最強ユース・チェルシーが5連覇、しかし…!実は厳しいFAユースカップ優勝メンバーのその後。

プレミアリーグでは2つともドロー。カラバオカップ準決勝はスタンフォード・ブリッジでスコアレスドローの後、エミレーツで2-1の惜敗。ファーストチームはアーセナルに勝てなかったチェルシーですが、若い世代は完膚なきまでにライバルを叩きのめしました。FAユースカップ、5連覇!3回戦から登場したチェルシーは、スカンソープ、WBA、トッテナム、フラムをすべてクリーンシートで連破すると、セミファイナルではバーミンガムを4-0、3-0で相手にせず。ブラックプールに勝ってファイナル進出を果たしたアーセナルとのホーム&アウェイは、エミレーツでの初戦を1-3で順当勝ちして優勝に王手をかけます。

ホームのセカンドレグは、エースのカラム・ハドソン・オドイが2ゴール1アシストの大活躍を見せて4-0で圧勝。今季プレミアリーグで既に2試合に出場している17歳のストライカーは、7試合10ゴールの荒稼ぎです。将来が楽しみな逸材ではありますが、チェルシーで一流選手への階段を着実に登れるかと問われれば、それはまた別問題といわざるをえません。

最強ユースを誇るチェルシーの課題は、選手が18歳になった後の育成です。「スカイスポーツ」が、2013-14シーズン以降のFAユースカップ優勝メンバーのその後をリサーチしているのですが、クラブで10試合以上に出場したのは、たった2人しかいません。2017-18シーズンに公式戦41試合でプレイしたクリステンセンと、2015年1月のプレミアリーグデビューから公式戦通算32試合出場のロフタス=チーク。後者は、今季はクリスタル・パレスにローン移籍し、プレミアリーグ22試合2ゴールという数字を残しています。次のシーズンは、青いユニフォームで戦うことになるのではないでしょうか。

1月にセルチックにレンタルされた21歳MFチャーリー・ムソンダは7試合、ナイジェリア代表を選んだDFオラ・アイナは6試合。ここまでで挙げた4人以外で、チェルシーでのプレイ経験がある選手は9人いますが、すべて2試合以下に留まっています。2017-18シーズンは、他クラブにレンタルされていた選手は15人。クリステンセンやロフタス=チークに続いて、プレミアリーグのトップクラブで活躍できそうと太鼓判を押せる選手はひとりもいません。

最も有望だったタミー・アブラハムは、スウォンジーで28試合5ゴールと微妙な数字しか残せず。エールディヴィジで27試合8ゴールと結果を出したメイソン・マウントと、26試合に出場したダボのフィテッセコンビは、プレミアリーグで自らの力を試すチャンスをもらえるでしょうか。チャンピオンシップのクラブに貸し出されている選手たちは、欧州各国の1部リーグのクラブにレンタルされることが目標です。ケイシー・パルマー、ジェイク・クラーク・ソルターなど、下部リーグでも活躍しているとはいえない選手の名前を見ると、道の険しさにため息が漏れます。

チェルシーを離れ、トップクラスをめざす選手たちも、うまくいっているのはごくわずかです。リヴァプールに移籍したドミニク・ソランケは、プレミアリーグ19試合ノーゴールと苦しいシーズンを過ごし、スウェーデンのモルダからマルメに貸し出されたイサク・セワンガンボは、2018年が勝負の年です。こうして見ると、ボーンマスに2000万ポンド(約30億円)で売られたナタン・アケは、選手としてもクラブとしても成功例なのでしょう。23歳でプレミアリーグのクラブの主軸として活躍できるなら、まずまずのステップ。育てた選手をそれなりの額でマネタイズできたチェルシーとしても、悪くない話です。

記事を読み、選手たちについて調べてみると、出世頭のクリステンセンは何て凄いのだろうとテンションが上がってしまいます。充実の1年をいい形で終えるべく、プレミアリーグの残り3試合で素晴らしいプレイを披露してもらえればと思います。ただし、FAカップ決勝は、控えていただいて…。(アンデレアス・クリステンセン 写真著作者/@cfcunofficial (Chelsea Debs) London)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ユースのスターの前に立ちはだかるプレミアリーグの厚い壁。チェルシーの次世代を担うのは…!?

マンチェスター・ユナイテッドはプレミアリーグ27試合6ゴールのマーカス・ラシュフォードと今季頭角を現したマクトミネイ。アーセナルは29試合1ゴールのベジェリンと19試合2ゴールのイオビ。リヴァプールにはプレミアリーグ13試合先発のアーノルドがおり、トッテナムは昨季からファーストチームに定着したハリー・ウィンクス。マンチェスター・シティでは、天才フィル・フォーデンが3試合に出場しています。資金力でワールドクラスを続々と獲得するTOP6のクラブといえども、それぞれ1~2名はプレミアリーグで活躍し始めているユース上がりの選手がいるものです。

この話になると、俄然チェルシーが気になります。今季プレミアリーグの記録を見ると、ムソンダが34分、カラム・ハドソン・オドイが25分、ジェレミー・ボガが18分、イーサン・アンパドゥが10分のみの出場に留まっており、ドイツでブレイクしたクリステンセンが出場23試合&先発19試合と孤軍奮闘。これを見て、「ライバルたちと同じく、チェルシーにも素晴らしいCBがいるじゃないか」と思う方もいらっしゃるでしょう。それはそうなのですが、最強アカデミーを持つこのチームからは、もっと多くの選手がクラブに定着してほしいものです。U-21やアカデミーのチームの戦績を振り返ってみましょう。FAユースカップは、2010年からの8年で優勝6回。2014年にU-21プレミアリーグを制し、U-18プレミアリーグは2014-15シーズンから3季連続のサウスチャンピオンで、昨季はナショナルチャンピオン。2014-15シーズンから2年連続でUEFAユースリーグを制覇し、欧州で最も強いアカデミーに輝いています。

クラブのヤング・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーのリストを見ると、過去5年に選出された逸材たちは、いずれも他クラブでプレイしています。2013年のナタン・アケはボーンマスに完全移籍。翌年のルイス・ベイカーは、フィテッセで64試合15ゴールと素晴らしい2年を過ごした後、2017-18シーズンはミドルズブラに貸し出されて難しいシーズンを過ごしています。2015年のクルト・ズマはプレミアリーグ19位のストークにレンタルされて悪戦苦闘。2016年のロフタス・チークはクリスタル・パレスで負傷に悩まされました。昨年のメイソン・マウントはフィテッセでの武者修行で22試合7ゴールといい出足を見せていますが、青いユニフォームでプレイする日は来るのでしょうか。コンテ監督に抜擢されて出番を得た17歳のオドイとアンパドゥは楽しみですが、最強アカデミーを卒業した先輩たちと同様に、いずれ他クラブに活躍の場を求めることになるかもしれません。

昨夏のU-20ワールドカップでイングランドを初優勝に導き、ゴールデンボールを獲得したドミニク・ソランケがリヴァプールに移籍したのはショッキングでした。私が今季、最も注目していたのはスウォンジーにレンタルされたタミー・アブラハムです。UEFAユースリーグ連覇の立役者であり、昨夏のU-21ユーロにおけるイングランド代表のエースストライカー。スワンズでは、プレミアリーグ8節までに4ゴールと順調な滑り出しを見せたものの、11月になると完全に沈黙。負傷で1月を全休した後、ジョルダンとアンドレのアイェウ兄弟にポジションを奪われ、2月からの4試合は出場時間57分とベンチが定位置になりつつあります。フラットに見ればうまくいっているとはいえませんが、それでも彼は「ワールドカップのメンバーに選ばれたら、チェルシーのドアをノックする」と、少ない可能性を捨てていません。「スカイスポーツ」の記事から、最近のコメントを拾ってみました。

「このシーズンをストロングに終えたい。夏のワールドカップのスカッドを見据え、チェルシーにフォーカスする。私の目標は、チェルシーに復帰してうまくやることだ。6歳からいたチームが、自分が成功する場だと信じている。夢はファーストチームに加わることだ」

以前は、なぜチェルシーは若手を使おうとしないのかと焦れていたのですが、今季ノーゴールのソランケやサブに落ちたアブラハムを見て、少し考え方が変わりました。世界でいちばん選手にお金を使うプレミアリーグの何と奥深いことか、と。チェルシーがいい素材を活かせないのではなく、ラシュフォード、ベジェリン、クリステンセンのような化け物はそうそう出てくるものではないと理解したほうがよさそうです。今まで抱き続けてきた、チェルシーから凄い選手が出てくるのではないかというワクワク感まで消し去るのは難しいのですが…。

引き続き、タミー・アブラハムが夢を叶えるのを応援しつつ、私たちはチェルシーでレギュラーの座を手に入れる次世代のスターを既に目撃しているのではないかと想像します。まだ底を見せていないロフタス=チークと、1月に行われた「プレミアリーグ2」のサンダーランド戦でハットトリックを決めた「U-23の17歳」、ハドソン・オドイに期待しているのですが、果たして…!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

エティハドで見せたコンテ戦術と用兵は是か非か?バルサ&ペップ攻略のベースは攻めか守りか!?

Antonio Conte tactics terrible to watch(アントニオ・コンテの戦術は見ていて無残だった)」。今ではすっかりいなくなったプレーイング・マネージャーとして、1996-97シーズンのチェルシーをFAカップ制覇に導いた元指揮官が、「BBC」で日曜日の試合について分析していました。ルート・フリット、55歳。ブルーズの指揮を執っていた当時、自らが標榜するスタイルを「セクシー・フットボール」とアピールした奇才に、プレミアリーグ29節のマンチェスター・シティVSチェルシーはどう映ったのでしょうか。「コンテのほうは、攻めようという意志を全く見せなかった。マン・シティのミスによってカウンターを仕掛けたり、誰かがゴール前で天才的なひらめきを生んでくれることを望んでいた」。信じられないスピードとCBからCFまでこなす史上最高のユーティリティーを併せ持ち、ACミランの黄金時代を築いたカリスマは、やはりチェルシーの戦い方に失望しているようです。

チェルシーOBの嘆きを理解するうえで、あるいはわれわれがこのテーマについて整理するために、論点を2つに分けたほうがよさそうです。ひとつは「コンテの戦術は妥当だったのか」、そしていまひとつは「コンテの用兵は適切だったのか」。ルート・フリットは、この両方に「NO」といっています。戦術については、「プレミアリーグ最下位のチームなら、クオリティが低いのでバスを停めて、1-0でダウンしながらチャンスがくるのを祈っているのもわかる。しかしチェルシーはディフェンディングチャンピオンだ。機能していなかったにも関わらず、変えようとしなかった理由がわからない」。選手の起用に関しては、「オリヴィエ・ジルーのような選手がベンチにいるのに、ハイボールを上げて紛れを起こそうとしなかったのはなぜか。ボールをゴールから遠ざけ、セカンドボールを奪えばそこから上がることもできるだろう」と、プレミアリーグ屈指のポストプレーヤーを活かせなかったことに疑問を投げかけています。

さらにフリットは、チェルシーのフォーメーションは深すぎたと指摘。3トップに対して5バックで対応したために2人が遊びがちなのに対して、セスクとドリンクウォーターはデブライネ、ダヴィド・シルヴァ、ギュンドアンの3人に対峙しなければならず、マンチェスター・シティの中盤は必ずひとりがフリーだったと分析しています。「最終ラインと中盤の間のスペースで好きなようにやられてしまった」「ボールを持っても誰も前にいないので、蹴るしかなかった」。前半はまったくシュートを打てず、後半の3本も枠に飛ばせなかったチームについて、退屈だったと総括していました。

私がこの記事に興味を覚えたのは、2つのテーマがあったからです。まずは、「カンプ・ノウに乗り込むチャンピオンズリーグのテストのような布陣で敗れたコンテ監督は、ゴールを決めないと敗退となる試合でどんな戦い方を選ぶのか」。さらに、「マンチェスター・シティ戦で後ろにこもりそうなチェルシータイプのマンチェスター・ユナイテッドと、中盤で全面戦争を仕掛ける可能性が高いレッズタイプのトッテナムのどちらがうまくいくのか」。マンチェスター・シティ戦のコンテ監督が、アザールのワントップでゲームを始めた意図はよくわかります。ジルー先発で0-1とされれば、カウンターは警戒されて終盤のオプションがなくなりますが、試合開始からカウンター狙いのフォーメーションで戦えば、リードされたときにジルーをジョーカーとして投入できます。

バルサ戦が日曜日の試合と大きく違うのは、0-0では終わってしまうチェルシーがキックオフからビハインドを背負っており、絶対に先制ゴールが必要ということです。コンテ監督は、頭からジルーを使うのではないでしょうか。後ろで奪ったボールをジルーに当て、落としを受けた中盤がアザールやウィリアンに展開できれば、勝機はあると思います。スペインで戦う大一番は、私たちプレミアリーグファンとっては、エティハドで見たかった「もうひとつのチェルシー」に出会うことができる試合。コンテ監督にしてみれば、苦い記憶をいい教科書に変えるチャンスです。このうえ、再度アザールを最前線に据えたら、フリットさんの指摘に深くうなずくしかなくなります。

33節から最強の首位チームと連戦となるマンチェスター・ユナイテッドとトッテナムは、クロップ監督のコンセプチュアルな戦い方とコンテ監督のリアリティのどちらを選ぶのか。ルカクとポグバがいるモウリーニョ監督のチームは、チェルシーよりもうまくやれるのではないかと思いますが、ポチェッティーノ監督が前線からのプレスと中盤のガチンコ勝負を選べば、レッズの後に続けずガナーズと同じような結末になると予想します。

プレスもラストパスもフィニッシュも巧みなフィルミーノという稀有な存在がフェルナンジーニョと最終ラインを攪乱したこと、3枚同士で戦った中盤がプレッシング合戦を制したことが、レッズ勝利のポイントだったように思います。ポチェッティーノ監督が「走るサッカー」でペップのチームを蹂躙しようと考えれば、ミラーリング戦術で中盤を3枚にすると見ていますが、プレスの強度とアンカーの力量でマン・シティが上回るのではないでしょうか。相手が上と見てコンテのリアリティを踏襲するか、正面から向き合えると判断するかが、優勝決定の場となる可能性も充分な2試合の勝敗につながるのではないかと考えています。いずれにしても、チャンピオンズリーグもプレミアリーグも、戦術性に富んだおもしろい試合になるはずです。今から、楽しみです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

バルセロナに相性のいいチェルシー、いよいよ決戦!コンテ監督の戦術を予想してみました。

リーガ・エスパニョーラで19勝5分と負けなしのチームと、プレミアリーグで16勝5分6敗の3位に留まり連覇は絶望的なチーム。今季の戦績だけで判断すれば、バルセロナがチェルシーに敗れる要素はありません。エルネスト・バルベルデ監督のチームの懸念を探せば、2月に入ってからエスパニョールとヘタフェに引き分けるなど得点力を落としていることですが、チェルシーはさらに悪く、1月末のボーンマス戦で0-3完敗、次戦のワトフォードは4-1で惨敗。昨季プレミアリーグ王者は、ラ・リーガ制覇を確実にしているバルサの軍門に下ると考えるのが自然でしょう。しかし、チャンピオンズリーグにおける両者の対戦成績と今季の戦いぶりを重ね合わせれば、見方は変わってきます。プレミアリーグ勢で最もバルサを苦にしていないのがチェルシーであるのは一目瞭然です。

過去12試合は、チェルシーの5勝4分3敗。直近7試合はチェルシーが2勝5分と負けておりません。リオネル・メッシは対チェルシー8戦ノーゴール。バルセロナは、プレミアリーグ勢と当たった過去7回のうち6回を勝ち抜いていますが、唯一敗れたのは2011-12シーズンのセミファイナルで戦ったチェルシーでした。ペップ・グアルディオラが率いた最後のシーズン。圧倒的なポゼッションサッカーに自陣で耐えることを強いられたチェルシーは、初戦をドログバの1発で制すと、アウェイではブスケツとイニエスタのゴールでひっくり返された直後にラミレスが貴重な同点ゴールをゲット。バルサは2試合トータルで勝ち越しとなる3点めを奪えず、追加タイムにフェルナンド・トーレスにとどめを刺されて大会を終えました。この年、チェルシーはクラブ史上初めてビッグイヤーを獲得しており、サポーターにとってバルサ戦はいいイメージしか残っていないでしょう。

今季のバルサを追いかけてみると、チャンピオンズリーグでのゴールの少なさが目につきます。ユヴェントス、オリンピアコス、スポルティングCPという「普通の組」に入ったスペインの名門は、4勝2分で得点9失点1とまずまずの数字を残していますが、問題は9ゴールの内訳です。3つまでがオウンゴールで、1試合あたりの自力の得点は1.0に留まっています。国内では得点王争いでワンツーのメッシとスアレスは、欧州ではメッシが3ゴール、スアレスは6戦不発。アウェイの3試合で1ゴールという貧攻は、守備が堅いチェルシーがスタンフォード・ブリッジで完封できる可能性が低くはないことを示しています。

とはいえ、バルサはCLで10シーズン連続ベスト8の強豪クラブ。彼らに勝ち切るのは並大抵のことではありません。コンテ監督は、どんな戦い方をイメージしているのでしょうか。「メッシへのマンマークに集中するばかりでは、危険なことになりかねない」「彼らはボールを持ったときは素晴らしいけど、ボールがないときに弱点がある。そこを狙わないといけない」。バルサを徹底的に分析したと語るチェルシーの指揮官は、WBを下げた5-4-1を選ぶのではないかと思います。

瞬発力に難があるケーヒルを落とし、リュディガー、クリステンセン、アスピリクエタ。注目のサイドは、マルコス・アロンソが間に合わなければザッパコスタとヴィクター・モーゼスでしょうか。カンテの相棒は、前線へのロングフィード1発で景色を変えられるセスクを推したいところ。ウィリアンの運動量をメッシのケアに当て、10番のチェイスに忙殺されないエリアに置きたいエデン・アザールのドリブル突破は最高の希望です。前線は、裏を狙えるモラタよりもボールを収められるオリヴィエ・ジルーのほうが機能しそうです。ウィリアンの正確なキックは、セットプレーで威力を発揮してくれるのではないかと思います。

選手の名前を挙げていると否応なくテンションが上がりますが、チェルシーはアドバンテージを持ってカンプ・ノウに乗り込むことができるでしょうか。私は、充分いけると考えています。今季限りでクラブを去るという噂が絶えないコンテ監督は、イタリアに帰るとしてもロンドンに残るとしても、最高の2年めを過ごしているのではないかと思います。プレミアリーグを制したチームで、世界最高のクラブと戦えるのですから。WBAとハル・シティにクリーンシートで勝ち、最悪の状態から脱したようにみえる青いチームに、彼ららしい速攻連発による胸のすくような勝利を期待しています。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ