オーバメヤンが退団を希望⁉ ミケル・アルテタは引き留めるか、売り払うか…!

ミケル・アルテタ監督の就任は、彼の気持ちをどちらに動かすのでしょうか。ピエール・エメリク・オーバメヤン。イギリスメディア「ミラー」が、昨季プレミアリーグの得点王はクラブの現状に不満を溜めており、1月に退団したがっていると報じています。チェフ、ラムジー、モンレアル、コシールニーが一斉にいなくなったアーセナルで、今後も残りそうなのはベジェリンのみ。チームが不安定な状況に陥ったときに、束ねる存在がいないのも、現在のスカッドのウィークポイントでしょう。サポーターとトラブルを起こしてしまったジャカがキャプテンマークを奪われ、後を継ぐことになったストライカーは、仲間をまとめる役割を果たせなかったようです。

プレミアリーグ通算66試合43ゴール、ヘディングはゼロ。フリーになれるスペースを見つけるのがうまいワールドクラスは、アーセナルになくてはならないパーツでした。昨季のプレミアリーグで、中盤の選手が25ゴールを挙げていたガナーズは、ミキ、ラムジー、イオビと13ゴール分を夏に手離してしまい、2019-20シーズンはルーカス・トレイラの1発しかありません。前線が決めるか、セットピースを活かすしかなくなっていたチームは、オーバメヤンがいなければ、さらに厳しいポジションに沈んでいたでしょう。現在の彼らのポテンシャルで、これだけ計算できる点取り屋を獲得するのは不可能です。高額の移籍金に耐えうる資金力も、選手の心をつかむ材料も欠いているクラブは、エースを全力で引き留めるか、現有戦力で耐えるか、まずまずの選手を連れてくるしか選択肢はありません。

レアル・マドリードに行きたがっているといわれる稀代のストライカーが去ったら…当面はラカゼットに最前線を託し、アルテタが求める選手を夏に獲得するということになるのでしょうか。「私が求めていることを気分よくやれる選手が欲しい」「フットボールクラブに情熱とエネルギーを注げる人材を求めている。それを受け入れられない選手は、クラブとカルチャーにとって必要な存在ではない」。冷静さと一貫性が重要だとペップから学んだと語る若き指揮官は、新しいやり方に納得できない者は去っても構わないと断言し、毅然とした姿勢を見せています。

「インディペンデント」は、アーセナルからの脱出を考えているのはオーバメヤンだけではないと主張しています。トルコでプレイすることを検討しているエジル、これまでの戦術に不満を感じているラカゼット、サポーターとの関係がこじれてしまったジャカ。彼らがチームを離れることになったら、アルテタはどんな布陣で戦うことになるのでしょうか。4人が抜けると、中盤より前の最年長は24歳のニコラ・ペペ!1年半しかいなかったエメリが、ヴェンゲル時代を知るタレントたちをいかに早く放出したかがよくわかります。

GKは、プレミアリーグ最多の100本のオンターゲットを喰らい、73本をストップしたセーブ王ベルント・レノ。最終ラインにベジェリン、ダヴィド・ルイス、ホールディング、メートランド=ナイルズが並び、3月には左サイドにティアニーが復帰するでしょう。中盤は、アンカーにルーカス・トレイラ、左右に配するのはグエンドゥジと復帰間近のダニ・セバージョス。右サイドにニコラ・ペペ、左にサカ、トップにはラシュフォード以上のポテンシャルが感じられるマルティネッリを入れたくなります。スターたちを売ったお金でCB、インサイドMF、前線を補強し、エミール・スミス=ロウやネルソンを育て上げれば、それなりに戦えるチームにはなりそうです。

アルテタ監督が抜本的な改革に打って出れば、それはそれで盛り上がるのですが、やっぱりオーバメヤンとラカゼットの強力2トップを失うのは避けたいですね。現役時代に、人望の厚さでは定評があった新指揮官は、新たなコンセプトによってエースを翻意させられるでしょうか。年末の3試合を終え、ニューイヤーズデーにマンチェスター・ユナイテッドをエミレーツに迎えたとき、アーセナルがどんなポジションにいるのかが重要なのではないかと思います。プレミアリーグの4位との差は7ポイント、降格ゾーンとの差も7ポイントです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

アーセナル記事2連発、ありがとうございます笑
オバメの心情を考えると「そりゃ出て行きたくなるわなぁ」と言ってしまいそうになりますが、さすがにそれはマズイです。
彼の代わりになるようなストライカーは市場にいないも同然ですから。
ファンペルシーがいなくなった後の前線の混乱ぶりを思い出すべきでしょう。
あとはオバメ次第ですかね。
彼はドルトを退団する直前には、けっこうオープンに不満を口にしていたことがあるので、そのような傾向が見えた時には迷わず切るべきだとは思いますが。
そうならないことを願っています。
  • ぐなです
  • 2019/12/21(Sat)14:50:57
  • 編集

無題

ファンハールとモウリーニョとAVBが根本的に違うサッカーやってる辺り、アルテタがペップの安っぽいコピーというのはあまり当たらないかと
レンジャーズ時代のマクリーシュやモイーズの影響受けたキック&ラッシュ始めたら笑いますが、よく考えたら今を時めくクロップだって結構キック&ラッシュしてますよね笑
何にせよ若い監督なので、若いチームと一緒に成長して行って欲しいですね
  • 海苔助
  • 2019/12/21(Sat)17:01:39
  • 編集

無題

まず、出来る限りアルテタの望む形でチームが運営されるのが一番大事です。
不協和音をもたらすなら、期待の若手だろうと、中心選手だろうといらないと思う。
今のアーセナルは、監督がいるもいないも関係ないような愚か者達のチームなのは明白で、大掃除が必要なのでは?と考えています。

現状維持するプライドも無くなるとこまで落ちたついでに、一からきちんと積み上げて行こう。
何年後かに、今のレスターみたいなワクワクするチームになるために。

スター選手がチームの成績を上げるのではなく、チームの成績がスター選手を作るチームにしよう。
とにかく、それが私の望みです。
  • エミリー
  • 2019/12/21(Sat)21:09:52
  • 編集

無題

ランプスみたいに上手くいってほしいがやっぱ不安
自分は好きな選手や監督でもダメなら無理な擁護せずダメだなって言う奴だからそう言わせない形になってほしい
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2019/12/21(Sat)22:37:33
  • 編集

無題

オーバメヤンは売りで良いと思います。
むしろアルテタがやらんとしそうなサッカーにはラカゼットの方が必要。
  • アン
  • 2019/12/22(Sun)10:09:17
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ