ジルーがようやく今季初ゴール!EL4連勝のチェルシーがグループステージ突破決定!

プレミアリーグのクリスタル・パレス戦で復帰したばかりのエデン・アザールが先発です。ヨーロッパリーググループステージ4節、BATEボリゾフVSチェルシー。ケパの前にザッパコスタ、ケーヒル、クリステンセン、エメルソンと、EL仕様の最終ラインをチョイスしたサッリ監督は、負傷が癒えたエースの調子を早く上げたいのでしょう。中盤にはジョルジーニョ、ロス・バークリー、ロフタス=チーク、3トップはペドロ、ジルーと10番です。霧のボリゾフ・アリーナ。サイドを快調に攻めていたチェルシーは、11分にバガのシュートを右のポストに当てられると、セットピースで横からのボールをケパが弾いて何とか掻き出すなどピンチが続きます。

再度落ち着きを取り戻したチェルシーが、中盤を支配するようになったのは15分過ぎ。ジョルジーニョが縦横にパスを散らし、ザッパコスタやアザールがサイドで隙を窺いますが、相手ボールになるとバイタルエリアを埋めてくるボリゾフの守備に手を焼いています。時折放つミドルシュートは守備の網に引っかかり、30分を過ぎても枠内シュートゼロ。プレミアリーグを観ている方なら、中盤より前はレギュラークラスを揃えたチェルシーが、これほど苦戦するとは思わなかったのではないでしょうか。果敢にボックスに飛び込むロフタス=チークはフィニッシュの手前で止められ、41分のCKに合わせたジルーのヘッドは左に逸れていきます。44分にロス・バークリーの縦パスをボックスで受けたアザールは、振り向いた瞬間にカットされてしまいました。

ハイライトなき45分を過ごしたプレミアリーグのクラブは、後半もボールを支配します。初めて枠内にシュートを放ったのは52分。エメルソンのアーリークロスにニアで頭を突き出したジルーは、ゴールラインに叩きつけたボールがネットを揺らしたのを確認すると、ナイスアシストのSBに駆け寄ります。プレミアリーグ9戦ノーゴールのストライカーは、これをきっかけに量産モードに入れるでしょうか。56分のカウンターは、ジルーをポストに使ったアザールのシュートをDFがブロック。1分後、敵陣で奪ったボールを左サイドでまわしたBATEが決定機を創ります。ミドルシュートのコースを変えたシグネヴィッチのボレーにケパは反応できず、決まったかと思われた瞬間、ボールは左のポストを直撃。60分にシグネヴィッチが左サイドを抉り、中央に転がしたグラウンダーは、フリーで走り込んだSBリオスがボレーをふかしてしまいました。

62分にアザールをウィリアンに代えたサッリ監督は、2分後にロフタス=チークを下げてコヴァチッチを投入。68分、ゴール左を狙ったロス・バークリーのミドルはバーの上を越えていきます。75分、積極的にボックスに入るようになったロス・バークリーがヘディングで競ったボールは、ボックス手前のジョルジーニョへ。思い切りよく放ったミドルは、これもGKの頭上に浮いてしまいます。82分、ペドロとジルーが仕掛けたカウンターは、11番のラストパスに飛び出したシェルビツキがウィリアンに先着。よりチャンスが多かったBATEは、チェルシーの守備陣を崩し切れず、0-1のままタイムアップの笛が鳴り響きました。

チェルシーは4連勝で、悠々とグループステージ勝ち抜け決定。プレミアリーグと変わらないテンションで戦えていたのはジョルジーニョぐらいで、前の選手はモチベーションが上がらなかったのではないかと思いました。収穫は、ジルーのゴールと、サブの選手たちのコンディショニング。ラスト5分ではあるものの、ペドロに代わってカラム・ハドソン=オドイがピッチの感触を確かめることができ、悪くない雰囲気でエヴァートン戦を迎えることができそうです。公式戦で14勝4分、プレミアリーグで8勝3分と未だ無敗のチームには、6年ぶり2度めのヨーロッパリーグ制覇を期待しています。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

クロスが決まらずスコアレスドローながら、アーセナルもELラウンド16進出決定!

スポルティングCPとのホームゲームに勝てば、チェルシーに続いてグループステージ突破が決まるアーセナル。プレミアリーグの激戦の後、疲労を残した主力を起用してツルヴェナ・ズベズダに敗れたリヴァプールに対して、エメリ監督はフレッシュな顔ぶれを揃えています。GKチェフ、DFリヒトシュタイナー、パパスタソプーロス、ホールディング、ジェンキンソン。ラムジーとグエンドゥジがセンターに入り、2列めにイオビ、ムヒタリアン、スミス=ロウ。最前線はウェルベックという布陣です。公式戦14戦連続無敗、プレミアリーグで11戦負けなしのチームは、ポルトガルのクラブ相手にここまでメンバーを落として勝てるのでしょうか。静かだったBATEボリゾフVSチェルシーとは打って変わったエキサイティングな展開。7分にミドルを放ったジェンキンソンは、左サイドに入っています。

16分、イオビのパスを受けたスミス=ロウが思い切りのいいミドルシュート。ボールは浮いてしまいましたが、ラインを前に引っ張り出すためにも遠めから狙っていったほうがいいでしょう。1分後、ホームチームに決定機。右サイドから上がったグエンドゥジがニアにグラウンダーを入れると、ウェルベックと競ったマテューのクリアがGKリベイロに当たってゴール前に転がりますが、コアテスが戻って蹴り出し、オウンゴールを逃れました。ミキのFKに合わせたウェルベックのヘッドは左にアウト。25分、リヒトシュタイナーのクロスをガスパールと競ったウェルベックは、足に深刻なダメージを負ったようです。酸素吸入を受けて、担架で運ばれた25番に代わってオーバメヤンが登場。押し続けるアーセナルは、シュートチャンスを創ることができません。

クロスの精度を欠いたホームチームはシュート6本、アウェイチームは枠内ゼロのまま前半は0-0。後半のキックオフ直後にミキが右サイドを突破し、ニアに入ったオーバメヤンがクロスをボレーで合わせると、惜しくもポストの外。スポルティングの左からのアタックは、逆サイドに上がったクロスをディアビがボレーで狙いますが、ジェンキンソンが体を寄せてブロックしました。53分、ラムジーの素晴らしいサイドチェンジでスミス=ロウが左から上がり、速いクロスがゴール前に入りますが、オーバメヤンとリヒトシュタイナーに合わず。ラムジーがボックス右に流れたイオビに縦パスを通した57分のチャンスは、落としを右足で狙ったオーバメヤンのシュートがニアに外れます。

エメリ監督の2枚めは、ジェンキンソンをコラシナツ。オープンな展開だったゲームは、アーセナルが攻め込むハーフコートマッチになりつつあります。グエンドゥジのミドルはDFに当たり、イオビが右上を狙ったシュートはドライブがかからずクロスバーの上。72分、今度はリヒトシュタイナーが足を痛め、プレイを止めてしまいました。エンケティアを用意していたエメリ監督は、急遽メートランド=ナイルズに方針変更。80分にコラシナツのグラウンダーをミキがダイレクトで合わせると、強さが足りずリベイロがキャッチ。直後にコラシナツが再度通した左からのラストパスは、オーバメヤンのボレーがコアテスに阻まれます

86分、ラインの裏に抜け出したオーバメヤンをマテューが後ろから引っかけ、一発レッド。プレミアリーグ7ゴールのストライカーが直接狙ったFKは、バーを越えていきました。追加タイムも攻めまくったガナーズは、とにかくラストパスが味方に合いません。スポルティングCPをオンターゲットゼロに抑えながら、結局スコアレスドロー。カラバフがヴォルスクラに勝利という結果を受け、アーセナルは2試合を残してグループステージ突破が決まりました。

チェフがグローブを必要としなかった守備は合格点。前の選手たちには、クロスの居残り練習をお願いしたくなる一戦でした。前半のグエンドゥジや後半開始直後のミキのように、ボックス脇から速いクロスを入れてストライカーに勝負させる形を増やせれば、ゴールを決められたのではないでしょうか。マン・シティは、速いグラウンダーを「ニアで決める天才」アグエロに合わせる形が確立していますが、オーバメヤンやラカゼットを擁するチームなら同じことができるはずです。ともあれ、ELはグループステージ突破が決まり、週末のウルヴス戦に勝てれば文句なし。2人の負傷は気がかりですが、メートランド=ナイルズやジェンキンソン、エンケティア、スミス=ロウはチャンスを活かしていただければと思います。

ドローが目立ってきたものの、公式戦15戦無敗。エメリ監督は、クロップ監督やポチェッティーノ監督より先にタイトルに手が届くのではないかと楽しみになってまいりました。ELのファイナルがビッグロンドンダービーとなったら盛り上がりますね。いささか気の早い話ではありますが、なんせあのセヴィージャのウナイ・エメリですから。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ラスト5分からの大逆転劇!マンチェスター・ユナイテッドが敵地で「カンプ・ノウの奇跡」を再現!

オールド・トラフォードでは0-1で完敗。チャンピオンズリーグ2018-19シーズンのグループHは、ユーヴェが独走、マンチェスター・ユナイテッドとバレンシアの2位争いという構図になっています。直前にバレンシアがヤングボーイズを下しており、マン・ユナイテッドとしては、何とか勝ち点を持ち帰りたいところです。モウリーニョ監督は、プレミアリーグのボーンマス戦で奮闘したエレーラとリンガードをスタメンに抜擢しています。GKデ・ヘア、DFアシュリー・ヤング、リンデロフ、スモーリング、ルーク・ショー。マティッチの両脇にポグバとエレーラが入り、マルシアル、アレクシス・サンチェス、リンガードの3トップ。プレミアリーグではホームでも低調なスタートが多いレッド・デヴィルズが、立ち上がりからアグレッシブに攻めています。5分、浮き球を直接叩いたクリスティアーノ・ロナウドの最初のシュートは、リンデロフがブロック。アシュリー・ヤングやエレーラのクロスは、明らかにミスキックです。

9分にドリブルからのシュートを止められたのは、アントニー・マルシアル。マンチェスター・ユナイテッドの希望は、直近のプレミアリーグで3戦4発のドリブラーです。16分、クリスティアーノ・ロナウドが右から放ったミドルはニアポストの外。主導権を握っているのは、勝てば首位通過が決まるユーヴェです。リンデロフのクリアミスを拾われた23分のピンチは、ディバラとピアニッチのシュートを守備陣が体を張ってストップし、事なきをえました。29分、マティッチの浮き球に飛び込んだアレクシスは、惜しくも触れず。押されてはいるものの、マン・ユナイテッドの戦い方は悪くありません。

31分にアレクシスのFKが壁に当たると、ディバラが仕掛けたカウンターは、右から上がったケディラのシュートがデ・ヘアの正面。34分、クアドラードが右から狙った一撃は、マティッチにヒットして枠に入ってきますが、デ・ヘアが指先で弾くビッグセーブでしのぎました。デ・シリオの縦パスでCR7が右サイドを崩すと、中央でノーマークだったケディラがイージーなボレーを左隅に転がしますが、ボールはポストにヒット。ドイツ人MFは天を仰いでミスを悔やんでいます。41分の右からのFKは、キエリーニに打たせずCKに逃げました。前半の0-0は、モウリーニョ監督にとってポジティブでしょう。

後半も当たり前のようにユーヴェペースですが、48分に斜めに走り込んで右隅を狙ったマルシアルには、可能性が感じられました。直後、ディバラが右45度から放った一撃はバーを直撃。自陣にこもっていたマン・ユナイテッドは、61分にポグバとアレクシスのパス交換から左サイドを崩しますが、ルーク・ショーのクロスはニアでカットされます。アッレグリ監督は、ケディラをマチュイディにスイッチ。65分、ついにホームチームが先制しました。最終ラインのボヌッチからのロングフィードで、ラインの裏に走り込んだクリスティアーノ・ロナウドが強烈なボレー。後方からの難しいボールを涼しい顔で右隅に決めたスーパーショットでした。直後、右からの折り返しを受けたピアニッチのシュートは、デ・ヘアが左に飛んでセーブ。何とか1-0で持ちこたえたプレミアリーグ7位のチームは、残り20分でイーブンに戻せるでしょうか。

70分にモウリーニョ監督が動きました。リンガードをラシュフォード。72分にポグバがバイタルエリアで奪われ、オフサイドをかいくぐったクアドラードが左で空いたピンチは、ピアニッチのボレーが右に逸れて助かりました。74分、中央からドリブルで仕掛けたクアドラードは、CR7からの優しいリターンを打ち上げてしまい、3対3の絶好機を逃します。79分、アレクシスとエレーラが下がり、マタとフェライニ。82分のデ・シリオをバルザーリは、3バックで逃げ切るという意志表示でしょう。猛攻に入ったマン・ユナイテッド。マルシアルがドリブルで突破したチャンスは、シュチェスニーがクロスをカット。ラシュフォードが倒されて得た86分のFKで、マン・ユナイテッドが同点に追いつきました。左足で巻いたマタのキックは完璧。左隅に吸い込まれた瞬間、アウェイサポーターが歓喜を爆発させました。

90分、左からのFKを蹴ったのは、アシュリー・ヤング。フェライニとポグバがゴール前に殺到すると、シュチェスニーが弾いたボールを守備陣が処理できず、アレックス・サンドロの頭に当たったボールがネットを揺らしてしまいました。アッレグリ監督は、クアドラードを下げてマンジュキッチを投入しますが、もう時間がありません。マルシアルとラシュフォードが仕掛けたカウンターは、10番のフィニッシュをシュチェスニーが足に当ててCK。間もなくタイムアップの笛が鳴り、イタリア王者の今季初めての敗戦が確定しました。

いやもう、最高です!フェライニを前線に据えてサイドから打開しようとしたモウリーニョ監督と、バルザーリを入れて中を固めたアッレグリ監督の采配がかみ合い、逆転劇が生まれたように感じました。ユーヴェのほうが明らかにレベルは上でしたが、ビッグチャンスをあれだけ外せば紛れることもあるのがフットボール。ここまで苦しんできたマン・ユナイテッドの指揮官の用兵が、ズバリ的中した2ゴールでした。次節でヤングボーイズに勝ち、バレンシアがユーヴェとのアウェイ戦で勝ち点1以下に終われば、われわれの勝ち抜けが決まります。2点めが決まった瞬間、バイエルンをCK2本でひっくり返した1999年のカンプ・ノウを思い出しました。いやもう、とにかく最高です!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

止まらないマンチェスター・シティ!2戦連続の6発圧勝で勝ち抜け当確!

ユーヴェVSマン・ユナイテッドを愉しみながらチラ見していたのですが、13分にダヴィド・シルヴァが先制ゴールを決めた瞬間、プレミアリーグ最強クラブの勝利を確信しました。チャンピオンズリーグ2018-19シーズン、グループHのマンチェスター・シティVSシャフタル・ドネツク。2勝1敗で首位に立つペップのチームは、アグエロとサネがベンチスタートです。GKエデルソン、DFカイル・ウォーカー、ジョン・ストーンズ、ラポルテ、ジンチェンコ。アンカーにフェルナンジーニョ、インサイドにはダヴィド・シルヴァとベルナルド・シウヴァが入り、前線はスターリング、ガブリエウ・ジェズス、マフレズです。

ボックスの右を完全に崩したマフレズがゴール前に高速グラウンダーを入れ、フリーのダヴィド・シルヴァが「触ればOK」のボレー。レスター時代には、左足に持ち替えてゴールに向かうボールを上げることが多かったマフレズは、すっかりペップ流のフィニッシュを演出する一員となりました。マンチェスター・シティの理詰めのパスワークを見ていると、相手チームの選手の気持ちを想像してしまいます。これを追いかけまわしているのは、相当なストレスだろうな、と。リヴァプールの電光石火のショートカウンターは、決められてから斬られたことに気づくような鮮やかさがありますが、マン・シティの攻撃には、じわじわと論破される敗戦必至のディベートのような息苦しさを感じます。

24分の2点めについては、試合が終わった今でもマトヴィエンコは納得していないでしょう。後ろからスターリングを引っかけたとして取られたPKですが、映像をチェックすると、(ダイブかどうかはともかく)スターリングが自らつんのめったように見えました。キツネにつままれたという表現がぴったりの表情を浮かべるDFと、苦笑いを浮かべるGKピヤトフ。ガブリエウ・ジェズスのキックがゴールの左隅に吸い込まれた瞬間、勝負は終わっていたのだと思われます。

前半は2-0、3点めは後半開始直後の49分。スターリングが2人の間を割って入る強引なドリブルでボックスの入口に進み、カーブをかけて右隅に突き刺した1発は文句なし。昨季プレミアリーグで33試合18ゴールという出色の数字を残したスピードスターは、今季も9戦6発と好調をキープ。2018-19シーズンのCLでは初ゴールとなり、ハイテンションでマンチェスターダービーに向かえそうです。

モウリーニョ監督なら、ここでクルージングに入るのではないかと思われますが、ペップのOKサインはもうひとつ先でした。マフレズ、ベルナルド・シウヴァとパスがつながり、中央に進んだベルナルド・シウヴァと交錯するように右に流れたダヴィド・シルヴァが、ステパネンコに倒されてPK。既に1発決めていたガブリエウ・ジェズスは、マフレズに譲ることなく2本めも左に蹴りました。ダヴィド・シルヴァとフェルナンジーニョをギュンドアンとデルフという交代策は、「勝ちましたよ」と宣言しているかのようです。体力を温存しながら4-0で店じまいかと思いきや、ペップのチームはさらに2ゴールを積み上げます。

82分、相手のミスパスを拾ったガブリエウ・ジェズスがカウンターを発動。4対4から左のギュンドアンに渡ったボールが逆サイドのマフレズに通り、右足で確実に狙ったシュートがピヤトフの脇を抜きました。ゴールショーを締めくくったのは、ガブリエウ・ジェズス。戦意喪失のシャフタル・ドネツクがまたも致命的なパスミスを犯し、最前線に走ったストライカーにパスが通ると、出てきたGKを見たブラジル代表は迷わずループシュート。ハットトリックを示す3本指をスタンドに示した21歳は、1ゴールしか決めていないプレミアリーグでもドライブをかけたいところです。

ゴールシーンを追いかけただけでもこれだけのボリュームになる圧勝劇。マンチェスター・シティは、残り2試合のいずれかに引き分ければ勝ち抜け決定です。この流れで週末のマンチェスターダービーですか。エティハドでは、がんばって2失点以内に抑えましょう。相当なストレスでしょうね。「なんでCBを獲らなかったの?」とガン詰めされているような90分…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

シュート30発、枠内10発、CK16本!攻め続けたスパーズが、エースの2発で逆転勝利!

開始1分すぎ、いきなりデ・ヨンクのヘッドが炸裂!1分2敗でグループ最下位のトッテナムは、PSV相手に2点を獲らなければグループステージ敗退が決まる可能性があります。プレミアリーグでは8勝3敗とまずまずの戦績を残しているチームは、なぜ欧州で勝てないのか。0-1とされた直後からの猛攻は、エリクセンが左右から放ったシュートがいずれもDFにブロックされてしまいます。9分、左に流れたハリー・ケインにデル・アリが縦パス。強引に放った左足のシュートは、これもカットされてCKです。

GKガッサニーガ、DFセルジュ・オーリエ、アルデルヴァイレルト、ダヴィンソン・サンチェス、ベン・デイヴィス。アンカーにハリー・ウィンクスが入り、2列めにソン・フンミン、デル・アリ、エリクセン、ルーカス・モウラ。プレミアリーグ6ゴールのハリー・ケインは、CLでも2ゴールを決めています。PSVがピンチをしのいで、10分からは互角の展開。ボックスのコーナーでハリー・ウィンクスのパスを受けたハリー・ケインは、左45度からのミドルをGKズートにキャッチされます。22分、左サイドからドリブルを始めたルーカス・モウラが、次々に3人を抜き去りズートの前へ。最初のシュートはGKがブロックし、浮いたボールを倒れ込みながら触ったボレーはバーを越えていきました。

28分、ボックス左を突破したデル・アリが中央に流したボールで、エリクセンがズートと1対1。左足のフィニッシュは足で止められ、リバウンドに反応したデル・アリの一撃も大当たりの守護神が腕で弾き出しました。33分の波状攻撃は、エリクセンやベン・デイヴィスのクロスがことごとく跳ね返され、セルジュ・オーリエが入れたボールは狙いがありません。36分、アルデルヴァイレルトのロングフィードがラインの裏に出たデル・アリに通ると、GKのタイミングを外そうとした緩いシュートは、ズートの4度めのビッグセーブに阻まれます。圧倒的に押していたプレミアリーグのクラブは、イーブンに戻せないまま前半を終えました。

47分、ベン・デイヴィスの左足ミドルは左にアウト。53分、ハリー・ケインとのワンツーからバイタルエリアに上がったデル・アリは、右足で巻いたシュートを浮かしてしまいました。57分、久しぶりのPSVのカウンターは、中央に走り込んで右足を振り抜いたベルフワインのシュートからCKになり、ガストン・ペレイロの決定的なヘッドはガッサニーガが右に弾き出すビッグセーブ。ポチェッティーノ監督は、62分にルーカス・モウラを諦めてラメラを投入。68分、左サイドのパス交換からラメラがかかとで落とし、ボックスの角からソン・フンミンが思い切りよくニアを狙うも、DFにぶつけてしまいました。残り時間は20分。2分もしないうちに付いた傷は、最後まで残ってしまうのでしょうか。

73分、ガストン・ペレイロに代わってマレン。スパーズの指揮官は、75分にソン・フンミンとセルジュ・オーリエを下げ、ジョレンテとトリッピアーで勝負です。77分、ラメラとデル・アリが仕掛けた速攻は、デル・アリが中央に流したラストパスをハリー・ケインが左に持ち込んでシュート。ここはズートにブロックされますが、1分後にポチェッティーノ采配が的中します。エリクセンがゴール前にロングフィードを上げると、ハリー・ケインが競り勝ったボールをジョレンテが絶妙なポストプレー。エースの左足シュートがついにズートを破り、プレミアリーグ4位は勝ち点3をめざします。

82分、スルーパス1発でマレンが裏に抜け出し、右足で放ったシュートはコースが甘くガッサニーガがセーブ。ハリー・ウィンクスのアーリークロスを叩いたジョレンテのヘッドは、GKの正面にいってしまいます。89分、エースの2発めは、実に30本めのシュートでした。ベン・デイヴィスのクロスをハリー・ケインがヘッドで合わせると、セインズベリーにヒットしてコースが変わり、ゴール右隅に吸い込まれました。ポゼッション76%、シュート30発、オンターゲット9発、CK16本。圧勝すべきスタッツを残していたホームチームは、最後のFKでダンフリーズにフリーのボレーを許すも、ガッサニーガが余裕の表情で見送ります。6分の追加タイムをやり過ごしたスパーズが、冷や汗の勝ち点3で希望をつなぎました。

インテル戦とPSVとのアウェイゲームで、土壇場で勝ち点をロストしていたスパーズが、ようやく初勝利を決めました。ズートに負けない素晴らしいセービングでチームを救ったガッサニーガ、リスクを怖れない攻めのパスワークを続けたハリー・ウィンクス、指揮官の意図を汲んで結果を出したジョレンテ、勝負強さを見せたハリー・ケイン!左右からのクロスの精度や正直すぎるフィニッシュなど、ツッコミどころも満載でしたが、チームの背骨となる中央の選手たちの奮闘がラスト12分からの逆転劇を実現させました。自力でグループステージを突破するためにはインテルとバルサに連勝しなければならず、依然として厳しい状況ではあるものの、最後まで気持ちのこもったプレイを見せていただければと思います。次節は、ウェンブリーでインテル。クリーンシートの快勝を期待しましょう。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ