やはり最後はアレクシス・サンチェス。アーセナル、ラスト1分からの見事な大逆転!

今季のプレミアリーグには、チャンピオンシップから昇格した3クラブに加えて、新しいクラブが2つ誕生しました。「FCディ・マリア」と「FCサンチェス」。ケガ人だらけで大スランプの両クラブが、それでもぎりぎりで踏ん張って、プレミアリーグでチャンピオンズリーグ出場権を争えるのは、何でもできるワールドクラスが奮闘してくれているからにほかなりません。上記クラブ名については、半分は、「他の選手たちもがんばって!」という叱咤激励の意を込めていっておりますが、残りの半分は新エースを純粋にリスペクトしています。彼らは、すごい。チャンピオンズリーグ・グループステージ第3節、アンデルレヒトとアウェイで戦ったアーセナルは、やはり「FCサンチェス」でした。

直近のプレミアリーグでは、ハル・シティにホームでドロー。ガナーズは、今がいちばんどん底なのではないでしょうか。ラムジー、アルテタなど負傷が癒えた選手たちはトップフォームに戻っておらず、ケガ人は未だに増えている状態。この日のアンデルレヒト戦はシュチェスニーが出場停止で、第2GKのオスピナは負傷離脱。彼らのGKはダミアン・マルティネスという苦しいチョイスです。CBモンレアル、右SBチャンバースも、ヴェンゲル監督の苦渋の決断。ベジェリンとモンレアル、どちらで行くか、指揮官は相当迷ったのではないかと思います。

アンデルレヒトは、アーセナルとしては、たとえアウェイでも負けてはいけないチームです。ベルギーリーグでチームの得点王のミトロヴィッチは20歳。中盤の中心、ホンジュラスのアンディー・ナハルは21歳。10代~20代前半の選手が極めて多い彼らは、いわば「プレミアリーグ予備校」。チェルシーやマンチェスター・シティにこれから買われていくような、経験値の小さい選手が並ぶクラブに、強豪国の代表クラスを揃えたアーセナルがやられるシーンは想像したくありません。

しかし、いざ試合が始まると、アーセナルはなかなかシュートに持ち込めず、前半のチャンスらしいチャンスはアレクシス・サンチェス絡みの2回ぐらい。16分にアレクシスが上げたクロスにウェルベックが合わせたシーンはシュートが大きく左に逸れ、34分にアレクシスが右から裏に走り、背後からのパスを信じられない柔らかさで足元に落とした突破は、DF2人に着かれてシュートを右に外します。結局、前半は両者とも枠内シュートゼロ。後半に入っても試合のペースは変わらず、ボールを支配するのはアーセナルですが、ここぞという場面でシュートが決まらず0-0のまま。前半に続いて、びっくりするぐらいの「FCサンチェス」状態で、FKからのバックヘッド、スルーパスをカソルラに通してGKと1対1に持ち込ませるなど、背番号17を通過しないとゴールしてはいけない、という決まりがあるかのようなエース頼みです。

残り20分を過ぎ、それでも勝つのはアーセナル、最悪でもドロー、ミドルシュート頼みのアンデルレヒトはノーチャンスと信じていたのですが、先制したのは残念ながら、虎視眈々とワンチャンスに賭けていたホームチームでした。モンレアルがマークにいき、メルテザッカーがカバーリングで左に引っ張られているというCBが留守の状況で、簡単にクロスを上げさせてはいけません。中は2対2。フラミニとチャンバースが相手の選手をケアしていたものの、クロスが通った瞬間、なぜかチャンバースはアンディー・ナハルをフリーにしてしまいました。完璧なヘッドに、マルティネスは触れず。ホームチームが金星を挙げる予感が漂い始めます。波に乗ったアンデルレヒトは78分にも右サイドを攻略。DFの中心であるファンデン・ボーレがフリーのシュートをバーに当てる決定的なチャンスを創り、プレミアリーグのトップクラブにとどめを刺そうとします。アレクシス・サンチェスのFKはぎりぎりで外れ、1-0は変わらず、残り時間が3分を切りました。これはさすがに負ける、と思った方も多いのではないでしょうか。しかし、ここからアーセナルは底力をみせます。

44分、アレクシスのパスを右サイドで受けたチャンバースがきれいなクロス。ファーサイドの落下点にいたのは、相手のマークよりひと足早く侵入していたキーラン・ギブス。負けているゲームの土壇場という焦りがちなシーンでしたが、ギブスは冷静にインサイドのシュートをクロスに放ち、ボールはサイドネットを揺らします。息を吹き返したアーセナルの逆転劇はその2分後。左でチェンバレンが粘って創ったチャンスからクロスが上がり、これを受けたアレクシス・サンチェスはシュートを諦めるものの、見事なボディバランスでボールをキープ。背番号17は右に持ち出すと、高速のグラウンダーを中に通します。体勢を崩したDFはクリアできず、こぼれ球はポドルスキの足元へ。途中出場のポドルスキは、完璧な「ごっつぁんゴール」を左足で思いきり突き刺し、アーセナルが勝利をものにしました。

いや、ヒヤヒヤでしたね。クロスへの対応が甘くなる癖が治らないなど、課題は山積みですが、今日は勝ち点3をゲットできたことを喜ぶべきでしょう。サポーターのみなさんは、こういう劇的なゲームは否応なくテンションが上がりますよね。これぞまさに、天国と地獄。アーセナルは負けていれば3位転落だったところが、貴重な勝ち点3でグループステージ突破に大きく前進しました!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ほんとFCサンチェスですね。

更新お疲れ様です。

今日もひどい試合でしたね、正直相手が2点目取り損ねてくれたおかげで、たまたま
運良く勝てました、という試合でした。
CLは勝つことが大事とはいえ、ほんと内容に進歩のかけらも感じません。
失点の仕方も同じような感じでしたし、まぁ違ったのは最後逆転できた、ってこと
でしょうかね、たた問題は、守備陣よりむしろ攻撃陣にありますが・・・。
無意味なボール回しをするから、相手にそこを狙われてカウンター喰らうわけで。

この試合も輝いていたのは、サンチェスでしたが、自分はFCサンチェスでも
いいと思うんですよね、実際彼はそれだけの活躍を見せていますし・・・。
問題は、監督がその事を分かっているのか、ってことです。
チームとって大事な選手は誰なのか、いい加減監督はそこをはっきりさせるべきだと
思います、どう見ても噛み合っていないウィルシャーをいつまでも起用していると
チーム自体分解しかねません、といっても、監督が変わるようにも思えませんが・・・。
  • サッカー小僧!
  • 2014/10/23(Thu)10:11:10
  • 編集

コメントありがとうございます。

サッカー小僧! さん>
シンプルに、アレクシスとエジルを中心に、カソルラ、ウォルコット、チェンバレンらを2列目に並べて、ラムジーとアルテタ、ウィルシャー(できればこのポジションを冬に補強したい)が後ろに構えるサッカーにしたほうが強そうですよね。
  • makoto
  • 2014/10/23(Thu)15:58:34
  • 編集

無題

やはりジルーがいないとPA内で深さを作れないのが痛すぎると思います。
昨季もジルーがいない時の停滞感が気になりましたし…

あとクロスを簡単に上げさす癖はなんとかならないのでしょうか…
ハル戦もですが、フィニッシャーのマークを外した事よりも原因はここにあるかと…
  • ガナ吉
  • 2014/10/24(Fri)17:46:13
  • 編集

コメントありがとうございます。

ガナ吉さん>
ジルーは、ポストプレーヤーとしても一流ですしね。クロスについては、ハル・シティ戦はウィルシャーが何もしなかったので、さすがに中がかわいそうですが、アンデルレヒト戦は外も中も今イチだったですね。チャンバースは2対2なのはわかっていたはずなので、マークを外してはいけません。
  • makoto
  • 2014/10/24(Fri)20:02:15
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ