メスト・エジルが週給28万ポンドの新契約締結間近!アレクシス・サンチェスに思いは届くか!?

グーナーが待ちに待った朗報が、カウントダウンに入ったようです。イギリスメディア「テレグラフ」が、「Mesut Ozil ready to sign £280,000 per week Arsenal contract(メスト・エジルは週給28万ポンドでアーセナルとの契約にサインしようとしている)」と報じています。ヴェンゲル監督のチームで4年を過ごしたドイツ代表のプレーメイカーは、プレミアリーグの水に慣れた2015-16シーズンには35試合6ゴール19アシストという素晴らしい活躍でアシスト王に輝くも、昨季は33試合8ゴール9アシストとトーンダウン。前半戦はラインの裏に飛び出す動きが冴えて、初の2ケタゴールを期待させたものの、年明けに体調を崩してからトップフォームに戻るのに時間がかかり、チームの不振の元凶となってしまった感があります。

「テレグラフ」は、週給30万ポンド(約4200万円)を要求していたエジルが、他クラブから魅力的なオファーがないため妥協を余儀なくされたと伝えておりますが、28万ポンドで決まれば年棒は21億円に届く勢いです。タブロイド紙が「3-4-2-1の新しいフォーメーションで、最高の形を見出しつつある」と評した天才が、10ゴール15アシストをクリアすれば、アーセナルは間違いなく優勝争いに顔を出すはずです。こちらの契約延長が決まれば、残るはアレクシス・サンチェス。エジルのゴールの大半を演出したスルーパスキングがクラブに留まれば、CB、アンカー、前線、WBに3~4人足す程度でもプレミアリーグとヨーロッパリーグ制覇は視野に入るでしょう。

さて、そのアレクシスについては、「ザ・サン」がこんな見出しを掲載しています。「Arsenal ready to break wage structure to keep Alexis Sanchez and Mesut Ozil following Arsene Wenger’s new contract(アーセナルは、ヴェンゲルの新契約に続いてアレクシス・サンチェスとエジルを残留させるべく、賃金構造を壊す準備ができている)」。記事を要約すると、クラブもヴェンゲル監督も、7番を思いとどまらせるために週給30万ポンドを払うことに躊躇していないとのこと。アーセナルが選手たちに支払っているサラリーは、年間約328億円でプレミアリーグ4位ですが、2人のワールドクラスにトータル20億円乗せてもリーグ2位のチェルシーを下回るレベルです。先日「ザ・タイムズ」が報じた9人の人員整理はやりすぎだとしても、ルーカス・ペレス、ドビュッシー、ヤヤ・サノゴ、シュチェスニー、ジェンキンソンの放出は現実的なライン。それなりの移籍金とサラリーが必要な新戦力を加えても、クラブの金庫を一気に軽くするほどのインパクトはありません。

冷静に戦力を並べてみると、アーセナルはそれなりに伸びしろがあります。プレミアリーグでパス本数2位を記録したジャカは、来季は相当やってくれるでしょう。半年以上いなかったウェルベックは開幕から期待でき、プレミアリーグはわずか1試合出場だった「Big F●●kin' German」メルテザッカーには引退を撤回したという報道があります。3バックにおけるチェンバレンのWBは新しい発見。ホールディングは初年度でいい経験を積みました。ジャック・ウィルシャーは、イングランド人ゆえ放出すればそれなりのお金になり、使える目途が立てば中盤のオプションを増やすことができます。さらにカソルラが年末までに戻ってくれば、ジャカとのコンビが楽しみです。週給30万ポンド…プレミアリーグ24ゴール10アシスト、スルーパス48本の選手なら喜んで払おうではありませんか!ムバッペ獲得とアレクシス残留が同時に決まったら、情熱的なグーナーは号泣でしょう。出ていくという報道が多い今は、期待半分、恐怖半分ではありますが、クラブのアレクシスへの思いが届くことを祈りましょう。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「BBC」ほか現地メディアに2年契約で合意と報じられたヴェンゲル監督に、明確な変化を期待します!

Arsene Wenger: Arsenal manager agrees two-year contract(アーセン・ヴェンゲル:アーセナルのマネージャーは2年契約に同意)」。…「BBC Sports」がサイトのTOPでいい切っています。ヴェンゲル監督が22年めのプレミアリーグを迎えることが決まったようです。記事によると、月曜日にスタン・クロエンケオーナーと指揮官の会談があり、火曜日に取締役会で決定、そして本日、正式発表がなされる見通し。弱小クラブだった名古屋グランパスエイトに、天皇杯という初タイトルをもたらしてくれたヴェンゲル監督を長年応援してきた者としては、これからの2年を最高の時間にしていただくことを祈るのみです。

4年で3度のFAカップ制覇は、6つのビッグクラブが鎬を削る厳しいプレミアリーグのなかでは素晴らしい成果だと思うものの、グーナーが心から満足するタイトルは、あくまでもプレミアリーグとチャンピオンズリーグ。2017-18シーズンはヨーロッパリーグに参加することになりましたが、直近2年でリヴァプールとマンチェスター・ユナイテッドがファイナリストになったこの大会では、アーセナルは優勝候補です。次の目標は、プレミアリーグ、EL、FAカップ連覇の三冠。そして翌シーズン、CLに戻ってラウンド16の壁を突破し、どこまでいけるか…。2年延長が実現したとしても、次の契約満了時には69歳になるヴェンゲル監督にとって、欧州の最高峰の大会で勝負できるチャンスはあと1回しかないのかもしれません。

The best presentationis to watch the game.(最高のプレゼンは、ゲームだ)」。「BBC」と同じタイミングで2年契約締結と報じた「スカイスポーツ」によると、FAカップを制した指揮官は、クラブにふさわしい人材かどうかを決めるのは人気ではなく能力であり、試合を見ればそれがわかると主張していたとのこと。しかし今、変化を求めていたサポーターに、アーセナルらしい最高の試合を見せても、彼らはうつむくだけでしょう。ヴェンゲル監督のチームが素晴らしいサッカーを見せてくれることは、わかっています。問題は、「それをフルシーズン続けられるか」です。次のプレミアリーグで試合を見せる前に、ヴェンゲル監督にはやらなければならないプレゼンがあるのではないでしょうか。クラブと監督に対して、切実な思いで「変わってくれ」と声を挙げていたサポーターたちが、もう一度ポジティブな夢を描ける明確な変化、すなわち夏のディールです。

最大のミッションは、アレクシス・サンチェスとエジルを引き留めること。彼らに対しても、経営陣と指揮官は「昨季の結果に納得していない。変化を志向し、ビッグタイトルを狙う」という姿勢を示す必要があるでしょう。補強したいポジションは、4つ。まずは最前線。出場機会がほしいと語っているオリヴィエ・ジルーが出ていくことも辞さずで、強力なストライカーを獲得すべきではないでしょうか。ムバッペやベロッティ、モラタ、オーバメヤンに9000万ポンドかかっても、アレクシスの納得やサポーターの熱狂的なサポートが返ってくるなら、高くない買い物になるのではないでしょうか。最終ラインには、慢性的なアキレス腱痛を抱えるコシールニーの後継者が必要です。ホールディングやチャンバースには3年後のブレイクを期待するとしても、来季いきなりプレミアリーグのトップクラスのパフォーマンスを見せてくれというのは酷です。

3バックを続けるなら、WBのスペシャリストを加えたいところです。キーラン・ギブスはいい選手ですが、今以上によくなるとは思えません。そして、アンカー。チェルシーがカンテの加入でプレミアリーグを制覇し、エヴァートンがグイェ獲得でTOP7に返り咲いたのはいいテキストです。来季はジャカのさらなるスケールアップが期待できそうですが、後方を締めて彼の攻め上がりをサポートしてくれる存在が必要だと思われます。

チャンピオンズリーグ出場権を失った今、「われわれは失敗した」という出発点から新しいチームづくりを始めて、多くのサポーターが納得いく布陣を創れたとき、あらためてアーセナルを優勝候補に指名したいと思います。エジルとアレクシス・サンチェスが普通にプレイすれば、それだけでも相当強いチームなのは、昨季最終盤のプレミアリーグ5連勝で確認させていただきました。ただし新シーズンは、コンテ、ペップ、モウリーニョの3人はさらに戦力を増強し、クロップ監督も課題を解決するべくコンセプトにフィットした人材を呼び寄せるはずです。今こそ、変化を!シーズンの始まりを告げるコミュニティシールドが、ヴェンゲル監督のファイナルバージョンとなるかもしれないニューモデルのサッカーを披露いただく極上のプレゼンの場になることを期待しています。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

冷静で的確…選手の奮闘と経営陣の明快な判断を求める、アーセナルの現地サポーターの言葉。

選手たちから自信や冷静さを奪ったのは、ホームでまさかの敗戦を喫したプレミアリーグ23節のワトフォード戦だったのか、あるいは完敗したチェルシー戦か。バイエルン・ミュンヘンに5-1で敗れたチャンピオンズリーグのショックが尾を引いているのは確かだと思われますが、問題はその手前から芽生えていたのかもしれません。1月22日、22節終了時点の順位テーブルを見ると、アーセナルは首位チェルシーと勝ち点8差の2位につけており、得点50はリヴァプールに次ぐ2位、失点23は4位。リヴァプールとの共同戦線でチェルシーに連敗を喰らわすことができれば、プレミアリーグ優勝に手が届くところにつけていたのですが…。

アーセナルは、そこから別なチームに豹変しました。プレミアリーグ8試合を2勝1分5敗、得点11失点16。順位は6位に落ち、ゴール数はチェルシーとトッテナムに抜かれて4位。深刻なのは失点数で、3失点のゲームを4つも重ねたためにサウサンプトンとミドルズブラを上回ってしまい、あっという間に8位に転落しました。「スカイスポーツ」によると、アウェイゲーム4連敗はヴェンゲル体制になってから初体験。1955年以降のワーストレコードです。さらに、「アウェイで4試合連続3失点」は、1929年以来88年ぶりの厳しい数字です。コシールニーの欠場が増え、チェフまでチームを離れ、中盤の守備も緩くなったガナーズは、負担が大きくなったムスタフィが混乱する姿が目立つようになりました。得失点差は22に落ちてマンチェスター・ユナイテッドに並ばれ、21のエヴァートンにも抜かれる寸前のチームに改善の兆しはありません。

3月7日にエミレーツでバイエルンに1-5と惨敗したときは、プレミアリーグでは2位トッテナムと実質3差。優勝は難しいとしても、2位で終われる可能性があるチームの監督が退任を求めるプラカードを掲げられている状況に、私は違和感を覚えていました。マンチェスター・シティとトッテナムが旧勢力を凌駕し始めたプレミアリーグは、優勝できなければ解任などとしていたら監督が足りなくなるぐらいの壮絶な競争環境となっています。そんななかで2位に食い込み、次季に希望をつなげるなら及第点。グーナーは厳しすぎるのではないか。「変化=よくなる」という図式が成り立つとはいえないのに、次期監督の名前がないまま、毎年優勝争いを繰り広げてきた監督にダメ出しするのか、と考えていたのです。

しかし、ヴェンゲル監督が就任以来初めてとなるプレミアリーグ5位以下でシーズンを終えるとなれば、話は変わってきます。3月31日付で、「ヴェンゲル監督は残るべきか?辞めるべきか」というテーマのアンケートを実施した「アーセナル・サポーターズ・トラスト(AST)」のデータとコメントに対して、反論するための材料はなくなりつつあります。以前に本ブログに掲載した「2016-17シーズン現地観戦記」で紹介したこのアンケートを、昨日の「スカイスポーツ」が取り上げていました。伝統あるサポーター団体のメンバーのうち、78%が「辞めるべき」と答えつつ、その大半が「ヴェンゲル監督はリスペクトされなければならない」「感謝している」と添えている冷静なサーヴェイです。「選手たちは、ファンの批判に対してポジティブに応えてほしい」と語るASTのボードメンバーであるアキル・ヴィヤスさんは、「スカイスポーツ」の記事のなかで以下のような興味深いコメントを残しています。

「最後の8試合は、結果如何に関わらずこのクラブの素晴らしいキャリアのための祝祭だろう。しかし認識されていないのは、ファンにとって、あるいはおそらく選手たちにとっても問題が起こっていることだ」
「トロフィーが重要なのは確かだ。そしてTOP4は5000万ポンドをもたらし、選手たちをより惹きつけることがことができるだろう」「TOP4にいなければ、サンチェスやエジルが残るかどうかはわからない」
「TOP4を外したとしても、経営陣に対するウェイクアップコールにはなるだろう。財政的なサイクルを確保でき、すぐに上位に復帰できればクラブが目覚めるための機会になりえる」
「サポーターが望んでいるのは選手たちが100%の力を出し切ることだが、このクラブは何かがおかしくなっている」

FAカップ準決勝はマンチェスター・シティと戦うビッグゲームではあるものの、TOP4フィニッシュをめざすことをおざなりにするとヴェンゲル監督の将来に大きなインパクトがあると語るサポーターの代表の言葉は的確です。選手たちがアーセン・ヴェンゲル監督を慕っているのなら、ピッチの上で全力でバックアップしてほしい。経営陣には、結果をふまえた判断をきちんとしてほしい。78%を占めた意見をベースに、指揮官の交代を直接クラブに要求したと宣言しているサポーターズトラストは、最後にこんな言葉でサーヴェイの報告を締めています。

「私たちは、アーセン・ヴェンゲルがアーセナルにもたらした素晴らしい貢献を認識しています。彼の契約についての現在の議論とは関係なく、クラブへの長期的な貢献に対すて敬意と感謝の意を表します。アーセナルファンだけでなく、イングランドの試合を見続けているすべての人々に最高のサッカーを届けてくれたことも」


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

メディアは何を語ったのか?クリスタル・パレスVSアーセナルの終戦直後の記事を徹底チェック!

Jamie Carragher labels Arsenal players ‘cowards’ for trying to force Arsene Wenger out(ジェイミー・キャラガーは、アーセン・ヴェンゲルを出て行かせようとしたアーセナルの選手たちに”臆病者”というラベルを張る:メトロ)」
Arsene Wenger: 'It would be inconvenient to speak about me' after loss at Palace(アーセン・ヴェンゲル「クリスタル・パレス戦を失った後に私のことを語るのは不都合だろう」:ESPN)」
Arsene Wenger says future 'not affecting Arsenal players' despite loss at Palace(アーセン・ヴェンゲル「クリスタル・パレスに敗れたにも関わらず、自分の未来は選手たちには影響を与えていないと語る」:BBC)」
Furious Arsenal fans abuse Arsene Wenger and his players outside Selhurst Park after loss to Crystal Palace(クリスタル・パレスに敗れた後、激怒したアーセナルファンはアーセン・ヴェンゲルと選手たちをセルハースト・パークの外で罵った:デイリー・ミラー)」

プレミアリーグ32節、セルハースト・パーク、クリスタル・パレス3-0アーセナル。今朝のショッキングな敗戦と、アーセナルの未来について海外メディアがどう論じているのかが気になって、チェックしてみました。「チャンピオンズリーグ出場権を獲得するのは非常に難しくなった」「1100以上の試合で指揮を執ってきたが、このような敗戦には慣れていない。失望している」というヴェンゲル監督の談話を報じたのは「ESPN」と「デイリー・ミラー」。アーセナルの指揮官は、プレミアリーグ4位のマンチェスター・シティに勝ち点7差をつけられた現状を悲観するとともに「私の将来について話す気分ではない。今は不都合だろう」とコメント。自らの去就については、今は話すべきではないとしています。

さらに「デイリー・ミラー」は、ガナーズの不甲斐ない戦い方にサポーターが激怒したとも伝えています。“We want Wenger out”"You're not fit to wear the shirt" と監督退任を促すチャントが終盤のアウェイスタンドを支配。一部の過激なサポーターがスタジアムの外で指揮官と選手を待ち構えていたため、「アウェイのドレッシングルームからチームのバスまで直通のルートを通さなければならなくなった」。ジェイミー・キャラガーのコメントを紹介した「メトロ」の見出しは扇情的ですが、グーナーについて語る彼の言葉は冷静です。

「みんないつもアーセン・ヴェンゲルについて話している。サポーターが分裂しているとは思わない。彼らの多くが変化を望んでいるのではないかな。選手たちも変わりたいと思っているようにみえる」(ジェイミー・キャラガー)

多くの評論家や記者が、アーセナルはこの敗戦によってプレミアリーグ4位キープが厳しくなり、変化を求める(あるいはそう考えざるをえない)サポーターが増えたと捉えているようです。「アンドロス・タウンゼントとクリスタル・パレスがアーセナルのTOP4の希望を粉砕した(ガーディアン)」「タウンゼント、キャバイェ、ミリボイェヴィッチのゴールは、アーセナルに4位からの撤退をもたらした。ヴェンゲル統治の21年で初めてのことだ(BBC)」。普段はタブロイド紙のようにむやみに煽らない高級紙や「BBC」も、ガナーズの行く末について明快にいい切っています。

私がいちばん興味深かったのは、「BBC」が伝えたサム・アラダイスのコメントです。ボールポゼッションは28%ながら、シュート数では17対11とガナーズを凌駕したプレミアリーグ17位チームの指揮官は、「タウンゼントとザハに最終ラインの裏のスペースを狙わせた」と明言。ベジェリンとモンレアルがウイングのようにプレイするため、その背後を突いたザハとタウンゼントがベンテケと一緒に中に斬り込めば、ムスタフィとガブリエウを危機に陥れることができるとのこと。戦術徹底度が高かったアラダイスと、綻びを明確に修正しなかったヴェンゲルの対決は、プレミアリーグ残留をめざす老獪な指揮官の目論み通りとなったわけです。

…厳しい敗戦の直後に、ヴェンゲル退任論についての是非を語るのはやめておきましょう。今、いえるポジティブなことは、彼らのプレミアリーグは8試合残っており、まだ何も結果は出ていないということです。ただし、私はこうも思います。優勝監督が2年連続で期中に不振の責任を取らされているなかで、直近のプレミアリーグ8戦で2勝1分5敗と崩れた監督が解任されても何の不思議もない。昨季プレミアリーグで最後まで4位を争い敗れたファン・ハール監督が、FAカップを制覇してもクラブに残れなかったことを思えば、4位を外した監督が退任を迫られても何の不思議もない、と。最後に、「BBC」が掲載したクリス・サットンのコメントを紹介しましょう。

「その昔、アーセン・ヴェンゲルはインヴィンシブルズを指揮していたが、彼は今もインヴィンシブルズを指揮している。彼は去るべきだ。選手たちは聞く耳を持っていないだろう」「アーセナルの最大の問題は、ヴェンゲルの将来について決めるのは彼自身だということ。それはオーナーがするべきだ」

ヴェンゲルさんを応援し続けてきた者としては胸が痛む言葉ですが、その時が確実に近づいていることを認めなければならないのでしょう。「元祖SAS」の辛辣な意見を目にして、あらためて思いました。アーセナルにとって重要なのは、ヴェンゲル監督が辞めるべきかどうかよりも、「いつ、誰に後を託すのか」であり、今季プレミアリーグにおいて彼らが絶対に犯してはならない失敗は「ヴェンゲル退任とした際に、理想の後任を呼べないこと」だ、と。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ