オーバメヤンが退団を希望⁉ ミケル・アルテタは引き留めるか、売り払うか…!

ミケル・アルテタ監督の就任は、彼の気持ちをどちらに動かすのでしょうか。ピエール・エメリク・オーバメヤン。イギリスメディア「ミラー」が、昨季プレミアリーグの得点王はクラブの現状に不満を溜めており、1月に退団したがっていると報じています。チェフ、ラムジー、モンレアル、コシールニーが一斉にいなくなったアーセナルで、今後も残りそうなのはベジェリンのみ。チームが不安定な状況に陥ったときに、束ねる存在がいないのも、現在のスカッドのウィークポイントでしょう。サポーターとトラブルを起こしてしまったジャカがキャプテンマークを奪われ、後を継ぐことになったストライカーは、仲間をまとめる役割を果たせなかったようです。

プレミアリーグ通算66試合43ゴール、ヘディングはゼロ。フリーになれるスペースを見つけるのがうまいワールドクラスは、アーセナルになくてはならないパーツでした。昨季のプレミアリーグで、中盤の選手が25ゴールを挙げていたガナーズは、ミキ、ラムジー、イオビと13ゴール分を夏に手離してしまい、2019-20シーズンはルーカス・トレイラの1発しかありません。前線が決めるか、セットピースを活かすしかなくなっていたチームは、オーバメヤンがいなければ、さらに厳しいポジションに沈んでいたでしょう。現在の彼らのポテンシャルで、これだけ計算できる点取り屋を獲得するのは不可能です。高額の移籍金に耐えうる資金力も、選手の心をつかむ材料も欠いているクラブは、エースを全力で引き留めるか、現有戦力で耐えるか、まずまずの選手を連れてくるしか選択肢はありません。

レアル・マドリードに行きたがっているといわれる稀代のストライカーが去ったら…当面はラカゼットに最前線を託し、アルテタが求める選手を夏に獲得するということになるのでしょうか。「私が求めていることを気分よくやれる選手が欲しい」「フットボールクラブに情熱とエネルギーを注げる人材を求めている。それを受け入れられない選手は、クラブとカルチャーにとって必要な存在ではない」。冷静さと一貫性が重要だとペップから学んだと語る若き指揮官は、新しいやり方に納得できない者は去っても構わないと断言し、毅然とした姿勢を見せています。

「インディペンデント」は、アーセナルからの脱出を考えているのはオーバメヤンだけではないと主張しています。トルコでプレイすることを検討しているエジル、これまでの戦術に不満を感じているラカゼット、サポーターとの関係がこじれてしまったジャカ。彼らがチームを離れることになったら、アルテタはどんな布陣で戦うことになるのでしょうか。4人が抜けると、中盤より前の最年長は24歳のニコラ・ペペ!1年半しかいなかったエメリが、ヴェンゲル時代を知るタレントたちをいかに早く放出したかがよくわかります。

GKは、プレミアリーグ最多の100本のオンターゲットを喰らい、73本をストップしたセーブ王ベルント・レノ。最終ラインにベジェリン、ダヴィド・ルイス、ホールディング、メートランド=ナイルズが並び、3月には左サイドにティアニーが復帰するでしょう。中盤は、アンカーにルーカス・トレイラ、左右に配するのはグエンドゥジと復帰間近のダニ・セバージョス。右サイドにニコラ・ペペ、左にサカ、トップにはラシュフォード以上のポテンシャルが感じられるマルティネッリを入れたくなります。スターたちを売ったお金でCB、インサイドMF、前線を補強し、エミール・スミス=ロウやネルソンを育て上げれば、それなりに戦えるチームにはなりそうです。

アルテタ監督が抜本的な改革に打って出れば、それはそれで盛り上がるのですが、やっぱりオーバメヤンとラカゼットの強力2トップを失うのは避けたいですね。現役時代に、人望の厚さでは定評があった新指揮官は、新たなコンセプトによってエースを翻意させられるでしょうか。年末の3試合を終え、ニューイヤーズデーにマンチェスター・ユナイテッドをエミレーツに迎えたとき、アーセナルがどんなポジションにいるのかが重要なのではないかと思います。プレミアリーグの4位との差は7ポイント、降格ゾーンとの差も7ポイントです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

チームの一体感を取り戻せるか…ミケル・アルテタがアーセナルの新指揮官に就任!

「クラブの中長期的な強化を託すにふさわしいベストチョイス」なのか、「2018年の夏にエメリとの決戦投票に敗れた二番手の繰り上げ当選」なのか。ミケル・アルテタの指揮官就任を発表したアーセナルの思惑が気になります。ELのフランクフルト戦をホームで落とした後、ウナイ・エメリを解任したクラブは、フレディ・リュングベリ監督の下でも苦しんでいました。プレミアリーグで1勝1分2敗、ブライトンにホームで敗れ、マン・シティに惨敗。EL最終戦も、9月に4-0で勝ったスタンダール・リェージュにドローに終わり、弾みをつけることができませんでした。

この間、ノースロンドンの新体制を巡る話題の中心は、カルロ・アンチェロッティでした。一時は基本合意と報じられ、数日前には「選手たちがアンチェロッティの就任を熱望」といったゴシップまで流れました。ミケル・アルテタもまた、有力な候補ではありましたが、彼が本命といわれるようになったのは最近です。鎌田大地に2ゴールを喰らった翌日、11月29日にスペイン人監督がクラブを去ってから、22日を要した監督選び。リュングベリとメルテザッカーが、選手たちのマインドから立て直そうと腐心したプレミアリーグの4試合は、何も生み出すことができませんでした。

1年前、ジョゼ・モウリーニョを解任したマンチェスター・ユナイテッドは、翌日にはオーレ・グンナー・スールシャールにケアテイカーを任せたと発表しました。マウリシオ・ポチェッティーノ監督を11月19日に見限ったトッテナムも、20日にモウリーニョ就任をアナウンスしています。「エメリ解任はパニック、アルテタ就任は悩んだ末のジャッジ」に見えるアーセナルの悠長なトップ交代劇は、選手同士の軋轢を生み、経営ボードに対する疑心暗鬼を深めただけのように感じられます。

プレミアリーグ15節のブライトン戦は、勝てない理由が最終ラインの混乱だけではないことを如実に表したゲームでした。キャプテンマークを着けていたオーバメヤンがパスを出さないウィロックを非難し、タイムアップの笛の後には苛立っていたメスト・エジルとラカゼットが衝突。「インディペンデント」は、クラブに対する不信感を募らせたオーバメヤンが退団を熱望と報じており、トルコのメディアが「エジルはフェネルバフチェでプレイする道を探っている」と伝えています。クラブのレジェンドたちが、選手の士気を高めることすらできなかったとすれば、何のための早期解任だったのか。新監督に最初に課せられた仕事は、コンセプトを明確にして主力を説き伏せ、チームの一体感を取り戻すことです。

「クラブにはとても敬意を払っている。準備ができていると感じられなければ、この椅子に座ってはいけない」「チャレンジするために、数年前から準備してきた。クラブに対する期待、求められるレベルと到達ラインはわかっている」。ペップの下で戦術とコーチングを学んだ新人監督は、「エネルギーを変える」「みんなが納得できるカルチャーを築き上げる」「チームにいい影響を与え、試合に勝ち、ファンの称賛と信頼を取り戻す」と公言しています。

プレミアリーグ17試合で5勝7分5敗の10位。カラバオカップは既に敗退し、インテルとアヤックスが流れ込んできたヨーロッパリーグもハードルは高そうです。アーセナルで5年を過ごした37歳の元キャプテンは、スールシャールやランパードよりも厳しい状況で監督としてのキャリアをスタートさせることになりました。周回遅れのピットスタートを承知で、コクピットに乗り込んだ勇敢なミドルエイジの成功を祈っています。クラブの全面的なサポートを得た指揮官のコンセプチュアルなチームづくりによって、アーセナルらしさを取り戻せたシーズンだったと振り返ることができると信じて。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ジョゼ・モウリーニョがアーセナルを率いたら…⁉スパーズとガナーズを見ながら思うこと。

マンチェスター・ユナイテッドVSエヴァートンと同時刻開催だったウルヴスVSトッテナムを観ました。ジョゼ・モウリーニョ就任からのプレミアリーグ4試合は3勝1敗。立て直しの途上にあるスパーズにとって、曲者ウルヴスとのアウェイゲームはかなり厳しいハードルなのではないかと懸念していたのですが、予想通りの大苦戦でした。シュート数は19対9、ポゼッションは58%対42%と、ヌーノ・エスピーリト・サントのチームが多くの時間で主導権を握る展開。スパーズが勝てたのは、中央の守備が固く、少ないチャンスを活かすことができたからでしょう。

開始8分に2人をかわして右からニアを射抜いたルーカス・モウラのスーパーショットは、ポチェッティーノ体制の晩年にはなかったアグレッシブなプレイ選択でした。モウティーニョのチェックを受けていたあの状況で、中に斬り込んでホニー・カストロを抜こうとする選手は、ほとんどいないでしょう。ボールを預けている時間が長かったスパーズですが、スピーディーなアタックは脅威で、左サイドからドリブルで仕掛けるソン・フンミンはしばしば決定的なシュートシーンを創っていました。

アダマ・トラオレの強烈なシュートでイーブンとなり、90分を過ぎても1-1。勝負が決したのは、追加タイムのセットピースでした。途中出場のエリクセンが中央に入れたCKを、フェルトンゲンがヘッドでコントロール。ルイ・パトリシオが伸ばした右手は届かず、昨季プレミアリーグ4位のクラブが貴重な3ポイントをゲットしました。あらためて思ったのは、ジョゼ・モウリーニョはモチベーターとして優秀だということです。戦術の徹底、明確なミッション、個々のスペシャリティを求めるアプローチ。クロップやヴェンゲルが醸し出すポジティブな雰囲気は感じられず、選手から自由を奪うかのような負のイメージが強調されることが多いのですが、プライドを刺激して持てる力を引き出すマネジメントはやはり一流です。

セルジュ・オーリエが高いポジションを取り、フェルトンゲンが低く構える変則的なSBの役割と、エリック・ダイアーにバイタルエリアを埋めさせ、サイドから攻められた際にはCBをフォローさせる守り方はいかにもモウリーニョ。スパーズの選手たちは、シュートレンジでボールを持たれたときは、必ず足元に入ってコースを切るようになりました。マンチェスター・シティに惨敗したアーセナルの曖昧な守備に憤った後、6人で危険なエリアをカバーし続けるチームを見ると、ついついこんなことを考えてしまいます。ジョゼ・モウリーニョがアーセナルに招かれたら、どんなチームを創っていたのだろうか、と。

モウリーニョ監督が好む選手が多いのは、スパーズのほうだと思います。前線でボールを収められるストライカー、直線的なアタックを仕掛けられるドリブラー、CBの前で体を張れるアンカー。マンチェスター・ユナイテッドにはルカク、ラシュフォード、マティッチ、フェライニがおり、トッテナムではハリー・ケイン、ソン・フンミン、デル・アリ、ルーカス・モウラ、エリック・ダイアーが必須アイテムでしょう。オーバメヤンとラカゼットがいるガナーズなら、両サイドはニコラ・ペペとマルティネッリ、エジルが以前の出来を取り戻せるならトップ下か右サイドで使うかもしれません。

問題の中盤は…モウリーニョ監督が指揮を執ったチェルシーで、ダヴィド・ルイスは初年度のプレミアリーグを19試合出場に留まり、2年めの夏にパリに放出されています。彼をコンバートするのではなく、グエンドゥジとジャカにバイタルエリアのケアを徹底させ、ルーカス・トレイラにはアンデル・エレーラのようにチェイシングとつなぎ役を求めるのではないかでしょうか。そうなると、CBはムスタフィとパパスタソプーロス、あるいはホールディング!? 今のガナーズに、稀代の名将が求めるCBが不足しているのは明らかです。それでも、モウリーニョ監督は守備力を向上させることができるでしょう。スモーリングとフィル・ジョーンズがレギュラーだったチームを、マティッチのカバーリング能力を活用しながらプレミアリーグ28失点の2位に持っていったのですから。

次期監督としてミケル・アルテタの名前が挙がっていますが、ペップの薫陶を受けたクレバーなコーチとはいえ、中盤と最終ラインに組織的な課題を抱えたチームを立て直すには時間がかかるでしょう。中国で職を失ったばかりのフース・ヒディンクなどプレミアリーグで実績がある監督に半年を託し、補強ができる夏に若い指揮官を招聘といった立ち回りがリアルなのではないでしょうか。ホームで6試合連続勝利なしのチームは、試合を経るごとに迷いが増大しており、抜本的な改革か経験豊富な監督のマネジメントか、いずれかがなければ変わらないのではないかと思います。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

解任ブーストはなぜ起こらない!? リュングベリ暫定監督が巻き返すための処方箋を考察。

ウナイ・エメリが去った後、アシスタントコーチのフレディ・リュングベリが暫定ヘッドコーチに就任すると聞いて、いわゆる解任ブーストを期待したグーナーは多いのではないでしょうか。ある人は、レジェンドの失敗を見たくないという願いを込めて。またある人は、不振に陥ったクラブを鮮やかに立て直した先人たちのエピソードの再現を夢みて。ガナーズのレジェンドに何が期待できるのかをイメージするべく、プレミアリーグのビッグクラブにおける、解任ブーストの歴史を振り返ってみましょう。

この話題になると、最初に名前を挙げたくなるのはチェルシーです。フース・ヒディンクとロベルト・ディ・マッテオ。2008-09シーズンにルイス・フェリペ・スコラーリ解任の後を継いだ前者は、プレミアリーグ13戦11勝1分1敗という素晴らしい戦績で3位フィニッシュ。チャンピオンズリーグでも、セミファイナルでバルセロナに0-0、1-1と互角に渡り合い、納得のいく惜敗で大会を終えています。プレミアリーグでは6位と順位を上げられなかったディ・マッテオは、クラブ史上初のビッグイヤー制覇という偉業を達成。前任者ヴィラス・ボアスの下でアシスタントコーチを務めていたと聞けば、リュングベリに同様の成功を期待したくなる人もいるでしょう。

ヴィラス・ボアスといえば、2013-14シーズンのトッテナムでブーストに成功したティム・シャーウッドを思い出します。8勝2分5敗でプレミアリーグ7位だったチームは、指揮官交代後の10試合を7勝2分1敗で駆け抜け、5位にジャンプアップ。その後不振に陥り、最終的には13勝3分6敗で6位に落ち着きましたが、前任者を上回る勝率を合格点としても違和感はないでしょう。スパーズの事例をもっと極端にしたのが、ジョゼ・モウリーニョをフォローしたオーレ・グンナー・スールシャールです。クリスマス直前の就任から、プレミアリーグ12試合を10勝2分の快進撃で、CLでもパリを撃破。これで燃え尽きてしまったのか、最後の9試合は2勝2分5敗という絶不調で、バルサとのCL準々決勝はノーゴールでダブルを許しました。

解任ブーストを成功させるために必要な要素は、「前任者否定」「キーマンのモチベーションUP」ではないかと思います。2009年のヒディンクは、軽すぎると不評だったスコラーリのトレーニングを全面的に刷新し、出番が減っていたドログバをアネルカの相棒に指名。シャーウッドは、ぬるま湯化していたチームにフェアな競争を持ち込みました。「われわれはマンチェスター・ユナイテッドだ。攻めなければならない」と宣言したスールシャールは、ラシュフォードを真ん中に移し、守備的な戦術に不満だったポグバのリフレッシュに成功しています。とはいえ、解任ブースト効果はどうやら10試合程度というのが相場のようで、成功者としてチームを去ったヒディンク以外は、全員揃って戦績も評価も落としています。

今季は、ビッグクラブでは久々の解任連鎖が起こり、ポチェッティーノとエメリがクラブを去りました。スパーズで2勝1敗のジョゼ・モウリーニョをブーストと評するには時期尚早ですが、「デル・アリの完全復活」「後方からのロングフィードの有効活用」と、ポチェッティーノが忘れかけていた以前のストロングポイントを思い出させる采配は期待大です。一方、リュングベリのほうは、ノリッジに引き分け、ブライトンにホームで完敗と最悪のスタート。ブーストが起こらない理由は、「前任者の頃と何も変わらないから」ではないでしょうか。

レジェンドの最大の不幸は、エメリがいじり倒した後に引き受けたことでしょう。エジルもジャカもムスタフィも復帰させ、ティアニーやルーカス・トレイラもそこそこ出ているチームは、誰かの抜擢で新しい風を吹かせることはできません。課題の最終ラインを変えるにも、手駒は足りず。クリステンセンやフィカヨ・トモリのような若いタレントがいるチェルシーや、ゼップ・ファン・デン・ベルフとキ・ヤナ=フーフェルに全く出番がないリヴァプールが眩しく見えます。

選手の入れ替えや個々のモチベーションUPが難しければ、戦い方を変えるしかありません。リュングベリらしい策として提案したいのは、「ヴェンゲルのインヴィンシブルズ・リターンズ」です。プレミアリーグを無敗で駆け抜けたあのチームを、今のメンバーで再現してしまおうという趣向ですが、いかがでしょうか。「そんなの無理…」という抗議は、メンバーを紹介させていただいてからお聞きすることとしましょうか。さて。

最前線は、プレミアリーグ15発コンビのオーバメヤンとラカゼットで文句なしでしょう。中盤はフラット4。ピレス役にはメスト・エジル、リュングベリの後継者には運動量豊富なグエンドゥジを指名します。中盤センター…ここが肝なのですが、現在の最大の課題であるバイタルエリアのカバーリングを改善すべく、ダヴィド・ルイスとルーカス・トレイラを置きたいと思います。

アシュリー・コール役は、夏に補強した彼が楽しみです。そう、キーラン・ティアニーがチームにフィットすれば、ロバートソンをうらやましがることもなくなるでしょう。CBは苦しいのですが、ダヴィド・ルイスとルーカス・トレイラが前にいれば、チャンバースとムスタフィでもがんばれるのではないかと思います。私の推しはホールディングとマヴロパノスですが、現実的にはパパスタソプーロスとホールディングを並べるのが無難です。

「インヴィンシブルズの再現」というと、若干ふざけている感があるかもしれませんが、ダヴィド・ルイスの中盤へのコンバートと、「期待感創出によるブースト促進」が狙いといえば、荒唐無稽ともいえないと見直していただけるでしょうか。ハマーズとのアウェイゲームで、リュングベリ暫定監督はどんな打開策を見せるのか。大胆な実験をするなら、ここしかありません。マンチェスター・シティ戦ではさすがに無茶はできず、それ以上時間が過ぎてしまえば新鮮味が目減りし、ブーストどころかバーストの懸念が…!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

何も残せなかった18ヵ月…アーセナルがウナイ・エメリ監督をついに解任。

「Unai Emery leaves club」。もはや避けられない結末と認識していたものの、プレミアリーグ18位のノリッジとのゲームを目前に控えたタイミングには、少々びっくりしました。ウナイ・エメリ、解任。クラブの公式サイトで、ジョシュ・クロエンケ氏がその理由をこう語っています。「このたびの決定は、必須レベルの結果とパフォーマンスではなかったことによるもの」。直近7試合で4分3敗と勝利なし。アーセナルの経営ボードは、よく耐えたというべきなのかもしれません。

勝利の味を忘れてからのエメリガナーズは、7戦で15失点。プレミアリーグのウルヴス戦で喰らったシュートは24本、レスター戦19本、ブービーポジションのセインツにも21本を浴びるなど、守備の綻びを繕えなくなっていました。前半のパフォーマンスがまずまずの試合でも、後半になると中盤のスペースを埋められなくなり、最終ラインの混乱がスタート。意図がわからない交代策は空回りし、タイムアップと同時に鳴り響くブーイングは恒例行事と化していました。

しばしば自陣で奪われるぎこちないビルドアップ、適切とはいえないエジルやルーカス・トレイラのポジションとミッション、モチベーションが上がらないニコラ・ペペやマルティネスの起用法。不可解な戦術よりも気になったのは、選手たちの表情と振る舞いでした。オーバメヤンから笑顔が消え、ラカゼットはゴールを決めてもパフォーマンスなし。終盤の勝負どころで、エジルは諦めたような笑顔を浮かべていました。

選手の投票によるジャカのキャプテン就任とその後のトラブル、ストレスを溜めるルーカス・トレイラ…大事な場面でもエジルより若手を重用する姿勢を疑問視されるなど、ロッカールームのマネジメントも明らかに失敗。一部の若手選手が、ボスの英語をネタにしていたともいわれています。真偽のほどは定かではありませんが、こういうゴシップが流れる監督の大半が長くないのは、われわれプレミアリーグファンが今まで見てきた通りです。

1年前の今頃は、プレミアリーグ11戦連続無敗。鮮やかな逆転劇でエミレーツを沸かせていた指揮官が、同じ場所で「エメリアウト」のバナーを掲げられているとは、誰も想像できなかったでしょう。最初のシーズンに、ヨーロッパリーグのファイナルに進出したのが唯一の輝きでした。

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョは解任直前の7試合を1勝3分3敗、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノはプレミアリーグで5試合勝利なしと不振がトリガーになりましたが、前者はサポーターと選手に支持者がおり、後者はCLでは連勝していました。ところが、彼は…。

1ヵ月以上も勝利の女神に見放され、サポーターや評論家からの厳しい批判に晒されながら、選手が支持を表明することもなく、スタッフの信頼を失ったとも伝えられています。これほど寂しい退場を、久しく見ることはありませんでした。おつかれさま、ウナイ・エメリ。うまくいかなかったけれど、あなたは自分らしく戦ったのでしょう…?労りと疑問の言葉が同時に浮かび、今はまだそんな気分ではないとあわてて打ち消します。これがフットボールなのだ。まっすぐ出てくるのは、そんな月並みな言葉だけです。

さまざまな思いを呑み込み、今週末もいつものようにプレミアリーグが開催されます。ノリッジの本拠地キャロー・ロードに姿を現すのは、暫定ヘッドコーチのフレディ・リュングベリと伝えられています。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ