シュートを打たない国、枠に飛ばない国…低調ラウンド16で、シェルダン・シャキリは見事でした!

ポーランドVSスイス、ウェールズVS北アイルランド、ポルトガルVSクロアチア。それぞれ古豪復活、英国対決、ダークホースの激突といったテーマがあり、特に最初の2試合はプレミアリーグ勢の活躍が楽しみだったのですが、エキサイティングだったのはPK戦にもつれ込んだポーランドとスイスだけでした。ユーロ2016、ラウンド16。今大会は、1試合あたりのゴール数が1.78と近年の国際大会では最も少なく、この日登場したポーランド、スイス、北アイルランドはたった2ゴールでグループステージを突破したチーム。北アイルランドは総シュート数17本で、1試合あたり6本にも満たない貧攻ながら、3位まで通過できる恩恵を受けてここにいる国なのです。クロアチアに勝ってベスト8進出を決めたポルトガルもまた3位通過組ですが、彼らは未だに90分で1回も勝っていません。そんな低調なチームが、クリスティアーノ・ロナウドの乱射により、グループステージの総シュート数69本と24ヵ国中トップなのですから、大会のゴール数が少なくなるのも致し方ありません。

初日の3試合の顔ぶれを整理しましょう。ポーランドVSスイスは、2ゴールで抜けてきたチーム対決。ウェールズVS北アイルランドは、大会最多6ゴールと通過組最少2ゴールの対決。ポルトガルVSクロアチアは、枠外シュート数13本とNo.1のクリスティアーノ・ロナウドを擁する最多シュート国に、前回王者に勝ったチームがどう対抗するかが焦点の試合です。ポーランドが勝ったゲームは、プレミアリーグファンとしてはたまらない一戦でした。1-1で120分を終え、グラニト・ジャカの失敗でポーランドがPK戦を制したゲームの2点は、スウォンジーのGKファビアンスキとストークMFシャキリの素晴らしいプレイが生んだ美しいゴールシーンだったからです。

39分、スイスの波状攻撃を止めたファビアンスキが左サイドのグロスツキに通したロングスローは、アシストをつけてあげたくなる最高のボールであり、判断でした。カウンターとなり、ドリブルで進んだグロスツキが逆サイドでノーマークだったブワシュチコフスキにラストパスを通した瞬間、勝負あり。今大会絶好調のスイスGKゾマーも、1対1であれだけ時間を与えたら止められません。1-0となったゲームは後半に入るとスイスペースになりますが、ファビアンスキは72分にも、リカルド・ロドリゲスの完璧に近い直接FKを弾き出すビッグセーブを披露。ポーランドが4試合連続の無失点で勝つと思いきや、79分、シャキリのエクセレントなオーバーヘッドが炸裂!右ポストの内側を叩いて決まったシュートは、あまりに美しくて今でも思い出すと震えます。こんな選手が中堅クラブにいるプレミアリーグは、やはり贅沢です。両者合わせてシュート50本の死闘は、スイスに1回しか負けたことがない古豪ポーランドに軍配が上がりました。

ウェールズと北アイルランドは、打って変わってシュートの少ないゲーム。ウェールズの枠内シュートはGKマクガバンの好守に阻まれたベイルの直接FKのみ、北アイルランドのショット数は6本と、両者とも「いつもと同じ」です。試合を決めたのは、2人のガレスでした。ラムジーのパスに走って左から高速クロスを入れたガレス・ベイルが勝者。中央でロブソン=カヌの前に入って先に触りながら、オウンゴールにしてしまったガレス・マコーリーが敗者です。両者ともプレミアリーグの選手が多く、前のめりで観ていたのですが、10分のダラスとベイルのブレ球FKしか盛り上がるシーンがない微妙なゲームでした。後半は粘り強く攻め続け、幸運な形ながらもゴールを奪って逃げ切ったウェールズが、勝利にふさわしかったと思います。

ここまでの4チームは、守って数少ないチャンスを活かすリアリストたちだとわかっていたのでいいとして、いちばん好ゲームを期待していたポルトガルとクロアチアが、117分まで両者枠内シュートゼロとは…。クリスティアーノ・ロナウドは今までの乱射モードが嘘のように、クアレスマの決勝ゴールにつながった右からの一発以外は完全沈黙。クロアチアはクロスに精度を欠き、勝てる相手からゴールを決められませんでした。うーん、どうなんでしょうか、24ヵ国。3位でも4つまで通過できるという緩さがグループステージでむやみに守るチームを生み、決勝トーナメントで予選レベルの試合が展開されているのを見て、「16ヵ国参加、2位までがグループステージ通過、ゴールを奪って勝ってきた強者がトーナメントを戦う」という仕切りに戻したほうがいいのではないかと思いました。ラウンド16がなくなれば、中2日という厳しい日程に息切れ気味だったポルトガルのようなチームはなくなるでしょう。

日本時間1時からの試合では、北アイルランドのサポーターが、ウェールズの応援席に向かって「俺たちは残留に投票した、バカじゃないから残留に投票したぜ!」と、さっそくEU離脱ネタで煽っていたようですね。プレミアリーグを愛する者としては、このお話がラウンド16初日最大のトピックスでした。敗戦の後、北アイルランドのサポーターは、「1週間に2度もウェールズにやられるとは…」。何でもジョークにしようとするイギリス人らしいエピソードです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

ポルトガル戦は歴代でもつまらない試合上位に入ると言われていますね。個人的にはチームだけでなく、審判が笛を鳴らし過ぎていたのも一因かと思いましたが。
サポーターとしては勝ってくれれば充分なんですけどね。

グループ三位が残れることのメリットとしては、
・三試合目で進出が決定しているチーム同士の「手抜き試合」が減ること
・純粋に試合数が増えるので、たくさん楽しめること
があると思います。
  • queen
  • 2016/06/26(Sun)21:34:22
  • 編集

無題

ウェールズと北アイルランドは、より大国とやるところを見たかったですね。どちらも番狂わせを起こせそうなチーム作りだっただけに、ちょっとチームカラーが似通ってしまったかなと。
個人的にはオニールが面白い監督なので、今後の動向に注視していきます。
  • リバサポ
  • 2016/06/26(Sun)21:55:25
  • 編集

無題

3位通過でいいならどこのチームも守備的に戦いますよね。

スポーツレベルという意味では下がりますが、サッカー後進国でユーロに縁のなかった国が出れる様になりその国のサッカー熱があがる要因にもなり得るので

一長一短ですね(笑)!
  • ガナユ
  • 2016/06/27(Mon)13:50:38
  • 編集

コメントありがとうございます。

queenさん>
「純粋に試合数が増えるので、たくさん楽しめること」→これをいわれると弱いです。アイスランドの勝利をみて、24ヵ国賛成派に寝返りそうになってます(笑)

リバサポさん>
そうですね。スペインやフランスと戦うところを観たかったですね。

ガナユさん>
そのいい方にも弱いです。難しい一長一短ですね。
  • makoto
  • 2016/06/29(Wed)12:20:57
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ