チームメイトを鼓舞する素晴らしいゴールを見せてください~アレクシス・サンチェスに思うこと。

プレミアリーグで10勝4分1敗、開幕戦でリヴァプールに敗れてから、EFLカップのサウサンプトン戦で敗れるまで3ヵ月半に渡って公式戦無敗。当時、チェルシーがプレミアリーグ9連勝(最終的にはクラブレコードタイの13連勝)という派手な爆走を見せていたために、あまり話題にはならなかったものの、15節に2位につけていたアーセナルはここ数年で最強レベルだったと思います。「年間20ゴールクラスのストライカーを獲らなければ優勝できない」というティエリ・アンリの指摘には、ゼロトップという新布陣で最前線にコンバートされたアレクシス・サンチェスが答えを出そうとしていました。期待のムスタフィは、9月の合流直後より何年も前からいた選手のようにフィットし、20歳のイオビもスタメンに定着。10月19日のルドゴレツ戦で足を痛めたカソルラの離脱は痛かったものの、コクラン、ジャカ、エルネニー、ラムジーと層が厚くなったセントラルMFは、戦えない布陣ではありません。チェルシーを抜けるとまではいえませんでしたが、私は、アーセナルは優勝争いの中心にいながら春を迎えると想像していました。

期待が膨らんでいただけに、1月末からの2勝4敗という失速とバイエルン戦の惨敗、そして今回の「アレクシス・サンチェスがチームメイトと揉めてリヴァプール戦ベンチスタート」という報道はとにかく残念です。多少のケガがあっても、本人のやる気を優先して起用し続けたヴェンゲル監督が、戦術を理由にプレミアリーグ17ゴールの絶対的エースを温存するなどということは考えられません。体調不良か、軽い負傷か、あるいは…。胸騒ぎを抑えられずに観ていたゲームがハーフタイムを迎え、後半の頭から出てきた7番を見て、少なくともメスト・エジルと同じ理由ではないと確信しました。キックオフから彼がいれば、互角で前半を折り返していたかもしれません。あるいは、最近の4敗がいずれも開始10分前後に喫した失点を取り返せずに終わっていたことを考えれば、やはり2-0だったかもしれません。実際に起こらなかった世界がどうだったかはともかく、ヴェンゲル監督のチームを10年以上リスペクトしてきたひとりのプレミアリーグファンとしては、負傷以外の理由でエースがシックスポインターのピッチにいない時間があったとすれば、それは最も悲しい出来事だとしかいえません。

ヴェンゲル監督は、戦術的理由だとしかいえないでしょう。しかし、「BBC」「ガーディアン」「テレグラフ」「デイリー・メール」など現地メディアが一斉に「チーム内のトラブルが原因」と報じているのを見ると、指揮官の言葉を鵜呑みにはできません。練習を早々に切り上げたアレクシスをチームメイトが咎め、その後のロッカールームにも波及したといわれるトラブルは、マンマネジメントに長けたヴェンゲル監督をもってしても、試合結果に影響を及ぼす形でしか交通整理できないほどのインパクトだったようです。足を気にしながらプレイしていたジルーがゴールを決めるなどで、何とかドローで終われれば、悪い空気を払拭するきっかけにできたかもしれません。しかし、エース投入前に2点差をつけられていた3-1の完敗は、直後にバイエルンをエミレーツに迎えるチームにとっては、厳しい結果だったといわざるをえません。

以前に、「アーセナルがうまく開き直り、底力を発揮できればバイエルンを破る可能性がないとはいえない」という趣旨の記事を書かせていただきましたが、その前提は「チームが一丸となること」「プライドをもってプレイすること」です。アレクシス・サンチェスは、勝ちたくて勝ちたくてしょうがないのでしょう。自分は結果を出しているだけに、2度の連敗でプレミアリーグ優勝から遠ざかったチームに対して歯がゆくて仕方がないのでしょう。しかし、ここはこらえてくれ!と思います。どんなにいいプレイをしていても、チーム内で揉めたら終わりです。

大スランプに陥り、まるまる1年不遇な時間を過ごしながらも今季復活したエデン・アザールを「素晴らしい選手だ!」というファンはいても、理由はどうあれクラブと揉めてフランスに帰ったディミトリ・パイェについては、手離しでは称賛できないものです。マンチェスター・ユナイテッドサポーターとして、エリック・カントナやポール・スコールズ、ライアン・ギグス、ファン・デル・サールについては無心に褒めちぎれるのですが、ロイ・キーン、ヤープ・スタム、リオ・ファーディナンドを思い出すとき、一抹の苦さが胸に去来します。ノースロンドンにも、トマシュ・ロシツキやデニス・ベルカンプを絶賛しつつ、サミル・ナスリやアシュリー・コールについて問われると顔を曇らせるサポーターがいるでしょう。今季プレミアリーグ前半戦で最高のプレイを見せてくれたアタッカーには、苛立ちを自らの素晴らしいゴールで払拭していただき、「彼は、アーセナルのために手を抜かずに戦ってくれた最高の選手だ」といわれる存在になってほしいと願っています。

すみません。プレミアリーグにまつわるさまざまな情報を伝えたいと続けているブログなのですが、今日は思い先行の檄文めいた記事になってしまいました。最近、心が痛む話が増えているグーナーのみなさんには、多分にいいにくくなっているのですが、私は変わらずチャンピオンズリーグのバイエルン戦でアーセナルらしいサッカーを見せてくれることを期待しており、あわよくば奇跡が起こらないかという気持ちを捨てきれないでいるのです。リヴァプール戦の後、彼らはどんなコミュニケーションをとったのでしょうか。今も、願っています。どうか、アレクシスとチームメイトがともに戦う気持ちを思い起こすことができますように。そして、戦いに集中できるいい状態でエミレーツの芝に立ってくれますように


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

10人でもOK!逆境に強いアーセナルを、現地紙が「レッドカードキング」とリスペクト!

アーセナルの選手およびグーナーのみなさま、このたびのウインターブレイクは快適に過ごされておりますでしょうか。2月20日のFAカップ5回戦でサウスロンドンの小さなスタジアムを訪れ、メンバーを落としてサットンに0-2で勝って以来、アーセナルは11日間も試合がありません。しかし、3月になると世界は一変。休み明けのプレミアリーグ27節はいきなりリヴァプール戦、さらに中2日でバイエルン・ミュンヘンをエミレーツに迎えるチャンピオンズリーグのリベンジマッチ、その週末のFAカップ準々決勝は打って変わってカンファレンス・ナショナル(5部相当)のリンカーンと、「高低差ありすぎて耳キーンてなるわ」的スケジュールに困惑されている方も多いでしょう。

サットン戦に出ていないエジル、コシールニー、コクラン、ジルーは、レッズ戦まで16日も空く計算となります。負傷者にとっては治療とリハビリに専念できるいい時間ですが、先ほど2週間ぶりだったリヴァプールがエンジンがかからずレスターに敗れたように、テンションとコンディションのコントロールが難しい季節ではあります。

さて、そんなアーセナルにとって、直近で最も重要なのがプレミアリーグのリヴァプール戦であることは間違いありませんが、チケットが売れ残っているCLのバイエルン戦も捨てたものではございません。「4点差は、もう無理」とお嘆きのみなさん、過去を振り返ってみてください。逆境で力を発揮するのがアーセナルです。ラウンド16敗退は今や定番、6年連続で4月を待たずに消えているガナーズですが、2011-12シーズンのACミランとの対決では、初戦で4-0と深手を負った後、エミレーツで3-0と同点寸前。2012-13はバイエルン相手にエミレーツで1-3と敗れたものの、敵地のセカンドレグではジルーとコシールニーが決めてアウェイゴールルールの惜敗。2014-15にモナコにまさかのホーム1-3完敗を喫した後も、アウェイではジルーとラムジーのゴールで「あと1本」というところまで迫っています。得点者を見ると、大一番で誰が必要なのかは明確ですね。「結局、負けてますけど」といわれると返す言葉はありませんが、手負いの獅子と化したアーセナルが、サポーターを盛り上げた数々の歴史を重ねているのは事実であります。

さらに先日、イギリスメディア「デイリー・ミラー」が、「Red card kings! Why Arsenal are in a league of their own when they go down to 10」と題したおもしろい記事を掲載していました。「レッドカードキング」は、10人になってもなぜ力を発揮できるんだ!?という趣旨です。プレミアリーグ創設以来、退場者を出した試合で勝ち越している唯一のクラブ、それがアーセナル。31勝26敗は、他の追随を許しません。彼らの次に勝率がいいのはマンチェスター・ユナイテッドの18勝21敗。さらにチェルシーの19勝28敗、リヴァプール16勝27敗、マンチェスター・シティ16勝35敗が続き、エヴァートンは17勝42敗、ライバルのトッテナムは11勝32敗と撃沈。今季プレミアリーグでも、ジャカが退場となったスウォンジー戦とバーンリー戦で勝利しており、追いつかれたバーンリー戦ではヴェンゲル監督退席というおまけをつけながらも、98分!にアレクシス・サンチェスがPKを決めるという勝負強さを披露しています。

レッドカードキング…微妙な称号です。夏休みの宿題を8月31日にやりながら、「何でこうなる前に手をつけなかったのか」と後悔している感覚もあります。トラブルがない大一番であっさり敗れる脆さを何度も見せながら、ひとたびビハインドを背負うと「やればできるじゃん」的な底力を発揮する不思議なチーム。グーナーがこのクラブに魅了される気分がわかるような気もしますが、サー・アレックス・ファーガソンが築いた安定感の下で悠々と過ごしてしまった身には、このハラハラ感と一生つき合える忍耐力とタフネスの持ち合わせはありません。

3月7日のエミレーツでは、ジルーとジャカがスタメンに入れれば舞台が整います。開始5分のストライカーの先制ゴールでグーナーのボルテージが上がり、ウォルコットが追加点を決めるとスタンドは騒然。3点めがなかなか入らず、レヴァンドフスキやロッベンにゴールを脅かされる展開が続き、ピッチに倒れた選手のまわりに両軍が集まり一触即発となるシーンもあります。そして64分、ジャカがチアゴ・アルカンタラを引っかけ一発レッド!ヴェンゲル監督はウェルベックを投入して最後の勝負に出ます。84分、セットプレーの流れで残っていたコシールニーが、アレクシス・サンチェスのクロスを押し込んで3-0。追加タイムに入った91分、左からのFKをエジルがファーポスト際に蹴り込むと、ノイアーは出られず飛び込んだジルーは…!

ここから先は、本ブログでおなじみの特派員が、アンフィールドのリヴァプール戦とチャンピオンズリーグのバイエルン戦に足を運びますので、現地レポートでお楽しみください。プレミアリーグの優勝争いも、欧州もまだ終わっておりません。アーセナルの意地の逆襲に期待したいと思います。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

激痛!サンティ・カソルラ3ヵ月離脱。アーセナルは「いつもの失速」を避けられるか?

これは痛い!アーセナルのサンティ・カソルラが、スウェーデンで右足底腱の手術を行うことになり、3ヵ月離脱と発表されました。10月19日に開催されたチャンピオンズリーグのルドゴレツ戦で負傷したセントラルMFは、当初は復帰までさほどかからないと見られており、1か月後のプレミアリーグ12節、マンチェスター・ユナイテッド戦の欠場がニュースになったぐらいです。開幕当初からメルテザッカーとウェルベックこそ欠いていたものの、シーズンが始まってから3ヵ月は長期離脱者ゼロ。例年になく戦力が充実していたヴェンゲル監督のチームは、またも主軸を失ったままで戦うことを余儀なくされます。

昨季のカソルラは、11月末のノリッジ戦でじん帯を損傷し、プレミアリーグ出場は15試合に留まりました。9月末からのプレミアリーグで5連勝を飾り、チャンピオンズリーグではバイエルン・ミュンヘンに勝利したチームは、カソルラ離脱直後の12月こそ踏ん張ったものの、年明けから失速。今季の彼は、開幕のリヴァプール戦は途中出場でしたが、その後先発したゲームでは負けなし。チームは8月末からプレミアリーグ6連勝を飾っており、その間16ゴールと攻撃が好調だったのは、カソルラが崩しのバリエーションを広げていたからです。8節までのクロス本数39本は、チーム1位。アレクシス・サンチェスの偽トップ戦術がはまり、ロングボールを使わなくなったチームのなかで、攻撃にアクセントをつけてくれるスペイン代表MFの存在は重要でした。レスターに優勝をさらわれた昨シーズン、カソルラがいないゲームで勝率5割を切っていたガナーズは、同じ停滞を繰り返すわけにはいきません。

さて、アーセナルは、今後どうなるでしょうか。1年前と比較すると、ポジティブな要素とネガティブな状況がそれぞれあります。明るい材料は、セントラルMFの充実です。1月に加入し、プレミアリーグによりフィットしたエルネニーと、チームにダイナミズムをもたらすことができるグラニト・ジャカがいるのは大きな違いです。ラムジーまでカウントすれば中央に4人いる現在のチームは、年明けからのプレミアリーグ10試合で3勝4分3敗と崩れた2015-16シーズンの失敗をなぞらなくてもすむのではないでしょうか。

一方で、最大の不安は、ライバルが明らかに強くなっており、さほど負傷者を出していないことです。昨季の年末年始は、マンチェスター・ユナイテッドとリヴァプールが野戦病院と化しており、チェルシーのモウリーニョ監督は不振から脱却できずに辞任。一方、現在はコンテ、ペップ、クロップの3人が負けないチームを創り上げており、2ヵ月以上離脱する選手はひとりもいません。マンチェスター・ユナイテッドはエリック・バイリーが復帰間近で、チェルシーの最終ラインにはズマが合流します。リヴァプールのコウチーニョは年明けには戻ってくる見通しで、今のコンパニは「いればプラス」という状態でしょう。2016-17シーズンは、あれだけ勝ち点を落としたアーセナルが2位でフィニッシュできた前年とは違う展開になるはずです。

最近のヴェンゲル監督は、復帰したラムジーの居場所探しにやっきになっているように見えますが、今急ぐべきはジャカの定着ではないでしょうか。プレミアリーグでスタメン6試合ながら、エジルと3つしか違わないスルーパス7本を記録している攻撃センスあふれるMFが、中盤を仕切れるようになれば、カソルラの穴は埋まるでしょう。選手を試す場は、チャンピオンズリーグ最終節の消化試合として、ハマーズやストークとの対戦では、スイスから来た大型セントラルMFをできるだけ長い時間プレイさせたほうがいいと思います。当面のベストメンバーは、この顔ぶれではないでしょうか。GKチェフ、DFガブリエウ、ムスタフィ、コシールニー、モンレアル、MFジャカ、コクラン、エジル、ウォルコット、イオビ、FWアレクシス・サンチェス。アーセナルにはぜひ踏ん張っていただき、マンチェスター・ユナイテッドとトッテナムも合流して壮絶な優勝争いと椅子取りゲームが最後まで展開されることを望みます。…が、TOP3は落ちてきそうにないですね。この稿は、今季プレミアリーグの優勝争いが「3」なのか、「4」なのかというお話をしているのかもしれません。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「プレミアリーグで最もシュートが決まるチーム」アーセナルの変化を物語る3つのデータ!

プレミアリーグ再開まで、ようやく残り2日となりました。12節の最大の注目カードは、ランチタイムキックオフで開催されるマンチェスター・ユナイテッドとアーセナルの一戦。既に大黒柱となっているバイリーを欠くモウリーニョ監督と、カソルラ、ベジェリンがいないヴェンゲル監督の激突は、アウェイ優勢と予想する評論家が多いようです。そんななかで、アレクシス・サンチェスを前に置くゼロトップでモデルチェンジしたガナーズについて、「スカイスポーツ」が気になる記事を掲載しています。「Why Arsenal’s efficiency in front of goal might not be sustainable(アーセナルのゴール前における効率のよさは、なぜ持続できないのか)」。この見出しのいわんとするところを理解するためには、興味深いデータをひとつ紹介しなければなりません。今季のアーセナルは、5.1回のチャンスメイクで1ゴールを挙げており、「プレミアリーグで最もチャンスを活かしているチーム」なのです。

チャンスを確実に活かすチームといわれると、多くの方はモウリーニョ監督のチェルシーや、昨季のレスターのようなチームを想像するのではないでしょうか。多くの時間を守備に費やしながら、カウンターに転じると一発で決定的な形を創り、絶対的エースが決めるサッカー。パス本数がプレミアリーグ20チーム中3位のアーセナルは、決してカウンターにシフトしたわけではなく、パスをつないで攻めるスタイル自体は昨季と変わっていません。

しかし、数字を追っていくと、ジルーが最前線にいた昨シーズンと現在はかなり違います。2015-16シーズンのアーセナルは、チャンスメイクの数がプレミアリーグNo.1で、枠内シュートの本数は2位。ショットコンバージョンレート(シュートが決まる確率)は11.7%で、1試合あたり1.71点のチームでした。ところが今季は、チャンスの数は6位、枠内シュートは8位とライバルに後れを取っている一方、コンバージョンレートは14.4に上がり、試合あたりの得点数も2.18に伸びています。ヴェンゲル監督のサッカーに何が起こっているのでしょうか。彼らの変化をひもとく3つのデータを紹介しましょう。

今季のアーセナルのデータにおける最も特徴的な数字は「スルーパスの本数1位」「オフサイド数1位」「ロングボールの本数最下位」です。スルーパス59本は、2位マンチェスター・シティを14本も引き離しているのですが、誰がこんなにDFの間を抜いているのでしょうか。エジル…いえ、アレクシス・サンチェスです。オフサイドというと、真っ先にウォルコットを思い浮かべてしまいますが(ファンの方、ごめんなさい)、こちらも主犯はアレクシス・サンチェス。ボールがこなくなると、すぐに中盤に下がってボールをもらいに来るせっかちな選手が最前線にいるチームが、ロングボールを多用するわけがありません。

プレミアリーグで最もクロスを放り込んでいるクリスタル・パレスのタウンゼントが89本を数えるなか、アーセナルでトップのメスト・エジルは46本で19位。遠くから一発でゴール前に届くボールは少ないのですが、アレクシス、エジル、ウォルコットらが以前にも増して積極的に裏に飛び出しており、確実に決められるキラーパスの比率が上がっているのが今のアーセナルなのです。

さて、そんなチームに、マンチェスター・ユナイテッドはどう対応すればいいでしょうか。最も想像しやすいのは、「ラシュフォードがズドン&バスをチャーター」の1-0。アレクシス・サンチェスやイオビ、ウォルコットにスペースを与えなければ、シュート総数で7位のチームは相当苦労しそうです。最初の1点を争う展開となり、先に決められればマンチェスター・ユナイテッドの勝利、アウェイチームが今まで以上に貪欲にゴールを狙ってくれば上位の順当勝ちとなるのではないでしょうか。「スカイスポーツ」は、アーセナルが効率のよさを持続できない理由として「過去の歴史がそれを示している」とし、記事をこう結んでいます。「彼らは創造性のレベルとショットボリュームを上げなければならない」。どんなゲームになるのか…土曜日が、今から楽しみです!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ