【CL準決勝・前篇】ボールを支配し、勝負に敗れたバイエルン。先勝したのはレアル・マドリード!

プレミアリーグのブログといいつつ、この試合は避けて通れませんでした。チャンピオンズリーグ準決勝、レアル・マドリードVSバイエルン・ミュンヘン。先ほど試合が終わったばかりですが、結論からいいましょう。圧倒的な強さを誇る世界王者・バイエルンが、レアル・マドリードに1-0で敗れました。試合を支配していたのは、この日もベップ・グアルディオラのチームでしたが、カシージャス、ペペ、セルヒオ・ラモスが守るレアル・マドリードのゴールを落とせず。守備を重視し、現実的に戦ったホームチームの決定力が勝る結果となりました。

ファーストレグが行われたのは、レアル・マドリードの本拠地、サンチャゴ・ベルナベウ。今季チャンピオンズリーグでバイエルン・ミュンヘンとバルセロナに敗れたアーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティのプレミアリーグ勢は、すべてホームの緒戦でアウェイゴールを奪われ、勝利を得られずに敵地に向かったことが敗退への第一歩となっています。今回のゲームを観戦するにあたっての、私のテーマはこちらです。

レアル・マドリードが、プレミアリーグ勢が惨敗したバイエルン・ミュンヘン相手にホームでの第1戦で優位に立てるか。また、優位に立てたとしたら、それはなぜか。

…バイエルン・ミュンヘンを物差しとして、アーセナルやマンチェスター・ユナイテッドとレアル・マドリードを比較してみることが、最近欧州で苦戦が続いているプレミアリーグ勢と、好調のスペイン、ドイツ勢との差を把握するひとつのテキストになるのではないか。そんな興味で、決勝戦のカードでもおかしくない欧州トップクラブ同士の対決を観ることにしたのでした。

日本時間3時45分、キックオフ。予備知識がないままゲームを観たら、赤のユニフォームがホームチームだと思うでしょう。試合開始から、押しているのはバイエルン・ミュンヘン。SBコエントランと相対する右サイドをロッベンが制圧し、きわどいクロスが何度も逆サイドに入ります。6分にはCKからの波状攻撃でトニ・クロースがミドルシュート。14分のロッベンの左足はわずかに左。このCKを、今度はシュバインシュタイガーがヘッドと、バイエルンは早い時間のアウェイゴールを狙います。GKカシージャスが大忙しのレアル・マドリードは、クロスの落下点に先に入ることと、ミドルシュートレンジをカバーするだけでせいいっぱい。プレミアリーグ勢同様、守勢一方です。

18分、バイエルン・ミュンヘンに絶好のチャンス。右からの大きなクロスをファーサイドでマンジュキッチが落とすと、そこに飛び込んで強烈なボレーを放ったのはトニ・クロース!これをCBペペが体を張ってブロックしたところから、ホームチームのカウンターによる先制点が入ります。起点は、自陣からのつなぎを受けたクリスティアーノ・ロナウド。左からオーバーラップしたコエントランに背番号7から絶妙のスルーパスが入り、DFふたりを引きつけながら縦に突破したコエントランは、中を並走していたフリーのベンゼマにラストパス。優しいグラウンダー、目の前には体勢を崩したGKノイアーだけというチャンスを、フランス代表のストライカーが外すわけがありません。レアル・マドリード、最初のシュートがこのゲームの初ゴール!ゲームを支配していたバイエルン・ミュンヘンにとっては、信じられない失点です。

1-0となった20分過ぎから、レアル・マドリードのカウンターが冴えわたります。23分には3対3のシーンから右でもらったベンゼマが逆サイドのディ・マリアに送り、ディ・マリアが左足シュート。直後の24分にもモドリッチのパスから左サイドに張ったベンゼマがアーリークロス。中にいたのはこれもフリーのクリスティアーノ・ロナウド!先制点のベンゼマとほぼ同じ位置からのシュートでしたが、こちらは浮き球。シュートを打ち上げたCR7が、いつものオーバーアクションで悔しがります。この後も、ボールポゼッションが70%を超えるバイエルン・ミュンヘンが一方的に攻撃。ロッベンが再三、遠めから狙いますが、動きのいいコエントラン、ポジショニングを間違えないセルヒオ・ラモスとペペが冷静にブロックします。

すると40分には、レアル・マドリードが3度めのフリー。左サイドのワンツーから上がったイスコがハイクロスを上げると、ダンテとボアテングがふたりともクリスティアーノ・ロナウドに寄ってしまい、ファーにいたディ・マリアがガラ空きです。追加点かと思われた決定機に、ディ・マリアは力んでシュートをふかしてしまい、スコアは動かず前半は1-0で終了。リードしているのは、ボールポゼッション27%、パス成功本数が1/4のレアル・マドリードです。

長くなりました。後半のレポートと、レアル・マドリードVSプレミアリーグ勢の比較分析は、「【CL準決勝・後篇】プレミアリーグ勢が屈したバイエルンに、レアル・マドリードが勝利した理由」に続きます。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ