プレミアリーグとブンデスリーガが全面戦争⁉ CL&EL決勝トーナメント組み合わせ決定!

マンチェスター・シティは最高のクジ運、トッテナムはやむなし、リヴァプールとマンチェスター・ユナイテッドはやっかいな相手を引いてしまいました。ブンデスリーガ無敗のドルトムントとCL無敗のバイエルンのどちらが戦いやすいかは、意見の分かれるところだと思われますが…。昨日、スイスのニヨンにあるUEFA本部で、チャンピオンズリーグのラウンド16とヨーロッパリーグのラウンド32の組み合わせ抽選が行われました。4チームすべてがグループリーグ突破を決めたプレミアリーグ勢ですが、伏兵に足を取られて2位通過となったレッズとマン・ユナイテッドは、それなりの代償を払わされることになりました。クロップ監督のチームは、前年ベスト4のバイエルン。プレミアリーグ6位と苦境に陥っているモウリーニョ監督は、チェルシー時代からよく当たるパリ・サンジェルマンです。

リヴァプールにとって悩ましいのは、アンフィールドのファーストレグでファン・ダイクを起用できないことです。2月には、ジョー・ゴメスとマティプは復帰しているはずですが、どこかで大黒柱抜きの布陣の予行演習を済ませておきたいもの。欧州の強豪との対決では、アウェイゴールは命取りです。夏の新戦力がレオン・ゴレツカしかおらず、コバチ監督の戦術が浸透するのに時間がかかったドイツの名門は、直近になって守備が安定感を取り戻しており、簡単に勝てる相手ではありません。ロッベンやリベリーが往年の迫力を欠いても、ブンデスリーガ14試合10発のレヴァンドフスキや、アーセナルを出てから本格化したニャブリは要注意。難敵ですが、ナポリ戦で見せたゲーゲンプレスで後方からのフィードを遮断し、得意のショートカウンターを繰り出せれば勝機は充分。「私にとってはナイスな組み合わせ」と語っていたクロップ監督は、仇敵バイエルンを撃破することができるでしょうか。レッズサポーターにとっては、不安よりも楽しみのほうが大きい一戦ではあると思われます。


【チャンピオンズリーグ2018-19シーズン ラウンド16組み合わせ】
シャルケ04(ブンデスリーガ) VS マンチェスター・シティ(プレミアリーグ)
マンチェスター・ユナイテッド(プレミアリーグ) VS パリ・サンジェルマン(リーグアン)
トッテナム(プレミアリーグ) VS ドルトムント(ブンデスリーガ)
リヴァプール(プレミアリーグ) VS バイエルン・ミュンヘン(ブンデスリーガ)
アトレチコ・マドリード(ラ・リーガ) VS ユヴェントス(セリエA)
オリンピック・リヨン(リーグアン) VS バルセロナ(ラ・リーガ)
ASローマ(セリエA) VS ポルト(ポルトガルリーグ)
アヤックス(エールディヴィジ) VS レアル・マドリード(ラ・リーガ)
※左がファーストレグでホーム


マンチェスター・ユナイテッドは…。グループステージでユーヴェからアウェイ勝利をもぎ取ったチームを勝てないと断言することはできませんが、リヴァプールを圧倒したパリを2試合トータルで上回るのは至難の業。プレミアリーグ29失点の守備陣が、ネイマール、カバーニ、ムバッペを相手に無傷で終わるという楽観シナリオは描けません。もはやノーチャンスのプレミアリーグではモチベーションが低い試合が目立ちますが、相手がパリなら昨季の堅守とカウンターを思い出せるでしょうか。勝負のカギは初戦のオールド・トラフォード。先制ゴール、カウンターからの追加点、ゴール前にバスを停めて抵抗、デ・ヘアのビッグセーブの4点セットが揃えば…いやー、厳しい。サポーターとしては、ひたすら応援するのみです。

パコ・アルカセル、マルコ・ロイス、ジェイドン・サンチョがアグレッシブに仕掛けてくるドルトムントと、インテルの本拠地ドローで生き返ったトッテナムの激突も注目です。今季の戦績を見ると、ブンデスリーガ首位チームはバイエルンよりも明らかに強そうなのですが、欧州の大舞台で成功した経験がある選手がおらず、スパーズは互角に渡り合えるのではないでしょうか。昨季CLでレアル・マドリードを圧倒したポチェッティーノ戦術でやっかいなヴィツェルを封じ、ベスト8進出を果たしていただければと思います。マンチェスター・シティは、残留争いに巻き込まれているシャルケには負けないでしょう。レッズとスパーズが勝ってドイツ全滅か、2位通過が揃って討ち死にとなりペップのみが残る展開か。テンションが上がる組み合わせとなったCLは、予断を許しません。

ヨーロッパリーグのチェルシーはスウェーデンのマルメFF、アーセナルはBATEボリゾフ。こちらは問題なくラウンド16に駒を進めるでしょう。優勝候補はプレミアリーグの2チームとナポリ、のっけから直接対決となったラツィオ&セヴィージャ。ラツィオと同じ組で6連勝のフランクフルト、CLでリヨンに1歩及ばなかったシャフタル・ドネツクにもチャンスがありそうです。欧州のステージは、しばしのお休み。CL、ELとも再開は2月12日です。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ウィリアン&ジルーの直接FK2発!若手起用のチェルシーは、収穫ありのドロー決着!

プレミアリーグでもチャンピオンズリーグでもなく、何かを争うわけでもないヨーロッパリーグの消化試合を、深夜3時にリアルタイムで観るなど酔狂な…という気持ちもあるのですが、何かおもしろいことが起こるかもしれないと思い、ついつい目を覚ましてしまうのです。MOLヴィディVSチェルシーは、クリステンセン、イーサン・アンパドゥ、ロスタス=チーク、カラム・ハドソン=オドイといったブルーズのヤングプレーヤーを観たい一戦。プレミアリーグではなかなか出番を得られないタレントたちを、キックオフから堪能できるチャンスなのです。

静かに立ち上がったチェルシー。最初の10分は、モラタのヘディングにロス・バークリーが触ってポストぎりぎりを襲ったシーン以外に、目立ったチャンスはありません。最後方から左右に散らすアンパドゥのパスセンスと、ロフタス=チークのチャンスメイクをしばしば楽しめる一方で、期待のハドソン=オドイは消えてしまっています。20分、ハドソン=オドイとロフタス=チークが左サイドを崩しにいくと、モラタの工夫のないクロスがDFにカットされてしまいます。ポゼッションをとるチェルシーは、サイドではテンポよくパスがまわるものの、勝負のボールが通らず苦しんでおりましたが、30分にボックス手前からのFKのチャンスを活かしました。右隅に決めたのは、スペシャリストのウィリアン。これで勢いがつくかと思いきや、2分後に期待の若手がミスを犯して追いつかれてしまいました。

右からのCK。ニアで赤いシャツが触ったボールをクリアしようとしたアンパドゥは、ヘディングをコントロールできずにカバジェロが守るゴールに流し込んでしまいました。再度攻めるチェルシー。ハドソン=オドイがハーフラインから中央に持ち込んだチャンスは、左のウィリアンが近くにいたモラタにつなぎ、ニアを狙ったシュートが枠にいかず。41分にハドソン=オドイがボックス右脇を崩してニアに速いボールを送ると、フィニッシュを狙ったモラタが左膝を痛め、前半終了間際にジルーと交代となります。1-1で折り返した後半も、チェルシーがボールを支配。ところが、ウィリアンがペドロに代わった直後の56分に、ヴィディがワンチャンスを活かします。左から上がったミラノフがファーにアーリークロスを入れると、ネゴが強烈なダイレクトショットでカバジェロのニアを破りました。

チェルシーの反撃は58分。中央でキープしたロス・バークリーが左にまわったハドソン=オドイにパスを通すと、ノーステップのシュートはGKコヴァーシツクの正面。トラップからシュートまでのモーションが速いのが、18歳でファーストチームに抜擢されたウインガーの魅力のひとつです。68分、セスクとのパス交換で左サイドを突破したエメルソンの速いクロスは、ニアに入ったジルーのボレーが左にアウト。70分に右で得たFKをセスクがファーに上げると、ジルーのボレーはネゴのようにはいかず、クロスバーを越えてしまいます。左からボックスに入ったハドソン=オドイが右足で巻いたシュートはGKに難なくキャッチされ、左からのクロスをトラップしたペドロの左足シュートは、左のポストの外に逸れていきました。

チェルシーの同点ゴールは75分、ゴール正面の直接FKを決めたのはジルー。DFが枠の中にいたにも関わらず、頭上を射抜くスーパーショットでした。プレミアリーグでは1ゴールに留まっているジルーは、ELでは4発めです。攻勢のチェルシー。ハドソン=オドイは左サイドから中央に斬り込む彼らしいプレイを連発しますが、切り返しのタイミングを読まれてシュートを枠に飛ばせません。押し続けたアウェイチームは、最後まで決勝トーナメント進出の希望を捨てずに必死の抵抗を見せたヴィディを攻めきれないまま、ドロー決着となりました。

全勝フィニッシュとしたいところではありましたが、カラム・ハドソン=オドイやアンパドゥなどの若手に場数を積ませ、サブの選手のコンディションを上げにいった結果としては悪くありません。18歳のウインガーとロフタス=チークは、タイトなスケジュールとなる後半戦で活躍の場を増やせるのではないでしょうか。オウンゴールのアンパドゥも、苦い経験を糧に「右利きのナタン・アケ~ポカがないダヴィド・ルイス」といった流れで順調に出世していただければと思います。美しい直接FKを2発も見せていただき、2時30分に起きた甲斐がありました。この後のアーセナル戦を観た後は、4時台に起きた方々がかわいそうになる内容だなと思いましたが…エジルとコシールニーが好きな方は別として。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

エジル、コシールニー、若手を試したアーセナルが、余裕のEL最終戦勝利!

プレミアリーグ12節のウルヴス戦以来となるエジル先発。コシールニーは今季公式戦初出場で、メートランド=ナイルズ、サカ、エンケティア、ウィロックといった若い選手たちの顔もあります。ヨーロッパリーググループステージ最終節、アーセナルVSカラバフ。首位通過を決めているガナーズは、ヴォルスクラ戦に続いてニューフェイスの見本市状態です。キックオフから優勢のホームチームは、8分に最初の決定機。サカが左足で巻いたコントロールショットは、GKバグネル・ダ・シルヴァが右に弾きます。16分、先制はアーセナル。右サイドでスラフチェフから奪ったエジルが、斜めのパスをボックス内のラカゼットに通すと、クロスに狙った一撃が左隅に決まりました。プレミアリーグ6ゴールのストライカーは、相変わらず好調をキープ。エンケティアやサカも、後に続きたいところです。

24分、エルネニーのミドルは右にアウト。プレミアリーグ出場ゼロで移籍が噂されているセントラルMFは、この試合が最後となってしまうのでしょうか。ボールは支配しているものの、足元へのパスばかりのアーセナル。39分にエジルが右から蹴ったCKは、エンケティアのヘッドがバーを越えてしまいました。シュート数4対0というおとなしい前半が終わり、ガナーズは後半もマイペースです。時折バックパスを受けるしか仕事がないGKマルティネス。サイドを制圧するプレミアリーグのクラブは、クロスが通りません。54分にエジルが右からFKをゴール前に上げると、パパスタソプーロスはヘディングをコントロールできません。57分、カラバフのCKに飛び出したマルティネスは触れず、ゲニエに初めてのシュートを許しますが、ボールは高く浮いて枠を越えていきました。

63分、ラカゼットが下がってメドリーが左SBへ。メートランド=ナイルズが中盤の右、エンケティアがトップという布陣でしょう。65分にメートランド=ナイルズが右サイドを崩すも、グラウンダーは味方が打てず。69分のサカのミドルは、GKバグネルが真ん中でキャッチします。71分にコシールニーの足慣らしが終わり、モンレアルが登場。83分にはエジルが下がり、ギルモアが2試合連続のEL出場です。89分、メートランド=ナイルズのスルーパスでエンケティアが右サイドを突破し、丁寧にグラウンダーをファーに通すと、フリーのサカのボレーはバグネルが顔面セーブ。ガナーズがカラバフにオンターゲットを打たせず、1-0でグループステージを締めくくりました。

チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグのグループステージ全日程が終了しました。CLのプレミアリーグ勢は12勝4分8敗、ELのチェルシーとアーセナルは余裕の勝ち抜けで10勝2分。死のグループでの戦いを強いられたレッズとスパーズが苦戦して勝率を落としたものの、全クラブがノックアウトラウンドに駒を進め、2月からの激戦を楽しめます。

ELの優勝候補は、プレミアリーグのアーセナルとチェルシー、ラ・リーガからセヴィージャとベティス、CLから落ちてきたセリエAのインテルとナポリあたりでしょうか。ロンドンのクラブは、いずれも頂点に立てるポテンシャルがあると思います。より期待しているのは、エメリ監督が多くのフォーメーションを試しているアーセナルです。レギュラーとサブのラインが明確なチェルシーよりも、戦略・戦術を自在に変えられるアーセナルのほうが、複数の大会を並行して戦う術に長けているのではないでしょうか。CLとELの決勝トーナメントの組み合わせ抽選会は、12月17日にスイス・ニヨンのUEFA本部で実施されます。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

スーパーFKとキレキレカウンター!サネの2発で逆転勝利のマン・シティは首位通過決定!

リヨンが勝ってマン・シティが敗れれば、1位と2位がひっくり返る最終節。シティ・オブ・マンチェスターでホッフェンハイムと戦うペップは、プレミアリーグで出番が少ないオタメンディやフィル・フォーデンを起用しながらも、要所に主力を配して首位キープをめざしています。GKエデルソン、DFジョン・ストーンズ、ラポルテ、オタメンディ、ジンチェンコ、MFギュンドアン、ベルナルド・シウヴァ、フォーデン、FWスターリング、ガブリエウ・ジェズス、サネ。週末のプレミアリーグがランチタイムキックオフという厳しいスケジュールとなっており、フェルナンジーニョを休ませるのは既定路線だったのでしょう。

3分、右から縦に突破しようとしたスターリングはヒュブナーと激突。6分にアウェイチームが速攻を仕掛け、左に出たボールをシュルツが中に折り返すと、グリリッチュのボレーはミートせず右に流れます。8分、ラインの裏に飛び出したのはフォーデン。後ろに戻したボールをトラップしたサネは、フィニッシュをDFに当ててしまいます。11分にはまたもアウェイチームがカウンター。ビッテンコートがマイナスに戻したボールをダイレクトで捉えたクラマリッチの一撃は、ぎりぎりでバーの上に消えていきました。さらに2分後、左サイドへのロングフィードを追いかけたクラマリッチがボックスの角から右足で曲げると、エデルソンが左に弾き出すビッグセーブ。押しまくっていたホッフェンハイムは、このCKの流れから先制しました。

クリアボールを左足で狙ったのはグリリッチュ。こぼれ球を追ったヒュブナーに遅れたラポルテが、後ろから倒してPKを取られてしまいました。クラマリッチが冷静にエデルソンの逆を突いて1-0。昨季プレミアリーグ王者は、すかさず反撃を開始します。19分にサネが蹴ったCKを頭で叩いたガブリエウ・ジェズスはポストに当ててしまい、1分後のFKに合わせたジョン・ストーンズのヘディングもGKバウマンがビッグセーブ。ホッフェンハイムの速攻は、多くの選手が一斉にスプリントするのが脅威で、カイル・ウォーカーがいないサイドを狙い続けています。ポゼッションをとるマン・シティは、先に2点めを奪われてはいけません。

33分、ギュンドアンが左サイドから蹴ったFKは、ジョエリントンの頭に当たってクロスバーを直撃。41分にスターリングが敵陣でヒュブナーから奪うと、グラウンダーをトラップしたフォーデンは、左足のシュートをブロックされます。前半はこのまま終わるかと思われましたが、46分にマン・シティが追いつきました。ゴール正面からのFK。サネのキックは無回転で右に大きく曲がり、サイドネット付近に飛び込むスーパーショットでした。前半は1-1。ハーフタイムにペップがジョン・ストーンズを下げてカイル・ウォーカーを入れたのは、納得の速攻対策です。

49分、サネのCKがファーに上がり、ラポルトがヘッドで合わせるとバウマンが足でブロック。こぼれ球を再度叩いたラポルテは、バウマンがまたも体に当ててクリアしたのを見て頭を抱えています。53分、スターリングとサネが仕掛けたカウンターが止められると、拾ったガブリエウ・ジェズスがスターリングとのワンツーでラインの裏へ。切り返しから左足を振り抜いたストライカーのシュートは左に逸れてしまいました。マン・シティが極上の決定機を迎えたのは56分。自陣でカットしたボールがスターリングに渡ると、ホッフェンハイムの選手は全員上がっており、3対0という珍しい形となりました。スターリングが左のサネに優しいラストパスを通し、サネがダイレクトでゴールに…なぜ、パス⁉予想外の落としをもらったベルナルド・シウヴァがバウマンにぶつけてしまい、ホームサポーターのため息がスタジアムに充満しています。

58分、ネルソンが右から最終ラインを突破すると、GKとの1対1はエデルソンが足でストップ。61分、サネがドリブルで仕掛けたカウンターは、パスをもらったスターリングが左から上がったサネに戻し、バウマンをかわしたウインガーが冷静に左足で流し込みました。2-1となった直後、ペップはジンチェンコをデルフにスイッチ。これ以上、サイドを攻めさせるなという交代でしょうか。66分、ボックス手前からのFKをサネではなくギュンドアンが蹴ると、左に曲がったボールはバーすれすれを抜けていきました。

シャフタル・ドネツクが敗れて自分たちが勝てばELにまわれるホッフェンハイムは、勝負を諦めていません。スローに落とすマン・シティ。76分にスターリングのクロスがファーに届くと、フォーデンの美しいボレーはバウマンが指先で上にクリアしました。84分、右サイドからフォーデンがクロスを入れると、一瞬空いたスターリングのボレーは左に切れてしまいます。85分にベルナルド・シウヴァをコンパニに代えたのは、何としても首位通過という意志表示でしょう。リードを守り切ったマンチェスター・シティが、プレミアリーグ勢唯一の1位フィニッシュを決めました。

サネとスターリングは、突破力を取ればリヴァプールの両サイド以上で、欧州屈指のユニット。フィル・フォーデンは何度も前線に攻め上がって惜しいシュートを放っており、指揮官に対するいいアピールになったのではないでしょうか。フェルナンジーニョとカイル・ウォーカーがいなければ、速攻に対する構えが脆くなるのは弱点ですが、ペップは1月に綻びを繕うのか。プレミアリーグ13試合1ゴールのガブリエウ・ジェズスが復調し、フェルナンジーニョが休んでもOKのスカッドとなれば、クラブの悲願であるビッグイヤー獲得を実現できるかもしれません。1位通過、おめでとうございます!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ユーヴェが負けたのに…戦う姿勢が感じられなかったマン・ユナイテッドは敗戦で2位通過!

コンディショニング、あるいはテスト。チャンピオンズリーグのグループステージ最終節に臨むマンチェスター・ユナイテッドは、既にノックアウトラウンド進出を決めており、週末のプレミアリーグをにらんでメンバーを落としています。GKロメロ、DFバレンシア、バイリー、フィル・ジョーンズ、ロホ。中盤センターはポグバ、フレッジ、フェライニ、2列めにアンドレアス・ペレイラ、マタ。最前線には今季プレミアリーグで6ゴールに留まっているロメウ・ルカクが入っています。ユーヴェがヤングボーイズに勝てば2位通過が決まる状況で、アンフィールドのリヴァプール戦を意識して主力を温存するというチョイスは理解はするのですが…。

開始早々にミナのきわどいグラウンダーをロメロがぎりぎりでブロックするシーンがあり、ホームのバレンシアが攻勢です。マンチェスター・ユナイテッドが落ち着いたのは10分過ぎ。主導権を握るかと思いきや、15分から右サイドを攻め立てられ、失点を喫してしまいます。ミナのクロスをフィル・ジョーンズがクリアすると、拾ったソレールの右足シュートが左のサイドネットへ。ボックス内からノーマークで打たせては、この結末もやむをえません。26分、ようやくアウェイチームが初めてのシュートを放ちました。ボックス右でクリアミスをトラップしたマタが、角度のないところから左足を振り抜くと、ディアカビが体を張ってブロック。31分のピッチーニのクロスは、DFの間に入ったバチュアイのヘッドがうまく当たりませんでした。

33分、バレンシアの左からのCKは、ファーでフリーになったソレールの折り返しをロメロがクリア。35分、マタが蹴ったCKでフェライニが競り勝ち、右のポスト際にいたポグバにボールが出ますが、プレミアリーグで精彩を欠くセントラルMFは至近距離からのボレーを右に外してしまいました。45分のバレンシアの波状攻撃は、シュートを打たせず何とかしのぎましたが、マンチェスター・ユナイテッドは枠内シュートゼロで前半を終了。スイスではユーヴェがヤングボーイズにリードを許しており、プレミアリーグ6位チームは勝てば首位通過の可能性があります。

モウリーニョ監督は、ハーフタイムにロホを下げてアシュリー・ヤングを投入。47分のフィル・ジョーンズのミスは致命的でした。縦パスを追ったCBは、バチュアイを体で抑えており、ボールに触らなければロメロがキャッチしていたはずです。スライディングしながら蹴った意図はバックパスだったのか、あるいはクリアか。ロメロの脇を抜けたボールがゴールのど真ん中に転がり、アウェイチームが首位通過するなら3点が必要となりました。

圧倒的なバレンシアペース。57分、フレッジに代わって登場したのはラシュフォードです。直後のCKは、フィル・ジョーンズが競ったこぼれ球を叩いたバイリーのボレーが大きく上にアウト。63分にソレールの縦パスでミナがラインの裏に出ますが、ロメロがコースを切って体に当てました。70分、ルカクに代わってリンガード。好意的に見れば、ラシュフォードをトップにまわして勝負ということなのでしょう。72分、初めてのオンターゲットはラシュフォード。DFにヒットして勢いを失ったボールは、GKドメネクが余裕でキャッチしました。75分にアンドレアス・ペレイラが放った強烈なミドルは、ドメネクが右に飛んで弾き出します。

83分にポグバが左サイドから入れた速いボールは、GKが弾いたところに赤いシャツはいませんでした。87分、マタのスルーパスでボックス左に出たリンガードがゴールライン上で触り、外のアシュリー・ヤングに預けると、ラシュフォードのヘッドが右隅に吸い込まれて2-1。90分にラインの裏に入り込んだマタは、ラシュフォードの浮き球を振り向きざまにボレーで狙いますが、当たり損ねたボールは右に外れ、イーブンに戻せませんでした。反撃は時すでに遅し。バレンシアが逃げ切り、マンチェスター・ユナイテッドは2位通過となりました。

「戦ってほしかった」「もったいない」が最初の感想です。ユーヴェがヤングボーイズに敗れたため、勝っていればラウンド16でシャルケ04やローマを引けていたかもしれません。メンバーを落としたことよりも、戦術、意志統一、勝ちにいく姿勢がすべて感じられなかったことのほうが残念です。ポグバは気持ちが乗っておらず、最終ラインはシュートレンジでコースを切る動きが弱く、ゴールへの道筋は終始曖昧でした。危険なファールが多かったのは、焦りや苛立ちではなく、集中力の欠如ゆえだったのではないでしょうか。ラシュフォード、リンガード、マタを揃えて試合を始められていれば、ポジティブな結果を得られていたのではないかと思いました。

モウリーニョ監督は、首位通過を逃した代償をリヴァプール戦で得られるでしょうか。チャンピオンズリーグを観る限りでは、アンフィールドで戦うホームチームが圧倒的に優位に見えます。「こういうときに勝つのがモウリーニョ」といいたいところですが、果たして…!ビッグ6との直接対決ですべて2失点以上のクラブが、プレミアリーグで2失点を喫したことがないクラブに胸を借りる苦しい一戦に、さすがに楽しみとはいえず、ひたすら恐怖です。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ