枠に打てないミラン、ミスを誘ったジャカ…2点差連勝でアーセナルがELベスト8進出!

サン・シーロで0-2。アウェイゴールを重ねて勝利を飾ったアーセナルが、エミレーツに帰ってきました。ヨーロッパリーグラウンド16セカンドレグ。プレミアリーグで4位以内に食い込むのが難しくなったガナーズは、この大会を手離してはいけません。ヴェンゲル監督の11人は、ELにおけるベストメンバーです。GKオスピナ、DFベジェリン、ムスタフィ、コシールニー、モンレアル。ジャカとラムジーの2センターにエジル、ウィルシャー、ムヒタリアンが2列め。ドルトムントがCLから回ってきた今季のELにオーバメヤンは出られないため、トップはプレミアリーグで3ゴールしか決めていないウェルベックです。キックオフ直後、さっそくミランにチャンス到来。右からドリブルで縦に進んだのは、プレミアリーグではパッとしなかった元レッズのボリーニです。ニアに入り込んだアンドレ・シウヴァのシュートは、ポストの右に外れます。

5分、ムヒタリアンのCKはコシールニーのヘッドがバーの上。ペースをつかみ始めていたアーセナルがコシールニーを失ったのは11分でした。腰を痛めたCBに代わってチャンバース。プレミアリーグで不安定な守備を見せることが多い23歳のCBは、ミランのアタックを封じることができるでしょうか。25分、ガナーズのカウンター。ドリブルで上がったエジルが左のウェルベックに展開すると、ボックスに入ったストライカーの強烈な左足シュートはGKドンナルンマが足でブロックします。クロスもシュートも精度を欠いていたミランは、35分に衝撃的な一発で先制しました。左サイドのリカルド・ロドリゲスが脇にいたハカン・チャルハノールが思い切りよく右足を振り抜くと、左に飛んだオスピナの手元で落ちたボールは右のサイドネットぎりぎりに突き刺さりました。

0-1とされたアーセナルは、すかさず反撃。ラムジーが枠にコントロールしたボレーをドンナルンマが右に弾き出した後、38分のジャッジは幸運でした。右から上がったミキのスルーパスでウェルベックがボックス右を突破。後ろから追ったリカルド・ロドリゲスの足はかかっておらず、手がかすかに肩に触れた程度に見えましたが、レフェリーのジャッジはPKです。ェルベックが落ち着いてGKの逆となる右隅に決め、1-1。両者のギャップは再度2ゴールとなりました。

縦パスでボックス左を上がったクトローネの左足シュートはジャカが足に当ててCK。43分のガナーズのアタックはきれいでした。モンレアルが左から上がってファーにクロスを入れると、ウェルベックが右足で折り返したボールをミキがヘッドでプッシュ。これは惜しくも右に外れますが、前半終了間際にウィルシャーが放ったミドルシュートは枠を捉えていました。左に飛んだドンナルンマのビッグセーブでミランは逆転を許さず、前半は1-1。互角の展開で始まった後半は、徐々にアーセナル優位に傾きます。48分にベジェリンが右サイドを突破すると、グラウンダーをトラップしたニアのラムジーのシュートはGKがキャッチ。エジルが左に流したラストパスをダイレクトで叩いたミキの強烈なシュートは、ニアに飛んだドンナルンマが外に弾き出します。

53分、左から上がったハカン・チャルハノールのグラウンダーをアンドレ・シウヴァが落とすと、スソの左足シュートは右にアウト。56分、右サイドに流れたエジルにパスが通ったショートカウンターは、中央に転がる優しいラストパスをラムジーがボレー。フリーだっただけに決めてほしいチャンスでしたが、強く叩いたボールは大きく上に外れてしまいます。59分、アンドレ・シウヴァの丁寧なラストパスをアクロバティックなボレーで叩いたのはクトローネ。オスピナは一歩も動けなかったものの、ボールはわずかにポストの外でした。ガットゥーゾ監督がクトローネをカリニッチに代えると、ヴェンゲル監督は69分にミキを下げてエルネニーを投入しました。

ここまで素晴らしいセービングを見せていたドンナルンマは、71分に痛恨のミスを犯してしまいました。ジャカのミドルシュートは強烈ではあったものの、GKの守備範囲。左に飛んだ19歳の守護神が外に押し出すと思いきや、弾いたボールは逆サイドに浮き上がり、ポストの脇に吸い込まれてしまいました。追いすがるミランの反撃。アンドレ・シウヴァのヘディングシュートはオスピナがしっかりセーブ。79分にエジルがコラシナツに代わると、ケシーはロカテッリに後を譲ります。

プレミアリーグ6位のチームが勝負を決めたのは86分でした。エルネニーの高速の縦パスが見事。ウェルベックのパスからボックス左を崩したウィルシャーが中央にきれいなクロスを浮かすと、ラムジーのヘディングはドンナルンマがセーブしますが、リバウンドをウェルベックが頭で押し込みました。ウィルシャーのミドルはぎりぎりで左ポストの外を抜け、4点めはならず。アーセナルが2試合トータル5-1で難敵を下し、ELベスト8進出を決めました。

オンターゲット9対3という数字が、この試合を最も的確に表現しているのではないでしょうか。アーセナルのサイドの守備は堅いとはいえず、アウェイチームがプレッシャーなくクロスを上げられるシーンが多かったのですが、フィニッシュはことごとく枠を外れ、プレミアリーグのクラブを楽にさせてしまいました。PKとGKのミスという幸運な2ゴールがあったものの、エジルを中心としたスピーディーな攻撃は確実にミランを苦しめており、アーセナルの勝ち抜けは妥当な結果だと思います。ライバルは、アトレティコ・マドリード、ライプツィヒ、ラツィオでしょうか。ここまできたらELが最優先、ヴェンゲル監督の戴冠に期待しましょう。(グラニト・ジャカ 写真著作者/@cfcunofficial (Chelsea Debs) London)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

エルネニーが二回投入されてるようです
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2018/03/16(Fri)07:57:46
  • 編集

無題

更新ありがとうございます。

ウェルベックのPKがなければどうなってたか分からないですね。特に今のアーセナルはそう思わせる程安定感がないし、サイドから簡単にクロスを上げられすぎです。

攻撃面だけ見れば、代表ウィーク後にラカゼットが復帰できればウェルベックをサイドに回すことも出来そうですし、オーバメヤン以外は全員揃ってるわけですから、何とか打ち勝つ試合を期待したいところです。

それにしてもエジルとエルネニーは好調ですね。エルネニーはシーズン終盤のキーマンではないでしょうか。こういう選手をしっかり起用できるかどうかも、終盤の出来に関わってくる気がします。ベンゲルさんは、序列を変えるのがあまり得意ではないようですが…苦笑
  • むん
  • 2018/03/16(Fri)08:09:04
  • 編集

コメントありがとうございます。

プレミアリーグ大好き!さん>
コラシナツでしたね。ありがとうございます。訂正させていただきました。

むんさん>
エルネニーはコースを切る守り方ができ、パスセンスもあるので定着させれば中盤を安定させてくれそうです。ラムつ…悩ましいですね。ジーは外しづらく、代えるとしたらジャカかなと思いつ
  • makoto
  • 2018/03/16(Fri)09:08:51
  • 編集

無題

これは来シーズンもベンゲル続投ですかね。
皮肉抜きに解任の声が大きくなったタイミングで結果を残すというのは長く監督をやる上での一つの才能なんだろうなと思います。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2018/03/16(Fri)12:57:28
  • 編集

無題

ウェルベックのはダイブだよなぁ。自チームの選手がああいう事するのは本当に嫌なものです。判定そのものを後から変えるのはもちろん無理ですけど、後からのビデオ検証で厳しく罰してもらいたいです。できることでしょ。フットボールの一部とか時々聞きますが、糞くらえですよ、ホントに。

ところでジャカは本当に守備のできるMFに育つ可能性があるのでしょうか?今日の試合では期待を持たせてくれましたけど何度裏切られたか思い出せません。ロングフィードの精度に強力なミドル。あの左足にはロマンを感じるだけに、本当に悩ましいですね。
  • トマシュ
  • 2018/03/16(Fri)15:06:27
  • 編集

無題

多分ウェルベックいつも通り滑っただけですよ笑
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2018/03/16(Fri)15:52:58
  • 編集

無題

これでヴェンゲルがやめないことを願いますね。
CLでノースロンドンダービーを見たいというのもありますが・・・
ヴェンゲルはあれだけスパーズの選手を非難したくせに自分の選手がやるとだんまりを決め込む。
国籍やチームに関わらず起こるものというポチェの意見の方が正直でまともだなと思いますね。
ここのコメント欄であるようなダイブ自体を非難する姿勢は一貫していて素晴らしいと思いますが、自分達の好きなチームがやった場合にはだんまりを決め込むようなファンはちょっとなぁって思います。
  • スパーズファン
  • 2018/03/17(Sat)12:07:56
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ