過去4人は全員アウト…マン・シティ戦の惨敗でチェルシーのサッリ監督に解任の噂!

「謝ろうと思ってここに来た。いいたいことがあれば、私の前に来てほしい」。アントニオ・リュディガーはアウェイサポーターの前で頭を下げ、スターリングに翻弄されたセサル・アスピリクエタも「できることはファンに謝ることだけ。この結果は受け入れられない」とショックを隠せませんでした。プレミアリーグ26節、マンチェスター・シティ6-0チェルシー。動揺と怒りが激しかったのか、ペップが差し出した手に一瞥もくれずにロッカールームへと急いだマウリシオ・サッリ監督は、伏し目がちにインタビューに応じ、敗戦について「説明できない」とコメントしています。

「開始数分でゴールを許したため、難しくなってしまったのだろう。われわれはトラブルに陥ってしまった。今週はチームに手応えを感じており、こうなった理由はわからない。アウェイで大きな問題を抱えている」

試合後のインタビューと公式サイトのメッセージをチェックしていて気になったのは、「自分のフットボールをやりたいが、今はそれができていない」「チームは私が意図していなかったフットボールをしていた」といった言葉でした。穿った読み方をすれば、「自分は勝つためのプランを用意したのに選手が動かなかった」とも取れるメッセージは、主力選手に余計なストレスやプレッシャーをもたらすことになりかねません。「BBC」のチーフライター、フィル・マクナルティさんは、「サッリ監督は既に危険な状態にある」と指摘。初年度を乗り切れなかったフェリペ・スコラーリやヴィラス・ボアスの名前を挙げながら、「マネージャーのアイデアが選手に伝わらなくなったと見られれば、巻き返すのは不可能」と主張しています。

ジョゼ・モウリーニョがやってきた2004年以降、開幕からチェルシーの指揮を執った監督のなかで初年度優勝を果たさずに生き残ったのは、既に絶大な信頼を得ていた2013-14シーズンのモウリーニョだけ。最初の年に2冠を制したアンチェロッティと、優勝の翌年もFAカップを取ったアントニオ・コンテも、プレミアリーグで振るわなかった2年めの終わりに任を解かれています。シーズンオフからチームを預かり、1年持たずにクラブを去った3人の指揮官を振り返ってみましょう。

2008-09シーズンのルイス・フェリペ・スコラーリ監督は、年明けから5週間を経て2月9日に解任。開幕からの13試合を10勝2分1敗と好スタートを切りながら、11月末からの12試合を4勝5分3敗と停滞し、スタンフォード・ブリッジでハル・シティにスコアレスドローで終わったことが直接的なトリガーとなりました。それでもプレミアリーグ4位に粘っており、敗れた相手はダブルを喰らったリヴァプールとアーセナル、マンチェスター・ユナイテッドのみ。たった8ヵ月での解任は厳しすぎるジャッジに見えましたが、ブラジル人監督の解任後、主将のジョン・テリーは「彼の支持者は自分を含む2~3人しかいなかった」と、ロッカールームに断層があったことを認めています。

2010-11シーズンにアンチェロッティの後を継いだアンドレ・ヴィラス・ボアス監督は、3月頭まで引っ張るのが精一杯でした。こちらはプレミアリーグ前半戦を10勝4分5敗と苦しみ、年明けからの8試合も3勝3分2敗と振るわず。長期的な改革を託されたはずだった若き指揮官は、プレミアリーグ4位に手が届くポジションでも猶予を与えられませんでした。このときバトンを渡されたロベルト・ディ・マッテオ監督は、ビッグイヤー初制覇の栄誉をクラブに残したにもかかわらず、新シーズンの11月にアウト。7勝1分というロケットスタートの後、4試合勝てなかっただけでクラブを去ることになってしまいました。

監督にかくも厳しいチェルシーの歴史を紐解けば、マウリシオ・サッリが解任を噂されるのも無理はありません。3年めのクリスマス直前にジ・エンドとなったモウリーニョ監督も含め、過去の指揮官が切られるまでの戦績を調べてみると、「プレミアリーグ4位以下で優勝は絶望的」「選手との不和が囁かれていた」「直前の不振」「Xデーまでのマンチェスター・ユナイテッド戦で勝利なし」といった共通項があります。アザールに対するネガティブな発言が報じられたサッリ監督は、4つすべてに当てはまっているように見えます。週末のFAカップでマンチェスター・ユナイテッドに勝てば、大丈夫でしょうか。いや、スパーズ、フラム、ウルヴスと続くプレミアリーグで大敗したらアウトかもしれません。進退について問われたサッリ監督は、イタリア訛りの英語でこう答えています。

「私がチームを指揮している以上、批判されるのは当然だと思う。将来については知らない。クラブに聞いてほしい。私はチームとパフォーマンスを心配しており、リスクがあるこの仕事について気にしていない」

11月末のスパーズ戦で無敗をストップされてから、プレミアリーグ14試合で7勝1分6敗。あとひとつ負ければ、ヴィラス・ボアスに並びます。「ジョルジーニョがカンテに勝るアンカーであることを支持する論理的な理由はない。カンテはこのポジションでは世界一だが」。マクナルティさんは、頑固を貫けば仕事を失う可能性があるといっています。今のチェルシーの顔ぶれなら、以前に経験済みの4-2-3-1あるいは3-4-3を試す価値はあると思われるのですが…。ジョルジーニョを抑えられると詰まりがちな最近のチェルシーを見ていると、プランBが必要なのではないかとやきもきしてしまいます。FAカップのマンチェスター・ユナイテッド戦、カラバオカップ決勝のマンチェスター・シティ戦、スパーズとのロンドンダービーは大敗厳禁、何とか2勝1敗以上で乗り切りたい正念場です。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

サッリ監督の微妙な発言、アザールの去就…ゴシップ急増のチェルシーは、今こそ耐える時!

今季プレミアリーグでTOP4フィニッシュを果たせるか否かで、チェルシーの指揮官と主力選手の運命は大きく変わるのではないでしょうか。昨夏からレアル・マドリード移籍が噂されているエデン・アザールは、2年連続でヨーロッパリーグを戦うという判断はしないのではないかと思われます。「デイリー・メール」は、チェルシーがウインガーを物色していると報道。クリスティアン・プリシッチが夏に合流することは決まっているものの、アザールが抜けた場合は、大きな穴を埋める存在がもうひとり必要というお話です。記事が挙げている名前は、ナポリのインシーニェとエヴァートンのリシャルリソン。前者は今季のセリエAで8ゴール、後者はプレミアリーグで10ゴールをゲットしており、いざ買うとなれば相当な額を要求されそうです。

「インディペンデント」が伝えるアザールの後釜候補は、バルサでうまくいっていないといわれているフィリペ・コウチーニョです。リヴァプールに買い戻しの意志はないようで、プレミアリーグで彼の移籍金を払えるのはマンチェスター勢とチェルシーぐらいでしょう。バルセロナはこの憶測を否定しており、ビッグディールの実現性は低そうですが、シーズン終了後にはチェルシーとの契約が残り1年となるアザールが新たなステージを求める可能性は決して低くはないはずです。

TOP4を外すとなると、サッリ監督への風当たりも厳しくなるでしょう。「スカイスポーツ」が、イタリア人指揮官の苦し気なコメントを紹介しています。チェルシーのヘッドコーチの仕事は難しいと語ったサッリ監督は、経営陣に忍耐を求めているとのこと。「現時点でうまくいってないからといってスタイルを変えるのではなく、まずは自分のフットボールがうまくいくのを見たい」「ユルゲン・クロップの最初のシーズンは、順位テーブルの真ん中にいた(=プレミアリーグ8位)ことを覚えておかなければならない」。プランBはないと明言した指揮官は、ポチェッティーノ、クロップ、ペップが3年以上を費やして今のポジションにいると主張し、性急に結果を求める考え方をあらためる必要があるといっています。

サッリ監督の主張に特段異論はありませんが、じっくり腰を据えてチームを強化したいなら、彼自身にも忍耐が必要なのではないかと思います。最近気になるのは、プレスに対する発言です。ボーンマス戦で4-0と大敗すると、「私は選手のモチベーションを高められないマネージャーなのだろう。なぜこうなったのか、理解できない」。今季プレミアリーグで12ゴール10アシストのエースについては「彼はリーダーではない」「移籍したいならそうすべき」と、ネガティブなコメントが増えています。指揮官が外に向けて選手を名指しで非難するのが百害あって一利なしであることは、年末までのマンチェスター・ユナイテッドが教えてくれています。後半戦は3勝1分2敗と苦しい状況にあるチェルシーに最も必要なのは、自信なのではないでしょうか。

「エクスプレス」が、「アブラモヴィッチオーナーがポチェッティーノ招聘を検討」と書くなど、サッリ監督に関するゴシップが一気に増えてきました。今週末はマンチェスター・シティ、FAカップ5回戦でマンチェスター・ユナイテッド、カラバオカップ決勝はマン・シティ、プレミアリーグ28節のトッテナム戦と続く国内強豪対決は、指揮官と選手たちにとって大きなターニングポイントになりえるでしょう。連敗でモチベーションを下げるのか、勝ち続けて再度上昇気流に乗るのか。チェルシーは、2月こそが踏ん張りどころです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

現地の評論家が一斉に「NG」…波紋を呼んだサッリ監督のチーム批判!

ヴィクター・モーゼス、ケーヒル、エメルソン、ザッパコスタ、クリステンセン、ドリンクウォーター、アンパドゥ。この錚々たる顔ぶれが、プレミアリーグ出場2試合以下に留まっているのが、現在のチェルシーです。GKケパと、アスピリクエタ、リュディガー、ダヴィド・ルイス、マルコス・アロンソの4バックはスタメン完全固定。アンカーのジョルジーニョ、右のカンテ、前線のアザールとウィリアンもアンタッチャブルです。ターンオーバーがあるのは、モラタ、ジルー、ペドロのいずれかが選ばれる3トップと、コヴァチッチとロス・バークリーの左インサイドのみ。出場機会を求めたセスクはモナコに移籍し、プレミアリーグで途中出場3回のカラム・ハドソン=オドイも残留を望んでいないと報じられています。18歳の天才ウインガーにはバイエルンから4度のオファーがあり、いずれチェルシーも容認しなければならない時期が来るかもしれません。

メンバーを固定すれば戦術の熟成度が上がるといわれますが、今のチェルシーは行き詰まっているように見えます。プレミアリーグ23節のビッグロンドンダービーは、ラムジーに封じられたジョルジーニョが効果的な配球ができず、2-0完敗。チームの戦いぶりに激怒したサッリ監督は、明確にいいたいからイタリア語で話させてもらうと前置きし、「メンタル面でわれわれより自信があるチームと戦った。受け入れられない。トッテナム戦もそうだった」「失点したのは戦術や技術の問題ではなく、勝利への思いが足りなかったからだ」と選手たちを非難しました。この発言に、現地の評論家たちが一斉に反応。チーム全体に対するネガティブなアプローチはマイナスしかないと懸念を示しています。「スカイスポーツ」より、3人の声を拾ってみましょう。

「彼は何かを失ったかもしれない。トッテナムを率いていたとき、私もスタンフォード・ブリッジで同じことをやってしまった。その後の結果は悪くなかったが、フラストレーションを解消したにすぎなかった。個々のプレーヤーから最高のものを引き出す方向にいかないと、よくはならない」(ティム・シャーウッド)
「全体を批判してもドレッシングルームは反応しない。そのうち、マネージメントしたくても動かせなくなってしまう。彼はそうやってきたのかもしれないが、別な方法を考えないと」(ジョレオン・レスコット)

モウリーニョとコンテという2人の名将が、プレミアリーグ制覇と混乱を繰り返してきた歴史を指摘したガリー・ネビルさんは、「タップのようにオンとオフを繰り返せるドレッシングルーム。サッリは経験豊富な男なんだろうけど、締め出されたかもしれないね」と語っています。監督が選手を名指しで批難し続けるとどうなるかは、マンチェスター・ユナイテッドが示してくれましたが、チーム全体に対する抽象的な批判をプレスにぶちまけるのも、いい方向には進まないというわけです。「問題は戦術ではなく勝ちたい気持ちの不足」といってしまったために、サッリ監督は戦術変更がしづらくなりました。4-2-3-1は時期尚早と語った指揮官は、今まで通りに戦うことしか考えていないのかもしれませんが…。

打開策があるとすれば、カンテとジョルジーニョを並べるなどの戦術変更、燻っていた選手たちの抜擢による競争環境の構築、うまくいっていない選手との個別コミュニケーションによるモチベーション向上などではないでしょうか。選手たちを変えたいなら、プレスルームではなくドレッシングルームやコブハムの練習場で直接話したほうがいいでしょう。思い出すのは、11月のプレミアリーグ。サッリ監督と同様にアーセナルの気迫に押されまくり、何とかドローで切り抜けたユルゲン・クロップは、プレスの前ではジョークをかますのみでした。

「アーセナルはすべてのストライカーを使ってきた。ファン・ペルシとベルカンプも出てくるんじゃないかと思ったね」

そう、この試合の前にエメリ監督が、レッズの指揮官についてこんなことをいっていました。「クロップは毎日、笑ってるよね。私も、彼のように笑いたい。われわれは笑顔で取り組む必要がある。そうすれば、物事をより楽しめるようになり、うまくいく。勝った時に笑うのは簡単だけど、そうでないときも笑顔が必要だ」。スールシャールのスマイルを見続けているサポーターとして、あらためて深くうなずきたくなる言葉です。13節のスパーズ戦で初の敗戦を喫してから、公式戦16試合を9勝2分5敗とペースダウンしているチェルシーは、プレミアリーグ12戦無敗だった頃の自信とクオリティを取り戻せるでしょうか。イグアインの去就よりも、サッリ監督の采配や振る舞いのほうがより気になる今日この頃であります。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「アンデル・エレーラにとって、僕は速すぎるだろう」絶好調アザールが、本日の決戦を語る!

「スペインに行かなかったとしても、問題はないよ。僕はファンを愛しているし、ファンも僕を愛してくれていると思う。将来がどうなったとしても、幸せでいられるだろう」。エデン・アザールには、最高の時を過ごしているという実感があるのでしょう。今季プレミアリーグで8試合7ゴール。過去のベストシーズンでも、ゴールかアシストを決めるのに132分を要していたアタッカーは、58分に1回という驚異的なペースでチームにゴールシーンをもたらしています。

プレミアリーグにおける主要なスタッツは、軒並み自己ベスト。21%が最高だったショットコンバージョンは30%、90分あたりのタッチ数は83から100に伸びており、シュート数も2.6から3.6に引き上げています。「スカイスポーツ」が掲載したジェイミー・レドナップによるインタビューからは、ブルーズのエースがいかに充実感のあるシーズンを過ごしているかが伝わってきます。

チェルシーでキャリアを終えてもいいといえるのは、マウリツィオ・サッリ監督のスタイルに心地よさを感じているからでしょう。新しい指揮官について問われると、ポジティブな言葉が返ってきます。「彼はシンプル。ボールを持つのが好きだ。タッチ数が多ければ、ゴールを増やせる。彼からは、40ゴールを決める必要があるといわれてる。達成できたら、素晴らしいね。いつも、シュートを打て、ドリブルで仕掛けろとけしかけられてる。ミスなんか何の問題もないといわれるよ。チームがさらにポゼッションを増やし、自分を見つけてくれれば、もっと多くのゴールを決められるはずだ」。持ち場の左サイドから、中央、右へとめまぐるしくポジションを変えながら、ゴールを狙うことに集中できているのが、今季プレミアリーグにおけるゴール量産の理由でしょう。

ランチタイムキックオフで開催される本日のマンチェスター・ユナイテッド戦は、アザールが止まるかどうかが最大のポイント。稀代のドリブラーがイメージしているのは、相手のマークを無力化するスピーディーなパスワークです。「アンデル・エレーラにとって、僕は速すぎるだろう」。絶好調の10番は、2017年4月のオールド・トラフォードで自分の動きを完全に封じたMFに同じことをされても、問題ないといい切っています。

「アンデル・エレーラ、あるいは昨シーズンはマクトミネイだった。しっかり受け止めるよ。まずはシンプルにプレイしないと。エレーラがマークしてきても、パス&ムーブだ。僕のほうが速いとわかっているからね。走りながらパスを出し、いい状態を創れるだろう。チームメイトとともに素早くボールを動かさなければならない。ボックスの周辺に辿り着いたら、何かを起こすよ」

8位に沈んでいるマンチェスター・ユナイテッドは、ディオゴ・ダロト、ルーク・ショー、フェライニ、マティッチ、アンデル・エレーラ、リンガードが負傷を抱えており、何人かは間に合わないかもしれません。アザールのサイドをカバーするのが、プレミアリーグに来たばかりのフレッジや攻撃力が魅力のアンドレアス・ペレイラとなれば、苦戦は必至です。

今回ばかりは、モウリーニョ監督に秘策があるようには見えず、チームとしての総合力の勝負となるでしょう。サッリ監督が来てからのチェルシーは、メンタルのコンディションがよさそうなんですよね…。「ロンドンに着いた最初の日から楽しい。街もコブハムでの練習も、試合も。プレミアリーグはとにかく速いね。ファンは素晴らしいし、スタジアムもピッチもいい」とテンションが上がっているコヴァチッチは、負傷が癒えていれば、アザールとの連携を警戒しなければなりません。決戦まで14時間。マンチェスター・ユナイテッドとしては、何とかドローに持ち込みたいところ。「どんなに速くても、渋滞したら徐行しなければならないことを忘れていたのでは?」と、アザールに返せればいいのですが…。(エデン・アザール 写真著作者/@cfcunofficial (Chelsea Debs))


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「もう1度、モウリーニョと仕事したい」…最悪の6ヵ月を悔いるエデン・アザールの言葉。

これを読んだとき、忘れかけていた痛みを思い出したような気分に支配されました。「Eden Hazard reveals Jose Mourinho regret: I want to work with him again(エデン・アザールが漏らしたジョゼ・モウリーニョへの後悔~僕はもう一度、彼と仕事をしたい)」。今季プレミアリーグで8試合7ゴールとキャリアハイのスタートを切ったチェルシーの10番が、あまりにもショッキングだったあの6か月を回想しています。レスターが優勝した2015-16シーズン、前年のプレミアリーグ王者だったブルーズが、4勝3分9敗の16位という信じられない不振に陥り、モウリーニョ監督はクリスマスまで持たずにクラブを去りました。「今、もう1度一緒に仕事をしたいコーチは?と聞かれたら、モウリーニョと答えるだろうね」。ベルギーメディア「HLN」に掲載されたインタビューを紹介するのは「スカイスポーツ」。12年のキャリアで最悪のシーズンだったと振り返ったアザールは、その責任の一端は自分にあったと懺悔しています。

「プレミアリーグのタイトルを獲った後、われわれはモウリーニョ監督に休暇を延長させてくれと頼んだ。戻ってきたとき、完全に調子を崩していたんだ」
「モウリーニョの下で過ごした最後のシーズンは、楽しめなかった。われわれは勝てず、喜びがないルーティンに埋没し、全員がバラバラでいることをよしとしていた」
「後悔することはあまりないけど、モウリーニョと仕事ができなくなったのは、そのひとつだ。もっとトロフィーを獲得できたのに、負のサイクルに陥って終わってしまった」
「彼にメッセージを送ったよ。退団は残念だ、謝りたい、と。一緒に成功を楽しんできたけど、あのときは違った。少しばかり、罪の意識がある。自分はプレミアリーグMVPで、最も決定的な仕事ができるプレーヤーのひとりだったのに、パフォーマンスを落としてしまったから」

モウリーニョ監督がマンチェスター・ユナイテッドに来てからは、あの喧騒のことは封印しようと努めてきました。ライバルチームではありながら、2014-15シーズンの前半戦のチェルシーはあまりにも素晴らしく、彼らにチャンピオンズリーグを制してほしいとまで思っていました。そんななかで、2年がかりで築き上げてきた強いチームが崩れていく様を見続ける日々はひたすらせつなく、わがチームで同じようなことが起こるのを想像したくなかったのです。「極めて守備的なコーチというモウリーニョのイメージは、正しくないと思う。ペップ・グアルディオラのような冒険好きなイメージからは遠いけど、われわれがチャンピオンになった年は多くのゴールを決めて、いい試合をしていた」。アザールの主張は、半分正しく、半分は疑問です。22節までに51ゴールをゲットして首位を快走していたチームは、FAカップでブラッドフォードに2-4の大逆転負けを喫したのが合図だったかのように、最後の16試合は22ゴールと苦しみ、守って勝つチームにモデルチェンジしていました。

選手たちは、シーズンが終わる前に疲弊していたのでしょう。指揮官に懇願して得た長い休暇は、元の自分たちを取り戻せるほどの充分な時間ではなかったようです。ドクター・エヴァ・カルネイロに罵詈雑言を叩きつけ、物議を醸したモウリーニョ監督は、厳しいシーズンになることを予感していたのだと思われます。余裕を失った指揮官には、「練習中の笑顔禁止」などといったハードマネジメントで選手たちを煽り続けるしか策はありませんでした。

あれだけ強かったチームが敗戦を重ねている…。「最強チームに何が起こっているのか」、真相に辿り着く手立てはありません。事実か憶測かわからない報道を追い、試合になれば選手の一挙手一投足を凝視し、あれこれ推測するしかありませんでした。当事者以上に、うろたえていた日もあったのかもしれません。当時、書かせていただいた記事はこちらです。

ゴシップ再燃のチェルシーに何が起こっているのか?…あくまでも推測ではありますが。
現場を知る選手や解説者のコメントから考える…モウリーニョ監督に足りなかったこと。

アザールの言葉を紹介した「スカイスポーツ」の記者は、現在のモウリーニョ監督とポグバについて淡々と事実を列挙しています。私も、それを考えています。モウリーニョ監督には、同じ過ちを繰り返すことなく、チームを立て直してほしいと願っています。ポグバには、このチームに加わったときに成し遂げようと誓ったことを思い出してもらえればと祈っています。そして2人に、エデン・アザールの過去を悔いる言葉が届けばと思います。プロフットボールの世界で唯一勝つ方法は、監督のコンセプトを信じた選手たちが一丸となって戦うことなのですから。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ