マンチェスター・シティ、雪辱!モウリーニョの仔馬たちに何もさせず、FAカップは完勝!

ひとことでいってしまえば、完勝。そして、ヤヤ・トゥレの日。先日のプレミアリーグでは、マンチェスター・シティをエティハドで0-1と破り、ホームでのプレミアリーグ無敗記録と連続得点記録を同時に止めたチェルシーでしたが、FAカップに二匹目のドジョウはいませんでした。チェルシーの攻撃をペナルティエリア直前に呼び込んでカットし、速いパスワークでサイドを崩したマンチェスター・シティはモウリーニョのチームに何もさせず、2-0でFAカップ8強入りを決めています。

この日のマンチェスター・シティは、ジェコとヨヴェティッチが前線に入り、ヤヤ・トゥレ、ダヴィド・シルヴァ、ミルナー、ハビ・ガルシアという守備重視の中盤。自らボールを支配するより、堅実に守って速攻でゴールを陥れるという戦い方を選びました。スタメンをいじった効果が出始めたのは14分。中盤で相手を軽くかわしたヤヤ・トゥレの強いミドルをGKチェフがファンブル。これにヨヴェティッチが詰めたもののシュートはバーの上をたたき、チェルシーは胸をなでおろします。

しかしその1分後、今度はヨヴェティッチの勝利です。左SBのクリシーからのビルドアップで、ダヴィド・シルヴァが左サイドから中央のジェコに通し、ジェコが右を走るヨヴェティッチにラストパスを出すと、ヨヴェティッチはフリーでゴール前へ。チェルシーDFがコースも切れず、タックルもできなかった流れるような攻撃の最後は、背番号35の完璧なコントロールショットでした。右足でクロスに流し込んだシュートが左ポストの内側をたたき、今回はマンチェスター・シティが1-0でリードします。

チェルシーは、20分過ぎからラミレスの左からの突破、マティッチのきわどいクロス、ウィリアンのミドルとチャンスを創りますが、いずれもラストの精度が低く、マンチェスター・シティを慌てさせることができません。先日、プレミアリーグで対戦した時とは真逆で、リードしたマンチェスター・シティが時折カウンターを仕掛け、ミルナーのクロスにジェコが飛び込むという1点もののシーンがありましたが、これは一歩及びません。前半は1-0。モウリーニョ監督は、後半頭からエトーに代えてサラーを投入。プレミアリーグでのダブルにとどまらず、マン・シティに3連勝するのだというメッセージをピッチに送り、逆転を狙います。

しかし後半には、一方的なマンチェスター・シティペース。50分にはワンツーから左サイドをクリシーが完全に破り、ラストパスのこぼれをヨヴェティッチがシュート。これは上に外れますが、ホームチームのパスワークは好調です。チェルシーは、シュートはおろか中盤でフリーになる場面すら創れず、61分にラミレスに代わって入ったF.トーレスも、攻めの拠点になることができません。マン・シティも61分、いちばん運動量が多かったヨヴェティッチをケガから戻ったナスリにスイッチ。すると6分後、そのナスリがダヴィド・シルヴァとの完璧なコンビネーションから2点めを奪い、試合を決定づけます。

このゴールシーンでは、DFラインの裏に入り込んだダヴィド・シルヴァへ通したナスリのスルーパスはオフサイドで、即座に手を上げて主張していたCBダヴィド・ルイスは正しかったと思います。しかし、ぎりぎりのタイミングで裏へ抜けたシルヴァの俊敏な動きをラインズマンは見送りました。パスを出した後、まっすぐゴール前に走り込んで折り返しをゴールに流し込んだナスリのプレイはお見事。微妙なジャッジではありましたが、たった2人でDFラインを崩しきった美しい一発でした。

2-0となってからは、チェルシーのチャンスはまったくありません。前半からチェルシーの攻撃の芽をことごとくつぶし、敵陣でパスカットしてシュートを放つなど、馬車馬のような活躍ぶりを見せていたヤヤ・トゥレ運動量は、落ちる気配がありません。チェルシーのサラー、トーレスは不発。アザールもいつものような突破ができず、マン・シティ守備陣につかまっていました。もうひとつ気になったのは、GKチェフが珍しく不安定だったこと。プレミアリーグではクレバーにマン・シティの猛攻をシャットアウトしていた守備陣が、このゲームでは浮足立つシーンが目立ちました。レスコットが決めた3点めは今度こそオフサイドで、結局、このままタイムアップ。チェルシーのFAカップは終わりを告げ、マンチェスター・シティはプレミアリーグ、チャンピオンズリーグとのトレブルに向かって、また一歩前進しました。

ベストメンバーといっていいチェルシーの布陣をみれば、FAカップの優先順位が低いというわけではなかったと思われますが、この日はマンチェスター・シティの「1シーズンに3つも負けられない」というプライドが完全に上回ってましたね。この2チームの戦いは、先制点をどちらが奪うかがその後の展開を大きく左右し、戦術の限りを尽くした駆け引きは見応えがあります。ここは素直に、「ペジェグリーニ監督、素晴らしいサッカーでした。ベスト8おめでとうございます」とリスペクトしたいと思います。さあ、本日の夜は、こちらもプライドを賭けて戦うであろう、アーセナルVSリヴァプールです!


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新お疲れさまです

コンディションの差が試合に出たとはいっても今回は完敗でしたね
前回に比べると全体的に緊張感も足りませんでしたしなによりも運動量が少なくプレーの精度が低かったです

タイトルを一つ逃した事になりますがやっと約一週間ほど空くので切り替えてPL&CLに全力を注いでもらえればOKですかね

ようやくCLも再開しますし楽しみです(^^)
  • チェルシー
  • 2014/02/16(Sun)13:43:57
  • 編集

コメントありがとうございます。

チェルシーさん>
そうですね。前回の緊張感が、そっくり入れ替わってしまったようなゲームでした。マン・シティの中盤の守備が崩れなかったのが、彼らの勝因だと思います。
  • makoto
  • 2014/02/17(Mon)10:24:51
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ