「ウナイ・エメリのベストメンバーと最適布陣がわからない」…クラブOBの指摘に納得!

「スカイスポーツ」の記事を読んで、愕然としました。2018年5月の就任以来、プレミアリーグで50試合を消化したウナイ・エメリ監督がもたらしたスタッツと、アーセン・ヴェンゲル監督の最後の50試合を比較した表を見ると、現在の指揮官が勝る数字がほとんどなかったからです。スペイン人は25勝12分13敗、フランス人は27勝7分16敗で、獲得ポイントは前任者が1ポイント上回っています。ゴール数は96対89、失点は64対68。ポゼッションは61.4%から57.6%に下がり、クリーンシートは18から10に減り、オンターゲットは299本から223本と激減しています。枠内に打たれたシュートが42本も増えているのに、失点の増加が4点に留まっているのは、ベルント・レノの奮闘によるものでしょう。

Should Unai Emery stay or go? Charlie Nicholas gives his Arsenal verdict(ウナイ・エメリは出ていくべきか留まるべきか?チャーリー・ニコラスがアーセナルに評決を下す)」と題された記事でクラブOBが主張しているのは、「ウナイ・エメリ監督が就任してから、何も改善していない」「私たちは、彼の最高のスタートラインナップやベストフォーメーションを知らない」ということです。いわれてみれば、その通り。4-2-3-1か、4-3-3か、あるいは4-3-1-2か?どの布陣をとっても、主力と目されるメンバーが外れたり、適材適所とはいえないポジションに配する必要があったりします。

ルーカス・トレイラとグエンドゥジを中盤センターに並べる4-2-3-1は、トップ下にエジルを置ける形ですが、オーバメヤンかラカゼットをサイドにまわす必要があり、ダニ・セバージョスは便利なオプションという扱いになりそうです。4-3-3はエジルかニコラ・ペペが弾き出され、2人のストライカーのいずれかをサイドに配する悩ましさが残ります。4-3-1-2にすれば、オーバメヤン、ラカゼット、エジルをベストポジションで起用できますが、ニコラ・ペペにクラブレコードの7200万ポンドを費やした意味がわからなくなります。3バック…?サイドにベジェリンとコラシナツが張るのを前提とすれば、トップが1枚でも2枚でも3枚でも、前述の問題がそのまま残るだけです。

エメリ監督は、これまでの主力と新戦力に加えてサカ、ウィロック、ネルソンら若手を抜擢しています。ランパード監督のように勝ち点3につながっていれば、層が厚くなるのはウェルカムなのですが、勝ち越しゴールを奪えない展開が多いチームにおいては、「なぜ、最後のカードがマルティネッリ?」などと疑心暗鬼の種となることもしばしばあります。右サイドのベジェリン、メートランド=ナイルズ、チャンバースは誰がベストなのか?パパスタソプーロス、ダヴィド・ルイス、ホールディングは?コラシナツとティアニーなら…?ダニ・セバージョスとジャカの効果的な使い方は?エジルはどうする…!ペップのように、高いレベルでターンオーバーできるならいいのですが、活かされていない選手が多いという印象が拭えません。

今季プレミアリーグにおけるアーセナルのスタッツを見ると、ポジティブなのは1試合あたりのドリブル成功数がマン・シティに次いで2位(ニコラ・ペペのおかげ)であるぐらいで、他は凡庸あるいは懸念を示すものばかりです。喫緊の課題は、アストン・ヴィラ、ノリッジに続くワースト3位の被シュート数。1試合あたり16.4本は、TOP4で最も打たれているレスターの9.8本を大きく上回っています。アンカーにルーカス・トレイラを固定してスペースを埋めるのがベストだと思われますが、ファビーニョ、エンディディ、ジョルジーニョ、ロドリのような展開力がないと嫌うなら、グエンドゥジを横に並べる布陣がベターでしょう。

「スカイスポーツ」の記事と今季のスタッツを並べて、「エメリのベスト」を考えてみました。現実的な11人は、GKレノ、DFベジェリン、パパスタソプーロス、ホールディング、ティアニー。中盤センターにグエンドゥジとルーカス・トレイラ、2列めにオーバメヤン、ダニ・セバージョス、エジル、ワントップにラカゼットです。現在のぎこちないビルドアップでは、ダヴィド・ルイスはリスクが大きいと判断。オーバメヤン、エジル、ラカゼット、ニコラ・ぺぺを同時起用できれば盛り上がるのですが、プレミアリーグにフィットしていないニコラ・ぺぺと、ボールロストした際に追わないシーンが目立つエジルを近くに置くと、中盤センターの負担が増大するのも気になりました。

10番がデブライネやダヴィド・シルヴァのようなタスクをこなせれば、理想形は4-3-3です。アンカーにルーカス・トレイラ、インサイドにグエンドゥジとエジル、前線には昨季プレミアリーグ得点王、体を張れる9番、期待のドリブラーが並びます。最高給取りと移籍金クラブレコードを併用できればベストと考えましたが、いかがでしょうか。「誰をどこに」というカードゲームのようなお話よりも、「それぞれのポジションにどんな役割とアクションを求めるか」といった戦術の問題が大きいのは重々承知ながら。(ウナイ・エメリ 写真著作者/Amir Hosseini)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「後任はルイス・エンリケ」「クラブは留任を明言」…どうなる、ウナイ・エメリ!?

後半は完全なる力負け。ショックでした。プレミアリーグ12節、レスター2-0アーセナル。コラシナツのサイドを狙われて崩され、ハーヴィー・バーンズとティーレマンスのコンビネーションによってマークが完全にずれてしまいました。シュート数は19対8、オンターゲット7対1という数字は、勝ち目がなかったことを意味しています。プレミアリーグ、カラバオカップ、ヨーロッパリーグで5試合連続勝利なし。格下の相手にも15本を超えるシュートを許すのが常となり、先制しても守り切れず、先に奪われれば追いつけずといったストレスの溜まる試合が続いています。ELでギマランイスに引き分けた際に、「3勝1分で首位キープなら問題なし、重要なのはプレミアリーグ」と書いたのですが、エジル、ルーカス・トレイラ、ホールディングを起用した試合で課題が改善されないのを確認したとき、言葉を失いました。

ブックメーカー大手の「ウィリアム・ヒル」が場を立てている「次に解任となるマネージャー」のオッズは、1ヵ月前から大きく変わっています。ひと頃は大本命だったエヴァートンのマルコ・シウヴァ監督は、8.0倍で4番人気。対抗馬だったマウリシオ・ポチェッティーノは、スールシャールよりも低い21.0倍で8番手に落ち着いています。代わって1番人気に君臨しているのは、直近のプレミアリーグ7試合で1分6敗と大スランプに陥ったセインツのハーゼンヒュットル監督。2.4倍の本命に続いているのはウナイ・エメリ監督で、3.0倍という危険な数字が添えられています。

この状況を、ゴシップ大好き現地メディアが放っておくわけがありません。「デイリー・メール」「エクスプレス」は、「ラウル・サンレヒFDがルイス・エンリケさんとコンタクトを取った」と報道。8月に亡くなった娘さんの闘病をサポートするために、スペイン代表監督を辞任した元バルサの指揮官には、「2週間後にエメリの後任として招聘される」という憶測まで飛び交っていました。火付け役にされてしまったサンレヒさんと、マネージング・ディレクターのヴィナイ・ベンカテシャムさんは、事態を収束させるべく声明を発表。エメリ監督をサポートし続けると明言しています。

「ウナイは、この仕事にふさわしい人物だと固く信じています。この段階での結果とパフォーマンスの両方に対して、私たちは多くの人々と同じように失望しています。サポーター、ウナイ、選手、スタッフが望むレベルに達しておらず、フラストレーションを共有しているのです。この状況を好転させるべく、私たちは集中的かつ自信を持って仕事に取り組んでいます。困難な時期に、全員が一致団結し、チームを支えることができればと願っています」

ブレンダン・ロジャースがリヴァプールを追われたときも、チェルシーやマンチェスター・ユナイテッドで難しい立場に置かれていたジョゼ・モウリーニョも、解任される前にサポートを約束するステートメントが発表されていました。エメリ監督に関するクラブのメッセージが、後にどんな意味合いに捉えられるのかはわかりません。今、いえるのは、噂や報道に対して何らかのメッセージやアクションが必要とされる状況に追い込まれているということだけです。

キャプテンマークを剥奪されたジャカの処遇、メスト・エジルやルーカス・トレイラの起用法、シュートを打たれまくる守備の改善、オーバメヤン頼みの攻撃の再構築、英語力が上がらないエメリ監督と選手たちのコミュニケーション、チャントよりも罵声が目立ち始めたエミレーツの空気と、解決すべき課題が山積しています。キングパワーで「You’re getting sacked in the evening」と煽られた指揮官は、どこから着手するのでしょうか。インターナショナルマッチウィーク明けのプレミアリーグは、降格ゾーンに沈んでいるセインツとノリッジとの連戦です。勝利は最良の処方箋。4位との差を射程圏内に詰められれば、クラブが自ら発した声明を翻すことはないと思われますが…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あの痛ましい事件について、煽るような記事を書いた猿さんへのメッセージ。

拝啓、猿様。「ARSENAL 猿のプレミアライフ」を、いつも楽しく読ませていただいております。プレミアリーグのブログとしては先輩であり、現地レポートという希少価値が生み出す迫力のある筆致とオリジナルな写真をリスペクトしております。私には、あなたのようなぶっ飛んだ語り口で人をおもしろがらせる才能はありません。ビッグ6の試合を欠かさず観戦し、現地の記事の興味深いネタを追いかけながら、汗をかいた割に大したこと書けてないな…と嘆く日々を過ごしている次第であります。

このたび、私がこうして猿さんに向けて書こうと考えたのは、「アンドレ・ゴメスがソン・フンミンの報復タックルでぶっ壊された件について」という記事に感心しなかったからです。エドゥアルドやラムジーの悲しい事故を目の当たりにしたあなたが、危険なタックルを憎む気持ちは理解します。ソン・フンミンは、あのタイミングで滑ってはいけなかったのだと思います。ノースロンドンダービーで愛する選手が削られたのであれば、憤懣やるかたない気分が行間に滲み出たレポートに、むしろ共感したでしょう。

しかし、今回の試合はエヴァートンVSトッテナムで、私もあなたもいわば外野です。仇敵を揶揄する軽妙な筆致で「ありゃないでしょ。これだから鶏は」などと描かれたものなら、読後感は悪くなかったと思います。しかし、このたびのレポートは終始真剣なトーンで、ライバルクラブを「カス」と糾弾し、厳罰主義を唱えるものでした。賛同できたのは、「後方からの危険なチャージに対してFAとプレミアリーグは対処するべき」という1点だけです。エドゥアルドとラムジーの事故に、スパーズは関係ありません。被害者のような立ち位置でスパーズを断罪する物言いに、違和感を拭えませんでした。

私は、自分のなかに芽生えた危機感について考えました。大きくは、2点です。ひとつは、「煽り合戦、泥仕合となれば、プレミアリーグを愉しんでいる人たちのネガティブな感情を増幅させ、誰も幸せにならないのではないか」。そしてもうひとつは、「明日はわがクラブの選手が加害者になるかもしれない」ということです。「トッテナム=荒い」というイメージを吹聴する向きもあるようですが、今、危ないのはアーセナルとマンチェスター・ユナイテッドです。ここ数年のスタッツを見ると、とりわけアーセナルが「荒いクラブ」になりつつあるのがわかります。

2015-16シーズンにレスターと優勝を争ったヴェンゲル監督のガナーズは、イエローカードを40枚しかもらっておらず、プレミアリーグ最少のクリーンなチームでした。翌シーズンは68枚で13位。ボスの最後の年となった2017-18シーズンは、57枚と減らしましたが、順位は11位に上がっています。エメリ初年度の昨季は72枚に増え、マンチェスター・ユナイテッドより1枚少ないだけの4位です。ライバルのトッテナムは15位。スパーズがCLでガナーズがELとなった直近3シーズンは、ガナーズのほうがイエローの枚数が多いのです。戦術的にうまくいっていないチームは、無理な態勢からタックルを仕掛けるシーンがおのずと増え、カードを量産してしまうのだと思われます。

昨季は、「シミュレーションでもらったイエロー6枚がプレミアリーグTOP」という不名誉なスタッツも残しています。そして2019-20シーズン。プレミアリーグ11節を終えた時点でのイエローカードは26枚で、何とリーグ1位に躍り出てしまいました。アストン・ヴィラ戦でニール・テイラーにスパイクの裏を見せ、空中で足を蹴ってしまったメートランド=ナイルズの退場シーンは不可抗力でしたが、両者とも大事に至らなくてよかったと思います。9月のノースロンドンダービーで、カニばさみでソン・フンミンを吹っ飛ばしたジャカの過ちが大きな事故につながっていれば、被害者だけでなく加害者となってしまったほうも、メンタルに大きな傷を残していたでしょう。ただでさえSNSでの心ない中傷に悩まされていたジャカが、長い不振に陥っても不思議ではありません。

「ソン・フンミンは悪くないから批判するな」といっているわけではありません。後ろからの無謀なチャージであったのは間違いなく、プレイ自体は咎められるべきだと思います。私がいいたいのは、「報復」「悪意」「カス」などといった言葉に代表される罵詈雑言で煽るのは(ネットには聞くに堪えない差別的な表現が出回ってますね…)、やめませんかということだけです。危険なプレイの大半は、選手の一瞬の判断ミスであり、今後のプレミアリーグでアーセナルやマンチェスター・ユナイテッドの選手が、あるいは他クラブの選手が同じ過ちをしてしまう可能性は常にあるのです。

自らの行為がもたらした災禍に震えているであろうソン・フンミンには、危険なチャージを思い止まれる選手として戻ってきてほしいと願っています。プレミアリーグとFAには、再発防止策として、後方からのタックルに対する厳しい処置を徹底していただけるよう望みます。そして、最後に。…私の言葉には大した影響力はありませんが、ファンが多い猿さんには、不必要に煽る人々を脱力させるようなおもしろい語り部であり続けていただければと思っています。特定のクラブのサポーターが肩身の狭い思いをすることなく、プレミアリーグの魅力を楽しく語り合える仲間が多いことが、私にとってのハッピーですので。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ジャカとムスタフィ。心ない罵声に苦しみ続ける選手たちの言葉に思う。

「ファンに理解されていないという気持ちと、最近の数週間、数ヵ月の間に試合中やSNSで繰り広げられた罵倒によって、私は深く傷ついていた。『足を折ってやる』『妻を殺してやる』『娘が癌になればいい』などといってくる人もいて、僕は動揺していた。そして日曜日、スタジアムで拒絶されていると感じた時、我慢は限界に達してしまった」
「ポジティブなエネルギーでクラブ、チーム、僕自身をサポートしてくれていたファングループに、我を忘れて敬意を欠くことをしてしまった。そんな意図はなかったのだけれど、そう受け取っている人たちがいるなら申し訳なく思う。お互いにリスペクトがあった場所に戻れればと願っている。このゲームを最初に愛した頃の気持ちを思い出したい。ともにポジティブに前に進もう」

プレミアリーグ10節のクリスタル・パレス戦で、サカとの交代時にブーイングを浴び、サポーターを煽りながら暴言を残してロッカーに去ったグラニト・ジャカが「インスタグラム」で発表した謝罪のコメントです。エミレーツのスタンドは、マッカーサーにクロスを許した守備を咎めたのか、同点のシーンでゆっくりピッチを去ろうとしていたことをなじったのか。スタジアムの雰囲気が悪くなれば、ストレスが溜まるのは去る選手ばかりではありません。ピッチに残った11人も、ネガティブな気分を引きずってしまうこともあるでしょう。不甲斐ない試合内容に、叫びたくなる気分はわかりますが、度を超えた罵声は誰も幸せにしません。プレミアリーグでもときどきあるちょっとしたブーイングだけだったのか、それとも…。

あのとき、グラニト・ジャカには何が聞こえていたのでしょうか。

プロフェッショナルだから、高い報酬を得ているから、影響力がある存在だから…どんな理由をくっつけようとも、家族の安全まで脅かすような罵詈雑言に耐え続けなければならない道理はありません。何をいわれても、トレーニング場に最初に現れ、最後まで残る日々を過ごしたジャカを人間としてリスペクトしたいと思います。とはいえ、彼が過ちを犯したのも確かです。そこには、ポジティブな気持ちで声援を送り続けた人たちも存在していたのを忘れてしまいました。仲間たちは2-2の厳しい試合を戦い続けている最中であり、緊張した面持ちでピッチに入ろうとしていたブカヨ・サカが見えなくなっていました。

私は、一時の激情を批難し続けようとは思いません。彼は悔いています。これからできることは、素晴らしいプレイを披露して、チームの勝利とサポーターの称賛を生み出すことだけです。アーセナルのシャツを纏い、プレミアリーグで戦い続ける限り、彼は失敗者ではありません。今後の試合で、成功すればいいのですから。

ジャカのコメントを読みながら、サポーターや評論家の批難に苦しんでいるもうひとりのガナーのことを考えていました。シュコドラン・ムスタフィ。2016年にプレミアリーグにやってきたストッパーは、不振から抜け出せないまま痛烈な罵詈雑言を浴び続けています。

「僕は、自分が犯してきたミスに関して自ら批判している。厳しい批判を受けても対処できる。でもそれらはエスカレートするばかりで、最近は理不尽になっている。ひどいのは、出場していない試合で負けたときに、責任を負わせようとしていることだ」

「ザ・サン」は、ムスタフィのフェラーリがパブを塞いだというタレコミを記事にし、プレミアリーグのOBたちはここぞとばかりに酷評しています。「プレミアリーグで活躍していたあの頃は過ぎ去った。今後どれだけうまくやっても、評価は変わらないだろう。彼のミスは、他の選手に緊張や不安を及ぼすからね」と、絶望的な表現で早期の売却を主張したのはジェイミー・キャラガー。クラブOBのエマニュエル・プティは、「King of the fags(役立たずの王様)」のひとことで切り捨てています。これに対して、今季プレミアリーグで出場ゼロのCBは、「元選手がいうのと、ファンやメディアからの批判は次元が違う」と抗議しています。

「ピッチでうまくプレイするのがどれだけ難しいか、知っている人物にいわれるのは堪える。尖った言葉がトリガーになりうるのはわかっているだろう。率直にいおう。プティのような元選手は、現役を名指しでコメントするなんてことはやめてほしい」

格下のクラブにあっさり敗れたとき、ひどい失点シーンを目撃したとき、思わず叫んでしまうこともありますが、人を傷つけるような罵声は自宅のリビングや居酒屋の個室に封じておこう。チームに貢献できていない選手でも、いいプレイをしたときは称賛の声を挙げよう。レッテルを貼って切り捨てることなく、まだ見ぬ未来への期待や希望を残しておこう。苦しんでいる選手たちの言葉に触れて、あらためてそんなふうに思いました。

「Sorry for keeping the 2 clean sheets」

ヨーロッパリーグのフランクフルト戦と、カラバオカップのノッティンガム・フォレスト戦で2試合連続のクリーンシートに貢献したムスタフィが、試合後にかましたジョークです。そうでしたね。その後、スタンダール・リェージュ戦も4-0でした。ムスタフィ、ブラボー!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

アーセナルにジョゼ・モウリーニョ!? ゴシップにしても、いや、さすがにそれは…!

「ESPN」の記事を読むと、いきなり1行めに「情報筋」とあり、よくあるゴシップとスルーしたほうがよさそうなのですが、何となく胸騒ぎがするお話です。アメリカメディアによると、ジョゼ・モウリーニョさんがウナイ・エメリ監督の後釜を希望しているとのこと。プレミアリーグで指揮を執りたがっていると伝えられているマン・ユナイテッドの元監督は、ご家族がロンドン在住で、アーセナルが最高のクラブのひとつであるのは間違いないようです。しかし…!

多くのグーナーが、違和感を抱いているのではないでしょうか。アーセン・ヴェンゲルのザ・インヴィンシブルズは昔話になりつつありますが、攻撃的なパスサッカーを標榜し続けてきたクラブが、ゴール前に停めるバスを購入するとは思えません。ルーカス・トレイラのイタリア復帰願望、ムスタフィのスランプ、エジル不在、ジャカの暴言とチーム内のさまざまな問題が取り沙汰されている今季ではありますが、4勝4分2敗でプレミアリーグ5位という戦績は許容範囲。ハイプレスとショートカウンターに磨きがかかれば、不振の選手たちに罵声を浴びせているグーナーも、手のひらを返してチャントのボリュームを上げるはずです。

よほどのことがなければ、エメリ監督のシーズン中の解任はなさそうですが、3シーズン連続でプレミアリーグのTOP4を逃したとなれば、クラブは新たな指揮官のリストアップを始めるものと思われます。そこにジョゼ・モウリーニョ…⁉ヴェンゲルさんを「失敗のスペシャリスト」とディスった方のノースロンドン降臨は、チェルシーのベニテスよりも馴染みません。チャンピオンズリーグを3回制覇し、ヨーロッパリーグ&UEFAカップも2回。ラ・リーガ、プレミアリーグ、セリエA、スーペルリーガでトータル8回の国内リーグ優勝と実績は充分。問題は、いうまでもないでしょう。守備的なスタイル、3年めのバーンアウト…。チェルシーで招いた混乱を、マンチェスター・ユナイテッドでもトレースしてしまった名将は、アーセナルのイメージとは相容れないのではないでしょうか。

マンチェスター・ユナイテッドの指揮官に就任したときは、イブラヒモヴィッチ、ポグバ、ムヒタリアンというタレントを加えて攻撃的な戦い方にモデルチェンジするのではないかと期待していました。土台作りの初年度は、プレミアリーグでは6位に沈みましたが、ヨーロッパリーグとカラバオカップを制覇。いよいよビッグタイトルをめざす2年めになると、古巣からルカクとマティッチを呼び寄せ、守備的なスタイルに回帰してしまいました。ペップの独走を許しながらも、プレミアリーグで2位に食い込んでおり、決して失敗ではなかったと思います。堅守を築く力をリスペクトしつつ、いちサポーターとしては、ファーガソン時代の終盤における怒涛のアタックを懐かしく思っていました。

グーナーは、われわれよりもストレスを溜めるでしょう。異なるスタイルの指揮官を短期間に並べたために、多くのタレントの不振や流出を招いてしまったチームを観続けてきた者として、アーセナルには譲らないOBゾーンを設定していただければと思います。2度の失敗を経たモウリーニョ監督の次なるチャレンジを楽しみにしてはいるのですが、その姿を観たいのはプレミアリーグの赤系ではありません。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ