ニコラ・ペペやダニ・セバージョスのバックアッパー⁉ 復活するのか、メスト・エジル!

焦り、諦め、悔しさ、怒り。彼のことを想うと、さまざまな感情に襲われます。プレミアリーグで7シーズンめを迎えたメスト・エジル。1年前の夏は、ワールドカップロシア大会の開幕直前にトルコのエルドアン大統領と面会したことから、母国ドイツで強烈な批判に晒されました。ノースロンドンには信頼関係を築いていたアーセン・ヴェンゲルはおらず、モチベーションを高められないままでプレミアリーグに突入。彼らしいプレイを披露してくれたのは、自ら同点ゴールを決めた後、オーバメヤンの2発を演出した8節のレスター戦が最後でした。

エメリ監督は「戦術的な理由」でエジルを外し続けたことになっておりましたが、実際のところは夏のトラブルによる精神的なダメージが大きかったのではないでしょうか。11月末から2月までで、プレミアリーグ10試合を欠場したプレーメイカーは、ハーフライン付近でパスをまわすだけの消極的な姿が目立ちました。プレミアリーグ26試合5ゴール2アシストなどというスタッツは、彼のものとは思えません。2015-16シーズンに、ティエリ・アンリが持つレコードに1差に迫る19アシストを記録してから、9、8、2と年々アシストが減っています。望まぬ形でドイツ代表を引退し、30歳になったガナーズの司令塔にとって、2019-20シーズンはリベンジを果たす1年になるはずでした。

事件が起こったのは、7月25日。ロンドンにてナイフを持った暴漢に襲われたエジルは、一緒にいたコラシナツの奮闘によって難を逃れたものの、「安全上の理由」でプレミアリーグ開幕戦の欠場を余儀なくされます。バーンリー戦とリヴァプール戦でもスカッドに入らなかった10番が、ようやくユニフォーム姿を見せたのは、4節のノースロンドンダービーでした。2-2に追いついた後も攻め続けていた試合でしたが、エメリ監督はエジルを起用せず、カードを1枚余らせてタイムアップ。次節はプレミアリーグ最下位のワトフォードとのアウェイゲームですが、エジルに出番はまわってくるのでしょうか。勝負のシーズンに1度も出番を得られないまま、早くも4試合を消化してしまいました。

今のアーセナルを見ていると、「メスト・エジルが活かされるポジションはあるのか」という疑問が湧いてきます。右ウイングにニコラ・ペペが定着すれば前線は3枚。グエンドゥジがアンカーに入ると、インサイドMFはジャカ、ダニ・セバージョス、ルーカス・トレイラ、ウィロック、ネルソン、エジルで争われることになります。守備重視ならジャカとルーカス・トレイラ、攻守のバランスを取るならダニ・セバージョスが1番手でしょう。エジルを起用するなら、4-3-1-2、4-2-3-1、3-5-2が考えられますが、ニコラ・ペペ、オーバメヤン、ラカゼットのいずれかが外れる布陣は、あくまでもオプションのひとつという位置づけになるものと思われます。

プレミアリーグ166試合32ゴール52アシスト。レアル・マドリード時代には、クリスティアーノ・ロナウドのベストパートナーと持て囃された司令塔は、ダニ・セバージョスやニコラ・ペペのバックアッパーとしてキックオフをベンチで迎え続けるのでしょうか。最も力を発揮できるポジションが見当たらないエジルに、マンチェスター・ユナイテッドでジョーカーに徹するファン・マタの姿が重なります

トルコのメディアは、「ウナイ・エメリと和解していない」「トルコとMLSのクラブがエジルに興味あり」「ロンドンでのナイフアタックの後、チームを去りたがっている」と煽っています。そんなことはない。エジルはエメリの下でも輝ける。今季こそ、あの素晴らしいチャンスメイクでアーセナルのアタックをリードしてほしい…。「復活してほしいか」と聞かれれば迷わずイエスですが、「復活するのか」という問いには一瞬、フリーズしてしまいます。コンディションは万全と伝えられていますが、しばらくはベンチが目に入るたびにやきもきする日々が続きそうです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

大胆な戦力整理と明確な若手シフト…現地メディアがエメリ監督のチーム作りを徹底分析!

トッテナム戦が終わった後にかかってきた代理人からの電話が始まりだった。翌日までにメディカルチェックとサインを完了させるべく、ローマに行かなければならないといわれた。プレイする時間を得られていなかったので、素晴らしいチャンスだと思った」。ヘンリク・ムヒタリアンのローマ移籍は、まさに急転直下。プレミアリーグ4節のノースロンドンダービーの後、締め切りまで残り1日というタイミングで全員が合意する駆け込みディールでした。プレミアリーグのビッグ6のなかで、最も積極的に補強に動いたアーセナルは、ニコラ・ペペやキーラン・ティアニーなどの有望株をゲットする一方で、30人弱の選手を放出しています。

オスピナ、モンレアル、リヒトシュタイナー、ジェンキンソン、チャンバーズ、コシールニー、ムスタフィ、エルネニー、ジャカ、ムヒタリアン、エジル。5月中旬に「スカイスポーツ」がグーナーに投票を呼びかけた「Stay or Go」で、11人の選手が売却候補に挙げられておりましたが、最終的にはジャカやエジルを除く7人が新天地に旅立ちました。シュコドラン・ムスタフィが残ったのを不満に感じるサポーターが多いようですが、総額5600万ポンドの売却選手リストを見ると、クラブと彼らの評価は概ねフィットしていたといっていいでしょう。

Arsenal put the emphasis on youth in summer of change(変化の夏、アーセナルは若手重視)」。ガナーズの戦力の変化と夏の収支を紹介している「スカイスポーツ」のレポートを読むと、ウナイ・エメリ監督がいかに若手に期待を寄せているのかがわかります。たった2年半前、FAカップを制したときのメンバーのなかで、現在も所属しているのはエジル、ベジェリン、ジャカ、ホールディングのみ。ベンチにいた選手が全員いなくなっているという事実に、あらためて驚かされます。

最も古株となったエジルは、今季プレミアリーグで出場ゼロ。3節のリヴァプール戦の先発メンバーは、レノ、パパスタソプーロス、ダヴィド・ルイス、ダニ・セバージョス、グエンドゥジ、ニコラ・ペペと半数以上がエメリ就任以降の新戦力です。この夏の補強は、ダヴィド・ルイスを除く全員が24歳以下。彼らに加えて注目したいのが、ウィロック、ネルソン、ティアニー、メートランド=ナイルズ、ホールディング、スミス=ロウといった「NEWブリティッシュコア」の面々です。

こちらも23歳以下の有望株ばかりで、エメリ監督が数年先を見据えて強化に取り組んでいるのがよくわかります。プレミアリーグ開幕節のニューカッスル戦で、ウィロックとネルソンが抜擢されましたが、先発メンバーに10代が2人いたのは1998年2月以来だそうです。今季の目標は、プレミアリーグTOP4フィニッシュと若手の見極めでしょう。チャンピオンズリーグ出場権を獲得しつつ、CBホールディング、左SBティアニー、トップ下のウィロック、ウイングのニコラ・ペペといった要所でタレントが成長を遂げれば、実り多き1年といえそうです。

インターナショナルマッチウィーク明けの相手は不振のワトフォードで、もちろん必勝。ELのフランクフルト戦をドローで終え、新戦力のフィットに時間がかかりそうなアストン・ヴィラと冴えないマンチェスター・ユナイテッドを撃破できれば、昨季の前半戦と同様に「負けないアーセナル」を実現できるのではないでしょうか。オーバメヤン、ラカゼット、エジル、ダヴィド・ルイスらワールドクラスと若手の融合を目論むエメリ監督の采配に注目したいと思います。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

エメリ監督が「他のクラブでチャレンジを」と退団勧告…どうする、ムスタフィ&エルネニー!

本日のプレミアリーグは首位攻防戦。開幕2連勝と最高のスタートを切ったリヴァプールとアーセナルが激突します。チームの完成度、最終ラインの強度など、レーダーチャートで比較すればレッズの完勝ですが、エメリ監督はどんな戦術を用意しているのでしょうか。アウェイで弱いチームだけに、正面からプレス合戦を仕掛けるよりも、引いてロングカウンターなどの奇策のほうが、可能性が高まるように思います。キックオフは現地時間の17時30分、日本時間では25日1時30分。プレミアリーグらしいスリリングな試合展開を期待しています。

さて、夏のマーケットにおける新戦力獲得も、新しいシーズンの立ち上がりも順調なアーセナルですが、経営ボードとエメリ監督には、8月中に終わらせたい大事な仕事が残されています。余剰戦力の売却…プレミアリーグNo.1となる1億5500万ポンド(約200億円/BBC調べ)を補強に費やしたクラブは、イオビ、コシールニー、ジェンキンソン、ビエリク、浅野らを放出して約5400万ポンドを得ていますが、新戦力獲得の煽りで出場機会を失う選手に指揮官自らアラームを鳴らしています。

「彼らは本当にいい選手だ。しかし、彼らが持てる力を示すチャンスはなく、われわれとともに幸せを感じることができる可能性は低い。私は彼らがベストであることを願っている。最善の選択は、主役として活躍できる別のチームで新しいチャレンジをスタートさせることだ」

エメリ監督が名指しで戦力外であることを明言したのは、シュコドラン・ムスタフィとモハメド・エルネニーです。2016年の夏に加わったドイツ代表CBは、昨季プレミアリーグで30試合に出場したものの、大事な場面で軽率なミスを連発。パパスタソプーロス、ホールディング、チャンバース、マヴロパノスにダヴィド・ルイスが加わったスカッドで、4番手以下に評価を下げてしまったのでしょう。

昨季プレミアリーグで8試合出場のエルネニーは、運動量と守備力でグエンドゥジやルーカス・トレイラに及ばないと見られているのでしょう。「昨季からプレシーズンにかけて何度も話し、活躍できる別なチームと契約したほうがいいと伝えてきた」と語るエメリ監督が、再び彼らを抜擢する可能性はなさそうです。

ムスタフィはなぜ、初年度に見せたアグレッシブなインターセプトやハードマークを忘れてしまったのか。エルネニーは結局、何が足りなかったのか。ヴェンゲルスタイルからエメリ監督の戦い方へとシフトしていくなかで、彼らはフィットできず、余裕を失い、自分の強みすらも発揮できなくなってしまったのでしょう。プレミアリーグの中堅クラブや、以前働いていたリーグに居場所を変えれば、自分が何ができるのかを思い出せるかもしれません。

今回、エメリ監督が戦力外と明言したことは、ご本人たちのためにも、サポーターのためにもよかったのではないでしょうか。2人合わせて4000万ポンド程度を得られれば、クラブにとって悪くない着地でしょう。欧州の移籍市場締め切りまで、残り1週間。アーセナルと選手たちがどんな決断を下すのか、来週末までチェックしていきたいと思います。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「アーセナルは岐路に立っている」グーナーの改善要求を受けて、どうするクロエンケ⁉

それはないでしょう、アーセナル!セルティックの左SBキーラン・ティアニーに対する2度めのオファーが拒否されたという記事に目を通し、愕然としました。スコットランド・プレミアリーグで102試合5ゴールと、22歳ながら経験豊富な代表選手の値段としては、2500万ポンド(約33億8000万円)という要求額は決して高くはないでしょう。

リヴァプールが800万ポンドで獲得したロバートソンがプレミアリーグ屈指のSBに育ち、スコットランド代表への期待値を上げてしまった感はありますが、10代だったルーク・ショーの3000万ポンドや、バンジャマン・メンディの5200万ポンドと比べれば納得のお値段です。最初のオファーを断られたアーセナルは、今度はすんなり払って余剰戦力の整理と次なる補強に向かうものとばかり思っていました。

「スカイスポーツ」によると、ノースロンドンのクラブが提示した額はオーダー通りの2500万ポンドだったのですが、詳細条件がスコットランドの名門の意に沿わなかったようです。オプション込みのオファーに対して、前払いの増額がなければセルティックは承諾しないと伝えられています。

いやー、2500を刻みますか。そういえば、サンテティエンヌのU-20フランス代表DFウィリアム・サリバ獲得の合意間近と報じられた際にも、アーセナルはこの夏は手付金に留め、1年間ローン移籍の形で残留させた後に移籍金2500万ポンドの大半を払う意向と伝えられました。立て続けの「支払い先送り作戦」をみて、「1年後なら払えるのかよ!?」と思わずツッコミを入れてしまいましたが、補強予算4500万ポンドのクラブはそこまでしないと若手のDFにも手が出せないようです。

「レスターはアヨゼ・ぺレスとティーレマンスに7000万ポンド!」「アストン・ヴィラは総勢7人に7610万ポンド!」「お隣のトッテナムはタンギ・エンドンベレに6500万ポンド!」と煽りたくなりますが、グーナーのみなさんも同じ気分のようです。「BBC」が、ガナーズのサポーターグループとブロガーが協力して、オーナーのスタン・クロエンケ氏に対して現状の改善を求める署名を送付したと報じています。

Arsenal is at a crossroads. Things need to change(アーセナルは岐路に立っている。物事を変える必要がある)」。2011年に過半数の株式を押さえたオーナーに、直接的なアプローチが行われたのは今回が初めてだそうです。みなさんのお気持ち、察します。昨日、コパアメリカで3ゴール2アシストと活躍したグレミオのFWエヴェルトンにアプローチすると伝えられておりましたが、エドゥさんのネットワークで優位に立てたとしても、3600万ポンド(約49億円)といわれる移籍金の減額までは無理でしょう。これが成立するなら、相思相愛だったはずのライアン・フレイザーはとっくに決まっているはずです。

プレミアリーグのライバルたちは、軒並み経営が順調で、2017-18シーズンの決算においてチェルシーは過去最高の利益を計上。リヴァプールがフットボールクラブ史上最高の利益額となる1億ポンド超えを騒がれた直後に、トッテナムが負けじとレコードを更新しています。

プレミアリーグ最高額のシーズンチケットをサポーターに許してもらっているアーセナルは、マッチデイ収入を伸ばす余地がなく、商業収入はリヴァプールやチェルシーの2/3程度。ジルー、コクラン、ウォルコット、チェンバレンを売りさばいて何とか16年連続の黒字に持ち込みましたが、さらなる主力売却、スポンサー開拓、プレミアリーグTOP4奪還、赤字覚悟の投資のいずれかがなければ、補強にお金をまわせません。

どうする、クロエンケ⁉グーナーが求めているのは、極めてシンプルな回答です。エドゥ降臨とサポーターの必死のメッセージによって、風向きが変わることを期待するしかありませんが…。トッテナムに収益で追い越されようとしているクラブがこのまま手なりで進めば、3年後のライバルはTOP5ではなくエヴァートンです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

オフィシャルは呆然、失望…アーセナルの主将コシールニーがプレシーズンツアー帯同を拒否!

Laurent Koscielny has refused to travel to the US for our pre-season tour.We are very disappointed by Laurent’s actions, which are against our clear instructions. We hope to resolve this matter and will not be providing any further comment at this time.(ローラン・コシールニーは、われわれのプレシーズンツアーのためにアメリカに旅立つことを拒否しました。明確な指示に反しており、ローランの行動にとても失望しています。 われわれはこの問題が解決されることを望んでおり、現時点でさらにコメントを供することはないでしょう)」

ニッポンのスポーツ新聞における決まり文句である「激震」という表現がぴったりの事件です。プレミアリーグのTOP4奪還をめざすアーセナルが、キャプテンのプレシーズンツアー帯同拒否に関する声明を発表しました。「Club statement - Laurent Koscielny」と題されたコーナーで使われている言葉は、「拒否」「失望」などフットボールクラブの公式サイトではあまり見かけないものばかりです。アーセナルで10年めという節目のシーズンを迎えようとしていたコシールニーは、サポーターと別れを惜しむ時間もないまま、母国フランスに帰ってしまうのでしょうか。彼とアーセナルは、2020年の夏まで契約期間を残しています。

プレミアリーグ9シーズンで、225試合22ゴール。長きに渡って最終ラインを束ねてきた33歳のベテランCBについて、「BBC」のデヴィッド・オーンスタイン記者は「昨シーズン末からアーセナルとコシールニーは将来について話し合いを重ねており、クラブはポジティブな方向に進んでいると感じていた」とレポートしています。状況が急変したのは、コシールニーが夏休みを終えてノースロンドンに戻ってからでした。フランス人CBはリヨン、レンヌ、ボルドーのターゲットとなっており、ボルドーは3年契約を提示したと伝えられています。

母国のクラブからの誘いが、コシールニーにプレミアリーグを去ることを決断させたようですが、ガナーズは「適切なオファーがないなかで、移籍は認められない」という至極当然のスタンスです。最終ラインの真ん中は、強化すべきポジション。「BBC」の記者は、「コシールニーの振る舞いは、アーセナルのオフィシャルを呆然とさせた」と表現しています。「アメリカでトレーニングを続けなければ契約違反だが、事件が起こった後もキャプテン剥奪には至っていない」。双方とも、話し合いの余地を残しているのでしょうか。

強引な行動の裏には、思うようにプレイできない焦りや苛立ちがあるのでしょう。ここ数年は、慢性的な負傷に悩まされ続けていました。アキレス腱断裂でロシアワールドカップを諦めた後、フランス代表引退を表明した際には、周囲に対する不信感を隠しませんでした。「調子がよければ友人がたくさんいるが、ケガをしてしばらくすると忘れられてしまう」「多くの人に落胆させられた。(フランス代表のディディエ・デシャン)監督だけじゃなくてね」「フランスの優勝は、負傷以上に精神的なダメージとなったのは確かだ」。クラブがCB獲得に奔走しているという報道は、1年前の落胆をフラッシュバックさせる要素になってしまったのかもしれません。

この状況で、プレミアリーグに残ってくれとはいえません。どちらが悪いのかを論じる必要はないでしょう。できるだけ早くアメリカ行きのチケットを手配し、クラブやサポーターとの約束を果たしたうえで、納得のいく着地を見出してほしいと願うのみです。一時の激情が霧散した後に、功労者にふさわしい去り際があればと思います。エドゥがフロントに加わったアーセナルは、キャプテンの後継者となるCBを探し続けています。チャンピオンズリーグに復帰したいクラブが、新戦力を獲得する目処が立たないのに、契約が残っている大黒柱の放出について論じないのは当然です。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ