そろそろ出番か⁉ ルーカス・トレイラとベルント・レノにクラブOBがアドバイス!

プレミアリーグ初参戦のウナイ・エメリ監督が、理想的なチームで戦えるようになるまでには、もうしばらく時間がかかりそうです。即戦力補強と目された選手のなかで、レギュラーポジションを獲得したのはドルトムントから来たパパスタソプーロスのみ。アンカーで起用されている19歳のグエンドゥジは、未来への投資と見られていた選手です。グーナーが焦れているのは、ルーカス・トレイラがスターターに選ばれないことでしょう。セリエAのサンプドリアから2600万ポンド(約38億円)で獲得した22歳のセントラルMFは、プレミアリーグ4試合出場ながら、すべて後半からの登場です。「Goal.com」のインタビューに応じたアーセナルOBのジウベルト・シウヴァ氏は、ウルグアイ代表のMFはエンゴロ・カンテのレベルをめざせる逸材と絶賛しています。

「ワールドカップで彼のプレイを見たけど、とてもいい仕事をしていたね。シンプルにプレイでき、さまざまなことを簡単にやれる。DFの前でプロテクションし、前にいる選手をサポートすることもできる。危険を察知する力もあるね。彼が来る前は、このポジションがいなかった。簡単な役割ではなく、誰もがやりたい仕事でもない」

今季プレミアリーグで119分しかプレイしていないにも関わらず、タックル5本は既にラムジーと並んでおり、インターセプト4本はグエンドゥジ、ベジェリンに続くチーム3位です。カーディフ戦の81分、ラカゼットに通した速い縦パスは完璧なタイミング。プレミアリーグ初アシストは、昇格クラブを振り切る貴重な勝ち点3につながりました。ジウベルト・シウヴァ氏は、「プレミアリーグは簡単ではない。ハードワークに徹し、挑戦し続け、適応しなければならない」とアドバイスしておりましたが、そろそろ11番を頭から起用してもいいのではないでしょうか。4試合8失点のクラブに、センスあふれるアンカーを投入するメリットはあっても、リスクはないといい切っていいでしょう。

もうひとりの即戦力、ベルント・レノはペトル・チェフという高い壁に阻まれています。プレミアリーグ経験が豊富という安心感を買っているのか、ドイツ人GKに足りないものがあるのか。今季プレミアリーグにおけるチェフのパス本数は、1試合あたり35本でリーグ最多ですが、後ろからつなぐことにこだわるエメリ監督は、しばしばキックミスからピンチを招く36歳のGKに満足しているわけではないでしょう。レノを試してみてもいいのではないかと思いつつ、簡単に代えにくいポジションであるのもわかります。「デイリー・ミラー」にコメントを残したデヴィッド・シーマン氏は、チェフがスタメンに選ばれるべきと考えているようです。

「レノを獲得するために多額のお金を費やすことになったが、それは簡単にチームに入れることを意味するわけではない。彼には辛抱が必要だ。チェフは、間違ったことをしていない。ボックスの外でボールを扱う状況にも対処している」

ルーカス・トレイラは、早期にスタメンでプレイするチャンスが巡ってきそうですが、レノが実力をアピールする場は、カラバオカップかヨーロッパリーグになるかもしれません。レヴァークーゼンで7シーズンにわたってゴールマウスに君臨した26歳は、ベンチで過ごす日々にストレスを溜めていることでしょう。「フットボールでは、我慢しなければならない時期がある。私も経験したから、気持ちはわかる。レノは、自分の時間が来るのを待たないといけない」。GKならではの苦しみを知るレジェンドらしい、重い言葉です。

週末のニューカッスル戦のスタメンに、ルーカス・トレイラの名前はあるでしょうか。11番とグエンドゥジあるいはジャカが中盤に配され、エジル、ミキ、ラカゼット、オーバメヤンが前にいる布陣となれば盛り上がります。プレミアリーグ再開まで、あと3日ですか。いつもながら、インターナショナルマッチウィークは長いですね…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

どうする、ルーカス・トレイラ、ベルント・レノ⁉ エメリガナーズのベストチョイスを考える。

「長期政権の終焉の後」という言葉を使えば、サー・アレックス・ファーガソンが勇退した直後のマンチェスター・ユナイテッドと、今のアーセナルを対比するのは妥当に感じられます。しかし、両者の状況は大きく異なるのではないでしょうか。プレミアリーグを制覇し、子飼いの選手たちの衰えを見ずにクラブを去ったマン・ユナイテッドのレジェンドに対して、ヴェンゲル監督は燃え尽きてから後任にバトンを渡しました

キーラン・ギブス、アレックス・オックスレイド=チェンバレン、テオ・ウォルコット、ジャック・ウィルシャー…ついぞ実らなかったブリティッシュ・コア。アレクシス・サンチェスはプレミアリーグ制覇とCLを求めて移籍し、ガブリエウ、コクラン、ジルーもいなくなりました。カソルラは復活せず、メルテザッカーはスパイクを脱ぎ、コシールニーは慢性的な痛みに悩まされています。アーセナルが比較の対象にするのは、最後の優勝を経験したメンバーが次々と去った後、すなわちファン・ハールが辞任したときのマン・ユナイテッドのほうがふさわしいのかもしれません。

2018年の夏にアーセナルが置かれていた状況は、ジョゼ・モウリーニョのマンチェスター・ユナイテッドなら、1億5000万ポンドを超える大型補強を仕掛けていたでしょう。しかし、ノースロンドンのクラブは、その半分に満たない予算しか用意しませんでした。ルーカス・トレイラ、パパスタソプーロス、レノ、グエンドゥジ、リヒトシュタイナーの獲得に投じたのは7000万ポンド。1月にオーバメヤンとムヒタリアンが加わっており、全然足りないとまではいわずとも、エメリ監督にプレミアリーグ4位以内必達とオーダーするのは酷だとも思います。「スカイスポーツ」でトニー・アダムス氏が主張しているとおり、新指揮官には時間が必要です。今季プレミアリーグの序盤戦は、エメリ監督が自らのコンセプトを浸透させ、選手の力を見極めるために費やされる時間になるでしょう。多少、勝ち点を落とすことも覚悟しなければなりません。

ただし、直近のアーセナルを見ていると、エメリ監督に聞いてみたいことがいくつか湧いてきます。最後方からつなぐスタイルに、チェフが適任なのか。CBは、ムスタフィとソクラティスでいいのか。グエンドゥジをチームの中心選手に育てようとしているのか。カバーリングやインターセプトに長けたルーカス・トレイラはアンカーのファーストチョイスではないのか。エジルをどう活かそうとしているのか。ラカゼットとオーバメヤンの共存は、どちらかをサイドにまわすしか選択肢がないのか…。今の戦い方と人選が、エメリ監督の理想とする形につながっていくとは思えなくなるときがあるのです。

後方をレノやマヴロパノスにまかせ、ルーカス・トレイラをアンカーに固定し、攻めたいときはエジルとジャカがインサイド、失点をケアしたいならラムジーとグエンドゥジを両脇に配するのがいいのではないでしょうか。ペップが時折アグエロとガブリエウ・ジェズスを並べ、サラーやアレクシス・サンチェスが前線に残るシーンがあるように、オーバメヤンとラカゼットをトップに据えて、その後ろにエジルを置く形をBプランとして確立させるのもおもしろいと思います。

いくつかの布陣を試しつつ、軸を固めるプロセスを進めるなら、9月末からのロンドン5連戦は絶好の機会。リヴァプールとのシックスポインターの前に、背骨となる中央のポジションの適材を確定させたいところです。グーナーのみなさんは、どんな顔ぶれがベストと考えているのでしょうか。オーバメヤン、ミキ、ルーカス・トレイラ、レノ、ソクラティスを軸に据え、フォーメーションの狙いによってエジルやラムジーの活かし方を変えていくのがいいと思うのですが…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

現地メディアが決定力にフォーカス!ミキやエジルと合えば爆発必至のオーバメヤンに期待!

エミレーツで開催されたプレミアリーグ開幕戦は、マンチェスター・シティに0-2完敗。スタンフォード・ブリッジのチェルシー戦は、2点のビハインドを埋めたのですが、最後はアザールを止められずに3-2で競り負けました。今週の現地メディアは、モウリーニョネタとエメリ監督の戦い方の話で盛り上がっています。ビッグロンドンダービーで1ゴール1アシストのムヒタリアンは、「このリーグに簡単な相手はいない。2つの試合を失ってしまったが、われわれは正しい方向に進んでいる。なぜこんなに批判されるのかわからない」とコメント。「エジルとムヒタリアンはウナイ・エメリのシステムにフィットしていない」と語ったポール・マーソン氏をはじめとする評論家たちの論調に反発しています。

エジルの不振は気になるところではありますが、今シーズンのガナーズの主役はミキとオーバメヤンではないでしょうか。とりわけオーバメヤンは、昨季プレミアリーグ後半戦の数字が出色で、2年めの大爆発が期待できるのではないかと思います。「スカイスポーツ」が、「Premier League forwards Romelu Lukaku, Harry Kane, Mohamed Salah and more compared(プレミアリーグFWロメウ・ルカク、ハリー・ケイン、モハメド・サラーとその他を比較)」と題したストライカー特集を掲載しているのですが、これを見るとオーバメヤンの決定力がいかに素晴らしいかがわかります。

昨季プレミアリーグで13試合10ゴール、右足で7発、左で3発。90分あたりのゴール数は0.85で、これを上回るのはサラー、ハリー・ケイン、アグエロの3人しかいません。ブロックされたシュートを除いて、最も多くのシュートをゴールに届けたのは136本のハリー・ケインですが、オンターゲットは76本で55.9%。サラーは66.3%、アグエロは56.8%、ルカクが63.2%と6割前後の選手が多いなかで、24本中19本を枠に収めたオーバメヤンは79.1%!先日のチェルシー戦では、2つのビッグチャンスで珍しくミスを犯してしまいましたが、ボレーの精度はプレミアリーグNo.1を争う選手です。

ショットコンバージョン、すなわち打ったシュートのうち何本が決まったかを見ても、31本放って10ゴールのオーバメヤンは32.2%でTOPです。71本のうち20本を決めたジェイミー・ヴァーディーが28.1%で2位に入り、39本中10本のクリス・ウッドが25.7%で3位です。サラーは22.2%、ハリー・ケインは16.3%。オーバメヤンにトッテナムのストライカーと同等のシュートチャンスがあれば、60…いや、とてつもないゴール数を残していた計算になります。

昨季後半戦のヴェンゲル監督も、エメリ監督も、オーバメヤンに決めさせる形を確立していたとはいえず、ワールドクラスのストライカーが消えてしまう時間帯が目立ちました。彼の動き方を把握しているミキにボールが集まり、エジルの精密なパスがピッチに戻ってくれば、ガボン代表は得点王争いに顔を出すでしょう。プレスとハイラインのチームが繰り出すショートカウンターが冴えまくり、決定力の高いストライカーが軽々とゴールを量産する新生アーセナルのサッカーが観られるのを楽しみにしています。(ピエール・エメリク・オーバメヤン 写真著作者/Chensiyuan)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

激論キャラガーVSネビル第2弾!「ウナイ・エメリは合わせるべきか、貫くべきか!?」

プレミアリーグ関連のさまざまなテーマについて掘り下げる「スカイスポーツ」の名物番組「マンデー・ナイト・フットボール」。ジェイミー・キャラガーとガリー・ネビルは、マンチェスター・ユナイテッドのモウリーニョ監督の去就問題だけでなく、アーセナルの新指揮官ウナイ・エメリのチームづくりについても激論を繰り広げています。こちらの論点は、「監督は自らの哲学を貫くべきか、選手や相手に合わせて戦い方を変えるべきか」。プレミアリーグに来たばかりのスペイン人ヘッドコーチについて、「今の選手たちは彼の戦術に適していない。1月までは彼のほうが選手に合わせるべき」と主張するのはキャラガー。リヴァプールのOBとことごとく対立するネビルは、「フィットしない選手は外して違う選手を使えばいい。彼がポリシーを貫かなければ、ドレッシングルームをコントロールできなくなる」と反論しています。

「GKにプレッシャーがかかっているのに、なぜ後ろから組み立てようとした?ムスタフィは走れないのに、なぜハイライン?」。数年前に、アーセン・ヴェンゲルがエティハドのマンチェスター・シティ戦でカウンターに徹して勝利した試合を挙げたキャラガーは、スタイルを捨てずとも工夫はできるとコメント。「アカデミーならいいけれど、アーセナルは勝たなければならない」。選手たちをプレイしやすくするための戦術のチューニングは、プレミアリーグのライバルクラブもやっていることであり、状況に適応しなければトップレベルには上がっていけないといっています。

「ボールをうまくさばけるGK…チェフがダメならレノだ。ハイライン?ムスタフィが無理なら新しいDFを入れればいい。前からのプレスをエジルができなければ、外すだけだ」。いちいちケンカ腰(性格?パフォーマンス?)のネビルは、グアルディオラ、クロップ、ポチェッティーノはプランAを研ぎ澄ませていると主張しながら、キャラガーをいじり倒しています。「1年めは5位~6位、2年めにTOP4に加わって優勝をめざす。彼のアイデアを定着させる3年がかりのプロジェクトだ」。早いタイミングで哲学を曲げるのが最も避けるべきことというのが、マン・ユナイテッドOBの見解です。

この議論に触れて、私は4人の監督を思い出しました。クリスタル・パレスを改革しようとして選手を混乱させ、プレミアリーグ4試合ノーゴール4連敗という散々な戦績で解任されたフランク・デブール。長年クラブに貢献したコーチの残留を断り、自前のスタッフにこだわって選手たちの反発を招き、最後は不振を理由にクラブを追われたデヴィッド・モイーズ。4-2-4の導入を時期尚早として見送り、戦い慣れた4-2-3-1に戻してから、6戦めで3-4-3を見出してプレミアリーグ初年度優勝を成し遂げたアントニオ・コンテ。前任者のスタイルを変えずにシーズンに臨み、両SBを守備的な選手にスイッチして堅牢な守備を手に入れたレスターのクラウディオ・ラニエリ。一気に改革タイプ、ソフトランディングタイプなど、手法も成否もさまざまですが、最大のポイントは「選手がついてきているか」だと思われます。

「僕らは新しい監督と哲学を得て、ハードワークを続けないといけない。今までとは違う戦い方をしようとしているのだから。難しいことだけど、やり遂げたいね(ムヒタリアン)」。アーセナルの選手たちのコメントからは、覚悟は伝わってきますが、戸惑いは感じられません。「完成度が高いプレミアリーグ最強クラブと、敵地スタンフォード・ブリッジのチェルシーに負けただけ」のエメリ監督は、ネビルさんがいうように当面は選手を代えながら戦術を浸透させ、最適な11人を見出す方針でいいのではないでしょうか。いずれ、キャラガーさんの指摘を考えなければならなくなるかもしれませんが、今のチームに必要なのは明快なコンセプトとその継続性でしょう。

キャラガーはバレンシアネタを持ち出し、ネビルは「意固地」「意見を変えるな」と大人げないツッコミを連発。モウリーニョさんの去就も、エメリさんの戦い方も、プレミアリーグ開幕から2試合で云々するのはあまりにもせっかちなのですが、2人ともショーマンに徹して話を盛り上げてくれており、フットボール談義はやはり楽しいなと思います。マンチェスター・ユナイテッドは、次戦はトッテナムとの「補強不満対決」、アーセナルは、エミレーツにウェストハムを迎えて「出遅れ新監督対決」です。両者とも敗れたら、再来週の番組はさぞかし盛り上がるでしょうね…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

若手の奮闘と主力の空回り…マン・シティに完敗したアーセナルの早期改善ポイントをチェック!

ウナイ・エメリ監督のプレミアリーグデビューは、苦い結果に終わりました。アーセナル0-2マンチェスター・シティ。デブライネとダヴィド・シルヴァを欠いたスタメンで戦ったプレミアリーグ王者は、いいときの彼らではありませんでしたが、前線からの厳しいプレスとボックス脇をスピーディーに崩すサイドアタックは健在。思うようにビルドアップできなかったガナーズは、スターリング、バンジャマン・メンディ、マフレズ、カイル・ウォーカーにサイドを制圧され、シュート態勢に入った選手へのチェックが甘くなって失点を喫しました。

「BBC」で、新生ガナーズの戦い方を分析したのはマーティン・キーオンさんです。「グアルディオラは3年め、エメリは今始めたばかり」と、発展途上のアーセナルを気遣ったOBは、いくつかの重点課題をピックアップしています。「チェフは足でボールを扱う機会が多く、オーバーワークに陥っていた」「19歳の新戦力グエンドゥジは、ミスはありながらも勇敢に戦ったが、周囲のベテランはそうではなかった」「エジルとムヒタリアンはペースを創れず、守備も充分ではないのでペップのチームなら選ばれない」。オーバメヤンとラカゼットがボールをもらえなかったと語り、メートランド=ナイルズのスピードを称賛していた評論家は、エメリ監督のやりたいことに選手が適応するまでは、サポーターは我慢する必要があるとしています。

プレミアリーグは始まったばかり。初戦の結果だけで断罪せずに今後の改善に期待すべきことと、早期に手を打ったほうがいいことがそれぞれありそうです。GKと左SBは、次のチェルシー戦から新たな選手を起用すべきではないでしょうか。ペトル・チェフは、彼らしいビッグセーブがいくつかあったものの、前にこぼしてしまうプレイとキックミスが多く、ベルント・レノにスイッチしたほうがいいと思います。メートランド=ナイルズについては、キーオン氏と同じくスピードと足元の確かさを評価しているのですが、負傷が癒えなければ、エメリ監督が示唆していたウェルベックのSBコンバートがおもしろそうです。リヒトシュタイナーは守備は安心できるものの、クロスが単調。ゴールがほしいときには、もの足りない感があります。チェルシー戦は、モンレアルが間に合えば起用するのが無難ですが、先々のことを考えれば攻撃的なオプションは揃えておきたいところです。

中盤で走りまわったグエンドゥジは、今後も楽しみな存在。途中出場でプレミアリーグデビューを果たしたルーカス・トレイラも、エンジンがかかれば中央に安定をもたらしてくれるはずです。ラムジーは、トップ下に置くよりも2センターの右か、インサイドMFに置いたほうが持ち味の上下動が活きるでしょう。問題は、「エジル、ミキ、オーバメヤン、ラカゼットの同時起用の可能性」です。4-2-3-1で、2列めにオーバメヤン、エジル、ミキという布陣が最もイメージしやすいのですが、裏に抜けるのがうまいオーバメヤンは、真ん中にいてほしいストライカーです。マン・シティ戦では、エジルとオーバメヤンが合わないシーンが目立ちました。早い時期に、2人のゴールゲッターにどういう形でボールを渡すかを意思統一しておきたいものです。サラーなら裏、マネには足元とパスを使い分け、出すタイミングも完璧だったハマーズ戦のフィルミーノを見ると、ガナーズの連携には大いに改善の余地があると痛感します。

私が考えるベストの布陣は、GKレノ、DFベジェリン、マヴロパノス、パパスタソプーロス、メートランド=ナイルズ、MFルーカス・トレイラ、ラムジー、ジャカ、FWエジル、オーバメヤン、ミキの4-3-3。後半に入ってゴールがほしい展開になれば、ジャカやラムジーを外してエジルを中盤に下げ、ラカゼット、ミキ、オーバメヤンを並べる形か、あるいは2トップもおもしろいと思います。プレミアリーグ開幕戦ではシュートを打たれる際に詰めないシーンがあったパパスタソプーロスと、守備が粗かったジャカは、次からの巻き返しに期待しましょう。チェルシー戦は何とか勝ち点1をキープし、中堅・下位クラブとの対戦が続く9月~10月で波に乗れればいいのではないでしょうか。長期政権が終わった直後のチームは、完成するまでに時間が必要です。しばらくは、いいとこ探しをしながら明るく見守ってまいりましょう。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ