枠に飛ばないリヴァプールのシュート、チェルシー決勝進出!~キャピタルワンカップ準決勝速報【後篇】

「枠に飛ばないリヴァプールのシュート、チェルシー決勝進出!~キャピタルワンカップ準決勝速報【前篇】」より続きます。試合は0-0のまま、延長戦がスタートしました。91分、バロテッリ初めてのシュートは、タッチミス。プレミアリーグで出場機会を得られていない背番号45は、まだゲームに入れていないようです。92分、右からのFKをイヴァノヴィッチが完璧なヘッドで叩いて、チェルシー先制。しかしレッズは慌てる必要はありません。90分を過ぎると、ゴールを奪えなければどのみち敗退なのです。目標は、明快。残り時間でクルトワを破れるかどうかです。99分、スターリングのクロスにヘンダーソンが頭で合わせた一撃は、同点!と立ち上がりかけましたが、当たりが薄くポストの右。チェルシーのストライカー周辺で勃発する小競り合いは止まず、一触即発のジェラードとジエゴ・コスタは両者イエローです。102分、バロテッリが2人を一気にかわしてスターリングにラストパスを通すも、シュートはミートせず。レッズ1点ビハインドのまま、ゲームはいよいよラスト15分となりました。

延長後半、アルベルト・モレノに代わってリッキー・リー・ランバート登場。ロジャース監督、最後の勝負です。107分、FKでの競り合いでシュクルテルとクルトワが口論となると、チェルシーのGKを止めに入ったのは何とバロテッリ。チェルシーは左サイドでボールをキープし、確実に時間を使います。119分のルーカスのミドルが宙を舞うと、リヴァプールにはこれ以上のチャンスは訪れませんでした。チェルシー、決勝進出!FAカップを落として危機感を高めていたであろうモウリーニョ監督のベンチは、歓喜のガッツポーズです。

「観戦した誰もが、われわれが3-1、4-1で勝っていた試合だと思ったはず。しかし結果はそうではなく、明日のゲーム次第だ。今のチームは自信を持ってプレイできており、どんな相手でも突破できると思う」「われわれに唯一足りなかったのは、ペナルティエリア内での最後のタッチだ」。試合前の会見でこう語っていたロジャース監督は、同じ言葉をかみしめているのではないでしょうか。足りなかったのは、フィニッシュの精度。ジエゴ・コスタのシュートの多くが枠に飛んでいた一方で、リヴァプール攻撃陣のそれは、大半がクロスバーを越えていきました。

そしてもうひとつ感じたのは、「なぜもっとサイドを使わなかったのか」。象徴的だったのは、87分にスターリングが右からのサイドチェンジを足元に止めた場面。すぐ外をアルベルト・モレノがフリーで走っていたにも関わらず、スターリングは中に持ち込み、遠めからのシュートを打ち上げてしまいました。コウチーニョやバロテッリ、エムレ・ジャンが複数の選手を振り切るなど、サイドで勝てていたレッズがピッチをワイドに使えていれば、決定的なチャンスはより増えていたのではないでしょうか。とりわけ、ヘッドで競り合えるリッキー・リー・ランバートを投入した延長後半の15分は、サイド攻撃の徹底度がほしい時間でした。一発勝負なので、最後はシュクルテルまで上げるというリスクをとってもよかったのではないかとすら思いました。

片やチェルシーは、決していいときの彼らではありませんでした。大事な試合では常にマティッチが締めてきたバイタルエリアは空き気味で、サイドのマッチアップでピンチを招くシーンも多く、ショートカウンターでは持ち過ぎてシュートチャンスを失うシーンが目立ちました。もしかすると、FAカップ敗退のショックが焦りにつながっていたのかもしれませんが、それでも大事なところでミスを犯すことなく、レッズにゴールを許さなかった戦いぶりは、さすがプレミアリーグ首位チーム。今夜の彼らは勝者にふさわしかったと思います。やはり、いちばん後ろにクルトワがいる安心感は大きいですね。リヴァプールのタッチを狂わせたのは、「端に決めないと入らない」「強く蹴らないと決まらない」と、過剰に意識させられたクルトワの存在なのかもしれません。

明日の同じ時間に登場するのは、初戦1-0辛勝のトッテナム。チェルシー同様、FAカップを落としたばかりの彼らが、リーグ1(3部相当)のシェフィールド・ユナイテッドに敗れる番狂わせはあるのでしょうか。決勝は3月1日、ウェンブリー。いよいよファイナリストが決まります。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

改善すべき点は多くありますが、サイドのスペースを使えなかったのは、チェルシーのカウンターを恐れていたのかもしれませんね。終始相手のSBに主導権を奪われていたように見えました。奪われた後のトランジションを考えると中央はサポートがあるので、若いスターリングはリスクを恐れてしまったのかもしれません。
しかし、チェルシーはアザールが守るほうからしたらしんどいですね。なまじ中央にマティッチがいるので前に残ることも可能ですし…それにともない、リバプールの2列目も戻ってきざるおえないので、カウンターも威力がなく負のスパイラルでした。
  • リバサポ
  • 2015/01/28(Wed)09:12:13
  • 編集

コメントありがとうございます。

リバサポさん>
サイド攻撃を徹底したらよりチャンスを多く作れていたかもしれないといいつつ、サイドにシフトしていたらより抑えられていたかもしれず…。「れば・たら」のお話となりますが、コウチーニョやエムレ・カン、スターリングが時折抜け出していたので、「あの攻撃をもっとしていれば…」と思いました。確かに、アザールはやっかいです。
  • makoto
  • 2015/01/28(Wed)12:16:25
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ