ユーヴェが負けたのに…戦う姿勢が感じられなかったマン・ユナイテッドは敗戦で2位通過!

コンディショニング、あるいはテスト。チャンピオンズリーグのグループステージ最終節に臨むマンチェスター・ユナイテッドは、既にノックアウトラウンド進出を決めており、週末のプレミアリーグをにらんでメンバーを落としています。GKロメロ、DFバレンシア、バイリー、フィル・ジョーンズ、ロホ。中盤センターはポグバ、フレッジ、フェライニ、2列めにアンドレアス・ペレイラ、マタ。最前線には今季プレミアリーグで6ゴールに留まっているロメウ・ルカクが入っています。ユーヴェがヤングボーイズに勝てば2位通過が決まる状況で、アンフィールドのリヴァプール戦を意識して主力を温存するというチョイスは理解はするのですが…。

開始早々にミナのきわどいグラウンダーをロメロがぎりぎりでブロックするシーンがあり、ホームのバレンシアが攻勢です。マンチェスター・ユナイテッドが落ち着いたのは10分過ぎ。主導権を握るかと思いきや、15分から右サイドを攻め立てられ、失点を喫してしまいます。ミナのクロスをフィル・ジョーンズがクリアすると、拾ったソレールの右足シュートが左のサイドネットへ。ボックス内からノーマークで打たせては、この結末もやむをえません。26分、ようやくアウェイチームが初めてのシュートを放ちました。ボックス右でクリアミスをトラップしたマタが、角度のないところから左足を振り抜くと、ディアカビが体を張ってブロック。31分のピッチーニのクロスは、DFの間に入ったバチュアイのヘッドがうまく当たりませんでした。

33分、バレンシアの左からのCKは、ファーでフリーになったソレールの折り返しをロメロがクリア。35分、マタが蹴ったCKでフェライニが競り勝ち、右のポスト際にいたポグバにボールが出ますが、プレミアリーグで精彩を欠くセントラルMFは至近距離からのボレーを右に外してしまいました。45分のバレンシアの波状攻撃は、シュートを打たせず何とかしのぎましたが、マンチェスター・ユナイテッドは枠内シュートゼロで前半を終了。スイスではユーヴェがヤングボーイズにリードを許しており、プレミアリーグ6位チームは勝てば首位通過の可能性があります。

モウリーニョ監督は、ハーフタイムにロホを下げてアシュリー・ヤングを投入。47分のフィル・ジョーンズのミスは致命的でした。縦パスを追ったCBは、バチュアイを体で抑えており、ボールに触らなければロメロがキャッチしていたはずです。スライディングしながら蹴った意図はバックパスだったのか、あるいはクリアか。ロメロの脇を抜けたボールがゴールのど真ん中に転がり、アウェイチームが首位通過するなら3点が必要となりました。

圧倒的なバレンシアペース。57分、フレッジに代わって登場したのはラシュフォードです。直後のCKは、フィル・ジョーンズが競ったこぼれ球を叩いたバイリーのボレーが大きく上にアウト。63分にソレールの縦パスでミナがラインの裏に出ますが、ロメロがコースを切って体に当てました。70分、ルカクに代わってリンガード。好意的に見れば、ラシュフォードをトップにまわして勝負ということなのでしょう。72分、初めてのオンターゲットはラシュフォード。DFにヒットして勢いを失ったボールは、GKドメネクが余裕でキャッチしました。75分にアンドレアス・ペレイラが放った強烈なミドルは、ドメネクが右に飛んで弾き出します。

83分にポグバが左サイドから入れた速いボールは、GKが弾いたところに赤いシャツはいませんでした。87分、マタのスルーパスでボックス左に出たリンガードがゴールライン上で触り、外のアシュリー・ヤングに預けると、ラシュフォードのヘッドが右隅に吸い込まれて2-1。90分にラインの裏に入り込んだマタは、ラシュフォードの浮き球を振り向きざまにボレーで狙いますが、当たり損ねたボールは右に外れ、イーブンに戻せませんでした。反撃は時すでに遅し。バレンシアが逃げ切り、マンチェスター・ユナイテッドは2位通過となりました。

「戦ってほしかった」「もったいない」が最初の感想です。ユーヴェがヤングボーイズに敗れたため、勝っていればラウンド16でシャルケ04やローマを引けていたかもしれません。メンバーを落としたことよりも、戦術、意志統一、勝ちにいく姿勢がすべて感じられなかったことのほうが残念です。ポグバは気持ちが乗っておらず、最終ラインはシュートレンジでコースを切る動きが弱く、ゴールへの道筋は終始曖昧でした。危険なファールが多かったのは、焦りや苛立ちではなく、集中力の欠如ゆえだったのではないでしょうか。ラシュフォード、リンガード、マタを揃えて試合を始められていれば、ポジティブな結果を得られていたのではないかと思いました。

モウリーニョ監督は、首位通過を逃した代償をリヴァプール戦で得られるでしょうか。チャンピオンズリーグを観る限りでは、アンフィールドで戦うホームチームが圧倒的に優位に見えます。「こういうときに勝つのがモウリーニョ」といいたいところですが、果たして…!ビッグ6との直接対決ですべて2失点以上のクラブが、プレミアリーグで2失点を喫したことがないクラブに胸を借りる苦しい一戦に、さすがに楽しみとはいえず、ひたすら恐怖です。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

もったいないというか、惜しかったですね。
そして2位通過の代償は大きそうですね。
ポルトのゲームは見てませんがかなり強そうだし、後は錚々たるビッグネーム揃い!意外とレアルには勝てるかも。
  • ペップの街
  • 2018/12/13(Thu)09:31:21
  • 編集

無題

レアルに勝てるわけがない
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2018/12/13(Thu)09:49:46
  • 編集

無題

やらかすとしたらレアルやろ
シティ、バイエルンとかは全く勝てる気がしない

無題

やらかすとしたらマドリーでしょ
バイエルン、PSG、バルサなんかは惨殺されるイメージしかない
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2018/12/13(Thu)11:54:52
  • 編集

無題

今季のバイエルンは絶不調中だしバルサはスパーズ戦でも露呈してたけど守備がボロいからチャンスは全然あるかと
まぁレアルも同じくらいチャンスあるし、今年は安定してる強豪チームは居ない
  • かーど
  • 2018/12/13(Thu)12:34:01
  • 編集

無題

冬に100億くらいでポグバを売れるなら間違いなく売るべき。
相変わらず守備はサボるわ、走らないわでプロとしてどうなのって感じ。
仮に今モウリーニョを解任してもどうせポグバなんて2〜3年後には移籍したいって騒ぐんだろうし早めに移籍させたほうがいいと思う。

アーセナル戦やフラム戦で同じユース上がりのリンガードやラッシュフォードがあれだけ走り回って、闘志溢れるプレーしてたのにポグバはいったい何を見てたのって聞きたい。
  • さよならポグバ
  • 2018/12/13(Thu)13:06:29
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ