明暗分かれた日本人DF。長友の痛恨のオウンゴールで、サウサンプトンが勝ち抜けにリーチ!

プレミアリーグから吉田麻也、セリエAからは長友佑都。日本人対決と煽られているサウサンプトンVSインテルですが、この試合で勝たなければ苦しくなるセインツのピュエル監督の采配に注目しています。GKフォースターと吉田麻也、ファン・ダイクまではいつものヨーロッパリーグ仕様。右SBはクコ・マルティナ、左は復帰したバートランドに無理をさせず、若いマックイーンにまかせるようです。ビダル、ホイビュルグ、ウォード=プラウズ、タディッチ、レドモンドは納得の中盤。プレミアリーグ4ゴールのエース、チャーリー・オースティンはベンチスタートで、トップにはジェイ・ロドリゲスが起用されています。真っ赤に染まったセント・メアリーズで、開始早々からセインツが攻めています。50秒、タディッチの右からのクロスをヘディングで合わせたジェイ・ロドリゲスは、ポストの左に抜けていったボールを見て悔しがっています。3分にイカルディのパスで左からボックスに入ったバネガは、切り返してマルティナをかわすも、吉田麻也が体を寄せてシュートを打たせません。

10分、左45度からカーブをかけたジェイ・ロドリゲスのシュートはGKハンダノヴィッチの頭上を越えていきます。中央にいたタディッチとレドモンドのワンツーから左に流れたボールは、ジェイ・ロドリゲスのシュートがGKの正面。フランク・デブール監督が解任されたばかりのアウェイチームは、守備にまわると余裕のなさが目立ちます。セインツはタディッチとレドモンドを中心とした直線的なアタック、インテルはカウンター。イカルディのシュートチャンスは、ファン・ダイクが的確なマークでつぶしています。吉田麻也、ファン・ダイク、ロメウが左右に展開し、タディッチとクコ・マルティナ、ウォード=プラウズとマックイーンでサイドを崩そうとするセインツは、時間が経過するごとにバランスがよくなるインテルの守備を崩せません。30分にはホイビュルグが見事なスルーパスをクコ・マルティナに通しますが、クロスは長友の足に当たり、0-0が続きます。

セインツが攻勢だったゲームは、33分にワンチャンスを活かしたインテルが先制します。右からマックイーンを振り切ったのはカンドレーヴァ。ファン・ダイクが引っ張り出されて不在だったセインツのゴール前は、大混乱に陥ります。吉田麻也は、ニアでクロスをカットするのか人を見るのかはっきりさせるべきでした。左足アウトのクロスがペリシッチに通ると、最初のシュートはクコ・マルティナがカットしたものの、イカルディの一撃はロメウの足が届かずゴールに吸い込まれました。40分、セインツの決定機。クコ・マルティナのクロスをハンダノヴィッチがパンチすると、ボックスの入り口にいたロメウがダイレクトでシュート。強烈な一撃は、エデルに当たらなければ入っていたでしょう。前半終了間際に、セインツに絶好のチャンスが到来します。ホイビュルグが蹴ったボールがペリシッチのひじにヒットし、PK。しかし、インテルのゴールマウスにはスペシャリストがいました。タディッチが右を狙ったキックは、ハンダノヴィッチが完璧な読みとタイミングでセーブ。直後に笛が鳴り、セインツがビハインドを背負ったまま、後半に入ります。

48分、左からのクロスが流れてきたところを思い切りよく狙ったのはホイビュルグ。50分にはジェイ・ロドリゲスが前線でつぶれたところにウォード=プラウズが走り込んで強烈なミドル。ハンダノヴィッチはこれも弾き、セント・メアリーズはため息に包まれます。54分にバネガがクコ・マルティナを抜き、後ろのペリシッチがシュートを放つと吉田麻也がカット。ピュエル監督は、59分にジェイ・ロドリゲスを下げ、チャーリー・オースティンに勝負を託します。プレミアリーグでは好調のストライカーは、欧州の名門からゴールを奪えるでしょうか。

63分、ぽっかり空いた中央に侵入したホイビュルグがひとりかわしてシュートを放つと、ラノッキアがスライディングでブロック。直後のレドモンドのクロスは長友がカット。CKを完璧に捉えたファン・ダイクのヘッドはハンダノヴィッチが上に弾き出します。3発までは防いだインテル守備陣は、直後の4発めでついに追いつかれました。タディッチのCKのクリアをレドモンドが中に軽く浮かすと、ロメウのシュートがバーにヒット。リバウンドを蹴り込んだのは、ファン・ダイクでした。セインツはさらに攻勢を強め、インテルはカウンター狙い。70分、インテルに致命的なミスが出ました。左からのクロスがダンブロージオに当たってコースが変わり、長友の左足に当たったボールはオウンゴール!時間があった左SBは、集中力を欠いていたのでしょうか。74分、インテルはメデルをエデル。ピュエル監督は77分にタディッチを下げ、スティーブン・デイヴィスでチェイシングを強化します。

ロメウのミスを拾って遠めから打ったイカルディの強烈な右足は、フォースターがセーブ。残り時間は10分を切り、セインツが自陣に引く時間が増えています。プレミアリーグよりも一段テンションが高い感動的な応援に後押しされ、セインツはうまく時間を遣いました。インテルにチャンスはなく、セインツのカウンターとサイドでのボールキープが目立ちます。最後にもらったCKを蹴らずにタイムアップ。2勝1分1敗としたセインツは、次のプラハ戦に勝ってハポエル・ベア・シェバがドロー以下なら勝ち抜け決定。次戦に負けても、セント・メアリーズの最終戦でハポエル・ベア・シェバに勝てばOKです。

日本人DFは、明暗が分かれました。失点シーンでは判断が遅れてしまった吉田麻也は、自分の持ち場からの突破は許さずインテルの攻撃を完封。サイドではうまく守っていた長友は、相手の決勝点となるゴールを自らの足で入れてしまいました。オウンゴールで決まったゲームでしたが、サウサンプトンが勝者にふさわしかったと思います。ファン・ダイクは凄い!0-1となってから、闘志をむき出しにして何度も前線に上がっていたCBが、ここぞというチャンスを確実に活かして勝利を呼び込みました。次の夏には、プレミアリーグの上位クラブからオファーが殺到するでしょう。あの強さと高さは、ペップよりもモウリーニョやコンテが興味を示しそうです。いやー、おもしろい試合でした。セインツはよく走りました。この勢いで、決勝トーナメント進出を次戦で決めていただければと思います。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ