プレミアリーグの激戦直後…ガス欠リヴァプールがパヴコフの2発で完敗!

2勝1敗でグループ首位に立ったリヴァプールが、大事なアウェイゲームを迎えています。チャンピオンズリーグ2018-19シーズン、グループステージ4節のツルヴェナ・ズベズダ(レッドスター・ベオグラード)戦。先週末のプレミアリーグで、アーセナルとの激戦をドローでしのいだクロップ監督は、3人を入れ替えて必勝のゲームに臨みます。GKアリソン、DFアーノルド、マティプ、ファン・ダイク、ロバートソン。中盤にワイナルドゥム、ミルナー、ララナを配し、前線はサラー、スタリッジ、マネの3枚です。ホームサポーターの後押しを受けて、ツルヴェナ・ズベズダが中盤を支配する序盤戦。ロバートソンのロングフィードで8分に飛び出したマネは、苦しい体勢からのクロスを強いられました。1分後、ボックス左から切り返しを入れて狙ったマルコ・マリンのシュートは、アリソンが正面でキャッチしています。

11分、左サイドに出たサラーが中央にクロスを上げると、スタリッジのヘッドは後ろに逸れてしまい、フォローしたアーノルドのボレーは枠の上。15分のCKは、競り合いのこぼれ球を反転して打ったサヴィッチの一撃が左に外れます。2分後に左サイドを突破したマネのクロスは、ニアのロバートソンが競った後、裏でフリーだったスタリッジが決定的なボレーを打ち上げてしまいました。プレミアリーグのクラブはマネの動きがよく、右からのアタックはほとんどありません。21分、シュートのこぼれ球に左足を振り抜いたベン・ナブハヌの一撃は、アリソンがセーブ。このCKから、ツルヴェナ・ズベズダが先制します、中央でパヴコフがノーマークになり、叩きつけたヘッドにアリソンは反応できず。勢いに乗ったホームチームは、29分に追加点をゲットします。

左サイドでミルナーがパスミス。すかさずパヴコフにボールが渡り、ワイナルドゥムを引きずりながら中央に持ち込んで放ったミドルは、左隅に突き刺さるスーパーショットでした。プレミアリーグで2失点がないレッズにとって、今シーズン初めての重いビハインドです。30分からの波状攻撃は、右からのクロスに飛んだララナのダイビングヘッドが、ストイコヴィッチに当たってしまいます。サラーは紅白のストライプに囲まれ、マネのタッチも少なくなりました。前半は2-0。レッズのオンターゲットは1本もありません。クロップ監督は、スタリッジとアーノルドを下げ、フィルミーノとジョー・ゴメスで勝負。後半の頭にベン・ナブハヌのシュートがミルナーの手に当たりますが、致命的なホイッスルは鳴りませんでした。

攻勢を強めるレッズに対し、ホームチームは引いてカウンター狙い。56分のロバートソンのクロスはDFにヒットしてバーを叩き、逆サイドからフォローしたフィルミーノのグラウンダーは味方に届きません。59分、負傷したストイコヴィッチに代わってゴベリッチ。レッズのラインは間延びし、ゴール前を固めるセルビアのチームを攻めあぐんでいます。シュートを打てないまま、残り時間は20分。右にまわったマネに、前半の切れ味はありません。71分に縦パスを受けたサラーのコントロールショットは、GKボージャンがセーブ。直後のCKに反応した11番のボレーは、左のポストを叩きました。

75分、ツルヴェナ・ズベズダのカウンターは、左からの浮き球をゴベリッチが打ち切れず。79分にロバートソンが質の高いクロスを上げるも、中の選手が先に触れず、ララナの落としに反応したサラーもフィニッシュをブロックされてしまいます。79分、クロップ監督の最後のカードはララナをオリギ。82分にジョー・ゴメスが放り込んだロングスローはマティプが打ち切れず、左に回り込んだサラーのキックはボージャンが懐に収めます。右サイドでフリーになったフィルミーノのクロスは、前線に残っていたファン・ダイクのヘッドがクロスバーを越えていきます。94分にロングクロスがこぼれて、初めて前が空いたサラーのシュートはボージャンがキャッチ。公式戦初出場のオリギは、何もできずにタイムアップの笛を聞きました。

「アーセナルに奪われた運動量とテンション」という見出しは、強引でしょうか。前線の動きが少ないため、パスの出しどころが読まれやすく、クロスに走り込む選手もいませんでした。クロップ監督は、カードを出す順番を間違えたのではないでしょうか。アルバニア系スイス人のシャキリを連れて来れなかったセルビアのゲームは、守りを固められた最終盤にスタリッジを出したい展開になってしまいました。この後の試合でナポリとパリが引き分けてくれれば、レッズはどちらかに快勝すれば突破という条件に持ち込めます。切り替えましょう。勝負はこれからです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ロフタス=チークがハットトリック!チェルシーも余裕のEL3連勝!

ケパ、ザッパコスタ、ケーヒル、クリステンセン、エメルソン、セスク、ロフタス=チーク、コヴァチッチ、ペドロ、ジルー、ウィリアン。プレミアリーグで無敗のチェルシーは、最終ラインと中盤をサブの選手で固めていますが、スタンフォード・ブリッジでBATEボリゾフには負けないでしょう。ヨーロッパリーグの3試合めは、キックオフからワンサイドゲーム。2分、右サイドでひとり抜いたザッパコスタがロフタス=チークにグラウンダーを通すと、右足のダイレクトショットがあっさりゴール左隅に吸い込まれました。7分に中に斬り込んで放ったウィリアンのシュートは、フィリポヴィッチにヒットしてCK。8分にもザッパコスタがCKをゲットし、ウィリアンがニアに浮かすと、ロフタス=チークが右足に当てたボレーがゴール左に転がり、あっという間の2-0です。ベタ引きのアウェイチームにとって、残りの80分は長く辛い時間となりそうです。

14分、右サイドを攻めるチェルシーは、ボックスに侵入したコヴァチッチの落としをペドロが左足でシュート。このCKをプッシュしたクリステンセンのシュートはDFに当たり、GKシェルビツキがラインの手前でキャッチします。24分にウィリアンがドリブルでボックス左に出ると、ファーに上げたクロスをトラップしたペドロは、コースを遮られて枠に打てませんでした。ロフタス=チークがアウトで浮かした中央のペドロへの絶妙なラストパスは、11番が打てずにクリアされたボールを、左にいたウィリアンがボレー。決定的なシーンでしたが、ボールは右に切れてしまい、2-0のままスコアは変わりません。

36分にウィリアンが左から仕掛けたカウンターは、スルーパスが微妙に長く、GKの前に出たジルーは触れません。39分、セスクの長いパスがザッパコスタに渡ると、中央に走り込んだロフタス=チークのヘッドは左にアウト。いきなり2点を決めたプレミアリーグのクラブは、リードを広げられずにハーフタイムを迎えました。後半に入り、54分に22歳のMFがハットトリックを達成します。ペドロが左からスプリントし、ボックスに入ったところでドリブルを止められると、後ろにいたロフタス=チークがこぼれ球をダイレクトで左隅へ。GKシェルビツキがクリアしなければいけない弾道でしたが、打ってくると思っていなかったのでしょう。指先で触ったボールが枠に吸い込まれた瞬間、ベラルーシのクラブの敗戦が決定的となりました。

57分にウィリアンがヴィクター・モーゼスに代わると、60分にはペドロが下がってカラム・ハドソン=オドイ。サッリ監督は、プレミアリーグで出番が少ない選手たちにピッチの感触を確かめさせます。71分、ヴィクター・モーゼスがドリブルで仕掛け、ゴール前に浮いたボールをジルーが反転しながらボレーで叩くと、シェルビツキがセーブ。BATEボリゾフが一矢を報いたのは80分でした。左サイドで得たFKに、ファーから飛び込んだのはリオス。ケパは動けず、至近距離からのボレーがネットに突き刺さりました。

83分にドリブルで相手の守備を切り裂いたロフタス=チークは、シェルビツキと1対1となるも、シュートコースがなく体に当てられてしまいます。10分までに2点を獲り、大量得点が期待されたゲームは、冬の移籍が噂されていたロフタス=チークが好調ぶりとクオリティの高さをアピールしただけに終わりました。とはいえ、サッリ監督にしてみれば、この結果に特段不満はないでしょう。アーセナルと同様に、次戦のボリゾフとのアウェイゲームに勝てば、グループステージ突破決定。ELの残り2試合を若手やサブの選手のために使うことができます。

イタリア勢に苦戦しているCL組は5勝2分5敗、6戦全勝のELの2チームは優勝候補。バルサとレアル・マドリードを筆頭とする強豪を見上げるセカンドグループに6クラブがひしめいているというのが、現在のプレミアリーグの立ち位置なのでしょう。マン・シティとレッズには、密かにファイナル進出を期待しているのですが…⁉


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

本日も後半勝負!ウェルベックの1発で、アーセナルがスポルティングCPを撃破!

グループステージ3連勝を賭けた戦い。プレミアリーグ7連勝、公式戦10連勝のアーセナルが、スポルティングCPの本拠地エスタディオ・ジョゼ・アルヴァラデに乗り込んでいます。エメリ監督は、プレミアリーグのレスター戦で試した左SBジャカをチョイスしました。レノの前にリヒトシュタイナー、パパスタソプーロス、ホールディングとジャカ。エルネニーとグエンドゥジがセントラルに入り、ラムジー、ミキ、ウェルベックの前にオーバメヤンという布陣です。5分を過ぎても中盤でのせめぎ合いが続き、最初のチャンスは7分のホームチーム。アクーニャが左から蹴ったクロスは、ホールディングがコースに入って胸でカットします。

徐々にアーセナルのポゼッションが増え、右から仕掛けるリヒトシュタイナーのクロスが続くも、中央に合わず。17分にナニのクロスをボレーで狙ったブルーノ・フェルナンデスはファールを取られました。23分、ボックスの左脇から直接狙ったミキのFKは、GKリベイロがセーブ。ガナーズの左サイドからのアタックが迫力を欠くのは、ジャカが後方からの支援に徹しているからでしょう。27分、グエンドゥジは右サイドで空いていたミキをよく見ていましたが、フリーだった7番の速いグラウンダーは守備網に捕まりました。31分、モンテーロのクロスをホールディングがクリアすると、バタグリアのボレーはゴール前の渋滞に引っかかり、ブルーノ・フェルナンデスのミドルは右にアウト。ビルドアップのミスが招いたピンチは、バーをかすめたナニのフィニッシュにヒヤリとさせられました。

36分に左サイドからドリブルで疾走したウェルベックは、ゴールライン際まで持ち込みながらシュートを打てず。ウェルベックと競り合ってハムストリングを痛めたリフトフスキは続行不可能のようで、後半からはガスパールが投入されるでしょう。オーバメヤンのミドルをリベイロがキャッチすると、前半が終了。0-0のゲームは両者ともシュートが少なく、勝負は次の45分に持ち越されました。

48分、中央から上がったミキがボックス右のオーバメヤンにラストパスを通すと、強烈な右足シュートはリベイロがセーブ。1分後にラインの裏に抜けたオーバメヤンがリベイロと1対1になり、左足でGKの頭上を越そうとしますが、左手で弾かれてしまいます。53分、ボックス左で粘ったグエンドゥジがウェルベックにグラウンダーを通した決定機は、ボレーがピントに当たってCK。アウェイチームは、再三のチャンスを活かすことができません。58分、エメリ監督はエルネニーに代えてルーカス・トレイラ。62分のグエンドゥジのミドルは、ガスパルに当たってリベイロの正面です。

65分にオーバメヤンが仕掛けたカウンターは、ウェルベックが持ち込んでつぶれたところをラムジーがフォロー。右足の一撃は、ガスパルがカットして事なきを得ます。71分、グデリが下がってカブラル。ルーカス・トレイラの強烈なFKはリベイロがセーブし、ジャカがアウトにかけて浮かしたクロスはアタッカーたちに合いません。78分、縦パスに反応したオーバメヤンがヒールで前線に流すと、コアテスが後逸したボールをウェルベックがさらい、ボックス右からクロスに完璧なシュート。0-1となった3分後に、殊勲のウェルベックはラカゼットに後を譲ります。86分、オーバメヤンに代わってイオビ。冷静に時間を遣ったプレミアリーグ4位チームがリードをキープし、公式戦11連勝を飾りました。

前半はおとなしく、相手の中盤が間延びし始める後半に勝ち越しゴールをゲット。エメリ式の勝利の方程式をトレースしたガナーズは、オーバメヤンとウェルベックがラインの裏を狙い続け、イングランド代表がワンチャンスを活かしました。ルーカス・トレイラが加わると縦へのフィードが増え、最前線と周辺の選手が一気に活性化。11戦連続の複数ゴールはならなかったものの、いかにもエメリガナーズらしい勝ち方でした。

次戦のエミレーツでスポルティングCPに連勝すれば、グループステージ突破が決定。アーセナルは、木曜開催のゲームに悩まされることなく、首位のマン・シティに勝ち点2差と迫ったプレミアリーグに集中できます。週末のクリスタル・パレスとのロンドンダービーを制し、10月末にブラックプールとのカラバオカップ4回戦を順当勝ちすれば、13連勝でリヴァプールとのシックスポインターに臨めます。今の勢いがあれば、「18連勝でノースロンドンダービー」も荒唐無稽な話ではないでしょう。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

どうしたロリス…勝ちゲームだったトッテナム、ラスト3分の失点で激痛のドロー決着!

プレミアリーグでは7勝2敗と悪くないトッテナムが、チャンピオンズリーグで苦しんでいます。インテルに2-1で逆転負け、バルサに2-4で惨敗で連敗スタート。フィリップス・スタディオンのPSV戦は、アウェイといえども勝たなければならない一戦でした。GKロリス、DFトリッピアー、アルデルヴァイレルト、ダヴィンソン・サンチェス、ベン・デイヴィス。エリック・ダイアーとデンベレがセントラルに並び、エリクセン、ソン・フンミン、ルーカス・モウラの前にハリー・ケインという布陣は、現状のベストメンバーです。3分、ドリブルで上がったルーカス・モウラが、ボックス手前からミドルシュートを放つも大きく上にアウト。ハリー・ケインが右に展開し、トリッピアーがGKとDFの間にグラウンダーを入れた4分の決定機は、ソン・フンミンが先着できませんでした。

中盤を制するスパーズに対して、PSVはカウンターで対抗。15分にハリー・ケインが左から打ったシュートは、GKズートがファンブルしたボールをアンヘリーノがクリアします。17分のCKは、クリアが短くなったところをハリー・ケインが拾って右足を振り抜くと、デ・ヨンクに当たって跳ね上がってしまいました。右からのCKに合わせた10番のヘッドは、クロスバーを直撃。プレミアリーグ5ゴールのエースは、再三のチャンスを決めきれません。21分のガストン・ペレイロのFKは、右に曲げすぎました。エリクセンとベン・デイヴィスの連打はいずれもDFがブロック。27分に左から中に持ったソン・フンミンの一撃は、ズートの守備範囲です。

30分、先制はPSV。名手アルデルヴァイレルトが、イルヴィング・ロサノにトラップをさらわれ、ドリブルでゴールに向かう11番を追走します。シュートする瞬間に追いつき、スライディングでブロックしたのですが、このボールがロリスの頭上を越える絶妙な弾道で枠に飛び込んでしまいました。34分のCKをダヴィンソン・サンチェスが右隅に決めたシーンは、どこでファールがあったのかわかりません。ハリー・ケインはオフサイドポジションにおらず、転倒した選手もコースを遮られた選手もいなかったのですが…。

きれいな同点ゴールを取り消されたスパーズが、文句なしの1発で追いついたのは39分。エリクセンのスルーパスでトリッピアーがボックスに侵入し、完璧な折り返しがフリーのルーカス・モウラに届きます。右足のシュートがフィエルフェヘルにヒットしてネットを揺らし、1-1。44分に右サイドから仕掛けたイルヴィング・ロサノが、並走していたガストン・ペレイロにパスを通すと、アルデルヴァイレルトを抜いて放ったトゥーキックの一撃は、クロスバーに阻まれました。

イーブンで折り返したプレミアリーグのクラブは、後半開始9分に勝ち越しゴールをゲットしました。ソン・フンミンとのパス交換からボックスの左に出たエリクセンが、DFの頭を越える完璧なクロスを上げると、裏でフリーだったハリー・ケインがお手本通りにラインに叩きつけるヘディングシュート。3分前にエリクセンの強烈な左足シュートを弾いたズートも、さすがに触れませんでした。勢いに乗って攻めるスパーズ。デンベレのミドルがDFにヒットすると、今季プレミアリーグでノーゴールのソン・フンミンは力んだシュートを左に外してしまいました。

チャンピオンズリーグで10戦勝利なしの内弁慶チャンピオンは、スパーズの速い出足に攻撃を組み立てられず、次のゴールが枠に収まれば勝負は決していたでしょう。ポチェッティーノ監督は、64分にルーカス・モウラをラメラ。トリッピアーが左から蹴ったFKをハリー・ケインがヘッドで叩くと、ズートが足に当てるビッグセーブで追加点を阻止します。72分にボックス右から打ったラメラのシュートは、クロスバーにヒットして枠にいきませんでした。

若き指揮官がハリー・ウィンクスを投入したのは、イエローをもらっていたデンベレがリスクだったからでしょう。慎重だったポチェッティーノ監督が、まさかのアクシデントに見舞われたのは79分でした。縦パス1本でラインの裏に抜け出したのはイルヴィング・ロサノ。猛然と飛び出したロリスはまったくボールを見ておらず、足がかかった瞬間、見ていた全員が同じジャッジを下したのではないでしょうか。赤いカードが高々と掲げられ、ソン・フンミンに代わってフォルム。入ったばかりのGKは、デ・ヨンクの素晴らしいFKを左に弾き出しました。

10分守り切ればよかったスパーズは、ラスト3分で痛恨のゴールを許してしまいました。左からのFK。ダヴィンソン・サンチェスのクリアを拾ったロサリオのシュートは当たり損ねでしたが、コースにいたデ・ヨンクがアウトで蹴ったボレーがネットに突き刺さります。2-2、悔やみきれないドロー。シュート24本、オンターゲット9本、ポゼッション71%というスタッツを見るまでもなく、完全なるスパーズの勝ちゲームでした。何度もあのシーンのリプレイを見ましたが、おそらくアルデルヴァイレルトが間に合っており、最後の砦が不利な勝負をしにいかなくてもよかったのですが…。スパーズの自力突破は、全勝条件となりました。カンプ・ノウのバルサ戦を含む3連勝です。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

フィルミーノ、サラー、マネが4発ゲット!シャキリが前線を動かし、リヴァプール圧勝!

パリ・サンジェルマンに3-2で競り勝った後、ナポリに1-0で敗戦。昨季チャンピオンズリーグ準優勝のリヴァプールは、ツルヴェナ・ズベズダ(レッドスター・ベオグラード)に連勝すれば、一気に視界が開けます。必勝のクロップ監督は、攻撃的なオーダーをチョイスしています。GKアリソン、DFアーノルド、ジョー・ゴメス、ファン・ダイク、ロバートソン。ファビーニョ、シャキリ、ワイナルドゥムが中盤に入り、サラー、フィルミーノ、マネの3トップです。厳しいプレスを仕掛けてくるアウェイチームに、リヴァプールは防戦一方。5分を過ぎてもボールを支配できない展開は、プレミアリーグではなかなか見られません。

10分、敵陣でクリアをカットしたジョー・ゴメスがサラーをポストに使うと、ボックス右でパスをもらったフィルミーノのシュートは、上がっていたアーノルドに当たってしまいます。直後、中盤からの浮き球でサラーがGKボージャンと1対1になりますが、シュートコースを失い守護神がキャッチ。これだけ寄せが速いチームは、プレミアリーグには見当たらず、レッズは明らかにやりにくそうです。20分、ブーイングを受け続けていたアルバニア系スイス人のシャキリが、ロバートソンを走らせる完璧なスルーパス。マイナスに折り返したグラウンダーがフリーのフィルミーノに通り、切り返しからの冷静な左足シュートがネットを揺らしました。

25分、アリソンの好フィードから左サイドのロバートソン、マネと縦につながり、ラストパスがフリーのサラーに出るもボレーはミートせず。1分後、ロバートソンが中央のサラーに当て、ダイレクトでマネ、ロバートソンと戻ったアタックは、SBが中に入れた速いクロスが合いません。ラインの裏に出たサラーはぎりぎりでオフサイドを取られ、マネがドリブルから11番を使ったチャンスも、得意の右45度から打つ直前にカットされます。クロスをカットされたロバートソンがダッシュで戻って奪い返した後、右に展開した37分のアタックは、シャキリのミドルがGKの正面。43分にシャキリ、サラー、マネとダイレクトでまわった速攻は、ロバートソンがシュートミスで終わらせてしまいました。

しかし45分、ワイナルドゥムが鋭い縦パスをボックス角のシャキリに通すと、スピードを殺したニアへの落としがパーフェクト。サラーが右足で叩き込み、プレミアリーグ2位チームは2-0という納得のスコアでハーフタイムを迎えます。後半スタートから、レッズがラッシュ。47分のファビーニョのミドルはうまく当たらなかったものの、2分後にボックス左から突破を図ったマネが、ストイコヴィッチに肘打ちを喰らってPKをもらいます。サラーがど真ん中に蹴り込んで3-0。ロングフィードで前線に飛び出したアーノルドの左足ボレーは、ボージャンの手が届くコースでした。

56分のシャキリのFKは壁に当たり、リバウンドをもらったスイス代表の得意のクロスはGKがパンチ。アグレッシブなプレスでレッズの守備陣を困らせていた10分までのツルヴェナ・ズベズダは、今や影も形もありません。アーノルドとロバートソンが、ウイングのように張り出したホームチーム。62分にファビーニョがボックス手前でインターセプトすると、フィルミーノのミドルはボージャンが右に弾き出します。65分にエベシリオがヨヴァンチッチに代わると、クロップ監督は68分にシャキリをララナ。アンフィールドのサポーターは、スタンディングオベーションで2ゴールに絡んだ司令塔を称えています。

73分のアウェイチームのカウンターは、ジョー・ゴメスが的確な判断でつぶしました。サラーが下がり、スタリッジ登場。ロバートソンの運動量は、残り15分になってもまったく落ちません。76分、FKをクリアしようとしたベン・ナブハンがハンドを取られ、マネがPKを蹴ると、ボージャンが触ってクロスバーにヒット。フォローしたマネのシュートは右に外れ、追加点はなりませんでした。80分、ワイナルドゥムのパスを中央で受けたスタリッジが、すかさず左のマネにパスを送り、ボージャンと1対1になった10番が脇を抜きました。不用意なパスをカットしたスタリッジが、ララナをラインの裏に走らせた決定機は、1対1をボージャンがブロック。ロバートソンはここでお役御免となり、アルベルト・モレノに後を譲りました。

プレミアリーグのチェルシー戦を思い出させるスタリッジのミドルが右に切れ、マネがボージャンとの1対1を左に外すと、間もなくタイムアップ。最後までオンターゲットを許さなかったリヴァプールが、4-0で圧勝しました。シャキリの決定的なパス2発が、どう転ぶかわからなかったゲームの展開を決めました。3トップの4ゴールもさることながら、左サイドを攻め抜いたロバートソン、激しいチェックと前線へのフィードで自軍の優位を築いたワイナルドゥムにも拍手を送りたいと思います。2-0となってからは、すっかりおとなしくなってしまったツルヴェナ・ズベズダですが、キックオフからしばらく続いたプレスは、ベオグラードの再戦では要注意です。パリとナポリは、2-2ドロー。2勝1敗のレッズは、グループ首位で後半戦に入ります。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ