老獪ユヴェントス、無策のレアル・マドリードに狙い通りのドローでファイナル進出!

バイエルン・ミュンヘンVSバルセロナよりも、プレミアリーグから出ていった選手が多いこちらの試合を楽しみにしていました。レアル・マドリードにはクリスティアーノ・ロナウドとチチャリート、ベイル。ユヴェントスにはエヴラとテベス。ポグバを入れることが許されるなら、5人までが元マンチェスター・ユナイテッドです。ユーヴェのホームで戦ったファーストレグは2-1。レアル・マドリードから移籍したモラタが先制点を挙げると、クリスティアーノ・ロナウドのヘディングでアウェイチームが追いつき、決勝ゴールはテベスでした。

「アウェイゴールを決めての1点ビハインドなら、昨季王者が優勢」といわれていたセカンドレグは、順序こそ違えどクリスティアーノ・ロナウドとモラタのゴールで1-1となったところまでは同じです。しかし、緒戦でユーヴェが決めた勝ち越し点を、レアル・マドリードは決めることができませんでした。ユヴェントス、12年ぶりのファイナル進出。ベルリンで戦うクラシコを楽しみにしていたバルサの面々は、よりやりにくい相手とビッグイヤーを争うことになりました。

両者のメンタルが状況を大きく変えたゲーム。この一戦は、大きく3つのフェイズに分かれるのではないかと思います。0-0で進んだ序盤は、リードを守りたい気持ちとアウェイへの気遅れでユーヴェがよそ行きのサッカーとなり、レアル・マドリード優勢。20分にハメス・ロドリゲスがキエリーニに倒されクリスティアーノ・ロナウドがPKを叩き込むと、焦ったユーヴェがカウンターを許すようになり、さらにレアル・マドリード優勢。しかし、57分のモラタのゴールが戦況を変えるターニングポイントとなり、ユーヴェが落ち着きを取り戻す第3のフェイズに突入します。クロスをクリアした後、他の選手がラインを上げるなか、セルヒオ・ラモスは残ってマークの指示をしており、レアル・マドリードの最終ラインの統制が乱れます。高々と上がったボールがフリーのポグバに向かって落ちると、セルヒオ・ラモスは逆サイドまで走ってカバーしようとしますが、これはさすがに間に合いません。中央への落としにクロースより早く反応したモラタが渾身の左足ボレー。ここで初めてユヴェントスがメンタルで優位に立ち、レアル・マドリードは追い込まれてしまいました。

ベンゼマを軸に、いわゆる「BBC」とハメス・ロドリゲスがテンポのいいパス回しを披露していた序盤。最終ラインで奪ったボールをイスコやクロースにつないで、ロングボールを一発で通す鋭いカウンターが脅威となっていた1-0の時間帯。ゴールが必要となった残り30分の昨季王者に、このどちらかのエッセンスがあればよかったのですが、彼らは単調なサイド攻撃に終始してしまいました。右のベイルがカルバハルをうまく使えないため、クロスはマルセロとクリスティアーノ・ロナウドが揃う左サイド一辺倒。前線でタメを作って左右のウインガーをうまく活かしていたベンゼマがチチャリートに代わってからは、クリスティアーノ・ロナウドにシュートがなくなり、ベイルの無理めなミドルばかりが目立ちました。

前線と中盤の距離が遠く、クロスが上がったときに1~2枚しか中にいないレアル・マドリードの薄いアタックは、ユーヴェからすると守りやすかったでしょう。イスコをイジャラメンディに代え、ハメス・ロドリゲスをセカンドストライカーのように機能させるなどの思い切った打ち手があれば、ユヴェントスは嫌だったはずですが、「いつもの形」にこだわるアンチェロッティ監督は無策でした。もうひとりの元プレミアリーグ、モドリッチの不在が痛かったのは確かですが、交代カードを2枚余らせて終わった指揮官にオプションのアイデアと大胆さがあれば、違う試合になっていたのではないかと思います。

チームを追われたモラタに連覇の夢を打ち砕かれたのは、サンチアゴ・ベルナベウに集結したサポーターにとっては悔しさ倍増でしょう。チームメートにもみくちゃにされながら、喜びの表情をみせなかったモラタが印象的でした。

それにしても、ユヴェントスはよくやりましたね。スローインに誰もいこうとしなかったり、さほどの当たりでもないのに痛がってピッチに倒れ込むなど、旧式な時間稼ぎには思わず笑ってしまいましたが、最終ラインが最後まで集中力を失わずにうまく試合を畳みました。シュート数は22対8とレアル・マドリードが圧倒したものの、枠内シュートは5対4。後半、モラタとビダルのつなぎからマルキージオが抜け出したシーンと、ポグバのフリーのミドルはどちらも1点モノで、ドローは妥当な結果でしょう。ブッフォン、キエリーニ、テベス、ピルロと、要所にタフなゲームを知るベテランがいるのが、老獪な試合運びができるユーヴェの強みなのかもしれません。早々に大会を去ったプレミアリーグ勢に足りなかったのは、今夜ユーヴェがみせたしぶとさ、冷静さだったのではないかとあらためて感じました。

さあ、ファイナルはバルセロナVSユヴェントスに決まりました。大方の予想はスペインの圧勝でしょう。しかし私は、「セリエAとプレミアリーグが争っているUEFAランキングを考えるとイタリアが勝つのはまずい」などという小さなことはいわずに、ユーヴェ持ちで観戦しようと決めています。昔、プラティニ、ボニエク、ロッシがいた頃に胸をときめかせて観ていたクラブの、久しぶりの晴れ姿ですから。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

決勝は、スアレスvsキエッリーニ、スアレスvsエブラという因縁の対決も楽しみなポイントです。
  • リバサポ
  • 2015/05/14(Thu)11:06:35
  • 編集

コメントありがとうございます。

リバサポさん>
そうなんですよね。握手してほしいなと思います。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2015/05/14(Thu)13:32:57
  • 編集

無題

どちらにも関与しているスアレスwwww
  • a
  • 2015/05/14(Thu)14:13:10
  • 編集

無題

スアレスまた何かやらかしそう。。笑
ユーベ応援してセリエ勢に勢いをつけてもらってガンガンプレミア勢を焦らせて欲しい。
欧州でもっとプレミアの意地を見せてほしいです。
来季のマンUデパイには超期待してます!
シティは補強次第ですけど来季今以上に不安だなぁ。。
  • nao
  • 2015/05/14(Thu)16:25:36
  • 編集

コメントありがとうございます。

aさん>
よりによって2人とも、ですよね。

naoさん>
おっしゃるとおりです。ユーヴェの活躍が起爆剤となることを期待します。
  • makoto
  • 2015/05/15(Fri)14:42:07
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ