欧州激闘レポート~CL&ELのプレミアリーグ勢ベスト11を選んでみました!

不振からの出口が見えてきたモウリーニョ監督も、苦境を脱したヴェンゲル監督もハイテンションでした。9日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ最終節で、アーセナルは勝ち点3差で追っていたオリンピアコスとのアウェイ戦を0-3でクリアして大逆転。チェルシーは、スタンフォード・ブリッジでポルトに2-0と完勝し、終わってみれば首位通過。プレミアリーグ勢から新たに決勝トーナメント進出クラブが2つ増え、既に2位以上を決めていたCLのマンチェスター・シティと、ELのリヴァプール、トッテナムを合わせた5チームがグループステージ突破となりました。CLグループBでヴォルフスブルクに敗れて3位となったマンチェスター・ユナイテッドは、残念ながらヨーロッパリーグにまわることになります。

モウリーニョ監督は、「2位通過のすべてのチームが、チェルシーと対戦したがっていると思う。われわれのような苦境にあるチームは、もちろんチャンピオンズリーグの優勝候補ではない」と謙虚に語りつつ、「ポルトで優勝したときも、インテルでチャンピオンになったときも、優勝候補ではなかった。結果がどうなるかは誰にもわからない」と、色気はたっぷりです。レアル・マドリード時代に確執があったGKカシージャスのポルトを3位に転落させたことに触れて、「私は自らの仕事をやり遂げた。カシージャスもそうだ。彼は、まだ勝ち取っていない唯一のタイトルを手に入れることができるね。 ヨーロッパリーグだ」と舌も滑らかです。

一方、ヴェンゲル監督が、こんなに興奮するのはなかなか見られないでしょう。0-3勝利の後、「私たちにとって、チャンピオンズリーグにおけるラッキーイヤーなのかもしれないね。チームをとても誇らしく思っている。メンタルも戦術も、正しい状態にあることが必要だった。完璧な試合をしたね」と、手離しの喜びようでした。幸運なのかどうかを判断するのは、月曜日に行われるラウンド16の抽選で、バルサやアトレティコ・マドリードを引かなかったことを確認してからでもいいでしょう。今季のレアル・マドリードには付け入る隙がありそうですが、年明けに負傷者が続々復帰するガナーズといえども、スペイン勢には相当苦戦を強いられそうです。

そんなこんなで、結局全部観てしまいました。プレミアリーグ勢のチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグ。イスラエルやアゼルバイジャンはスルーしようかと思っていたのですが、トッテナムには興味津々、チェルシーは心配で放っておけませんでした。せっかくひととおり観たので、グループステージにおけるプレミアリーグ勢のベスト11を選んでみたのですが、いかがでしょうか。

【CL&ELグループステージ・プレミアリーグ所属選手のベスト11】
GK/チェフ(アーセナル)
DF/サニャ(マンチェスター・シティ)、ズマ(チェルシー)、
  アルデルヴァイレルト(トッテナム)、アルベルト・モレノ(リヴァプール)
MF/エリック・ダイアー(トッテナム)、フェルナンジーニョ(マンチェスター・シティ)、
  エジル(アーセナル)、スターリング(マンチェスター・シティ)、
  ウィリアン(チェルシー)
FW/ジルー(アーセナル)
次点/デ・ヘア、スモーリング(マンチェスター・ユナイテッド)、
  ナサニエル・クライン(リヴァプール)、ラメラ(トッテナム)、
  アレクシス・サンチェス(アーセナル)、ハリー・ケイン(トッテナム)

オスピナに最初の2試合を譲ったチェフは、クリーンシートで勝った3つのゲームの輝きが凄すぎました。2-0のバイエルン戦のビッグセーブ連発がなければ、アーセナルは2試合を残して敗退が決まっていたでしょう。オリンピアコス戦でも、GKがハイクロスのパンチをあれだけ遠くに飛ばしてくれれば、CBがもうひとり増えたようなものだと思いました。同じくチームのピンチを何度も救っていたデ・ヘアは、決勝トーナメント進出となっていれば選びたい活躍でしたが、スモーリングともども敗退したチームということで次点に下げました。

DFは、まずは堅実に右サイドを締めていたサニャ。マン・シティの失点は圧倒的に中と左からが多く、サバレタの不在を埋めたSBは安定していたと思います。プレミアリーグでは不調のチェルシーも、チャンピオンズリーグでは守備の崩壊はほとんどなく、闘志を前面に出してプレイしていたケーヒルと迷いつつも、SBとCBでベテランをフォローした全試合出場のズマを選ばせていただきました。もうひとりのCBは、トッテナムの最終ラインを落ち着かせ、フィードの質も高いアルデルヴァイレルト。左SBはコラロフ、アルベルト・モレノ、モンレアル、アスピリクエタ、ベン・デイヴィス、ロホと粒ぞろいですが、アグレッシブに左から攻め続けたアルベルト・モレノを、ユーヴェ戦で敗戦の原因を作ってしまったコラロフより上としました。

セントラルMFは、相手のミドルシュートのチャンスを減らしつつ、攻撃への貢献度も高いエリック・ダイアーと、セビージャをつぶしたフェルナンジーニョ。いちばん悩ましいのは2列めですが、エジル、ウィリアンに異論をはさむ方はいないでしょう。UEFAは、毎節終了後に「チーム・オブ・ザ・ウィーク」としてCLとELのベスト11を発表しているのですが、プレミアリーグの選手で2回以上選ばれたのはウィリアンだけです。6試合5ゴールと出色の数字を残したブラジル人MFの運動量とプレースキックがなければ、カシージャスではなくモウリーニョ監督が、初めてとなるヨーロッパリーグ優勝をめざしていたに違いありません。

さあ、中盤はあとひとり。セビージャ戦とボルシアMG戦で素晴らしかったスターリング、ダヴィド・シルヴァの不在を感じさせなかったデブライネ、5戦5ゴールのラメラで迷いますが、やはりここはアウェイのセビージャ戦勝利という試合の重みと、死のグループでCL首位通過という結果の素晴らしさを取りましょう。ラヒム・スターリングは、レッズ時代よりも決定力が上がり、プレイの幅も広がっています。ぜひ、アンリのような選手になっていただき、スペインといわずにプレミアリーグでファンを湧かせ続けてもらえればと思います。トップは、5試合5ゴールのジルーで決まりでしょう。バイエルン相手に2戦連発、最重要のオリンピアコス戦のハットトリックと、大事な試合であれだけ決めてくれたので、ザグレブ戦のレッドカードは忘れてあげてもいいのではないでしょうか。

長くなりました。このなかからMVPをひとり選ぶとすれば…断然メスト・エジルです。バイエルン戦でジルーに合わせた右からのクロス、1勝3敗と沈んでいたチームを「いける!」という気持ちにさせたザグレブ戦の先制ヘディングシュート、完全アウェイの空気を一発で変えたオリンピアコス戦のラムジーへのスルーパス。このパスは、DFのチェックから後ろに逃げながら振り抜いた瞬間の高速パスで、ラムジーのポジションと走り出しをいつ見ていたのだろうと背筋がしびれました。ワールドクラスの司令塔が最後まで元気であれば、プレミアリーグとFAカップのダブルや、チャンピオンズリーグのベスト4は充分射程圏内でしょう。

抽選の結果を見るまでは何ともいえませんが、プレミアリーグ勢が昨季の惨敗を繰り返すことはないだろうと期待しています。初めてグループステージ首位通過となったマン・シティは、やっかいなパリ以外はすべて勝てそうで、これもまた初となるベスト8はいけるのではないでしょうか。まずは、14日に明らかになる次のラウンドのドローに注目しましょう。


おもしろいと思っていただいた方は、お時間が許せばスポンサーリンクの下のランキングバナーをクリックしていただけますでしょうか。大変、励みになります。どうぞよろしくお願いいたします!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

管理人様は生粋のユナイテッドサポーターと認識してますが、エジル大好きですね!グーナーとして嬉しい限りです!
  • くま
  • 2015/12/12(Sat)12:46:31
  • 編集

同感

エジル、凄いですね。
ベルカンプ以来、久しくなかったのですが、チームではなく、個人に夢中です。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2015/12/12(Sat)16:33:39
  • 編集

無題

エジルがこの調子を維持したまま、CL優勝仮にすればバロンドールに届きますか?
  • ちくちく
  • 2015/12/12(Sat)16:49:17
  • 編集

無題

If you love to watch football, you love to watch Ozil.

という今シーズンのヴェンゲル監督の言葉を日に増して感じます。
  • gooner.de
  • 2015/12/12(Sat)18:26:48
  • 編集

無題

個人的にモンレアルがとてつもないパフォーマンスと思うのはグーナーだからでしょうか(笑)
あとはメンバーを見ると、無事これ名馬ですね。
本来で入るであろう人はいますがやはり試合に出ないとね。
  • ぐん
  • 2015/12/13(Sun)04:45:33
  • 編集

無題

モンレアルは地味だけど今シーズンはかなりいいですね。プレミアの15節までのベストイレブンが発表されましたが、左サイドバックはコラロフよりモンレアルの方がよかったと思います。
  • シン
  • 2015/12/13(Sun)06:57:54
  • 編集

コメントありがとうございます。

くまさん>
いやー、すごいですからね。レアル・マドリードは、ワールドクラスをなぜ放出したのかと思います。

プレミアリーグ大好き!さん>
アーセナルのゴールの過半はエジル絡みですよね。お金を払って現地で観たい選手です。

ちくちくさん>
決まりでしょう!

gooner.deさん>
そうですね。ヴェンゲルさんの言葉はかっこいいですね。

ぐんさん>
モンレアルも、入れようかどうしようか悩みました。おっしゃるとおり、出場時間の多さ、コンスタントな貢献度を重視して選んでいます。

シンさん>
私も、プレミアリーグではモンレアルのほうが上だと思います。
  • makoto
  • 2015/12/13(Sun)23:37:04
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ