攻撃、守備、中央、サイド…何が足りない!? プレミアリーグ勢の欧州戦線を振り返る

昨日、唯一の希望であったチェルシーが敗れ、今季のプレミアリーグ勢の欧州チャレンジが終わりを告げました。ひと頃は、ベスト4に2チーム残っているのが当たり前。2007-08シーズンにはマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーがモスクワでファイナルを戦うなど、わが世の春を謳歌していたプレミアリーグのクラブは、ここ5年は完全に劣勢。2011-12シーズンに専守防衛のチェルシーが番狂わせを演じ、ビッグイヤーのトロフィーを獲得していますが、めぼしい成果はこれぐらいです。スペイン、ドイツのトップクラブと当たると、まず間違いなく自陣にこもることを強いられ、悔しいことに「チェルシー以外は戦えていない状態」なのです。

まずは、簡単に今季を振り返りましょう。昨季までは、マンチェスター・シティの2季連続をはじめ、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドなど、グループリーグで終わってしまうクラブが続出していたプレミアリーグ勢でしたが、2013-14シーズンは無事に4チームとも通過。しかし決勝トーナメントでは、マンチェスター・シティとアーセナルがそれぞれ1勝もできずにバルセロナ、バイエルン・ミュンヘンに1回戦負け。オリンピアコスに大苦戦の末勝ったマンチェスター・ユナイテッドも、バイエルン・ミュンヘンに本拠地オールド・トラフォードで勝てず、ベスト8敗退でした。悲しかったのは、ファーストレグのドローにマンチェスターのファンが湧いたことですね。負けなかったことが嬉しいという状況自体が、今の彼我の差を表しているように思います。

さて、ここからが本題。「プレミアリーグ勢には何が足りなかったのか」。今季は、アトレティコ・マドリードに敗れたチェルシー以外は、現世界王者と元世界王者に負けているので、「だって相手が強かったんだもん」ということになるのですが、ではその強さとは何か。逆にいえば、どんなところを強化すれば、プレミアリーグの復活なるのか。バイエルン・ミュンヘン、バルセロナ、レアル・マドリードに、せめてホームでは勝てるぐらいの足場を創れないと、この先数年が真っ暗になります。個別の要素はさまざまあるのですが、この問いに対して私が着目したのは「中盤の守り方」「サイドでの優位構築」の2点です。

モドリッチとシャビ・アロンソ、ハビ・マルティネスとシュバインシュタイガー、シャビとブスケツ。チャンピオンズリーグでベスト4を狙えるクラブは、ボールを奪う戦略が明確であり、センターMFがコンセプトを体現する存在になっています。敵陣でボールを奪おうとするバルセロナやバイエルン・ミュンヘンは、前線やサイドの選手と連携して相手を囲い込み、コースを切って奪い取ります。彼らがワントップや、ゼロトップに近い3枚のFWにしているのは、「前線に張り続けるトップを2人置くとボールを奪う選手が足りず、前で獲れないから」でしょう。

一方、カウンターに徹したときのレアル・マドリードは、ペナルティエリアの前のスペースを確実に埋めてきます。そのうえで、トップとその下の選手がコースを限定できれば、ヨミの早さでインターセプトし、そこから速攻。モドリッチもシャビ・アロンソも対人プレーに強く、的確なロングフィードができる選手。まさに「このサッカーにしてこの人材あり」ですね。

プレミアリーグのクラブで、守備戦略が明確で適材適所ができているのはチェルシーぐらいでしょう。マンチェスター・シティのヤヤ・トゥレは、当たりは強いものの守備にはムラがあり、アーセナルは獲るポイントが不明確。マンチェスター・ユナイテッドは中盤と最終ラインの間が空きすぎで、時折このスペースを狙われ、プレミアリーグ中堅以下のチームにもミドル一発でやられたりしていました。リヴァプールが来季欧州で勝つためには、いま一度、守り方とそのための人材の整備を図らないと、アンフィールドでスペイン、ドイツのクラブにアウェイゴールを大盤振る舞いする結果になりかねません。

そしてもうひとつは、サイドでの優位構築です。今季のチャンピオンズリーグでは、チェルシーはファンフランにアザールやアシュリー・コールがかわされ、マンチェスター・シティはダニエウ・アウベスを自由にさせ過ぎ、アーセナルはギブス負傷後のモンレアルのサイドをラフィーニャとロッベンにボコボコにされるなど、弱いサイドを確実に崩されて失点していました。一方、マンチェスター・シティのヘスス・ナバス、サバレタ、コンパニが揃った右は堅く、アーセナルもサニャとラムジー、チャンバレンなら安定。チェルシーも、アザールがしっかり走れるときは問題ありません。プレミアリーグ勢に時折みられる「サイドで守備をおろそかにしてしまい、相手にイニシアティブを取られる」ところを強化しないと、ロッベン、リベリー、イニエスタ、クリスティアーノ・ロナウドと優秀なSBたちの連携で崩され、対応に追われるCBがゴールエリアまで下がり続けることになるでしょう。

現状から、欧州の頂点への距離を考えれば、勝利に近いのはチェルシーとリヴァプールだと思います。マンチェスター・シティは「世界一、選手のサラリーが高いクラブ」で、旬のトップクラスに高額の給料を払っているため、レギュラー選手の伸びしろが小さく、若手が育ちにくいと思われます。ウィークポイントであるCBとGKを補強すれば今季より強くなりそうですが、「主軸を少しでも欠くと、必要以上にクオリティが下がる」状態は改善しないのではないでしょうか。もしこれを何とかしたければ、短期的にはFFP違反を続けるほかに手はありません。

マンチェスター・ユナイテッドは課題となるポイントが多く、時間がかかりそう。アーセナルは、ヴェンゲル監督がどこまで改革を志向するか、ですね。今の延長線上には、チャンピオンズリーグのベスト8はあっても、ビッグイヤーはないのではないかと思います。頭のいい監督なので、変化を求めさえすれば、さらにチームを強くすることは可能だと思うのですが…。

チェルシーには、バイタルエリアを支配できる強力なセカンドトップと点取り屋。モウリーニョ監督が、昨夏ルーニーを狙っていたのは納得です。そしてリヴァプールは、ジェラードとルーカスですらオプションに追いやれるような万能型のセンターMFと、トップ下のオプション。さらに欲をいえば、シュクルテルの相棒として、確動性が高くて統率力があるタイプのCBまで揃えば、欧州の頂点に近づけますね。プレミアリーグ勢の巻き返し、さしあたっては夏のチームづくりに、引き続き注目していきたいと思います。


「おもしろい」と思っていただいた方、お時間あれば、下のランキングバナーを押していただけますでしょうか。記事にパワーがかかったときは、これが何よりもうれしいです!!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

毎回とても勉強になります。
リバプールは、最近報道を賑わしているララナが取れればトップ下問題は解決。チェルシーは、噂のコスタが取れれば点取り屋問題が解決しますね。あとは、アーセナルとユナイテッドがどこまでテコ入れしてくるのか?
まだまだシーズンがおわってませんが、楽しみですね。
  • リバサポ
  • 2014/05/02(Fri)15:39:35
  • 編集

無題

うちは対人の強いMFがまず欲しいですね(グスタボが欲しかった
後は決定力のあるFWもですね
何よりけが人の多さをせめて今の3分の1くらいに減らさないと永遠にトップレベル
には届かないでしょうね・・・
  • アーセナル
  • 2014/05/02(Fri)16:38:55
  • 編集

無題

チェルシーファンの私ですが
①得点力のあるストライカーとしてコスタ
②攻撃的な左SBとしてルークショー
③オフェンスのオプションとしてプレースキックの精度も高いチャルハノール
④クルトワ、ズマ、チャロバ、ルカク等のレンタル組の復帰
⑤下部組織からの引き上げ
以上の5点が実現すると嬉しいです(^ ^)
  • 本城
  • 2014/05/02(Fri)19:23:52
  • 編集

無題

プレミアは日程も厳しいですよね。
リーガのチームが強いのは下位チームが上位チーム(特にレアルマドリーとバルセロナ)対策をしっかり練ってくるからというのもあるかもしれません。プレミアは下位チームに個性があって面白いのですが、上位チーム対策は練りきれてない感はあります。
あとマンチェスターユナイテッドはゴタゴタしすぎ。とりあえずチームを落ち着かせる監督を置いてほしい。
  • Uボマー
  • 2014/05/02(Fri)23:54:56
  • 編集

コメントありがとうございます。

リバサポさん アーセナルさん>
確かに、アーセナルとマンチェスター・ユナイテッドは、いろいろ気になるところがあるので「どこまでやるか」ですね。アーセナルにはベンゼマという話もあり、加えて、サニャの後釜問題と、中盤の整理ができればそれなりにいけそうです。個人的には「ソングの出戻り」がおすすめですね。
  • makoto
  • 2014/05/03(Sat)12:20:55
  • 編集

コメントありがとうございます。

本城さん>
勘弁してください。それをすべてやられたら、背中がみえなくなってしまいます(笑)
  • makoto
  • 2014/05/03(Sat)12:22:18
  • 編集

コメントありがとうございます。

Uボマーさん>
ファン・ハール就任5日に発表、という報道がありましたね。バイエルン時代の舎弟的な選手を何人か連れてくるのでしょうか。ミュラー、クロースあたり。
  • makoto
  • 2014/05/03(Sat)12:24:13
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ