17歳のメイソン・グリーンウッドが公式戦初ゴール!マン・ユナイテッドは1-0辛勝!

GKロメロ、最終ラインはジオゴ・ダロト、トゥアンゼベ、フィル・ジョーンズ、ロホ。中盤センターにフレッジとマティッチ、2列めにグリーンウッド、アンヘル・ゴメス、タヒス・チョン、最前線にはプレミアリーグ3ゴールのラシュフォード。アーセナルに続き、マンチェスター・ユナイテッドもELの初戦に若手を揃えています。オールド・トラフォードに迎えるのは、カザフスタンのアスタナ。格下のクラブ相手にキックオフから主導権を握ったホームチームは、3分に惜しいシーンを創りました。フレッジのロングシュートは、クロスバーの上にヒット。4分に左サイドからFKを蹴ったラシュフォードは、高速のシュートを壁に当ててしまいました。

6分、左サイドからドリブルで仕掛けたタヒス・チョンが左足で浮かすと、GKエリッチが弾いてCK。12分の左からのCKは、トゥアンゼベに当たってこぼれたボールがフリーのラシュフォードの前に出ますが、ゴール前2メートルからのボレーはエリッチが体に当てるビッグセーブで先制を許しませんでした。15分、ジオゴ・ダロトが斜めに出したパスをラシュフォードがヒールでボックス右に流すと、グリーンウッドが左足で放った強烈なシュートは惜しくも左に逸れていきます。

20分、ロホが左から浮かしたボールに走り込んだラシュフォードは、フリーのボレーをGKにぶつけてしまいました。ここまで8本のシュートを放ったホームチームは、足元にパスをつなぐだけでシュートが打てない「マン・ユナイテッドあるある」にはまります。久々のチャンスは42分。フレッジのシュートをボックスの右のコーナーで受けたグリーンウッドが、左足で巻いたシュートは枠にいきませんでした。1分後、ロホのミドルのこぼれ球を右足アウトでプッシュしたラシュフォードのボレーは、エリッチが落ち着いてキャッチ。プレミアリーグのクラブは、0-0という冴えないスコアでハーフタイムを迎えました。

47分、マティッチが入れた楔のパスからチャンス到来。中央で粘ったアンヘル・ゴメスが左に展開すると、ロホの高速グラウンダーに2人が飛び込むも、1歩及ばずボールは逆サイドに流れていきます。52分のCKは、こぼれ球に反応したグリーンウッドのシュートがDFに当たってポストをかすめます。55分のラシュフォードのFKは、壁を越えて落ちるもクロスバーの上。59分にフレッジのFKがゴール右隅を襲いますが、エリッチが左に飛んでCKに逃れました。

67分、タヒス・チョンとアンヘル・ゴメスに代わって、マタとリンガード。残り20分を切っても、プレミアリーグのクラブにゴールはありません。サポーターが煽るなか、ホームチームがようやく先制したのは73分。フレッジからパスをもらったグリーンウッドが、2度の切り返しでマークを振り切り縦に抜けると、ニアを狙った一撃がGKの股間を抜けてネットを揺らしました。76分のロホのロングシュートは、右のポストぎりぎりにアウト。79分にロホが下がり、アシュリー・ヤングが左サイドに入ります。

80分、敵陣で奪ったボールが左のリンガードに渡り、右足の強烈なミドルが左隅に飛ぶと、エリッチが弾いたボールがポストに当たって逆サイドへ。詰めていたジオゴ・ダロトは無人のゴールへのボレーを枠に収められません。89分のカウンターは、グリーンウッドのラストパスでフリーになったリンガードが、目の前に立ちはだかったエリッチに当ててしまいました。最後は1-0で終えることを選んだマンチェスター・ユナイテッドが、セーフティなプレイを続けてタイムアップ。シュート20本のチームは、最少得点差の辛勝で勝ち点3をゲットしました。

若手とサブメンバー主体とはいえ、プレミアリーグの下位クラブより手応えのない相手からは3~4点獲ってほしかったのですが、最低限の目標はクリアしており、特段ネガティブな感覚はありません。退屈な試合を観ていて、こんなことを思いました。ファン・ハール時代から、課題は変わっていないな、と。連動性がないアタックは、横へ横へ、足元から足元へのパスばかりで、セットピースとカウンター頼み。直近5シーズンでタイプの違う3人の監督が指揮を執ったのに、ゴール欠乏症という悩みを引きずっているのは、彼らが望んだ選手を獲得せず、教科書通りのプレイに終始しているからなのかもしれません。

ポグバ、デ・ヘア、マグワイアといったプレミアリーグ屈指のタレントの個人力を頼らなければならないチームは、勝つべき相手でも1-0、1-1、0-1といったスコアを繰り返すのではないでしょうか。今のレベルでは、EL制覇までは望めないでしょう。プレミアリーグでTOP4フィニッシュというのが売唯一の目標になりそうですが、期待しすぎず、若い選手たちのブレイクを願いながら厳しいシーズンの着地を見届けたいと思います。メイソン、ファーストチームでの公式戦初ゴール、おめでとう。(メイソン・グリーンウッド 写真著作者/Kane Brooker)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

完璧マルティネス、サカは1ゴール2アシスト!猛攻に耐えたアーセナルがアウェイで0-3快勝!

オーバメヤンの脇にスミス=ロウとサカ。中盤にはルーカス・トレイラ、ジャカ、ウィロック、最終ラインはチャンバース、ムスタフィ、ダヴィド・ルイス、コラシナツ。ここ数年のプレミアリーグを見ているグーナーが不安になる顔ぶれで、エメリ監督は今季のヨーロッパリーグをスタートさせました。緒戦の相手は昨季ベスト4のフランクフルト。中盤には長谷部誠と鎌田大地がいます。3分過ぎにソウの強烈なシュートをキャッチしたのはマルティネス。1分後、左サイドを突破したサカの完璧なクロスに走りこんだルーカス・トレイラは、フリーのボレーを打ち上げてしまいました。

11分、アンドレ・シルヴァのミドルシュートは左ポストの外。13分にヒンテレッガーのミスパスをサカが敵陣ボックス手前でカットしますが、フィニッシュかパスか躊躇したために寄せられ、左足のシュートをブロックされてしまいます。16分、左サイドにいたサカが縦に出したスルーパスでルーカス・トレイラが裏に抜け出しますが、GKトラップの出足が速くシュートを打てず。直後、アンドレ・シルヴァのスルーパスでボックス左に抜けたコスティッチは、マルティネスと1対1になりながら左に外してしまいます。

21分に左サイドから上がったコスティッチが高速グラウンダーを入れると、クリアのこぼれ球を叩いたバス・ドストの一撃は左にアウト。ウィロックの縦パスを受けたオーバメヤンが右に流れ、クロスに狙うと、こちらも枠にいきません。攻守が目まぐるしく変わるスリリングな展開。昨季プレミアリーグ5位チームは、右サイドを狙われています。24分にロングフィードがコスティッチに届き、トラップ1発でチャンバースをかわしたWBが左足を振り抜くと、マルティネスが左手で弾き出すビッグセーブでチームを救いました。

25分に右からのグラウンダーが鎌田大地に入り、右足で放ったシュートはマルティネスの正面。劣勢だったアーセナルは、33分にビッグチャンスをつかみます。敵陣でソウをチェックして奪ったジャカがスミス=ロウを縦に走らせると、トラップと1対1になった若きアタッカーは、至近距離からの一撃をセーブされて悔しがっています。37分、右からのクロスを叩いたバス・ドストのヘッドは右に外れ、直後のカウンターでガナーズが先制します。サカのパスを左サイドで受けたウィロックがドリブルで突進。ボックスに入ったところで切り返しを入れて右足を振り抜くと、アブラハムに当たって大きく跳ねたボールがバーの下を叩いてゴールに吸い込まれました。

前半終了間際にも、マルティネスがビッグセーブ。斜めのパスがボックス右に走ったアンドレ・シルヴァに入り、ダイレクトのシュートがニアに飛びますが、27歳になった第2GKはコースに体を入れて防ぎました。0-1で始まった後半も、直線的なアタックを交互に仕掛ける忙しい展開が続きます。50分にウィロックがドリブルで仕掛けたカウンターは、フリーになったオーバメヤンが左足で打った瞬間、間に合ったヒンテレッガーがスライディングでブロック。54分にルーカス・トレイラが自陣で潰され、ショートカウンターが発動しますが、コスティッチの左足シュートはGKの正面でした。

55分、右サイドからジャカが蹴ったFKは、トラップの頭上を越えてクロスバーにヒット。59分にコスティッチが左から上がり、正確なグラウンダーがアンドレ・シルヴァの足元に入りますが、ボレーは明らかなキックミスでバーを越えてしまいました。60分、スミス=ロウに代わってニコラ・ペペ。フランクフルトのシュートは20本を超えています。68分に左でフリーになったコスティッチは、触れば1点の速いボールをゴール前に入れるも、誰も飛び込みません。

72分、ウィロックが下がってダニ・セバージョス。79分、サカを後ろから倒したドミニク・コールは2枚めのイエローで退場です。これでフランクフルトはしびれました。85分、ジャカ、ニコラ・ペペとつながったカウンターから、サカのミドルが左隅に決まって0-2。2分後、ルーカス・トレイラがスパイクが脱げながらも前線でチェックし、競り合いのこぼれ球を拾ったサカが左足アウトでラインの裏に転がします。オーバメヤンとトラップが1対1。プレミアリーグ5ゴールのエースが冷静に足元を抜き、ガナーズが0-3で快勝しました。

MVPは、完璧だったマルティネスと1ゴール2アシストのサカでいかがでしょうか。コスティッチに左サイドを蹂躙され、シュート24本を浴びる苦しい試合でしたが、CBの2人と守護神が要所を締めて耐え抜き、最後にチャンスをものにしました。バイタルエリアにおけるチェックの緩さは相変わらずでしたが、アストン・ヴィラと戦う週末のプレミアリーグで解決していただきましょう。若手とサブの選手が結果を出したのが何よりも収穫。グループFの最大の難敵をアウェイで下すという結果は、自信につながるのではないでしょうか。スリリングでおもしろい試合でした。グーナーのみなさん、おめでとうございます。ウィロック、スミス=ロウ、サカ…楽しみですね!(エミリアーノ・マルティネス 写真著作者/joshjdss)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

アウェイの洗礼を受けたトッテナムは、2点リードを守り切れずドロー発進!

チャンピオンズリーグ2019-20シーズンが開幕しましたが、初日のプレミアリーグ勢は厳しい結果となりました。リヴァプールはナポリに2-0で競り負け、チェルシーはバレンシアにスタンフォード・ブリッジで0-1。2日めに登場するトッテナムとマンチェスター・シティは、格下のクラブ相手に勝利を収めることができるでしょうか。昨季CLで準優勝のスパーズは、敵地スタディオ・ヨルギオス・カライスカキスでオリンピアコスと対戦。ポチェッティーノ監督は、クリスタル・パレスとのロンドンダービーで2発をゲットしたソン・フンミンをベンチに置き、トップフォームに戻っていないデル・アリを先発起用しています。

GKロリス、DFダヴィンソン・サンチェス、アルデルヴァイレルト、フェルトンゲン、ベン・デイヴィス。中盤センターはエンドンベレ&ハリー・ウィンクス、2列めにルーカス・モウラ、デル・アリ、エリクセン。最前線にはプレミアリーグ3ゴールのハリー・ケインです。キックオフから積極的に攻めるオリンピアコスに対して、セーフティに戦おうとするトッテナム。5分に右サイドから持ち込んだポデンセのシュートは、ロリスが右に倒れてキャッチしました。軽快なドリブルで仕掛けてくる10番は要注意。10分の手前でエンドンベレのミスを突き、ボックス手前からシュートを放ったのもポデンセでした。

16分、フェルトンゲンをかわしたゲレーロは、左足のシュートをロリスの正面に打ってしまいます。18分、オリンピアコスに決定機。左サイドを抉ったツィミカスのクロスをポデンセが胸で右に送ると、ゲレーロの鋭いシュートが左のポストを直撃。こぼれ球に走りこんだギリェルメのボレーは、バーすれすれを抜けていきます。押されていたスパーズは、26分に望外の先制点をゲットしました。ボックスの右脇から仕掛けたハリー・ケインが、メリアに引っかけられてPK。エースは冷静に中央に蹴り込み、貴重なアウェイゴールを手に入れました。

0-1とした昨季CLファイナリストは、30分にショートカウンターを成功させます。敵陣でベン・デイヴィスがインターセプトし、すかさず中央のルーカス・モウラへ。ドリブラーはコースが空いたのを見逃さず、強烈な一撃を左隅に突き刺しました。スパーズの選手が持つと盛大にブーイングが飛んでくるなか、デル・アリのドリブルシュートは惜しくもバーの上。逆襲に転じたオリンピアコスは、44分に1点を返します。ヴァルブエナとのワンツーで右から上がったポデンセが、SBとCBの間のスペースに入り込んで右足を振り抜くと、ロリスの指先を抜けたボールは左のポストの内側に吸い込まれました。

1-2で始まった後半はスパーズのペース。49分にハリー・ケインが右から高速クロスを入れ、デル・アリが押し込んだシーンはVARによってオフサイドです。53分、ヴァルブエナが倒れた瞬間、フェルトンゲンのプッシングと見做されPKのホイッスル。ヴァルブエナが冷静に右に決め、ホームチームが同点に追いつきます。58分、CKのクリアを拾ったエンドンベレの強烈な左足シュートは、GKジョゼ・サの正面。65分、ハリー・ウィンクスの楔のパスをルーカス・モウラがダイレクトで右にさばくと、デル・アリがボックス右を突破してシュートを放ちますが、ジョゼ・サのビッグセーブでスコアは変わりません。

エンドンベレをシソコに代えていたポチェッティーノ監督は、73分にデル・アリを諦めソン・フンミンを投入。プレミアリーグのクリスタル・パレス戦で2発ゲットの韓国人アタッカーには、勝負を決めるゴールが期待されています。76分、ルーカス・モウラが下がってエリック・ラメラ。これぞアウェイという空気のなか、決定機を創れなかったスパーズは、ドローという結果を受け入れざるをえませんでした。2点リードから追いつかれるという経過を見れば、勝てる試合を落としたとも受け取れますが、シュート数は17対10。チャンスの数を考慮すれば妥当な結果でしょう。

ハイプレスが効いたのはわずかな時間で、エリクセンは冴えず、ハリー・ケインのシュートは封じられました。とはいえ、グループステージ全体を見渡せば、アウェイで2-2は悪い結果ではありません。ギリシャとセルビアのクラブ相手にホームゲームを落とさなければ、2位通過はいけるはず。ツルヴェナ・ズヴェズダを上回れば、バイエルンとの一騎打ちに持ち込めます。デル・アリ、セルジュ・オーリエ、ライアン・セセニョンなど、負傷者や本調子でない選手たちが、真価を発揮できる状態になるのを待ちましょう。まずは週末のプレミアリーグ。レスターとのアウェイゲームは難関ですが、厳しいプレスと手数をかけないアタックを思い出し、勝ち点3をめざしていただければと思います。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ギュンドアン&マフレズ!主力を休ませたマンチェスター・シティが敵地で3発快勝!

ラポルテとジョン・ストーンズが負傷リタイア。CBはオタメンディひとりという緊急事態です。シャフタル・ドネツクとのアウェイゲームは、ペップ・グアルディオラ監督の手綱さばきが問われる一戦となりました。チャンピオンズリーグ2019-20シーズングループステージ第1節。優勝候補と目されているマンチェスター・シティは、キックオフからゴール前に殺到しています。GKエデルソン、DFカイル・ウォーカー、フェルナンジーニョ、オタメンディ、ジンチェンコ。MFロドリ、ギュンドアン、デブライネ、FWマフレズ、ガブリエウ・ジェズス、スターリング。昨季プレミアリーグ王者のベンチにいるのは、ダヴィド・シルヴァ、ベルナルド・シウヴァ、アグエロら攻撃的な選手とSBだけです。

デブライネが鋭いFKを連発するも、フィニッシュは枠にいかず。10分のFKからマフレズが左足で入れたファーへのクロスは、オタメンディの足をかすめてゴールラインを越えました。12分のシャフタル・ドネツクの波状攻撃は、ボックス手前から左足で巻いたマルロスのミドルが左にアウト。15分にカイル・ウォーカーが放ったロングシュートは、左に切れていきます。プレミアリーグで見せる複数の選手の連携がないアウェイチームは、遠めからのシュートをGKピアトフに見送られるシーンが目立ちます。

22分、ギュンドアンが狭い隙間を縫う縦パスを通すと、コースが空いていたガブリエウ・ジェズスは切り返しを入れたために詰められ、シュートをブロックされてしまいます。2分後、デブライネが右サイドでインターセプトに成功し、中央のガブリエウ・ジェズスが後ろに落としたボールをギュンドアンが左足でフィニッシュ。ピアトフが右に飛んでセーブすると、こぼれ球に走りこんだマフレズが無人のゴールにプッシュしました。0-1となり、主導権はシャフタルに移りますが、マン・シティ守備陣はサイドで数的優位を築いて決定的なボールを出させません。

ホームチームの前半最大のチャンスは35分。左から上がったタイソンが優しい縦パスをボックスに転がすと、抜け出したジュニオール・モラレスがエデルソンと1対1。プレミアリーグ屈指の守護神はぎりぎりまで動かず、シュートを胸に当ててクリアしました。ピンチをしのいだアウェイチームは、38分に追加点をゲットします。右サイドからマフレズが中に斬り込み、ボックス右に走り込んだギュンドアンに縦パスを通すと、GKのポジションをよく見ていたドイツ人MFがニアぎりぎりに突き刺しました。

42分、マン・シティのカウンター。ガブリエウ・ジェズスのスルーパスで右から抜け出したデブライネは、右足のシュートがうまく曲がらずニアにアウト。直後、オタメンディの裏を取ったジュニオール・モラレスが再度エデルソンの前に飛び出しますが、体勢を崩してしまい、シュートを打てずに終わります。前半は0-2。セカンドハーフの立ち上がりも、マン・シティが攻勢です。50分、ロングフィードに飛び出したエデルソンは判断ミス。先着したジュニオール・モラレスのループシュートが右に外れて助かりました。

マン・シティは52分にも決定機を創ります。敵陣でインターセプトしたギュンドアンが中央を切り裂き、右足でシュートを放つと、ピアトフが弾いたボールをクリフツォフがクリアミス。カットしたスターリングの左足シュートはポストを叩き、3点めはなりません。58分、デブライネのパスを受けたスターリングが、トラップでマルロスをかわすと、脇にいたギュンドアンのドリブルはタッチが大きく、飛び出したピアトフにラストパスをブロックされてしまいました。

67分、ジンチェンコから中央のスターリング、右のデブライネとつながり、プレーメイカーが切り返しから左足を振り抜くと、ボールはファーポストの外。76分、昨季プレミアリーグ王者が鮮やかなカウンターを決めました。センターサークル手前でデブライネが浮き球を受けたとき、シャフタルはひとりしか残っておらず、マフレズとガブリエウ・ジェズスが左右を走って3対1。デブライネはゴールに近いガブリエウ・ジェズスにスルーパスを通し、ストライカーが冷静に右隅に流し込みました。

デブライネに代えてベルナルド・シウヴァを投入したペップは、81分にカイル・ウォーカーをジョアン・カンセロ。2分後にロドリをバンジャマン・メンディに代え、悠々と試合を畳みました。今日の主役はギュンドアン&マフレズ。アグレッシブな攻め上がりで2点を演出したセントラルMFと、1ゴール1アシストのドリブラーが早い時間にゴールを積み上げ、主力に休日をプレゼントしてくれました。最大の難敵とのアウェイゲーム&面倒なウクライナ遠征をダブルでクリア。週末のプレミアリーグで最下位ワトフォードに完勝すれば、ノリッジショックは過去の話となります。出番を求めていた選手たちが力を発揮したナイスゲーム。最大の目標であるビッグイヤー獲得に向けて、上々の滑り出しです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

右サイド偏重だったチェルシー、負けたことがなかったバレンシアにまさかのホーム敗戦!

フランク・ランパードは、監督として初めてのチャンピオンズリーグに若手主体のメンバーで臨みます。2-5で圧勝したプレミアリーグのウルヴス戦から変わったのは、負傷したリュディガーのみ。クリーンシートがひとつもないチームは、ラ・リーガで13位と不振のバレンシアを抑えることができるでしょうか。スタンフォード・ブリッジのピッチに揃った11人を紹介しましょう。GKケパ、3バックにフィカヨ・トモリ、クリステンセン、ズマ。WBはマルコス・アロンソとアスピリクエタ、セントラルMFにジョルジーニョとコヴァチッチが並んでいます。ウィリアン、メイソン・マウント、タミー・アブラハムの前線も、直近のプレミアリーグと同じ布陣です。

6分、ウィリアンとのパス交換から縦に抜けたのはアスピリクエタ。ニアに入ったクロスにタミー・アブラハムが飛び込みますが、GKシレッセンがセーブしました。9分にコクランのタックルで傷ついたメイソン・マウントは痛みが癒えず、悔しそうに顔をゆがめながら16分にリタイアしました。代わって入ったのはペドロ・ロドリゲス。今季プレミアリーグ3ゴールの若きアタッカーを失ってから、タミー・アブラハムの孤立が目立つようになりました。

ウィリアンの精力的な仕掛けばかりが目立つチェルシーの攻撃。左サイドがまったく使えておらず、アスピリクエタからのクロスを叩いた27分のタミー・アブラハムのヘッドは、うまく当たらず逆サイドに流れます。30分、左からの折り返しがニアのロドリゴに届くと、左足の一撃はガメイロにヒット。35分に中央でスラロームを披露したウィリアンは、右足のミドルを左のポスト際に外しました。1分後、果敢にオーバーラップしたフィカヨ・トモリは、ボックスに侵入してファーにクロスを上げるも、アスピリクエタがボレーをミートできません。

チェルシーはペドロのポジションが低く、時間がかかる左サイドは優先順位が下がりがち。41分、前線に走ったウィリアンにピタリと合わせたコヴァチッチのロングフィードは見事でしたが、胸トラップからのシュートは枠にいきません。両者とも決定機がないまま後半に突入。チェルシーは、相変わらず右サイド偏重のアタックを続けています。56分、バレンシアがCKでサインプレーを使い、グラウンダーに走りこんだガメイロがフリーで右足を振り抜きますが、力んだ一撃は左に外れ、スタンフォード・ブリッジには安堵のため息が充満しています。

62分、マルコス・アロンソが壁の足元を抜いたFKは、ースを読んだシレッセンが左手を伸ばしてビッグセーブ。70分にガメイロが下がり、マキシ・ゴメスが前線に入ります。ランパード監督の2枚めは、ズマをジルー。ゴールを狙った交代策の直後に、バレンシアに先制点を奪われてしまいました。左からパレホが縦に浮かしたFKに、タミー・アブラハムとジョルジーニョが虚を突かれ、中央から左に流れてきたロドリゴのボレーがニアに突き刺さります。0-1となり、攻めるしかないチェルシー。若き指揮官は80分のコヴァチッチを諦め、ロス・バークリーで勝負です。

83分、CKで競り勝ったフィカヨ・トモリのヘッドがヴァスに当たってシレッセンがキャッチ。チェルシーの選手たちがハンドを主張するも笛は吹かれず、試合は続けられましたが、1分ほど経過してからレフェリーがVARを宣言しました。86分に下されたジャッジはPK。タミー・アブラハムは、キッカーのロス・バークリーにどんなアドバイスをしていたのでしょうか。かつてはPKが苦手といわれたシレッセンは、クロスバーをかすめてスタンドに飛び込んだボールを見てガッツポーズを繰り返しました。

過去6試合は3勝3分。バレンシアに負けたことがなかったチェルシーが、要塞スタンフォード・ブリッジでまさかの敗戦を喫しました。右からのクロスと中央突破に寄っていたホームチームのアタックは、バルサに5発喰らったばかりのバレンシアでも守りやすかったのではないでしょうか。ズマを代えたときは、ジルーではなくプリシッチでラストパスの出どころとバリエーションを増やしたほうがいいのではないかと思ったのですが…。厳しい結果となりましたが、リールとアヤックスのアウェイ連戦を負けずに切り抜ければグループステージ突破が見えてきます。週末のプレミアリーグはリヴァプールとのホームゲーム。指揮官と選手たちに、立ち止まっている時間はありません。(ロス・バークリー 写真著作者/@cfcunofficial (Chelsea Debs) London)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ