「来季は3バックで始める」…アーセン・ヴェンゲル監督に求めたいのは「明確な変化」

Arsenal will start next season with three-man defence, confirms Arsene Wenger(来季のアーセナルは3バックでスタートするだろうとヴェンゲル監督が語った)」。イギリスメディア「テレグラフ」が、14年ぶりのプレミアリーグ制覇をめざすクラブのスカッドと戦術について分析しています。クリスタル・パレスに3-0で完敗した後、導入した3バックは思いのほか機能し、プレミアリーグの終盤戦とFAカップで9勝1敗の快進撃。年明け以降、4-2-3-1では7試合を落としていたチームは、アイデンティティともいうべき布陣から3-4-2-1に華麗にシフトし、FAカップ制覇と次のシーズンへの希望を手に入れました。ヴェンゲル監督は、いつも通り継続性を重視するようです。クリエイティブな選手を減らし、後ろを増やすことによってアーロン・ラムジーがセントラルMFの負担から解放されると記事は主張しています。

「指揮官が選手に届けようとしているメッセージは、フレキシブルに戦うということ。4-2-3-1に戻ることもあり、効果的にディフェンダーとアタッカーを増減させるフォーメーションをめざしている」。最前線には9番を付けたアレクサンドル・ラカゼット。ウェルベック、エジル、ウォルコット、イオビなど2列めに7人を抱えるチームは、モナコのトマ・レマルを獲ろうとしており、「アンリのようになれる」と指揮官自らキリアン・ムパッペを口説いたとも報じられています。「テレグラフ」は、トマ・レマルが決まれば退団濃厚のルーカス・ぺレスに加えてジルーも去る可能性があると伝えていますが、売り先さえ見つかればウォルコットもクラブに別れを告げることになるかもしれません。ジェレミー・ウィルソン記者が「アレクシス・サンチェスを他のプレミアリーグのクラブに売ることはない」といい切ったのは、ボスが明言したからでしょう。

「昨季の終わりに話したことは変わっていない。(アレクシス・サンチェスの残留は)私たちが取り組むべきことだ。選手たちが契約を尊重することを期待している。シーズンが始まったタイミングでもその途中でも契約は延長できるので、アレクシス・サンチェスが最後のシーズンになるかどうかは誰にもわからないね」(アーセン・ヴェンゲル)

エヴァートン、ウェストハム、マルセイユにほしがられているジルーについても、「昨シーズンに契約を延長したばかりで、われわれの決断は明らかだ。彼はチームに大きな価値をもたらしてくれる」と語っていますが、プレミアリーグ5年めで最少の出場時間に終わったストライカーの退団の意志が強ければ、無理に引き留めたりはしないでしょう。

WBは、右がベジェリンとチェンバレン、左がコラシナツとモンレアル。3バックにはムスタフィ、ホールディング、コシールニー、メルテザッカー、ガブリエウ。中盤はジャカを中心に、ラムジー、コクラン、エルネニーとウィルシャー、カソルラ。こうして並べてみると、やはり最重要ミッションは「テレグラフ」が「main contract rebels(主力の契約反乱軍)」と形容したエジル、アレクシス・サンチェス、チェンバレンを留めることです。しかし、仮に首尾よく3人の契約延長に成功したとしても、もうひとつ気になることがあります。

サポーターが求める明確な変化はあるのか?

ラカゼットは前線の決定力を向上させる極上のカードですが、これだけでは足りないのではないでしょうか。ほしいのは、攻めのオプションと守備の安定感。例えば前者はアダマ・トラオレやザハのような圧倒的なサイドを崩す力であり、後者はファン・ダイクやアルデルヴァイレルトに代表される最終ラインの統率力です。彼らの勝ちパターンは、先にゴールを奪ってオープンな展開になったところで追加点を決めて逃げ切る形ですが、終盤までもつれた試合を確実にものにするためには、相手の守り方を変えさせて混乱を引き起こすような飛び道具がほしいところ。若い頃から期待されながら満足なシーズンが少ないウォルコットに「変化」は起こらないでしょう。コシールニーがいなくなった後、守備が崩壊した昨季CLのバイエルン戦を思い出せば、読みに長けたCBの後継者に指名できるようなレベルのCBが必要だと思います。

前線のサイドと最後方の強度を高めることができれば、ヴェンゲル監督が語る「クラブにとって大事なのはバリューであり、それがトロフィーをもたらす。プレミアリーグで勝ちたい」という言葉が現実味を帯びてくるのではないかと思われます。アーセナルの夏の強化は、未だ3割。誰もが認めるプラスアルファの価値を創出し、チームに明確な変化を及ぼすニューフェイスの獲得を期待します。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

コクランの助言でラカゼットが決断、メルテザッカーは指導者へ…アーセナルのちょっといい話

「メルテザッカーとはまだ話してないけれど、エジルとは話した。彼は僕が知りたいことを全部話してくれた。クラブのヴィジョンを聞いてポジティブだと感じ、すぐに移籍を決断した」。昨夏、シュコドラン・ムスタフィが、アーセナル入団を決めるに際してドイツ代表でともに戦うプレーメイカーのアドバイスが大きかったと語っておりましたが、ラカゼット獲得の舞台裏にも素晴らしい「キャリアカウンセラー」が存在していたようです。

イギリスメディア「デイリー・メール」が陰のMVPとして紹介したのは、フランシス・コクラン。プレミアリーグで5年プレイした26歳のセントラルMFは、ラカゼットとは数年来の友人で、このたびの移籍についても相談に乗っていたそうです。誕生日が2週間しか違わない同い年のストライカーは、「ロンドンは素晴らしい街で、アーセナルは偉大なクラブ。絶対に後悔しない」というコクランの言葉に背中を押されたと語っています。スムーズに決まって何よりです!

この話を聞いて、1年前、「アーセナル最優先で考えよう」と代表の同僚ムサ・シソコを口説いたオリヴィエ・ジルーが、よりによってトッテナムを選ばれてしまい「信じられない。彼は自分が何をしようとしているのかわかっていない」と嘆いていたのを思い出しました。獲り逃したのがジルーだけに、足をすくわれて転倒したときの大げさなジェスチャーが頭に浮かんで笑ってしまったのですが、コクランは同じ轍を踏みませんでした。アトレティコ・マドリードからも誘われていたストライカーを、ノースロンドンに進路変更させたセントラルMFのインターセプトは素晴らしい切れ味でした。来季のプレミアリーグで、コクランからの縦パスが最前線に通るたびに、心温まる交流のエピソードが脳裏をよぎりそうです。

心温まる話といえば、メルテザッカーの指導者転身のニュースにも感動しました。2017-18シーズン終了とともに引退する「ビッグ・ファッキン・ジャーマン」は、アカデミーの指導者としてクラブに残ることになったそうです。ヴェルダー・ブレーメンにいたメルテザッカーがプレミアリーグにやってきたのは、2011年8月31日でした。マンチェスター・ユナイテッドに8-2で敗れる衝撃の一戦の後、ヴェンゲル監督は急遽大量補強を決断。パク・チュヨン、アンドレ・サントス、ミケル・アルテタ、ヨッシ・ベナユンとオトナ買いを敢行したなかに、ドイツ代表CBの姿もありました。パニックバイと非難されながらも、アルテタとメルテザッカーは大当たり。統率力を備えた2人はいずれも主将を務め、チームの主軸として活躍しました。

6年の長きにわたり、グーナーに愛され続けたメルテザッカーは、プレミアリーグ150試合出場5ゴールという数字以上に貢献度が高い選手です。サポーターに挨拶をせずに引き上げていこうとするエジルを叱りつけ、FKの壁に入ったヤヤ・サノゴが体をカバーしようとする手をつかんで下げさせるなど、常に集中して戦う姿勢とモラルの高さは若い選手たちの手本となりました。昨季は負傷で長期離脱を強いられ、公式戦出場はプレミアリーグ最終節とFAカップ決勝の2試合のみ。それでもひとたびピッチに立てば、初めて3バックに加わった選手とは思えない落ち着いた守備を披露し、ウェンブリーに集まったサポーターの心を捉えました。

アルテタが引退したとき、なぜアーセナルは彼を指導者として残さなかったのだろうと思った者として、メルテザッカーのセカンドキャリアプランには諸手を挙げて賛成です。ヴェンゲル監督がクラブを去った後を継ぐのは…いやいや、それはちょっと気の早い話ですね。まずは、最後のシーズンをしっかり見届けましょう。そしてその後は、「エキサイティングなチャレンジだ。これからもアーセナルの一部であり続けられることがうれしい」と語ったキャプテンが、精神的にたくましい選手を次々とファーストチームに送り出すのを楽しみにしたいと思います。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

シーズンを通じてクオリティを維持できるか…現地メディアがアーセナルの来季戦略・戦力を予想!

新たな2年契約を結んだアーセン・ヴェンゲル監督は、22回めのシーズンとなるプレミアリーグ2017-18に向けて、どんな準備をしているのでしょうか?そんな問いかけで始まる「スカイスポーツ」の戦力・戦略分析シリーズ。リヴァプールやマンチェスター・ユナイテッドを解剖したメディアは、次のターゲットにアーセナルを選びました。

この夏、ヴェンゲル監督にとっての最大の投資は「売れば5000万ポンド(約71億円)は取れそうなアレクシス・サンチェスを、1年後にゼロポンドになるリスクがあっても手元に置いておくこと」なのかもしれません。左サイドにコラシナツを得て夏のディールを始めたクラブについて、「多くの出入りがあるのは間違いない」と主張するニック・ライト記者は、予想フォーメーションにアレクシス・サンチェス、エジル、ラカゼットの名前を記しました。昨季プレミアリーグを5連勝で終えた3-4-2-1を新シーズンのベースに指定。GKチェフにホールディング、ムスタフィ、コシールニーの3バック。WBはベジェリンとコラシナツ、ラムジーとジャカを中盤に据え、前線にワールドクラスを3枚並べた布陣です。「フランス人監督の就任20年で初めての3バックは、最後の10戦で9勝してチェルシーとのFAカップ決勝で最高潮に達した」と、ライト氏はこの戦い方を高く評価しています。

彼のポジション別の分析を、GKから追いかけましょう。「サポーターのなかには、シュチェスニーの復帰を熱望している者もいる」としながら、ヴェンゲル監督のチェフへの信頼は厚く、ポーランド代表はユーヴェに移籍する可能性が高いと指摘。オスピナはチームを離れ、マルティネスが第2GKとなると予想しています。DFについては、「シーズン終盤に印象的なパフォーマンスを見せたホールディングに期待」「FAカップで最後に印象を残したメルテザッカーはバックアップオプション、ミドルズブラで結果を出したチャンバースは復帰」。オフシーズンの最大の目玉商品となっているファン・ダイクについては、リヴァプールが抜けても獲得バトルに勝つのは容易ではないという見立てです。

ウイングバックは右にベジェリンとチェンバレン、左はコラシナツとモンレアルのポジション争い。左サイドの2人には、3バックに加わる融通性があります。新戦力獲得のための資金確保を目論み、キーラン・ギブスもチームを離れると予想。指揮官が、カソルラ不在時の適切なバランスを見出すのに苦慮していたセントラルMFは、「ジャカを勇気づけ、ラムジーを改善」「ジャック・ウィルシャーの将来について決断を下す必要がある」「コクランとエルネニーはバックアッパーでしかない」と攻撃的な2枚をチョイスしました。このポジションの新戦力候補として記者が指名したのは、ニース所属でリーグアン34試合7ゴールのコートジボアール代表MFジャン・ミシェル・セリ。バルサが狙うハードワーカーはおもしろいチョイスではありますが、私は同い年のジャック・ウィルシャーの復活や1歳年下のエルネニーが覚醒する可能性を捨てきれません。

エジル、アレクシス、ラカゼットは3人合わせてプレミアリーグ50発を期待してしまう夢の布陣。ライト氏は彼らには何の懸念も示さず、「何かあったときの援軍」のほうを心配しています。「ヴェンゲル監督は、レスターのリヤド・マフレズとモナコのトマ・レマルを賞賛しているが、最もエキサイティングなターゲットは…」いや、ムバッペの話はスルーしましょう。ダニー・ウェルベックは残留見込み、ルーカス・ぺレスは放出濃厚、5シーズン連続でプレミアリーグ10ゴール以上のオリヴィエ・ジルーはウェストハムのターゲット。3バックになってから使われなくなったウォルコットの将来については疑問ありとしています。

「アーセナルはタイトルに届くのか?」。キープレーヤーの去就について疑問が拭えず、日程が厳しいヨーロッパリーグに出場するアーセナルについて、「スカイベット」は11対1というアウトサイダー評価。「スカイスポーツ」の記者は、「3-4-2-1でよくなったチームは、シーズンを通じてクオリティを維持できないのではないか?現時点で、彼らをアンダードッグの側に置く理由は明確である」と結んでいます。

私が考えるアーセナルのプレミアリーグ優勝の条件は、「前線に3人を揃えること」「2年めのジャカのブレイク」、そして「なりふり構わずファン・ダイクを獲りにいくこと」です。既に守備が整備されているマンチェスター・ユナイテッドやチェルシー、トッテナムのファン・ダイク効果はさほど高くないかもしれませんが、アーセナルやリヴァプールのようなチームにとっては戦術の緩さを個人力でカバーしてしまうCBの存在感は絶大でしょう。以前に「昨季のエンゴロ・カンテがそうだったように、ファン・ダイクの行き先によって優勝チームが変わるほどのインパクトがある」と書いたことがあるのですが、プレミアリーグ参入後の1年半で327回のマッチアップと空中戦に勝利という他の追随を許さない記録を持つCBが加われば、ガナーズの3バックが喫する失点は10は減るのではないでしょうか。ニック・ライト記者がおっしゃるとおり、獲得は容易ではないのは確かですが…。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

メスト・エジルが週給28万ポンドの新契約締結間近!アレクシス・サンチェスに思いは届くか!?

グーナーが待ちに待った朗報が、カウントダウンに入ったようです。イギリスメディア「テレグラフ」が、「Mesut Ozil ready to sign £280,000 per week Arsenal contract(メスト・エジルは週給28万ポンドでアーセナルとの契約にサインしようとしている)」と報じています。ヴェンゲル監督のチームで4年を過ごしたドイツ代表のプレーメイカーは、プレミアリーグの水に慣れた2015-16シーズンには35試合6ゴール19アシストという素晴らしい活躍でアシスト王に輝くも、昨季は33試合8ゴール9アシストとトーンダウン。前半戦はラインの裏に飛び出す動きが冴えて、初の2ケタゴールを期待させたものの、年明けに体調を崩してからトップフォームに戻るのに時間がかかり、チームの不振の元凶となってしまった感があります。

「テレグラフ」は、週給30万ポンド(約4200万円)を要求していたエジルが、他クラブから魅力的なオファーがないため妥協を余儀なくされたと伝えておりますが、28万ポンドで決まれば年棒は21億円に届く勢いです。タブロイド紙が「3-4-2-1の新しいフォーメーションで、最高の形を見出しつつある」と評した天才が、10ゴール15アシストをクリアすれば、アーセナルは間違いなく優勝争いに顔を出すはずです。こちらの契約延長が決まれば、残るはアレクシス・サンチェス。エジルのゴールの大半を演出したスルーパスキングがクラブに留まれば、CB、アンカー、前線、WBに3~4人足す程度でもプレミアリーグとヨーロッパリーグ制覇は視野に入るでしょう。

さて、そのアレクシスについては、「ザ・サン」がこんな見出しを掲載しています。「Arsenal ready to break wage structure to keep Alexis Sanchez and Mesut Ozil following Arsene Wenger’s new contract(アーセナルは、ヴェンゲルの新契約に続いてアレクシス・サンチェスとエジルを残留させるべく、賃金構造を壊す準備ができている)」。記事を要約すると、クラブもヴェンゲル監督も、7番を思いとどまらせるために週給30万ポンドを払うことに躊躇していないとのこと。アーセナルが選手たちに支払っているサラリーは、年間約328億円でプレミアリーグ4位ですが、2人のワールドクラスにトータル20億円乗せてもリーグ2位のチェルシーを下回るレベルです。先日「ザ・タイムズ」が報じた9人の人員整理はやりすぎだとしても、ルーカス・ペレス、ドビュッシー、ヤヤ・サノゴ、シュチェスニー、ジェンキンソンの放出は現実的なライン。それなりの移籍金とサラリーが必要な新戦力を加えても、クラブの金庫を一気に軽くするほどのインパクトはありません。

冷静に戦力を並べてみると、アーセナルはそれなりに伸びしろがあります。プレミアリーグでパス本数2位を記録したジャカは、来季は相当やってくれるでしょう。半年以上いなかったウェルベックは開幕から期待でき、プレミアリーグはわずか1試合出場だった「Big F●●kin' German」メルテザッカーには引退を撤回したという報道があります。3バックにおけるチェンバレンのWBは新しい発見。ホールディングは初年度でいい経験を積みました。ジャック・ウィルシャーは、イングランド人ゆえ放出すればそれなりのお金になり、使える目途が立てば中盤のオプションを増やすことができます。さらにカソルラが年末までに戻ってくれば、ジャカとのコンビが楽しみです。週給30万ポンド…プレミアリーグ24ゴール10アシスト、スルーパス48本の選手なら喜んで払おうではありませんか!ムバッペ獲得とアレクシス残留が同時に決まったら、情熱的なグーナーは号泣でしょう。出ていくという報道が多い今は、期待半分、恐怖半分ではありますが、クラブのアレクシスへの思いが届くことを祈りましょう。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ