ベゴヴィッチ奮闘も3度の絶好機を活かせず、チェルシーはポルトに惜敗!

モウリーニョ監督プレミアリーグ復帰の初年度、2013-14シーズンのチャンピオンズリーグでは、スタンフォード・ブリッジでのバーゼル戦を1-2で落として敗戦スタート。結局この年のチェルシーは彼らにダブルを許しており、指揮官の古巣ポルトにアウェイで負けて1勝1敗という結果は大して騒ぐほどのものではありません。しかし、同じ時間に戦ったアーセナルが衝撃の敗戦を喫し、プレミアリーグ勢が1勝5敗という信じられない崩れ方をしている状況では、チェルシーの敗戦も凋落を語るひとつのパーツとして扱われてしまうのでしょう。彼らが昨季と同様に、プレミアリーグでトップを快走していれば何もいわれないはずですが、この秋は15位という信じられないポジションに甘んじており、好転の兆しは未だ見えていないのですから。

ラミレスとペドロのセンター起用は、失点を防ぐこと優先のアウェイ仕様でしょうか。最終ラインはイヴァノヴィッチ、ズマ、ケーヒル、アスピリクエタ。アザールとマティッチをベンチに置くというショック療法を施したモウリーニョ監督も、最終ラインのレギュラーメンバーをいじるつもりはないようです。プレミアリーグで出場停止を喰らっているジエゴ・コスタをこちらでは使えるものの、不振のストライカーは果たしてゴールを奪えるでしょうか。

6分のチェルシーは、左に流れたジエゴ・コスタのドリブルからチャンスをつかみました。DFを翻弄したスペイン代表FWが、いつもよりひとつ前でプレイするセスクに落とすと、強烈なミドルがGKカシージャスを襲います。フェルナンドやマンガラ、ジャクソン・マルティネスらを抜かれまくっているポルトは、それでもスーペルリーガで首位に立っており、直線的な攻撃は迫力があってチェルシーは息が抜けません。13分、いかにもチェルシーらしい決定機がきました。GKベゴヴィッチのゴールキックをジエゴ・コスタが頭で落とすと、フリーで受けたウィリアンが素早く最前線に走ったペドロへ。GKと1対1は、的確にコースを切ったカシージャスが勝ちました。スターリング、チェンバレンなど、序盤の絶好機を活かせないシーンが目立つ今季のプレミアリーグ勢は、ここでもリードを奪えません。

イニシアチブの取り合い、ミドルシュート以外に打開策がない神経戦。CBのプレッシャーを避けて左右に流れるジエゴ・コスタが駆け引きには勝っているものの、中盤からの押し上げが少ないチェルシーはそこから次のボールが出せません。39分、ついにスコアが動きます。先制点をもぎ取ったのはホームのポルト。崩されたのは、やはりといっては何ですが、ブライミにやられる予感に満ちていた絶不調イヴァノヴィッチでした。簡単に中に持ち込まれた最初のシュートはベゴヴィッチが右手1本で弾くも、落下点にいたアンドレ・アンドレが冷静にボレーを蹴り込み、2度めはGKも手に当てるのが精一杯でした。

これで終わりかと思われた前半終了間際、チェルシーが追いつきます。チャンスメイクは、ドリブルで2人を抜き去りFKをもらったラミレス。ウィリアンの左からの直接FKが、ファーにいったにも関わらず一歩も動けなかったのは、指示した壁と自身のポジションがよくなかったからでしょう。前半は1-1.昨季までの強いチェルシーなら、後半頭から一気に攻めてリードを奪いにいく展開です。

ウィリアンのクロスを受けたジエゴ・コスタのシュートで始まった後半。リードしたのは、またしてもポルトでした。52分のCK。ラミレスの前で触ったのはキャプテンのマイコン。昨季チャンピオンズリーグで、パリに2度のCKを決められ大会を去ったチェルシーは、今もCKの守備に課題があることを露呈しました。54分、ペドロからのパスをペナルティエリアの角で受けたジエゴ・コスタが右足で巻いたきれいなシュートを放ちますが、バーを直撃して同点はならず。58分、ウィリアンが左を突破したシーンは決定的でしたが、中央でフリーだったペドロに合いません。今シーズンのプレミアリーグで、11人のチームを1失点で抑えたことが1度もないチェルシーに、「いつもの2失点」が重くのしかかります。

62分、モウリーニョ監督はミケルをアザール。昨季プレミアリーグMVPは、入ってすぐに右サイドからゴール前に抜け出し、角度のないところから狙うもサイドネット。ラミレスに明らかに疲れが見られるアウェイチームはインブラに再三ミドルを打たれ、アンドレ・アンドレ、ダニロ・ペレイラ、アブバカルにも次々ときわどいシュートを浴びますが、ベゴヴィッチの好守が追加点を許しません。見かねた指揮官は、73分にラミレス、ペドロを下げてケネディとマティッチを投入。このあたりの交代は、目の前の状況に素早く対応するモウリーニョ監督らしい采配です。この後チェルシーは、マティッチに競り勝ったダニロ・ペレイラにもCKからヘッドをポストに当てられました。アーセナルともども、セットプレーの守備は早期に修正しなければなりません。

後半の両者の攻撃を見る限り、2-1のスコアは妥当でしたが、タイムアップの笛の直前に得たアウェイチームの大チャンスは「もったいない」のひとことでした。ケネディから縦に入ったボールをジエゴ・コスタが受け、大きくなったドリブルに突っ込んできたケネディに、ポルトDFは追いつけません。決まったと思ったそのとき、2人のFWが交錯し、ボールはゴールの左に逸れていってしまいました。ポルトがチェルシーにホームで勝ったのは11年ぶり。プレミアリーグチャンピオンの不振からの脱却は、この試合でも実現しませんでした。

チェルシーは、現在持てる力も抱えている課題もすべて出し切って敗れた、ただしアウェイ。そんな一戦でした。ロンドン勢がダブルで崩れた本日、プレミアリーグにとっての唯一の明るい話題は、UEFAランキングで3位を争うイタリアのローマがボリソフに敗れるというおつき合いをしてくれたことだけでした。うーん。気を取り直して、2日めのマンチェスター勢に期待しましょう。開幕節に続き、今週も3敗するようであれば、プレミアリーグ勢が何らかの理由で全体的に地盤沈下していることを本格的に心配しなければなりません。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

いやぁー。

不振ということもあり、チェルシーの試合が楽しみという気持ちが薄れていって悲しいです。

この試合も低調なパフォーマンスが90分続きましたね。ブラナはもう限界のような気がします。あれだけちんちんにされるDFは昨シーズン王者のチームに相応しくないと思います。今シーズンから副主将を務めてもらってはいますが、見るに耐えません。

ミケルを先発で使う場合は先制点は必須だと思うのですが、相変わらず連携面がいまいちですし、決定的力の低さを露呈し続けています。
今日のコスタは良かったと感じました。タメもつくってくれましたし、惜しいシュートもありました。

攻撃も守備もいまいちですが、やはり守備を早急にどうにかしないと見てられません。冬の市場では誰か取れるんですかね。15位ですが。(笑)
  • chelさぽ
  • 2015/09/30(Wed)18:57:29
  • 編集

無題

イバノビッチは流石に我慢の限界でしょう。右アスピリクエタ左ババだとババの裏を結構取られるシーンが有りますが、あそこまで一対一をやられるならそれ以前の問題ですよね。まぁ相手がポルト・コスタ、アザールの動きが上向き・ラミレス、ウィリアンのコンディションがまずまずと少しはポジティブな部分も有りましたので、セインツ・ヴィラとのホーム2連戦で連勝してくれる事を祈ります。去年まではホームで連勝なんて普通だったんだけどなあ〜。

コメントありがとうございます。

chelさぽさん>
ジエゴ・コスタのボールをもらう動きはクオリティが高かったですね。ただし、彼がサイドでがんばった後にもらってくれる選手が少なかったのが気になりました。オスカルがいてくれればおもしろかったのですが…。思い切ってセスクを外して、ペドロを中で使ったり、2トップにするなどのバリエーションもあるかもしれません。


ペドロさん>
イヴェノヴィッチは厳しいですね。当面は、アスピリクエタとババをメインにして、比較的ラクなカップ戦等で再起を図ってもらったほうがいいのではないかと思いました。
  • makoto
  • 2015/10/01(Thu)09:21:39
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ