やはりレアル・マドリードは強かった!ドルトムント、堤防決壊寸前からの生還

いや、レアル・マドリードは強い。サンチャゴ・ベルナベウは怖い。私は、資金力にものをいわせてチーム作りをするクラブがあまり好きではないので(マンチェスター・ユナイテッドはスペインの2強や最近のパリSGみたいな大きな投資はできないのです)、いきおいドルトムントを応援していたのですが、ラスト12分は腹の底から恐怖を覚えました。

CL準決勝、スペインVSドイツ第1弾は、第1戦4-1、第2戦0-2でトータル4-3、ドイツのドルトムントに軍配が上がりました。このゲームのMVPを挙げよといわれれば、ロマン・ヴァイデンフェラーでしょう。4分にイグアインと1対1になったシーンではシュートを右足でブロックし、13分にクリスティアーノ・ロナウドが至近距離から打ったボレーを大きく弾き、15分のエジルの右からの抜け出しには早い飛び出しでコースを切って枠を外させ、3本の決定的なピンチをゼロに抑えました。ドルトムントの勝因は、82分まで相手にゴールを割らせなかったこと。もし、早いうちにレアル・マドリードに先制されていれば、結果は違うものになっていたでしょう。

14分に、ドルトムントのマリオ・ゲッツェが負傷交代となり、急遽グロスクロイツを入れるというアクシデントがありましたが、かえってこれがドルトムントの戦い方を「後方で受けてカウンター狙い」と決めたのではないでしょうか。試合開始からしばらくはDFラインの裏を狙われてピンチが続きましたが、クロップ監督から指示があったのか、ペナルティエリア前までラインを下げて守ることによって、ゲームを落ち着かせることに成功しました。中盤の底を厚くし、ボールを外に追い出し、奪取したら素早くサイドに展開。それにしても、ドルトムントの中盤はよく走りました!3点を獲らなくてはいけないレアル・マドリードには気負いがあり、特にクリスティアーノ・ロナウドは、いつもよりもトラップやボールタッチのミスが目立ちましたが、ドルトムントの寄せ方のうまさによるところも大きかったでしょう。

前半は0-0で終了。後半に入ると、一転してドルトムントの逆襲がスタート。前がかりになるレアル・マドリードの攻撃をブロックすると、少人数でスピーディーなカウンターを仕掛けます。50分、マルコ・ロイスからのパスを受けて抜け出したレヴァンドフスキが、GKとの1対1から右足を思い切り振り抜き、強烈なシュートがGKディエゴ・ロペスを破りますが、無情にもクロスバー。62分にもマルコ・ロイスが右サイドを突破し、自陣から長い距離を走って上がってきたフリーのギュントガンにラストパス。ギュントガンの決定的なシュートは、ディエゴ・ロペスがビッグセーブ!両チームのGKの必死の守りで、スコアがなかなか動きません。

ファーストレグでは、4点獲られるまで動かなかったモウリーニョ監督でしたが、この日は積極的な采配を見せます。57分にイグアインをベンゼマ、SBのコエントランをカカに代え、DFを3枚に減らして必死の攻勢。しかし、ドルトムントの守備が堅い。ゴール前でのクリアはセーフティファースト、中盤で奪えば速攻と、レアル・マドリードにペースを握らせません。依然として3点差。80分を過ぎ、ラスト10分。さすがの「白い巨人」も不発に終わるかと思われたのですが、本当の勝負はここからだったのです。

83分、カカから右サイドのエジルにパスが出たとき、わずかにドルトムント守備陣の戻りが遅れました。これを見逃さなかったエジルは、中央にグラウンダーのアーリークロスを通します。そこに飛び込んだのはカリム・ベンゼマ。ついにドルトムントのディフェンスを突破し、レアル・マドリードが先制。これで、2試合トータル2-4。ドルトムントは、あと1点までなら獲られてもOK。差は2点あるのですが…。

この土壇場では、もはや点差など無意味ですね。ここからのレアル・マドリードとサンチャゴ・ベルナベウを埋め尽くしたサポーターの熱狂は凄かった。ドルトムント守備陣をゴール前に釘づけにする怒涛の猛攻と、後押しする大歓声。テレビで観ている私が恐怖を感じたくらいですから、ドルトムントの選手たちは、冷静さを保つのは大変だったでしょう。80分間、1点も入らなかったのに、2点めは先制点のわずか5分後。クロスボールが左サイドに流れ、これをベンゼマがゴールライン際で拾うと、上がってきていたセルヒオ・ラモスに高速パス。背番号4は、ワントラップして迷わず左足シュート!これがゴール上に刺さり、3-4。もう1点獲れば、アウェイゴールの差でレアルマドリードの大逆転です。時計は90分をまわり、追加タイムは5分。勢いは完全にホームチーム。セットプレーになるとGKディエゴ・ロペスまでゴール前へ。鳴り止まない大歓声。ピッチ内の指示の声など、もう聞こえないでしょう。ドルトムントのファールが増え、何本もクロスが放り込まれます。しかし…95分30秒を過ぎ、主審のハワード・ウエブさんの笛に抱き合って喜んだのは黄色いユニフォームのほうでした。ドルトムント、16年ぶりの決勝進出!

この勝負のカギは、緒戦の後半、モウリーニョ監督が1-4とされるまで動かなかったことではないかと思います。前半終了間際に1-1に追いつき、悪くない展開だったので、1-2と勝ち越されたとき、積極的に2点めを獲りにいってもよかったのではないか、と。セカンドレグで及ばなかったのは、3点獲らなくてはと選手たちが焦り、試合を通じてシュートの正確性を欠いたことも大きいと思います。

それでも最後は首の皮1枚。レアル・マドリードの底力を実感しつつも、相手の攻め方・守り方を観察して臨機応変に対応したクロップ監督と、マイウェイにこだわったモウリーニョ監督の違いが、今回はドルトムントに味方したように思えてなりません。3年連続で4強止まりとなったレアル・マドリードですが、ピッチが狭く見える高速パスを駆使したサッカーの素晴らしさは、しばらく脳裏に焼き付いて離れないような気がします。(写真はロマン・ヴァイデンフェラー)

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

チェルシー、ほっと一息。EL準決勝第1戦は終了直前のFKで敵地で勝利!

プレミアリーグ勢最後の砦、チェルシーがEL準決勝緒戦を制しました。追加タイムも残り1分をきり、おそらくこれがラストプレー。ダヴィド・ルイスが壁のすき間を狙って蹴ったフリーキックがGKゾマーの手を弾き、ゴール右隅に吸い込まれると、間もなく試合終了。敵地ザンクト・ヤコブ・シュタディオンで1-2の勝利。最後は強引に決勝へのチケットを手元に手繰りよせましたが、もっと楽に勝てるゲームでした。

サポーターの声援をバックにホームのバーゼルが先にペースを握りましたが、チェルシーの最終ラインはやはり強い。GKチェフ、CBテリー、イヴァノビッチがここというところを落ち着いて抑え、決定的なチャンスを作らせません。12分にはチェルシーが先制。ランパードが蹴ったCKから、前にいた選手がじゃまになり見えづらいボールをモーゼスがうまく頭に当て、地面に叩きつけたボールがゴールライン上にいたDFをあざ笑うかのようにゴールネットを揺らしました。こうなると、チェルシーに勢いがつきます。前半のうちにモーゼス、ラミレス、アザールが決定的なシーンを3回作ったものの、惜しくもゴールはならず。バーゼルDFはアザールを止められず、追加点が入るのも時間の問題かと思われました。

後半に入り、54分、またもやアザール。左サイドでひとりかわして完全にフリーとなり、ゴールラインまで侵入。ラストパスは、中央でフリーになっていたF.トーレスへの丁寧なグラウンダー。F.トーレスが左足を振りぬき、0-2…と思った瞬間、シュートはポストに弾かれます。得点に飢えているF.トーレスには焦りがあったのでしょう。パスのような弱いシュートでも、コースを狙えば充分入る状況だったのですが…。

その後はバーゼルの攻撃をかわしつつ、カウンターを狙っていたチェルシーですが、決められるところを決めないとこうなる、の見本のような同点ゴールを86分に喰らいます。アスピリクエタが体を寄せてCKに逃れたプレイが、不可解な判定でPKにとられ、これをシェアに落ち着いて決められ、1-1。再びギアチェンジし、何度もCKのチャンスを作り、テリーがゴール前至近距離から渾身のヘッドで狙うも、GKの手に当たり勝ち越しならず。敵地で1-1なら悪くありませんが、1-2とは雲泥の差。しかしもう時間がありません。さすがにこれは、このまま終わるかと思われた93分、ゴール中央でファールをもらい、ダヴィド・ルイスがボールをセット…。

敵地で1-2勝利なら結果オーライでしょう。次戦、0-1で負けてもチェルシーは決勝進出です。同時に行われたファネルバフチェとベンフィカのゲームは1-0でホームのファネルバフチェが勝ち、どちらがくるかわからない状況ですが、ここはひとつ、プレミアリーグの意地を見せてカップを勝ち取ってもらいたいものです。「CL優勝の翌年、EL優勝」という2度とお目にかかれなさそうな珍記録達成(前年優勝チームが予選リーグで3位にならないとELに出られませんからね。普通は勝ち抜けます)がかかっています!と、いいながら私の優勝予想はベンフィカですが。ここは初志貫徹。(写真著作者/rayand)

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ドルトムント圧勝!1対1の攻防にことごとく勝利したレヴァンドフスキ

スペインVSドイツ第2弾、ドルトムントVSレアル・マドリードは、前夜に引き続き予想外の大差でドイツがスペインを圧倒しました。4-1というスコアは、ドルトムントにしてみれば大満足、望外のアドバンテージですが、レアル・マドリードもアウェイゴールを奪えたため、ホームで3-0なら射程圏内。4月30日のセカンドレグは、捨て身で攻勢をかけてくるレアル・マドリードとサンチャゴ・ベルナベウのサポーターの勢いを、ドルトムントがどう抑えるかというエキサイティングなゲームになりそうです。

ボールポゼッションは48対52とほぼ互角。ホームのドルトムントのほうが、チャンスもシュートも多かったのは事実ですが、ここまで差がつくゲームではありませんでした。点差を生んだのは、オフサイドラインぎりぎりを巡るFWレヴァンドフスキとレアル・マドリードDF陣との攻防。今夜のペペには、レヴァンドフスキほどのシビアさがなかったのでしょう。前半8分、ゲッツェのクロスに右足を伸ばして決めた先制点は、動き出しからポジション選びから、すべてにおいて一歩早かったレヴァンドフスキの完勝。55分にオフサイドぎりぎりから一瞬抜け出してフリーになった2点めは、彼の動きから目を離してしまったペペのミス。左からのグラウンダーをトラップして引き技で相手の足をかわし、ここしかないというニアの高めにぶちこんだ3点めは、シュートまでのイメージが明確だったポーランド人FWと、体を寄せきれず足元に入れなかったDFの差から生まれました。

これでハットトリック、キレキレのレヴァンドフスキに、66分にはマルコ・ロイスがシャビ・アロンソに倒されて得たPKがプレゼントされます。集中力が高まり、結果が出て自信がついた人間はこうも強気になれるのか、と思わせるど真ん中への強シュートで、難なく4点めをゲット。こうなると、後はこの点差をキープできればとばかりに後ろを固めるドルトムント。選手交代に時間をかけ、時折カウンターを仕掛けながら、狙いどおり3点差のままゲームセット。出足の早いドルトムント守備陣を崩すイメージを持てていないレアル・マドリードには、この点差を詰めることはできませんでした。

アルベロア、エッシェンの欠場で、ディフェンスラインの変更を余儀なくされたことが、この結果の呼び水になったのでしょう。とはいえ、ひとりふたりの選手の不在で大崩れしてしまうようではCL準決勝は勝ち抜けないわけで、ましてや普段からDFの顔ぶれをかなり動かしているモウリーニョ采配なら、レヴァンドフスキとペペのマッチアップで劣勢になっている状況を改善できたはずです。

ギュントガンを中心とするドルトムントの中盤は、守備にまわれば対応が速く、攻撃時にはダイレクトやワンタッチでシンプルにパスをつなぎ、パーフェクトといっていい出来。もし、駒が不足しているDFラインは触りにくいというなら、モウリーニョ監督の腕の見せどころは、中盤での優位を取り戻すことだったのかもしれません。だとすれば、対応があまりにも遅かった。機能していなかったモドリッチを外したのは4点めを失ってから、カカを出したのは終了10分前。中盤のテコ入れが後手にまわったことも、3点差がついた理由のひとつだったように思います。

国内で圧倒的な強さを見せ、CL4強の常連であるバルセロナとレアル・マドリード。ワールドカップ王者のスペイン代表を数多く抱え、メッシとクリスティアーノ・ロナウドという世界ナンバーワンを争う選手を中心に据えたスペインの2強は、己の自信過剰から惨敗を喫したのではないでしょうか。2ヵ月前、そのレアル・マドリードに対して、ホームでナーバスなサッカーを展開し、退場者を出したことから守勢にまわって崩れたマンチェスター・ユナイテッドのサポーターとしては、自分たちのサッカーを徹底して、勇気を失わずに戦った今夜のドルトムントには「恐れ入りました」のひとことです。ドイツの底力を、あらためて目の当たりにした夜でした。

決勝は、このままドイツ対決となるのか。スペインの強豪たちが奇跡を起こすのか。次戦は、来週です。
(ロベルト・レヴァンドフスキ 写真著作者/Slawek)

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

バルセロナ、大誤算の4失点!開かなかったバイエルンの中盤

ボール支配率63%でシュート4本、無得点。パスはまわるがシュートまでいかない。いかに、自らの典型的な負けパターンにはまったのかがよくわかる数字です。しかし、バルセロナの誤算は、攻めあぐんだことよりも4点を失ったことのほうにあるのでしょう。注目のスペインVSドイツ第1弾は、アリアンツ・アレーナにバルセロナを迎えたホームのバイエルン・ミュンヘンが4-0と2年前の王者を粉砕。決勝進出が視界に入る、最高の結果を手に入れました。

前半は、バルセロナがボールを支配し、バイエルンが守る展開。ただしバイエルンは、昨季チェルシーが見せたゴール前に10人が張りつく専守防衛ではなく、前線からのチェイスを徹底し、中盤ではスペースを消しており、バルセロナに自由にプレイできる余地を与えません。素晴らしかったのは中盤中央のふたり。この試合でいちばん走ったシュバインシュタイガーはメッシを自由にさせず、ハビ・マルティネスが相手のパスを外へ外へと追い出し、危険なゾーンでボールをまわされることがないように守ります。そして25分、バイエルンが先制。CK後の波状攻撃から、ロッベンが右足で上げたクロスをダンテがヘッドで折り返し、落下点に飛び込んだトマス・ミュラーが頭で押し込みます。空中戦にさほど強くないバルセロナに対する効果的な攻撃が決まり、前半はそのまま1-0で終了。このスコアは両者にとって想定内でしょう。後半の興味は「バルセロナがアウェイゴールを奪うことができるのか」になるはずでした。しかし…。

バイエルンの2点めが、バルセロナの出鼻をくじく49分だったことが、この試合の流れを決定づけたのではないでしょうか。CKから、今度のロッベンは左足。ドライブがかかったボールはトマス・ミュラーの頭に一直線。これをゴール前に落とすと、マンジュキッチの欠場でトップに入っていたマリオ・ゴメスがボレー。1点めと同じような流れで追加点を奪われ、バルサの焦りと苛立ちが高まります。

ここからも、バルサがボールをまわし、バイエルンが守る展開が続くのですが、前半に比べるとバックパスが増え、インターセプトされることも多く、「バルサがボールを持たされている」ように見えます。右サイドから中へ切り込むメッシのドリブルも状況を打開することはできず、詰まったところをリベリーやハビ・マルティネスにチェックされ、むしろカウンターの格好の発射台と化していました。

バルサが攻めあぐむなか、73分には左からのカウンターのサイドチェンジを受けたロッベンがゴールラインまで持ち込み、角度のないところから左足で流し込んで決定的な3点め。83分にはインターセプトしたリベリーがドリブルで素早く上がり、数的優位を作って左サイドを完全に崩したSBアラバがグラウンダーをニアに入れ、走り込んだトマス・ミュラーは触るだけ、何と4-0!バルサのチャンスは、75分にFKからDFラインと入れ替わったバルトラが、フリーのシュートをふかしてしまったシーンのみ。シャビは右往左往、イニエスタは自分が仕掛けるよりバイエルン攻撃陣の背中を追う姿が目立ち、終了直前にはイエローカードをもらう始末。「決定的な形にならないとラストパスもシュートも出ない」「相手の特徴に合わせた守り方をしない」…GKノイアーとダンテ、ボアテングに冷静に守られ、ロッベンとリベリーにいいようにかき回されるなど、美しさと背中合わせのバルサの傲慢さが自らの首を絞めた一戦でした。

もうひとつ気になったのが、この試合のレフェリーが相当今イチだったことです。前半、ピケのハンドを含む2つのPKもののファールをスルーしてバルサを有利にすると、後半はバイエルンをサポート。2点めのマリオ・ゴメスは明らかにオフサイドで、ロッベンのゴールでは直前にアルバを倒したトマス・ミュラーのファールを見逃し。終了直前、ストレスが頂点に達したアルバが至近距離からロッベンの顔面にボールを投げつけるという許されざる行為にも、なぜか弱気にイエローカード。このことで、バイエルンの勝利の価値が揺らぐものではありませんが、ゲームの価値を損ねないよう、明確なジャッジ基準で裁いてもらいたいものです。

さて、第2戦は5月1日ですが、バルサがCLで0-4で敗れたのは15年ぶりだそうです。決勝トーナメント1回戦では、ミランに0-2で負けた後、カンプ・ノウに戻った第2戦で4-0と倍返しをしていますが、今のバイエルンから4点獲るのは無理でしょう。頼みのメッシが消され、打つ手を見出せず、セスクもティアゴもソングもベンチに残したままあっさり敗れたバルセロナ。今季はメッシ依存症を解消できないまま終わりそうですが、主力に陰りが見え、守備の綻びが目立つようになった王国は終焉を迎えるのでしょうか。

そして本日、スペインVSドイツの第2弾、レアル・マドリードとドルトムントが顔を合わせます。この対戦の前日に「ゲッツェと来季契約合意」の発表をしたバイエルンは、ドルトムントの足を引っ張ろうとしているようにしか見えませんが、決勝をレアル・マドリードとやりたいんでしょうか。悪いことはいいませんので、スペインの2強には眠っていただいて、決勝は「ブンデスリーガのディフェンディングチャンピオン相手に昨年2冠を持っていかれた鬱憤を晴らす」ほうがいいと思います。クリスティアーノ・ロナウドのブレ球やエジルのスルーパスなど、飛び道具が多いレアル・マドリードは危険です。一発勝負では何が起こるかわからないことは、昨年チェルシーにひっくり返されたバイエルンのみなさんがいちばんわかっていらっしゃるでしょう。いや、ホント、悪いことはいいませんから!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ