恍惚の90分、残酷な10分、あと一歩だったシメオネ軍団…レアル・マドリード、ついにデシマ達成!

90分を過ぎても0-1、アトレティコ・マドリードがリード。5分という長めの追加タイムが何事もなく過ぎれば、ガレス・ベイルの3度の逸機と、中途半端な飛び出しで痛恨の失点を許したカシージャスのミスが咎められ、シメオネのチームの運動量と堅い守りが称賛されるところでした。

しかし93分、モドリッチのCKを決めたのは、直近5試合で4ゴールを決めていたセルヒオ・ラモス!セットプレイからの失点の原因は、すべからく「DFが先に触れなかった」「マークを外してしまった」ということになるわけですが、ここはゴール左隅に有無をいわせぬヘディングを叩きつけたセルヒオ・ラモスをほめるべきでしょう。この瞬間、リスボンで行われたチャンピオンズリーグ決勝は、レアル・マドリードのものとなりました。70分を過ぎて完全に燃料切れに陥り、レアル・マドリードのサイドからの突破を一方的に受け続けていたアトレティコ・マドリードには、もはや劣勢をはね返す力は残っておりません。延長戦の彼らが相手なら、プレミアリーグの下位クラブでもゲームを支配できていたでしょう。

延長に入ると、それでも最初の15分を耐え抜いたアトレティコ・マドリード。1年間、90分を世界一の運動量で走り抜くサッカーを繰り返してきた彼らの辞書に、100数分という数字はありません。延長のハーフタイムにシメオネ監督がベンチを飛び出し、レフェリーに訴えていたその中身は「少し休ませてくれ」という悲しい懇願だったのかもしれません。後半に入ると、「いつそのときが来るのか」を待っていただけのシーンが、ついに110分に訪れます。左からのディ・マリアのドリブルに3人が抜かれ、GKと1対1から強烈な左足シュート。GKクルトワの必死の左足ブロックで浮いたボールに反応したのは、90分までは戦犯リストのトップに名を記されていたガレス・ベイル!右からのヘディングがゴールに吸い込まれた瞬間、100億円を超える移籍金の元をとったと確信したであろうペレス会長をはじめ、レアル・マドリードサポーターが狂喜します。2-1、レアル・マドリード、ついにリード。

ここからの10分は残酷でした。まったく走れなくなったアトレティコ・マドリードは、60分にピッチに入ってスタミナ充分のマルセロのドリブルを止められないどころか、追いかけることすらできません。マルセロの強烈なシュートは、クルトワのセーブ及ばず、左手の下を抜けてゴールに突き刺さります。最後にクリスティアーノ・ロナウドをペナルティエリアで引っかけたシーンも、普段の彼らならまず犯さないミスです。クリスティアーノ・ロナウドは、PKを止める理由を失ったクルトワの逆にあっさり決め、4-1でタイムアップ。レアル・マドリードが、モウリーニョ政権下で達成できなかったデシマ(チャンピオンズリーグ10回めの優勝)達成です!

この試合は、間違いなくアトレティコ・マドリードのゲーム、シメオネのシナリオでした。しかし、策士シメオネは、ひとつだけ大きなミスを犯しています。大黒柱ジエゴ・コスタの強行出場、たった9分のあっけないリタイア。この1枚を、土壇場の守備固めと時間稼ぎに使えていればと考えると、「わかっていたはずの裏目」の代償は、準優勝監督の想定よりも相当高くついたのではないかと思われます。一方、リーガ・エスパニョーラ同様、終盤に相手が息切れすることを読み、残り30分になってから個人力で打開できるマルセロとイスコをピッチに送り出したアンチェロッティ監督の采配は見事。セルヒオ・ラモスの一発がなければ、評価は真逆に転がっていたのは重々承知ながら、カードの出しどころを間違えなかったベテランのイタリア人監督が、勝負師になりきれずにエースと無理心中してしまった若い指揮官を僅差で上回ったゲームでした。

2013-14シーズン、欧州最後の試合が終わりました。最後に、ひとつだけ。「チャンピオンズリーグ優勝クラブ大予想!」、2季連続で当たりました!これはこれでうれしかったのですが、シメオネ監督に有終の美を飾ってほしかった気持ちもあり、複雑です。プレミアリーグのリヴァプール、チャンピオンズリーグのアトレティコ・マドリードのどちらかが勝っていれば、すっきり終われたのですが…。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ヨーロッパリーグ決勝はPK戦決着。ピンチだらけのセビージャがベンフィカを破り、3回めの戴冠!

ポルトガルのスーペルリーガ、リーグカップを制したベンフィカは、この日のUEFAヨーロッパリーグと18日に行われるポルトガルカップを制すれば、今季4冠獲得となります。一方のセビージャはスペインで5位。リーガ・エスパニョーラ最終節の結果を待たずして、来季もこの舞台に戻ってくることが決まっています。トッテナムやスウォンジーなど、プレミアリーグのEL出場クラブがタイトなスケジュールに音を上げたことを考えると、過去2回優勝していて今季も平然と国内リーグを戦っているセビージャはすごいですね。スペインは、チャンピオンズリーグのための日程調整はしても、ヨーロッパリーグでは一切しませんから。そのへんは、月曜開催があるプレミアリーグのほうがむしろ優しいぐらいです。

さて、昨季ファイナリストのベンフィカと、過去優勝2回のセビージャという「EL常連対決」の見どころは、「決定力で勝るのはどちらか」でした。両者とも、人数をかけて攻め込むというより、ロングパスやスルーパスを駆使して、少ない人数で点が獲れるチーム。ベンフィカはリマとロドリゴの2トップ、セビージャはラキティッチ&バッカのホットラインが機能するかどうかがポイントです。

しかし結果は「120分間スコアレスでPK決着」。これだけ聞くと、お互い守備優先で腰を引いて守り合ったゲームを想像しそうですが、決定機が多く、エキサイティングなゲームでした。よりチャンスが多かったのは、PK戦で敗れて2年連続準優勝に終わったベンフィカのほうで、ポルトガルから集結したサポーターにしてみれば、「無念」のひとことでしょう。14分に、ガイタンが右サイドから蹴ったFKをGKが弾き、フォローしたガライが至近距離から打った左足シュート。45分にDFマキシが中盤を全力で駆け抜けてDFの裏に飛び出し、浮き球パスをGKベトの目の前で合わせた一発。そして同じく前半の追加タイムに、ガイタンがセビージャDF陣のミスを突いてGKと1対1になり、ペナルティエリアで後ろから倒されたかにみえたシーンと、前半だけで1点モノの大チャンスが3回。これらを活かせなかったことが、最後にベトにPKを2発ストップされるという最悪の結末につながってしまいました。

シュートがことごとくゴール正面に飛ぶなど、詰めが甘かったセビージャも、100分、ラキティッチの絶品スルーパスがバッカにつながり、背番号9がGKと1対1となったシーンを決めていれば、そこで試合を終わらせることができたでしょう。それにしても、このスルーパスは鳥肌が立ちました。自陣ペナルティエリア前で、ふわっと浮いた球をボレーシュートを打つようにして右サイドのバッカに一直線ですよ。プレミアリーグでこんなパスを出せる選手は、エジルかダヴィド・シルヴァぐらいでしょう。トッテナムやエヴァートンのポジションにいるようなクラブの戦術・技術レベルが極めて高いのがスペインの底力。これは、来季もプレミアリーグ勢は苦戦するだろうなと、あらためて感じた次第です。

PK戦は半ば時の運ですが、セビージャのGKベトが当たっていたというより、カルドソとロドリゴがびびって自滅したというほうがふさわしい攻防でした。いやいや、それにしてもベンフィカは残念。私は、「今季のベンフィカはチェルシーと決勝を争った昨季よりもさらにパワーアップ。ヨーロッパリーグなら優勝間違いなし」と彼らを本命視して追いかけていたので、この結果は悔しいです。とはいえ、両チームとも、持てる力を出し切った、いい試合だったと思います。セビージャのみなさん、優勝おめでとうございます。ぜひ、教えてください。いえ、ヨーロッパリーグの勝ち方ではなく、その3日後の日曜日に、当然のようにリーガ・エスパニョーラを勝つ秘訣のほうです。ぜひ、トッテナム、エヴァートン、ハル・シティの関係各位に伝えてあげたいと思いまして…。(イヴァン・ラキティッチ 写真著作者/Gabrielcorbachobermejo)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

攻撃、守備、中央、サイド…何が足りない!? プレミアリーグ勢の欧州戦線を振り返る

昨日、唯一の希望であったチェルシーが敗れ、今季のプレミアリーグ勢の欧州チャレンジが終わりを告げました。ひと頃は、ベスト4に2チーム残っているのが当たり前。2007-08シーズンにはマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーがモスクワでファイナルを戦うなど、わが世の春を謳歌していたプレミアリーグのクラブは、ここ5年は完全に劣勢。2011-12シーズンに専守防衛のチェルシーが番狂わせを演じ、ビッグイヤーのトロフィーを獲得していますが、めぼしい成果はこれぐらいです。スペイン、ドイツのトップクラブと当たると、まず間違いなく自陣にこもることを強いられ、悔しいことに「チェルシー以外は戦えていない状態」なのです。

まずは、簡単に今季を振り返りましょう。昨季までは、マンチェスター・シティの2季連続をはじめ、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドなど、グループリーグで終わってしまうクラブが続出していたプレミアリーグ勢でしたが、2013-14シーズンは無事に4チームとも通過。しかし決勝トーナメントでは、マンチェスター・シティとアーセナルがそれぞれ1勝もできずにバルセロナ、バイエルン・ミュンヘンに1回戦負け。オリンピアコスに大苦戦の末勝ったマンチェスター・ユナイテッドも、バイエルン・ミュンヘンに本拠地オールド・トラフォードで勝てず、ベスト8敗退でした。悲しかったのは、ファーストレグのドローにマンチェスターのファンが湧いたことですね。負けなかったことが嬉しいという状況自体が、今の彼我の差を表しているように思います。

さて、ここからが本題。「プレミアリーグ勢には何が足りなかったのか」。今季は、アトレティコ・マドリードに敗れたチェルシー以外は、現世界王者と元世界王者に負けているので、「だって相手が強かったんだもん」ということになるのですが、ではその強さとは何か。逆にいえば、どんなところを強化すれば、プレミアリーグの復活なるのか。バイエルン・ミュンヘン、バルセロナ、レアル・マドリードに、せめてホームでは勝てるぐらいの足場を創れないと、この先数年が真っ暗になります。個別の要素はさまざまあるのですが、この問いに対して私が着目したのは「中盤の守り方」「サイドでの優位構築」の2点です。

モドリッチとシャビ・アロンソ、ハビ・マルティネスとシュバインシュタイガー、シャビとブスケツ。チャンピオンズリーグでベスト4を狙えるクラブは、ボールを奪う戦略が明確であり、センターMFがコンセプトを体現する存在になっています。敵陣でボールを奪おうとするバルセロナやバイエルン・ミュンヘンは、前線やサイドの選手と連携して相手を囲い込み、コースを切って奪い取ります。彼らがワントップや、ゼロトップに近い3枚のFWにしているのは、「前線に張り続けるトップを2人置くとボールを奪う選手が足りず、前で獲れないから」でしょう。

一方、カウンターに徹したときのレアル・マドリードは、ペナルティエリアの前のスペースを確実に埋めてきます。そのうえで、トップとその下の選手がコースを限定できれば、ヨミの早さでインターセプトし、そこから速攻。モドリッチもシャビ・アロンソも対人プレーに強く、的確なロングフィードができる選手。まさに「このサッカーにしてこの人材あり」ですね。

プレミアリーグのクラブで、守備戦略が明確で適材適所ができているのはチェルシーぐらいでしょう。マンチェスター・シティのヤヤ・トゥレは、当たりは強いものの守備にはムラがあり、アーセナルは獲るポイントが不明確。マンチェスター・ユナイテッドは中盤と最終ラインの間が空きすぎで、時折このスペースを狙われ、プレミアリーグ中堅以下のチームにもミドル一発でやられたりしていました。リヴァプールが来季欧州で勝つためには、いま一度、守り方とそのための人材の整備を図らないと、アンフィールドでスペイン、ドイツのクラブにアウェイゴールを大盤振る舞いする結果になりかねません。

そしてもうひとつは、サイドでの優位構築です。今季のチャンピオンズリーグでは、チェルシーはファンフランにアザールやアシュリー・コールがかわされ、マンチェスター・シティはダニエウ・アウベスを自由にさせ過ぎ、アーセナルはギブス負傷後のモンレアルのサイドをラフィーニャとロッベンにボコボコにされるなど、弱いサイドを確実に崩されて失点していました。一方、マンチェスター・シティのヘスス・ナバス、サバレタ、コンパニが揃った右は堅く、アーセナルもサニャとラムジー、チャンバレンなら安定。チェルシーも、アザールがしっかり走れるときは問題ありません。プレミアリーグ勢に時折みられる「サイドで守備をおろそかにしてしまい、相手にイニシアティブを取られる」ところを強化しないと、ロッベン、リベリー、イニエスタ、クリスティアーノ・ロナウドと優秀なSBたちの連携で崩され、対応に追われるCBがゴールエリアまで下がり続けることになるでしょう。

現状から、欧州の頂点への距離を考えれば、勝利に近いのはチェルシーとリヴァプールだと思います。マンチェスター・シティは「世界一、選手のサラリーが高いクラブ」で、旬のトップクラスに高額の給料を払っているため、レギュラー選手の伸びしろが小さく、若手が育ちにくいと思われます。ウィークポイントであるCBとGKを補強すれば今季より強くなりそうですが、「主軸を少しでも欠くと、必要以上にクオリティが下がる」状態は改善しないのではないでしょうか。もしこれを何とかしたければ、短期的にはFFP違反を続けるほかに手はありません。

マンチェスター・ユナイテッドは課題となるポイントが多く、時間がかかりそう。アーセナルは、ヴェンゲル監督がどこまで改革を志向するか、ですね。今の延長線上には、チャンピオンズリーグのベスト8はあっても、ビッグイヤーはないのではないかと思います。頭のいい監督なので、変化を求めさえすれば、さらにチームを強くすることは可能だと思うのですが…。

チェルシーには、バイタルエリアを支配できる強力なセカンドトップと点取り屋。モウリーニョ監督が、昨夏ルーニーを狙っていたのは納得です。そしてリヴァプールは、ジェラードとルーカスですらオプションに追いやれるような万能型のセンターMFと、トップ下のオプション。さらに欲をいえば、シュクルテルの相棒として、確動性が高くて統率力があるタイプのCBまで揃えば、欧州の頂点に近づけますね。プレミアリーグ勢の巻き返し、さしあたっては夏のチームづくりに、引き続き注目していきたいと思います。


「おもしろい」と思っていただいた方、お時間あれば、下のランキングバナーを押していただけますでしょうか。記事にパワーがかかったときは、これが何よりもうれしいです!!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ヨーロッパリーグ決勝は、残り1分で大逆転のセビージャと2年連続ファイナル進出のベンフィカ!

プレミアリーグ勢が勝ち残っておらず、イングランドから見れば「大陸のみなさんが勝手にやっている大会」となってしまったヨーロッパリーグ。日本でも人気が高いユヴェントスとベンフィカの一戦はともかく「バレンシアVSセビージャ」などといわれても、リーガ・エスパニョーラの大ファンでもない限り、朝4時に起きてTVにかじりつこうとは思わないでしょう。私も、狙って観たわけでなく、プレミアリーグやらチャンピオンズリーグやらで連日の早朝シフトが習慣化していただけだったのですが…。いや、これが凄い試合でした、スペイン対決。

ヨーロッパリーグ準決勝、初戦はセビージャが2-0で文句なしの完勝。私は、セカンドレグの結果を予想した「チャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグ準決勝プレビュー」という記事(読み返したら、CL・ELとも決勝のカードを当ててますね)で、「明らかに地力に差があり、セビージャが勝つ」としていたのですが、事はそんなに簡単ではありませんでした。開始早々から、写真のバレンシアMFフェグリがキレキレで、14分には右からスルーパスで抜け出し、切り返しでDFをかわすと左足一閃、先制ゴール。26分にも、左からのベルナトのクロスをヘッドで叩き込み(バーに当たったボールがGKに触れて入ったので記録はオウンゴール)、トータルスコアはイーブンです。ここまで、セビージャは打つ手なし。

後半に入っても互角のまま進んだ試合は、69分のCKで均衡が崩れます。ゴール左にいたマテューの足元にボールがこぼれ、背番号22はこれを思いっきり蹴るだけ。バレンシアがホームで3-0とし、私が「地力に差がある」と推していたセビージャが、敗退のピンチです。…いや、しかし、サッカーがおもしろいのは、ここからですね。前半に、バッカの超絶ヒールパスでフリーになったレジェスがGKにぶち当てたシーンしか、これといったチャンスがなかったセビージャが、3-0とされると別のチームのように巻き返してきます。やはり、サッカーはメンタルのスポーツ。この形勢の変化は、セビージャが発奮したというより、「バレンシアが守りに入った」面が大きいと思われます。

とはいえ、セビージャの攻撃は単発で、さほど迫力なし。90分が過ぎ、5分あった追加タイムも残り1分半を切ります。誰もが地元クラブの勝利を疑わず、バレンシアのホームグラウンド、メスタージャはお祭り騒ぎ。94分、スローインを得たセビージャ。近くにいる選手に渡そうとしたラキティッチに、エメリ監督が大声でロングスローを指示します。ふわりとゴール前に浮いたボールをファツィオが頭で流すと、そこに飛び込んだのはMFムビア、渾身のヘディングシュート!

あまりに残酷な映像でした。「スタジアムが泣いている」という形容がぴったりです。土壇場で追いつかれたバレンシアは、トータルスコア3-3ながらも、最後の最後に許したアウェイゴールでファイナリストの夢を断たれました。選手はピッチに崩れ落ち、号泣するサポーター。悲しみに耐えようとする人たちの目も、バレンシアオレンジのようなピンク色で、涙があふれるのを止められません。私にとっては他人事ですが、こういう光景は観続けていると胸が痛くなってきますね。チャンピオンズリーグ、スタンフォード・ブリッジに観たパリのサポーターの悲しみも印象的でしたが、ここでもまた、サッカーのおもしろさと残酷さを深く感じる劇的なシーンが展開されました。決勝に進んだのは、2005年から2007年にかけて、ヨーロッパリーグを連覇しているセビージャです。

一方のユヴェントスVSベンフィカは、勝てば決勝を本拠地ユヴェントス・スタジアムで戦えるホームチームが、ベンフィカの攻撃をシュート2本に抑えながらもゴールを奪えず、スコアレスドロー。ファーストレグを2-1で制していたベンフィカが逃げ切り、2季連続のファイナル進出を決めました。昨季はSBイヴァノヴィッチに追加タイムで決勝ゴールを許し、チェルシーに敗れたベンフィカですが、今季の相手も侮れません。

それにしても、ヨーロッパリーグにおけるイベリア半島勢の強さはハンパじゃないですね。セビージャ、バレンシア、アトレティコ・マドリード、FCポルトの4チームで、ここ11回のうち7回を勝っています。特に目立っているのが、リーガ・エスパニョーラの中堅クラブの強さ。ブンデスリーガやプレミアリーグは、トップクラブは欧州で戦えても、5番手以下をスペインと比べると大きく力が落ちるのでしょうね。今季はチャンピオンズリーグもマドリードダービーとなったため、まさに「スペインの年」です。

それぞれ決勝は楽しみですが、来季こそはプレミアリーグ勢をファイナルで観たいものです。ぜひ、がんばってくださいね。どちらかといえば、「お金がたっぷりある青」の2チームより、「お金をさほど使わない赤」の2つを応援しています。(ソフィアン・フェグリ 写真著作者/Victor Guttiérez Navarro)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ