マンチェスター・ユナイテッド、P.ジョーンズの一発でホーム3連敗と新監督の解任は回避!?

プレミアリーグでは屈辱のホーム連敗、4試合勝ち星なし。ここ2試合は点が獲れず、なすすべなく敗れる昨季王者に、今週になってイギリスメディアがここぞとばかりに牙を剝きました。「メール・オンライン」は、マンチェスター・ユナイテッド低迷の理由として、「ファーガソン引退による威圧感の低下」「リオ、エヴラなど主力の衰え」「補強にならなかったフェライニ」「ファン・ペルシの不在、不振」「モイーズ監督の手腕」の5つを列挙。「BTスポーツ」は、リオ・ファーディナンドのモイーズ監督批判を報道。ブックメーカーは、モイーズ監督の年内解任に5倍、プレミアリーグ終了後の解任に3.5倍、アレックス・ファーガソン前監督復帰に6.5倍(低い…)のオッズをつける始末です。

この日のチャンピオンズリーグ、グループリーグ第6節のシャフタル・ドネツクとの一戦は、元々は「引き分ければ悠々1位通過」という意味合いだったものが、直近の不振で「勝たなければならないゲーム」に変化しました。マンチェスター・ユナイテッドが、本拠地オールド・トラフォードで3試合戦って1勝もできないという事態は、何としても避けなければなりません。この日のスタメンは、ルーニーのワントップで香川真司がトップ下。珍しく、香川とヤヌザイが同時出場です。「右サイドMFアシュリー・ヤング」というのはどうなんでしょうか。モイーズ監督の起用は、ときどき調子を度外視しているように見えます。リオが「スタメンがぎりぎりまで発表されないので準備ができない」と不満をいったのは、スタメン発表が遅いこと自体の問題ではなく、起用の理由が不明であることのストレスなのではないかと思います。

さて、ゲームが始まると、ホームチームは前半から積極的です。5分にはフィル・ジョーンズが右サイドを突破し、ギグスもドリブルで上がるシーンがあり、両センターMFが今までになく攻撃に絡んでいます。この試合に勝たないと1次リーグ敗退が決まるであろうシャフタル・ドネツクも、12分にスルーパスからティシェイラが抜け出して右ポストすれすれのシュートを放つなど、ブラジル人選手を中心とした速攻とドリブルで応戦します。17分、トップ下に入った香川真司からクロスが上がり、中で受けたヤヌザイが振り向きざまに強いシュートを打ちますが、これはGKの正面。30分にはヤヌザイが倒されて得たFKを、ルーニーがカーブをかけて狙うもボールはわずかに右にそれます。32分、リオが自陣でボールを奪われ、ショートカウンターを喰らうもクロスに誰も飛び込めず、ウクライナ・プレミアリーグ王者の先制はなりません。

攻守がめまぐるしく変わるシーソーゲームは、どちらが先に点を獲ってもおかしくありません。マンチェスター・ユナイテッド最大の誤算は、アシュリー・ヤングの不振です。36分にはGKと1対1からのイージーなループシュートを外し、前半終了間際にもルーニーのラストパスを決められず、どうもいいリズムでプレイができません。前半は0-0で折り返しましたが「2-1でホームチームリード」が妥当だったのではないでしょうか。

後半開始直後に、CKのこぼれ球からのシュートをDFラキツスキが惜しくも右に外すと、ここからはマンチェスター・ユナイテッドペースです。前半以上に香川真司が中盤でボールに絡み、前線に飛び出してチャンスメイクするシーンも目立ってきます。49分のギグスとのコンビネーションや、56分にビュットナーのグラウンダーをニアでDFの前に入り込んでシュートしたシーンは、いずれも得点の匂いがするいい動きでした。この後も主導権を握りながら、なかなかゴールが決まらないマンチェスター・ユナイテッドにようやく歓喜の瞬間が訪れたのは、67分。CKを競ったボールが中央やや左にいたフィル・ジョーンズの前に流れ、彼は冷静にボレーでGKの足元を抜きます。

久しぶりのゴールは、しかしこの日唯一のゴールでもありました。サイドを崩すシーンが多かったにもかかわらず、シュートはシャフタル・ドネツクより5本少ない10本にとどまり、まだまだ本調子ではありません。リオが再三に渡ってドリブルでかわされ、フレッジやダグラス・コスタにフリーでシュートを打たれるシーンもあり、相手が狡猾なチームなら結果が逆になっていてもおかしくありませんでした。ともあれ、何とか勝ちました。調子の悪いときの最高の処方箋は、やはり勝ち点3です。これをきっかけに、プレミアリーグでも、せめてトップと1ケタの勝ち点差まで詰めて2013年を締めたいものです。

ちなみに今回のチャンピオンズリーグでは、マン・ユナイテッドはA組で無敗だったわけですが、過去、グループリーグを無敗で抜けたときは、すべてファイナルまでいってるんですよね。もし今季、欧州をいただけるのであれば、プレミアリーグは今のままの順位で構いません。え?「プレミアリーグでホーム勝率5割のチームがヨーロッパで勝てるわけがない?」…そりゃあ、そうでしょう。だからこそ、こんな都合のいいこと言ってるんでしょうが(逆ギレ)!…最近、イライラが募りますが、今日はほっと一息でした。(フィル・ジョーンズ 写真著作者/nasmac)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ