ヴェンゲル監督は続投か、退任か…厳しい状況に追い込まれたアーセナル、2016-17シーズン苦闘の足跡。

「自分の将来はわかっている。みなさんには近いうちにお知らせする」。プレミアリーグ20年めの指揮官の言葉を聞いて、「辞任」を連想した方が多いのではないでしょうか。直近のプレミアリーグ5戦で1勝4敗。これほど厳しい状況に追い込まれたのは、開幕3戦めにマンチェスター・ユナイテッドに8-2で敗れ、2勝1分4敗と出遅れた2011-12シーズン以来です。ヴェンゲル監督が続投意欲を失ったとすれば、サポーターの声と戦績が主な理由でしょう。「自分の存在がアーセナルのためにならない」と思えば、クラブ愛が強い名将は去るという結論を選ぶはずです。WBAに3-1で完敗した直後も、ヴェンゲル監督はこう語っていました。「われわれは今、この20年で1度も経験していない困難な時期を迎えている。私の去就より、敗戦が続いていることの方が重要。巻き返すのは大変だが、試合に集中しなければならない。しっかり回復させて、いい準備をしたい」。おっしゃるとおり、ここからの4位確保は、過去最高に難しいミッションとなりそうです。

昨季までのアーセナルは、ゴールという終着駅までの路線が、大きく2つありました。ひとつは、「エジル経由ジルー本線」。そして今ひとつは、「アレクシス本線」。ジルーがプレミアリーグ16ゴール、アレクシス・サンチェスが13ゴール、エジルが19アシストを積み重ねた攻撃陣は、優勝したレスターから7ゴールを奪って唯一のダブルを記録。2人のワールドクラスと勝負強いストライカーが、それぞれの持ち味を発揮することで攻撃の幅が生まれていました。年明けから2ヵ月の3勝3分3敗という停滞が響き、悲願のプレミアリーグ優勝には届かなかったものの、最後は10戦無敗でスパーズをかわして2位でシーズンを終えています。

今季はジルーが出遅れたものの、アレクシス・サンチェスを中央に置くゼロトップという新機軸が当たり、エジルとウォルコットがゴールを積み上げていた12月上旬までは、チェルシーと3差の2位をキープ。当時のチームを「プレミアリーグ最強クラブのひとつ」と表現しても、違和感はないでしょう。私は、今季こそヴェンゲル監督のチームはビッグタイトルに手が届くかもしれないと思っていました。エジル最後のゴールは15節のストーク戦、ウォルコットは17節のマン・シティ戦。フィニッシュのバリエーションを失ったチームは、それでもジルーが公式戦5戦連発と当たり始めた年末年始は持ちこたえておりましたが、ストライカーが負傷がちになり、プレーメイカーが体調を崩した1月末以降、エジル路線は運転休止。ゴールへのチケットを買えるのは「アレクシス経由あるいはアレクシス本線」のみと7番への依存度が急速に高まります。

エジル、ジルーと自身の3つの軸が均衡を保ち、相互に機能していたときはポジティブだったアレクシス・サンチェスは、周囲が思うように動かないことに不満を露わにするようになり、チームは完全に失速しました。FAカップでは3戦5ゴールと絶好調のウォルコットは、なぜかプレミアリーグでは不発。年明けに復帰したウェルベックは、未だ完調とはいえません。ジャカの出場停止、ラムジーやエルネニーの負傷などが重なったアーセナルは、攻守とも不安を抱えたままバイエルン戦に突入。2戦とも後半にコシールニーがいなくなり、終盤に集中力を切らして1-5、1-5で敗退しました。サポーターがヴェンゲル退任を求めるプラカードを掲げ始めてからは、ノンリーグのサットンとリンカーンにしか勝っておりません。

アーセナルが勝てなくなった理由として、主力の不振・不在以外で見逃せないのは、「ゲームプランの崩壊」です。ワトフォード戦は20分にラムジーが消え、チェルシー戦は17分にベジェリン。バイエルン戦はコシールニー、コシールニー、リヴァプール戦の前半はアレクシス・サンチェスを使わず、WBA戦はチェフとアレクシス。元々、選手交代で課題解決するのが得意とはいえないヴェンゲル監督は、トラブルで戦術変更を余儀なくされる試合を続けています。シーズン後半戦でプレミアリーグ6位に留まっているのも、これだけのアクシデントがこの時期に集中するのも、初めてではないでしょうか。次戦、プレミアリーグ30節のマンチェスター・シティ戦にエミレーツで敗れれば、3位の背中は見えなくなります。

ここまで、今季のアーセナルの足跡を辿ってまいりましたが、ヴェンゲル監督はどんな将来を明言するのでしょうか。「ユーヴェのアッレグリ監督と合意」「ドルトムントのトゥヘル監督に就任要請」という話が出ている一方で、「ザ・サン」は「土曜日に対戦したWBAのピューリス監督が、本人から続投と聞いたとコメントした」と報じています。続投発表ならサポーターの抗議は過熱必至。一方、シーズン中に監督が辞任発表したり、その噂が流れたりすると、ペジェグリーニさんやレドナップさんのチームのように調子を落とすケースが多いのも事実です。去るも地獄、残るも地獄。アーセナルが今季もプレミアリーグ4位をキープすると予想できる根拠はなかなか見つかりません。あるとすれば、「EL重視のマンチェスター・ユナイテッドがアウェイの上位対決を3つ残している」「リヴァプールが”苦手の”下位との対戦だけになった」、そしてもうひとつは「それでも勝ってきたのがアーセン・ヴェンゲル」…3つめが、いちばん説得力が高い気もします。

せめて気持ちだけは負けない、続投でもひとたび決まったらエミレーツが応援モード一色となる…来季もチャンピオンズリーグに出場するためには、戦術戦力云々もさることながら、選手とサポーターがポジティブな気持ちで戦うことが最も重要なのではないでしょうか。私は、「アッレグリなど適切な後任を招聘できると決まったうえでなら、ヴェンゲル退任がベター。ただし心情的には、ボスはプレミアリーグかチャンピオンズリーグを勝って勇退してほしい」と考えており、「心折れて辞任」「CLを逃して退任」という結末だけは見ないですむよう祈っております。20年、素晴らしいサッカーを披露し続け、他クラブがうらやむアーセナルのカラーを創ってきた指揮官の最後として、あまりにも悲しい結末だけは。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

現地紙が大胆予想!「アーセナルの監督にマックス・アッレグリが就任したら、11人はこうなる」

どこかのタブロイド紙が、この企画をやるのではないかと思ってました。「もし、〇〇がアーセナルの監督になったらどんなラインナップになるのか?」。今なら、プレミアリーグ参入の準備をしていると報道されたユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が旬でしょう。「デイリー・スター」が予想したアッレグリの11人は、「no Sanchez or Ozil, four new signings」。契約延長交渉が進展していないといわれる昨季プレミアリーグアシスト王と今季得点王候補を外したフォーメーションで、イタリア人監督の「ネクスト・アーセナル」を表現しています。ヴェンゲル監督の去就が実際にどうなるかはひとまず脇に置いて、タブロイド紙のシミュレーションに目を向けてみましょう。

おお、GKから既に刺激的です。ACミランの守護神ジャンルイジ・ドンナルンマ。シニシャ・ミハイロヴィッチ元監督に才能を見出され、2015-16シーズンより名門のゴールマウスに立つ生え抜きGKは、未だ18歳です。チェルシーでクルトワと熾烈なレギュラー争いを繰り広げたチェフは、アーセナルでも若いGKにプレミアリーグのゴールを譲り、カップ戦にまわるというシナリオでしょうか。最終ラインは、ムスタフィ、コシールニーに加えてユーヴェからジョルジョ・キエリーニ。攻撃時には、脇にいるムスタフィとキエリーニがスパーズのフェルトンゲンのごとくオーバーラップするシーンも見られるでしょう。プレミアリーグで一世を風靡した4-2-3-1は、ヴェンゲル監督の退任をもって、トッテナムやマンチェスター勢がときどき使うオプションに格下げとなるのかもしれません。

タブロイド紙が中盤に指名したのは、アンカーにジャカ、右のインサイドにアーロン・ラムジー、左はボーンマスから復帰のジャック・ウィルシャー。停滞していた選手が、監督交代やフォーメーション変更によって息を吹き返すことがあるのは、ロホ、ヘンダーソン、ペドロが証明しています。運動量豊富なラムジーが2013-14シーズンの得点力を取り戻し、負傷に才能の発揮を阻まれていたウィルシャーが彼らしさを思い出せば、この3枚はおもしろいユニットになりそうです。サイドに配されるのは、右は絶対に外せないエクトル・ベジェリン。左には、これもユーヴェからアレックス・サンドロです。イタリア王者が彼を手離すイメージはありませんが、獲得できれば攻撃においてはモンレアルよりも機能しそうです。2人のアレックス、イオビとチェンバレンは、前者はウィルシャーのオプション、後者は出場機会を求めてプレミアリーグの他クラブに移籍という想定でしょうか。

3-5ときたら、前線は2トップ。「デイリー・スター」は、プレミアリーグ17ゴールのアレクシス・サンチェスだけでなく、ここぞというときに頼りになるオリヴィエ・ジルーまで外しています。新エースは、レアル・マドリードではやはりベンチが多いアルバロ・モラタ。リーガ・エスパニョーラで17試合8ゴールのストライカーは、カウンターや裏を狙う動きは素晴らしいものの、リーグ戦で1度も2ケタゴールを記録していないのが気になります。ソルダードのようにプレミアリーグにフィットせずに終わる可能性や、ルーカス・ぺレスのほうが実は頼りになるといった結末もないわけではないでしょう。

相棒をダニー・ウェルベックとするなら、外からは点取り屋タイプを持ってきたいところ。リヨンのオラス会長が移籍解禁を明言したラカゼットや、違約金1億ユーロ(約120億円)と騒がれたトリノのベロッティ、大ブレイクの予感漂うサウサンプトンのガッビアディーニなどのほうにより惹かれます。アレクシス・サンチェスが残ってくれれば、それが最高ですが、バルサやユーヴェ移籍でサンチェス基金を残してくれるのであれば、ストライカーには投資すべしと思います。プレミアリーグはもちろん、欧州で8強をめざすレベルのクラブでシーズン20ゴールクラスのゴールゲッターがいないのはセヴィージャだけです。

以上、「デイリー・スター」が試みた居酒屋で盛り上がりそうな遊びは、私は大好物で、ガナーズのボスが離れることになったら、いろいろ考えてしまいそうです。グーナーのみなさんは納得感と違和感のどちらでしょうか。ラムジーとウィルシャーが本格化してくれれば、アーセナルらしさにイタリアンテイストをまぶしたおもしろいチームになりそうです。できればこの布陣に、ひとりぐらい下から食い込んできてほしいですね。イオビもいいのですが、私が希望を捨てていないのは、「右のインサイドMFにゼラレム」です。16歳のときに浦和での練習をチェックし、そのボールタッチの繊細さに興奮して以来、マンチェスター・ユナイテッドサポーターのくせにジェームズ・ウィルソンと同じぐらい気になり続けている逸材は、ドイツにいってしまうのでしょうか。プレシーズンツアーやカップ戦などでライブで観た若手が成長する姿を追いかけるのも、サッカーの醍醐味のひとつだと思います。

話が脱線しかけました。戻しましょう。心の準備をするかのように、こうして新しい布陣を想像してみると、ヴェンゲル監督がいなくなったとしても、新たな興味をもって2000年代前半最強のクラブのサッカーを愉しめるような気がしてきます。フットボールは、続くのですね。サー・アレックス・ファーガソンがスタンドからゲームを見守るようになっても、アーセン・ヴェンゲルが新しいクラブのコートを身に纏ったとしても。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「Wenger Out!」…いいえ、私は「テレグラフ」の記事を支持します!

We want Wenger out' - Arsenal fans protest after defeat(ヴェンゲルには出ていってほしい~アーセナルファンが敗北後に抗議)」。イギリスメディア「BBC」の映像ニュースの見出しです。ハイバリーからエミレーツへの道を、チャントを歌いながら練り歩くグーナーを見て、1年2ヵ月前に目撃した対照的な景色を思い出しました。2015年12月19日、プレミアリーグ2015-16シーズン17節、チェルシーVSサンダーランド。フース・ヒディンク監督がチェルシーで指揮を執るのは6年半ぶり。イヴァノヴィッチ、ペドロ、オスカルがゴールを決めたこの試合で、スタンフォードブリッジのサポーターが連呼した指揮官の名は、チームを4試合ぶりの勝利に導いたオランダ人監督ではなく、「モウリーニョ」でした。

クラブをプレミアリーグ16位というどん底に落として前週に去った監督は、5年9ヵ月の在任期間中に3度のプレミアリーグ制覇を成し遂げてくれた忘れ得ぬボスでもあります。ジエゴ・コスタ、アザール、セスク、テリー…確執が噂された主力選手の名前が連日のようにタブロイド紙を賑わそうとも、チェルシーサポーターは感謝の気持ちを忘れませんでした。対してアーセナルの指揮官は、就任以来20年の間にプレミアリーグ優勝3回、FAカップ6回。歓喜の数は、チェルシーの名将を凌駕しています。「Wenger Out」「Enough is enough,Time to go」「No new contract」…。ヴェンゲルさんの美しいサッカーを長年堪能し続けてきたプレミアリーグファンとして、容赦ないバナーの言葉に心が痛みます。

確かに、バイエルンとのチャンピオンズリーグの結末は無残でした。グーナーのみなさんにとっては、10人になって夢破れた後に3失点を喫した昨日のゲームより、不用意なプレイで失点を重ねた初戦がショックだったことでしょう。プレミアリーグ優勝から10年以上遠ざかり、チャンピオンズリーグでは6年連続でラウンド16を突破できなかったチームが、今季もドイツ王者に力の差を如実に見せつけられ、苛立つ気持ちはよくわかります。マンチェスター・ユナイテッドサポーターである私も、幾度か行き場のない悔しさと悲しみにうろたえたことがあります。2011-12シーズンのヨーロッパリーグで、ビエルサ監督のアスレティック・ビルバオに完膚なきまでに叩きのめされたときは、「スペイン勢には勝てない…」と絶望的な気分になりました。サー・アレックス・ファーガソンの突然の勇退発表に言葉を失い、翌シーズンのモイーズ監督のサッカーはエヴァートンをそのまま見せられているようで、プレミアリーグ7位というポジションに現実感を抱けませんでした。チェルシーサポーターのみなさんにも、この気分はご理解いただけるのではないでしょうか。2つのクラブは、プレミアリーグ優勝の1年後に、チャンピオンズリーグ出場権圏内からも外れたのです。

「BBC」「ESPN」ほか、世界じゅうのメディアがグーナーの抗議デモを報じているなかで、「テレグラフ」がこんな記事を掲載していました。「Arsene Wenger defiant he can reinvent Arsenal in remaining 80 days of season(アーセン・ヴェンゲルは、シーズンの残り80日間でアーセナルを再生できることを示す)」。ヴェンゲル監督が「ストレスアウト」したのを見たことがないというレイ・パーラー氏のコメントを紹介したこの記事は、「アーセナルは、ヴェンゲル監督が自ら変化をもたらし、クラブを次のレベルに押し上げられるところを見たがっている」「バイエルン戦の結果はダメージが大きく、困惑するものだったが、コシールニーが退場するまでの間は、ヴェンゲルと選手たちに心を奪われた者もいるだろう」「チェルシーとは16ポイント差だが、21回めのTOP4フィニッシュに向かっている」と冷静に解説。バイエルン戦後に指揮官について語った選手の言葉で記事を結んでいます。

「監督は僕にチャンスをくれた。今のような選手になれたのは彼のおかげ。いつも感謝しているし、ドレッシングルームにいる仲間も同じように感じている。 Of course we want him to stay.」(エクトル・ベジェリン)

…決して、監督を代えるべきではないと主張しているわけではありません。20年もの間、プレミアリーグのトップクラブの座をキープしてくれた名将に対しては、今までの足跡にふさわしい待遇があるのではないかということと、「プレミアリーグ優勝の道が絶たれていない今は、シーズンで最も大事な時期。デモなどで足を引っ張っている場合ではないのでは?」と申し上げたいのです。

プレミアリーグ16位だったチェルシーのサポーターはモウリーニョコールを辞めず、奇跡的な優勝の直後に17位に転落したレスターサポーターは「ありがとうラニエリ」と書かれた弾幕とラニエリ監督のマスクで、解任というクラブのジャッジにささやかな抗議をしました。ヴェンゲル監督の退任を過激な方法で主張している一部のグーナー(多くは、去就はどうあれ指揮官をリスペクトされているでしょう)のみなさん、あなたがたの古くからのライバルと隣人は、チャンピオンズリーグの出場権まで逃して苦しい1年を過ごしています。リヴァプールより1試合消化が少ないアーセナルは、実質的にはプレミアリーグ4位に踏ん張っているではありませんか。監督問題についてはシーズン終わりに語るべきではないでしょうか。

アーセナルの後継者問題は、「ヴェンゲルさんがいつやめるか」ではなく、「誰が次を担うか」です。噂になっている後継者候補との交渉が不調に終われば、それが現監督の留任の理由になる可能性もあります。「ヴェンゲル監督の契約前に抗議しないと意味がない」という方がデモを企画したのかもしれませんが、声の大きさに押されたクラブが後釜不在のまま辞任のほうだけジャッジすれば、チャンピオンズリーグ出場権を失って不遇の時代を過ごす番がまわってきてしまうかもしれません。プレミアリーグのトップクラブに素晴らしい指揮官が揃った今季は、今まで以上に4位キープのハードルは上がっています。今はひたすら、耐えて支える時期だと思います。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「ヴェンゲル退任」は、プレミアリーグが欧州で復活に向かう潮目となるのか?

プレミアリーグは、90分間ずっと100%の力を出さないと負けてしまう。スペインなら、下位チームとのゲームでは前半にリードを奪い、後半は力をセーブする戦いができる。つまり選手は休めるということ」「イングランドでは年末年始に4~5試合戦うけど、僕らは試合がない。プレミアリーグのクラブは休みがないために、その後燃え尽きてしまう。スペインもイタリアもドイツも、ウインターブレイクがあるよね」。ガレス・ベイルが、ワールドクラスの選手が揃うプレミアリーグ勢が、なぜチャンピオンズリーグで勝てないかを問われて返したコメントです。テレビ放映権料の高騰によって下位クラブのスカッドが充実し、欧州全体のレベルの底上げもあって、「抜ける試合」がなくなったプレミアリーグのトップクラブにとって、今までは乗り越えてきたタイトなスケジュールが大きなビハインドとなっているのは間違いないでしょう。

2000年代の前半以降、プレミアリーグがわが世の春を謳歌していた頃は、ヴェンゲル監督のパスサッカーや外国人選手の青田買いにはフロンティアのアドバンテージが残っており、サー・アレックス・ファーガソンの下にはイングランドの黄金世代が揃っていました。リーグのレベルは、トップクラブが決めるものです。アーセナルやマンチェスター・ユナイテッドと切磋琢磨していたリヴァプールとチェルシーは、欧州でも当然のように上位に進出していました。フットボールの戦術が現在ほど緻密でなく、闘将と呼ばれるような選手のリーダーシップがより幅を利かし、イングランド流の当たりの強さを大陸の各国が嫌がっていた時代。つまり、ずいぶん昔のお話です。

一世を風靡したポゼッションサッカーブームが落ち着き、機能的なプレスから手数をかけずにゴール前に殺到するチームが増えてから、欧州の強豪はワールドクラスのストライカーと攻守兼備のセントラルMFに投資するようになりました。レアル・マドリードはBBC、バルセロナはMSN。イタリアではどこにも負けていなかったユヴェントスは、欧州を見据えてイグアインを獲得。イブラヒモヴィッチがカバーニを脇に追いやっていた頃は国内で無敵だったパリ・サンジェルマンは、絶対的エースを失いカバーニとルーカス・モウラしか点を取れなくなった今季は、モナコの後塵を拝しています。バルサに4-0で圧勝する快挙を果たした彼らは、ドラクスラーやディ・マリアの狂い咲きでもなければ、ファイナル進出は難しいのではないでしょうか。ファルカオ、ジェルマン、ムバッペ、カリージョ、レマルが揃い、どこからでもゴールを奪えるモナコのほうに、より可能性を感じるぐらいです。

ストライカーとクオリティの高いセントラルMFを揃える欧州の強豪に対して、プレミアリーグのクラブにはつい昨年までポゼッションサッカーの名残が色濃くあり、クロップ監督を除けばどこも基本は4-5-1でした。2列めの選手に重きが置かれ、複数のワールドクラスを前線に揃えるチームは未だ少数派。ルーニーを勘定に入れていいならマンチェスター・ユナイテッドが該当するぐらいです。下位クラブのしぶとさとタイトなスケジュールを抱えるリーグこそ、ひとりで何とかできてしまう選手が数多くのゴールを奪って「休み」を創り、よりフレッシュな状態で欧州に向かわなくてはならないにもかかわらず。クロップ、コンテ、ペップ、ポチェッティーノなど、最近やってきた監督たちには大いに期待しておりますが、彼らのチームづくりは発展途上。バルサやマドリード勢を追いつめられるようになるには、数年先を見据えた戦術の熟成とスカッドの整備に加えて、多少なりともスケジュールや対戦相手において幸運が必要になるのではないかと思われます。

こんなことをつらつら考えたのは、先ほどヴェンゲル監督の4-3-3を見たからです。前線から執拗にプレスをかけ、敵陣で奪い、少ない手数でゴールを奪うサッカー。やろうとしていたことは、いくつかの欧州の強豪が見せる速攻主体のサッカーに近かったのですが、パススピードの遅さと最終ラインの機能性にもの足りなさを感じました。アッレグリ監督がアーセナルと合意したと報じられていますが、ヴェンゲル監督は今季限りでプレミアリーグを去るのでしょうか。われわれの前には、3つの世界の可能性があるようです。ひとつは、「ヴェンゲル退任が潮目であったかのように、プレミアリーグのサッカーが変わる」。あるいは「留任したヴェンゲル監督自身が変わる」。最も可能性が低そうなのは「来季も今までと変わらないヴェンゲル監督のアーセナル」。アーセナルがタイトルを獲るために着手すべきは、ジャカ、カソルラ、ウィルシャーがより機能的に動く中盤へのシフト、アレクシス・サンチェスとエジルの引き留め、ワールドクラスのストライカーとサイドアタッカーの補強、最終ラインの守備戦術でしょう。

クラブは、どう判断するでしょうか。ヴェンゲルで変わるか、ヴェンゲルが変わるか、ヴェンゲルを代えるか。ベテラン指揮官のファンゆえの心情として、クラブがヴェンゲル監督に引き続き指揮を託し、今日の最初の50分を次のシーズンにつなげていただければと願っておりますが、ユーヴェの監督がプレミアリーグに行きたいといっているのであれば、そのチャンスを手繰り寄せることこそが早期にチームをリニューアルする最良の機会とも思います。ヴェンゲル監督と彼自身が創ったスカッドの可能性と限界をみた一戦の後、新監督招聘論になびきかけている自分に戸惑いを覚えながら、春になればおのずと答えが出る問いに対して悶々と考え込むのであります。何だか、せつないです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ