プレミアリーグ最後の砦!リヴァプールが奇跡的な大逆転でドルトムントを下し、EL4強進出!

ドルトムントのスタメンには、オーバメヤン、マルコ・ロイス、ムヒタリアンと一緒に香川真司がいます。ヨーロッパリーグ準々決勝、プレミアリーグ勢で唯一生き残ったリヴァプールが、アンフィールドにドルトムントを迎えました。ドイツでのファーストレグを1-1としたリヴァプールは、ベスト4進出のチャンス。GKミニョレ、最終ラインにナサニエル・クライン、サコ、デヤン・ロブレン、アルベルト・モレノ。セントラルにはミルナーとエムレ・ジャン、コウチーニョ、フィルミーノ、ララナの2列めに、オリギのワントップは申し分のないベストメンバーでしょう。2分、ドルトムントの最初のチャンスは、左から上がった香川真司の折り返し。その2分後のオーバメヤンの左足シュートは、軸足が滑って左に外れていきます。アウェイチームの先制点は、右サイドから始まったカウンターでした。5分、中央を上がった香川真司が右のカストロに速いパスを通すと、裏に走ったオーバメヤンに絶妙な浮き球。最初のボレーはミニョレがセーブしますが、これをフォローしたムヒタリアンは止まりませんでした。0-1、最悪の立ち上がりとなったレッズが勝ち抜くためには2点が必要です。

2点めは9分、やはりカウンター。マルコ・ロイスの素晴らしいスルーパスで右からフリーとなったオーバメヤンが、ミニョレの肩越しに強いシュートを叩き込みます。早い時間に1点ほしいレッズですが、中盤でパスミスが多く、次のゴールもドルトムントに入りそうです。17分、ナサニエル・クライン、ララナと右サイドでつながったボールが縦のオリギへ。決まるかと思われた一撃は、パパスタソプロスが足に当ててCKに逃れます。21分、フィルミーノが左サイドから突破を図り、ララナに折り返したチャンスは20番がシュートを空振り。ようやく攻撃が機能してきたリヴァプールですが、ドルトムント相手に3点は厳しいノルマです。

25分、右サイドからドリブルで上がったミルナーがニアに上げたクロスは、パパスタソプロスより先に触ったオリギがクロスに外してしまいます。29分、ペナルティエリア右でララナのシュートコースが空きましたが、左足のシュートはDFにブロックされてしまいました。その2分後のドルトムントの反撃は1点ものでした。エムレ・ジャンを抜き去ってゴールラインまで持ち込んだピスチェクのグラウンダーは、ミニョレが触らなければオーバメヤンに軽く押し込まれていたでしょう。36分にマルコ・ロイスとのコンビネーションからフリーで放ったオーバメヤンのダイレクトショットは、タイミングが合わずに右にアウト。フィルミーノとの息の合った中央突破でシュートに持ち込んだコウチーニョは、一瞬でもコースが空けば決めてくれたでしょう。2点ビハインドのハーフタイム。決定機はそれなりにあったレッズは、まずは1点です。

48分、プレミアリーグで怖れられる熱狂のアンフィールドが戻ってきました。2つのワンツーで中央を上がったエムレ・ジャンがエクセレント。完璧なスルーパスでGKヴェイデンフェラーと1対1になったオリギが、冷静に足元を抜きました。絶好調オリギは、54分にも左サイドから自ら持ち込んでミドルシュート。対するアウェイチームもすかさず反撃に出て、シュメルツァーが香川真司に浮き球を通した決定機は、トラップを狙ったサコがクリア。56分、ラインにサコがひとり残ってしまう形は3度めですが、いずれもレッズは失点を喰らってしまいました。スルーパスの出し手はフンメルス、ミニョレのポジションをみて冷静に流し込んだのはマルコ・ロイス。62分、クロップ監督はララナとフィルミーノを下げて、ジョー・アレンとスタリッジを投入します。

レッズが諦めていないことを示したのは66分。ミルナーとのワンツーから素晴らしいシュートを右隅に突き刺したのはフィリペ・コウチーニョ!2-3、残り20分ならまだわかりません。75分、CKからデヤン・ロブレンがボレーを放った後の混戦は、ジョー・アレンが打ちきれませんでした。77分、プレミアリーグ在籍時代にリヴァプールに一度も負けていない香川真司がギンターに後を譲ります。直後のCK、スタリッジの後ろを抜けてきたボールをヘッドで流し込んだのはサコ!ポジショニングのミスが目立ち、3失点の元凶となったCBは、1点だけ帳消しにしました。ここにきてのエムレ・ジャンの負傷は痛い。代わって入ったのはルーカス、レッズはあと1点です。

90分、アンフィールドに奇跡は起こりました。右サイドで粘ったスタリッジが縦に走ったミルナーに渡すと、背番号7のクロスはデヤン・ロブレンの頭にぴったりでした。リヴァプール、4-3。あまりに劇的な勝利に、戦術云々や守備がどうこうといった話は頭から飛びました。ゴール裏に向かって吠えるデヤン・ロブレン、これぞアンフィールド!ドルトムントのトゥヘル監督は、4ヵ月ぶりの敗戦を1-3のリードから喫するとは思わなかったでしょう。アドリアン・ラモス投入は妥当だったのでしょうか。スヴェン・ベンダーかギュンドアンを早いタイミングで入れて、バイタルエリアを埋められていれば、レッズのチャンスの数は減っていたかもしれません。一方、クロップ監督のスタリッジとジョー・アレン投入は見事でした。後半は中央でプレイする機会が増えたコウチーニョ、走り続けて最後に完璧なボールを上げたミルナー、そしてELとプレミアリーグを合わせて3試合連続となるゴールを冷静に決めたオリギが素晴らしかったと思います。いやいや、こんな試合を見せられると、涙腺が緩みます。レッズサポーターのみなさん、おめでとうございます!(ディボック・オリギ 写真著作者/PAUL ROBINSON)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

本当に歴史に残る試合でした。
何度も諦めかけましたが、信じて良かったです!
ここまできたら優勝あるのみ!
シティと共に優勝して、カントリーランキングのポイントも稼ぎたいですね!
  • えーじ
  • 2016/04/15(Fri)07:25:33
  • 編集

無題

更新お疲れ様です。

いや、ほんとに痺れました!
このイスタンブールを彷彿させる勝利はこれからも語り継がれると思います。

いつものリヴァプールなら劇的な勝利をした後にあっさりとやられてしまうことがあるので上手くやって欲しいですね。

ジャンの怪我が軽いものであって欲しいと願います。お疲れ様でした!
  • えじ
  • 2016/04/15(Fri)07:33:02
  • 編集

無題

更新ご苦労様です。
またしても欧州の舞台でこんな奇跡を観るとは思いませんでした。正直ロイスに決められた時は覚悟しましたが、2枚替えを行った時クロップの気持ちを感じました。
信じて良かった!うちのCBコンビは最高です!本当に嬉しい!
  • Macki
  • 2016/04/15(Fri)07:37:37
  • 編集

無題

お疲れ様です。
はっきり言って奇跡です!控えめに見ても地力で差があるドルトムントに2点取られた時点でドローすら許されず1度画面を閉じましたが開き直して正解でした!!
先代のキャプテンがいた時代、欧州での劇的な試合に魅せられてレッズを追うようになった私としては、「ついにこの空気が帰ってきた…!」と、感慨深いものがあります。
おそらく今最もレッズがCLに近づく方法はELを勝ちきることだと思います。期待です!!!
  • グッチ
  • 2016/04/15(Fri)07:39:07
  • 編集

無題

こんな試合をするからリヴァプールファンはやめられない。
最後まで絶対に諦めずに、逆境を跳ね返す。
それこそがリヴァプール。
  • abc
  • 2016/04/15(Fri)07:40:57
  • 編集

レッズ、素晴らしい!

アンフィールドでまさに歴史的な大逆転勝利ですね!ホームサポーターとチームが一体になり、クロップの最後まで諦めず走り続けるサッカーが実を結びましたね!EL制覇も夢ではないです!レッズサポーター、本当におめでとうございます!

サイコーです!

SBの裏を突かれてやられるのは予想通りでしたが、イスタンブールと同じく後半からの観戦だったので何故か不思議と勝つ気しかしなかったです。
キープレーヤーがこぞって累積リーチ組だったのに警告が出なかったのは次に向けても大きいですね!
ドルトムントはギュンドアンの怪我が敗戦の決め手だったと思いますので、カンが次のELの試合までに戻れる事とヴィジャレアルと当たらない事を祈ります!
  • K
  • 2016/04/15(Fri)08:46:10
  • 編集

無題

サコが下手すぎてイライラします笑
なんだあのクソみたいなライン取り。ファンには人気あるみたいですが、さっぱり理由がわかりません笑
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2016/04/15(Fri)10:24:12
  • 編集

無題

このままEL優勝、そしてプレミア5位以下だと、プレミア4位はCL出られなくなりますか?
同様のことがシティのCLでも起こるとアーセナルファンとしては2以外に食い込まないといけなくなるので厳しいです、、、。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2016/04/15(Fri)10:24:56
  • 編集

無題

リバプールが優勝しても4位はCLにでれますよ。ただCLにでれるの1リーグ5チームまでなのでシティもリバプールもリーグ五位以下でCL、ELに優勝した場合は4位はELに回ってしまいますが、そんな事は流石にないでしょう
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2016/04/15(Fri)10:30:46
  • 編集

無題

オリギが凄い。ゴール以外でも貢献度が高いからスターリッジがスタメン奪われても不思議ではないですね。

こういう試合をしてのけるのがリバプール。
やはり彼等はCLに居なければならない。
アンフィールドは相手が強ければ強いほど魔物が眼を覚ます。ドラマを生むのはやはりリバプール
  • 2016/04/15(Fri)14:08:33
  • 編集

無題

更新お疲れ様です。

もう最高です!
イスタンブールを彷彿とさせる歴史に残る一戦でした!
イスタンブールの奇跡でリヴァプールファンを抜け出せなくなった私ですが、これぞレッズ!This is Anfield!!あのリヴァプールFCが帰ってきました!
今日は戦術論なんて無粋です。
全てのプレーヤー、スタッフ、そしてクロップ監督が素晴らしかった!
試合終了後に、あのダルグリッシュさんも含めた全てのサポーターが歌うYNWAには涙が出ました。
ここまできたらもう優勝しかありません。
がんばれ、リヴァプール!!
  • nyonsuke
  • 2016/04/15(Fri)21:28:37
  • 編集

無題

更新お疲れ様です。
美しい試合でしたね、試合後のYNWAの大合唱には涙が出ました。
一日経って多少落ち着き試合を見返してて気になった点を質問させて頂きます。リバプールの3失点目は、香川に引っ張られたロブレンか、ラインを揃えられなかったサコーかのどちらのミスだと管理人さんは思われますか?
  • 赤かあ
  • 2016/04/16(Sat)01:09:37
  • 編集

無題

リバプールファンの皆さま、おめでとうございます。
攻撃陣がどんどんブレイクしてますね。来季はここにイングスも加わると考えるとすごいことになりそうです。(むしろ、バロとベンテケをどうしましょうか…)
そして、コウチ―ニョがスペインやパリから狙われないようにお気をつけてください。
スパーズのように後ろが安定したら、完成度がぐっとあがりますね!
  • queen
  • 2016/04/16(Sat)02:48:29
  • 編集

無題

来季のリバプールが怖くなった試合です。
クロップで面白いなと思うのは、ゲーゲンプレッシングという守備戦術で名を挙げたにも関わらず、ブレイクするのは攻撃の選手というところです。ペップ時代のバルサを見ても思いましたが、攻撃のための守備、守備のための攻撃のように、攻撃と守備は表裏一体だなと思います。
  • 新参
  • 2016/04/16(Sat)05:25:11
  • 編集

人生の中で

イスタンブールの奇跡、アンフィールドの奇跡、人生の中で2度もこのような場面を目にすることが出来たなんて。これこそが奇跡です。いずれの試合も12人目の選手の力が起こした勝利でした。ファンでいることを誇りに思えるチームです。僕はチームのファン以上にKOPのファンであることに気が付きました。ドルトムントのファンも素晴らしかった!
  • TM
  • 2016/04/16(Sat)05:44:56
  • 編集

コメントありがとうございます。

えーじさん>
すごかったですね!4発とも崩し方が美しく、しかも主役が違うのにも感動しました。

えじさん>
ありがとうございます。エムレ・ジャンの攻め上がりが呼び水となった逆転劇だっただけに、彼が出られないとなると厳しいなと思います。

Mackiさん>
ロブレン、かっこよかったですね!昨季、批判の声が多かったときも期待していたCBなので、大舞台で結果を出してくれたことに興奮しました。

グッチさん>
EL制覇が現実的なお話になってきました。ビジャレアルからアウェイゴールを奪えるか、ですね。

abcさん>
もはやチームカラーです。

ヤンガナ大好きさん>
開幕当初とは別なチームですよね。

Kさん>
ビジャレアル、引いちゃいました。攻撃陣がみんな元気なので、いい勝負に持ち込んでくれると思います。

プレミアリーグ大好き!さん>
サコが残って3発でした。クロップ監督が修正できるかにも注目しています。

プレミアリーグ大好き!さん>
CLとELを独占するという結末を見てみたいと思ってます。

か さん>
オリギは、来季はさらに化けるのではないかと期待しています。ベルギー代表は、どんあフォーメーションにするのでしょう。オリギとルカクの2トップか、あるいは…。

nyonsukeさん>
ロブレンがゴールした時のアンフィールドに感動しました。これぞリヴァプールです。

赤かあさん>
3点めですよね?サコはひとり下がっていたので、ラインを上げなければならず、ナサニエル・クラインがマルコ・ロイスについていかなければならなかったのだと思いました。ロブレンは、周囲がみえていたのではないでしょうか。

queenさん>
ダニー・イングス、来季こそですね。バロテッリとベンテケを並べるのは、ベンテケがかわいそうなのではないでしょうか。本人がどうしたいかにもよりますが、スーパーサブでよければ残すべしだと思います。何だかんだで7本決めているFWですし。

新参さん>
彼のプレッシングは速い攻撃のためですので、オリギやコウチーニョのように直線的に攻められる選手はより輝くのだと思います。

TMさん>
いい雰囲気でしたね。終盤は、背筋が震えました。
  • makoto
  • 2016/04/16(Sat)13:28:39
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ