アッレグリは破談!?…ならばヴィエラ抜擢はいかが?アーセナルの新指揮官を考える。

5日ほど前に、「BBC」がルイス・エンリケとマッシミリアーノ・アッレグリに絞られたと報道しておりましたが、アーセナルの新監督選びは難航しそうな雲行きです。元バルサ指揮官のほうは、高い年俸がネックになるといわれており、プレミアリーグにチャレンジしたがっていると伝えられていたユーヴェの監督についても、ここへきて多くのメディアがトーンダウン。「ザ・サン」が、プレミアリーグ6位からの巻き返しを図る名門クラブとイタリア人監督が「口頭で合意に達した」と主張している一方で、他のメディアは「アッレグリに鼻であしらわれる(エクスプレス)」「イタリアに残る意向(インディペンデント)」と、軒並み懐疑的です。

「インディペンデント」がイタリアからの名将の招聘に否定的なのは、コッパ・イタリアを制した直後にアッレグリ監督がユーヴェ残留をほのめかすコメントを残しているからです。「われわれは次のタイトルのために戦わなければならない。私はユーヴェと契約しており、毎年、シーズンの終わりには将来のプランについてミーティングを実施している」。イタリアメディアの大半は、4シーズン連続でセリエAと国内カップのダブルを達成する寸前の監督は、ユーヴェに残ると予想しています。

「エクスプレス」は、アッレグリが来たがらない3つの理由を挙げています。現有戦力のクオリティ、補強予算、そして「filling Wenger's shoes~ヴェンゲルが履いていたシューズを埋める難しさ」。チャンピオンズリーグで2年連続のファイナリストとなった指揮官が、プレミアリーグ6位からの巻き返しとヨーロッパリーグ制覇というミッションを引き受けるためには、クラブからのバックアップは必須でしょう。エジル、オーバメヤン、ムヒタリアンに高額のサラリーを支払っているクラブが、財布の紐を堅く結んでいるのが見えれば、勝てるチームで仕事を続けるほうに傾くのは理解できます。

本命に挙げられていた実力者たちが難しければ、次なる候補は、アルテタやヴィエラなどのクラブOBと、ホッフェンハイムの30歳指揮官ナーゲルスマンなどの若手です。意中の監督と折り合えず、デヴィッド・モイーズに声をかけて混乱の扉を開いた2013年のマンチェスター・ユナイテッドと同じ空気が漂ってきました。このうえアーセナルが、ライバルの失敗のトレースを回避するなら、選手やサポーターがひとつにまとまれるOBを抜擢するのがいいのではないでしょうか。2008年にBチームからペップを引き上げたバルサや、2016年にベニテスの後釜にジダンを据えたレアル・マドリードのように。

私は、以前にアッレグリを推していた時期があったのですが、彼を含む名将たちが難色を示すのであれば、単純にレベルを下げるのではなく、発想を変えたほうがいいと考えています。ペップ・グアルディオラが「既にトップクラスの監督だ」と絶賛するパトリック・ヴィエラはどうでしょうか。明るくクレバーで、人当たりの柔らかさと勝利への執念を兼ね揃えたキャラクターは、ガナーズのカラーを継承してくれそうです。予算がないならCB獲得に集中させ、セントラルMFにメートランド=ナイルズ、サイドのリース・ネルソン、前線のエンケティアなど、若いタレントの成長を促すチーム作りを進めていただければいいでしょう。

オーバメヤンとミキはさらなるジャンプアップが期待でき、パスコースをカットする守備に長けたエルネニーは、役割を明確にすればもっと活躍できるはず。コラシナツは、セントラルやインサイドMFにコンバートしてもおもしろいのではないでしょうか。今の戦力を十全に活かし、ベジェリンやイオビに続く若手のブレイクがあれば、アーセナルは戦えるのではないかと思います。

ヴィエラを招聘するなら、クラブとサポーターは「3年後に笑えればいい」と腹をくくり、最初のシーズンの多少の不振には目をつぶる覚悟が必要でしょう。一瞬しゃがむのはOK、しかし混乱だけは絶対に許さない、と。本日は、ヴェンゲル監督のラストゲーム。感傷的な90分が終われば、アーセナルは次のステージに向かって走り出します。いつまでも、彼ららしくあってほしい。難しい状況になりつつある指揮官選びに、引き続き注目してまいります。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新おつかれさまです。

シーズン当初、オックス移籍に際して「クロップの戦術的要求に応えられるのか」と本欄で懸念を表明したところ、makotoさんは「リヴァプールの面々もそうだったように、開花の可能性がある」旨、お答えくださいました。
当時は、なるほど、そういう見方もあるか、と思ったものです。
リヴァプールの試合は丁寧に見ていませんが、ファンの方の意見を聞くにつけ、makotoさんのポジティブな見識が正しかったのだなぁと、改めてその慧眼に驚き、敬意を表する次第です。

オックスの成長は同時に、ヴェンゲルさんのやり方の限界も見せてしまったように思います。
オックスにはたまたまヴェンゲルではなくクロップがマッチしただけかもしれません。
ただ、ファンの贔屓目込みで言えば、現存のアーセナルにはこの手の「オックス的」選手が多く、ここ数年のヴェンゲルさんは(新戦力のインストールも含め)現有戦力を活かしきれていなかったように思っています。
CBの補強は必須ですが、現有戦力のレベルアップの余地が十分にあり、それだけでも競争力を上げられると考えるのは楽観的ですかね(苦笑)。

ヴィエラがMLSでどのようなチーム作りをしているのか、勉強不足で寡聞にして知るところではありませんが、新監督には現有戦力のレベルアップにどこまで方法論を持っているのか、一ファンとしてはそこに注目したいと思っています。
  • stotina
  • 2018/05/13(Sun)18:43:50
  • 編集

無題

個人的にはジオことファン・ブロンクホルストに戻ってきてもらって監督になってほしいです…
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2018/05/13(Sun)19:09:57
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ