激痛!サンティ・カソルラ3ヵ月離脱。アーセナルは「いつもの失速」を避けられるか?

これは痛い!アーセナルのサンティ・カソルラが、スウェーデンで右足底腱の手術を行うことになり、3ヵ月離脱と発表されました。10月19日に開催されたチャンピオンズリーグのルドゴレツ戦で負傷したセントラルMFは、当初は復帰までさほどかからないと見られており、1か月後のプレミアリーグ12節、マンチェスター・ユナイテッド戦の欠場がニュースになったぐらいです。開幕当初からメルテザッカーとウェルベックこそ欠いていたものの、シーズンが始まってから3ヵ月は長期離脱者ゼロ。例年になく戦力が充実していたヴェンゲル監督のチームは、またも主軸を失ったままで戦うことを余儀なくされます。

昨季のカソルラは、11月末のノリッジ戦でじん帯を損傷し、プレミアリーグ出場は15試合に留まりました。9月末からのプレミアリーグで5連勝を飾り、チャンピオンズリーグではバイエルン・ミュンヘンに勝利したチームは、カソルラ離脱直後の12月こそ踏ん張ったものの、年明けから失速。今季の彼は、開幕のリヴァプール戦は途中出場でしたが、その後先発したゲームでは負けなし。チームは8月末からプレミアリーグ6連勝を飾っており、その間16ゴールと攻撃が好調だったのは、カソルラが崩しのバリエーションを広げていたからです。8節までのクロス本数39本は、チーム1位。アレクシス・サンチェスの偽トップ戦術がはまり、ロングボールを使わなくなったチームのなかで、攻撃にアクセントをつけてくれるスペイン代表MFの存在は重要でした。レスターに優勝をさらわれた昨シーズン、カソルラがいないゲームで勝率5割を切っていたガナーズは、同じ停滞を繰り返すわけにはいきません。

さて、アーセナルは、今後どうなるでしょうか。1年前と比較すると、ポジティブな要素とネガティブな状況がそれぞれあります。明るい材料は、セントラルMFの充実です。1月に加入し、プレミアリーグによりフィットしたエルネニーと、チームにダイナミズムをもたらすことができるグラニト・ジャカがいるのは大きな違いです。ラムジーまでカウントすれば中央に4人いる現在のチームは、年明けからのプレミアリーグ10試合で3勝4分3敗と崩れた2015-16シーズンの失敗をなぞらなくてもすむのではないでしょうか。

一方で、最大の不安は、ライバルが明らかに強くなっており、さほど負傷者を出していないことです。昨季の年末年始は、マンチェスター・ユナイテッドとリヴァプールが野戦病院と化しており、チェルシーのモウリーニョ監督は不振から脱却できずに辞任。一方、現在はコンテ、ペップ、クロップの3人が負けないチームを創り上げており、2ヵ月以上離脱する選手はひとりもいません。マンチェスター・ユナイテッドはエリック・バイリーが復帰間近で、チェルシーの最終ラインにはズマが合流します。リヴァプールのコウチーニョは年明けには戻ってくる見通しで、今のコンパニは「いればプラス」という状態でしょう。2016-17シーズンは、あれだけ勝ち点を落としたアーセナルが2位でフィニッシュできた前年とは違う展開になるはずです。

最近のヴェンゲル監督は、復帰したラムジーの居場所探しにやっきになっているように見えますが、今急ぐべきはジャカの定着ではないでしょうか。プレミアリーグでスタメン6試合ながら、エジルと3つしか違わないスルーパス7本を記録している攻撃センスあふれるMFが、中盤を仕切れるようになれば、カソルラの穴は埋まるでしょう。選手を試す場は、チャンピオンズリーグ最終節の消化試合として、ハマーズやストークとの対戦では、スイスから来た大型セントラルMFをできるだけ長い時間プレイさせたほうがいいと思います。当面のベストメンバーは、この顔ぶれではないでしょうか。GKチェフ、DFガブリエウ、ムスタフィ、コシールニー、モンレアル、MFジャカ、コクラン、エジル、ウォルコット、イオビ、FWアレクシス・サンチェス。アーセナルにはぜひ踏ん張っていただき、マンチェスター・ユナイテッドとトッテナムも合流して壮絶な優勝争いと椅子取りゲームが最後まで展開されることを望みます。…が、TOP3は落ちてきそうにないですね。この稿は、今季プレミアリーグの優勝争いが「3」なのか、「4」なのかというお話をしているのかもしれません。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「プレミアリーグで最もシュートが決まるチーム」アーセナルの変化を物語る3つのデータ!

プレミアリーグ再開まで、ようやく残り2日となりました。12節の最大の注目カードは、ランチタイムキックオフで開催されるマンチェスター・ユナイテッドとアーセナルの一戦。既に大黒柱となっているバイリーを欠くモウリーニョ監督と、カソルラ、ベジェリンがいないヴェンゲル監督の激突は、アウェイ優勢と予想する評論家が多いようです。そんななかで、アレクシス・サンチェスを前に置くゼロトップでモデルチェンジしたガナーズについて、「スカイスポーツ」が気になる記事を掲載しています。「Why Arsenal’s efficiency in front of goal might not be sustainable(アーセナルのゴール前における効率のよさは、なぜ持続できないのか)」。この見出しのいわんとするところを理解するためには、興味深いデータをひとつ紹介しなければなりません。今季のアーセナルは、5.1回のチャンスメイクで1ゴールを挙げており、「プレミアリーグで最もチャンスを活かしているチーム」なのです。

チャンスを確実に活かすチームといわれると、多くの方はモウリーニョ監督のチェルシーや、昨季のレスターのようなチームを想像するのではないでしょうか。多くの時間を守備に費やしながら、カウンターに転じると一発で決定的な形を創り、絶対的エースが決めるサッカー。パス本数がプレミアリーグ20チーム中3位のアーセナルは、決してカウンターにシフトしたわけではなく、パスをつないで攻めるスタイル自体は昨季と変わっていません。

しかし、数字を追っていくと、ジルーが最前線にいた昨シーズンと現在はかなり違います。2015-16シーズンのアーセナルは、チャンスメイクの数がプレミアリーグNo.1で、枠内シュートの本数は2位。ショットコンバージョンレート(シュートが決まる確率)は11.7%で、1試合あたり1.71点のチームでした。ところが今季は、チャンスの数は6位、枠内シュートは8位とライバルに後れを取っている一方、コンバージョンレートは14.4に上がり、試合あたりの得点数も2.18に伸びています。ヴェンゲル監督のサッカーに何が起こっているのでしょうか。彼らの変化をひもとく3つのデータを紹介しましょう。

今季のアーセナルのデータにおける最も特徴的な数字は「スルーパスの本数1位」「オフサイド数1位」「ロングボールの本数最下位」です。スルーパス59本は、2位マンチェスター・シティを14本も引き離しているのですが、誰がこんなにDFの間を抜いているのでしょうか。エジル…いえ、アレクシス・サンチェスです。オフサイドというと、真っ先にウォルコットを思い浮かべてしまいますが(ファンの方、ごめんなさい)、こちらも主犯はアレクシス・サンチェス。ボールがこなくなると、すぐに中盤に下がってボールをもらいに来るせっかちな選手が最前線にいるチームが、ロングボールを多用するわけがありません。

プレミアリーグで最もクロスを放り込んでいるクリスタル・パレスのタウンゼントが89本を数えるなか、アーセナルでトップのメスト・エジルは46本で19位。遠くから一発でゴール前に届くボールは少ないのですが、アレクシス、エジル、ウォルコットらが以前にも増して積極的に裏に飛び出しており、確実に決められるキラーパスの比率が上がっているのが今のアーセナルなのです。

さて、そんなチームに、マンチェスター・ユナイテッドはどう対応すればいいでしょうか。最も想像しやすいのは、「ラシュフォードがズドン&バスをチャーター」の1-0。アレクシス・サンチェスやイオビ、ウォルコットにスペースを与えなければ、シュート総数で7位のチームは相当苦労しそうです。最初の1点を争う展開となり、先に決められればマンチェスター・ユナイテッドの勝利、アウェイチームが今まで以上に貪欲にゴールを狙ってくれば上位の順当勝ちとなるのではないでしょうか。「スカイスポーツ」は、アーセナルが効率のよさを持続できない理由として「過去の歴史がそれを示している」とし、記事をこう結んでいます。「彼らは創造性のレベルとショットボリュームを上げなければならない」。どんなゲームになるのか…土曜日が、今から楽しみです!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

例年通りの落ち込みか、戦力強化で無敗継続か…好調アーセナル「鬼門の11月」を占う!

Why are Arsenal always so bad in November?(なぜアーセナルは、11月はとても悪いのだろうか?)」。イギリスメディア「テレグラフ」の見出しはストレートです。グーナーのみなさんにとっては、11月に魔物が棲んでいるのはもはや定説かもしれませんが、この記事ではデータを掲げながら「November hoodoo(11月の疫病神)」に憑かれる理由を分析しています。ヴェンゲル監督が就任してからの20年における1試合あたりの勝ち点を月ごとに見ると、年間でいちばん高いのは3月の2.18ポイント。ここ数年でいえば、チャンピオンズリーグ敗退が決まって「プレミアリーグとFAカップを勝たないと」と気合を入れ直す時期であり、前半戦で出た長期離脱者が戻ってくる季節でもあります。次にいいのは9月の2.14と10月の2.15。ユーロやワールドカップの影響で出遅れた選手が調子を上げ、疲労による負傷者やスランプの選手が少ないこの季節は、勝ち点の稼ぎどきです。今季のアーセナルは、公式戦10勝2分、プレミアリーグ6勝1分という素晴らしい戦績でこの2ヵ月を駆け抜けました。

さて、11月はどうでしょう。過去20年を見ると…ぶっちぎりに悪い1.59!次に低い8月が1.88ですので、この落ち込みは尋常ではありません。2014-15シーズンのプレミアリーグは2勝2敗、昨季は1分2敗。勝ち越しすらままならない毎度の停滞について、「テレグラフ」は4つの理由を挙げています。「負傷者の多発」「試合数の増加」「ライバルと激突」「キーマッチの存在」。最初の理由については、長年チームを見てきたグーナーなら実感を込めて「そのとおり!」とうなずくのではないでしょうか。

昨季のカルテを振り返ってみましょう。チェンバレン、ウェルベック、ラムジー、ウォルコット、ウィルシャー、ロシツキ、オスピナ…。11月21日に開催されたプレミアリーグ13節のWBA戦では、前半でコクランが負傷し、代わったアルテタも50分まで持たずにリタイア。1-2で敗戦というトリプルパンチを喰らうと、1週間後のノリッジ戦でカソルラ、アレクシス・サンチェス、コシールニーが負傷と2戦連続のトリプルパンチ。降格候補に1-1のドローという踏んだり蹴ったりの月末を過ごしています。徐々に忙しくなる季節に飛車角金銀落ちを強いられては、大半の監督がお手上げです。

2つめの「試合数の増加」については、純粋に多いのはボクシングデーから中1日の試合まである12月と、FAカップとその煽りの延期試合が詰め込まれる4月なのですが、11月は「インターナショナルマッチウィークの前後がタイトになる」時期です。プレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、EFLカップをすべて戦うアーセナルに、9月・10月に勝利勝利で駆け抜けた疲労がのしかかります。記事では、ヴェンゲル監督はターンオーバーがうまいとはいえず、選手層が薄いチームが酷使でさらに戦力を失うと指摘しています。

さらに、11月はプレミアリーグの上位クラブと当たる率が高く、ここ10年はチェルシー、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナム、リヴァプールと戦っているとのこと。昨季も11月の最初のプレミアリーグはノースロンドンダービーで、ガナーズはエミレーツでドローに終わりました。ライバルとの対戦がなかった2011-12シーズンは2.33という高い数字を残しており、神様の悪戯も多分に影響しているようです。「キーマッチ」については、「ターンオーバーが苦手な監督を苦しめるチャンピオンズリーグが、その次のゲームを勝ち点ロストに追い込む」という指摘です。なるほど。記事は「今季はどうなるでしょう?」で締めているのですが、11月までは順当に来ているアーセナルの現状を整理してみましょう。

長期離脱はメルテザッカーとウェルベックのみ。負傷が多かったロシツキとウィルシャーはチームを離れており、同じくメディカルスタッフのお得意様だったウォルコットは、カソルラともども早期に復帰できそうです。今季のアーセナルはケガ人が比較的少なく、戻ってくるのが早いのが大きな変化です。対戦相手については、はっきり申し上げて最悪です。ノースロンドンダービー、マンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマン、ボーンマス、EFLカップのセインツ。強豪3つと嫌いなセインツ、唯一の救いはアウェイゲームがオールド・トラフォードしかないことです。試合数、ライバル対決、キーマッチの3点セットは完全にジョーカーを引いたガナーズが、より充実した戦力を活かして負傷者を出さずに11月を勝ち切れるかというお話です。

さあ、予想してみましょう。私のベットは「いける!」。理由はシンプルで、「強豪と呼ばれるなかでも、いいところと当たったから」です。ハリー・ケインが病み上がりでアルデルヴァイレルトがいないスパーズは、最近6試合を4分2敗と勝利なし。ソン・フンミンが打ち止めとなった攻撃陣は6戦で3点しか獲っておらず、自慢のプレスと速攻が効かなくなってきています。プレミアリーグ8位のマンチェスター・ユナイテッドも最近4試合でわずか2ゴール。ズラタンは沈黙、ポグバとバイリーは負傷離脱で、マタさえ抑えられれば怖くありません。昨季は独走だったパリは、珍しくリーグ・アン3位。ズラタンを失ったチームは得点力が落ちており、カバーニとルーカス・モウラ以外に得点源がありません。アーセナルにとっては、与しやすい相手が揃ったのではないでしょうか。怖いのは、むしろ内なる敵、負傷です。アレクシス・サンチェス、エジルとCBが元気なら、過去のデータを裏切る充実の月を過ごせるのではないかと思います。

2-3と辛勝だった11月最初のルドゴレツ戦を、「苦しい季節の始まり」と見るか。ファーストタッチで決勝アシストを決めたエルネニーの底力と、CLで4試合4ゴールとメッシの次にゴールが多いエジルの覚醒を「選手層も得点力も上がって、きわどい試合を勝てるようになった」と評価するか。ティエリ・アンリが「ジルーでは優勝できない。ワールドクラスのストライカーが必要」と批判したガナーズは、新しいストライカーがノーゴールなのに首位と並んでおり、ジルーの復調でスカッドはほぼ万全。私は、このチームは相当強くなったとみています。「リヴァプール、マンチェスター・シティ、チェルシーよりも」とは胸を張っていえないのが、名将が揃ってしまったプレミアリーグの難しいところなのですが…。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

アーセナルの年か、偽の夜明けか…「スカイスポーツ」が、ヴェンゲル監督のスカッドを徹底調査!

Arsenal's year or another false dawn? Examining the Gunners' Premier League title credentials(アーセナルの年か、あるいはもうひとつの偽の夜明けか?ガナーズにプレミアリーグタイトルを獲得する資格があるかを探る)」。イギリスメディア「スカイスポーツ」が、毎年恒例の話題について記事にしています。「アーセナルはプレミアリーグで優勝できるか?」「今年のリヴァプールは本物か?」は、いつの頃からか定番となった秋の2大テーマ。彼らがペップのマンチェスター・シティと勝ち点で並んでいる現状は、例年以上に話を盛り上げます。両者が激突したプレミアリーグ開幕戦は、サディオ・マネの破壊力でリヴァプールが殴り合いを制しましたが、アーセナルはその後のプレミアリーグで8戦無敗。クリーンシート4つと守備の安定感が増しており、9月にプレミアリーグデビューを果たしたムスタフィは、未だ負けを知りません。

「チャンピオンズリーグとEFLカップでもより強くなった」と「スカイスポーツ」が評価するチームは、ミドルズブラ戦の取りこぼしを笑い飛ばせるぐらいの快進撃を見せるのか、最近2年は2勝2敗、1分2敗と停滞している「怪しい11月」を過ごすのか。記事では、アーセナルの変化として、より厚くなった選手層を挙げています。確かに、ジャカとムスタフィの加入は大ヒットの予感。EFLカップ4回戦のレディング戦の中盤は、エルネニー、メートランド=ナイルス、ジェフ・レーヌ=アデレード、チェンバレン、イオビと、レギュラーを4人外しています。今までのアーセナルは、ここまでのターンオーバーをすれば、延長戦に持ち込まれたりジャイアントキリングを許すなど、大変な目に遭っていたところです。しかし、この試合は違いました。チャンピオンシップのチームをエミレーツで迎え撃った彼らは、危なげなく試合を進め、チェンバレンの2発で文句なしの2-0勝利。「スカイスポーツ」にフォーメーション図で紹介されている2つのチョイスを紹介しましょう。

■ファーストチョイス
GKチェフ、DFベジェリン、ムスタフィ、コシールニー、モンレアル、MFカソルラ、ジャカ、ウォルコット、エジル、イオビ、FWアレクシス・サンチェス
■セカンドチョイス
GKオスピナ、DFジェンキンソン、メルテザッカー、ガブリエウ/ホールディング、ギブス、MFコクラン、エルネニー、チェンバレン、ラムジー、ルーカス・ぺレス(左サイドですか!?)、FWジルー/ウェルベック

「ここ10年、CBはアーセナルのウイークポイントだったが、シュコドラン・ムスタフィは一貫して優秀なコシールニーの隣にうまく入っている」「オスピナはチェフの代役として能力に疑いがない」「左サイドのモンレアルとギブスの間には健全な競争がある」「ベジェリンの右サイドはやや手薄だが、レディング戦ではジェンキンソンが勇気づけられるプレイを披露し、構想の中に戻ってきた」。イギリスメディアは、メルテザッカー、ガブリエウ、ホールディングなどの選択肢もあるアーセナルの守備陣が量・質とも向上したと主張しています。攻撃においては、アレクシス・サンチェスのトップ起用という最大の変革の効果で、エジルとウォルコットが自由に動けるようになったと評価。「昨季は依存度が高かったジルーが、突然プランBになったように見える」と、激化したレギュラー争いについて表現しています。選手層の充実で弱点が強化され、タイトなスケジュールに放り込まれても崩れにくくなったのは間違いありません。

一方で、記事では気になるデータも紹介しています。アーセナルの1試合あたりのゴール数は、2015-16シーズンの1.7から今季は2.1に上がっており、ショットコンバージョンレート(総シュート数に対する得点率)も15.6%から20.7%にUP。この数字は、プレミアリーグNo.1です。ところが、チャンスメイクの数字は試合あたり12.3から10.6にダウン。昨季よりも落ちた数字が、後に問題を起こす可能性を指摘しています。9試合を終えてもエジルにアシストがない状況が、数字に表れているのでしょうか。アレクシス・サンチェスとのコンビネーションで3ゴールをゲットしているコントロールタワーが、ジルーとのホットラインでピンポイントのクロスを決めさせる「プランB」で数字を伸ばせれば、アーセナルはプレミアリーグ優勝により近づけるのではないかと思います。

本拠地エミレーツでミドルズブラの堅守に苦戦し、カウンターを許したチームが、試合のなかで戦術を変えることによってイーブンのゲームをものにできるようになれなければ、今まで何度も見てきた偽の夜明けで終わってしまうでしょう。いま一度、セカンドチョイスのメンバーを眺めてみましょう。カソルラがいない夜、アレクシスが抑えられて闇に消える夜に光を灯す選手は誰か。私が期待しているのは、背番号を8に変えたウェールズ代表MFの飛び出しとミドルシュート、昨季プレミアリーグで16ゴールを積み上げた「元エース」がクロスに合わせるヘディングとボレー、今季新加入のスペイン人ストライカーが一瞬空いたスペースに入り込んで決めるワンタッチゴールです。ノースロンドンダービーとマンチェスター・ユナイテッド戦が待つ11月を終えないと、本当の夜明けがくるかどうかは何ともいえませんが…。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ