プレミアリーグのTOP3がまさかの総崩れ!ジャイアントキリング続出のFAカップ4回戦【前篇】

金曜日に先陣を切って登場したマンチェスター・ユナイテッドが、4部のケンブリッジにスコアレスドローで終わるというサプライズで始まったFAカップ4回戦。漂っていた不穏な空気は、翌土曜日、ジャイアントキリング4連発という着地に結実しました。プレミアリーグTOP3のチェルシー、マンチェスター・シティ、サウサンプトンと、6位のトッテナムがすべてホームで敗れるという大波乱。敗れた相手がクリスタル・パレスだったセインツと、レスターのトッテナムはプレミアリーグ勢同士の対決だったのでまだしも、マンチェスター・シティが完封されたのはチャンピオンシップ2位のミドルスブラ。チェルシーの逆転負けに至っては、リーグ1(3部相当)で7位とパッとしないブラッドフォードです。最初の45分は共に格下を圧倒していたプレミアリーグ2強は、後半なぜ崩れてしまったのでしょうか。いずれもキックオフは現地時間の15時と、同時多発的なジャイアントキリングだったので、試合内容をチェックするのに時間がかかってしまいましたが、それぞれのゴールシーンと崩壊劇を辿ってみたいと思います。

ロイク・レミー、ドログバ、サラー、ラミレス、ミケルがスタメンに入り、最終ラインにはクリステンセンとズマ、GKはチェフ。モウリーニョ監督がメンバーを落としてきたのは確かですが、何しろ、ここは難攻不落のスタンフォード・ブリッジ。普通に戦えば、今季ホームで無敗のチェルシーが、3部相手に負けることなど考えられません。CKからのヘッドをチェフのビッグセーブでしのいだプレミアリーグ首位チームは、21分の左CKで、ニアにいたケーヒルが右足アウトでコースを変える巧みなシュートを決め、あっさり先制。38分の2点めは、いかにもチェルシーらしいショートカウンター。ハーフライン付近でラミレスがドリブルをカットすると、そのまま単独で持ち込み、並走していた右のサラーにパス。ペナルティエリアに入ったサラーが完全に空いていたラミレスに戻すと、コースを狙ったシュートが右ポストの内側に当たり、2-0です。

チェルシーに前半で2点差をつけられたら、アーセナルやマンチェスター・シティの攻撃陣でも追いつけないのは、プレミアリーグの定説のようなもの。ラミレスのシュートで順当勝ちがみえた瞬間、私の興味は完全に他会場に移りました。

しかし、ここから3部のクラブが粘ります。2点めを失った直後、ブラッドフォードはサイドに流れたFKの折り返しを16番のステッドが受け、左45度からゴール左隅に突き刺さる強烈なシュート。さすがのチェフもこれには触れず、2-1で後半に入ります。プレミアリーグでホームに下位を迎えたチェルシーなら、開始早々からラッシュをかけ、先に1点を奪って試合を殺していたでしょう。しかし75分、ゴールを決めたのはブラッドフォード。左サイドからニアに入ったボールに、ラミレスの対応が遅れました。ビリー・ノットのスライディングシュートはチェフが弾くも、こぼれ球をモライスに押し込まれ、モウリーニョ監督にとっては想定外の2-2。ゴール裏に陣取った、意外と多かったアウェイサポーターは狂喜乱舞です。

こうなると、プレミアリーグ首位と格下の3部のクラブのゲームではなく、「いける」と勢いに乗ったチームと、「やばい」と焦り出したチームの戦い。ピッチにはセスク、ウィリアン、アザールまで入っていたにも関わらず、チェルシーは流れを変えることはできませんでした。アスピリクエタが簡単にクロスを上げさせたのも、ケーヒルが足を出せずに中央への落としを許したのも、バイタルエリアがぽっかり空いたのも、いつものチェルシーならありえないことでした。82分、ダイレクトシュートを左隅に決めたのはハリデイ。歓喜に湧いたスタンドからサポーターがフェンスを乗り越え、警備のスタッフが必死で静止します。

残り10分は、まだ予断を許しませんが、チェルシーは既に呆然自失。最終ラインはすっかり集中力を失っています。追加タイム3分、ステッドとイエイツが2人で持ち込んだチャンスに、5人残っていたチェルシー守備陣は何もしませんでした。GKと1対1は、チェフ、ノーチャンス。イエイツが確実に右隅に流し込んだ瞬間、悪夢のようなジャイアントキリングが決まりました。

敗因を挙げるなら、主力固定で戦ってきたチェルシーの、サブメンバーの修羅場経験の少なさということになるのでしょうか。うーん、どうもしっくりきません。レギュラー3人が入った後の逆転劇には、油断という言葉以外思い浮かびません。まさか、こんなに早く、トレブルへの道が潰えるとは…。興奮さめやらぬスタンフォード・ブリッジ。同じ時間、エティハドでもまた、信じられないことが起こっていました。


長くなりましたので、「プレミアリーグのTOP3がまさかの総崩れ!ジャイアントキリング続出のFAカップ4回戦【後篇】」に続きます。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新ご苦労様です。
チェルシーまさかの敗戦、、、。下位リーグのモチベーションの高さは見ていて面白いですね。これぞFA Cupです。
  • Macki
  • 2015/01/25(Sun)10:24:53
  • 編集

無題

ケンブリッジは数万人いるかどうかのクラブですよね。そんなクラブが世界有数のクラブを倒した。歴史に残るジャイアントキリングですよね。
ケンブリッジのサポーターは一生語り継げるわけで、羨ましいこと限りないです。
  • オーファーマネスル
  • 2015/01/25(Sun)12:21:28
  • 編集

コメントありがとうございます。

Mackiさん>
ゴール裏が凄かったです。3部のクラブでもあのサポーター。プレミアリーグをはじめとする、イングランドの底力を見た思いです。

オーファーマネスルさん>
ブラッドフォードですね。地元では、何十年語り継がれる伝説ですね。
  • makoto
  • 2015/01/25(Sun)13:47:11
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ