「プレミアリーグで最もシュートが決まるチーム」アーセナルの変化を物語る3つのデータ!

プレミアリーグ再開まで、ようやく残り2日となりました。12節の最大の注目カードは、ランチタイムキックオフで開催されるマンチェスター・ユナイテッドとアーセナルの一戦。既に大黒柱となっているバイリーを欠くモウリーニョ監督と、カソルラ、ベジェリンがいないヴェンゲル監督の激突は、アウェイ優勢と予想する評論家が多いようです。そんななかで、アレクシス・サンチェスを前に置くゼロトップでモデルチェンジしたガナーズについて、「スカイスポーツ」が気になる記事を掲載しています。「Why Arsenal’s efficiency in front of goal might not be sustainable(アーセナルのゴール前における効率のよさは、なぜ持続できないのか)」。この見出しのいわんとするところを理解するためには、興味深いデータをひとつ紹介しなければなりません。今季のアーセナルは、5.1回のチャンスメイクで1ゴールを挙げており、「プレミアリーグで最もチャンスを活かしているチーム」なのです。

チャンスを確実に活かすチームといわれると、多くの方はモウリーニョ監督のチェルシーや、昨季のレスターのようなチームを想像するのではないでしょうか。多くの時間を守備に費やしながら、カウンターに転じると一発で決定的な形を創り、絶対的エースが決めるサッカー。パス本数がプレミアリーグ20チーム中3位のアーセナルは、決してカウンターにシフトしたわけではなく、パスをつないで攻めるスタイル自体は昨季と変わっていません。

しかし、数字を追っていくと、ジルーが最前線にいた昨シーズンと現在はかなり違います。2015-16シーズンのアーセナルは、チャンスメイクの数がプレミアリーグNo.1で、枠内シュートの本数は2位。ショットコンバージョンレート(シュートが決まる確率)は11.7%で、1試合あたり1.71点のチームでした。ところが今季は、チャンスの数は6位、枠内シュートは8位とライバルに後れを取っている一方、コンバージョンレートは14.4に上がり、試合あたりの得点数も2.18に伸びています。ヴェンゲル監督のサッカーに何が起こっているのでしょうか。彼らの変化をひもとく3つのデータを紹介しましょう。

今季のアーセナルのデータにおける最も特徴的な数字は「スルーパスの本数1位」「オフサイド数1位」「ロングボールの本数最下位」です。スルーパス59本は、2位マンチェスター・シティを14本も引き離しているのですが、誰がこんなにDFの間を抜いているのでしょうか。エジル…いえ、アレクシス・サンチェスです。オフサイドというと、真っ先にウォルコットを思い浮かべてしまいますが(ファンの方、ごめんなさい)、こちらも主犯はアレクシス・サンチェス。ボールがこなくなると、すぐに中盤に下がってボールをもらいに来るせっかちな選手が最前線にいるチームが、ロングボールを多用するわけがありません。

プレミアリーグで最もクロスを放り込んでいるクリスタル・パレスのタウンゼントが89本を数えるなか、アーセナルでトップのメスト・エジルは46本で19位。遠くから一発でゴール前に届くボールは少ないのですが、アレクシス、エジル、ウォルコットらが以前にも増して積極的に裏に飛び出しており、確実に決められるキラーパスの比率が上がっているのが今のアーセナルなのです。

さて、そんなチームに、マンチェスター・ユナイテッドはどう対応すればいいでしょうか。最も想像しやすいのは、「ラシュフォードがズドン&バスをチャーター」の1-0。アレクシス・サンチェスやイオビ、ウォルコットにスペースを与えなければ、シュート総数で7位のチームは相当苦労しそうです。最初の1点を争う展開となり、先に決められればマンチェスター・ユナイテッドの勝利、アウェイチームが今まで以上に貪欲にゴールを狙ってくれば上位の順当勝ちとなるのではないでしょうか。「スカイスポーツ」は、アーセナルが効率のよさを持続できない理由として「過去の歴史がそれを示している」とし、記事をこう結んでいます。「彼らは創造性のレベルとショットボリュームを上げなければならない」。どんなゲームになるのか…土曜日が、今から楽しみです!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

自分は10-11シーズンから本格的に見始めたのでCFといえば、ファン・ペルシー、ジルーに関してしか詳しいことを言えないのですが、彼らとサンチェスが決定的に違うのは運ぶドリブルができるということ。その力故に持ちすぎることがしばしば見られます。
彼がドリブル・パスの判断をさらに磨くことができれば、アーセナルはさらに進化・深化することができると思います。ヴェンゲルもそこを指摘しているようですし、完成形が見られるのはそう遠い未来ではないと思います。
  • 新参
  • 2016/11/17(Thu)10:17:55
  • 編集

いつも楽しい記事掲載、ありがとうございます!

ガナーズの変化を示すキースタッツ、本当に面白いですね。キラーパス第一位のチームで一体誰が主役かWho.Scored.comで調べてみると、やっぱり主役はこの二人でした。

エジル: 2.7/G(9位)
サンチェス:2.2/G(11位)

今期、しかもサンチェスは昨シーズンから劇的にドリブル数を減らし、ワンタッチパスを多用してるので、今期のチームはゲームメーカー兼シャドーストライカーが二人いるイメージです。

が、週末のマンU戦、イギリス誌大方の予想はサンチェスベンチでジルー先発です。そうなるとゼロトップからフォーメーション変わる可能性があります。しかも、大事なベジェリンがダービー終了10秒前のタックルで4週間離脱という残念な状況なので、カウンターサッカーにせざるを得ないかもしれません。

右サイドはジェンキンソンにするのか微妙ですが守備に重きを置かざるを得ないと思うのでボランチにコクラン+ジャカか、コクラン+エルネニーがキーになるのではないでしょうか。いずれにしてもプランB、Cで戦わざるを得ない可能性大なので、ゲーム展開なかなか予想できませんが、白熱した好ゲームを期待します!

コメントありがとうございます。

新参さん>
一方で、アレクシス・サンチェスは好不調の波が小さいのが素晴らしいですね。決められないときも、ラストパスなどで貢献することが多いです。

ヤンガナ大好き! さん>
アレクシスは「問題ない」といっているので、今までの戦い方で臨めるかもしれません。ジルー先発のほうが、こちらは守りやすそうなのですが…。
  • makoto
  • 2016/11/19(Sat)19:09:54
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ