左サイドが決壊…ファンフランにやられたチェルシー、攻め手なく無敗のアトレティコ・マドリーに敗退!

後半だけ観れば、アトレティコ・マドリードの強さが目に付き、プレミアリーグとリーガ・エスパニョーラの差、のような話になるかもしれませんが、どちらに転んでもおかしくないゲームだったと思います。チェルシーDF陣の綻びは1点、ファンフランの侵入を抑えられなかったこと。週末のプレミアリーグ、リヴァプール戦でメンバーを落としてまでこの試合に賭けていたモウリーニョ監督とチェルシーは、皮肉なことに、プレミアリーグでは首の皮1枚でつながり、チャンピオンズリーグのほうを落とす結果となりました。2014年4月30日スタンフォード・ブリッジ、チェルシー、1-3敗戦。

チェルシーのスタメンにサプライズ。SBにイヴァノヴィッチ、アシュリー・コールを配しながら、右サイドにアスピリクエタを入れ、ウィリアン、復帰のアザールと並べるという布陣です。モウリーニョ監督は、アドリアン・ロペスやアルダ・トゥランらの左からのアタックを警戒しているのでしょうか。この起用が象徴するように、立ち上がりから、両者とも自分たちが攻めることより、相手を自由にさせないことを優先します。5分にMFコケのクロスがバーに当たるシーンはありましたが、どちらかがゴールを奪うと思えないほどの静かで堅いゲーム。最初のチャンスはチェルシー、15分のウィリアンの直接FK。ダヴィド・ルイスが蹴ってもおもしろい、ペナルティエリアすぐ外からのキックでしたが、ドライブがかかったシュートはわずかに上。この後も、セーフティファーストで中盤でせめぎ合う時間が続きます。

22分には、ロングスローを受けたダヴィド・ルイスが自らボールを浮かしてオーバーヘッド。おもしろいアイデアでしたが、これもゴール左に外れます。30分を過ぎてもこれといった決定機はなく、誰かが作ったかのような互角の展開。アトレティコ・マドリードは、無理につながず劣勢のボールはすべて大きくクリア。きついプレスを受けるとあっさり後ろに戻します。先にミスをしたほうがゴールを奪われるだろうとみていると、先制したのはチェルシーでした。36分、ウィリアンが右サイドで2人に囲まれながら粘り、一瞬のスキをついてボールをゴールライン際に出すと、近くにいたアスピリクエタがこれをさらってグラウンダーのクロス。F.トーレスのシュートはDFに当たって角度が変わり、GKクルトワは何もできません。本拠地スタンフォード・ブリッジで無類の強さを誇るプレミアリーグ代表がリード!ここまでは、ホームのサポーターは、わがクラブの決勝進出を信じて疑わなかったでしょう。

しかし44分、アトレティコ・マドリードの「もうひとりのトーレス」が、ここまで完璧だったチェルシーのDFラインを完全に崩します。左からのロングクロスに、アシュリー・コールを振り切ってフリーでボールを受けたのは、右のチャンスメーカー、ファンフラン・トーレス。彼のゴールラインへの侵入に、チェルシーCBが一瞬止まってしまい、逆サイドにいたノーマークのアドリアン・ロペスが折り返しを簡単に流し込みます。前半終了間際の痛い同点ゴール。ファーストレグを0-0と有利に折り返していたチェルシーでしたが、アウェイゴールを奪われたため、勝ち抜けにはもう1点必要となります。

後半に入って47分、右クロスがファーサイドに流れ、フリーになっていたアルダ・トゥランが至近距離から強烈なシュート。これはGKシュウォーツァーが手にあて、事なきをえます。53分には、ウィリアンのFKにテリーが飛び込むものの、チェルシーからレンタルで移籍しているGKクルトワが、古巣いじめのビッグセーブ!両者にチャンスはありながら、優位に立っているのは、ショートパスをつなぐ攻撃が機能し始めたアトレティコ・マドリードでしょう。55分、モウリーニョ監督は、明らかに守備に不安があるアシュリー・コールを下げ、エトーを投入。この交代自体は適切な判断だと思いましたが、結果的にはこれが仇となってしまいます。勝負の分かれ目は59分。自陣に戻って守っていたエトーがアトレティコ・マドリードのエース、ジエゴ・コスタをペナルティエリアで引っ掛けてしまい、ジャッジはPK!

エトーのチャージは、ベテランらしからぬ軽いプレイでした。本職のDFなら、あの不利な体制では絶対にいかないでしょう。頭を抱えて悔いる背番号29。スポットになかなかうまく置けずにイエローカードまで取られたキッカーのジエゴ・コスタは、しかしシュートは冷静です。GKシュウォーツァーの逆をつく左上、アトレティコ・マドリード、ついに逆転!

2点が必要になったチェルシー。彼らの最大の弱点は、リードされて引かれると、崩しのアイデアが少ないところです。ましてやこの日は、ミドルシュートのスペシャリスト、フランク・ランパードを欠いています。それでも64分には、またもウィリアンのFKから、ダヴィド・ルイスがドンピシャのヘッド。同点かと思われた会心の一発は、無常にもポストに当たり、跳ね返りをクルトワが反応よく外に掻き出してスコアは変わらず。試合を決めるアウェイチームの3点めが入ったのは、その直後でした。

アシュリー・コールの交代で、左SBに入っていた「今や本職」のアスピリクエタも、ファンフランにやられます。完全にサイドを突破されると、チェルシーCBはまたもフリーズ。ヘディングシュートをポストにぶつけられ、ルーズボールも先にアトレティコ・マドリードに触られます。無人のゴールに押し込んだのは、アルダ・トゥラン。絶望的な差がついたチェルシーには、アザールのドリブル以外に打ち手はなく、もはやシュートすら打てません。93分、DF3人をかわしてGKと1対1になったアザールのシュートを足でストップしたのは、やはりクルトワ。勝負の幕を下ろしたのが、チェルシーと契約している若手GKというのも、皮肉な結末です。2試合トータル、1-3。準決勝の勝率が極端に悪い「ミスターベスト4」モウリーニョ監督の4月敗退は、これで4季連続。ここまでくると、もはやヨーロッパの春の風物詩、恒例行事です。

冒頭にも書きましたが、どちらが勝ってもおかしくなかったゲーム。プレミアリーグ上位対決では、ことごとく勝負の綾を制してきたモウリーニョ監督でしたが、ここぞという試合で、同じ戦略家のシメオネ監督に持っていかれました。結果論ですが、駒不足ならなおのこと、アスピリクエタは素直にSBスタート、シュールレ起用でよかったのではないかと思いました。ベンチのオフェンシブな選手がデンバ・バ、エトー、オスカルだけになるのが嫌だったのでしょうか…。

残念な結果ですが、いい試合でした。プレミアリーグ唯一の勝ち残りとして、ここまで盛り上げてきてくれたチェルシーと、今季チャンピオンズリーグで無敗のアトレティコ・マドリードの強さに拍手を送りたいと思います。決勝は、マドリードダービーです!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新お疲れさまです

悔しいですが完敗です
攻守ともに完成度の違いを見せつけられましたね

無冠濃厚となりましたがPL優勝争い&CLベスト4なら悪くはないシーズンですかね
モウリーニョ体制も一年目ですしこれからの成長に期待です

シーズンも終盤ですし残りの試合とW杯を楽しみましょう!
  • チェルシー
  • 2014/05/01(Thu)08:02:58
  • 編集

コメントありがとうございます。

チェルシーさん>
アトレティコ・マドリード、さすがでしたね。「残りの試合とワールドカップを楽しむ」ことに関しては、私のほうが先輩ですね。まずは「こちらの世界へようこそ」といっておきましょう(笑)
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2014/05/01(Thu)09:06:59
  • 編集

無題

先制までは完全にチェルシーの狙い通りだったんですがね。
堅守速攻が持ち味の両チームですが攻撃面でのクオリティには差があったかなと。
怪我からの復帰組がいまいちだったのもチェルシーとしては痛かったですね。

決勝はマドリッドダービー。
リーガではアトレティコの1勝1分ですが国王杯ではマドリーが完勝してますからね。
今から非常に楽しみです。
  • パック
  • 2014/05/01(Thu)10:33:35
  • 編集

コメントありがとうございます。

パックさん>
好きなわけではありませんが、私はレアル・マドリード予想ですので、そちらを応援してしまうことになります。チェルシーがいってれば、何も気にせず青派だったのですが。
  • makoto
  • 2014/05/01(Thu)16:28:45
  • 編集

無題

3点目は流れから右サイドに寄っていたアスピリクエタがなぜか左に戻らず、空いた左サイドをアトレティコは見逃さなかったですね。
チェルシーは良くやったと思います。モウもまだ1年目。来シーズンに期待ですね。
  • アザール
  • 2014/05/03(Sat)08:15:31
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ