4部相手に空回りリヴァプール…ジェラードのFKでジャイアントキリングはぎりぎり回避!

FAカップ3回戦は、ここまで順当。プレミアリーグ勢のつまづきは、チャンピオンシップ(2部相当)のイプスウィッチと引き分けたセインツと、ホームでリーグ1(3部相当)のシェフィールド・ユナイテッドに0-3と完敗したQPRぐらいです。本日登場するリヴァプールは、アウェイでリーグ2(4部相当)のウィンブルドン。バーンリーVSトッテナムは、プレミアリーグ勢同士の対決となります。

ロジャース監督のスタメンからは、3-4-3のクオリティを上げる場として、格下のクラブと戦うFAカップも無駄にしないという意志が伝わってきます。3トップはコウチーニョ、ランバート、マンキージョ。両サイドにマルコヴィッチとヘンダーソンを配し、セントラルにはなくてはならないルーカスと、最後のFAカップを戦う主将ジェラード。やりたかったのは、アーセナル相手に完全に主導権を握ったサッカーでしょう。ビルドアップ時には左右のCBエムレ・ジャンとサコがワイドに開き、ルーカスやジェラードが最終ラインに引いてボールに絡むことで相手の前線を吊り出し、空いた中盤のスペースを使う戦術。ガナーズ戦同様、序盤はサイドのマルコヴィッチとマンキージョが再三フリー。12分にマンキージョのクロスを前線に飛び込んだジェラードがヘッドで決めて順当なスタート。リヴァプールは問題なく、この試合を完勝するものと思われました。

ところが、ここからまさかの苦戦がスタート。アーセナルは、むきになってジェラードつぶしに走り、中盤をフラミニひとりにしてくれていたのですが、1-0となった後のウィンブルドンはリヴァプールの最終ラインにプレスをかけるのをやめてしまい、当てが外れたレッズは攻めあぐみます。セントラルMFがCBと並ぶくらい下がっても相手が引いたままでは、当然前は人数が少なくなり、中盤は分断。深いジェラードと前に張るランバートやコウチーニョをつなぐべく、ヘンダーソンが中に入ってハブの役割を果たそうとするものの、ボールがまわるプラスはほとんどなく、右サイドのマンキージョが機能しなくなるマイナスが目立ちます。リヴァプールの楔のパスを狙ってシンプルな速攻を仕掛けるウィンブルドン。35分、何と何と、4部がプレミアリーグに追いついてしまいます。

またもやってしまった、シモン・ミニョレ。GKがバンザイして逸らしたボールがサコに当たり、こぼれたボールを押し込んだのはボブ・サップのような巨漢FWアキンフェンワ!見た目は総合格闘技ですが、機敏な動きはストライカーです。前半はこのまま1-1。GKの大ポカ、つながらない中盤、コウチーニョやマルコヴィッチの無謀なドリブル、トップのランバートはシュートゼロ。リヴァプールにとっては、悪いところが全部出たような45分でした。

後半は、最初の5分こそウィンブルドンペースでしたが、ロジャース監督は、フォーメーションを1ヵ所改善しただけで、最悪の状態を脱します。ジェラード、前へ。下がってもつられてくれないならば、そちらへおじゃましますとばかりにキャプテンが上がると、ヘンダーソンが無理に中に入らなくてよくなり、左右のバランスは改善。再び押し始めたリヴァプールは62分、コウチーニョが倒されたFKをジェラードが見事なカーブで左隅に叩き込み、やっと勝ち越し。この後は、ウィンブルドンのセットプレーには手を焼くものの、前がかりになったホームチームの背後を狙うカウンターがはまります。ゴールを奪えなかったのは、ランバートやマルコヴィッチがフリーのシュートをことごとく外したからで、崩し自体は悪くありませんでした。

いや、ここはほめてはいけませんね。メンバーを落として3部のヨーヴィルに苦戦したマンチェスター・ユナイテッドも「カンベンしてください」でしたが、相手はさらに下の4部で12位、レッズの顔ぶれはプレミアリーグ仕様のガチンコメンバーです。ヒヤヒヤの1-2。この日のゲームもまた、今季何度も観たビミョーなリヴァプールでした。

印象的なシーンが2つあります。ひとつは、リッキー・リー・ランバートの信用のなさ。53分、左サイドを突破したコウチーニョは、中でランバートがフリーになって呼んでいるにもかかわらず、まわりに誰もいないかのようにあっさりシュートを放ち、チャンスを活かせずに終わってしまいました。そしてもうひとつは、「ボブ・サップ」アキンフェンワ。シュクルテルとのマッチアップや、最終盤にピッチに入ったバロテッリとの競り合いは、K-1かプロレスかという迫力の絵面。見た目のおもしろさにむやみにテンションが上がってしまい、あっという間の90分でした。いや、あの体でよく走れますね。

アウェイで戦ったトッテナムは、シャドリが先制したものの、結局追いつかれて再試合。ホワイト・ハート・レーンでは、好調スパーズがプレミアリーグ19位に負けることはないでしょう。この日も波は立ったものの、船が転覆するには至らず。プレミアリーグ上位は、再試合組も含めて全クラブ無傷で4回戦に歩を進めるとみます。残すは今夜のエヴァートンVSウェストハム。これはアラダイス監督の勝ちと予想しておりますが、どうでしょうか。


【FAカップ3回戦・プレミアリーグ勢の結果】
■1月3日
WBA 7-0 ゲーツヘッド
レスター 1-0 ニューカッスル
トレンメア 2-6 スウォンジー
■1月4日
アーセナル 2-0 ハル・シティ
サウサンプトン 1-1 イプスウィッチ
ストーク 3-1 レックスハム
ドーバー・アスレティック 0-4 クリスタル・パレス
マンチェスター・シティ 2-1 シェフィールド・ウェンズデー
アストン・ビラ 1-0 ブラックプール
サンダーランド 1-0 リーズ
チェルシー 3-0 ワトフォード
QPR 0-3 シェフィールド・ユナイテッド
ヨーヴィル 0-2 マンチェスター・ユナイテッド
■1月5日
バーンリー 1-1 トッテナム
ウィンブルドン 1-2 リバプール
■1月6日開催
エヴァートン VS ウェストハム


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新ご苦労様です。
微妙なゲームでしたね。アキンフェンワ巨漢ですが立派なストライカーでした。
それにしてもミニョレまたしてもやってしまいましたね、、、。ここ最近ジョーンズの怪我の影響もあり復帰しておりましたが、不安定さは改善されていないですね。
ランバートは、ある意味バロテッリより難しい時を迎えているかもしれませんね。
しかし、すべてゴールを決めたのは退団するキャプテンというのが何とも言えないですね。
  • Macki
  • 2015/01/06(Tue)08:54:26
  • 編集

コメントありがとうございます。

Mackiさん>
微妙なゲームでした。FWにシュートを打たせようという意志と動きがなく、ほとんどのシュートが遠めとサイドなので、怖さが感じられなかったですね。ペッレやベラヒーノ、ジエゴ・コスタはあれだけボールを集めてもらっているのに…と思いました。
  • makoto
  • 2015/01/06(Tue)13:39:57
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ