ユーヴェが売るなら、アーロン・ラムジーを買い戻せ!…とついつい熱くなってしまいました。

スポーツの世界は、勝てば官軍。プレミアリーグもその例に漏れず、首位を独走するリヴァプールについては、「クロップ監督がいかに素晴らしいか」「選手たちがどれほど強い信頼関係で結ばれているか」といった美しいトーンの記事が目白押しです。一方、プレミアリーグ10位という25年ぶりの不振にあえぐアーセナルは、ゴシップの宝庫と化してしまいました。「メスト・エジルにカタールやUSAからオファー」「CL出場を望むオーバメヤンは退団濃厚」「ラカゼットを先発から外すべき」「EL出場権を逃せば補強予算を大幅に削減」。火種はないわけではないが若干盛り気味だったり、ガセネタくさいが絶対ないともいえない微妙なラインを攻めた記事が、現地メディアの見出しを賑わしています。

アルテタ監督としては、プレミアリーグで最低でも7位に食い込んでEL出場権をキープし、ヨーロッパリーグを制してCL返り咲きというのが今季の青写真でしょう。欧州最高峰の大会に出られるクラブとなり、未来に向けた着実な強化を約束できれば、オーバメヤンとの契約延長の可能性が高まります。今季プレミアリーグで未だノーゴール1アシスト、チャンスメイクもゼロでスルーパス2本に留まっているエジルは、そろそろお別れのタイミングなのかもしれません。安定感を取り戻せないムスタフィ、ビルドアップでミスが目立つパパスタソプーロスとともに売却先を探し、次世代のタレント獲得の元手とするのが妥当なのではないでしょうか。

さて、ゴシップといえば、イタリアからもこんな話が聞こえてきています。「ユヴェントスが、アーロン・ラムジーの売却を決断」。2019年の夏にアーセナルから移籍したウェールズ代表MFは、4節のヴェローナ戦で唯一のゴールを決めた後、レギュラーに定着できずに苦しんでいます。セリエA12試合1ゴール、先発は6試合のみ。運動量とタイミングのいい攻め上がりを強みとするアタッカーらしい数字ではありません。この時期に決めなくてもいい話ゆえ、イタリアメディア「カルチョ・メルカート」も煽っているだけなのかもしれませんが、32歳のケディラよりも先発が少ない29歳が1年で放出となっても、特段の驚きはありません。

最初の海外チャレンジがうまくいかなかったとすれば、彼はどこにいくのでしょうか。勝手知ったるプレミアリーグか、あるいは別なカルチャーを持つ大陸の主要リーグか。私は、アーセナルの買い戻しに期待しているのですが、いかがでしょうか。4-3-3なら右のインサイド、4-2-3-1ならルーカス・トレイラとのコンビかトップ下か。ノースロンドンの空気を熟知し、サイドにボールが入ればボックスに侵入してゴールを狙える神出鬼没のMFは、今季プレミアリーグで1ゴールしかないガナーズの中盤にうってつけです。

私はグーナーではないので、「2度のFAカップ優勝を決めてくれたレジェンドの帰還」といったエモーショナルな物語を期待しているわけではありません。決定機で難しくないボレーをあっさりふかしてしまう一方で、ピンポイントの難しいフィニッシュを決め切るハートの強さとポジショニングセンスを併せ持つ独特のタレントを得難いと思うのみです。獲得するとしても、「ユーヴェが高額の移籍金を主張しない」「ご本人がトップクラスのサラリーを求めない」といった条件は必須でしょう。エジルがチームを離れ、ダニ・セバージョスもマドリードに戻るなら、「ラムジー+トマ・レマル」のような補強ができればいいのではないでしょうか。

とまあ、現地メディアのゴシップにすっかり乗せられた格好となってしまいましたが、ウインターブレイクならではの雑談と笑って読み飛ばしていただければ幸いでございます。今週末から、ニューカッスル、エヴァートン、ウェストハムのエミレーツ3連戦がスタート。今季プレミアリーグで初の3連勝を決められれば、CL出場権争いに参加できるかもしれません。ELのライバルは、インテル、アヤックス、セヴィージャ、マンチェスター・ユナイテッドといったところでしょうか。いろいろなことがありすぎたアーセナルにとって、来季につながる収穫があったといえるシーズンになればと祈っております。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

こういう、よそがやらない記事を書いてくれるところが好きです(笑)
たしかに、今季のアーセナルの試合で、こんな時にラムジーがいてくれりゃあなと思う時も多くありました。
去年のラムジーは、ちょっと出来すぎだったし、クラブを良く知る彼のカムバックは、感情に任せれば、そうだそうだ!と言いたくなる記事です。
でも、どうなんでしょう?ラムジー。
去年のラムジーはもう一度言いますが、出来すぎでしたからね。
アルテタが戻り、ラムジーを戻して、ちょっと前にはよそで、ヴェンゲルを戻せ!みたいな記事も読みました。
もう、そんなことより、完全に仕切り直して、新しい、強いアーセナルを目指してほしいですね。
ヴェンゲルのサッカーを継承する必要もない。
そんな時代もあったよね、と明るく応援出来る健全なクラブでいて欲しい。
でも、お手頃価格で戻るなら、それはそれでアリだなと思う自分もいます(笑)
どっちやねん!
  • エミリー
  • 2020/02/11(Tue)10:58:02
  • 編集

無題

ラムジーは戻ってきてくれたら嬉しいですが、いかんせんケガが多すぎるのが気になりますよね。計算出来ないというか、いてほしいときにいないというか。
とにかく中盤に決定力がある人材は必要かと思います。
  • ゆゆ
  • 2020/02/11(Tue)11:58:54
  • 編集

無題

面白い記事でついつい読んでしまいました笑
ラムジーをもし獲得出来るならアリな話だと思います。
中盤の得点力問題はかなり深刻ですし。後は今のメンバーでキャプテンというワードがしっくりくる選手がいないですし。(ペジェリンも個人的にはまだまだチームを引っ張るイメージがつかないです)
まぁもしもの話なのですが心の中では少し期待してます笑
  • カズ
  • 2020/02/11(Tue)23:18:04
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ