完璧アーセナル!今季の最後を飾るにふさわしい4発で、FAカップ連覇達成!

GKシュチェスニー、CBメルテザッカー、CFウォルコットというスタメンにいささかの不安を感じながら、日本時間5月31日1時30分、FAカップ決勝戦が始まりました。アーセナルとアストン・ヴィラは、プレミアリーグ3位と17位の対戦。お互いが持てる力を出しきったら、ヴェンゲル監督が6回めの優勝を果たすことになるはずですが、そうは簡単にいかないのがサッカーであり、聖地ウェンブリーでの決戦です。序盤からボールに対しての出足がいいのはアストン・ヴィラ。DFラインの裏を狙うベンテケは、見るからに調子がよさそうです。

7分、左でモンレアルのパスを受けたカソルラが縦に持ち込みクロスを入れるも、フラールとリチャードソンがカバー。ヴィラの激しいチェックに苦しみながらも、ガナーズのパス回しのリズムは悪くありません。狙いどころは、カソルラがドリブルで優位に立つ左サイド。ラストパスが中に通らず、シュートは打てないものの、10分を過ぎてからは完全にアーセナルペースです。14分、FKをペナルティエリア左で受けたアレクシス・サンチェスのふわりとしたクロスを、コシールニーがヘッドで狙うとGKシェイ・ギヴンがセーブ。1分後に右をえぐったベジェリンのグラウンダーにニアで合わせたラムジーは、惜しくも外。20分にエジルのパスからゴール前に抜けたラムジーはシュートを打ち上げてしまい、アーセナルは押しながらも先制できません。

24分に左から上がり、ラストパスを通したのはエジル。フリーだったウォルコットの右足インサイドはリチャードソンの必死のクリアに阻まれます。ポジショニングが抜群にいいコクランがヴィラの攻撃の芽は摘んでいるものの、アーセナルにとっては嫌な展開でしたが、39分、ヴェンゲル監督のチームは素晴らしい展開から先制点をものにします。

カソルラからの長いボールが左に流れていたウォルコットにつながると、縦に走り込んでもらったモンレアルが浮き球のクロス。アレクシス・サンチェスが競り合って落としたボールに珍しく左足を振り抜いたのは、仕掛けの起点となった背番号14です。これは素晴らしいボレーでした。当たってきたDFとGKシェイ・ギヴンの間を抜いたニアへの一撃は、ここしかないピンポイント。アーセナルが前半を1-0とリードしてハーフタイムです。

解説は、ラムジーが中に入り過ぎとコメントしておりましたが、左サイドで組み立てている間に逆サイドのアタッカーが中に絞るのは、ひとつの効果的な戦術でしょう。ベンテケはシュートゼロ、ヴィラ全体でも1本に抑えたコシールニー中心の最終ラインは完璧。後半、早い時間に追加点が入れば決まりだと思いながら観ていると、その瞬間は開始4分に訪れました。49分、アレクシス・サンチェス、スーパーゴール!フェイントでマークを外した直後に思い切って狙ったシュートは、20メートル以上あったのではないでしょうか。予期せぬタイミングでの一発、揺れるボールに好守のシェイ・ギブンもお手上げ。バーを叩いたボールがネットを揺らすのを見届けたグーナーは一斉に絶叫。アストン・ヴィラのタイトルへの夢は風前の灯です。

55分に右からのクロスをウォルコットが合わせ、ギヴンが弾いたボールをアレクシスが押し込んだ3発めはオフサイド。ヴィラの攻撃は散発の単調なクロスしかなく、アーセナルのワンサイドゲームが続きます。60分、エジルのスルーパスに反応し、GKと1対1となったウォルコットのシュートはギヴンがブロックしますが、62分のCKはベンテケがかぶったボールをフリーのメルテザッカーが完璧なヘディングシュート。これがゴール左に吸い込まれて3-0。アーセナルのエキサイティングな攻撃は止まりません。

75分、カソルラのロングパスに抜け出したウォルコットが、シェイ・ギヴンの手前でシュートを右に大きく外すと、CFはここでお役御免。エジルとともにピッチを離れ、ジルーとウィルシャーが登場です。80分、途中出場のアグボンラホルがドリブルで突破し、ペナルティエリアのすぐ外でコクランに倒されたシーンがヴィラの最後のチャンス。結局シュートを打てなかったベンテケは、セットプレーでメルテザッカーをマークするだけで終わりました。

終了直前の4点めは、シーズンを締めくくるにふさわしいゴールでした。途中出場のウィルシャーから、最後にピッチに入ったチェンバレンにつないでグラウンダー。左足アウトのワンタッチであっさり決めたのは、プレミアリーグでアレクシス・サンチェスとともにゴールを積み上げてきたジルーです。アーセナル、パーフェクト!昨季とは一転、堂々の完勝です。今季のFAカップは、彼らのためにある大会でした。

私のスタメンへの不安はまったくの取り越し苦労でした。ヴェンゲル監督の采配は素晴らしかったと思います。目に見えるヒーローはウォルコットやアレクシス・サンチェスですが、いつもより下がり目のポジションから効果的な長いパスを再三通していたエジルや、中盤で守備を落ち着かせていたコクラン、攻守のバランスを取りながら決定的なパスを何度もフィードしていたカソルラにも拍手を送りたいと思います。ヴェンゲル監督、選手のみなさん、グーナーのみなさん、FAカップ連覇おめでとうございます!

これにて、2014-15シーズンのプレミアリーグと国内カップ戦がすべて終了いたしました。今季も本ブログに目を通していただき、本当にありがとうございました。オフシーズンも休まず、プレミアリーグに関するさまざまなニュースをお届けしてまいりますので、引き続き、よろしくお願い申し上げます。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

昨季の失敗を繰り返すな!FAカップ決勝・アーセナルVSアストン・ヴィラ直前プレビュー

8試合ノーゴールのエース・ジルーか、プレミアリーグ最終節ハットトリックのウォルコットか。昨季ファイナルで決勝ゴールのアーロン・ラムジーか、イギリスメディア「BBC」によるベストゴール賞に2年連続で選ばれた「スーパー・ジャック」ウィルシャーか。今、この時間、ベットルームにこもっているであろうヴェンゲル監督は、まだスタメンに頭を悩ませているかもしれません。プレミアリーグ2014-15シーズンはチェルシーの独走優勝で幕を閉じ、いよいよ今季最後の公式戦が行われます。FAカップ決勝戦、アーセナルVSアストン・ヴィラ。連覇を狙うアーセナルが勝てば、マンチェスター・シティを3発で叩いたFAコミュニティ・シールドに続く今季2冠。ヴェンゲル監督は、第二次世界大戦後初めてFAカップを6回制した監督となります。

プレミアリーグ最終戦を4-1の快勝で終え、いい雰囲気でこの日を迎えるガナーズに対して、アストン・ヴィラのシーズン最終盤は散々でした。37節にサディオ・マネとシェーン・ロングをまったく止められず6-1の大敗を喫すると、本拠地ヴィラパークで行われた最後のゲームは攻撃陣が沈黙し、ブービーのバーンリーに完封負け。シャーウッド監督の就任でプレミアリーグ降格という最悪の結果は免れたものの、結局17位。この着地に納得しているヴィラサポーターはいないでしょう。それでも最後に19年ぶりとなる国内タイトルを獲得し、ヨーロッパリーグ出場権を獲得できれば、冴えなかったシーズンのことはすっきり忘れられるに違いありません。

とはいえ、下馬評は圧倒的にアーセナル勝利。「多くの人が僕たちが有利だと予想している。だからといって、それが何かを約束してくれるわけじゃない。時には、いわゆる弱者の方が難しい相手になることがあるからね。でも、僕たちはいいサッカーをするチームだ。すべての対戦相手が僕たちを恐れるべきだと思う」というメスト・エジルの言葉に、異を唱える人はそれほど多くはないでしょう。シャーウッド監督の「ベタ引きしないで正々堂々と戦う」という言葉を信じるならば、ゲームのポイントは1点だと思います。「アーセナルが、昨季ファイナルの失敗を繰り返すかどうか」です。

タイトルから遠ざかっていた昨季のアーセナルには、相当な重圧があったのでしょう。3-2と延長戦で逆転したハル・シティとのゲームは失敗だらけでした。開始4分のハル・シティのCKでは、ペナルティエリア内にマークを見ていない選手が8人もいる舞い上がった状態で、あっけなく失点。右サイドを完全に崩された9分の追加点で0-2となり、この後のCKで競り負けて打たれたヘディングシュートをゴールの中にいたギブスがクリアしなかったら、ゲームはここで終わっていたでしょう。

カソルラの見事なFKとコシールニーの泥くさいプッシュで同点に追いついたものの、2-2で時間切れとなり、延長戦。至近距離からギブスがシュートを打ち上げるミスがなければ、90分で決められた試合でした。109分に、ジルーのヒールパスをここしかないというコースに突き刺したラムジーは完璧でしたが、メルテザッカーのスリップとシュチェスニーの無謀な飛び出しで招いたピンチは、ハル・シティがクロスを焦らず冷静に味方につないでいれば、簡単にゴールを割られていたはずです。よくいえばドラマティック、悪くいえばドタバタだった一戦は、完全なる負け試合の流れ。勝てたのは幸運でした。

連覇リーチのアーセナルは、1年前の失敗や、今季チャンピオンズリーグ決勝トーナメント・ラウンド16のモナコ戦での痛恨のホーム惨敗を活かして、堂々の勝利を得ることができるでしょうか。ベンテケはスペシャルな選手ですが、今のコシールニーとガブリエウ(がいいですね)が普段着のプレイをすれば、なかなかゴールは奪えないと思います。

私がこの試合に期待しているのは、エジルのゴールです。2年めのプレミアリーグで当たり負けするシーンは減り、抜群の運動量で守備にも戻り、視野の広さとアイデアの豊富さで攻撃の軸となってきた背番号11は、その貢献度を低く見積もられがちなのではないでしょうか。線が細い、守れないという従前からのステレオタイプな評価を下す人々に「エジルは素晴らしかった」といわせてシーズンを終えるべく、数字として残るゴールという結果をFAカップの歴史に刻んでいただければと思います。ヴィラファンの方々には申し訳ありませんが、1年間、プレミアリーグを盛り上げてくれたセインツにヨーロッパリーグというインセンティブを捧げたい思いもあり、今夜の私はアーセナル持ちです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

ジェラードにこだわり過ぎたリヴァプール、FAカップ制覇の夢は準決勝に散る!

昨日、ひと足先にアーセナルが決勝進出を果たしたFAカップ。本日は、プレミアリーグ4位の可能性が出てきたリヴァプールと、降格の危機のなかにいるアストン・ヴィラが、伝統のカップ戦ファイナルのチケットを争います。ウェンブリーで行われる本日の準決勝を勝てば来季のヨーロッパリーグ出場が決まるとあって、とりわけヴィラは気合いが入っているのではないでしょうか。絶好調ベンテケの脇に、グリーリッシュ、エンゾグビアが並ぶ前線は試合開始から積極的です。黄色いユニフォームにリヴァプールは、トップにスターリング、両脇にコウチーニョとヘンダーソン。今季限りでプレミアリーグに別れを告げるジェラードは、自らの活躍で最後のタイトル獲得を実現したいところです。

6分、左のコウチーニョからの丁寧なグラウンダーに合わせたのはジョー・アレン。最近のプレミアリーグでは、彼の攻め上がりがリヴァプールの攻撃に厚みをもたらしています。8分に縦に突破を図ったのはグリーリッシュ。ヴァイマン、シンクレアを抑えて大事なゲームでスタメンをゲットしたアイルランドU-21代表の19歳は、決定的な仕事ができるでしょうか。12分、クレヴァリー、デルフとまわったボールをベンテケがヒールで落とすと、最後はエンゾグビアの左足ミドル。元気なアストン・ヴィラの攻撃陣に対して、エムレ・ジャン、デヤン・ロブレン、出場停止が解けたシュクルテルはマークを外すわけにはいきません。

中盤で組み立てられないリヴァプールに対して、デルフの配球からサイドから崩そうとするアストン・ヴィラが優勢です。26分、アストン・ヴィラのCBベイカーが負傷し、オコレにチェンジ。負傷者が多く、最終ラインの連携のクオリティを上げられなかった今季のヴィラを象徴するようなアクシデントです。すると30分、リヴァプールがCBが代わったばかりのヴィラの隙を突きます。コウチーニョ、ヘンダーソン、スターリングとつないだ最初のアタックは不発に終わるも、マルコヴィッチのインターセプトから組み立て直してスターリングをポストに使った攻撃から、抜けたのはコウチーニョ。オコレとバグナは、見事に間に入られてしまいました。GKシェイ・ギブンのポジションをみて冷静に放った10番のシュートがオコレに当たってゴールに飛び込み、レッズ先制です。

このまま終わるわけにはいかないアストン・ヴィラが意地をみせたのは36分。最初の仕掛け人も、最後のお膳立てもデルフでした。グリーリッシュにボールを預けて左サイドを走ったイングランド代表MFは、縦パスを受けるとベンテケに完璧なラストパスを転がします。ダイレクトの右足インサイドで合わせたベンテケの一撃に、GKミニョレは触るのが精一杯。40分、左サイドを突破したスターリングからパスをもらったコウチーニョのシュートはバーの上。前半を1-1で終えたゲームは、互角の展開といっていいでしょう。

後半開始から、マルコヴィッチに代えてバロテッリを投入したレッズですが、最初のチャンスはヴィラでした。52分、右からのクロスを叩いたベンテケのボレーはやはりデンジャラス。直後のアストン・ヴィラの勝ち越しゴールは、前半と同じ3人から生まれました。54分、中盤でフリーになったデルフのパスをベンテケがヒールで落とすと、拾ったグリーリッシュが前線に飛び出したデルフに完璧なパス。切り返しでエムレ・ジャンをかわしたデルフがゴール左隅に叩き込んで1-2。レッズ、いよいよピンチです。61分、グリーリッシュとベンテケのコンビネーションから、最後はリチャードソンが狙うもミスキック。レッズに同点ゴールの匂いはなく、ヴィラには追加点への期待が漂っています。

71分、ジェラードのCKからの攻撃が不発に終わると、アストン・ヴィラがカウンターで3対2。バクーナのラストパスに抜け出しかけたベンテケは、アルベルト・モレノがぎりぎりのタックルでストップします。78分、ロジャース監督はジョー・アレンをグレン・ジョンソン。リヴァプールはスターリングやバロテッリがオフサイドを取られるシーンが多く、ゴールはおろかシュートにすら持ち込めない時間が続きます。

デヤン・ロブレンがCKをヘッドで合わせたのは86分。その1分後には、ジェラードのヘディングがゴールラインに立っていたリチャードソンにクリアされます。87分にバロテッリがオフサイドを取られたシーンは不可解でした。あれだけはっきり最終ラインの手前にいれば、ラインズマンはわかるはずです。遅すぎた追加タイムのリッキー・リー・ランバート投入も機能せず、リヴァプールとジェラードの夢は準決勝で潰えました。

うーん、ロジャース監督、やり過ぎましたね。後半に見せたジェラードアンカー、エムレ・ジャン中盤という布陣は、秋に試行錯誤していたときの形であって、ここぞというときの切り札ではなかったのではないでしょうか。百歩譲って、ジェラードの後ろからのフィードを活かしたかったのであれば、縦へのボールを懐に収められるリッキー・リー・ランバートの起用は遅かったと思います。

普段着のサッカーができなかったリヴァプールは、自滅に近い形でFAカップを諦めることになりました。決勝はアーセナルVSアストン・ヴィラ。この結果に青くなっているのはレッズだけでなく、プレミアリーグ残留を争っているクラブにヨーロッパリーグ出場権を持っていかれかけているトッテナムとセインツでしょう。ベンテケとデルフ、グリーリッシュの素晴らしいプレイをリスペクトしつつ、「FAカップに集中する」と語っていたロジャース監督に、釈然としない気分が残る一戦でした。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

歩いていたのはモナコ戦と同じ道。危なかったアーセナル、幸運なゴールでFAカップ決勝進出!

チェルシーVSマンチェスター・ユナイテッドより10分早く始まったFAカップ準決勝が、プレミアリーグ首位クラブの順当勝ちが決まってもまだやっているとは思いませんでした。レディングをなかなか崩せず、GKのミスで決勝点を拾った今日のアーセナルは「辛勝」という言葉がぴったりです。過去の対戦成績はアーセナルの12戦全勝、ドローすらなし。チャンピオンシップで下位に沈む相手に、モチベーションを上げるのが難しかったのでしょうか。現在プレミアリーグ8連勝中で2位にまで上がったクラブが、5週間勝利から見放されているクラブ相手に延長戦までもつれ込むとは想像しませんでしたが、苦戦の理由は「チェンジオブペースに乏しく、レディングを守りやすくさせたこと」「不正確だったフィニッシュ」でしょう。ガナーズのワールドクラスの選手たちは、普段なら決めているボールをことごとく外し、あわや敗戦というところまで追い込まれました。

5分、ギブスのロングボールに抜け出したウェルベックが抜け出し、飛び出したGKフェデリチにシュートを当てると、7分には中央に入り込んだアレクシス・サンチェスがエジルのパスを受けてノーステップのシュート。エジルが蹴ったCKに、ニアに入ったメルテザッカーが決定的なヘディングを放つと、フェデリチが何とか触って事なきをえます。立ち上がりから一方的に攻めるアーセナルが先制するのは時間の問題、3~4点奪って快勝すると思われました。しかしここから先制点を奪うまでに、プレミアリーグで優勝を争うクラブは30分という長い時間を費します。

18分、エジルのカーブをかけたFKはポストをかすめ、21分のカソルラの左足はバーをオーバー。この日のSBはベジェリン、モンレアルではなくドビュッシーとギブスでしたが、久しぶりということもあってかオーバーラップは控えめです。26分にはカソルラのきれいなスルーパスにアレクシス・サンチェスが抜け出しますが、フェデリチの出足のよさの前にフィニッシュに持ち込めません。

38分、やはりこの人のパスは芸術的です。手を上げて中に入ってきたアレクシス・サンチェスを見逃さず、絶妙な浮き球を通したのはメスト・エジル。マクレアリーのマークをトラップで外したアレクシスは、GKの足元を抜く冷静なシュートを決め、最近息が合ってきたドイツ代表のテクニシャンを指差して称賛します。前半1-0は悪くない折り返し。後半、早い時間にもう1点獲れれば、アーセナルは楽勝ペースに持ち込めたでしょう。しかし54分、ゴールを奪ったのは、ここまで決定機がなかったレディングでした。

いいときのプレイではなかったドビュッシーが右サイドを破られ、クロスが流れたところにいたのはマクレアリー。ギブスに当たってコースが変わったものの、さほどスピードがなかったシュートはシュチェスニーが弾けるボールに見えました。しかし、オスピナの控えとなった背番号1がこれをファンブルし、慌ててキャッチしたもののゴールラインテクノロジーとレフェリーは同点というジャッジ。これでレディングは元気になり、アーセナルには焦りが目立ち始めます。

ガナーズの問題は、ウェルベックがサイドに流れ過ぎ、いてほしいときに中央にいなかったことと、右のラムジーが中途半端に中央に入ることが多く、ピッチを狭くしてしまったこと。63分、負傷したメルテザッカーに代わったガブリエウ・パウリスタが、直後のCKをニアからのヘッドで合わせるも、ゴール左上を襲ったボールをフェデリチがビッグセーブ。72分、ヴェンゲル監督はゴールに向かわないウェルベックを諦め、エースのジルーを投入します。

勢いはレディングでしたが、84分、アーセナルが決定機を迎えます。アレクシス・サンチェスが仕掛けたカウンターに並走し、DFラインの裏に入ったラムジーにスルーパスを通したのはジルー。ゴール正面でフリーという大チャンスをGKにぶつけたラムジーは、左にこぼれたチャンスボールもポストに当ててしまいます。2分という短い追加タイムはあっという間に終わり、1-1。勝負は30分のエクストラタイムに持ち越されます。

正直に申し上げると、私はアーセナルの敗退もあると思いながら観ていました。105分、左から上がって切り返しを入れたアレクシス・サンチェスのシュートを、それまで何度も素晴らしいセーブでチームを救っていたフェデリチがトンネルするという幸運で勝利をつかみましたが、この日のガナーズはあのモナコ戦と同じ道を歩いていたと思います。86分と103分に、2対1となる危険なカウンターを喰らいながらも何とか勝ったのは、相手にベルバトフやフェレイラ・カラスコのような決定力がなかっただけ。プレミアリーグやFAカップ、チャンピオンズリーグで勝ちたいのなら、今日のようなゲームを繰り返してはなりません。

とはいえ、ガナーズのサポーターのみなさんは、幸運な勝利をつかんだ夜こそ「サンチェス!」「エジル!」と叫びながらビールでも飲んで気持ちよく寝るのがいいですね。好調の2人の素晴らしいタッチやコンビネーションには興奮させられました。片やフェデリチは、今夜は眠れない夜を過ごすことになるのでしょう。88年ぶりのベスト4に盛り上がっていたレディングが勝てば、間違いなくヒーローは彼だったのに…。サッカーの神様は、ときどき残酷なことをします。

アーセナルが、FAカップ連覇に王手をかけたゲームでした。クラブにとって今季2つめの栄冠&ロンドン勢タイトル独占まであと1勝です。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ