立て続けの2失点、ポグバ退場!マンチェスター・ユナイテッドがホームで絶望的な敗戦!

終戦。タイムアップの笛を聞いたとき、その2文字が頭をよぎりました。スールシャール就任以来、プレミアリーグで8勝1分と快進撃を続けていたチームは、ネイマールとカバーニがいないパリなら勝ってくれるのではないかと期待していました。グループステージでフランス王者と戦ったリヴァプールは、1勝1敗と互角の結果を残しており、後半戦のプレミアリーグでNo.1のマンチェスター・ユナイテッドは充分いけるはずと信じていたのでした。オールド・トラフォードで0-2は致命的。ポグバ抜きのパリで、3ゴールをゲットして大逆転するイメージは浮かびません。あまりにも悔しい一戦を、冷静に振り返ってみたいと思います。

GKデ・ヘア、DFアシュリー・ヤング、バイリー、リンデロフ、ルーク・ショー。ポグバ、マティッチ、エレーラが中盤に入り、前線にはリンガード、ラシュフォード、マルシアル。スールシャールの11人は、何の疑問も浮かばないベストメンバーです。前線から激しくプレスをかけるマンチェスター・ユナイテッドは、悪くない入りに見えました。5分のラシュフォードとリンガードのカウンターは、ラストパスが通らず。古巣対決となるディ・マリアのミドルは、右に切れていきます。徹底的にサイドを突くホームチーム。9分にラシュフォードが右サイドから放った意表を突く一撃は、ブッフォンがセーフティにパンチで逃れました。

11分のキンペンベのイエローは、何でもないプレイでした。早い時間のカードは、後にマン・ユナイテッドの希望を打ち砕く伏線です。10分を過ぎると、パリが中盤を支配し始めます。プレミアリーグ4位チームは、執拗に右サイドを突いています。16分にキンペンベを抜き去ったポグバは、グラウンダーをリンガードに合わせられず、ブッフォンがニアポストの前で懐に収めました。24分、ラシュフォードの短いパスから最前線に飛び出し、カウンターを仕掛けたリンガードは、マルシアルの後ろに出してしまいます。ポグバがヴェラッティを引っかけ、カードをもらったのは26分。2分後、ヴェラッティが斜めに入れたパスをドラクスラーがダイレクトでラインの裏に通すと、抜け出したムバッペはデ・ヘアにコースを切られて右に外してしまいました。

激痛だったのは、45分のリンガードの負傷リタイアでした。豊富な運動量でカウンターを仕掛けていた14番の代役は、トップフォームを取り戻したとはいえないアレクシス・サンチェス。スールシャール監督は、マルシアルの足の状態もよくないと判断したのか、0-0で折り返した後半頭からマタにスイッチしました。52分、ダニ・アウヴェスのクロスをムバッペがヘッドで叩くと、右隅に飛んだボールはデ・ヘアがビッグセーブ。直後のCKで、パリが先制します。ディ・マリアのキックを追ったマティッチがキンペンベを見失い、左足のボレーがゴールの真ん中に突き刺さりました。56分、CKのクリアをダイレクトで捉えたダニ・アウヴェスのボレーは、ポグバが触ってポストの外。早い時間に追いつきたかったマン・ユナイテッドは、60分に痛恨の2点めを決められてしまいました。

左サイドを走ったディ・マリアが、CBの間に割って入ったムバッペを見て完璧なアーリークロス。バイリーのスライディングは及ばず、7番のボレーがデ・ヘアの脇を抜けて右隅に吸い込まれました。63分、縦1本で抜け出したムバッペがデ・ヘアと1対1になり、軽く浮かしてファーを狙うも守護神が冷静に手に当てました。1分後、左からスプリントしたヴェラッティの決定的な一撃は、デ・ヘアが落ち着いてセーブ。50分まで形勢互角だったゲームは、白いシャツが支配しています。

残り25分から落ち着きを取り戻したマンチェスター・ユナイテッドは、ようやく攻勢に転じますが、ヴェラッティ、マルキーニョス、ケアラー、チアゴ・シウヴァはポジショニングを間違えず、クロスもグラウンダーもシュートチャンスを生み出せません。74分、足を痛めたヴェラッティに代わってパレデス。スールシャール監督は、3点めを奪われるのを怖れたのか、ラシュフォードをルカクにチェンジしたのは84分になってからでした。絶望的なアクシデントが起こったのは89分。遅れて振り上げた足をダニ・アウヴェスの脛に入れてしまったポグバに、2枚めの黄色と赤いカードが次々と示されます。プレミアリーグで23試合11ゴールの大黒柱は、大事なセカンドレグを失ってしまいました。

0-2、パリが完勝。2回もマークを外してしまったマンチェスター・ユナイテッドに対して、パリの最終ラインはパーフェクトでした。オンターゲットは前半のラシュフォードのみ。リンガードが効いていた右サイドは、マタに代わった後は押されるポイントとなり、ディ・マリアの素晴らしいアシストを許してしまいました。スールシャール体制で初の敗戦を喫した赤い悪魔は、気持ちを切り替えてチェルシーとのFAカップやプレミアリーグに臨めるでしょうか。ショッキングな敗戦により、選手たちのモチベーションと集中力を再度高めなければならなくなった指揮官の手腕が問われます。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

いつも楽しく拝見しております。
パリは老練でしたね。ムバッペの裏という武器をチラつかせながら低い位置でのヴェラッティとマルキーニョスのビルドアップはさすがの一言。前半まではマティッチとヤングのとこで引っ掛けれていただけにセットプレーは痛恨でした。ポグバもマルキーニョスのマンマークに苦しみましたね。外に追いやられてからのクロス。マルシャル→マタの交代時のトゥヘルの笑みが物語ってました。重要な場面でのファールの仕方もパリの方が激しく見えなかったことが最後のポグバ退場への布石なんじゃないかなと感じます。キンペンベを助けたイタリア人主審への批判がネットでは目立ってますが、「ここがどこだかわかってんのか?」といった圧力など皆無で、パリのチャントと終始ディ・マリアへのブーイングしかなかったお通夜劇場こそホームゲームにできなかった最大の要因ではないでしょうか。
黄金期再来などまだまだ。引きずらずにこっからオーレの巻き返しがまた始まると信じています。

ロストがデジャヴの7番はどうすれば輝きを取り戻すでしょうか・・・
  • えれーら21
  • 2019/02/13(Wed)13:04:41
  • 編集

無題

パリ強いっすね…
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2019/02/13(Wed)13:09:38
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ