青のゴールラッシュ、プラハの反撃。撃ち合いを制したチェルシーがEL準決勝へ!

同じ4-3でも、プレミアリーグ対決となったマン・シティとスパーズの激闘とはだいぶ趣が違います。最初の30分で4発を叩き込んだチェルシーが、緩んだ後半に1点差に迫られながらもスラヴィア・プラハを下してELベスト4進出を決めました。サッリ監督のスタメンに、ジョルジーニョの名前がありません。GKケパ、最終ラインはアスピリクエタ、クリステンセン、ダヴィド・ルイス、エメルソン。中盤はコヴァチッチ、カンテ、ロス・バークリー、3トップはアザール、ジルー、ペドロ。スタンフォード・ブリッジの声援を背中に受けたブルーズは、5分にあっさり先制しました。

右サイドにいたペドロが、アスピリクエタとのワンツーでボックスのコーナーに進出すると、ジルーとのワンツーも決めてGKコラーシュと1対1になります。余裕のチップキックがゴールに転がり、1-0。アウェイのファーストレグを0-1で勝っているチェルシーは、トータルのリードを2点に広げました。9分、アザールのパスでラインの裏を突いたジルーがボックス手前まで進み、10番にリターン。左サイドからのグラウンダーがファーに届くと、ペドロのボレーはポストに当たってCBデリの頭にヒットし、ネットに突き刺さりました。

10分もしないうちに2点リードしたホームチームは、17分に追加点をゲットします。カンテの素晴らしいスルーパスでペドロがコラーシュと1対1。前回のチャンスでボレーをポストにぶつけたアタッカーは、よくばらずにフリーのジルーにフィニッシュを譲りました。アーセナルから来たストライカーが、GKのいないゴールに流し込んで3-0。プレミアリーグで2ゴールに留まっているジルーは、ヨーロッパリーグでは10戦10発の大爆発です。

圧勝ムードだったチェルシーは、20分を過ぎるとプラハの逆襲を喰らいます。25分のFKはデリのヘッドをケパが足で止めるビッグセーブでしのぎましすが、直後のCKをフリーのソウチェクにヘッドで叩き込まれました。しかし27分、アザールが中に斬り込んで外から上がったエメルソンを使うと、CBの間を抜けてきたジルーが左足ボレー。コラーシュが弾いたボールをペドロが泥臭く押し込み、2試合トータルのチェルシーのアドバンテージは再び4点となりました。

中盤のチェックが甘いプラハは、カンテやアザールを自由にさせ過ぎです。33分、カンテの浮き球で前線に飛び出したロス・バークリーはCBに挟まれてシュートを打てず。プラハのセットピースに対して、リュディガーのいない最終ラインはマークが緩く、41分に中に入ってきたボールもデリがあと1歩でした。最初の45分は4-1。セカンドハーフに入ると、チェルシーはFKやCKで脅かされる機会が増え、プラハが自分たちのサッカーを取り戻しました。

51分、ゴール手前やや右でパスをもらったシェフチクが左足を振り抜くと、ケパの左手の下に沈んだボールがニアに突き刺さって4-2。さらに54分には、シェフチェクが今度は右足でクロスにミドルシュートを放ち、ケパのグローブの先を抜けて左のサイドネットを揺らします。4-3、あっという間に1点差。アウェイチームがさらに2点を積んで4-5となったら事件です。65分にアザールが下がり、ウィリアン登場。キックオフ直後に足を痛めたエースに、無理をさせないほうがいいでしょう。

押される時間が続くチェルシー。サッリ監督は、70分にロス・バークリーを下げてジョルジーニョを投入しました。次の失点を許してはいけない状況ですが、チェルシー守備陣は中央に入ってくる縦パスを徹底してつぶしており、危険なシュートを打たれる気配はありません。87分、ペドロに代わってカラム・ハドソン=オドイ。うまく時間を遣ったチェルシーが、2試合トータル5-3で準決勝進出を決めました。

シュート数は9対11でスラヴィア・プラハのほうが多かったものの、4-3となってからの35分はこれといったピンチもなく、実力上位の順当勝ちといっていいゲームでした。前半のゴールラッシュで一気に勝負を決めたチェルシーは素晴らしかったのですが、セヴィージャを倒して意気揚々と乗り込んできたチェコのクラブの健闘も清々しく、ヨーロッパリーグの8強にはこういうチームがいくつか上がってきてほしいとあらためて思いました。チェルシーの準決勝の相手は、アイントラハト・フランクフルト。年明けからフル出場を続ける長谷部誠が、スタンフォード・ブリッジでプレイする姿が見られるのが楽しみです。

アーセナルと戦う「ビッグロンドンダービーinバクー」は実現するのでしょうか。マンチェスター・ユナイテッドがプレミアリーグ3位、チェルシーが4位で、5位と6位のトッテナムとアーセナルが欧州を制覇すればCL出場権を失うのはチェルシーになります。ロンドン勢が欧州で躍進し、「プレミアリーグで4位に入ればCL出場権が得られる」とはいえなくなってきました。それぞれのクラブのサポーターは、もうしばらく眠れない夜が続きそうです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

前半早々の得点に安心し、うっかり寝落ちしていて気づいたらの惨事にビックリしました。アザールが下がった後は前線の連携がチグハグで、1人で仕掛けて囲まれて奪われる、特にカンテが奪った後のロストが目立っていたように思います。今季残すはEL制覇以外の道はないので、泥臭く3試合勝きってほしいところです。
  • nor
  • 2019/04/19(Fri)12:19:30
  • 編集

無題

教えてほしいのですが、CL出場権はPL4位PL以内ですが、
5位以下になったチームがCL,ELを制覇したらその分1つずつ枠が削られていくのでしょうか?それとも4枠+αで5枠目までは確保され、6枠目はダメとか。
アーセナルファンですが、EL逃して4位になんとか入ってもチェルシーが5位以下でCL取ったら枠を逃すことになると、、、、、
  • きんぐ
  • 2019/04/19(Fri)13:06:56
  • 編集

無題

CL出場権については、1カ国から最大で5チームと読んだ記憶があります。

従って、例えば、PL5位と6位のチームがCLとELで優勝してしまうと、PL4位のチームが来季はELに回らないといけない、と。

ただ、CLのセミファイナルに残ったのがRedsとSpursなので、この両チームがPL5位以下のフィニッシュは考えにくいと思います。

となると、ガナーズ目線からすると、例えばチェルシーがEL制覇したとしても、4位以内に入ればCL出場権獲得となるのではないでしょうか?

無題

Redsはないけど、Spursが5位以下になる可能性はありますね。たしかに相手は比較的楽ですが、最近PLアウェイ5試合で勝ち点1に加え、ケインがいない。

決勝どちらもプレミア対決にならないかな。
  • Joe
  • 2019/04/19(Fri)16:06:57
  • 編集

無題

ユナイテッドファンですが、ユナイテッドが3位になるとは考えられませんね。
ただ、今季のプレミアが最後まで面白いというのは同意です。

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ