「GROUP WINNERS!」ルーカス・ぺレスの3発とルドゴレツの健闘で、アーセナルが首位通過!

チャンピオンズリーググループステージ最終節。初日のプレミアリーグ勢は、2位勝ち抜けが決まっているマンチェスター・シティと、パリがホームのルドゴレツ戦で勝ち点を落とせばトップ通過の可能性があるアーセナル。シティ・オブ・マンチェスターでセルティック戦に臨んだペップがマフェオ、アダラビヨホ、フェルナンド、レロイ・サネ、イヘアナチョなどサブの選手や若手を起用。バーゼルの本拠地ザンクト・ヤコブに乗り込んだヴェンゲル監督は、オスピナ、ギブス、ホールディング、ルーカス・ペレスを使いながらも、エジル、アレクシス・サンチェス、ジャカ、コシールニーを要所に入れて勝ちにいっています。

最終順位が決まっていないアーセナルのゲームを先に観ることにしましょう。アレクシス・サンチェスがトップ、ルーカス・ぺレスは右サイドか。バーゼルとしては、ガブリエウがSBで使われている不慣れなサイドを崩しにいくのがおもしろそうです。5分にラムジーが放ったミドルはDFに当たってCKとなりますが、8分、ガナーズがあっさり先制しました。エジルがトップのアレクシス・サンチェスに当てると、7番は振り向きざまに左に浮き球をフィード。スヒーの裏に抜けたギブスが中にグラウンダーを入れると、バランタは触れずトラップしたのはルーカス・ぺレス。至近距離からのシュートを丁寧に流し込んだストライカーは、プレミアリーグでは未だノーゴールですが、9月のEFLカップで2発決めて以来の3ゴールめとなります。

反撃に出たバーゼルは、デルガドのヘッドをオスピナが弾いたところをヤンコが押し込むも、ジャッジはオフサイド。すると16分、ガナーズに早くも2点めです。エジルの速いスルーパスで左サイドを破ったのはギブス。好調な左SBが今度はシュートを選択すると、GKヴァツリクが弾いたボールに走り込んで左足を振り抜いたのは、ルーカス・ぺレスでした。0-2、負ければ最下位敗退が決まるバーゼルは、いよいよ苦しくなりました。アーセナルは最終ラインの統制が取れており、ホームチームが裏を狙った勝負のパスはことごとくオフサイド。ガブリエウ、ギブスの両SBは落ち着いており、セットプレー以外でアーセナルが失点を喰らうイメージはありません。39分、ギブスをかわしたシュテフェンのミドルは、コシールニーの外を巻いてくる危険な弾道でしたが、オスピナがビッグセーブ。弾いたボールにヤンコが詰めるも、体制を立て直したGKが懐におさめ、バーゼルは2点差を詰められません。

43分、バーゼルにビッグチャンス。ゴール前に出た縦パスに反応したエルユノシがディエに落とすと、さらに外にいたスヒーにパスがまわり、クロスをデルガドがヘッド。フリーの一撃はバーの上に浮いてしまい、間もなく前半の終了を告げる笛が鳴ります。終盤はピンチもあったものの、アーセナルにとっては最高の展開。同時キックオフのパルク・デ・プランスの一戦は、何とルドゴレツが0-1でパリをリードしています。

後半に入って2分、バーゼルの激しいプレスをかいくぐったアーセナルが3点めをゲットしました。ハーフライン付近でギブスがインターセプトに成功すると、すかさずアレクシス・サンチェスに通したパスが右に流れます。ボックスに入ってダイレクトで右足を振り抜いたのは、3度めのルーカス・ぺレス!クロスに放ったシュートがサイドネットに吸い込まれ、シュート3本でハットトリック達成です。54分、左サイドにいたアレクシス・サンチェスは、ラムジーの落としを受けるとラインの裏をめがけてゴールに向かうパス。ゴールライン際まで持ち込み、マイナスに折り返したエジルのラストパスはノールックでした。ど真ん中に入ってきたイオビは、イージーなボレーを枠に流し込むだけでした。0-4、後はパリからの朗報待ちです。

61分にカバーニの見事なオーバーヘッドでパリが同点に追いつくと、69分にルドゴレツのバンデルソンが勝ち越しゴール。依然としてパリが1点を追う展開となっています。バーゼルでは、65分にアレクシス・サンチェスの超ブレ球FKがクロスバーを直撃。巻いてくると読んだヴァツリクが右に移動すると、GKがそう来るならと方向を変えたかのようにアウトに曲がっていく怖ろしいボールでした。セーフティリードを築いたヴェンゲル監督は、次のプレミアリーグを見据えて主力を次々とベンチに下げます。アレクシス・サンチェスをエルネニー、ラムジーをジルー。73分に左サイドを上がったエジルがジルーに合わせ、ボレーが左に外れると、11番もウォルコットに後を譲ります。78分、ホールディングが自陣でボールを失い、ヤンコとのワンツーでドゥンビアがゴールを決めますが、大勢に影響はありません。

パルク・デ・プランスは、90分を終わって1-2でルドゴレツ。バーゼルを上回ればヨーロッパリーグに残れるブルガリアのクラブが必死に戦っています。92分、ディ・マリアの同点ゴールは遅すぎました。ブーイングに包まれるスタジアム、うずくまる選手。2-2のドローに終わったパリは2位転落、アーセナルはプレミアリーグ勢最初のトップ通過決定です。ザンクト・ヤコブでは黄色と紺のアウェイシャツの選手たちが、静かに勝利を喜んでいます。「GROUP WINNERS」と胸を張ったアーセナル公式サイトは、「Thanks very much - and all the best for the rest of your season(ありがとう、残りのシーズンに幸あれ!)」と、ルドゴレツに感謝のメッセージ。4発快勝のアーセナルが、最高の結果を得た夜でした。グーナーのみなさん、おめでとうございます。せっかくの首位フィニッシュですので、決勝トーナメントのドローで「コペンハーゲン」と読み上げられることを期待しましょう。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

即の詳細記事掲載、いつもありがとうございます!

勝てるとは思っていましたが、まさかガナーズ1位通過できるとは思っていませんでしたあ!魔の11月が終わりよい流れがきたのかも知れません!

ルーカス、ポジショニングとディフェンダーをかわす能力に長けてますね!移籍してから怪我もありフィットに時間がかかりましたが、当たりだしたら止まらない爆発力は魅力ですね!タイトな年末年始のオプションが増えて嬉しいです。

これもエジル、サンチェスのタクトのお陰ででもあるのでとにかくこのコンビが怪我なくコンディションを保ってくれることと、レアル、バイエルンがないことを祈っています!

無題

更新ご苦労様です。

久しぶりの1位通過ですね。喜ばしい結果です。無敗でグループステージを乗り切った事も素晴らしいことだと思っています。

ルーカスがフィットすれば攻撃陣はかなり充実します。年明けにウェルベックの復帰が控えていますし欧州屈指の陣容ですよ。怖いのはサンチェスとエジルの怪我だけです。
ガブリエウが右SBで期待に応えているのも朗報です。メルテザッカーの復帰と合わせて考えればコシェルニーが長期離脱しない限り守備陣もさほど慌てる要素はないですね。

今季のアーセナルの最大の不安要素はカソルラの穴を誰が埋めるかだと思っています。やはりジャカとラムゼイの出来がポイントでしょう。来夏にウィルシャーがほぼ確実に復帰するであろうことも考えれば今冬にカソルラの代役を補強する可能性はまずないと思いますからね。彼等の頑張りに大いに期待しています。

CLにおけるアーセナルのクジ運の悪さはもはやクラブの伝統と言えるレベルですよ(笑)
今季もバイエルンかな?と思っていた方が気が楽ですね。レアルやドルトムント辺りもいかにもアーセナルが引きそうな相手ですけどね・・・



  • tomo
  • 2016/12/07(Wed)09:31:44
  • 編集

無題

アーセナルのクジ運はまったくアテにしておりませんので、そこらへんは生暖かく見守るとして。
ペレスのハットはいいニュースですね。裏に抜け出すタイプのストライカーがプレミアにやってくると、どうにもフィットしないのはよくあることと思いますが(ペドロやヘスス・ナバスなど)、ペレスがプレミアでも得点を期待できる選手だとしたら・・・・実に嬉しいのですが。
ゴリゴリのDF陣をくぐり抜けて、軽やかに点をとってくれる姿を期待します。
今期の希望としては、「下位相手ならペレスでも十分に計算できる」レベルの選手になっていただくことでしょうか。ムスタフィやジャカのヒットに隠れてしまっていますが、もう少し辛抱強く見守りたいなと思っています。(かといって試合中となると、「使えねえなーこいつ!」と言ってしまいがちなのですが。反省)
  • ひろと
  • 2016/12/07(Wed)09:54:33
  • 編集

無題

サンチェストップには、ストライカー色の強いタイプが合うんだなと思わされる試合でした。

ペレスまで結果を出しちゃうとスタメンだけではなく、ベンチさえ争いが激しいですね。ウイングは一方はウォルコット、ペレス、もう一方はチェンバレン、イオビ、ラムジーみたいになるんですかね…ウェルベックはどうすんのっていう話になっちゃいますし…

話は変わりますが、12月に入り補強の話がちらほら出てきてますね。余裕があるときで構わないので、主さんの補強について予想をきいてみたいです。
  • 新参
  • 2016/12/07(Wed)10:16:49
  • 編集

無題

20Mustafi 15OxladeChamberlain 35Elneny 33Cech 14Walcott 18Monreal 12Giroud

ベンチが豪華だと思ったのは私がグーナーだからでしょうか。今日のようなスタメン構成でもしっかりとした結果が残せたのは意義のあることです。捨ててもいいと思っていたゲームでしたが、各メディアからの賞賛やファンの間に広がるポジティブな空気・・・。ボスの判断は正しかったと思います。

カソルラの抜けた中央のペアリングとサンチェス・エジルのコンディショニングさえ間違えなければ、5月に何かいいことが待っているかもしれません。あと、しばらくはガブリエルでいいんじゃないかなぁ。

COYG!!
  • トマシュ
  • 2016/12/07(Wed)15:52:47
  • 編集

コメントありがとうございます。

ヤンガナ大好き!さん>
ルーカス・ぺレスとギブスがホットライン化してましたね。クジ運に恵まれることを祈ってます。

tomoさん>
確かに、前が競争激化してます。ジルーが量産モードに入ると、ウェルベックとルーカスは左右にいれざるをえなくなり、ウォルコット、チェンバレン、イオビ…どうなるんでしょうね。

ひろとさん>
アレクシス・サンチェスが左に入り、トップがジルーかウェルベック、右にルーカス・ぺレスといった布陣でしっかり勝てるようになれば、3つの大会で優勝がめざせますね。

新参さん>
補強予想、かしこまりました。来週以降、メディアの熱が上がってきそうです。

トマシュさん>
ガブリエウは、ゴールから遠いあのポジションだとプレッシャーが軽くなるのか、落ち着いてますね。私も、右は彼でいいと思います。
  • makoto
  • 2016/12/07(Wed)17:32:16
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ