勝負しなかった2試合。ヴェンゲル監督のアーセナル、最後の欧州決戦を振り返る。

あえて、勝てたといいたい。ヨーロッパリーグ準決勝のアーセナルVSアトレティコ・マドリードのお話です。グーナーを含む多くのサッカーファンが、ラ・リーガ2位とプレミアリーグ6位の明確な差を感じたのではないでしょうか。セカンドレグのレポートに「連携、状況判断、パスの精度、ポジショニング。すべてにおいて、ラ・リーガのクラブが上回っていました」と書かせていただいた私も、それには同感です。しかし、ときに弱者が強豪の足をすくうのがサッカーです。今回の対戦では、ファーストレグの開始13分までに、プレミアリーグのクラブに2つの追い風が吹きました。ヴルサリコのレッドカードと、シメオネ監督の退席処分。アーセン・ヴェンゲル監督にとっては、好調同士なら勝てない相手を1-0、2-0で叩き潰す千載一遇のチャンスでした。

アーセナルが一方的に攻め立てる展開。30分過ぎからいくつか危ないシーンはありましたが、オスピナのビッグセーブで事なきをえて、前半は0-0。ウェルベックやウィルシャーが決めてくれていればとは思いましたが、61分にはラカゼットが美しいヘディングシュートで待望の先制点をゲットします。残り30分で1-0なら上々です。ガメイロをガビ、コレアをサヴィッチと、ラ・リーガでノーゴールの選手を2人継ぎ込んだアトレティコ・マドリードの狙いは、「まずは2点めを阻止、あわよくばカウンターで同点」といったところでしょう。

残り15分、最優先はアウェイゴールを許さないこと。ヴェンゲル監督のベンチには、コラシナツ、イオビ、メートランド=ナイルズがいました。引いてカウンターを狙う相手に対して、プレイが遅い選手、ドリブルで仕掛ける選手は不要です。ピッチに足したいのは、運動量と速いさばき。前者ならウィルシャーをイオビ、後者はウェルベックをコラシナツといった交代策が考えられます。

しかし、指揮官は動きませんでした。82分のウェルベックは、なぜドリブルで仕掛けたのか。前方には3人おり、ひとり抜いたとしてもチャンスにはならず、奪われればフリーの選手にボールが渡る状況です。アーセナルには、「リードしたらマイボール重視」「ガビとサヴィッチを足された後は、ペースダウンしてセーフティなアタック中心」などといった意志の疎通がなかったのでしょう。ヴェンゲル監督は、交代選手にメッセージを託して戦い方を徹底させるという意味でも、新しい選手を投入するべきでした。

ファールをもらいにいくように転倒したウェルベックに笛は吹いてもらえず、怖れていた正確なロングフィードが前線へ。先着したコシールニーは、中へ蹴っておけば安全でしたが、背後にクリアしようとしてグリーズマンにさらわれ、1対1となったオスピナに当たったボールもグリーズマンの前にこぼれます。カバーしようとしたムスタフィはスリップ。3つのターニングポイントは、すべてフランス代表FWに利する結果となりました。この瞬間、アトレティコ・マドリードの勝利が決まったといっても過言ではないでしょう。セカンドレグで指揮官不在の強者を焦らせるためには、1-0というハンディキャップが必要でした。なぜ、相手が2枚カードを使っても動かなかったのか。なぜ、最後までカードを切らなかったのか。ホームでの痛恨のドローは、指揮官の采配ミスによるものだと思います。

0-0なら強者が決勝進出と、最初から不利だったセカンドレグは、それでも先にゴールを奪えれば一気に可能性が高まる一戦でした。ヴェンゲル監督は、なぜ初戦と同じスタメンを選んだのでしょうか。リスキーなウェルベックは、最終盤にラカゼットと並べて高いボールを狙わせるオプションとして、ヘンリク・ムヒタリアンで勝負すべきだったと思います。前年のELで6ゴールをゲットしたアルメニア代表のアタッカーがいれば、エジルがゴールに近い位置でプレイする機会を増やせたのではないでしょうか。

ようやくミキが登場したのは、68分。鋭いシュートや効果的なサイドチェンジを披露したものの、彼がいいポジションに入ったらボールを集めるという意識がチームに浸透しておらず、攻撃を活性化したとはいえませんでした。無謀なドリブルを減らせなかったウェルベックは空回り。攻めのカードを1枚しか切らなかったヴェンゲル監督からは、ゴールを奪うための戦術も勝ちたいという気持ちも伝わってきませんでした。実力で劣るチームが、采配で勝負できなければ、結果は自明です。

昨日のレポートにコメントをくださったみなさん、ありがとうございます。これが、私からのお返事です。「諦めがついた」…そうですね。クラブに失恋したショックを引きずり、ふさぎ込んでいるかのような覇気のない采配でした。「将来のために我慢して使う」などといったことを考えなくてもいい最後の大勝負の場で、エミレーツのマンチェスター・シティ戦のようなエモーショナルな交代ゼロや、アタッカーを足さない最終盤を見せられれば、ため息をついて首を振るしかありません。なりふり構わず勝ちにいくアーセン・ヴェンゲルが見たかった…。試合を終えてから24時間以上が経った今も、悲しい気分が残っています。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新ご苦労さまです。

カードは確かコシェルニーの時に使っているはずです。

確かに攻撃の時はただの横パス、サイドでも仕掛けるのは左サイドばかりで、右からのクロスはあまり面白くなかったです。

でも、多分、シティなら横パスばかりの戦いにはならずに、サネなどの仕掛け屋がいる。 アーセナルはパスでアートを彩ることに気持ちを入れすぎたのか、サンチェスがよくやっていたロビングのチョコットパスなどを入れたらちがったのかもなー、と今年一番の興奮をクールダウンさせてくれた試合でした。
魅力的なサッカー、それは本当に素晴らしい、けれど、相手が引いてくるときはいつものつまらないアーセナルに変わってしまう。 僕は、グーナーですが、Liverpoolの強さに憧れを持ってしまいました。 来年はアーセナルが変革のとき。素晴らしいメンバーなので、楽しみたいですね!

コメントありがとうございます。

ジルオモンレさん>
1枚は負傷対応のチャンバース、もう1枚がミキなので「攻めのカードを1枚」と書きました。パスセンスがあるミキが頭からいれば、エジルやラムジーにいいボールを配給して、相手を慌てさせることができたのではないか?と思いました。意外性のあるパスワークが少なく、終盤はもどかしかったです。オーバメヤンやミキが頭からいる来季は楽しみですが、中盤から後ろは大改革が必要ですね。
  • makoto
  • 2018/05/05(Sat)16:27:10
  • 編集

やはり、残念無念。

更新お疲れ様です。
ヴェンゲル最初で最後のヨーロッパタイトルと、来季のCL出場の望みは散りました。
試合途中でこれは逆転無理だな、いつものパターンだなって思ってしまい、抵抗もさほど無く終了のホイッスルを吹かれてしまいましたよ。現地のサポーターも1点差なのに余り応援に熱がなく、寂しい限りでした。
アトレチコ相手ではできなかったけど、残りのプレミアリーグではアーセナルらしい華麗なゲーム運びで有終の美を飾らせて欲しいです。
  • イレブン
  • 2018/05/05(Sat)21:22:33
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ