キャピタルワンカップでも敗戦!マンチェスター・ユナイテッド、出口見えない年明け3連敗!

前向きにいえば、「アウェイゴールを奪ったうえでの1点差負けなら、ホームで取り返せばいい。セカンドレグはわれわれが有利」ですね。しかし…。敵地スタジアム・オブ・ライトでのゲームとはいえ、プレミアリーグ最下位のサンダーランド相手に、セットプレイ以外でGKマンノーネを慌てさせることすらできずに負けるとは。キャピタルワンカップ準決勝ファーストレグ。マンチェスター・ユナイテッドはサンダーランドに2-1で敗れ、これで年明け3連敗です。

サンダーランドのCBは、ジョン・オシェイとウェズ・ブラウン。ともに元マンチェスター・ユナイテッドの選手です。放出した選手より、残った選手のほうが当然、質の高いプレイができるはずなのに、より安定していたのはホームチームのDF陣でした。試合開始からしばらくはマンチェスター・ユナイテッドが主導権を握りますが、8分、サンダーランドが逆襲。クロスからマルコス・アロンソがゴール前に飛び込み、GKデ・ヘアをヒヤリとさせます。12分、サンダーランドは今度はショートパスを中央でつなぎ、最後はボリーニがシュート。これは力んでゴール左に外れたものの、ヴィディッチとエヴァンスの寄せが緩いのが気になります。

マンチェスター・ユナイテッドは相変わらずです。彼らはこの試合も入れれば、4ゲーム連続で1点しか獲っていないわけですが、最大の要因は「相手が守りやすい攻撃しかしないから」だと思います。バレンシアが右サイドで持つと、必ず縦に突破してクロスを上げます。ヤヌザイは、中に切れ込んできて、9割方は左足の前にボールをもっていってシュートします。ゴール前、中央でワンツーやダイレクトパスはありません。キャリックとクレヴァリーは、ペナルティエリアには侵入しません。ごくまれに入ってきたとしても、ボールを受けたら外に戻します。サイド攻撃がほとんどですが、クロスの半分は大きくファーサイドに外れていきます。チェンジオブペースなどという概念は存在しません。

意外性のない攻撃。ゴール前に人数を張って、トップの選手だけケアしておけば防げる攻撃。この日も、単調さは変わりませんでした。そのなかでポジティブなことがあったとすれば、最近のプレミアリーグのゲームよりも、積極的にミドルシュートを打っていく意識は高まっていたこと。前半途中から、ギグス、ウェルベック、ヤヌザイが立て続けに遠めから狙い、相手CBを前につり出したところまではよかったと思います。問題は、その後ですね。

このまま前半は0-0で終わるかと思われた45分、サンダーランドがワンチャンスを活かしてゴールを奪います。FKを左サイドに放り込み、これをゴール前にグラウンダーで折り返すと、SBバーズリーともつれ合ってボールに触れたギグスがオウンゴール!最悪の時間帯の失点で、マンチェスター・ユナイテッドはビハインドを背負い、後半に入ることになります。

後半開始直後から、1点を追うマンチェスター・ユナイテッドが攻勢。サンダーランドはFWフレッチャーまでペナルティエリアに入り、ラスト2分しかないかのような全員守備でこれをしのごうとします。この攻防に勝ったのはマンチェスター・ユナイテッドでした。52分、CK一発、ヴィディッチのヘッド!敵の守備をうまく崩せないときは、セットプレイは重要です。1-1の同点になり、直後にヤヌザイがミドルを放ったときは、このまま押し切れるかと思ったのですが…。

61分にどフリーのシュートをGKデ・ヘアが右手一本でビッグセーブしたあたりから怪しい雰囲気が漂い始め、64分、アダム・ジョンソンの右からのドリブルにクレヴァリーがたまらず足を引っかけてしまいます。ペナルティエリアの内外は微妙なところでしたが、判定はPK。これをボリーニが冷静に決め、またもやサンダーランドが勝ち越しです。しかし、残り時間は25分あります。相手はプレミアリーグ単独最下位。百歩譲っても同点にして帰りたいものです。ここから再度、サンダーランドにプレッシャーをかけないといけません。

ところが、ここからのマンチェスター・ユナイテッドは、リードされると淡白な攻撃であっさり土俵を割る、今季バージョンの負けパターンをなぞっただけでした。相手のミスをついてエヴラがミドルシュートを放った以外は、ヤヌザイのミドル、ヤヌザイのドリブル、ヤヌザイのミドル、ヤヌザイの飛び込み、以上。後半はウェルベックは完全に消え、モイーズ監督は投げやりになったのか慎重になったのか、80分のチチャリート投入まで前の選手をまったくいじりませんでした。

エヴァンスをスモーリングに代えたのは、おそらくアクシデントだと思われますが、ベンチに香川真司やザハがいたにも関わらず、2枚めのカードはクレヴァリーout、フレッチャーinでよかったのでしょうか。プレミアリーグ前節のトッテナム戦では、あれだけ前線に選手を張り付けたのに、同じ1点ビハインドでうって変わってここまで静かになると、選手も戸惑うのではないかと心配になりました。追加タイムを入れてラスト15分、チチャリートは何もしないまま、タイムアップ。交代で入った選手をどう活かすのかがチームに浸透しないまま試合を終えるのも、最近の傾向です。かくして、3連敗。サンダーランド相手にこの内容では、今後プレミアリーグでどこまで落ちるかわかりません。ファン・ペルシ、ルーニーの復帰で状況は変わってくれるでしょうか?

マンチェスター・ユナイテッドはもろい。このゲームはカップ戦のセミファイナルなので、何でも起こり得る。ファーストレグはホームなのだから、われわれは結果を出さなければならない」。試合前に、イギリス紙「デイリー・ミラー」にウェズ・ブラウンが語っていたことが半分、当たってしまいました。願わくば、もう半分は実現しないでほしいものです。彼は、こうもいっています。「マンチェスター・ユナイテッドはホームでよく負けているので、セカンドレグも結果を得られるはずだ」


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

年明け3連敗>かなりきついですね
次はスウォンジー、チェルシーですか
トドメをさされてしまうかもしれませんね

私はずっと戦術戦略をもたない、浸透させられないモイーズ監督が一番問題だと思ってるんですが
試合後、ファギーのおじいちゃんの表情とサー・ボビー・チャールトンが首を振っていたのが印象的でした
何かを決断したように私には見えましたがはたして?
  • あけおめ、ことよろ2014
  • 2014/01/08(Wed)17:14:34
  • 編集

コメントありがとうございます。

あけおめ、ことよろ2014さん>
私も同意見です。モイーズ監督の問題だと思います。スウォンジーにホームで連敗となったら、さすがにボタンが押されるかもしれませんね…。
  • makoto
  • 2014/01/08(Wed)18:19:50
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ