CL同組対決は双方1位2チーム、2位2チーム…がっぷり4つのプレミアリーグVSブンデスリーガ!

チェルシーがシャルケに、シャルケがバーゼルに、バーゼルがチェルシーにダブル(=ホーム・アウェイとも勝利)と、極端なジャンケン関係になったチャンピオンズリーグのグループE。最終的には、「アウトサイダーのステアウア・ブクレシュティに星を落とさなかったチームが勝つ」構図となり、2連勝のチェルシー、1分けのシャルケ04、2分けのバーゼルという並びで着地しました。プレミアリーグ勢では、アーセナルとチェルシーが苦戦を強いられましたが、これで4チームすべて勝ち抜けです。

おもしろいのは、4チームがグループリーグ突破を果たしたブンデスリーガとプレミアリーグは、すべてのグループで同居し、仲よく1位2チーム、2位2チームという形で着地したことです。ただし、その内容は大きく異なり、バイエルン・ミュンヘンとドルトムントは1位通過したものの、それぞれ同じグループのプレミアリーグ勢であるマンチェスター・シティとアーセナルとは1勝1敗の互角。すべてアウェイチームが勝つという珍しい記録を残す激闘でした。一方、イングランドではマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーが1位通過でしたが、それぞれレヴァークーゼンとシャルケ04に2連勝。このところ、エヴァートンとニューカッスルからホームで1点も獲れなかったマンチェスター・ユナイテッドは、レヴァークーゼンから2試合通算で9点を挙げ、チェルシーはホーム・アウェイとも3-0とシャルケを寄せつけず。昨季チャンピオンズリーグのファイナルで戦った2強が突出しているブンデスリーガと、実力伯仲で7チームが食うか食われるかの勝負をしている層の厚いプレミアリーグ、という構図が明確になっています。

往年の西ドイツ代表のエースだったバイエルン・ミュンヘンのカール=ハインツ・ルムメニゲCEOが、マンチェスター・シティに敗れた後、「ひょっとするとブンデスリーガではなく、以前と同様にプレミアリーグが世界一であり続けているのかもしれない」と語っていたのが象徴的でした。ここ2シーズン、チャンピオンズリーグで欧州各国に対して絶対的な優位を示し続けてきたバイエルン・ミュンヘンに土をつけたのは、マンチェスター・シティとアーセナルのみ。しかもそれぞれアウェイでの勝利で、あと1ゴールでバイエルンを絶望の深みに突き落とすところまで追いつめています。「ドイツは強い」と誇らしげに主張することの多いルムメニゲCEOが、感情を込めてプレミアリーグの強さを語るあたりに、数10分に渡り地獄に背中が触れていたであろう彼らの緊張感が伝わってきます。

さて、最後にチェルシーのグループリーグ最終戦についても触れたいと思います。ステアウア・ブクレシュティに1-0で勝ったゲームは、彼らにとってスコア以上に収穫の多い一戦だったと思います。いちばん大きいのは、デンバ・バ、ウィリアン、ダヴィド・ルイス、アシュリー・コールといった、スタメンから外れていた選手たちがいいプレイを見せたこと。特にウィリアンはよかったですね。10分の先制点は、彼の正確なCKがニアの選手の頭にピタリと合い、コースが変わってファーポスト際に落ちたボールをデンバ・バが押し込んだものでした。最近、「FWの得点が少なすぎる」と批判を浴びていたことを考えれば、決勝点がFWの一発だったのは、それだけでも明るいニュースだと思います。

デンバ・バにとって悔やまれるのは、ウィリアンが右サイドから入れた強いグラウンダーに対し、いいタイミングで中央に入って先に触ったのに、これを外してしまったことでしょう。セットプレイだけではなくコンビネーションからの得点で、1点ではなく2点でゲームを終えていれば、長い間ベンチが定位置だった自らのポジションを変える一歩になったかもしれません。

最近、プレミアリーグで崩れていたディフェンスについては、簡単なスルーパスで中央を割られるという危ないシーンがあり、綻びを修正できたとはいえないものの、クリーンシートで終えたという結果はメンタルにはいい影響を与えたでしょう。ダヴィド・ルイスについては、攻撃への貢献を加味して「まずまず」の評価。アシュリー・コールは、やはり左SBをやらせたらアスピリクエタより総合力で勝るとあらためて感じました。

欲をいえば、追加点さえ入っていれば、ラミレスを完全休養にして、もっと長い時間デブライネをプレイさせられましたね。まあ、いいでしょう。モウリーニョ監督は、この日のゲームにはグループ1位通過以上のものを何も求めていなかったでしょうから。当面、大事なのは次々戦、23日のプレミアリーグ。ここで首位アーセナルを止めること、ですね。(カール=ハインツ・ルムメニゲ 写真著作者/Michael Lucan)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新お疲れさまです

まさに書かれてる通りですね
内容は悪くはありませんでしたが、ここ数試合の守備の緩さと前半押してる時間に2点差以上つけて試合を決めきる事ができないっていう課題は残ったままです

これから年末にアーセナル、リヴァプールとの試合ではさすがに気持ちも入るので守備はマシになるでしょうけど問題は攻撃ですね

アーセナルはシティとのゲームもありますしここで連勝すれば首位に出る可能性もあるので、クリスタルパレスとの試合で内容、結果の伴う勝利で勢いにのってもらいたいです
  • チェルシー
  • 2013/12/13(Fri)19:32:13
  • 編集

コメントありがとうございます。

チェルシーさん>
ここぞというゲームでは力を出せるチームなので、上位対決は楽しみです。今のアーセナルは守備がいいので、まずはこれを崩せるかですね。
  • makoto
  • 2013/12/14(Sat)10:40:44
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ