オーバメヤン、ジャカ、ムスタフィ…アルテタ就任が転機となったアーセナルの精鋭たち。

シュート数は9対17、オンターゲットは4対5。スリリングな試合展開にテンションが上がり、彼らの気迫のこもった戦いぶりに感動さめやらぬまま、眠りに就いたのですが、あらためてスタッツを見ると苦しいゲームだったのは間違いありません。プレミアリーグ27節、アーセナルVSエヴァートン。27分に素晴らしいクロスでエンケティアのゴールをお膳立てしたサカが、セカンドハーフの半ばからミスを連発するようになり、ガナーズの最終ラインは必死に耐える時間を強いられました。

疲労困憊のダニ・セバージョスに代えてルーカス・トレイラを投入しても劣勢は変わらず、グエンドゥジに前線からプレスをかけさせる奇策を用いて辿り着いた勝ち点3。タイムアップの笛と同時に両手を挙げ、ガッツポーズでスタンドを煽り、スタッフやエジルとハグをかわしたアルテタ監督の姿は、快勝した指揮官ではなく地獄から生還した男に見えました。プレミアリーグにおける連勝は開幕直後が最後。公式戦3連勝は、9月にフランクフルト、アストン・ヴィラ、ノッティンガム・フォレストを連破して以来です。ニューカッスル戦の圧勝と2試合連続の接戦を見て、主力3人のマインドの変化を感じました。オーバメヤン、ジャカ、ムスタフィ。いずれも、ウナイ・エメリの下で苦しんでいるといわれ、冬のマーケットで移籍が取り沙汰された選手です。

「彼は多大な期待感を抱いている。ここ数年、数か月の失望はわかるよ。ビッグクラブでベストプレーヤーたちとともに、最高峰のトーナメントを戦いたがっている。われわれは全力を尽くして彼をサポートし、ここにいることを心から満足してもらわなければならない」。オーバメヤンの残留を熱望するアルテタ監督は、一方でこんなこともいっています。「彼は、われわれが築き上げようとしていることをわかっており、マインドセットはできていると思う」。今季プレミアリーグで17ゴールをゲットし、得点王争いのTOPに立つストライカーが左サイドにいるのは、アルテタ監督が守備力を買っているからだと思われます。

エヴァートン戦の最終盤に、攻守ともに役割を果たしていたのはオーバメヤンだけというと大げさでしょうか。サカをサポートすべく、ゴールライン際まで戻ったかと思えば、カウンターのチャンスと見るや左サイドをスプリント。追加タイムに入っても前線でプレスをかけ続け、守備のタスクを全うしました。チーム最多タイの3つのタックルは、キャプテンとしての責任感と勝利への執念によって記録されたスタッツです。ガナーズのマネージャーが、大先輩と同様に忠実にチェイシングするエンケティアに最前線をまかせ、サカのサイドにオーバメヤンを配する意図はよくわかります。

サポーターとの軋轢、キャプテン剥奪、スタメン落ち、退団騒動…散々な秋を過ごしていたグラニト・ジャカも、アルテタ就任とともに変貌を遂げた選手です。左サイドに出て、ビルドアップをサポートする姿が目立つセントラルMFは、長短のボールを前線に供給して攻撃を仕切る役割を期待されています。ターニングポイントは、ダヴィド・ルイスが退場となったビッグロンドンダービーでしょう。アルテタ監督が、「サポーターの応援はホームのようだった。われわれにしっかり寄り添ってくれた」と語ったスタンフォード・ブリッジの激闘は、前半からCBにまわったジャカにとっても大きな一戦だったのではないかと思います。

闘志あふれるプレイで2-2のドローに貢献したジャカは、「アルテタとの出会いはとてもいいもので、オープンに話せる関係を築けている。このクラブにいられて幸せだ」と、あのころとは別人のようなコメントを残しています。ダニ・セバージョスとのセントラルMFコンビは、攻めて勝ちたいときのファーストチョイスでしょう。ガナーズがどんな形でシーズンを終えたとしても、彼はプレミアリーグに残るのではないでしょうか。周囲に慕われる選手は、自身のパフォーマンス以上にチームに価値をもたらしているのだと思います。最近のジャカの姿に、マイケル・キャリックがオーバーラップします。

冬の移籍が既定路線と思われていたムスタフィは、パプロ・マリが加わったにもかかわらずノースロンドンにステイ。ベンチが定位置という予想を覆して、プレミアリーグ5試合連続スタメンとレギュラーポジションを奪取してしまいました。チェルシー戦ではダヴィド・ルイスの退場のきっかけとなるバックパスミスをやらかしましたが、その後の時間は合格点。バーンリー、オリンピアコス、ニューカッスルの3連続クリーンシートに貢献し、指揮官の信頼を得ています。彼の強みは、縦パスを刈り取るアグレッシブなチャージと、前線への的確なフィード。セントラルMFに守備の負担を減らしてもらえれば、セントラルMFの攻撃の負担をシェアできるCBです。

エヴァートン戦でも、最後まで体を張り続けて勝利に貢献したのですが、ウィークポイントも露わになりました。前半終了間際の失点シーンでは、リシャルリソンが決める直前の空中戦でミナを自由にさせ、93分にベルナルジが浮かしたクロスへの対応でも、カルヴァート=ルーウィンにプレッシャーをかけることができずに決定的なヘディングを許しています。横からのボールへの弱さを克服し、集中力を欠くシーンを減らさなければ、いずれ新戦力にポジションを明け渡すことになるでしょう。チャンバース、ホールディング、ダヴィド・ルイス、ウィリアム・サリバ、パブロ・マリと来季からCBの頭数が増えるチームで、売却候補となるのはマヴロパノス、パパスタソプーロス、ムスタフィなのではないかと思います。

とはいえ、ムスタフィが徐々に自分らしさを取り戻したことによって、ガナーズが戦いやすくなったのは確かです。ジャカ&オーバメヤンの新旧キャプテンも新たな力をチームに加え、エジルやニコラ・ペペの守備意識も高まっています。終盤の追い上げでCL出場権を獲得し、オーバメヤンとの契約延長が実現して、去就不明のムスタフィにも感謝の言葉を捧げられれば、グーナーのみなさんはいい1年だったといえるのではないでしょうか。プレミアリーグ屈指のストライカーに高いサラリーを払うとなれば、メスト・エジルとはお別れとなるのかもしれませんが。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

良い記事ですね。
  • ベンゲル
  • 2020/02/25(Tue)06:00:06
  • 編集

無題

10位以内フィニッシュ出来れば御の字だなというほど落ち込んだエメリ監督の終盤から、ここまで持ち返してくただけでも感動なのに、ジャカ、ムスタフィの復活のおまけつき。
まだまだ課題は山積みだけど、もともとあった課題に蓋をし続けてCL圏争いをやってきたクラブなので、アルテタ監督の任務の厳しさは相当なものだし、感謝のほかに同情もしてしまいます。
本当によくやってきてくれました。

オーバメヤンの残留には、CL圏フィニッシュ、わがままを聞いてもらうにも、最低でも来季のCL圏が見えそうだねという形でのEL圏はクリアしなければいけない。
厳しい道のりだなあ。
期待の若手を売りたくもないしなあ。
  • エミリー
  • 2020/02/25(Tue)10:23:33
  • 編集

無題

いつも楽しく読ませて頂いています。
チームとしての戦術はもちろん、タレントの復活もそうですが、一番なのは「チーム内競争の激化」だと思っています。
ヴェンゲルさん、エメリさんはアプローチは違えど「レギュラー確定」な選手が居た事は事実でした。


そんな中のテタさんは厳しいくらいに「公平である」気がしてます。

ムスタファもそうですし、グェンドウジも「頑張ればチャンスがやってくる」

トレイラ、ラカゼットもサブが良ければ外される。

今までのアーセナルに無かったものがある気がしてます。

オーバもエジルも好きな選手で残って欲しいですが、この競争力の弊害になるならば、移籍はやむ無し。
オーバがレッドで休んでた時のマルティネッリの活躍の様に救世主が現れる。
本当はLSBは壊滅状態なのにサカがとんでもない活躍をしている。

結果は後からついてくる。
今は「次の試合は誰が出る?」で、エメリさんのこねくり回すのとは明らかに違う状態。

こういうチームは絶対に強くなる。

そんな期待をしながら、次のスタメンを想像する毎日です。

テタさん、頑張れ〜

  • にし
  • 2020/02/25(Tue)18:35:31
  • 編集

無題

ムスタフィもジャカもこの程度出来ない選手と思った事が無いので、さして驚きはないです
バロンドールで票貰うくらいにやってくれて始めて期待以上です
「守備出来るのにしていなかった」オバメにどうやって着火したのかは解りませんが、大したものだと思います
パパやルイス、レノやティアニーといったようなピッチ上はさておいても地に足の付いた、上司に欲しいような選手をスカウティングしてるのはいい兆候だと思います
ぺぺやゲンドゥージもそういう基準で選ばれた選手であると信じたいのですが…
  • 海苔助
  • 2020/02/25(Tue)20:21:14
  • 編集

無題

海苔助さん

ぺぺは交錯した選手気遣ったり結構いい奴な気はしてます。グェンドウージはマリーシア強目で心配になるときは多いですが...(笑)

エメリ政権終盤のピッチにいる選手の覇気がなくやつれたような姿は忘れられません。いまはチーム全員が戦う男の顔になってます。サッカーにおいてメンタルの重要性を今シーズンは特に感じました。

チームとして戦える集団に戻してくれたこと、泥舟だったチームの監督を引き受けてくれたアルテタの漢気に頭が上がりません。
  • ガナユ
  • 2020/02/25(Tue)21:39:22
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ