コシールニーがいないとき、彼らは守り切れるのか?アーセナルのCB獲得待望論

のっけから宣伝で恐縮ですが、昨日発売されたフットボリスタ増刊「footballistaZine Arsenal」(簡単にいえば、まるごとアーセナル本です)に3本ほど、記事を書かせていただきました。アレクシス・サンチェスがこの3年間のプレミアリーグ、CL、国内カップで決めた72発の映像をすべてチェックし、アーセン・ヴェンゲル監督の20数年前のコメントを当時の現地記事まで辿って翻訳したりと相変わらずの肉体労働担当ではございますが、企画段階で「アレクシス・サンチェスの72発を全部紹介したら、垂涎の保存版としてグーナーはみんな買うんじゃないですかぁ」などと軽々に発言した者としては、ブーメランはキャッチするしかありません。本ブログにアーセナルの現地観戦レポートをときどき寄稿している「特派員」も、「アーセナル女子会」「ジャパニーズグーナーなら誰もが知ってる某ブログの神記事紹介」「2017選手名鑑」「エミレーツ観戦、丁寧すぎる完全ガイド」「アーセナル再興(最高)論」と獅子奮迅の大活躍です。

いちばん読んでいただきたいのは、プレミアリーグ2017-18の全日程を押さえながら書いた「17-18シーズン 14年ぶりの戴冠をシミュレーション!!」なのですが、マンチェスター・ユナイテッドを応援する同志たちに魂を売ったと非難されてしまうかもしれません。わがクラブについては、8月12日に発売されるフットボリスタ本誌のほうで、モウリーニョ監督のチームづくりというテーマで書かせていただきましたので、ご容赦いただければと思います。

さて、そのアーセナルです。トランスファーマーケットの序盤にラカゼット、コラシナツを獲ったヴェンゲル監督は、一転して静寂を守り続けています。彼らよりもさらに静かなトッテナムのポチェッティーノ監督が、「ガーディアン」にて「新たな選手を連れてきて、スタープレーヤーやキーマンにプレッシャーをかけなければならない。争いがなければモチベーションは下がる」と発言しておりましたが、この懸念はヴェンゲル監督のチームにもあてはまるのではないでしょうか。

「スカイスポーツ」が、「Arsenal 2017/18 season preview: Are the Gunners title contenders?(ガナーズはタイトル争いをするチームなのか?)」と題された記事で、チャーリー・ニコラス氏にプレミアリーグ2017-18シーズンの展望を語ってもらっています。共感するのは、「ヴェンゲル監督は守備の課題に取り組んでいない」「クラブは、取り払うべき死んだ木に囲まれている。アントニオ・コンテがチェルシーでやったことでもあるが、何もしない多くの選手がベンチに座っているのはアーセナルにとって怖いことだ」という2つの言葉です。慢性的な負傷を抱えているコシールニーが不在の際に、ガナーズは守り切れるのか。余剰戦力を整理して新しい戦力を投入しなければ、クラブはリフレッシュできず、アレクシス・サンチェスら中心選手がストレスを溜めるのではないか。コシールニーの離脱をきっかけに大量失点し、バイエルンに2試合連続で5-1の惨敗を喫したチームの最終ラインが、そのままの顔ぶれでいいとは思えません。

モナコのトマ・レマル獲得は暗礁に乗り上げ、ニースのコートジボアール代表MFジャン・ミカエル・セリやスポルティングCPのウィリアム・カルバーリョなどの名前は聞こえてくるものの、交渉の進捗を報じるニュースが続きません。ウディネーゼの21歳MFヤンクトができることは、アーロン・ラムジーが充分やってくれるでしょう。守備力が高いセントラルMFを獲得すること自体はいいのですが、プレミアリーグのTOP6で最多だった44失点を減らすためには、コシールニーの後を継げるレベルのCBが必要ではないでしょうか。

チャーリー・ニコラス氏は、「今のままなら最高でも4位だろう」と結んでいます。私は、今のままでも優勝争いに絡めるとみているものの、後方に負傷者が出ないという幸運がついてこなければ難しいとも思っており、「ファン・ダイクのような強力なCBを獲れば、プレミアリーグ優勝が見えてくる」という表現がしっくりきます。ヴェンゲル監督は、動くでしょうか。移籍市場締め切りまで1ヵ月弱の時間がありますが、ロケットスタートを決めたいプレミアリーグ2017-18シーズンの開幕までは1週間しかありません。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ラフィーニャ、トマ・レマルとCB獲得は必須!? 「スカイスポーツ」が指摘するアーセナルの3つの課題

北京国家体育場、通称「鳥の巣」で開催されたビッグロンドンダービーは、1日早く行われたマンチェスターダービーと同じ構図になりました。モウリーニョ監督と同様、来季プレミアリーグをこのまま戦うかのような主力を並べてきたコンテ監督に対して、ヴェンゲル監督は慣らし運転モード。CBにメイトランド=ナイルズ、左サイドには1月に7部相当のヘドネスフォード・タウンから獲ったコーエン・ブラモールを起用しています。2ヵ月前のFAカップ決勝では見事な守備を見せたガナーズの3バックはミスが目立ち、ウィリアンやバチュアイを捕まえきれません。

プレミアリーグ王者が先制したのは39分でした。縦パスで前線に出たウィリアンの切り返しとフィニッシュにモンレアルは足を出せず、右足のシュートはポストの内側にヒット。3分後にはメルテザッカーがバチュアイに翻弄され、左隅へのコントロールショットを許してしまいます。後半開始直後には、マルコス・アロンソが丁寧に流したラストパスを、フリーで走り込んだバチュアイが左足で蹴り込み勝負あり。エジルとラカゼットがコンビネーションを確かめ合えたこと、18歳のマレンという活きのいいストライカーが楽しみな存在であることなど、アーセナルはいくつかの収穫はあったものの完敗で中国に別れを告げることになりました。

「スカイスポーツ」は、チェルシーに敗れたアーセナルの課題として、3つのテーマを提示しました。「今季もスロースタートなのか?」「3バックは大丈夫か?」「アレクシス・サンチェスはキーマンなのか?」。分析に定評があるメディアは、昨季プレミアリーグの開幕戦でエミレーツに乗り込んだリヴァプ―ルに3-4と敗れたことが、最終的に4位と5位の差となったと指摘。食中毒や負傷者が出ていた影響があったのかもしれませんが、チェルシー戦で露呈した脆弱さが2年連続のスロースタートを招くのではないかと懸念しています。3バックについては、メイトランド=ナイルズに加えてエルネニーまでこのポジションで起用したことに疑問を投げかけており、「これがプランだったというなら、アーセナルのボスはスペシャリストと契約すればよかったと後悔することになるのではないか?」と補強の必要性を説いています。

アレクシス・サンチェスについては、「3-4-3に理想的だが、不幸な選手をキープしておくリスクをとるのか?」。バイエルン戦のラカゼットはエジルといい連携を見せており、ドイツ人プレーメイカーはチェルシー戦でもクオリティの高さを披露していました。「スカイスポーツ」は、ラカゼットはアレクシス・サンチェスを活かすスペースを創ることができるのも魅力だとしながら、7番がパリやマンチェスターに去るケースに備えて代役を用意しなければならないといっています。人心掌握術に長けたヴェンゲル監督がアレクシス・サンチェスを踏みとどまらせることに成功した場合は、モチベーションを心配する必要はないでしょう。きっちり止めるか、早期に違うタレントを引き入れるとジャッジするか。8月末に手離すことが決まるといった最悪の展開になれば、プレミアリーグ5位のクラブが順位を上げられずに終わる可能性が高まります。

アレクシス・サンチェスはともかく、リヴァプールやチェルシーが獲得に動いているといわれるチェンバレンについては、ヴェンゲル監督は諦めているのかもしれません。「スカイスポーツ」は、アーセナルがバルセロナのラフィーニャ獲得に近づいているとも報じています。3000万ユーロ(約43億円)以上のオファーがあれば、スペインのクラブは応じるとのこと。昨季のリーガ・エスパニョーラでは4月まで18試合6ゴールと結果を出し、レギュラーの座をつかみ始めていたサイドアタッカーは、右膝を痛めてシーズンを終え、現在もリハビリを続けています。プレミアリーグの開幕には間に合わないかもしれませんが、元気になれば、同じバルサの下部組織出身であるベジェリンのライバルとして右サイドで機能してくれるものと思われます。

アレクシス・サンチェスの去就がどうなろうとも、万力込めてトマ・レマルは獲りにいってほしいところ。一部では8000万ポンド(約115億円)を要求されたという報道もあるようですが、他の選手の値段を見ると、5000万~6000万ポンドを差し出せば獲得の可能性は上がるはずです。先に売却したシュチェスニーに加えて、ジルー、ドビュッシー、ウィルシャー、ウォルコット、ルーカス・ぺレス、ギブスと放出の噂がある選手が多いクラブが、払えないという理由でディールを終えることはないと思われます。彼に加えてCBまで押さえて、アレクシスを説得しきれれば、アーセナルは来季もプレミアリーグの優勝候補の一角です。(ラフィーニャ 写真著作者/Ludovic Péron)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「来季は3バックで始める」…アーセン・ヴェンゲル監督に求めたいのは「明確な変化」

Arsenal will start next season with three-man defence, confirms Arsene Wenger(来季のアーセナルは3バックでスタートするだろうとヴェンゲル監督が語った)」。イギリスメディア「テレグラフ」が、14年ぶりのプレミアリーグ制覇をめざすクラブのスカッドと戦術について分析しています。クリスタル・パレスに3-0で完敗した後、導入した3バックは思いのほか機能し、プレミアリーグの終盤戦とFAカップで9勝1敗の快進撃。年明け以降、4-2-3-1では7試合を落としていたチームは、アイデンティティともいうべき布陣から3-4-2-1に華麗にシフトし、FAカップ制覇と次のシーズンへの希望を手に入れました。ヴェンゲル監督は、いつも通り継続性を重視するようです。クリエイティブな選手を減らし、後ろを増やすことによってアーロン・ラムジーがセントラルMFの負担から解放されると記事は主張しています。

「指揮官が選手に届けようとしているメッセージは、フレキシブルに戦うということ。4-2-3-1に戻ることもあり、効果的にディフェンダーとアタッカーを増減させるフォーメーションをめざしている」。最前線には9番を付けたアレクサンドル・ラカゼット。ウェルベック、エジル、ウォルコット、イオビなど2列めに7人を抱えるチームは、モナコのトマ・レマルを獲ろうとしており、「アンリのようになれる」と指揮官自らキリアン・ムパッペを口説いたとも報じられています。「テレグラフ」は、トマ・レマルが決まれば退団濃厚のルーカス・ぺレスに加えてジルーも去る可能性があると伝えていますが、売り先さえ見つかればウォルコットもクラブに別れを告げることになるかもしれません。ジェレミー・ウィルソン記者が「アレクシス・サンチェスを他のプレミアリーグのクラブに売ることはない」といい切ったのは、ボスが明言したからでしょう。

「昨季の終わりに話したことは変わっていない。(アレクシス・サンチェスの残留は)私たちが取り組むべきことだ。選手たちが契約を尊重することを期待している。シーズンが始まったタイミングでもその途中でも契約は延長できるので、アレクシス・サンチェスが最後のシーズンになるかどうかは誰にもわからないね」(アーセン・ヴェンゲル)

エヴァートン、ウェストハム、マルセイユにほしがられているジルーについても、「昨シーズンに契約を延長したばかりで、われわれの決断は明らかだ。彼はチームに大きな価値をもたらしてくれる」と語っていますが、プレミアリーグ5年めで最少の出場時間に終わったストライカーの退団の意志が強ければ、無理に引き留めたりはしないでしょう。

WBは、右がベジェリンとチェンバレン、左がコラシナツとモンレアル。3バックにはムスタフィ、ホールディング、コシールニー、メルテザッカー、ガブリエウ。中盤はジャカを中心に、ラムジー、コクラン、エルネニーとウィルシャー、カソルラ。こうして並べてみると、やはり最重要ミッションは「テレグラフ」が「main contract rebels(主力の契約反乱軍)」と形容したエジル、アレクシス・サンチェス、チェンバレンを留めることです。しかし、仮に首尾よく3人の契約延長に成功したとしても、もうひとつ気になることがあります。

サポーターが求める明確な変化はあるのか?

ラカゼットは前線の決定力を向上させる極上のカードですが、これだけでは足りないのではないでしょうか。ほしいのは、攻めのオプションと守備の安定感。例えば前者はアダマ・トラオレやザハのような圧倒的なサイドを崩す力であり、後者はファン・ダイクやアルデルヴァイレルトに代表される最終ラインの統率力です。彼らの勝ちパターンは、先にゴールを奪ってオープンな展開になったところで追加点を決めて逃げ切る形ですが、終盤までもつれた試合を確実にものにするためには、相手の守り方を変えさせて混乱を引き起こすような飛び道具がほしいところ。若い頃から期待されながら満足なシーズンが少ないウォルコットに「変化」は起こらないでしょう。コシールニーがいなくなった後、守備が崩壊した昨季CLのバイエルン戦を思い出せば、読みに長けたCBの後継者に指名できるようなレベルのCBが必要だと思います。

前線のサイドと最後方の強度を高めることができれば、ヴェンゲル監督が語る「クラブにとって大事なのはバリューであり、それがトロフィーをもたらす。プレミアリーグで勝ちたい」という言葉が現実味を帯びてくるのではないかと思われます。アーセナルの夏の強化は、未だ3割。誰もが認めるプラスアルファの価値を創出し、チームに明確な変化を及ぼすニューフェイスの獲得を期待します。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

コクランの助言でラカゼットが決断、メルテザッカーは指導者へ…アーセナルのちょっといい話

「メルテザッカーとはまだ話してないけれど、エジルとは話した。彼は僕が知りたいことを全部話してくれた。クラブのヴィジョンを聞いてポジティブだと感じ、すぐに移籍を決断した」。昨夏、シュコドラン・ムスタフィが、アーセナル入団を決めるに際してドイツ代表でともに戦うプレーメイカーのアドバイスが大きかったと語っておりましたが、ラカゼット獲得の舞台裏にも素晴らしい「キャリアカウンセラー」が存在していたようです。

イギリスメディア「デイリー・メール」が陰のMVPとして紹介したのは、フランシス・コクラン。プレミアリーグで5年プレイした26歳のセントラルMFは、ラカゼットとは数年来の友人で、このたびの移籍についても相談に乗っていたそうです。誕生日が2週間しか違わない同い年のストライカーは、「ロンドンは素晴らしい街で、アーセナルは偉大なクラブ。絶対に後悔しない」というコクランの言葉に背中を押されたと語っています。スムーズに決まって何よりです!

この話を聞いて、1年前、「アーセナル最優先で考えよう」と代表の同僚ムサ・シソコを口説いたオリヴィエ・ジルーが、よりによってトッテナムを選ばれてしまい「信じられない。彼は自分が何をしようとしているのかわかっていない」と嘆いていたのを思い出しました。獲り逃したのがジルーだけに、足をすくわれて転倒したときの大げさなジェスチャーが頭に浮かんで笑ってしまったのですが、コクランは同じ轍を踏みませんでした。アトレティコ・マドリードからも誘われていたストライカーを、ノースロンドンに進路変更させたセントラルMFのインターセプトは素晴らしい切れ味でした。来季のプレミアリーグで、コクランからの縦パスが最前線に通るたびに、心温まる交流のエピソードが脳裏をよぎりそうです。

心温まる話といえば、メルテザッカーの指導者転身のニュースにも感動しました。2017-18シーズン終了とともに引退する「ビッグ・ファッキン・ジャーマン」は、アカデミーの指導者としてクラブに残ることになったそうです。ヴェルダー・ブレーメンにいたメルテザッカーがプレミアリーグにやってきたのは、2011年8月31日でした。マンチェスター・ユナイテッドに8-2で敗れる衝撃の一戦の後、ヴェンゲル監督は急遽大量補強を決断。パク・チュヨン、アンドレ・サントス、ミケル・アルテタ、ヨッシ・ベナユンとオトナ買いを敢行したなかに、ドイツ代表CBの姿もありました。パニックバイと非難されながらも、アルテタとメルテザッカーは大当たり。統率力を備えた2人はいずれも主将を務め、チームの主軸として活躍しました。

6年の長きにわたり、グーナーに愛され続けたメルテザッカーは、プレミアリーグ150試合出場5ゴールという数字以上に貢献度が高い選手です。サポーターに挨拶をせずに引き上げていこうとするエジルを叱りつけ、FKの壁に入ったヤヤ・サノゴが体をカバーしようとする手をつかんで下げさせるなど、常に集中して戦う姿勢とモラルの高さは若い選手たちの手本となりました。昨季は負傷で長期離脱を強いられ、公式戦出場はプレミアリーグ最終節とFAカップ決勝の2試合のみ。それでもひとたびピッチに立てば、初めて3バックに加わった選手とは思えない落ち着いた守備を披露し、ウェンブリーに集まったサポーターの心を捉えました。

アルテタが引退したとき、なぜアーセナルは彼を指導者として残さなかったのだろうと思った者として、メルテザッカーのセカンドキャリアプランには諸手を挙げて賛成です。ヴェンゲル監督がクラブを去った後を継ぐのは…いやいや、それはちょっと気の早い話ですね。まずは、最後のシーズンをしっかり見届けましょう。そしてその後は、「エキサイティングなチャレンジだ。これからもアーセナルの一部であり続けられることがうれしい」と語ったキャプテンが、精神的にたくましい選手を次々とファーストチームに送り出すのを楽しみにしたいと思います。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ