ベテランの移籍と負傷者続出で選択肢なし…フランク・ランパードの初陣に思うこと。

ウィロックとネルソンを先発させたエメリ監督を直前に観ていたこともあり、フランク・ランパード監督がプレミアリーグの初陣にタミー・アブラハムとメイソン・マウントを起用したことに驚きはありませんでした。ベンチにいたのはプリシッチ、ジルー、ケネディ。彼らよりも若い2人のほうが、チームにフィットしていると判断したのでしょう。58分にプレミアリーグデビューを果たしたアメリカ代表と、2‐0とされてから登場した昨季EL得点王の出来を見た方は、新指揮官の初スタメンが若手抜擢の一択だったことに異論はないのではないでしょうか。チェルシーのレジェンドは、誰が選んでもさほど変わらない11人と妥当な戦術でビッグ6とのシックスポインターに臨み、4‐0で惨敗したのだと思います。

試合を観たクリス・サットンが、こんな言葉で指揮官の置かれている状況を表現していました。「チェルシーのボスは、地獄のような仕事のひとつだ」。元祖SASは「オリンピックのロウイング決勝をディンギーで競うようなもの」とかぶせておりましたが、スポーツをスポーツで例えることの是非はともかく、「あまりにも手駒が貧弱だった」といいたかったのでしょう。補強禁止のペナルティを喰らったクラブの苦しい台所事情について、整理してみましょう。

昨季プレミアリーグで16ゴール15アシストのエデン・アザールという大エースがレアル・マドリードに移籍。プレミアリーグやチャンピオンズリーグの勝ち方を知るガリー・ケーヒルとダヴィド・ルイスという精神的支柱も失いました。ランパード監督の眼鏡に叶わなかったドリンクウォーターはバーンリーに去り、イーサン・アンパドゥはRBライプツィヒに貸し出されています。ロフタス=チークとカラム・ハドソン=オドイの2大成長株は、アキレス腱を痛めて長期離脱。左ひざ手術のリュディガーと、コパアメリカでハムストリングを痛めたウィリアンも開幕に間に合いません。エンゴロ・カンテはトップフォームではなく、中盤センターはジョルジーニョとコヴァチッチしか選べない状態でした。

満身創痍で乗り込んだオールド・トラフォードでの一戦は、スコアは最悪でしたがスタッツは悪くありません。シュート数は11対18、オンターゲットは5対7、ポゼッション率は46対54、パス成功率は80%対84%とすべてホームチームを上回っています。ゴールポストに思い切りぶち当てたタミー・アブラハムとエメルソンのシュートが、どちらかだけでも決まっていれば、ランパード監督の新チームは快勝スタートだったかもしれません。タミー・アブラハムは気合いが入っており、中盤を仕切ったロス・バークリーはしばしばマン・ユナイテッドの中盤を混乱させていました。メイソン・マウントは、もっと積極的にシュートを打ってもいいのではないかと思われましたが、セントラルMFとCBの間に入るプレイは効果的でした。

ぎりぎりのメンバーをうまく動かし、見せ場を作っていたチームの問題は、ラシュフォードやポグバ、マルシアルに翻弄された最終ラインでした。ズマは判断力とポジショニングに難があり、数的不利に陥りがちだったアスピリクエタはいつもの冷静さを欠いていました。後半だけでカウンターから3発。2‐1なら「次戦に期待」と明るく締められたのですが、選手の精神的なダメージとサポーターの疑心暗鬼を喚起するショッキングな負け方でした。

しかしながら、この結果について、私はクリス・サットンと同様に悲観していません。「リュディガーやカンテが復帰し、クリスティアン・プリシッチがチーム戦術になじむまでは判断を下すべきではない」。守備の要が戻り、ハドソン=オドイの切れ味、ウィリアンの運動量、ロフタス=チークのパスワークといった強力な武器を使えるようになれば、チェルシーはプレミアリーグのTOP4争いに食い込んでくるはずです。

最大の懸念は、スタンフォード・ブリッジに集まるサポーターとドライなオーナーの忍耐力ではないでしょうか。「ランパードには時間が必要だが、ここにいるのはマネージャーに時間を与えないオーナーだ。チェルシーが8位、9位…あるいは10位になったら、来季はランパードはいない(クリス・サットン)」。16年で15人が解任・辞任となっているクラブは、若手育成と結果を両立させようとしている指揮官にどこまでチャンスを与えるでしょうか。せめて主力と成長株が全員揃うまでは、多少の取りこぼしには目をつぶってあげてほしい…。タミー・アブラハム、メイソン・マウント、ハドソン=オドイのブレイクに期待している私としては、手練れの暫定監督がベテラン重視の安全策でEL出場権確保を狙うチェルシーを見ないですむことを願うばかりです。レスター戦、楽しみにしてます!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

祝・契約延長!ELで真価を発揮したカラム・ハドソン=オドイの4発をプレーバック!

補強禁止処分を喰らい、静かな夏を過ごしているチェルシーですが、今回のニュースはビッグネーム獲得の報に触れたときと同じぐらいテンションが上がりました。「Callum Hudson-Odoi agrees five-year deal to stay at Chelsea」。イギリスメディア「BBC」が、エデン・アザールの後を継ぐと期待されるヤングスターが新しい5年契約に合意したと報じました。2017-18シーズンにプレミアリーグデビューを果たしたカラム・ハドソン=オドイは、2000年生まれの18歳。昨季プレミアリーグでは10試合に出場したものの、先発は4試合に留まり、結局ゴールは決められませんでした。

プレミアリーグ通算12試合ノーゴール1アシスト、ビッグチャンスを2回創り、決定機でのミスが1回。スタッツを並べると、凡庸な選手にしか見えませんが、実際にプレイを観た方なら「次世代のスター候補」という言葉にうなずいていただけるのではないでしょうか。最大の武器は切れ味鋭いドリブル、そしてトラップしてから打つまでが速いフィニッシュ。百戦錬磨のDFが足を出すタイミングを失い、枠に飛んだボールを見て焦りの表情を浮かべるシーンに何度も驚かされました。

彼が真価を発揮したのは、無敗&全試合ゴールという素晴らしいレコードでトロフィーをゲットしたヨーロッパリーグでした。最初のゴールは11月29日、グループステージ5節のPAOKサロニカ戦。この大会で初のスタメンだったハドソン=オドイは、60分にボックス左のコーナーでパスを受けると、細かいタッチでDFを牽制しながら予想外のタイミングでニアにシュート。決まってみれば、GKが中に寄り過ぎていたとわかるのですが、10代の選手とは思えない冷静な判断に背筋がゾクゾクするファインショットでした。

2ゴールめは、ラウンド32のマルメFF戦です。2-0の84分、ウィリアンのロングフィードを右サイドで受け、ボックスに入ると迷わず右足を強振。勢いに乗ったウインガーは、ディナモ・キエフと当たったラウンド16のホーム&アウェイで2発を叩き込み、EL3試合連続ゴールを達成しました。スタンフォードブリッジでのファーストレグは78分からの出場でしたが、90分のカウンターでロフタス=チークの落としをもらって、右足のコントロールショット。キエフでのゴールは、ジルーのスルーパスでラインの裏に抜け出して決めた美しい一撃でしたが、ストライカーがミスパスを拾う直前にマーカーを振り切る速い動き出しが印象的でした。

1月にトランスファーリクエストを出したといわれた若きドリブラーは、チェルシーに留まりELで8試合4ゴール。すべてのゴールが2-0以上でリードしているシーンだったのは、多少割り引きしたくなるところですが、フィニッシュの冷静さ、正確さはブルーズのなかでもトップクラスでしょう。負傷で新シーズンの序盤戦を棒に振ることが決まっているにも関わらず、バイエルンが3500万ポンドでオファーしたといわれる逸材は、週給10万ポンド(約1350万円)という評価を受け入れ、スタンフォードブリッジに残ることになりました。好きな選手の契約延長のニュースは、やはりうれしいものです。ELまではチェックしてなかったという方、秋には戻ってくると思われますので、超速ドリブルと変態シュートにぜひご注目ください。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

期待の若手と巻き返し組が躍動!ランパード率いるチェルシーのアイルランド遠征レポート!

「彼はチェルシーにいることが何を意味するかをわかっている。クラブのDNAを理解する人物だ。ここまでは、うまくいっているよ。みんなが一体となって、素晴らしいセッションを過ごしている。ランプス、いや、ガッファー(棟梁)と呼ぶべき?われわれの新しいリーダーであり、プレーヤーだった頃と同じことをすべてやろうとしてるね」(ダヴィド・ルイス)

「ランパードと一緒にいられるのはうれしいね。最初のトレーニングから、どんなプレイを要求しているのかが把握できた」「彼のスタッフは、長年に渡り多くの若者と仕事している。われわれにはイングランドで最高のアカデミーがある。若手をファーストチームで見られるチャンスでもあるね」(セサル・アスピリクエタ)

「フランクと働けるのは、とてもいいことだ。彼はクラブのレジェンド。コーチたちも素晴らしいね。高いインテンシティ、ハードワーク、プレッシングに取り組んでいる」(ぺドロ・ロドリゲス)

プレミアリーグ2018-19シーズンを3位で終えたチェルシーが、ランパード監督の下で新しいフットボールに取り組んでいます。7月10日にアイルランドのボヘミアンズと戦ったフレンドリーマッチでは、19歳のユーティリティプレイヤー、デュジョン・スターリングやイングランドU-17代表で主将をまかされたマーク・グェイを最終ラインに抜擢。4-2-3-1の中盤センターにはイーサン・アンパドゥとドリンクウォーターが並び、最前線は久々のミシー・バチュアイです。開始8分、ケネディが強引なドリブルからミドルを放つと、DFに当たったこぼれ球をバチュアイが押し込んで先制。プレミアリーグ32試合7ゴールのベルギー代表ストライカーは、しばしば最終ラインの裏に抜け出し決定的なシーンを創りました。

89分にショートカウンターを喰らい、モロイに決められて1-1のドローに終わったものの、ビリー・ギルモアやティエムエ・バカヨコのアグレッシブなフィニッシュが印象的だった一戦は、上々の船出でしょう。アイルランド遠征の2戦めの相手は、10月まで開催されるアイルランドプレミアディヴィジョンで5位に着けているセント・パトリックㇲ。この試合の布陣は、コンテもサッリもモウリーニョも採用しなかった4-3-1-2です。GKカバジェロとザッパコスタ、フィカヨ・トモリ、ダヴィド・ルイス、エメルソンの4バック。ダイヤモンド型の中盤に、ジョルジーニョ、コヴァチッチ、メイソン・マウント、ロス・バークリーが配されています。2トップは、バチュアイ&タミー・アブラハム!14分の先制ゴールは、ランパード監督が最も期待しているアタッカーの一撃でした。

左にいたコヴァチッチが斜めに出した高速ラストパスが秀逸。一瞬のスピードで抜け出したメイソン・マウントは、飛び出したGKマーフィーの脇を右足アウトで巧みに抜きました。31分に2点めを決めたのは、マルコス・アロンソからポジションを奪いたいエメルソン。ロス・バークリーのパスを受けて放った左足のミドルは、厳しいコースではなかったものの、マーフィーの立ち位置からは見えづらかったのか、反応が遅れて指先を抜かれてしまいました。

ハーフタイムに11人全員が交代となり、ジルー、アスピリクエタ、ドリンクウォーター、マルコス・アロンソ、ズマ、クリステンセンらが登場。4-2-3-1となったランパード監督のチームは、トップに入ったジルーが2ゴールを決めました。67分にケネディの丁寧なクロスを豪快にボレーで叩くと、88分にはマッケーブを強引にかわしてボックスに侵入し、左足のシュートをクロスにコントロール。2018-19シーズンの最後の試合は、赤いボディと白い袖のチームに4-1快勝でしたが、新シーズン最初の勝利も同じデザインのチームから4発でした。

バチュアイ、メイソン・マウント、ケネディが元気だったアイルランド遠征。巻き返しを期す選手と将来性が感じられる若手から、誰が残るのか興味があります。基本フォーメーションは4-2-3-1か。サッリ監督の頃より、縦に速く運ぶ意識が高まっているというのが最初の感想です。このチームに、プリシッチ、ロフタス=チーク、ハドソン=オドイが加わるのかと思うとテンションが上がります。若手の育成と定着化、プレミアリーグTOP4フィニッシュ、CL上位進出の3点セットが実現できれば、ランパード監督の初年度は成功といえるでしょう。

次の試合は7月19日、日本で川崎フロンターレと戦い、23日には埼玉スタジアム2002でバルセロナとのゲームが控えています。フレッシュな指揮官が率いる「速いチェルシー」に注目しましょう。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

モラタはマドリードへ…「スカッドを最大限に活かしたい」ランパード監督の大胆な抜擢に期待!

「BBC」がトップニュースで、アトレティコ・マドリードがアルバロ・モラタの獲得についてチェルシーと合意に至ったと報じています。2017年7月に当時のクラブレコードとなる6000万ポンドで加わったストライカーは、2シーズンでプレミアリーグ47試合17ゴールと最低限の結果は残したものの、消えてしまう時間が長く、チームにフィットしませんでした。

2019年1月に、古巣のライバルであるシメオネ監督のチームにローン移籍した後も、ラ・リーガ15試合6ゴールと数字は伸びず。それでもご本人は、「アトレティコで引退したい」と完全移籍を望んでいました。「チェルシーでは、スペイン人選手以外の信頼を得られていなかった」と苦しい季節を振り返り、サポーターとロッカールームがプレミアリーグとラ・リーガの最大の違いだったと述懐しています。

アトレティコ・マドリードの公式サイトによると、2019-20シーズンはローン移籍継続となり、正式に入団するのは2020年の夏になるとのこと。メディアが報じている移籍金は4950万ポンド(約67億円)。モラタとアトレティコ・マドリードにとってはいい話で、1年間補強禁止のチェルシーも、投資できるようになるタイミングでキャッシュが入るなら悪くないと判断したのでしょう。「スカイスポーツ」が、フランク・ランパード監督が期待を寄せる「新戦力」を紹介していました。ミヒー・バチュアイとダニー・ドリンクウォーター。いずれも、サッリ監督の下ではプレミアリーグ出場ゼロに甘んじた選手です。

2016年にチェルシーに入団したバチュアイは、プレミアリーグでは32試合7ゴールと空回り気味でしたが、2017-18シーズンにレンタルされたドルトムントでは10戦7発と得点力をアピール。レスターでエンゴロ・カンテとコンビを組んでいたドリンクウォーターは、2センターでカウンターを武器とするチームなら本領を発揮できる可能性が高まります。テクニカルアドバイザーのペトル・チェフとともに初日のトレーニングに顔を見せた41歳の新監督は、「全員にチャンスがある」と明言しています。

「誰かをフリーズさせるなどと考えるのは、ばかげている。スカッドを最大限に活用したい。それぞれができること、取り組む姿勢、プレースタイルを示す機会がある。あらかじめ決まっていることはない。スカッドに対する充分な知識は得ているが、来月までしっかり見る必要がある」

ランパード監督のコメントを紹介した「スカイスポーツ」は、今までよりも多くのアカデミープレーヤーが起用されると予想しています。クラブとサポーターがレジェンドに最も期待しているのは、若手の育成と競争環境の活性化でしょう。アントニオ・コンテもマウリツィオ・サッリもレギュラーを固定して戦う監督で、ロフタス=チークやハドソン=オドイ、クリステンセン、ケーヒルなどベンチでストレスを募らせる選手は少なくありませんでした。プリシッチ、バチュアイ、ドリンクウォーター、エメルソンに若手の有望株が加わってレギュラー争いが激化すれば、戦術のバリエーションが増えるとともに、ロッカールームの雰囲気も変えられるかもしれません。

タミー・アブラハム、メイソン・マウント、イーサン・アンパドゥ、ティエムエ・バカヨコ、クルト・ズマ、フィカヨ・トモリ、トレバー・チャロバー、リース・ジェームズ、ケネディ…。チェルシーは他クラブで武者修行を積ませてきた「隠し玉」を数多く揃えています。彼らにとっては、クラブの補強禁止は青いシャツを手に入れる絶好のチャンス。ランパード監督が、言葉通りにスカッドを最大限に活用できれば、成果と評価はついてくるのではないかと密かに期待しています。

2012-13シーズンにファン・ペルシを失ったヴェンゲル監督は、ジルーとカソルラを引き入れて前シーズンよりも勝ち点を3つ伸ばしています。アザールなきチームを預かったランパード監督は、バチュアイやプリシッチらで同じことができるでしょうか。プレミアリーグを経験したことがないマネージャーが、厳しい状況に置かれているのは重々承知ですが、新たなチームづくりに関するレポートを存分に愉しもうと心に決めています。(フランク・ランパード 写真著作者/@cfcunofficial (Chelsea Debs) London)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

年俸400万ポンド⁉ 現地メディアが「ランパード就任は間もなく発表される」と報道!

アドバイザーとして古巣に復帰したペトル・チェフは、「あくまでも候補のひとり」と過熱する報道に水を差しておりましたが、チェルシーの新指揮官はフランク・ランパードに決まりそうです。月曜日からトレーニングを開始する予定だったダービー・カウンティは、長引いている議論を早期に収束させるべく、ランパード監督に2日間の猶予を与えるとアナウンスしていました。

プレミアリーグ3位チームの動向を追いかけていた「デイリー・メール」が、月曜日の深夜に記事を配信。「チェルシーは、フランク・ランパードをスタンフォード・ブリッジに連れ戻す契約にサインした」「年俸400万ポンド(約5億4000万円)、チャンピオンズリーグのグループステージ突破でボーナス100万ポンド」「水曜日の朝には正式発表される見通し」と、レポートの内容は具体的です。

ダービー・カウンティのメル・モリスオーナーが、「ランパードがチェルシーの監督に就任するのは時間の問題」と語っており、この問題は早々に決着となるようです。監督としてのキャリアは1年、プレミアリーグはもちろん初めて。クラブは補強禁止処分を喰らっている最中で、エースのアザールはスペインに居場所を変えました。プレミアリーグ14試合5ゴールのイグアインはフィットしたとはいえず、ユヴェントスに復帰。急成長を遂げていたハドソン=オドイとロフタス=チークは長期離脱中で、前半戦の復帰は難しいでしょう。プリシッチの加入とコヴァチッチの完全移籍ぐらいしか明るいニュースがないチェルシーで、レジェンドはサポーターが納得する結果を出せるでしょうか。

「アザールの穴を埋めよ」「カンテorジョルジーニョのアンカー問題に最適解を出せ」「前線の得点力を高めろ」「海外やチャンピオンシップのクラブでプレイしていた選手たちから、誰を戻すのかを決めろ」「若手を抜擢せよ」「いろいろあるけど勝て」…新監督が抱える課題は複雑で、ペップ・グアルディオラやユルゲン・クロップ、ジョゼ・モウリーニョでも「初年度は温かい目で見てくれ」と申し入れしそうな難易度です。

チェルシーにとって、ランパード招聘は「サッリ退任という想定外の出来事をフォローするための窮余の策」なのか、あるいは「指揮官の短期サイクルに終止符を打ち、中長期的な強化にシフトする第一歩」と捉えているのか。グディソン・パークのエヴァートンVSチェルシーで、フランク・ランパードの素晴らしい2ゴールに興奮させられた私としては、後者であることを祈るばかりです。厳しい条件をすべて呑み込もうとしている勇敢な監督には、任せる側の理解とリスペクトは必須アイテムでしょう。

ダービーでは4-2-3-1と4-3-3を併用していた41歳の若き指揮官は、チェルシーOBのジョディ・モリスとクリス・ジョーンズという腹心のスタッフを引き連れて乗り込むと報じられています。就任直後から抜本的な改革を施そうとしたクリスタル・パレス時代のフランク・デブールは、プレミアリーグ4連敗&ノーゴールという壮絶な散り方をしてしまいましたが、ランパード監督には前任者が築いた土台とロッカールームの空気をうまく活用したソフトな船出を期待したいと思います。楽しみ半分、不安半分。いや、2対8で不安が上回っているというのが率直な表現です。報道が事実であれば、12時間以内に正式発表があるはずです。しばし、待ちましょう。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ