勝負の分かれ目はストライカーの差。マン・シティはホームでユーヴェに痛い逆転負け!

2015-16シーズン、チャンピオンズリーググループステージ第1節。毎年恒例の「死のグループ」に入れられたマンチェスター・シティが、本拠地シティ・オブ・マンチェスターにユヴェントスを迎えます。 GKジョー・ハートにサニャ、コンパニ、マンガラ、コラロフはいつものメンバー。ヘスス・ナバスをナスリに代えつつ、スターリング、ヤヤ・トゥレ、フェルナンジーニョ、ダヴィド・シルヴァはベストの布陣です。先週末のプレミアリーグで膝を打撲したアグエロはベンチで、トップにはボニー・ウィルフリード。プレミアリーグ5連勝と最高のスタートを切ったマンチェスター・シティに対して、アウェイのユヴェントスはセリエAで1分け2敗と出遅れています。不振ながら、マンジュキッチ、モラタという決定力のある2人は要注意。チェルシーから移籍したクアドラードや中盤を仕切るポグバといったチャンスメーカーを自由にしないことが、マンチェスター・シティが勝つための条件です。

プレミアリーグでは無類の強さを発揮するのに、チャンピオンズリーグではなぜかおとなしくなるマンチェスター・シティは、状態のよさを感じさせるスタートです。開始早々の2分、敵陣でストゥラーロをつぶしたショートカウンター。フェルナンジーニョがドリブルで駆け上がり、ラストパスをもらったフリーのスターリングが右足でファーポストを狙うも、GKブッフォンがセーブ。守勢にまわる時間が長いユヴェントスは、12分にポグバが右からのクロスを頭で押し込みますが、CBの裏にいたモラタがボールに関与してしまい、オフサイドで先制はなりません。15分、中央の細かいパス交換でダヴィド・シルヴァが上がり、ラストパスを受けたボニーのシュートはリヒトシュタイナーがかろうじて足に当ててCKに逃れます。形勢は互角。ポゼッションのマン・シティ、シンプルなユーヴェという図式です。

22分、敵陣でインターセプトに成功したフェルナンジーニョがそのまま持ち上がり、強烈なミドルでGKブッフォンを脅かします。24分にコラロフが狙った直接FKはポストの右。スターリングにいつものアグレッシブなドリブルがない以外は、ホームチームは快調です。32分、またもダヴィド・シルヴァが相手陣内でボールを奪い、短いパスを受けたボニーが股抜きを決めてフリーになるものの、慌てたシュートは大きく枠を外れます。押しているのはプレミアリーグ首位チーム。35分、ダヴィド・シルヴァがコラロフを走らせ、危険なグラウンダーが入ったシーンはボニーが一歩及ばず。マンチェスター・シティはボールを奪うポイントが高く、サニャやフェルナンジーニョまでが積極的にミドルを放ちます。前半はスコアレスで折り返しますが、ユーヴェにとっては「何とか」、マン・シティにとっては「攻めたのに」という言葉を頭につけたい0-0です。

静かな後半。ピッチ脇ではデブライネがアップを始めています。弛緩した雰囲気だったスタンドが盛り上がったのは、54分にナスリがグラウンダーを通したシーン。ボニーが先に触れば1点というボールでしたが、ユーヴェの守備はシュートを許してくれません。しかしマン・シティは、57分のCKで幸運な先制点を奪います。コンパニともつれたキエリーニがブッフォンの脇を抜けるヘディングをしてしまい、オウンゴール。59分には、コンパニの鋭い縦パスで一瞬にしてダヴィド・シルヴァとスターリングが2対1。ブッフォンと向き合ったスターリングのシュートは守護神が手に当て、フォローしたダヴィド・シルヴァの左足もブッフォンが身を挺してセーブします。63分にはユーヴェが逆襲。クアドラードの長いクロスの落としをモラタがストゥラーロにつなぐと、強烈な一撃はジョー・ハートがビッグセーブ。両チームのGKの素晴らしいプレイで1-0のまま進んだゲームは、70分にスコアが動きます。

プレミアリーグ無失点のマン・シティがシーズン初めてのゴールを許したのは、マンジュキッチでした。左にいたポグバの長いクロスをマンガラが触れず、すぐ裏にいたストライカーがスライディングで右隅に押し込みます。ペジェグリーニ監督は、すぐさまスターリングをデブライネ。75分には、コンパニがケガをしたのかオタメンディに交代です。すると79分、メンバーチェンジの隙を突いたユーヴェがついに逆転しました。クアドラードと競り合ったコラロフの胸に当たってこぼれたボールを、消えていたモラタが渾身の左足シュート!オタメンディの足は届かず、絶妙に巻いたボールが左ポストを叩いてゴールに吸い込まれます。

デブライネも、最後に投入されたアグエロも何もできないまま、時間は過ぎていってしまいました。オランダではマンチェスター・ユナイテッドもPSVに1点リードを守れず逆転されており、プレミアリーグ勢はゲームのイニシアティブを取りながらも、決定機を活かせないまま一発を許していずれも敗戦スタートとなりました。マン・シティとユーヴェの差を挙げるなら、ストライカーの経験値ではないでしょうか。ワンチャンスをものにしたマンジュキッチとモラタは、チャンピオンズリーグのファイナリスト。一方のボニーは、後半はDFを背負うだけで自分から仕掛ける動きがありませんでした。プレミアリーグでもなかなかゴールが奪えないボニーにとっては、欧州の舞台は入場料が高すぎるのかもしれません。最後に、ひとつだけ。シティ・オブ・マンチェスターのファンは静かすぎます。アンフィールドやエミレーツのサポーターなら、この日のゲームを見れば何度となくフェルナンジーニョを称えるチャントを歌っていたでしょう。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新ご苦労様です。
面白いゲームでしたが、ご指摘の通りシティのサポーターは静か過ぎですね。これは気になりました。
関係ないですが、モラタがゴール決めると何故か胸が熱くなってしまいます、、、。
  • Macki
  • 2015/09/16(Wed)09:27:30
  • 編集

無題

コンパニはどうしたんですかね?ここまで絶好調だっただけに少し心配です
そしてまだオタメンディがフィットするには時間がかかりそうです。
こういう大一番には決定力がある選手が必要ですね。
アグエロを欠いたのが一番の敗因でしょうか。
そして崩されるのはやはりコラロフからでした、、
ユーヴェは流石の貫禄でした。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2015/09/16(Wed)12:13:48
  • 編集

無題

更新ご苦労様です。
普段はアーセナルファンの私は物静かに今日の結果を見たと思うのですが、
両マンチャスターが負けるのを見てイングランド勢のCL枠の減少が頭を
よぎってしまいました。

プレミアバブルは中堅やエレベーターチームが強くなり面白い試合が多くなる事、
間違いないと思うのですが、やはりリーグで手を抜けないのはいろいろなところに
しわ寄せが来るんでしょうね。
しかもウインターブレイクがないのを考えると、選手たちは本当にいつ休んでるの?
って常々思ってしまいます。
いやー、欧州で輝くチームが(ELでもOK!)今年は出てほしいですね。

  • グーニー
  • 2015/09/16(Wed)12:48:31
  • 編集

無題

枠が減るのは実際プレミアのレベルが相対的に低下してるので仕方ないのでは?
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2015/09/16(Wed)12:54:42
  • 編集

無題

もう言葉が出ない…
ペジェグリーニは何時になったらCLでの勝ち方を学ぶのか
アッレグリの手のひらで転がされただけの様なこの不甲斐なさ
完全に監督の差が出ましたわ
契約延長が忌々しい
  • シティズン
  • 2015/09/16(Wed)13:22:41
  • 編集

無題

ペジェグリーニもセリエで2年修行した方がいいかもしれませんね。現リーガの1位〜3位は全てセリエ修行済み。

エンリケ モウリーニョ ベニテスはセリエで中位や下位チームに先制点与えるサッカーしたら勝点3はほぼ不可能と言ってました。
ペップ自身のコメントにも僕の戦術は全てセリエで学んだと言ってました。バルセロナ時代にCL決勝でヨハンクライフサッカーでミランに子供扱いされ完敗した。
  • 2015/09/16(Wed)14:00:05
  • 編集

コメントありがとうございます。

Mackiさん>
そうなんです。雰囲気作って相手をびびらせないといけませんよね。

プレミアリーグ大好き!さん>
決定機を活かせなかったのが痛かったですね。ボニーには期待していたのですが…。

グーニーさん プレミアリーグ大好き!さん>
実際そうなのかもしれませんが、強さや枠の話は6試合観てからでいいかなと思ってます。充分巻き返しは可能ですから。

あ さん シティズンさん>
先制したのはマン・シティだったのですが…。リードしてからの采配が今ひとつでしたね。
  • makoto
  • 2015/09/17(Thu)06:46:10
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ