エティハドで見せたコンテ戦術と用兵は是か非か?バルサ&ペップ攻略のベースは攻めか守りか!?

Antonio Conte tactics terrible to watch(アントニオ・コンテの戦術は見ていて無残だった)」。今ではすっかりいなくなったプレーイング・マネージャーとして、1996-97シーズンのチェルシーをFAカップ制覇に導いた元指揮官が、「BBC」で日曜日の試合について分析していました。ルート・フリット、55歳。ブルーズの指揮を執っていた当時、自らが標榜するスタイルを「セクシー・フットボール」とアピールした奇才に、プレミアリーグ29節のマンチェスター・シティVSチェルシーはどう映ったのでしょうか。「コンテのほうは、攻めようという意志を全く見せなかった。マン・シティのミスによってカウンターを仕掛けたり、誰かがゴール前で天才的なひらめきを生んでくれることを望んでいた」。信じられないスピードとCBからCFまでこなす史上最高のユーティリティーを併せ持ち、ACミランの黄金時代を築いたカリスマは、やはりチェルシーの戦い方に失望しているようです。

チェルシーOBの嘆きを理解するうえで、あるいはわれわれがこのテーマについて整理するために、論点を2つに分けたほうがよさそうです。ひとつは「コンテの戦術は妥当だったのか」、そしていまひとつは「コンテの用兵は適切だったのか」。ルート・フリットは、この両方に「NO」といっています。戦術については、「プレミアリーグ最下位のチームなら、クオリティが低いのでバスを停めて、1-0でダウンしながらチャンスがくるのを祈っているのもわかる。しかしチェルシーはディフェンディングチャンピオンだ。機能していなかったにも関わらず、変えようとしなかった理由がわからない」。選手の起用に関しては、「オリヴィエ・ジルーのような選手がベンチにいるのに、ハイボールを上げて紛れを起こそうとしなかったのはなぜか。ボールをゴールから遠ざけ、セカンドボールを奪えばそこから上がることもできるだろう」と、プレミアリーグ屈指のポストプレーヤーを活かせなかったことに疑問を投げかけています。

さらにフリットは、チェルシーのフォーメーションは深すぎたと指摘。3トップに対して5バックで対応したために2人が遊びがちなのに対して、セスクとドリンクウォーターはデブライネ、ダヴィド・シルヴァ、ギュンドアンの3人に対峙しなければならず、マンチェスター・シティの中盤は必ずひとりがフリーだったと分析しています。「最終ラインと中盤の間のスペースで好きなようにやられてしまった」「ボールを持っても誰も前にいないので、蹴るしかなかった」。前半はまったくシュートを打てず、後半の3本も枠に飛ばせなかったチームについて、退屈だったと総括していました。

私がこの記事に興味を覚えたのは、2つのテーマがあったからです。まずは、「カンプ・ノウに乗り込むチャンピオンズリーグのテストのような布陣で敗れたコンテ監督は、ゴールを決めないと敗退となる試合でどんな戦い方を選ぶのか」。さらに、「マンチェスター・シティ戦で後ろにこもりそうなチェルシータイプのマンチェスター・ユナイテッドと、中盤で全面戦争を仕掛ける可能性が高いレッズタイプのトッテナムのどちらがうまくいくのか」。マンチェスター・シティ戦のコンテ監督が、アザールのワントップでゲームを始めた意図はよくわかります。ジルー先発で0-1とされれば、カウンターは警戒されて終盤のオプションがなくなりますが、試合開始からカウンター狙いのフォーメーションで戦えば、リードされたときにジルーをジョーカーとして投入できます。

バルサ戦が日曜日の試合と大きく違うのは、0-0では終わってしまうチェルシーがキックオフからビハインドを背負っており、絶対に先制ゴールが必要ということです。コンテ監督は、頭からジルーを使うのではないでしょうか。後ろで奪ったボールをジルーに当て、落としを受けた中盤がアザールやウィリアンに展開できれば、勝機はあると思います。スペインで戦う大一番は、私たちプレミアリーグファンとっては、エティハドで見たかった「もうひとつのチェルシー」に出会うことができる試合。コンテ監督にしてみれば、苦い記憶をいい教科書に変えるチャンスです。このうえ、再度アザールを最前線に据えたら、フリットさんの指摘に深くうなずくしかなくなります。

33節から最強の首位チームと連戦となるマンチェスター・ユナイテッドとトッテナムは、クロップ監督のコンセプチュアルな戦い方とコンテ監督のリアリティのどちらを選ぶのか。ルカクとポグバがいるモウリーニョ監督のチームは、チェルシーよりもうまくやれるのではないかと思いますが、ポチェッティーノ監督が前線からのプレスと中盤のガチンコ勝負を選べば、レッズの後に続けずガナーズと同じような結末になると予想します。

プレスもラストパスもフィニッシュも巧みなフィルミーノという稀有な存在がフェルナンジーニョと最終ラインを攪乱したこと、3枚同士で戦った中盤がプレッシング合戦を制したことが、レッズ勝利のポイントだったように思います。ポチェッティーノ監督が「走るサッカー」でペップのチームを蹂躙しようと考えれば、ミラーリング戦術で中盤を3枚にすると見ていますが、プレスの強度とアンカーの力量でマン・シティが上回るのではないでしょうか。相手が上と見てコンテのリアリティを踏襲するか、正面から向き合えると判断するかが、優勝決定の場となる可能性も充分な2試合の勝敗につながるのではないかと考えています。いずれにしても、チャンピオンズリーグもプレミアリーグも、戦術性に富んだおもしろい試合になるはずです。今から、楽しみです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

ダイアー、デンベレ、ワニャマをぶつける433なら中盤の制圧力では上を行くのではないかと思います。ただシティに勝つにはそれに加えてサイドも制圧しないと厳しいのが現状です。ウォーカーが相手にいるのが相当な痛手であることは変わりません。
  • にわかスパーズファン
  • 2018/03/06(Tue)21:39:55
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ