとおりで、この1年については「混乱」と表現するしかありません。2年連続でプレミアリーグ4位以内に届かず、アーセン・ヴェンゲルが辞任。9月にはCEOのイヴァン・ガジディスがミランに移り、ラウル・サンレヒとの確執が噂されたスヴェン・ミスリンタートは2月の頭に去っています。現場の棟梁と経営ボードのトップ、さらにはリクルーティングの責任者までが1年以内に続々といなくなる非常事態。タブロイド紙に「来夏の補強予算は4000万ポンド(約59億円)」と書かれたクラブに、辣腕のスポーツディレクターたちが不安を覚えるのは仕方がありません。

ミスリンタートの後釜として、しばしば名前が挙がっていたモンチは、ローマを辞した直後にセヴィージャへの復帰が決定。第2候補と目されていたオーフェルマルスは、アヤックスとの契約を延長してしまいました。大本命だったモンチは、「セヴィージャに決めたのは、古巣のファンだからでも、しがらみがあるからでもない」と語っています。「アーセナルには感謝している。彼らは最も強い関心を示してくれたクラブだったが、私は全てのオファーを評価したうえで、最も確かなものをチョイスした。スポーツの観点で、納得できるプロジェクトだったからセビージャを選んだのだ」。ノースロンドンのクラブに足りなかったのは、当座の補強資金か長期的な展望か。ローマの元SDには250万ポンド(約3億7000万円)が提示されたそうですが、そのオファーは何らかの懸念が感じられるものだったようです。

冒頭で紹介した「テレグラフ」の記事は、揺れるクラブをディスるものではなく、混乱のなかでチームを強化した指揮官を称える内容です。タイトルは「Despite apparent chaos at Arsenal, there are clear signs of progress under Unai Emery」。チーフ記者のジェイソン・バート氏は、「アーセナルは明らかに混乱しているにも関わらず、ウナイ・エメリの下で進化の兆候がある」と主張しています。いわれてみれば、こちらもそのとおりです。ヴェンゲルのラストシーズンは、プレミアリーグでアウェイ7連敗という不名誉な記録を残して6位フィニッシュ。アトレティコ・マドリードとセミファイナルで激突したヨーロッパリーグは、アーセナルスタジアムの開始10分で10人になった相手にカウンターを喰らい、グリーズマンに決められたのが致命傷となりました。独走したマン・シティの背中はまったく見えず、30節を終えた時点で4位リヴァプールとの差は12に開いていました。

ルーカス・トレイラ、ベルント・レノ、グエンドゥジなど実質本位の補強を施した2018-19シーズンは、連敗スタートの後、7連勝で上位進出。年末年始に苦しんだものの、3位スパーズに1差というまずまずのポジションで踏ん張っています。ヨーロッパリーグでもベスト8に進出しており、2つのルートから来季のCLが狙える状況は既に合格点といっていいでしょう。指揮官の最大の手柄は、若手の抜擢。イオビ、グエンドゥジ、メートランド=ナイルズ、ルーカス・トレイラが主力に定着しており、ホールディングは負傷さえなければ最終ラインを束ねていたはずです。最終ラインの脆さは相変わらずですが、ラカゼットとオーバメヤンが並ぶ前線は破壊力抜群で、ゴールへの道筋は1年前よりも明確です。

エジル、ラムジー、ミキが機能していない時期があり、コシールニー、ベジェリン、ホールディング、ウェルベックが長期離脱を強いられたなかで、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーの上という現在のポジションは称賛すべきではないでしょうか。最終的にCL出場権を獲得できれば、経営的にも上向きとなり、この1年の混乱を忘れられそうです。プレミアリーグは残り8試合。ライバルとのシックスポインターを終えた唯一のチームは、3位に最も近い存在といっていいでしょう。ウルヴス、エヴァートン、ワトフォード、レスター、バーンリーと、アウェイが難敵揃いなのは気になるものの、CL出場権を手中に収められれば、敏腕SD招聘の可能性も上がるものと思われます。来季こそは、安定した経営基盤の下で強化に集中できる1年になるといいですね。いろいろありましたが、長期政権後の監督の人選だけは、間違いなく正解でした。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

たぶんアレです。オーバメヤンが「久しぶりにマスクしよ♡」と思い立った瞬間を推理しました!

ヨーロッパリーグラウンド16、エミレーツにレンヌを迎えたセカンドレグ。72分にコラシナツのクロスを押し込んだオーバメヤンは、迷わずそれが仕込んであるはずの場所に走りました。ゴール裏に並ぶサインボードの裏をのぞき込むと、思ったより左に隠されていたことに気づき、笑顔でダッシュ。手にした黒い袋に入っていたのは、ブラックパンサーのマスクでした。プレミアリーグ17ゴールのエースがマスクマンに変身するのを待ったチームメイトが祝福すると、ガボン代表のストライカーは腕をクロスに組んで自らの仕事を誇りました。

FIFAのルールには、「ゴールセレブレーションの際に、プレーヤーがマスクまたは類似物で顔を覆った場合は、不必要で過度なセレブレーションのディスプレイと見做す」とあります。レフェリーは、当然イエローカードを提示。彼がマスクでカードをもらったのは、今回が初めてではありません。不思議だったのは、5分の先制ゴールの際にマスクパフォーマンスがなかったことです。あちら側のゴールには仕込んでいなかったとすれば、雑すぎる企画。2試合トータル2-3と負けている状況ではさすがにできないと考えたなら、意外とマジメ。しかしその場合は、2発叩き込むと確信していた自信家ということでもあります。過去にイエローをもらっているのに性懲りもなく繰り返すおバカ…いや、強いこだわりと、TPOをわきまえたパフォーマンスという微妙なアンバランスが気になり、ハイテンションのままで彼のマスク遍歴を調べてしまいました。

ドルトムントに入団する前、フランスでの記録は見当たらず、おそらく2014年8月13日が最初の「マスクデー」だったと思われます。バイエルンと戦ったドイツスーパーカップ。62分に勝利を決定的にする2点めをゲットしたストライカーは、ソックスの中に隠していたスパイダーマンの赤いマスクを取り出し、ムヒタリアンら同僚のリスペクトに応えました。サンテティエンヌ時代に友人だったGKジャレットに感化され、スパイダーマンのファンになったとのこと。リーグ戦開幕直前のゲームだったため、このときは笑って終わりだったのですが、2回めは2015年2月28日、シャルケ04とのルールダービーという大事な試合でした。

このときのネタは「バットマン&ロビン」、共犯はマルコ・ロイス。当時の指揮官ユルゲン・クロップは、「何も知らなかったので、びっくりした。ゴールを決めるという自信があるのはいいことだ。でもあれはイエローをもらうので、やってほしくない。もうマスクは全部使ったんじゃないか?やるなといいたくないけど、ムダなイエローをもらってはいけない」と渋い顔をしていました。

最も話題になったのは2017年4月1日、相手はやはり仇敵シャルケ04。香川真司のパスを受け、先制点を決めたオーバメヤンがかぶったのは、自らのスポンサーであるナイキのプロモーション用のマスクでした。ドルトムントのオフィシャルサプライヤーであり、5%の株主でもあったプーマは、クラブに対して「きちんとした対処を望んでいる」という声明を発表。オーバメヤンには5万ユーロ(約630万円)の罰金が科せられたと報じられました。普通なら、これで懲りてやめます。

自分を表現するためにマスクが必要だった。今日はブラックパンサー。ガボンでは、代表チームのことを『パンサー・オブ・ガボン』と呼んでるからね」。レンヌ戦のイエロー案件について、ご本人はこんなコメントを残しておりますが、カードをもらってでもやりますといわれれば「そうすか!」と流すしかありません。前科3犯は、今回の再犯をいつ思いついたのでしょうか。過去の相手チームは、バイエルンとシャルケといった宿敵でした。先週末に行われたプレミアリーグ30節のマンチェスター・ユナイテッド戦では、PKを決めた後にマスクを探す素振りは見せておらず、おそらくその後…いや、デ・ヘアのゴールに蹴り込んだあの瞬間に、彼は思い出したのではないか…!オレにはマスクがあったじゃないか、と。

マンチェスター・ユナイテッド戦でやろうとしていたという報道もあるようですが、ノースロンドンダービーの高揚感を経て思い立ったとすれば、ピュアでまっすぐな彼は躊躇しないでしょう。まさか、逆側のゴールにしか仕込んでいなかった…⁉いやいや、彼のなかにぼんやりと眠っていたマスクへの衝動は、大事なシックスポインターにおけるゴールの喜びを体感するまで覚醒しきっていなかったと考えるのが自然ではないでしょうか。まあ、そのへんはどちらでもいいのですが。

というわけで、真相は定かではありませんが、何にしてもエメリ監督はエースにお灸をすえたほうがいいでしょう。不要なイエローであることよりも、マスクパフォーマンスで自分を表現し尽くしたオーバメヤンが、その後の決定機を2回外したことのほうが気になりました。あのマスクには、フットボールがヘタになる呪いがかかっていたのかもしれません。大事な試合が続きますので、くれぐれもご注意ください。彼、絶対いいヤツですよね。ラカゼットとめっちゃ仲いいし。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「ジャカのミラクルショット」「デ・ヘアのエラー」…あの一撃に賛否両論!どう思います?

「ナニそれ!?」…悔しい敗戦から一夜明けた今、あの一撃をあらためて確認し、試合後のスールシャール監督のコメントに深くうなずいている次第です。「あのボールはとても奇妙な動きをした」。身も蓋もない表現ですが、いや、ホント、その通りです。開始12分、ラカゼットのパスを右サイドで受けたグラニト・ジャカの不思議な一撃。インパクトの直後に右に飛んだボールは大きく左に進路を変え、逆を突かれたデ・ヘアは膝から崩れ落ちました。エミレーツは歓声に包まれ、プレミアリーグ屈指の守護神はお手上げのポーズ。気持ちは、わかります。無理でしょう、あれは。瞬時に左に反応したデ・ヘアは、反射神経の素晴らしさをリスペクトされていいと思います。驚愕のスーパーショットは、アーセナルを勝利に導く最初のターニングポイントでした。

「キャプテン翼」なら、あのシュートの弾道を追うだけで1話を費やすのではないでしょうか。スパイクの中に何か…?実はコース上に猫が…?あのショットが成立したさまざまな可能性を追及してみたのですが、ひとつだけ思い当たることがありました。ノースロンドンの風!ジャカのシュートをよく見ると、左に曲がりながらスピードを失って落ちているのです。強い風が吹き荒れていたエミレーツ。前半はアーセナルにとって逆風で、あの直前までは左から右に流れており、オーバメヤンやラムジーのシュートは右に大きく切れていました。ジャカが打った際に風が右から左に変わったとすれば、それ自体がミラクルですが、ボールの動きを見る限りではその可能性はなきにしもあらずです。

ハードヒッターがアウトにかけて曲げたシュートを風がさらに左に運んだ…トリッキーなショットを縦横ナナメからチェックし、「デ・ヘアが弾き出すのは難しかった」という結論を出したのですが、現地メディアをひととおりチェックしてみると、GKのエラーという評価が多数派でした。「ESPN」「スカイスポーツ」「デイリー・ミラー」など多くが、マン・ユナイテッドの絶対的守護神に10点満点で5点という厳しい採点。地元メディア「マンチェスター・イブニングニュース」は、「説明不可能」「不可解」「不注意」といったネガティブな言葉を並べ、リンデロフとともに最低となる3点を付けていました。

評論家における急先鋒は、「スカイスポーツ」のガリー・ネビルさん。「彼は過ちを犯した。単純な話だ。1日経てば、GKの失敗となるはずだ」とデ・ヘアをガン詰めし、「クラブとの契約交渉がプレイに影響を及ぼしたのではないか」と辛らつに批判しています。いやー、どうなんでしょう。キャラガーさんが指摘したマティッチのチェックの緩さなど、他の選手の評価は別件として、デ・ヘアについては「初動が速かったことが裏目に出てしまった」とみたのですが、いかがでしょうか。

「左隅に決まっていればともかく、そんなに厳しいコースではなかった」「GKはとにかく止めるべき」といわれれば、返す言葉はないのですが、プレミアリーグで名手といわれている多くのGKが弾き切れないミラクルショットだったのではないかという思いは未だ消えません。現地のプレミアリーグファンのツイッターや、日本のサッカー専門サイトは軒並みジャカ称賛モード。賛否いずれにしても、この方のコメントにはほとんどの方が「イエス!」ではないでしょうか。

「私は1年めだけど、ジャカはシュートのスペシャリストだと思う。さまざまなポジションから打てる。遠めからも狙えるし、極めて危険だ。今日はシュートを試みて決めたけど、あらゆる試合でもっと打ってほしいね」(ウナイ・エメリ)

そうですね。アリソン、エデルソン、ケパ、シュマイケル、ファビアンスキ、ルイ・パトリシオがどう反応するのか、ぜひ見てみたいものです。いやー、無理でしょう、あれは…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「彼はなぜ使われないのか」…ELの敗戦を受けて、現地メディアのエジル特集が続出!

2019年に入ってからの公式戦は5勝4敗、プレミアリーグで4勝3敗。アウェイで弱いという昨季からの課題は解決しておらず、年明け以降は2勝3敗。敵地でのゲームは、FAカップのブラックプール戦とプレミアリーグ最下位に沈むハダースフィールド戦しか勝利がありません。ヴェンゲル監督の最後の年と同様に苦しんでいるアーセナル。ホールディングとベジェリンの離脱という激痛のアクシデントがあったとはいえ、ムスタフィとコシールニーは健在で、敗戦を重ねている理由は守備の脆さばかりではありません。アーロン・ラムジーはプレミアリーグ22試合2ゴール、ヘンリク・ムヒタリアンは15試合4ゴール、メスト・エジルは14試合3ゴールといずれも冴えないシーズンを送っており、攻めのバリエーションを欠いているのも大きな悩みです。

ヨーロッパリーグラウンド32のBATEボリゾフ戦を1-0で落とした後、現地メディアの見出しにメスト・エジルの名前が並びました。「ブリーチャーレポート」は、アーセナル移籍後のエジルの欠場が100に到達したと発表。稀代のプレーメーカーは、在籍中に開催された公式戦の24.2%に顔を出していないと報じています。クラブOBのレイ・パーラーは、「パリではネイマールがエメリを解雇に追い込んだ。アーセナルでも同じことが起こるだろう」と大胆な予想を披露しています。「ラカゼットとオーバメヤンに、メスト・エジルとプレイしたいかと尋ねたら、1日じゅうイエスというだろう」と主張するのはアンディ・コール。ハイバーニアンのニール・レノン監督は、「エジルが売りに出されたら、すかさずビッグクラブが手を差し伸べるはず」と語り、批判が増えてはいるが確かな才能があると擁護しています。

「アーセナルはエジルを引退に追い込もうとしているのではないか」。プレミアリーグ勝敗予想でおなじみのポール・マーソンは、「スカイスポーツ」でジョークをかましつつ、「アーセナルはエジルにこだわらなければならない。彼がいなくてもいいといえるほど、チームはいいとはいえないからね」とコメントしていました。「彼を中心にチームを作らなければならないほどの影響力はないが、ベストプレーヤーのひとり」「スライディングタックルは期待できないけれど、事を起こしてくれる存在」。フットボールをよく知る評論家たちの多くがエジルの才能をリスペクトし、不在を不可解としていますが、最下位相手でも格下と戦うベラルーシ遠征でも10番の姿はありませんでした。

ストライカー、ウインガー、ウイングバック、セントラルMFが尊重され、8番や10番のポジションで輝く選手が居場所を失っている今のガナーズは、このまま強化すればタイトルに届くのでしょうか。ライバルを見渡すと、ペップはデブライネ、ダヴィド・シルヴァ、ベルナルド・シウヴァといったパサーたちをインサイドMFに据え、マンチェスター・ユナイテッドは中盤を仕切るポグバが11ゴール。リヴァプールでは、10番でもプレイできるワイナルドゥムがアンカーを務め、シャキリやミルナー、ナビ・ケイタが攻撃のキーマンとなるシーンが見られます。スパーズにはエリクセン。ゲームをコントロールできる選手が中央にいるクラブが多いなかで、しばしばインサイドMFの押し上げが弱くなるチェルシーは、プレミアリーグ45ゴールと得点力不足に悩んでいます。

中央にルーカス・トレイラとグエンドゥジ、アウトサイドにコラシナツとメートランド・ナイルズ。ラカゼットとオーバメヤンの共存と、不安なCBを3枚にすることを優先しているように見えるエメリ監督のチームは、違いを生み出すタレントが中盤にいない布陣です。イオビとコラシナツの絡みでサイドを突破し、ワールドクラスのストライカーたちに何とかしてもらう単調なアタックばかりでは、プレミアリーグ制覇や欧州における上位進出は望むべくもありません。

評論家たちは、エジルは実績ある選手だから何が何でも出せといっているわけではないでしょう。今の戦いぶりを見て、これならエジルを使ったほうがクオリティが上がるはずと主張しているのだと思われます。CBの負担を減らせるルーカス・トレイラをアンカーに固定し、エジルやラムジーをインサイドあるいは2列めに据える布陣にスイッチすれば、プレミアリーグ後半戦で7試合12ゴールと停滞気味のアタックが活性化すると考えますが、いかがでしょうか。純粋にエジルが観たいという気分も、多分にあるのですが…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

アーロン・ラムジーは過小評価されていたのか?「BBC」のレポートを読んで思うこと。

2008-09シーズンにアーセナルでプレミアリーグデビューを果たして以来、リーグ戦256試合38ゴール46アシスト。11シーズンの長きに渡ってエミレーツのサポーターを盛り上げてきたアーロン・ラムジーが、クラブを去ることが決まりました。移籍先は、現地メディアが以前から報じていたユヴェントス。「BBC」によると、ラムジーの週給は40万ポンド(約5700万ポンド)を超えるとのこと。事実であれば、セリエAにおけるイギリス人プレーヤーの最高額になります。

メスト・エジルの上をいく金額を見ると、アーセナルと8番の交渉が決裂した理由の一端が窺えますが、プレミアリーグの名門クラブが契約延長しなかったのは高額サラリーを嫌っただけなのでしょうか。「Was Arsenal midfielder undervalued & why Juventus?(アーセナルのMFは過小評価されていたのか?なぜユヴェントスなのか?)」。ラムジーの地元であるウェールズのジャーナリスト、ディファイド・プリチャードさんは、「BBC」に寄せた記事でアーセナルの評価と決断に疑問を投げかけていました。

興味深いレポートは、2人の元ウェールズ代表のコメントを紹介しています。「アーセナルは、彼がドアを開けた最初の日から高い評価を与えていなかった」と語るのは、イワン・ロバーツさん。ラムジーとともに代表で戦ったダニー・ガビドンさんは、「サポーターがランボーを完全に支持したことはない」とし、常に擁護派と批判派が存在したと指摘しています。8番のポジションで輝きたかったラムジーに対して、右サイドと中盤センターで起用することが多かったヴェンゲル監督には一貫性がなく、エメリ監督は10番の役割を求めました。ボックス・トゥ・ボックスのMFのベストポジションと評価について、2人の指揮官と多くのサポーターの意見が分かれていたのは事実でしょう。

「批判派が主張しているのは一貫性の欠如だった。彼はゲームを支配し、変革する可能性を秘めていたが、90分の間、気づかれずに過ごすこともあった」と指摘するプリチャードさんに対して、舌鋒鋭いイアン・ライトさんは「チームがひどい出来でも、彼が存在感を失うことはなかった」と称賛。「われわれは素晴らしい選手を失った。残念だ」と、ラムジーを手元に残せなかったことを嘆いています。ジャーナリストの間でも評価が分かれる特異なキャラゆえ、クラブも高額のサラリーを呑み込んでまで引き留めることはできなかったのでしょう。この先3年というスパンで見れば、エジルよりもラムジーのほうが楽しみと考えていた私は、イアン・ライトの見解に共感します。プレミアリーグで先発9試合ながら6アシストを決めていたMFをエメリ監督が使いこなせれば、アーセナルはこれほど苦しんでいなかったのではないかと思うのです。

ユーヴェがラムジーに週給40万ポンド以上という高評価を示した理由について、プリチャードさんは明快にいい切っています。「彼らはエムレ・ジャン、サミ・ケディラ、ミレラム・ピアニッチ、ブレイズ・マチュイディを抱えているが、その誰もがボックスに入ってゴールを決める脅威がない。それこそが、ユーヴェが彼に白羽の矢を立てた理由だと確信している」。エジルをベンチからも外し、普通に売ったら3000万ポンドは下らないラムジーをフリーで手離したエメリ監督は、最適解を示さなければなりません。ルーカス・トレイラを右のインサイドで使うのが答えだとは思えないのですが…。

残り12試合となったプレミアリーグでラムジーを見るたびに、苦い思いがこみ上げてくるのではないかと怖れています。…いや、嘆いてばかりいてはいけないのでしょう。ご本人にとっては新たなチャレンジであり、中心選手として欧州の頂点を極めるチャンスです。夏が過ぎたら、イタリアからいいニュースが聞こえてくるのを楽しみにすることにしましょう。最高のプレイを披露するスペシャルワンではなかったけれど、最高におもしろいオンリーワンではあった…彼に対する私の評価もまた、ポジティブながらも抽象的です。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ