バルセロナ、大誤算の4失点!開かなかったバイエルンの中盤

ボール支配率63%でシュート4本、無得点。パスはまわるがシュートまでいかない。いかに、自らの典型的な負けパターンにはまったのかがよくわかる数字です。しかし、バルセロナの誤算は、攻めあぐんだことよりも4点を失ったことのほうにあるのでしょう。注目のスペインVSドイツ第1弾は、アリアンツ・アレーナにバルセロナを迎えたホームのバイエルン・ミュンヘンが4-0と2年前の王者を粉砕。決勝進出が視界に入る、最高の結果を手に入れました。

前半は、バルセロナがボールを支配し、バイエルンが守る展開。ただしバイエルンは、昨季チェルシーが見せたゴール前に10人が張りつく専守防衛ではなく、前線からのチェイスを徹底し、中盤ではスペースを消しており、バルセロナに自由にプレイできる余地を与えません。素晴らしかったのは中盤中央のふたり。この試合でいちばん走ったシュバインシュタイガーはメッシを自由にさせず、ハビ・マルティネスが相手のパスを外へ外へと追い出し、危険なゾーンでボールをまわされることがないように守ります。そして25分、バイエルンが先制。CK後の波状攻撃から、ロッベンが右足で上げたクロスをダンテがヘッドで折り返し、落下点に飛び込んだトマス・ミュラーが頭で押し込みます。空中戦にさほど強くないバルセロナに対する効果的な攻撃が決まり、前半はそのまま1-0で終了。このスコアは両者にとって想定内でしょう。後半の興味は「バルセロナがアウェイゴールを奪うことができるのか」になるはずでした。しかし…。

バイエルンの2点めが、バルセロナの出鼻をくじく49分だったことが、この試合の流れを決定づけたのではないでしょうか。CKから、今度のロッベンは左足。ドライブがかかったボールはトマス・ミュラーの頭に一直線。これをゴール前に落とすと、マンジュキッチの欠場でトップに入っていたマリオ・ゴメスがボレー。1点めと同じような流れで追加点を奪われ、バルサの焦りと苛立ちが高まります。

ここからも、バルサがボールをまわし、バイエルンが守る展開が続くのですが、前半に比べるとバックパスが増え、インターセプトされることも多く、「バルサがボールを持たされている」ように見えます。右サイドから中へ切り込むメッシのドリブルも状況を打開することはできず、詰まったところをリベリーやハビ・マルティネスにチェックされ、むしろカウンターの格好の発射台と化していました。

バルサが攻めあぐむなか、73分には左からのカウンターのサイドチェンジを受けたロッベンがゴールラインまで持ち込み、角度のないところから左足で流し込んで決定的な3点め。83分にはインターセプトしたリベリーがドリブルで素早く上がり、数的優位を作って左サイドを完全に崩したSBアラバがグラウンダーをニアに入れ、走り込んだトマス・ミュラーは触るだけ、何と4-0!バルサのチャンスは、75分にFKからDFラインと入れ替わったバルトラが、フリーのシュートをふかしてしまったシーンのみ。シャビは右往左往、イニエスタは自分が仕掛けるよりバイエルン攻撃陣の背中を追う姿が目立ち、終了直前にはイエローカードをもらう始末。「決定的な形にならないとラストパスもシュートも出ない」「相手の特徴に合わせた守り方をしない」…GKノイアーとダンテ、ボアテングに冷静に守られ、ロッベンとリベリーにいいようにかき回されるなど、美しさと背中合わせのバルサの傲慢さが自らの首を絞めた一戦でした。

もうひとつ気になったのが、この試合のレフェリーが相当今イチだったことです。前半、ピケのハンドを含む2つのPKもののファールをスルーしてバルサを有利にすると、後半はバイエルンをサポート。2点めのマリオ・ゴメスは明らかにオフサイドで、ロッベンのゴールでは直前にアルバを倒したトマス・ミュラーのファールを見逃し。終了直前、ストレスが頂点に達したアルバが至近距離からロッベンの顔面にボールを投げつけるという許されざる行為にも、なぜか弱気にイエローカード。このことで、バイエルンの勝利の価値が揺らぐものではありませんが、ゲームの価値を損ねないよう、明確なジャッジ基準で裁いてもらいたいものです。

さて、第2戦は5月1日ですが、バルサがCLで0-4で敗れたのは15年ぶりだそうです。決勝トーナメント1回戦では、ミランに0-2で負けた後、カンプ・ノウに戻った第2戦で4-0と倍返しをしていますが、今のバイエルンから4点獲るのは無理でしょう。頼みのメッシが消され、打つ手を見出せず、セスクもティアゴもソングもベンチに残したままあっさり敗れたバルセロナ。今季はメッシ依存症を解消できないまま終わりそうですが、主力に陰りが見え、守備の綻びが目立つようになった王国は終焉を迎えるのでしょうか。

そして本日、スペインVSドイツの第2弾、レアル・マドリードとドルトムントが顔を合わせます。この対戦の前日に「ゲッツェと来季契約合意」の発表をしたバイエルンは、ドルトムントの足を引っ張ろうとしているようにしか見えませんが、決勝をレアル・マドリードとやりたいんでしょうか。悪いことはいいませんので、スペインの2強には眠っていただいて、決勝は「ブンデスリーガのディフェンディングチャンピオン相手に昨年2冠を持っていかれた鬱憤を晴らす」ほうがいいと思います。クリスティアーノ・ロナウドのブレ球やエジルのスルーパスなど、飛び道具が多いレアル・マドリードは危険です。一発勝負では何が起こるかわからないことは、昨年チェルシーにひっくり返されたバイエルンのみなさんがいちばんわかっていらっしゃるでしょう。いや、ホント、悪いことはいいませんから!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ