ウェンブリーはアウェイなのか?攻守とも遅かったトッテナムは、ホーム連敗で絶体絶命!

アーセナルは2試合を残して17年連続のグループステージ突破決定。バルサに完勝したマンチェスター・シティもリーチがかかりました。3連勝のレスターは、本日のコペンハーゲン戦に勝てば初めての決勝トーナメントに駒を進めます。チャンピオンズリーグに出場しているプレミアリーグ勢は、軒並み順調。唯一混戦に巻き込まれているのはトッテナムです。ウェンブリーでの初戦でモナコに敗れたスパーズは、CSKAモスクワをアウェイで撃破したものの、ベイアレーナでレヴァークーゼンとスコアレスドロー。ウェンブリーに戻って戦う折り返しのレヴァークーゼン戦は、負けられない試合です。プレミアリーグで無敗のチームと、ブンデスリーガで10位にあえぐチームの一戦は、前者が優勢にみえるものの予断は許しません。

アルデルヴァイレルトを欠いたポチェッティーノ監督は、カイル・ウォーカー、フェルトンゲン、エリック・ダイアー、ベン・デイヴィスを最終ラインに並べました。中盤にはワニャマ、シソコ、エリクセン、デル・アリ、デンベレ。トップにソン・フンミンを据えた布陣は、現在のベストメンバーでしょう。開始早々、レヴァークーゼンの猛攻に防戦一方となったスパーズは、シュートだけは打たせずしのぎ切りました。10分を過ぎ、中盤の選手たちはこれがホームゲームであることを思い出したようです。速いパスが右のシソコに通るシーンが増え、サイドからクロスが入るようになったものの、精度を欠いたボールはストライカーに届きません。

トッテナムは、いつもより陣形が縦長で、前線へのフィードも不正確。デル・アリがラインの裏を狙ったチャンスも、シソコから的確なパスが出ません。カイル・ウォーカーのミスパスを敵陣でインターセプトされたのは29分。カウンターから逆サイドのチチャリートが空く危険な状況に追い込まれましたが、デンベレが必死に戻ってクロスをカットしてくれました。足を気にしていたデンベレは、ここまでが限界のようです。代わったフィンセント・ヤンセンが前線に入り、消えていたソン・フンミンはサイドにポジションを変えました。33分、トッテナムの速攻は5対4。中央からドリブルで上がったエリクセンのミドルは強烈でしたが、GKレノが正面で弾きました。

43分、今度はレヴァークーゼンに決定機。カイル・ウォーカーがバイタルエリアでブラントにトラップをさらわれ、ゴール前でフェルトンゲンが体を投げ出してカットしたこぼれ球をフリーのチチャリートに狙われます。決まりと思われた一撃は、狙い過ぎで左ポストの外。両者とも攻撃時のミスが多かった前半は、エリクセン、チチャリート、メフメディが1本ずつシュートを打っただけの静かな時間でした。後半開始間もない48分、押していたスパーズにチャンスが訪れます。最前線に張ってプレイしていたデル・アリがトプラクと接触して転倒するも、笛は鳴らず。フォローしたエリクセンが左隅を狙った一撃は、ポストすれすれを抜けていきます。ハーフタイムに指示があったのか、スパーズのプレスが厳しさを増しています。55分のエリクセンのロングシュートは、レノが落ち着いてキャッチします。

レヴァークーゼンは攻撃の後の戻りが遅く、速攻を受けた際のゴール前が手薄になっているにも関わらず、トッテナムは相手の弱点を突けません。58分のショートカウンターは、デル・アリがスローダウンさせてしまいました。60分、ここまでいいところがなかったカイル・ウォーカーが、ハーフライン過ぎからゴール前までドリブルで突進し、クロスにシュートを放つもわずかにポストの外。1分後、スパーズ守備陣がまたも危険なミスを犯します。エリック・ダイアーがバックパスミスをメフメディにさらわれ、マイナスの折り返しをチチャリートがボレー。1発めはフェルトンゲンがカット、2発めはロリスががっちりキャッチし、何とか味方のミスをフォローしました。

オープンな展開に様変わりしたゲームは、65分にスコアが動きました。左からのパスをカンプルがポストに入って落とすと、アランギスのシュートはベン・デイヴィスとカイル・ウォーカーに当たってゴール前へ。最も近くにいたカンプルがロリスの左を抜き、レヴァークーゼンが先制です。カイル・ウォーカーは止められなかったか…。スパーズ守備陣は人数は足りていたものの、マークが曖昧でした。ポチェッティーノ監督は、エリクセンを諦めハリー・ウィンクスを投入。サイドにスペースが空きやすいこの展開なら、エンクドゥを入れるのもおもしろいのではないでしょうか。シュミット監督はブラントを下げ、チャルハノールをピッチに送り出します。残り時間は20分となりました。

73分、ソン・フンミンに代わってエンクドゥが登場です。攻められていたトッテナムは、81分にデル・アリがボックス右で倒され、FKを得ました。エリック・ダイアーのシュートはゴールへ一直線、しかしクロスバー!直後のベン・デイヴィスのミドルは、右に逸れてしまいます。カンプルとアランギスが次々と足を痛めたレヴァークーゼンは、5分という長い追加タイムをうまくやり過ごしました。いや、「スパーズの攻撃に狙いがなかった」といったほうが適切かもしれません。トップのフィンセント・ヤンセンはまったくシュートを打てず、敵陣深くにいてほしかったエンクドゥは2人に囲まれてポジションを下げ、最後は自陣でヘンリヒスを抜きにかかっていました。シュートが正確なエリクセンは、残しておいたほうがよかったのではないでしょうか。カイル・ウォーカーがミスを連発してフェルトンゲンを振り回し、攻撃も遅く単調だったスパーズは、いつもの彼らではありませんでした。

ウェンブリーは、アウェイなのか?プレミアリーグでは無敗のチームが、チャンピオンズリーグのホームゲームで2連敗です。8万人以上を呑み込むものの前列の観客は静かで、80分にならないうちにぞろぞろと帰る姿が見られたスタジアムで、トッテナムは慣れない雰囲気とも戦っていたように見えました。今季のスパーズのチャンピオンズリーグを観に来たお客さんには、最後までホームチームを応援してあげてほしいと思います。みなさんが席を立ったら、選手たちから見えるのは、いちばんテンションが下がる赤いシートですので…。

モナコとのアウェイゲームを含む残り2試合を勝たなければ、年明けは木曜日のELにまわる可能性大です。他力も必要だった昨季のアーセナルよりは幾分マシな条件ではありますが、トッテナムは年明けもチャンピオンズリーグを戦うことができるでしょうか。ノースロンドンダービーで復帰といわれているハリー・ケインと、守備陣を落ち着かせてくれるアルデルヴァイレルトが戻れば、昨季プレミアリーグで優勝を争ったチームの底力を見せてくれるはずと信じています。何しろ、6シーズンぶりに出場権を勝ち取った欧州最高峰の大会です。残り2試合は、スパーズらしく思いっきり暴れてください!(ウェンブリー・スタジアム:写真著作者/Jbmg40 カイル・ウォーカー:写真著作者/cfcunofficial)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

サポーターが席を立ったらテンションの下がる赤い席。うまい。パンチラインですね。
  • voo
  • 2016/11/03(Thu)10:04:32
  • 編集

無題

ウェンブリーをホームスタジアムとして使える格をトッテナムは持ってないだけだと思います。
ウェストハムも同様で実際にオリンピックスタジアムで観戦した時、ここはハマーズには上品すぎるかと違和感を感じました。
この感覚と凄く近いのは、高級レストランにジャージで行く感覚です。選手もサポーターも萎縮してしているように見えました。
トッテナムも同じ状況なのではと考えられます。
  • おはむ
  • 2016/11/03(Thu)10:08:04
  • 編集

無題

CLをウェンブリーで戦ったイングランドのクラブはこれで5連敗らしいですね
アーセナルが2敗、マンチェスターユナイテッドが1敗、それに続いたトッテナム…
CSKA戦で途切れると良いのですが
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2016/11/03(Thu)10:14:20
  • 編集

無題

ウェンブリー云々は置いておいて、単純に選手個々の動き、連携、技術が非常に悪いです。良い時のボールを奪ってからの厚い攻め上がりが見られず、圧倒的に迫力不足です。ここ最近勝てていないのは明らかに得点が取れていないからで、特にボックス内での精度が非常に悪いです。ソンの好調期が過ぎたとともにチーム全体が不活性化してしまいました。このチームの悪い癖は不調期が全員に同調する様に訪れ、嵌ると精神的な面で中々抜け出せないこと。今のままでは週末のダービーも完敗の予感しかしません。
主力が3人も離脱し、新加入の選手も未だフィットしているとは言い難く層の薄さを露呈していてるばかり...(特にシッソコには最近疑問符ばかりつきます)
ピッチ内外とも厳しい状態ですが、ケイン、トビー、ラメラが戻ってくる代表ウィーク明け以降は立ち直ることを期待しています。それまでは今は我慢の時期だと思って耐えるしかないですね。
  • ホタ
  • 2016/11/03(Thu)17:49:56
  • 編集

無題

ここ最近、スパーズの攻撃がよくなかったので、順当にその悪さが目立ったかなと。
アウェーもホームも関係なく、トッテナムの調子が下向きなままですね〜。
他サポとしては、是非そのままでいて欲しいですが、CLだとそうも思えないかなぁと。
  • レッズサポ
  • 2016/11/04(Fri)00:35:05
  • 編集

コメントありがとうございます。

vooさん>
ありがとうございます。トッテナムにあの色は似合わないですね。

おはむさん>
プレミアリーグのクラブに、ウェンブリーをホームと思えというのは無理があるのかもしれませんね。

プレミアリーグ大好き!さん>
トッテナム自身が5連敗ですね。次こそ、負の連鎖を止めてほしいです。

ホタさん>
全体的にスローで、プレスが弱かったですね。ハリー・ケインとアルデルヴァイレルトの不在ばかりが理由ではなさそうです。

レッズサポさん>
そうなんです。CLは勝ってほしいですよね。
  • makoto
  • 2016/11/04(Fri)20:15:27
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ