マンチェスター・ユナイテッド辛勝、トッテナムは逆転負けでキャピタルワンカップ4強ならず!

キャピタルワンカップ準々決勝の2日目は、2試合ともプレミアリーグ所属チーム同士の戦いとなります。マンチェスター・ユナイテッドはアウェイでストークとの対決。つい先ほど、昨季までストークにいたロリー・デラップ引退の記事を書いていたばかりですが、ピューリス監督からマーク・ヒューズ監督にスイッチして、パスサッカーへのモデルチェンジを図っているストークは、現在プレミアリーグ13位と「定位置キープ」。やはり、新しいスタイルの浸透には時間がかかるようで、今のフォーメーションよりは昨季までのロングボールをガンガン放り込んでくるサッカーのほうが、怖さもやりにくさも感じます

対するマンチェスター・ユナイテッドは、ファン・ペルシもルーニーも香川真司もいないスタメンです。トップはウェルベック、中盤にアンデルソンとA.ヤングが入り、最終ラインはラファエウ、エヴラ、エヴァンス、スモーリングといういつもの顔ぶれ。バレンシアやフィル・ジョーンズはずっと使われており、現状ではここまでがせいいっぱいのターンオーバーなのでしょう。それにしてもなぜ、こういう試合でチチャリートやビュットナーを使わないのでしょう。モイーズ監督の言い分は「前回よくなかった」なのかもしれませんが、選手の役割が不明確で、カップ戦などでうまく出場機会を創らないからサブの選手のモチベーションやコンディションが落ちてしまうのだと思います。今のチチャリートは入団以来、最悪の状態です。

さて、ゲームが始まると、前半はストークペース。10分にキャメロン、18分にアサイディと惜しいミドルシュートが続き、守っては中盤でのハードマークでアウェイチームから自由を奪い、まったくシュートを打たせません。マンチェスター・ユナイテッドは、パスワークがギクシャクしており、CKも味方のいるところにボールが飛ばず、完全に意志の疎通を欠いています。ストークは23分にも左サイドを崩して、クロスから「あと10センチ!」という惜しいチャンスを創ります。28分には突然、激しく雹が降ってきて試合が10分ほど中断するアクシデントがあり、ブリタニア・スタジアムの雰囲気は波乱の予感たっぷりです。マンチェスター・ユナイテッド唯一のチャンスは46分。右CKからのボールをスモーリングがニアサイドでコースを変え、落下点にエヴァンスがフリーで入りますが、トラップミスでGKセーレンセンに抑えられます。勢いは、間違いなくホームチーム。後半、マン・ユナイテッドが相手を崩すシーンは訪れるのでしょうか?

後半が始まっても、状況は変わらず。モイーズ監督は58分、アンデルソンをチチャリートに代え、点を獲りにいきます。すると直後の62分、アシュリー・ヤングがチチャリートを楔に使ったポストプレイから、落としをダイレクトでミドルシュート!この思い切りのいい一発が見事に決まり、ようやくマンチェスター・ユナイテッドが先制です。この後、左クロスにウォルタースが飛び込み、あと20センチ足が伸びれば…という惜しいシーンはありましたが、ミスの多い前線に比べてマン・ユナイテッドのDF陣は落ち着いています。72分のウォルタースのミドルが、ストーク最後の抵抗でした。これが不発に終わると、78分、A.ヤングが左からドリブルで上がり、すぐ横にいたエヴラに落とすと、エヴラはDFをかわして中に持ち込み、右足でコントロールシュート。これがGKセーレンセンの左手の上を抜け、ゴール右隅に飛び込み0-2、勝負ありです。

この日のマンチェスター・ユナイテッドは、「内容はどうあれ勝てばOK」だったので、クリーンシートのオマケつきの0-2完勝は文句なしでしょう。調子の波が激しく、最近よくなかったA.ヤングに復調のメドが立ったのが収穫でした。ストークは、攻撃のバリエーションを広げ、クロスの精度を高めないと厳しいですね。動きは悪くなかっただけに、ラストパスに正確さがあれば、違う結果もあったかもしれません。

さて、もう1試合のトッテナムVSウエストハムですが、シャーウッド代理監督体制での初戦となるトッテナムは、ホームでウエストハムに逆転負けを喫するという残念な結果に終わりました。この日のスタメンは、アデバヨルとデフォーがトップに並ぶ4-4-2の新機軸。67分に縦パスから左サイドを抜け出したデフォーのクロスをアデバヨルが強烈なボレーで突き刺したまではよかったのですが、80分、相手ゴールキックが前線にいたテイラーに通ってしまい、ゴールを背にしてキープされたうえに、左を走るジャーヴィスに完璧なスルーパスを出されて同点。85分には、右から簡単にクロスを上げさせてしまい、中央で競り負け、マイガにヘッドを決められ1-2。左SBダニー・ローズもキリケシュ、カプエのCBコンビもマークが甘く、優勝が狙える位置まできていたカップ戦を失うという結果になりました。

2夜連続のジャイアントキリングで、プレミアリーグ17位のウエストハムと20位のサンダーランドが勝ち抜き、マンチェスター勢としのぎを削ることになりました。準決勝はホーム&アウェイの戦いとなりますが、組み合わせはどうなるでしょうか。ここでマンチェスターダービーは勘弁してくれ!と祈りつつも、プレミアリーグ降格ゾーンをうろついているチームがここ一番とばかりに食いついてくるゲームも嫌ですね。「第一希望はウエストハム」としつつ、静かに抽選結果を待つこととしましょう。…しかし、嫌な予感がします。(アシュリー・ヤング 写真著作者/Stanislav Vedmid)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

マンUは次サンダーランドとやるみたいですね
ぜひ決勝でマンチェスターダビーが見たいです
  • 通りすがり
  • 2013/12/19(Thu)10:11:40
  • 編集

コメントありがとうございます。

嫌な相手とやることになりました。
代表クラスがゴロゴロいるチームなので、のせると危険です。
  • makoto
  • 2013/12/19(Thu)13:41:28
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ