「チェフの記録&フランクの記憶」レジェンド帰還を喜ぶチェルシー公式サイトがアツい!

片やは「祝・チェルシー復帰」、もう一方は「ハッピーバースデー!」。チェルシー公式サイトが、テクニカル&パフォーマンスアドバイザー就任が伝えられたペトル・チェフと、来季プレミアリーグで古巣の指揮を執ると報じらているフランク・ランパードを特集しています。「ペトル・チェフの記録」と題された記事は、古巣対決となったヨーロッパリーグファイナルを最後にスパイクを脱いだ守護神のさまざまなレコードを掲載。2004年にレンヌからチェルシーに移籍し、ウェストロンドンで11年を過ごした偉大なるチェコ代表の足跡を振り返っています。

プレミアリーグ制覇4回、FAカップ優勝4回、リーグカップも3回優勝。チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグでも頂点に立っており、コミュニティシールドを入れると15個のトロフィーを獲得しています。チェフのレコードといえば、クリーンシート。チェルシーに所属した11シーズンで公式戦494試合出場は海外出身として最多で、46%にあたる228試合を無失点で切り抜けています。入団初年度には、4年後にファン・デル・サールに更新されるまでレコードだったプレミアリーグ1024分無失点を記録。シーズンを通じて指揮官の座をキープしたのはジョゼ・モウリーニョとカルロ・アンチェロッティのみという難しい時代に、絶対的な守護神としてゴールマウスに君臨し続けました。

プレミアリーグで最もクリーンシートが多かったGKが選ばれるゴールデングローブはトータル3回。UEFA最優秀GK3回、チェコ最優秀選手7回など、チェルシーの選手として24個の個人表彰を受賞しています。PKセーブは41本中8本で、枠外に消えたショットが5つあり、阻止率は31.7%。最も価値が高いセービングは、2012年5月19日に敵地フースバル・アレーナ・ミュンヘンで開催されたチャンピオンズリーグ決勝のあの一撃でしょう。

1-1の93分にドログバがリベリーを倒してPKが宣告され、チェルシーOBのアリエン・ロッベンがスポットに立つと、左足のキックはチェフが見事にブロック。PK戦でもオリッチとシュヴァインシュタイガーを止め、クラブ史上初のビッグイヤー獲得に貢献しました。2006年10月のレディング戦でスティーヴン・ハントと激突して頭蓋骨を陥没骨折して以来、ヘッドギアがトレードマークとなったGKは、チェルシーの黄金時代を築き上げたレジェンドのひとりでした。

もうひとりのレジェンド、フランク・ランパードがチェルシー公式に大々的に取り上げられているのは、6月20日にバースデーを迎えたからという体ですが、記事に漂う熱量は直近のホットな話題である新監督就任の噂と無縁ではないでしょう。「スーパー・フランクの蒼い記録」というタイトルをクリックすると、熱きサポーターたちが忘れ得ぬ6試合のレポートが並んでいます。2005年4月30日、半世紀ぶりのプレミアリーグ制覇を決めたボルトン戦の2ゴール。2007年5月19日、マンチェスター・ユナイテッドを延長戦で下したFAカップファイナルで、ドログバの決勝ゴールを生んだ絶妙なアシスト。2008年4月30日にリヴァプールと戦ったCL準決勝では、チームをファイナルに導く大事なPKを冷静に決めています。

2009年5月30日のFAカップでは、左足のスーパーショットをティム・ハワードのゴールに突き刺し、エヴァートンを倒してクラブ史上5度めの戴冠。2012年5月19日、チェフが3つのPKを止めたチャンピオンズリーグ決勝は、キャプテンとしてチームを鼓舞し続けた一戦でした。2013年5月11日のプレミアリーグ37節、アストンヴィラとのアウェイ戦は、クラブ歴代得点王であるボビー・タンブリングの202ゴールにあとひとつと迫っていたランパードが後半の2発で一気に抜き去ったメモリアルゲーム。フェルナンド・トーレス引退のニュースがあっさり仕立てなのに対して、ランパードへの惜しみない称賛が行間にも込められたコンテンツでした。

フットボールに関するトータルなアドバイスと、ユースとファーストチームの橋渡しを担うことになったチェフもまた、「ランパード監督」を心待ちにするひとりなのではないでしょうか。ダービー・カウンティの指揮官は、プレミアリーグで最も難易度の高いポジションである「チェルシーの指揮官」にチャレンジするのでしょうか。公式サイトの熱きレポートは、渦中のレジェンドの行方について既に何かを知っているような気がしてなりません。(ペトル・チェフ 写真著作者/John Dobbo)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

チェルシーに来てわずか1年…ユヴェントスがマウリツィオ・サッリの監督就任を発表!

ユヴェントスがマウリツィオ・サッリの監督就任を発表しました。「BBC」によると、契約は2022年までの3年間。チェルシーは、契約解除の違約金として500万ポンド(約6億9000万円)を受け取ることになります。2018年の夏にナポリからチェルシーに居場所を変えた60歳の指揮官は、初めてのプレミアリーグを3位で着地し、カラバオカップは準優勝、ヨーロッパリーグを制覇。リヴァプールとマンチェスター・シティが戦力的にも戦術的にも優位に立っていたシーズンで、ほぼパーフェクトな結果を残したといっていいでしょう。。

2015年10月にリヴァプールにやってきたユルゲン・クロップは、ELとキャピタルワンカップで準優勝、プレミアリーグは8位。翌シーズンからマンチェスター・ユナイテッドで指揮を執ったジョゼ・モウリーニョは、サッリと同様にELを制覇したものの、プレミアリーグは終盤戦で負傷者が続出して6位に留まっています。モウリーニョと同時にイングランドに降臨したペップ・グアルディオラは、3位に滑り込んでCL出場権をゲットしたものの、カップ戦で勝てずに無冠フィニッシュ。近年の名将で就任初年度にサッリと肩を並べる戦績を残したのは、プレミアリーグ制覇を果たしたアントニオ・コンテぐらいです。

わずか1年でセリエA復帰となったイタリア人監督の退任理由については、2日ほど前に「ユーヴェとチェルシーが合意…「BBC」の記者が語る「サッリが1年でクラブを離れる理由」」と題したレポートで触れさせていただきました。子飼いのジョルジーニョが抑えられると機能しなくなる戦術や、頑固かつ慎重な選手起用をサポーターに嫌われ、若手がチームを離れたがっていたのがスルーできない逆風となってしまったのだと思われます。

とはいえここは、ディレクターのマリナ・グラノフスカイア氏がチェルシーの公式サイトで語った「故郷に戻りたいという強い思いがあった。高齢の両親の近くにいることが重要と考えていた」というオフィシャルナコメントを尊重しましょう。曇り空が1年の大半を支配するイングランドのグレーな景色は、太陽の下で暮らしてきたラテン系の人々にしばしば望郷の念を起こさせるものです。イタリアではタイトルを獲得できなかった元銀行員の叩き上げ監督は、バクーで宿敵アーセナルを下すという最高の形で自身初のビッグタイトルを手にすることができました。志半ばではありますが、納得がいくチャレンジでもあったのではないでしょうか。

公認候補の本命と目されていたフランク・ランパードは、ダービー・カウンティとの契約延長交渉のテーブルに着いたと報じられ、ユーヴェから離れたマクシミリアーノ・アッレグリは1年間の休暇を宣言。ウルヴスのヌーノ・エスピーリト・サントの名前も挙がっており、アブラモヴィッチオーナーの決断に注目が集まっています。サッリボールに別れを告げたチェルシーは、どんなフットボールで次のシーズンを戦うのでしょうか。FIFAから下った補強禁止処分を不当とするスポーツ仲介裁判所(CAS)への上訴が棄却されれば、ウェストロンドンの指揮を託された新監督は、戦力の増強なきままで過酷な椅子取りゲームに突入することになります。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

サッリ退任ならジョルジーニョは…⁉ 現地メディアがチェルシーのアンカーを徹底分析!

チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督が、ユヴェントスとの契約締結が目前に迫っていると報じられ、後任にフランク・ランパードの名前が挙がっています。プレミアリーグ3位チームは、ユースの選手の国際的な移籍に関するルールに違反したとしてペナルティを喰らっており、今後2回の移籍市場で新戦力を獲得することができません。スポーツ仲裁裁判所(CAS)の介在によって処分が延期されなければ、現有戦力で新シーズンを迎えることを余儀なくされます。こうなると気になるのは、サッリボールのキーマンだったジョルジーニョの処遇です。ランパードは、いや、チェルシーの新監督はイタリア代表のアンカーにどのような役割を託すのでしょうか。

「チェルシーの5700万ポンド問題」と彼の獲得費用をキャッチコピーにしながら、その功罪を論じているのは「デイリー・メール」です。「Jorginho joined to be the architect of 'Sarri-ball' but the midfield metronome is now losing his ally as Maurizio Sarri joins Juventus, so what now for him?(サッリボールの建築家だったジョルジーニョだが、マウリツィオ・サッリのユーヴェ入団によって中盤のメトロノームは味方を失いつつある。彼はどうなる?)」という長い見出しの記事は、昨季プレミアリーグNo.1となる3119本のパスを通したアンカーについて、「チャンスメイクと守備は強みではない」といい切っています。

あらためてプレミアリーグ2018-19シーズンのスタッツを見ると、カンテ、ジョルジーニョ、コヴァチッチの3センターがいかに攻撃において貧弱だったかが浮き彫りになります。カンテは4ゴール4アシスト、コヴァチッチはノーゴールで2アシスト、シーズンを通じてひとつもアシストがなかったジョルジーニョは、ゴールシーンもハダースフィールド戦のPKとフラム戦の1発のみ。中堅以上のクラブとのゲームで1度もゴールに絡んだことがありません。オンターゲットは3人トータルで17本しかなく、50発を枠に収めたポール・ポグバの1/3!エヴァートンでチャンスを創り続けたギルフィ・シグルズソンの半分です。苛立ったサポーターが、プレミアリーグで先発5試合ながら6ゴールを決めたロフタス=チームの出番を増やせと叫んだのも納得です。

ジョルジーニョの数字をさらに追いかけてみると、ダヴィド・ルイスに次ぐプレミアリーグ2位のスルーパス34本と、カンテより2つ多いタックル成功数76回が目を引きます。中盤の真ん中でボールを散らし、時折鋭いスルーパスでサイドアタッカーを走らせるプレイは、まさにメトロノーム。リオ・ファーディナンドらうるさい評論家がディフェンス面を酷評しておりましたが、パスコースを読んでコースに入るセンスはなかなかのもので、守備力はアンカーとして及第点です。チェルシーの問題は、中盤の底よりもインサイドMFの攻撃力にあったのではないでしょうか。コンテの下でプレミアリーグMVPに輝いたカンテは、右サイドに出れば「ミルナーより怖くないMF」です。

「サッリボールのポスターとなった選手」とジョルジーニョを評した「デイリー・メール」は、ランパード監督になれば、サポーターの望み通りにカンテをアンカーに据えるかもしれないと指摘しています。ただしそれは、「ジョルジーニョの問題を複雑にする可能性がある。彼はセスク・ファブレガスではない」。短いパスでチームのテンポを生み出すMFは、ペップの誘いに乗ってプレミアリーグ最強クラブでプレイすればよかったと後悔するかもしれません。

昨季、ダービー・カウンティで監督デビューを果たしたチェルシーのレジェンドは、28試合で4-3-3を採用し、19試合で4-2-3-1を選んでいました。カンテとジョルジーニョを並べ、ロス・バークリーをトップ下に配する形が収まりがよさそうですが…この話はサッリの退任と次の監督が決まってからですね。ユーヴェとチェルシーの発表があるのは週明けでしょうか。続報を待ちましょう。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ユーヴェとチェルシーが合意…「BBC」の記者が語る「サッリが1年でクラブを離れる理由」

「Maurizio Sarri: Why Italian is leaving Chelsea with reputation intact」「Frank Lampard: Chelsea would have to pay Derby County £4m to release the Rams boss」。イギリスメディア「BBC」が、既成事実であるかのように2つの記事を並べています。プレミアリーグ初年度を3位で終えたマウリツィオ・サッリ監督は、ユヴェントスと3年契約を結んだと伝えられ、懸案となっていた違約金もチェルシーが500万ポンド(約6億8000万円)を受け取るという話で合意したようです。イタリア人監督の後任として以前から名前が挙がっているフランク・ランパードには、正式なオファーは未だないそうですが、ダービー・カウンティから強奪となれば400万ポンド(約5億5000万円)を払う必要があるといわれています。

評価されてしかるべきだったサッリは、なぜイタリアに帰らなくてはならなくなったのか。プレミアリーグは異空間にいた2強の次で着地し、ヨーロッパリーグ王者となった監督が1年でいなくなる異例の展開に、「BBC」のフィル・マクナルティ氏は鋭い目線を向けています。両者が関係を継続するための精力的な努力を払わなかった「愛のない結婚」という言いまわしは、彼らの別れ方を的確に表現しているように感じられます。ご本人は、帰国の理由を家族の問題と説明しておりましたが、記事が指摘しているのはサポーターの評価です。

プレミアリーグ24節のボーンマス戦で4-0、マンチェスター・シティには6-0で惨敗したサッリボールは、FAカップ5回戦のマンチェスター・ユナイテッドとのホームゲームで怒声と嘲笑の的となりました。「何をやっているかわからない」…スタンフォード・ブリッジに響き渡る容赦ないチャント。カラバオカップ決勝では、PK戦の直前に交代を告げられたケパが指揮官の決定を拒否するという事件が起こります。

「コンテはユーヴェとインテルで成功したトップクラスであり、彼の言葉は法律だった。サッリは元銀行マンで、その歴史には実績もトロフィーもなかった」。マクナルティ氏は、チェルシーのスカッドに指揮官の権威が浸透しなかった理由について、監督としての実績が影響していたと述べています。

サポーターが嫌ったのは、柔軟性のない選手起用でした。マテオ・コヴァチッチとロス・バークリーのスイッチという習慣化した交代策、ジョルジーニョが抑えられてもカンテをインサイドで使い続ける頑固さ、ハドソン=オドイとロフタス=チークが調子がよくても抜擢したがらないレギュラー至上主義。クリステンセンやエメルソンの出番の少なさについても、疑念を抱いたファンは少なくなかったのではないでしょうか。ジョルジーニョがパスを封じられ、攻め手を失う展開となったときに、スタンフォード・ブリッジの苛立ちは頂点に達しました。コンテの下でプレミアリーグMVPに輝いたカンテは、インサイドでワールドクラスと称される選手には見えませんでした。

クラブを愛するサポーターたちの声を一定尊重しつつも、アブラモヴィッチ政権で5人めのイタリア人監督は悪くなかったと思います。サッリボールはコンセプチュアルであり、ライバルが終盤戦で崩れていくなかで最後まで耐え抜きました。レギュラー固定で戦い、若手の抜擢が少なかったのはモウリーニョやコンテも同じです。選手起用は時間が経つにつれて柔軟になり、子飼いのジョルジーニョへのこだわりを除けば納得感のある戦い方でした。問題は、1月のビッグロンドンダービーからのクラッシュ連発だったのでしょう。目も当てられない惨敗はショッキングで、指揮官も選手も経営ボードもサポーターも、1度切れた糸をつなぐ術を見出せなかったのだと思われます。

アザールが去り、補強ができないクラブにフランク・ランパードは乗り込むのでしょうか。母国出身でクラブのレジェンドでもある若き指揮官なら、厳しい状況に陥っても赦されるのでしょうか。よくも悪くも計算できるサッリをこの状況で手離したのは、勝ち目が薄いギャンブルに映ります。新戦力を得られないときは、「チームとしての継続性」「トップクラブで実績がある監督」「若手育成の手腕」のいずれかは必須ではないかと思いますが…。サッリ退任が正式に発表され、後任人事が固まった後、チェルシーの未来についてはあらためて考察してみることにしましょう。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

CAS上訴でチェルシーの補強禁止はどうなる⁉過去の「補強ゼロ」クラブの戦績をチェック!

プレミアリーグ2018-19シーズンを3位で終えたチェルシーが、FIFAから下された補強禁止などのペナルティについて、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に上訴しました。「罪状」は、18歳未満の若い選手たちにおけるインターナショナルな移籍に関する規定違反。この夏と2020年のトランスファーマーケットで新戦力の補強を禁止され、60万スイスフラン(約6500万円)の罰金の支払いを求められています。5月に試みたFIFAへの異議申し立ては、16歳以下の選手の登録が認められただけに留まりました。チェルシーからの要請を受理したと発表したCASは、「仲裁するかどうかは未決定」といっており、上訴が棄却される可能性は低くはありません。

チェルシーが実現したいのは補強禁止処分の全面撤回ですが、現実的には延期を勝ち取ることでしょう。2014年の夏にはバルセロナがペナルティの開始を半年遅らせることに成功し、2016年に裁かれたレアル・マドリードは1年間の補強禁止を冬だけに軽減されています。本件の先輩である名門クラブたちと同じように、CASの関与によって何らかの果実を得たいチェルシーですが、楽観的になれる状況ではありません。

バルサのケースでは、スペインサッカー連盟の落ち度やルールの不備など情状酌量の余地があり、レアル・マドリードの際は一部の選手が規定違反ではなかったことが後に判明しています。これらに対して、チェルシーの違反は29選手が対象となっており、処分を見直させるための切り札があるという話は聞こえてきません。このうえは、できるだけ早く今回の上訴が空振りに終わったときの方針を立てておく必要がありそうです。アザールの退団が決まり、サッリ監督もイタリアに帰るといわれているチームは、ローン移籍で他クラブに出している選手が多いのが命綱です。

チェルシーの未来を考える前に、過去に補強ができなかったスペインのチームがどう切り抜けたかをおさらいしておきましょう。異議申し立てによって処分が半年延期になったバルセロナは、2014年の夏に、冬眠に入る前の熊のように大量補強を敢行しました。スアレス、テア・シュテーゲン、ラキティッチ、ブラヴォ、マテュー、ヴェルマーレンを確保し、処分の対象となった2シーズンをラ・リーガとコパ・デル・レイの2冠制覇でフィニッシュ。2014-15シーズンにはビッグイヤーも獲得しています。

冬のみのペナルティとなったレアル・マドリードは、2016-17シーズンにラ・リーガとチャンピオンズリーグを制覇。同じシーズンの夏、冬とも補強を禁じられたアトレティコ・マドリードはラ・リーガ3位、CLとコパ・デル・レイでベスト4と「定位置キープ」でシーズンを終えました。ヒエラルキーに影響がなかったスペインの前例を主張したとしても、「上下格差が激しい彼の国に対して、プレミアリーグはビッグクラブが6つもある」という反論をいただくかもしれません。ならば、イングランドのサンプルもチェックしてみましょう。ただしこちらは、補強できなかったクラブではなく、「しなかったクラブ」です。

2015年の夏にGKチェフしか加えず、欧州で唯一フィールドプレーヤーの補強なしと話題になったアーセナルは、ヴェンゲル監督の晩年では最も優勝に近づき、プレミアリーグ2位で着地。「冬にエルネニーを足してる!」という厳しいツッコミには、2018-19シーズンを完全補強ゼロで過ごしてCLファイナルに進んだトッテナムで対抗しましょう。アザールが抜けた穴にはプリシッチ。期待のストライカーだったイグアイン&モラタにフィット感がなかったのは、今や不幸中の幸いで、ヨーロッパリーグ得点王のジルーとプレミアリーグ経験があるバチュアイならむしろ戦力UPです。彼らだけでは不安なら、アストン・ヴィラで大暴れしたタミー・アブラハムを呼び戻すこともできます。

ハドソン=オドイとロフタス=チークの負傷は激痛ですが、メイソン・マウントやイーサン・アンパドゥ、トレヴァー・チャロバーらにチャンスを与え、ジョルジーニョをより前で機能させるという手もあるかもしれません。サッリ監督が去ることになれば、新監督次第でバカヨコ、ヴィクター・モーゼス、オラ・アイナ、ズマ、ケネディらの戦力化も考えられるでしょう。補強ゼロのチェルシーがCL準決勝に進出し、マンチェスター・シティやリヴァプールとプレミアリーグ対決となったらテンションが上がります。CASの裁定がどちらに転ぶかは予測不可能ですが、ペナルティが確定したら若手や復活組の動向に注目しましょう。使える選手の顔ぶれを見ると、意外と強いチームになるような気がします。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ