「アーセナルは3バックを終える時では?」…現地紙が提言する「強みを活かす戦術」!

プレミアリーグ切れの症状を自覚するようになり、週末が待ち遠しいミッドウィークでございますが、みなさまはお元気でお過ごしでしょうか。一昨日、移籍ニュースとなると「ザ・サン」と双璧の怪しさを誇るフリーペーパー「メトロ」が、わが意を得たり!の記事を掲載しておりましたので、ぜひ紹介させていただければと思います。「Why Arsenal should consider ending 3-4-3 experiment, with Alex Oxlade-Chamberlain and Mesut Ozil roles key(なぜ、アーセナルはチェンバレンとエジルが重要な役割を果たす3-4-3の実験を終えなければならないか)」。グーナーならずとも、プレミアリーグファンなら気になっる方が一定層いるテーマではないでしょうか。マーク・ブラス記者は、冒頭でこう問いかけています。「昨季シーズンの終わりに、大胆にシフトした3-4-3を見直すべきではないか?この戦術は、悪夢のような新シーズンが始まった後、目新しさを失ったように見える」。

3-4-3を終える理由として、記事は4つの理由を挙げています。ひとつは、アレックス・オックスレード=チェンバレンが今夏に退団したこと。2つめは、CBのクオリティが足りていないこと。さらに、エジルが不必要にワイドにポジションを取らされていることと、冷静に見れば決して芳しい戦績ではないことも指摘しています。ここが、最近私が断片的に書いてきたこととぴったりだったので、思わずテンションが上がってしまったのです。右WBとして理想的な存在で、左サイドでも機能していたチェンバレンに対して、いかにもWBをこなせそうなベジェリンは苦戦しています。左に入ったときのモンレアルはコンスタントに攻撃のクオリティを担保しているとはいえず、適任のコラシナツはプレミアリーグに慣れる時間が必要です。右はゼロ、左にひとりでは、ヴェンゲル監督のチームは「WBにうってつけの選手」が足りないのは明白です。

コシールニー、ムスタフィ、メルテザッカー、モンレアル、チャンバース、コラシナツ、ホールディング、エルネニー。記者は、CBに入れる8人をピックアップしつつ、「コシールニーの次からレベルが下がる。彼以外に、常に2人を使い続けるのか?」と問うています。スペシャリストは4人だけ、しかもひとりは引退に近づいている選手だ、と。スポーツは自らの強みを活かしてプレイするものなのに、最も弱いポジションに3枚重ねるのは逆行しているのではないかといわれると、プレミアリーグ開幕からの3試合で8失点を喫している最終ラインは返す言葉がないでしょう。

メスト・エジルは、イングランドに来たばかりの頃についてこんなふうに語っています。「私は当初、左ウイングでプレイしたが、正直にいえば自分としてはそのポジションをよしとしていなかった。ナンバー10のほうがいいと思う。センターでプレイすれば、ゲームをコントロールしてチャンスを生み出せる」。現在、3-4-2-1の右サイドを担っているエジルは、プレミアリーグデビューの頃とオーバーラップしているのかもしれません。2015-16シーズンにプレミアリーグ19アシストという数字を残したプレーメイカーは、WBに縦パスを出してクロスを上げさせるだけでなく、ボックスの両サイドにフィニッシュに直結するキラーパスを通せるほうが輝くでしょう。

14試合10勝1分3敗、得点25失点16。マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシーに勝ったと主張していたヴェンゲル監督の3バックの戦績は、一見悪くはありません。ただし、昨季は終盤戦で目標を失った中位と降格決定クラブとの対戦が多く、スパーズと先日のレッズには完敗。今季プレミアリーグの4ゴール8失点という数字も気になります。チェルシーのコンテ監督は3-4-3をやりたかったわけではなく、適材適所を追求した結果、あのシステムに辿り着いたのでしょう。マルコス・アロンソとヴィクター・モーゼスの抜擢は秀逸。守備の負担が減ったアザールとペドロは、縦にも中にも進めるフォーメーションで突破力を存分に発揮しました。

ただし、新シーズンのチェルシーが、このまま3-4-3を続けるかどうかはわかりません。モラタは横に相棒がいたほうが輝くとみればアザールやペドロと並べ、バカヨコをより攻撃で機能させようと考えれば、アンカーにカンテを置いて右のインサイドにセスクかドリンクウォーター(あるいはウィリアン!?)を配する3センターに切り替えるかもしれません。選手が変われば、適材適所の考え方も変わります。

アーセナルも、チェンバレンを失った今、いま一度自らのストロングポイントを考えるべき時を迎えているのだと思います。コシールニーとムスタフィの前のスペースを埋めたいなら、ジャカをアンカーに据えてエジルをインサイドMFに置く4-3-3。エジルが中央で活きることを優先するなら、ジャカとエルネニーを並べる4-2-3-1、すなわち従来のシステムが妥当でしょう。トップにラカゼット、左にアレクシス・サンチェスで右にはウェル…ウォル…いやー、チェンバレンを抜かれてトマ…もとい、誰か代役を獲れなかったのは、想像以上に痛かったかもしれません。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ダメージを払拭できるか?今までになく不安なアーセン・ヴェンゲルとアーセナル。

「難しかった。非常に残念なパフォーマンスだ。破滅的だった」。プレミアリーグ3節、アンフィールド。リヴァプールに4-0と手もなくひねられたアーセナルの戦いぶりに、指揮官、エース、OB、評論家が落胆や怒りを表明しています。ヴェンゲル監督は、冒頭の発言に加えて「われわれはすべてにおいてフィジカルで劣っていた。相手に楽をさせてしまった。最近はビッグマッチでよく戦えていたので、より落胆が大きい」とコメント。辛口なガリー・ネビル氏が「私なら選手全員を放出リストに入れる」と憤慨すると、ティエリ・アンリは「スタジアムから出て行きたかった。私はこのチームとは関係ない」と厳しい表情で語りました。プレミアリーグで枠内シュートゼロは、2014年10月のチェルシー戦以来、2年10ヵ月ぶり。この試合は2-0で、今回のレッズ戦ほど彼我の差は明確ではありませんでした。中盤で必死に上下動を繰り返しながら、ボールに絡めず非難されたメスト・エジルは「結果に失望している。批判は当然だ」と惨敗を受け入れながら、サポーターに謝罪の意を表明していました。

「90分を通してリヴァプールが勝利に値していた。いつもならフラストレーションが溜まるゲームの後は、怒りのあまりSNSを更新しないけど、この試合について何もいわずに代表に合流できなかった。サポーターのみなさん、申し訳ありません。特に、リヴァプールまで来て応援をしてくれていた人たちに。次の試合は、誰もが感じている失望から立ち直るために全力を尽くして改善したい」(メスト・エジル)

1-5を2回繰り返して敗れ去った昨季チャンピオンズリーグのバイエルン戦より、精神的なダメージは大きいのではないでしょうか。あの2試合は、コシールニーがピッチにいる間は勝負を争っており、大差がついたのは敗戦が明らかになって集中力が切れたからでもありました。一方で今回は、収穫といえるものが何も残りませんでした。3バックも4バックも崩され、アレクシス・サンチェスは空回り。コラシナツをプレミアリーグの水に慣れさせることはできず、ラカゼットは左サイドに置いても機能しないことを確認しただけでした。そう、最大の問題は、何人かの選手が本領を発揮できる役割を与えられていないことです。

ベジェリンは左では彼らしさを見せられず、モンレアルは快速ウインガーをボックス内でハードマークせよというミッションは得意ではないでしょう。ジャカとラムジーのコンビは、中盤を完全に支配できるプレミアリーグの中堅・下位クラブならなくはない選択ですが、ゲーゲン・プレッシングとガチンコで勝負することを避けるなら最初からコクランでした。いや、その前に、マネとサラーがいるチームを相手に、なぜ3バックだったのでしょうか。ホールディングとWBの間のスペースを使われることは、これまで戦ったチームに教えられていました。ベジェリンとコラシナツをSBに起用し、サイドをナチュラルに埋められる4-2-3-1なら、これほどまでにやられることはなかったと思われます。

レッズのようなチームに対して、今の選手たちのよさを最も活かせる布陣は4-3-3なのではないかと思いました。ベジェリン、ムスタフィ、コシールニー、コラシナツの4枚に、アンカーはジャカ。パスコースを切るのがうまいエルネニーとエジルをインサイドに置けば、状況を見ながら「2センター+トップ下」の形にもスムーズに移行できます。アレクシス・サンチェス、ラカゼット、チェンバレンが前線にいれば、サラーやマネも上がりっぱなしではいられないでしょう。3バックにこだわったのは、昨季プレミアリーグの後半戦で勝利を重ねたからだと思われますが、当時の相手は目標を既に失くしていた中位クラブと、プレミアリーグを捨てていたマンチェスター・ユナイテッドでした。本気で3バックを完成させるなら、相応の補強とWBの後ろをカバーする術を用意しなければならなかったのではないでしょうか。

レッズ戦の惨敗が今までになく心配なのは、あまりにも選手たちのモチベーションが低く、バラバラに見えたからです。ヴェンゲル監督が安定的な戦績を残せていたのは、頑固という短所と背中合わせの一貫性、ブレなさがあったからでもあると思います。明快な方針が選手たちに迷いを生じさせず、アーセナルは長いスランプに陥ることはほとんどありませんでした。しかしこれも、昨季プレミアリーグ後半戦で2か月半に及ぶ不調を経験し、怪しくなってきました。選手たちが指揮官の起用や布陣に疑念を抱くようになれば、モウリーニョ監督がチェルシーで経験したような厳しい状況を迎える可能性が高まります。

アレックス・オックスレイド=チェンバレンが3500万ポンド(約49億円)でチェルシーに移籍合意と報道され、シュコドラン・ムスタフィは人間関係を理由にインテルに行く可能性があると伝えられています。CBを補強しなければならない3バックのチームが、ガブリエウ、ムスタフィと2人も戦力を手離すとすれば、やむにやまれぬ事情があるということなのでしょう。大丈夫か?アーセン・ヴェンゲル、そしてアーセナル。「補強なし、離脱あり」でデッドラインデーを過ごし、次節のボーンマス戦で勝ち点を落とすようなことがあれば、プレミアリーグ優勝どころか4位も一気に厳しくなり、長年それなりの結果を残してきたボスの立場も危うくなるかもしれません。名古屋時代から彼を応援してきた者として、ただただ心配です。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

コシールニーがいないとき、彼らは守り切れるのか?アーセナルのCB獲得待望論

のっけから宣伝で恐縮ですが、昨日発売されたフットボリスタ増刊「footballistaZine Arsenal」(簡単にいえば、まるごとアーセナル本です)に3本ほど、記事を書かせていただきました。アレクシス・サンチェスがこの3年間のプレミアリーグ、CL、国内カップで決めた72発の映像をすべてチェックし、アーセン・ヴェンゲル監督の20数年前のコメントを当時の現地記事まで辿って翻訳したりと相変わらずの肉体労働担当ではございますが、企画段階で「アレクシス・サンチェスの72発を全部紹介したら、垂涎の保存版としてグーナーはみんな買うんじゃないですかぁ」などと軽々に発言した者としては、ブーメランはキャッチするしかありません。本ブログにアーセナルの現地観戦レポートをときどき寄稿している「特派員」も、「アーセナル女子会」「ジャパニーズグーナーなら誰もが知ってる某ブログの神記事紹介」「2017選手名鑑」「エミレーツ観戦、丁寧すぎる完全ガイド」「アーセナル再興(最高)論」と獅子奮迅の大活躍です。

いちばん読んでいただきたいのは、プレミアリーグ2017-18の全日程を押さえながら書いた「17-18シーズン 14年ぶりの戴冠をシミュレーション!!」なのですが、マンチェスター・ユナイテッドを応援する同志たちに魂を売ったと非難されてしまうかもしれません。わがクラブについては、8月12日に発売されるフットボリスタ本誌のほうで、モウリーニョ監督のチームづくりというテーマで書かせていただきましたので、ご容赦いただければと思います。

さて、そのアーセナルです。トランスファーマーケットの序盤にラカゼット、コラシナツを獲ったヴェンゲル監督は、一転して静寂を守り続けています。彼らよりもさらに静かなトッテナムのポチェッティーノ監督が、「ガーディアン」にて「新たな選手を連れてきて、スタープレーヤーやキーマンにプレッシャーをかけなければならない。争いがなければモチベーションは下がる」と発言しておりましたが、この懸念はヴェンゲル監督のチームにもあてはまるのではないでしょうか。

「スカイスポーツ」が、「Arsenal 2017/18 season preview: Are the Gunners title contenders?(ガナーズはタイトル争いをするチームなのか?)」と題された記事で、チャーリー・ニコラス氏にプレミアリーグ2017-18シーズンの展望を語ってもらっています。共感するのは、「ヴェンゲル監督は守備の課題に取り組んでいない」「クラブは、取り払うべき死んだ木に囲まれている。アントニオ・コンテがチェルシーでやったことでもあるが、何もしない多くの選手がベンチに座っているのはアーセナルにとって怖いことだ」という2つの言葉です。慢性的な負傷を抱えているコシールニーが不在の際に、ガナーズは守り切れるのか。余剰戦力を整理して新しい戦力を投入しなければ、クラブはリフレッシュできず、アレクシス・サンチェスら中心選手がストレスを溜めるのではないか。コシールニーの離脱をきっかけに大量失点し、バイエルンに2試合連続で5-1の惨敗を喫したチームの最終ラインが、そのままの顔ぶれでいいとは思えません。

モナコのトマ・レマル獲得は暗礁に乗り上げ、ニースのコートジボアール代表MFジャン・ミカエル・セリやスポルティングCPのウィリアム・カルバーリョなどの名前は聞こえてくるものの、交渉の進捗を報じるニュースが続きません。ウディネーゼの21歳MFヤンクトができることは、アーロン・ラムジーが充分やってくれるでしょう。守備力が高いセントラルMFを獲得すること自体はいいのですが、プレミアリーグのTOP6で最多だった44失点を減らすためには、コシールニーの後を継げるレベルのCBが必要ではないでしょうか。

チャーリー・ニコラス氏は、「今のままなら最高でも4位だろう」と結んでいます。私は、今のままでも優勝争いに絡めるとみているものの、後方に負傷者が出ないという幸運がついてこなければ難しいとも思っており、「ファン・ダイクのような強力なCBを獲れば、プレミアリーグ優勝が見えてくる」という表現がしっくりきます。ヴェンゲル監督は、動くでしょうか。移籍市場締め切りまで1ヵ月弱の時間がありますが、ロケットスタートを決めたいプレミアリーグ2017-18シーズンの開幕までは1週間しかありません。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ラフィーニャ、トマ・レマルとCB獲得は必須!? 「スカイスポーツ」が指摘するアーセナルの3つの課題

北京国家体育場、通称「鳥の巣」で開催されたビッグロンドンダービーは、1日早く行われたマンチェスターダービーと同じ構図になりました。モウリーニョ監督と同様、来季プレミアリーグをこのまま戦うかのような主力を並べてきたコンテ監督に対して、ヴェンゲル監督は慣らし運転モード。CBにメイトランド=ナイルズ、左サイドには1月に7部相当のヘドネスフォード・タウンから獲ったコーエン・ブラモールを起用しています。2ヵ月前のFAカップ決勝では見事な守備を見せたガナーズの3バックはミスが目立ち、ウィリアンやバチュアイを捕まえきれません。

プレミアリーグ王者が先制したのは39分でした。縦パスで前線に出たウィリアンの切り返しとフィニッシュにモンレアルは足を出せず、右足のシュートはポストの内側にヒット。3分後にはメルテザッカーがバチュアイに翻弄され、左隅へのコントロールショットを許してしまいます。後半開始直後には、マルコス・アロンソが丁寧に流したラストパスを、フリーで走り込んだバチュアイが左足で蹴り込み勝負あり。エジルとラカゼットがコンビネーションを確かめ合えたこと、18歳のマレンという活きのいいストライカーが楽しみな存在であることなど、アーセナルはいくつかの収穫はあったものの完敗で中国に別れを告げることになりました。

「スカイスポーツ」は、チェルシーに敗れたアーセナルの課題として、3つのテーマを提示しました。「今季もスロースタートなのか?」「3バックは大丈夫か?」「アレクシス・サンチェスはキーマンなのか?」。分析に定評があるメディアは、昨季プレミアリーグの開幕戦でエミレーツに乗り込んだリヴァプ―ルに3-4と敗れたことが、最終的に4位と5位の差となったと指摘。食中毒や負傷者が出ていた影響があったのかもしれませんが、チェルシー戦で露呈した脆弱さが2年連続のスロースタートを招くのではないかと懸念しています。3バックについては、メイトランド=ナイルズに加えてエルネニーまでこのポジションで起用したことに疑問を投げかけており、「これがプランだったというなら、アーセナルのボスはスペシャリストと契約すればよかったと後悔することになるのではないか?」と補強の必要性を説いています。

アレクシス・サンチェスについては、「3-4-3に理想的だが、不幸な選手をキープしておくリスクをとるのか?」。バイエルン戦のラカゼットはエジルといい連携を見せており、ドイツ人プレーメイカーはチェルシー戦でもクオリティの高さを披露していました。「スカイスポーツ」は、ラカゼットはアレクシス・サンチェスを活かすスペースを創ることができるのも魅力だとしながら、7番がパリやマンチェスターに去るケースに備えて代役を用意しなければならないといっています。人心掌握術に長けたヴェンゲル監督がアレクシス・サンチェスを踏みとどまらせることに成功した場合は、モチベーションを心配する必要はないでしょう。きっちり止めるか、早期に違うタレントを引き入れるとジャッジするか。8月末に手離すことが決まるといった最悪の展開になれば、プレミアリーグ5位のクラブが順位を上げられずに終わる可能性が高まります。

アレクシス・サンチェスはともかく、リヴァプールやチェルシーが獲得に動いているといわれるチェンバレンについては、ヴェンゲル監督は諦めているのかもしれません。「スカイスポーツ」は、アーセナルがバルセロナのラフィーニャ獲得に近づいているとも報じています。3000万ユーロ(約43億円)以上のオファーがあれば、スペインのクラブは応じるとのこと。昨季のリーガ・エスパニョーラでは4月まで18試合6ゴールと結果を出し、レギュラーの座をつかみ始めていたサイドアタッカーは、右膝を痛めてシーズンを終え、現在もリハビリを続けています。プレミアリーグの開幕には間に合わないかもしれませんが、元気になれば、同じバルサの下部組織出身であるベジェリンのライバルとして右サイドで機能してくれるものと思われます。

アレクシス・サンチェスの去就がどうなろうとも、万力込めてトマ・レマルは獲りにいってほしいところ。一部では8000万ポンド(約115億円)を要求されたという報道もあるようですが、他の選手の値段を見ると、5000万~6000万ポンドを差し出せば獲得の可能性は上がるはずです。先に売却したシュチェスニーに加えて、ジルー、ドビュッシー、ウィルシャー、ウォルコット、ルーカス・ぺレス、ギブスと放出の噂がある選手が多いクラブが、払えないという理由でディールを終えることはないと思われます。彼に加えてCBまで押さえて、アレクシスを説得しきれれば、アーセナルは来季もプレミアリーグの優勝候補の一角です。(ラフィーニャ 写真著作者/Ludovic Péron)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ