「最も行儀が悪いチームはチェルシー」…FAのみなさん、まさかキャンペーンですか?

読んでいただいている方にプレミアリーグをおもしろがっていただきたいという思いで、日々書き連ねているブログですので、ネガティブなだけで終わる話や、裏ヨミ、皮肉の類は避けて歩いているのですが、これはさすがにと思い、取り上げてしまいました。結論からいえば、私はチェルシーの肩を持ちます。イギリス紙「テレグラフ」が木曜日に取り上げた「Chelsea are the worst behaved team in the Premier League(チェルシーはプレミアリーグにおいて、最も行儀の悪いチームだ)」という記事のネタ元はFA。選手たちが試合中にどれだけ抗議したか、PKやFKをもらいにいくようなシミュレーションがどれだけあったかなどをFAとプレミアリーグのフェアプレー関連部署が取りまとめているのが今回のデータですが、最も振る舞いが悪かったのがチェルシー、逆によかったのはリヴァプールという数字になっているそうです。

抗議やシミュレーションなどの発生状況を統計的にチェックし、審判団の改善すべき点を洗い出したり、各クラブに要望を出したりして全体のフェアプレー化を推進すること自体は必要なことだと思いますが、問題は「なぜ今それを話題にするのか」です。こういう話は、シーズンが終わってからすべての結果をまとめ、総括や次なる改善策を添えて発表すべきで、今はまだ終盤戦の最中。ましてや話題のチェルシーは、これからマンチェスター・ユナイテッドやアーセナルといった上位とのシックスポインターという、最も重要なゲームを戦う直前です。時期や内容が中途半端な状況でのリリースは、「抗議してきたチェルシーを狙い撃ちして、FAがリークした」と裏ヨミされても仕方がありません。

さらにいえば、「あるジャッジがPKが妥当だったか」について、ビデオをチェックしながら白黒をつけるのは一定可能だと思うものの、「シミュレーションかどうか」については非常に難しい判断で、グレイゾーンにおいては多分に観る側の主観が入ります。「足が当たってない=シミュレーション」などという明快な基準が作れるわけではなく、バランスを崩して倒れたりプレイを止めたりするケースもあるわけで、統計・分析結果をオープンにする際には、その判断基準の公開も求められるべきでしょう。最近は、倒れた後に大げさに手を上げてアピールせず、何事もなかったように下を向きつつ実はPKをほしがっている「ツンデレシミュレーション」も増えているのではないでしょうか。最も行儀がいいといわれているクラブのストライカーにも、ときどきそういうシーンが見受けられます。ジエゴ・コスタやアシュリー・ヤングのような「わかりやすいワル」ばかりが槍玉に上がりがちですが、シミュレーション業界は着々と新たなノウハウを開発し、世に送り出しているのでは…すみません。若干悪ノリしました。話を元に戻しましょう。

2月18日、FAカップ5回戦。ブレストン相手に3-1とマンチェスター・ユナイテッドが快勝したゲームで、試合後、ウェイン・ルーニーが「あんなことしてゴメン、PKとれるチャンスだったから」とGKに詫びたと報道されましたが、ちなみにこういったケースは、統計上はゼロなのか1なのか、どちらなのでしょうね。ジャッジはPKで間違いなかったと捉えればゼロ、自供つきの真っ黒な有罪と見做せば1です。本件はFAカップの話なので、今回のレポートの対象外なのかもしれませんが、デリケートなテーマなのでジャッジ基準や数値の取得方法を明確にしつつ、結果を公表していただければと思います。

メディアが自主的に取った数字なら仕方がないものの、FAのオフィシャルなレポートであれば、本来ならFAはテレグラフに「まだ終わってないから出さないで」と抗議しないといけないお話でしょう。モウリーニョ監督がチェルシーに対してネガティブキャンペーンが張られていると主張したときは「被害妄想では? まさかそんなことは」と思いましたが、変な時期に記事が出たりすれば、こちらも「もしかしてキャンペーンですか?」と邪推してしまうではありませんか。

マンチェスター・ユナイテッドのサポーターがいうのも何ですが、モウリーニョ監督とチェルシーの選手たちには、こんな話を気にせずいつもどおり戦っていただき、おかしな判定だと思えば、レフェリーには臆せず確認しにいっていただければと思います。こちらは負傷者が多く、苦しい試合になりそうですが、今夜の試合が「今季のベストゲームだった!」といえるような、フェアでエキサイティングなものになることを願っています。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

まあ、コスタがイメージ悪いのは確かですが……うーん……。

それよか、一番行儀がよかったのがリヴァプールっていうのは、やっぱり噛みつき野郎スアレスが抜けたからですかね?w
  • a
  • 2015/04/18(Sat)11:51:01
  • 編集

コメントありがとうございます。

aさん>
スアレスは、PKもらうのが天才的にうまかったので、チームの数字を悪くすることはなかったのではないでしょうか。リヴァプールは抗議が少ないという印象があります。
  • makoto
  • 2015/04/18(Sat)12:15:09
  • 編集

無題

お久しぶりです。

また不名誉なデータですね(^^;;
ちょっと擁護すると、厳しい判定が多いと感じた時期もありましたし、そうすると選手たちも自然と抗議も多くなりますよね。
シミュレーション多いとも話題になってますが、個人的には「違うだろ」っていうのが2、3回ありましたし。
PKをなかなか取ってもらえず、回数が異常に少ないのも気になります。

ただリバプールのように抗議しない方が、もちろん素晴らしいですけど。
あと、コスタがけっこうポイント下げてそうですね(笑)

いつも通りチェルシーよりのコメント、ご容赦くださいm(_ _)m
  • モウ
  • 2015/04/18(Sat)14:12:18
  • 編集

無題

マンチェスターユナイテッドのサポーターでありながら、リバプールやマンチェスターシティなどに対しても悪意なく敬意を持ったブログなので不快感なく楽しめています。ありがとうございます^_^
  • あああ
  • 2015/04/18(Sat)14:17:36
  • 編集

コメントありがとうございます。

モウさん>
チェルシーサポーターの方が「おいおい!」と思うような、微妙なジャッジがすべて相手に利する形になったゲームがあったのは確かですが、ガナーズやレッズも、今日は厳しいジャッジだったなという試合がそれなりにありました。FAとプレミアリーグの運営側には、もろもろ改善を図ってもらうとして、われわれサポーターはこの手の話に踊らされないようにしたいものですね。エキサイティングなシーンが多い試合だったのに、とある掲示板のコメント欄がジャッジの話一色などという状態をみると、むむむと思います。

あああさん>
ありがとうございます。上位チームはそれぞれにいいチームなので、その魅力をうまくつたえていけたらと日々思ってます。
  • makoto
  • 2015/04/19(Sun)13:01:33
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ