狙い澄ましたデブライネの決勝ゴールで、マンチェスター・シティが初のベスト4進出!

チャンピオンズリーグ準々決勝、パリでの緒戦は2-2。マンチェスター・シティは、たとえ勝てずとも1点差以内のドローなら、プレミアリーグ勢としては2013-14シーズンのチェルシー以来となるベスト4進出が決まります。ペジェグリーニ監督は、先にゴールを奪われて追いかける展開だけは避けたいところ。GKジョー・ハート、最終ラインはサニャ、クリシーがSBに入る守備的なセット。CBはマンガラとオタメンディ、中盤にはナンド&ジーニョとヘスス・ナバス、ダヴィド・シルヴァ、デブライネ。トップはもちろんアグエロです。ディ・マリア、カバーニ、イブラヒモヴィッチが脅威のパリ・サンジェルマンは、マチュイディとダヴィド・ルイスが出場停止です。開始当初に押していたのはホームチーム。マイボールとなった瞬間、少ない手数で前に運び、ヘスス・ナバスが高速クロスを入れるシーンが目につきます。

7分、中央のディ・マリアが縦にカバーニを走らせたスルーパスは球足が長く、ジョー・ハートがキャッチ。マンチェスター・シティの攻撃は、ダヴィド・シルヴァにパスミスが目立ち、スムーズに前につながりません。一方のパリもイブラヒモヴィッチに楔が入らず、攻めあぐむ時間が続きます。16分、イブラヒモヴィッチの初めてのシュートは直接FK。30メートルを超える距離からの強烈な一撃は、ジョー・ハートが上に弾き出してアウェイチームの先制を許しません。

プレミアリーグのWBA戦でテンションの低いサッカーに終始したマン・シティは、徐々にパリにポゼッションを明け渡し、相手を追いかけまわす展開を強いられます。しかし22分、左サイドでダヴィド・シルヴァと絡んだデブライネがようやく前を向いて進み、左に流れたアグエロにスルーパス。シュートはニアに外れたものの、彼ららしい攻撃でした。その2分後、フェルナンドの敵陣でのボール奪取からアグエロが狙ったミドルは50センチだけ外。水色のユニフォームに躍動感が芽生えてきた28分、事件が立て続けに起こります。

オーリエのパスミスを突いたフェルナンジーニョがダイレクトで前線のアグエロにつなぐと、1対1となったエースはGKトラップに引っ掛けられてPK。完全に遅れて足を出したパリの守護神は、イエローカードで済んだことを喜ばないといけません。ところがこのPKは、昨季プレミアリーグ得点王が慎重になり過ぎたのか、右に外してしまいます。初戦はズラタン、そして今日はアグエロ。チャンピオンズリーグの緊張感が、百戦錬磨のストライカーから平常心を奪っているようです。

競り合いの着地で足を痛めたアグエロは大丈夫でしょうか。40分、オーリエが2度めの致命的なパスミスを犯したパリは、ヘスス・ナバスのコントロールショットが右に外れて胸をなでおろします。その直後、今度はパリにアクシデント。ハムストリングを痛めたモッタが下がり、ルーカス・モウラという前傾のフォーメーションです。前半は0-0。オーリエ、チアゴ・シウヴァ、マクスウェルの3バックという意表をついた布陣で臨んだパリは攻撃に迫力を欠き、いつしか主導権はホームチームに移っています。とはいえ、まだイーブン。一発があるパリの前線には、次の45分も要注意です。

48分、イブラヒモヴィッチの2度めのFKには度肝を抜かれました。ルーカスがしゃがんだ頭のすぐ上を抜けた正確かつ強烈な一撃は、ジョー・ハートがよく弾きました。54分、ヘスス・ナバスをかわしたマクスウェルがニアのカバーニにラストパスを通したチャンスは決まりと思われましたが、オフサイドの旗が上がりました。クリシーが自陣でクリアミスをしたピンチは、ディ・マリアのラストパスをミスした本人がクリアし、シュートに持ち込ませません。

後半のマン・シティがようやくシュートを放ったのは60分。右からのCKを叩きつけたフェルナンドのヘディングは、力み過ぎて左に外れました。ブラン監督は不安定なオーリエを諦め、パストーレ。マルキーニョスがCBに下がり、3バック続行のようです。65分、チアゴ・シウヴァのヘディングはGKがセーブ。プレミアリーグ勢はCKへの対応が危なっかしいチームが多く、今日のマンチェスター・シティもハラハラさせられます。イブラヒモヴィッチとカバーニにシュートがないまま、ゲームは残り20分まできました。CKから猛攻を続けていたマンチェスター・シティの粘りが実ったのは75分。クリシーの2本の高速グラウンダーはシュートにつながらなかったものの、こぼれ球を拾ったフェルナンドがデブライネに落とすと、ベルギー代表MFはここしかないというコースに完璧なミドルを通しました。

1-0、アグエロのミドルが左に逸れると、時計は残り時間が10分強しかないことを示しています。パリは勝ち抜けには2点が必要。80分にフェルナンドからボールを奪取したショートカウンターからルーカス・モウラがカバーニにつなぎ、GKと1対1になった決定機は、ジョー・ハートが素晴らしい反応で左手に当てます。83分にヘスス・ナバスとアグエロが仕掛けたカウンターがゴール前でカットされると、殊勲のデブライネが下がり、ヤヤ・トゥレ登場。86分にマクスウェルのクロスをイブラヒモヴィッチがボレーで合わせ、ネットを揺らしましたが、これはマンガラが咄嗟の判断で追うのをやめて狙って取ったオフサイドでした。ダヴィド・シルヴァに代えてデルフ。ペジェグリーニ監督は、ゲ―ムを畳みにいっています。

92分、ヤヤ・トゥレのミドル。アグエロをイヘアナチョ。もう何も起こらないでしょう。シティズンのみなさん、おめでとうございます!イブラヒモヴィッチにFKしか仕事をさせなかった今日の守備は素晴らしかった。アグエロがPKを外したことが痛い結果につながらなければいいなと思いながら観ていたものの、オタメンディとマンガラがシュートを打たせなかったホームチームに、先にゴールを奪われる気配は感じられませんでした。最終ラインの奮闘もさることながら、フェルナンドとフェルナンジーニョがディ・マリア、ラビオとルーカスをよく抑えていました。ハーフライン付近でナンドがボールロストし、カバーニにやられそうになったシーンはあったものの、彼らの運動量と攻守のバランスのよさが、勝利という気持ちいい結果で次のラウンドに進む原動力になったと思います。デブライネがスーパーだったことは、いうまでもありません。

パリのブラン監督は、戦い方を間違えたのではないでしょうか。ディ・マリア、カバーニ、イブラヒモヴィッチが中に集まってしまい、効果的なパスがつながらなかった攻撃は、いかにも狙いが不明確。後半、ファン・デル・ヴィールがヘスス・ナバスとのマッチアップで劣勢となり、逆サイドのクリシーにも侵入を許したために、激痛の先制点を奪われてしまいました。一方のペジェグリーニ監督は、アウェイゴールを奪ったチームならではの慎重な守備と速攻主体の攻撃で意志統一ができており、安心して観ていられました。ここまできたら、プレミアリーグ勢にとって4年ぶりとなるファイナルへ、ぜひ進んでいただければと思います。ブラボー!(ジョー・ハート 写真著作者/Голубович Дмитрий)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

マンガラとオタメンディがPSG相手にここまで出来るとは思っていませんでした。
ここまできたら、ペジェグリーニ監督には有終の美を飾ってもらいたいです。
CLで優勝するために、4位争いから脱落していただいて、ウェストハムが4位、シティのCL優勝が最高の展開じゃないでしょうか。
  • おハム
  • 2016/04/13(Wed)07:15:04
  • 編集

無題

更新ご苦労様です。
シティBest4進出おめでとうございます!
PSGの攻めを抑えたのは大きいですね。デブライネはいい仕事しますね。プレミア勢が勝ち残る事は嬉しいことです。ペジェグリーニのシティはまだまだ終わらないですね!
  • Macki
  • 2016/04/13(Wed)08:45:21
  • 編集

無題

次ヴォルフスブルクに勝って、ファイナルですね!

ペジェグリーニ有終の美を飾ってほしいです。
  • ジダネス
  • 2016/04/13(Wed)09:17:49
  • 編集

無題

選手全員が素晴らしいパフォーマンスで
チーム一体となってつかんだ結果だと思います
ぜひ週末も買ってほしいです
  • シティさぽ
  • 2016/04/13(Wed)09:19:56
  • 編集

無題

失礼ヴォルフスブルク負けてました(笑)

でも行ける!
  • ジダネス
  • 2016/04/13(Wed)09:20:27
  • 編集

コメントありがとうございます。

おハムさん>
マンガラがイブラヒモヴィッチをオフサイドにしてシュートを決めさせたシーンに感動しました。冷静に守れてましたね。ウェストハムですか…。ご近所のよしみで、別なユナイテッドにしていただいてもいいですか!?

Mackiさん>
デブライネにあんなプレイをされては、われわれの4位以内は厳しそうですね。もうひとつCLへのルートがあるレッズファンは、盛り上がりポイントが多くてうらやましいです。

シティさぽさん>
そうですね。全員の勝利という言葉がぴったりでした。

ジダネスさん>
では、ベンフィカで!
  • makoto
  • 2016/04/13(Wed)09:42:17
  • 編集

無題

プレミアはステップダウンとほざいたチアゴ・シウバに天罰が下ったのでしよう。
  • ジウベルト
  • 2016/04/13(Wed)10:44:44
  • 編集

無題

シティがCLで優勝した場合、プレミア5位のチームにCLの出場権は与えられるのでしょうか?
  • a
  • 2016/04/13(Wed)10:47:09
  • 編集

無題

失礼ヴォルフスブルク負けてました(笑)

でも行ける!
  • ジダネス
  • 2016/04/13(Wed)11:11:40
  • 編集

シティ、本当にやりましたね!

いやー、パリに1対0の勝利、本当に見事でした!ベブライネのシュート、よくあそこで打ちましたね。ガナーズファンとしては守備的セットの元アーセナル、サーニャ、クリシーのスタメン、嬉しかったです。また、クリシーの上下の動きやサイドからの上手いクロス、本当に痺れました!

プレミアファンとして、ベスト4での躍動を祈ってます。

無題

ミスコメントすみません。
最近TOP3も隙がありそうですし、もしかするかも、と思います!
  • ジダネス
  • 2016/04/13(Wed)12:34:31
  • 編集

無題

デ・ブライネを欠かなければシティはリーグでも優勝争いをしていたと感じさせるゲームでした。アーセナル・シティがレスター・トッテナムに上を行かれているのは、キーマンの不在が大きかったのは言うまでもありません。
そうなると気になるのは来季のレスター・トッテナム 。週一のレスターはもちろん、ヨーロッパリーグとは違い、簡単にメンバーを落とせなくなるトッテナムが来季の優勝争いにも絡めるのか?今からワクワクドキドキします。
  • 新参
  • 2016/04/13(Wed)14:45:45
  • 編集

無題

更新おつかれさまです!
いやはや強いシティを見ましたね。特にCB2人のポテンシャルの高さが垣間見えた試合だったと思います。イブラヒモビッチがあそこまで完封されるとは思ってもみませんでした。
ちなみにシティがCL優勝してリーグが5位だった場合、4位のチームはCLに出場する事ができず、ELに回るようになると思います。我がスパーズはチェルシーがCL制覇した11/12シーズンの次のシーズン、4位ながらELに回った事を忘れていないからです。確か予備予選枠がなくなりリーグ1位から3位までのチームとCL優勝チームの全てがストレートインできるようになるはずです。ポッドは分かりませんが。普段欧州の舞台ではイングランド勢を応援するのですが、あの時ばかりはバイエルンを必死で応援したのを忘れてはいません。笑
  • にわかスパーズファン
  • 2016/04/13(Wed)15:29:42
  • 編集

無題

シティが5位でCL優勝してもプレミアから5チームがCLに出れるだけで、4位のチームが出れないなんてことはありませんよ
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2016/04/13(Wed)19:06:16
  • 編集

無題

グーナーながら、よくやってくれた!という試合でした。CLで弱くなったと言われる現状を是非是非打破して頂きたくあります

レアルだったら勝てそうだなぁ…(ボソッ
  • 新米グーナー
  • 2016/04/13(Wed)21:16:04
  • 編集

無題

すみません、
2015年から出場枠の規定が変わっていましたね。最大5チームであるという事を忘れていました。
4位のチームがCLに出る事が出来ない可能性としては、シティがCL優勝リーグ5位以下。リバプールがEL優勝リーグ5位以下のみでしたね。
EL優勝でCL出場権を得られるようになってそこらへんも変わっていました。間違った情報提供申し訳ございません。
  • にわかスパーズファン
  • 2016/04/13(Wed)21:37:31
  • 編集

コメントありがとうございます。

ジウベルトさん>
ああいう発言は、えてしてこういう結果になるものですね。

aさん>
5位にはこないですね。

ジダネスさん>
私も、もしかするかも、と思ってます。

ヤンガナ大好きさん>
デブライネのシュートのタイミングは完璧でしたね。クリシーを悠々と上がらせてしまったのが、あの時間帯におけるパリのエラーだと思います。

新参さん>
ポチェッティーノさんは、あっけらかんとターンオーバーしそうです。昨季は11人総とっかえを平気でやってた方ですし。

にわかスパーズファンさん プレミアリーグ大好き!さん>
「4位のチームがCLに出る事が出来ない可能性としては、シティがCL優勝リーグ5位以下。リバプールがEL優勝リーグ5位以下のみ」
→そうですそうです。これ(=マン・シティが5位以下かつ欧州独占)までは起こる確率は限りなく低い、4位争いをしているチームは5月までは安心していてよさそうです。

新米グーナーさん>
同感です。いちばん勝てそうなのはそこですね。見事に引き当てたので、楽しみにしています。
  • makoto
  • 2016/04/16(Sat)14:11:35
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ