FAカップ激闘セミファイナル!昨季覇者ウィガン、アーセナルに大健闘もPK戦に散る!

アーセナルが久しぶりに春のウェンブリーに登場です。FAカップ準決勝は、マンチェスター・シティを倒すというジャイアントキリングを演じたウィガンとの対決。チャンピオンシップでくすぶっているとはいえ、プレミアリーグの優勝候補に勝ったばかりで勢いにのっているチームなので、ガナーズは油断できません。

ロシツキが負傷、ジルーはベンチ。今季が初めてのプレミアリーグで、チームにフィットしきれていないヤヤ・サノゴのワントップでは不安です。ポドルスキ、チェンバレンは比較的好調で、ラムジーが戻ってきたとはいえ、アーセナルは早い時間にゴールを決めて優位に立つことができるでしょうか。格下チームとの対戦は、同点のまま終盤までもつれると、むしろ自チームのプレッシャーのほうが強くなります。

案の定、アーセナルの攻撃はちぐはぐ。いつもどおりボールを支配してはいるものの、試合開始15分を経ても、これといったチャンスはありません。20分のチェンバレンの縦への突破は、ラストパスが中に合わず。22分には前線のサノゴにラムジーからいいパスが出ますが、サノゴがトラップミスをしてチャンスを活かせません。30分からは、ウィガンが逆襲。両サイドを攻められ、何度となく危ないクロスを上げられるものの、GKファビアンスキの再三にわたるクリアでピンチを逃れます。

40分を過ぎるとアーセナルが再び、攻勢です。カーブがかかったポドルスキのFKは惜しくもゴール右。41分にはサノゴが縦パスから抜け出し、GKと1対1になるもののシュートを体で止められCK。ポドルスキが敵陣でインターセプトに成功したチャンスも、パスを受けたサノゴがオフサイド。前半をスコアレスで終え、手ごたえを感じているのはウィガンのほうでしょう。プレミアリーグでここ4試合勝利なしと、調子が落ちているアーセナルに復活の兆しはみえません。

後半に入り、しばらくは互角の攻防が続きます。アーセナルはサイドを崩しきれず、早めに上げてくるウィガンのクロスは不正確。双方、なかなかシュートまで持ち込めません。これは、まずい。格上のチームが攻めあぐんで焦りを募らせる、典型的なジャイアントキリングの展開です。54分、左サイドからアタックしたポドルスキのグラウンダーのクロスもウィガンDF陣がブロック。アーセナルは後半最初の15分も、枠内シュートゼロで終わりそうです。すると59分、ウィガンが反撃。左からのドリブル突破に後手を踏んだメルテザッカーがマクマナマンを倒してしまい、痛恨のPK献上!キッカーはウィガンMF、ジョルディ・ゴメスです。左足で端を狙ったシュートが決まり、ウィガン、先制!

ベンチを出て戦況を見守るヴェンゲル監督にも、焦燥感がみてとれます。66分、ニアに飛び込んだサノゴのシュートも枠にいかず。アーセナルはここでジルーを投入です。下がるのは、ポドルスキ。2トップはプレミアリーグでも1回もなかったのではないでしょうか。ラスト20分、1点ビハインドのアーセナルは攻撃に関与する選手が少なく、最終ラインではウィガンのDFが2人余っています。

72分のCKもシュートにつながらず、直後のチェンバレンのミドルもGKの正面。ゴールが遠いアーセナル。どちらがプレミアリーグのクラブなのかわかりません。何度も出される無理めのスルーパスは、ウィガンに冷静にカットされます。79分のCKからの混戦も先に触ったのは青いユニフォーム。81分、ギブスのフリーのヘディングシュートも、GKカーソンがビッグセーブ!実況は「loser」と連呼しています。このときは、ガナーズはこのまま敗れ去るものと思っていました。

しかし82分、アーセナルがタイトルへの執念を見せ、ついに追いつきます。CKからの混戦で、ペナルティエリア外に出たボールをギブスが左足ミドル。シュートは明らかに右に外れていましたが、行く先にはメルテザッカーがいました。背番号4は倒れながらヘディング、ゴール!これで勢いに乗ったアーセナルが試合を決めにいきますが、イエローカード2枚を出しながら耐えたウィガンが延長戦に持ち込みます。

延長前半はアーセナルのペースも、やはりシュートが打てずにスコアは動かず。PK戦は避けたい強者は、残り15分でゴールを奪わないといけません。後半が始まっても、ウィガンの守備は堅く、アーセナルはゴール前の壁を崩せません。109分、中盤から一気に走りこんで放ったチェンバレンの渾身の一発はゴールバー直撃!残り7分、ヴェンゲル監督の3枚めは、ラムジーに代えてシェルストレームです。この後は、むしろチャンスが多かったのはウィガンのほうでした。アーセナルは、ハーフライン付近で無理なドリブルを奪われるという、プレミアリーグ上位クラブにあれほど狙われた弱点が改善していません。相手がウィガンだったので1-1で済みましたが、リヴァプールやエヴァートンなら、この日も軽く2~3点はやられていたでしょう。ともあれ120分が終わり、勝負はいよいよPK戦です。

昨季FAカップ決勝でマンチェスター・シティを破ったディフェンディングチャンピオン、ウィガンの連覇へのチャレンジは、ここで終わりを告げることになりました。この日のMVPは、コールドウェルとコリソンのPKをストップしたGKファビアンスキでしょう。アーセナルはアルテタ、シェルストレーム、ジルーが落ち着いて決め、最後のカソルラはGKをあざ笑うかのような正面への軽いキック。ゲームを締めた19番は、まっすぐGKのところへ走っていき、ナイスセーブをリスペクトします。アーセナル、決勝進出!大苦戦ではありましたが、プレミアリーグの意地を見せてPK戦を制し、2010-11シーズンのキャピタルワンカップ以来のファイナルです。

うーん、アーセナルはなかなか調子が上がりませんね。延長戦まで走り抜いて、チェンバレンは足が完全につってましたが、火曜日のプレミアリーグ、難敵ウエストハム戦は大丈夫でしょうか。…もとい、今日は勝ったことがすべてでしょう。5月の決勝は、ぜひアーセナルらしい試合で、久しぶりのタイトルを記憶に残るものにしていただければと思います。(ウカシュ・ファビアンスキ 写真著作者/Ronnie Macdonald)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

しがないサッカーファンですが貴ブログを毎日読んでおります。
小生近頃、ちと、老眼がすすみ、否、そんな歳ではないのですが・・・。
そこでもう少しだけ文字が大きいと読みやすいのですが・・・。

コメントありがとうございます。

nojirouさん>
ありがとうございます。字の大きさですね…。変えるとなると、結構なパワーがかかるので、お約束はできませんがどこかで実現したいと思います。今シーズンが終わるまでは手がつきませんので、ご容赦ください。すみません。
  • makoto
  • 2014/04/14(Mon)12:03:53
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ