【EL結果】プレミアリーグを忘れるな!チェルシー、トッテナムは敗退危機からの生還

チャンピオンズリーグのバイエルン・ミュンヘンもそうでしたが、初戦で絶対的有利な立場に立ったチームのセカンドレグは、それはそれで難しいものがあるんでしょうね。昨季、アーセナルにホームで4-0で勝ったACミランが第2戦、前半で3-0まで追いつめられたように。ミランは後半、あと1点で振り出しに戻ってしまうとなったら、見違えるようにディフェンスラインの集中力が高まり、サイドからドリブルで巧妙にファールを誘って時間を使い、結局逃げ切り。「3点獲られても大丈夫」な状況と、「1点もやれない」という緊張感のなかではこうも人が変わるのか、と思いました。

ヨーロッパリーグ決勝トーナメント2回戦は、結果からいえばチェルシー、トッテナム、ニューカッスルのプレミアリーグ勢は、3チームともベスト8進出を決めました。しかしそれぞれ、苦戦の末の勝利。ファーストレグでインテルを3-0で圧倒したトッテナムが、セカンドレグで延長戦を戦うと誰が想像したでしょうか。0-3とされた追加タイムで、カンビアッソがフリーで放ったシュートがわずかに外れ、トッテナムが命拾いをしているくらいのきわどい決着。初戦を3-0で勝ったとき「ベイルの次戦出場停止はベスト8進出決定のごほうび。インテルのELは終わり」と書きましたが、すみませんでした。何度も予想を外しているのに、また軽々に楽勝予報など出して、お恥ずかしい限りです。



決して一方的に押されたわけではなく、ゲームをコントロールしていた時間はトッテナムのほうが長かったくらいなのですが、ベイルの不在で攻撃の脅威が薄らいだことと、カウンターを志向していたチームにスペースを与えたこと、インテルのこのゲームに賭ける気持ちが並々ならぬものだったことが重なって、結果がワンサイドになったのでしょう。おもしろいのは、状況によって主導権の在り処が激しく揺れ動くこと。2-0になってからは、サポーターとともにインテルがより活気づき、ギャラスが中途半端に出した足に当たってFKが決まり、タイスコアになるとトッテナムはパニック、完全にインテルペース。ところが90分を終え、休憩が入っていったん冷静になれる時間ができるとトッテナムは落ち着きを取り戻し、開き直って攻めモードに突入、一方でインテルは絶対追わなくてはならない状況から解放されたためか、疲れからか出足が鈍り、トッテナムペース。シュートの集中砲火を浴びせ、延長前半のうちにトッテナムが貴重なアウェイゴールを挙げると、またも追いかける必要が生じたインテルが巻き返して、延長後半にゴール。激戦の結末は4-1、トータル4-4ながらもアウェイゴールルールでトッテナムが勝ち抜けましたが、両チームの心理とそのぶつかり具合が試合運びに如実に表れ、興味深いゲームでした。

チェルシーもステアウア・ブクレシュティに苦戦を強いられます。前半、マタが先制ゴールを挙げ、トータルイーブンに戻したものの、前半終了間際、CKのこぼれ球からゴールを許し、1-1。初戦を0-1で落としているので、もう1点獲ってもアウェイゴールを許してしまったチェルシーは勝ち抜けできません。あと45分で2点を獲らなければならない。、状況は前日のアーセナルと一緒です。ただしガナーズになくてブルーズにあったのは、ベストメンバーであったこと、相手とのレベル差、そして自信でしょう。先日のFAカップ準々決勝、マンチェスター・ユナイテッド相手に敵地オールド・トラフォードで2点差を追いついた勢いそのままに、後半攻勢をかけたチェルシーはテリー、F.トーレスが文句なしのゴールを決め、最後にF.トーレスがPKを外すおまけまでつけてブクレシュティの進撃をストップしました。



ニューカッスルも、危ないといえば危ない勝ち方。ロシアのアンジ・マハチカラ相手に初戦を0-0で終え、セント・ジェームズ・パークで迎え撃つこの日はとにかく勝てばOK。結局1-0で勝ちましたが、シセが決勝点を挙げたのは後半の後半、追加タイム4分です。「われわれはELを勝てるクオリティがある」というアラン・パーデュー監督の自信はどこから来るのでしょうか。ひと頃のザルのような守備は改善されましたが、ヨーロッパを勝つには攻撃力がなさすぎると思うのですが…。

大変な試合ばかりでしたが、かくしてめでたく3チームともベスト8に進みました。CLがスペイン3チーム、ドイツが2チームでイングランドがゼロなのに対し、ELは逆にイングランドが3チーム、スペインとドイツはゼロです。他5チームの顔ぶれを見ると、最近調子を落としているものの地力のあるラツィオ、ポルトガルでリーグトップを走るベンフィカ以外は取り立てて強いクラブがなく、プレミアリーグ勢は充分、優勝を狙える位置にいます(って、こんなこと書くとまた外れてダークホースがきそうですね。ルビン・カザンに危ない香りがします)。ベスト8の組み合わせはどうなるのでしょうか。抽選は日本時間で本日20時から。楽しみです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ